「おだてに弱い」というのはどういう意味なんでしょうか?

子供みたいにキャッキャッした感じでしょうか?
大人の場合そんな人いるんでしょうか?

A 回答 (2件)

ほかの人から自分の存在を認められたいと強く願っている人のことではないでしょうか。

お人よしとか利用しやすい人というのとも重なります。しかし本人が実力を持っている場合それなりの評価を受けるような業績をあげてしまって、おだてた人が嫉妬を感じてしまうようなこともあるようです。
    • good
    • 0

多分、褒め言葉に弱いってことでしょう。


褒められたらすごい関心を持つ人もいますから。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「怖い」と「恐い」の違い。

「こわい」には、「怖い」と「恐い」が有りますが、この意味の違いが解る方、教えて下さい。

Aベストアンサー

「こわい」を辞書で引けば、「怖い/恐い」のように出てきて、どちらも同じということです。
しかし、一般的には「こわい」は「怖い」という風に書きます。
「恐い」という書き方は、「常用外」ということになっています(でも、そう書いてはいけないということはありません)。

似たような形容詞に「おそろしい」があります。
この場合は大抵「恐ろしい」と書きます。「怖ろしい」とは、あまり書きません。

以上のようなことから、私も「こわい」→「怖い」、「おそろしい」→「恐ろしい」と書くようにしています。

「こわい」と「おそろしい」の意味や用法は少し違います。
辞書には次のように出ています。

――「草原で恐ろしい毒蛇にあい、怖かった」
「恐ろしい」は、「怖い」に比べて、より客観的に対象の危険性を表す。

ということは、「怖い」のほうが、より主観的というわけです。

また、それぞれの漢字の使われ方は、
「怖」:こわい、心配しておびえる。
「恐」:おそれる、おそろしい。
というのが、常識的なところだろうと思います。

以上のようなことから、私は、毒蛇にあった場合などは「怖かった」と書きます。
「恐かった」と書くと、ちょっと感じが違いますし、「わざわざ常用外の書き方をするのは、何か意味があるに違いない」と、気を回されても困りますので。
まあ、普通の「こわい」は 、「怖い」でよろしいと思います。

「こわい」を辞書で引けば、「怖い/恐い」のように出てきて、どちらも同じということです。
しかし、一般的には「こわい」は「怖い」という風に書きます。
「恐い」という書き方は、「常用外」ということになっています(でも、そう書いてはいけないということはありません)。

似たような形容詞に「おそろしい」があります。
この場合は大抵「恐ろしい」と書きます。「怖ろしい」とは、あまり書きません。

以上のようなことから、私も「こわい」→「怖い」、「おそろしい」→「恐ろしい」と書くようにして...続きを読む


人気Q&Aランキング