「失す」がサ行変格活用にならないのは、なぜですか?
「具す」がサ変なのに、「失す」がサ変にならないので、疑問です。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「具す」の「具」はもともと古代中国語。

日本語に入ると(外来語なので)名詞として扱われ、これを動詞として使うときはサ行変格活用の動詞「す・する」をつけて「具す」「具する」という形で使うのでサ行変格活用となります。

「うす・うする」という動詞は、「うせず/うせ(たり)/うす(。)/うする(時)/うすれ(ば)/うせよ(。)」と下2段に活用します。この動詞の意味は古代中国語では「失」という語ですので、「失」を日本語に訳すときに大抵「うす・うする」という動詞に訳し、「失せず/失せたり/失す/失する/失すれば/失せよ」と表記するようになりました。

古代中国語の「失」が、(外来語として)日本語に入ると、名詞の扱いとなり、これを動詞として使うときはサ行変格活用の動詞「す・する」をつけて「失(しっ)す」「失(しっ)する」という形で使うので、「失せず」「失したり」「失す」「失する時」「失すれば」「失せよ」とサ行変格活用となります。

「失(しっ)する」は現代でも使いますので、「しっせず」「しっしたり」「しっす」「しっするとき」「しっすれば」「しっせよ」と入力して「失せず」「失したり」「失す」「失する時」「失すれば」「失せよ」と変換することができますが、「失(う)す・失(う)する」の場合は「うせず」「うせたり」「うす」「うするとき」「うすれば」「うせよ」と入力して変換すると「失せず」「失せたり」「薄/臼/有珠」「卯するとき/ぅするとき」「うすれ場/薄れ場/薄れ葉」「失せよ」となってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい解説ありがとうございました。
理解できました。

お礼日時:2009/05/19 20:58

言葉が先で文法があとから出来ました。


連用形で「具したり」と言っていたからサ変に、「失せたり」と言っていたから下二段活用に分類されたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔な回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質問は二つです。1不利益になるものをうまく活用すること、を意味すること

質問は二つです。1不利益になるものをうまく活用すること、を意味することわざや四字熟語で教えてください2理由を「これだ」と決めつけること。を意味する言葉で何かいい日本語ありますか?

Aベストアンサー

どちらもちょっとずれてるかも知れませんが…

1.
他山の石(自分の修養の助けとなる他人の誤った言行。質の悪い石でも玉(=高価な石、宝石?)を磨くのに役立つということから)

2.
本当はその理由じゃないのに理由を「これだ」と決めつけるという意味であれば「早合点」あるいは「早とちり」

参考になれば幸いです。

Qラ行変格活用、ナ行変格活用について。

こんばんは。

古典語のラ行変格活用の「侍り」、「いまそかり」、
ナ行変格活用の「往ぬ」は、
現代語ではどうなるのでしょうか?

たとえば古典語「有り」は現代語「有る」五段活用に、
「居り」は「居る」五段活用になっていますよね。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「侍る」「往ぬ」は五段活用になっています。「はべる」は今も使うでしょう。「いぬ」は西日本でしか使われません。
「いまそかり」は現代では使わないでしょう。「いらっしゃる」を使います。

Q古典の活用が意味不明です(未然 連用 終止 連帯 已然 命令)

古典の活用が意味不明です(未然 連用 終止 連帯 已然 命令)
たとえば
Q土に「     」むとす。(落つ)
()の中の動詞を適当な形になおして書き入れよ。
という問題などはどうやって解けばいいのでしょうか

Aベストアンサー

まず「」の直後にある「むとす」を単語に分けます。

助動詞「む」の終止形と
助詞「と」、サ変動詞「す」の終止形ですね。

その中で、「」の直後にある単語に注目します。
ここでは助動詞「む」でしたね。

助動詞「む」は必ず未然形の活用語に接続するので、
問の「」に入る動詞も未然形になります。

以上のように、動詞を「適当な形(=活用形)」にする際は
直後の単語に注目する事に加え、
活用パターンや直前の語の活用形を覚える必要があります。
がんばってね。

Qサ行変格活用の例を検索させてもらうと(wikiで) 発する、愛する、論ずるなどが検索されるんです。

サ行変格活用の例を検索させてもらうと(wikiで)
発する、愛する、論ずるなどが検索されるんです。
私の問題は 例えば発せられるは 受け身か、可能の形か
こう言うことが解するに難しいんです。
で、どうやって区別できるし
あれらの受け身や可能の形はどんな形なのか助けを求めます。

Aベストアンサー

これは実は「ら抜き言葉の便利さ」における重大な問題でして、池上彰さん的に言うと「いい質問ですねぇー!」です。
結論から言えば、受け身と可能、あと尊敬語としての意味で使われますよね。ただ受け手側はどの意味か判然としないところにこの「られる」問題があります。
結局は前後の文脈を読んで判断するしかないのですが、「ら抜き言葉」の便利さがここで登場します。
例えば、しゃべれる、食べれる、と言う「らぬき言葉」の場合、可能の意味にしか受け取れないっていう、ものすごく便利な使い方ができるわけです。
「ら抜き言葉」の素晴らしいメリットです。
例えば「発せられる」のようにかなり紛らわしい言葉の場合は、文章や言葉を受ける側は混乱しますが、これを発する側が相手に混乱をさせないためには「発することができる」にすれば可能の意味にしか取れませんよね。
この問題をきちんと説明できるのは現代文のプロしかいないと思います。
またたとえ説明できてもまるで数学の方程式のような説明になってしまいます。

完全な回答にはなっていないと思いますが、質問者様にとって有意義なヒントになれば幸いです。

これは実は「ら抜き言葉の便利さ」における重大な問題でして、池上彰さん的に言うと「いい質問ですねぇー!」です。
結論から言えば、受け身と可能、あと尊敬語としての意味で使われますよね。ただ受け手側はどの意味か判然としないところにこの「られる」問題があります。
結局は前後の文脈を読んで判断するしかないのですが、「ら抜き言葉」の便利さがここで登場します。
例えば、しゃべれる、食べれる、と言う「らぬき言葉」の場合、可能の意味にしか受け取れないっていう、ものすごく便利な使い方ができるわけ...続きを読む

Q「レインテンシ」の英語表記・意味・活用等を詳しく教えてください

脳裏に突如「レインテンシ」という言葉が浮かんできたのですが、それの意味が分かりません。
e-words.jpで検索しても、Hitしませんでした。
http://e-words.jp/?w=%83%8C%83C%83%93%83e%83%93%83V

以前、誰かから聞いたような気がするのですが、いまいちパッとしないのです。
どうか、英語表記・意味・活用等、詳しく教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

レイテンシは、コンピュータ用語の中でも
単に待たされる時間的な用法で、使われるようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Latency

比較的、よく性能比較等で使われるとすれば、
(Worst Time ) Interrupt Latency
で、割り込みで反応できない(遅延される)時間、
Worst Time では、その最悪値を 組み込み用OSの
性能のひとつの指標にもされたりします。

LinuxOSでも、リアルタイム性を持たせるために
Low Latency Patchなどもあるようです。
http://www.atmarkit.co.jp/fembedded/rtos03/rtos03b.html

Q(古文) 「鎖す」はサ変の複合動詞か?

お尋ねします。

「門つよく鎖させよ」について


1)「鎖」は「くさり」と読んでよいか

2)「鎖す(くさりす?)」というサ変の複合動詞なのか、それとも名詞「鎖」にサ変動詞「す」が付いただけか。

3)2)で後者の場合、「鎖をする」と訳すことになりますよね。しかし、多くの文献の訳では、「(門をかたく)閉ざす」とかいったあたりの訳になっています。具体的に鎖をかける、というような訳は見当たりません。イメージとしては「厳重にロックする」というのはわかるのですが、であればサ変の複合動詞として存在していてもよさそうなのですが、辞書には出ておりません。名詞の「鎖」は辞書に出ていますが、鎖自体に「鍵」とかいう意味まではないみたいです。意訳しているだけ、といわれたらそれまでですが、厳密な解釈としてはどうなっているのでしょうか。

Aベストアンサー

 「鎖す」は、古語では「さす」と読んで、サ行四段活用の動詞です。意味は「鍵をかける」「閉ざす」です。古語辞典で確かめてみてください。
 その後に来る「せよ」は、使役の助動詞「す」の命令形ですので、「鎖させよ」で、「(門をかたく)閉ざさせよ」と訳します。

Q言葉の意味と活用法

こんばんは.
国語でわからないことがありました.よろしくお願い致します。

Q1:「兵だつ」という語句の意味がわかりませんでした。
 兵→武士ということ
 だつ→・・??

Q2:早う、童には[あら]で、太刀抜きたる者にこそあり けれ。
の[あら]を活用するにはどうしたらよいでしょうか。
終止形がわかりません。

Q3:思ひて、頭打ち割られぬと「おぼえ」ければ、
→文中の「おぼえ」の終止形は「覚える」「覚ゆ」
どちらが正しいでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します

Aベストアンサー

はじめまして。

1.「兵だつ」という語句の意味:
(1)兵:「つわもの」と読みます。ご想像の通り「武士」「侍」です。

(2)だつ:「~のように見える」

(3)兵だつ:「武士のような」


2.「あら」の活用:
(1)「あらで」:断定の助動詞「ある」の未然形+打消しの接続助詞「で」

(2)意味:「(子供では)なくて」

(3)あらの活用:あら・あり・ある・ある・あれ・あれ

(4)終止形は「ある」です。


3.「おぼえ」ければ:
(1)「覚ゆ」が正しいです。

(2)完了の助動詞「けり」の已然形「けれ」が接続していることから、この「覚え」は、下二段活用の「覚ゆ」となり、この「覚え」は連用形となります。

(3)下二段の「覚ゆ」は「思い出す」という意味になります。

以上ご参考までに。

Q古典分法の問題です。 「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種

古典分法の問題です。
「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種類を教えてください!

Aベストアンサー

みんなこういう質問には冷たいね。
辞書をひけば済むからね。


原則的には、現代語で五段活用なら古典文法で四段活用です。
「乗る」:乗らない、乗ります、乗る、乗れば(ラ行)
「包む」:包まない、包みます、包む、包めば(マ行)
「漕ぐ」:漕がない、漕ぎます、漕ぐ、漕げば(ガ行)
「勝つ」:勝たない、勝ちます、勝つ、勝てば(タ行)
行はそのままで、四段活用と答えればいい。

気をつけなければならないのは、「思ふ」と「飽く」
現代語は
「思う」:思わない、思います、思う、思えば(ワ行)
だが、古典は「ハ行四段」。
「(おも)う」じゃなくて「(おも)ふ」だからね。

「飽く」も現代語は
「飽きる」:飽きない、飽きます、飽きる、飽きれば
で上一段活用だが、古典文法では「カ行四段活用」


あとは「往ぬ」「居り」ね。
これは変格活用だから覚えるだけ。
「往ぬ」:ナ行変格
「居り」:ラ行変格

Q至急お願いします!竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」の助動詞と助動詞の活用と意味を教えていただきたいで

至急お願いします!竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」の助動詞と助動詞の活用と意味を教えていただきたいです。何個あるかもわからないのでお願いします。

文は、
八月十五日ばかりの月に出でいて、かぐや姫、いといたく泣きたまふ。人目も、今はつつみたまはず泣きたまふ。これを見て、親どもも、「何事ぞ。」と問ひ 騒ぐ。かぐや姫、泣く泣く言ふ、「さきざきも申さむと思ひしかども、かならず心惑はしたまはむものぞと思ひて、今まで過ごしはべりつるなり。さのみやはとて、うち出ではべりぬるぞ。おのが身は、この国の人にもあらず。月の都の人なり。それをなむ、昔の契りありけるによりてなむ、この世界にはまうで来たりける。今は、帰るべきになりにければ、この月の十五日に、かの元の国より、迎へに人々まうで来むず。さらずまかりぬべければ、思し嘆かむが悲しきことを、この春より、思ひ嘆きはべるなり。」と言ひて、いみじく泣くを、翁、「こは、なでふことをのたまふぞ。竹の中より見つけきこえたりしかど、菜種の大きさおはせしを、わが丈立ち並ぶまで養ひたてまつりたるわが子を、何人か迎へきこえむ。まさに許さむや。」と言ひて、「われこそ死なめ。」とて泣きののしること、いと堪へがたげなり。
かぐや姫のいはく、「月の都の人にて父母あり。かた時の間とて、かの国よりまうで来しかども、かくこの国にはあまたの年を経ぬるになむありける。かの国の父母のこともおぼえず。ここには、かく久しく遊びきこえて、慣らひたてまつれり。いみじからむ心地もせず。悲しくのみある。されど、おのが心ならずまかりなむとする。」と言ひて、もろともにいみじう泣く。使はるる人も、年ごろ慣らひて、立ち別れなむことを、心ばへなどあてやかにうつくしかりつることを見慣らひて、恋しからむことの堪へがたく、湯水飲まれず、同じ心に嘆かしがりけり。

です。長くてすいませんがよろしくお願いします。

至急お願いします!竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」の助動詞と助動詞の活用と意味を教えていただきたいです。何個あるかもわからないのでお願いします。

文は、
八月十五日ばかりの月に出でいて、かぐや姫、いといたく泣きたまふ。人目も、今はつつみたまはず泣きたまふ。これを見て、親どもも、「何事ぞ。」と問ひ 騒ぐ。かぐや姫、泣く泣く言ふ、「さきざきも申さむと思ひしかども、かならず心惑はしたまはむものぞと思ひて、今まで過ごしはべりつるなり。さのみやはとて、うち出ではべりぬるぞ。おのが身は...続きを読む

Aベストアンサー

八月十五日ばかりの月に出でいて、かぐや姫、いといたく泣きたまふ。人目も、今はつつみたまは①ず 泣きたまふ。これを見て、親どもも、「何事ぞ。」と問ひ 騒ぐ。かぐや姫、泣く泣く言ふ、「さきざきも申さ②む  と思ひ③しか ども、かなら④ず 心惑はしたまは ⑤むものぞと思ひて、今まで過ごしはべり⑥つる⑦なり。さのみやはとて、うち出ではべり⑧ぬる ぞ。おのが身は、この国の人にもあら⑨ず。月の都の人⑩なり。それをなむ、昔の契りあり⑪けるによりてなむ、この世界にはまうで来⑫たり⑬ける。今は、帰る⑭べきになり⑮に⑯ければ、この月の十五日に、かの元の国より、迎へに人々まうで来⑰むず。さら⑱ず まかり⑲ぬ⑳べければ、

Q古典の活用で、未然形には「〜ず」をつけますよね。 もし、「過ごす」なら、「過ごさず」「過ごせず」とい

古典の活用で、未然形には「〜ず」をつけますよね。
もし、「過ごす」なら、「過ごさず」「過ごせず」というふうに数個あります。このようなときってどうしたいいのでしょうか。

Aベストアンサー

考えの筋道が違います。
『未然形には「〜ず」をつけ』る のではありません。
例えば,「過ごす」の否定形を作るのに,「ず」を付けますが,終止形の「過ごす」に直接付けるのではなく,未然形の「過ごさ」に「ず」を付けるのです。
 
また,ほかの方もおっしゃるように,
「過ごす」の否定「過ごさない」の意味が「過ごさず」であり,別の意味の動詞「過ごせる」の否定が「過ごせず」です。 
 
さらにまた,「古典の活用で、」と言うのも用語が変です。


人気Q&Aランキング