ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

「失す」がサ行変格活用にならないのは、なぜですか?
「具す」がサ変なのに、「失す」がサ変にならないので、疑問です。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「具す」の「具」はもともと古代中国語。

日本語に入ると(外来語なので)名詞として扱われ、これを動詞として使うときはサ行変格活用の動詞「す・する」をつけて「具す」「具する」という形で使うのでサ行変格活用となります。

「うす・うする」という動詞は、「うせず/うせ(たり)/うす(。)/うする(時)/うすれ(ば)/うせよ(。)」と下2段に活用します。この動詞の意味は古代中国語では「失」という語ですので、「失」を日本語に訳すときに大抵「うす・うする」という動詞に訳し、「失せず/失せたり/失す/失する/失すれば/失せよ」と表記するようになりました。

古代中国語の「失」が、(外来語として)日本語に入ると、名詞の扱いとなり、これを動詞として使うときはサ行変格活用の動詞「す・する」をつけて「失(しっ)す」「失(しっ)する」という形で使うので、「失せず」「失したり」「失す」「失する時」「失すれば」「失せよ」とサ行変格活用となります。

「失(しっ)する」は現代でも使いますので、「しっせず」「しっしたり」「しっす」「しっするとき」「しっすれば」「しっせよ」と入力して「失せず」「失したり」「失す」「失する時」「失すれば」「失せよ」と変換することができますが、「失(う)す・失(う)する」の場合は「うせず」「うせたり」「うす」「うするとき」「うすれば」「うせよ」と入力して変換すると「失せず」「失せたり」「薄/臼/有珠」「卯するとき/ぅするとき」「うすれ場/薄れ場/薄れ葉」「失せよ」となってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい解説ありがとうございました。
理解できました。

お礼日時:2009/05/19 20:58

言葉が先で文法があとから出来ました。


連用形で「具したり」と言っていたからサ変に、「失せたり」と言っていたから下二段活用に分類されたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔な回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質問は二つです。1不利益になるものをうまく活用すること、を意味すること

質問は二つです。1不利益になるものをうまく活用すること、を意味することわざや四字熟語で教えてください2理由を「これだ」と決めつけること。を意味する言葉で何かいい日本語ありますか?

Aベストアンサー

どちらもちょっとずれてるかも知れませんが…

1.
他山の石(自分の修養の助けとなる他人の誤った言行。質の悪い石でも玉(=高価な石、宝石?)を磨くのに役立つということから)

2.
本当はその理由じゃないのに理由を「これだ」と決めつけるという意味であれば「早合点」あるいは「早とちり」

参考になれば幸いです。

Qラ行変格活用、ナ行変格活用について。

こんばんは。

古典語のラ行変格活用の「侍り」、「いまそかり」、
ナ行変格活用の「往ぬ」は、
現代語ではどうなるのでしょうか?

たとえば古典語「有り」は現代語「有る」五段活用に、
「居り」は「居る」五段活用になっていますよね。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「侍る」「往ぬ」は五段活用になっています。「はべる」は今も使うでしょう。「いぬ」は西日本でしか使われません。
「いまそかり」は現代では使わないでしょう。「いらっしゃる」を使います。

Q英語活用辞典とは何ですか

タイトルにも書きましたが、英語活用辞典とはどのようなものですか?教えてください。

Aベストアンサー

Thesaurusという、英単語の使い方を説明し例文を意味ごとに載せている辞典だと思います。

私が使っている無料サイトを覗かれたら、どんなものかわかると思います。
ちなみに、このサイトは辞書と活用辞典の両方をクリックひとつで行き来できるので、私はお気に入りに入れて愛用しています。

Q(古文) 「鎖す」はサ変の複合動詞か?

お尋ねします。

「門つよく鎖させよ」について


1)「鎖」は「くさり」と読んでよいか

2)「鎖す(くさりす?)」というサ変の複合動詞なのか、それとも名詞「鎖」にサ変動詞「す」が付いただけか。

3)2)で後者の場合、「鎖をする」と訳すことになりますよね。しかし、多くの文献の訳では、「(門をかたく)閉ざす」とかいったあたりの訳になっています。具体的に鎖をかける、というような訳は見当たりません。イメージとしては「厳重にロックする」というのはわかるのですが、であればサ変の複合動詞として存在していてもよさそうなのですが、辞書には出ておりません。名詞の「鎖」は辞書に出ていますが、鎖自体に「鍵」とかいう意味まではないみたいです。意訳しているだけ、といわれたらそれまでですが、厳密な解釈としてはどうなっているのでしょうか。

Aベストアンサー

 「鎖す」は、古語では「さす」と読んで、サ行四段活用の動詞です。意味は「鍵をかける」「閉ざす」です。古語辞典で確かめてみてください。
 その後に来る「せよ」は、使役の助動詞「す」の命令形ですので、「鎖させよ」で、「(門をかたく)閉ざさせよ」と訳します。

Q探究と探求の使い分け

「探求・・・探し求めること」
「探究・・・物事の真の姿をさぐって見きわめること」
と手元にある辞書に書いてあるのですが、具体的に以下のようなときはどちらを使うのでしょうか?

言い表したいこと:Aさんは色々なものに興味を持っている。

このとき、Aさんのことを語るときに、
(1)Aさんは探求熱心だ。
(2)Aさんは探究熱心だ。

どちらの表現が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらの「たんきゅう」も、あんまり「たんきゅう熱心」という使い方はしないような気がしますが、それはおいといて。

いろいろなものに興味を持っていて、そのものごとに対して、“深く調べて研究する”というのであれば、「探究」でしょう。

で、その興味を持っているものを、“熱心に探し求めている”のであれば、「探求」でしょう。

言い換えれば、

Aさんが「たんきゅう」しているものが目の前にあるもので、それについて、調べたり考察したりしているのであれば「探究」。
Aさんが「たんきゅう」しているものが、目の前になく、どこにあるか探し求めているのであれば「探求」。

ということになるので、場合によってはどちらも正しいと言えるのではないかと思います。

Qサ行変格活用の例を検索させてもらうと(wikiで) 発する、愛する、論ずるなどが検索されるんです。

サ行変格活用の例を検索させてもらうと(wikiで)
発する、愛する、論ずるなどが検索されるんです。
私の問題は 例えば発せられるは 受け身か、可能の形か
こう言うことが解するに難しいんです。
で、どうやって区別できるし
あれらの受け身や可能の形はどんな形なのか助けを求めます。

Aベストアンサー

これは実は「ら抜き言葉の便利さ」における重大な問題でして、池上彰さん的に言うと「いい質問ですねぇー!」です。
結論から言えば、受け身と可能、あと尊敬語としての意味で使われますよね。ただ受け手側はどの意味か判然としないところにこの「られる」問題があります。
結局は前後の文脈を読んで判断するしかないのですが、「ら抜き言葉」の便利さがここで登場します。
例えば、しゃべれる、食べれる、と言う「らぬき言葉」の場合、可能の意味にしか受け取れないっていう、ものすごく便利な使い方ができるわけです。
「ら抜き言葉」の素晴らしいメリットです。
例えば「発せられる」のようにかなり紛らわしい言葉の場合は、文章や言葉を受ける側は混乱しますが、これを発する側が相手に混乱をさせないためには「発することができる」にすれば可能の意味にしか取れませんよね。
この問題をきちんと説明できるのは現代文のプロしかいないと思います。
またたとえ説明できてもまるで数学の方程式のような説明になってしまいます。

完全な回答にはなっていないと思いますが、質問者様にとって有意義なヒントになれば幸いです。

これは実は「ら抜き言葉の便利さ」における重大な問題でして、池上彰さん的に言うと「いい質問ですねぇー!」です。
結論から言えば、受け身と可能、あと尊敬語としての意味で使われますよね。ただ受け手側はどの意味か判然としないところにこの「られる」問題があります。
結局は前後の文脈を読んで判断するしかないのですが、「ら抜き言葉」の便利さがここで登場します。
例えば、しゃべれる、食べれる、と言う「らぬき言葉」の場合、可能の意味にしか受け取れないっていう、ものすごく便利な使い方ができるわけ...続きを読む

Q古典文法についての質問です。上二段活用と上一段活用の見分け方を教えてください!

古典文法についての質問です。上二段活用と上一段活用の見分け方を教えてください!

Aベストアンサー

例えば、上一段の「着る」の活用を考えてみましょう。「着る」の未然・連用・終止形は、キ・キ・キルとなりますから「上」の「一段」です。
では、上二段の「生く」を活用するとキ・キ・クとなりますから「上」の「ニ段」となることがわかります。
上一段活用する動詞を覚えてしまって、ほかのは、「ず」をつけてみて、
イ段なら、上二段という見分け方も可能です。

Qサ変動詞と普通の動詞の違いがわかりません。

こんにちは。
古典の文章を品詞分解していると、「念じ」がサ変動詞の連用形、「差し」は四段活用「差す」の連用形と辞書ではなったのですが、「漢字+す」の形の動詞をサ変か普通の動詞か見分けるのはどうしたらいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

古典の場合『す』『おはす』要するに『なんとかする』
という形に訳せるのが、「サ行変格活用」といいます

ただし複合動詞の『死す』『案ず』『念ず』なんかもサ変動詞です。

上の動詞の場合『死する』←現在は使わない『案ずる』『念ずる』と訳せますよね?

しかし『差す』『刺す』などは『差する』『刺する』とは言いません。

このような感じで訳してみれば大体の動詞は区別できるはずです。

Q【皆さんMicrosoftストア内のWindowsアプリを活用してますか?】 Windowsアプリを

【皆さんMicrosoftストア内のWindowsアプリを活用してますか?】

Windowsアプリを追加している人を見たことがない。

というよりタイル表示でWindows10を動かしている人すら見たことがない。

皆さんマイクロソフトストアのウィンドウズアプリを活用していたら事例を教えてください。

どういうときにタイル表示にして何のWindowsアプリを使ってますか?

Aベストアンサー

私は今は使っていませんね。ストアを見ることすらほぼありません。
サクラエディタ等の、旧仕様のアプリケーションしか基本的に使っていません。

ただ、windows8を使っていたとき、ストアにあったメモ用のソフトウェア(名前は忘れました)を使っていました。無料のソフトです。

Qラ行変格活用動詞

私が高校生の時に、ラ行変格活用動詞はそのURLにある動詞の他に「持たり」もあると教わったという明確な記憶があります。にもかかわらず、下記を含むサイトでは「持たり」が載っていないのはなぜでしょうか。
ちなみに、古語辞典では「持たり」はラ行変格活用動詞と書いてあります。
http://www.hello-school.net/haroajapa006001.html

Aベストアンサー

「持たり」はラ行変格活用の動詞です。
ただこの動詞は、「持ち」+「あり」からできたもの、複合動詞なのでしょう。
「あり」はラ行変格活用なので、「持たり」もラ行変格活用です。
サ行変格活用も、複合動詞はたくさんありますが、それらはサ行変格活用の一覧には含まれていませんよね。(案ずなど)
ただ、質問者さんのお示しのURLの、サ行変格活用の項で、
>サ行変格活用…「する」「おはする」の二語だけ。
とありますが、これは
「する」「おはす」の二語だけ。
とすべきですよね。


人気Q&Aランキング