工場の機械設備を設置するために、その設備のための建物を建設しました。 しかし、中に入れる機械設備はまだ完成しておりません。 このような場合、建物は「事業の用に供した」といえるのでしょうか? 建物としての機能は果たしているわけですから、「事業の用に供した」といえるような気もしますし、中の機械が稼動して初めて「事業の用に供した」というような気もします。 一体どう判断したらよいのでしょうか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です。



>例えば機械等はなくても、建物の一角に控室を作り、それだけ使い始めたような場合はいかがでしょうか?

建物のうち、控室の部分だけは「事業の用に供した」と言えます。

>たとえば、その建物内に10台の機械が設置される予定だとして、そのうちの1台だけ設置され、その機械は実際に稼動を始めたような場合は、建物も事業の用に供したといえるのでしょうか?

建物のうち、稼動を始めた1台の機械に対応する部分だけは「事業の用に供した」と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。 ということは、一つの建物でも一部分だけ償却を開始するということですね。 ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/01 11:06

工場です。



建物だけでは工場は稼働しません。建物と機械と資材と運搬具(フォークリフトなど)と動力(電気、ガソリンなど)と人が有機的に動いて、初めて工場は稼働します。ですから、建物の「事業の用に供した時期」とは、「工場が稼働を始めた時期」と考えるべきでしょう。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。 No.1の方の「補足内容」に書かせていただいたようなケースはいかがでしょうか? また、例えば機械等はなくても、建物の一角に控室を作り、それだけ使い始めたような場合はいかがでしょうか?

補足日時:2009/06/01 17:56
    • good
    • 0

機械設置用建物の「事業の用に供した」日は、据え置いた機械が「事業の用に供した」日と考えるべきでしょうね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。 たとえば、その建物内に10台の機械が設置される予定だとして、そのうちの1台だけ設置され、その機械は実際に稼動を始めたような場合は、建物も事業の用に供したといえるのでしょうか?

補足日時:2009/06/01 17:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業用定期借地権の目的外利用について

不動産実務または関係法令に詳しい方、ご教授ください。

例えば、太陽光発電設備のために土地を賃貸する場合など、建物の所有を目的としないのに、事業用定期借地権を設定登記する事は可能で すか?

私なりに調べてみると、事業用定期借地権は事業用の建物の所有を目的としていることは分かりましたが、その権利を目的外で設定登記した時、どの様な不利益があるのかまでは調べることが出来ませんでした。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

前者の解答は誤りです。

借地借家法上の借地権とは、建物所有を目的とするものです。
事業用とは、店舗工場ボーリング場など主目的が建物です。

まず、公証役場に行けば、公正証書を作成できないといわれます。

太陽光発電のように撤去可能な場合、借地借家法で強力に保護する必要はありません。
民法の賃貸借で十分だからです。

「借地借家法の解説」住宅新報社

Q資産の事業の用に供した時期とは納品日とは違う?

いつもお世話になっております。
このたび、ある機械を一台購入いたしまして、減価償却をする必要が出てきたのですが、計上次期について悩んでおります。
この機械なのですが、頂いた請求書や納品書には8/31の日付となっておりまして、実際製品自体はほとんどが8/31に来ているのですが、正確には、その一部の部分はまだ来て無かったりしてました(使用にすぐに差し支えるものではないオプション的な物ですが。9月に入ってきました。ただ請求書には8/31で1式購入となっております。)。
そもそも、事業の用に供した時期で資産計上すると聞いているのですが、8/31に納品しても、準備して、9月に入ってから使用するというのは十分ありえそうな気もします。(今回は実際にはそうでした)
しかしそのことを証明するものはありませんので、やはり請求書や納品書に則って8/31から使用したとして、8月から計上していいのか、9月から計上するのか、迷っております。
どちらにしたほうがよろしいでしょうか?8月に計上してもいいのならそうしたいのですが、、、(それで問題なければそのほうが請求書等との整合性はあると思いますので)。

いつもお世話になっております。
このたび、ある機械を一台購入いたしまして、減価償却をする必要が出てきたのですが、計上次期について悩んでおります。
この機械なのですが、頂いた請求書や納品書には8/31の日付となっておりまして、実際製品自体はほとんどが8/31に来ているのですが、正確には、その一部の部分はまだ来て無かったりしてました(使用にすぐに差し支えるものではないオプション的な物ですが。9月に入ってきました。ただ請求書には8/31で1式購入となっております。)。
そもそも、事業の用に供...続きを読む

Aベストアンサー

>そもそも、事業の用に供した時期で資産計上すると聞いている

その情報は誤りです。

会計の考え方によれば、
(1)機械の設置が完了した日に資産計上します。「機械の設置が完了した日」とは「機械の稼働が可能になった日」です。もし、試運転をしたのであれば、「試運転の結果、機械の稼働が可能になった事を確認した日」です。
(2)機械が事業のために稼働を開始した日から、減価償却を開始します。機械の設置が完了しても稼働しない期間があるのであれば、その期間は減価償却できません。

ですから、請求書および納品書の8/31の日付で「機械の設置が完了」したのであれば、8/31付で資産計上して良いでしょう。

なお、請求書や納品書の日付との整合性は、ぜんぜん気にする必要はありません。

Q探偵業 事業目的

よろしくお願いします。
探偵業を法人化して起業しようと思ってます。
そこで、定款に記載する事業目的に悩んでおりまして
(ネットで検索をかけましたが、どこにも参考となるサイトがありませんでした。)
ご存じの方がいらっしゃれば教えて頂きたいと思います。

探偵業を起業する際の定款に記載する事業目的を教えてください。

Aベストアンサー

> 探偵業を法人化して起業しようと思ってます。
> そこで、定款に記載する事業目的に悩んでおりまして

普通に考えれば、「探偵業」って記載すればどのような事業目的か想像できますので、

当会社は,次の事業を行うことを目的とする。
 (1) 探偵業
 (2) 前各号に附帯又は関連する一切の事業
って書いておくことが無難です。理由は、一度定款に記載した事項はなかなか変更することが難しいからです。

まあ、もっと詳しく記載したいなら、

当会社は,次の事業を行うことを目的とする。
 (1) 特定人物の身辺調査
 (2) 盗聴及び盗撮機器の捜索調査
 (3) 前各号に附帯又は関連する一切の事業
っていうところですかね・・
但し、あまりにも細かく記載すると将来事業拡大がしにくくなりますので注意ください。

Q〔個人事業主〕銀行口座の事業用と個人用の切り分けについて

個人事業主で青色申告を行っている方にお伺いしたいのですが...

今まで白色申告を行っていましたが、H17より青色申告にすることにしました。現在は事業用の銀行口座は無いため、この機会に区別しやすいよう新規開設しようと思います。

そこで、売上の入金は事業用口座にするとして、明らかに私的な使用分は個人口座への振替をするつもりですが、口座振替でない振込用紙での納付分(事業税や国民年金など)の現金はどちらから出金すべきでしょうか?
私は、控除となることが明らかな分を事業用、事業分の按分をする分(家賃等)は個人口座、クレジットカードは個人分を含むので個人口座にして事業分は領収証で対応。と現在考えています

また、年度内で、このように管理口座を変更することは処理上の不都合などあるのでしょうか?無料相談や税理士への依頼等も考えていますが、次の入金が近いため、まず口座開設をしておきたいと思っています。

経験のある方、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

事業用の資金から、個人分を出金したとしても、「事業主貸」で仕訳しますので、どちらでも可ではありますが。

(1) 事業税は、必要経費になるので、事業用から。

(2) 按分する分は、出金時事業用で記帳し、年末に「事業主貸」に家事分を振替える。

とするのがまず前提かと思います。

国民年金、健康保険等、申告のときに必要になる数字ではありますが、事業用からではなく、生活費から出金なさったほうが良いのではないでしょうか。

別に問題になるわけではないのですが、「事業用資金」が経費に出来ないものによって減っていくのは、もったいないと思いますので。場合によっては、記帳漏れがあったり、緊急にある程度まとまった資金が必要になったりする場合に備えて、事業用資金の残高は、一定程度を確保しておきたいからです。

勿論逆に「事業主借」で追加すれば済むことではありますが、不必要に現金の流れを大きくしたくないので。

Q会社定款にある事業目的の例

会社定款の中にある事業目的について調べています。
後、日本法令からでている本でも参考にしますが、先にどんなものがあるのか知りたいので事業目的例としてどんなものがあるか、できるだけたくさん教えてください。

Aベストアンサー

まず、本を買って読んで下さい。

会社目的はあまりにも数が多すぎますので、きりがありません。

あえて上げるのであれば、日本標準産業分類の「小分類」「細分類」当たりがほぼ使用できます。
http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/

Q建物か建物付属設備か修繕費か

製造工場の床面改修工事で樹脂製の床材を張り替えました。
費用は税込みで約230万程度、使い方にもよるらしいのですが7~8年はもつだろうということです。この場合の会計処理ですが、建物なのか建物付属設備なのか修繕費で落とせるのか教えていただきたいのですが…。

Aベストアンサー

現状復帰であれば損益取引で「修繕費」、機能追加等であれば資本取引で「建物」です。金額の多寡には関係ないので、その工事によってどのような状態になったかで判断してください。

Q定款に事業目的を追加したい

事業目的を追加した謄本が必要になり
会社の定款に事業目的を追加しなければならないのですが
個人(司法書士さんに依頼せず)で議事録や他の必要書類を作成し、提出する事は可能でしょうか?
※司法書士さんが提出しなければ受理されない 等

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

謄本というのは登記簿謄本(登記時効証明書)のことでしょうか?
定款の謄本であれば個人では難しいでしょう。

登記簿謄本と言うことで書かせていただきます。
商業登記はやる気さえあれば、さほど難しいものはありませんし、司法書士などはあくまでも代書屋・代行屋ですから、本人申請で問題はありませんよ。

法務局のHPにも登記申請書の雛形などがありますから、そちらで作成されてみてはいかがですか?
現在の登記内容のわかる書類と事業目的の追加内容が登記できる内容かどうかを含め、法務局での相談を受けましょう。
事前相談・登記申請・補正・登記完了後の登記簿謄本の取得など何回か法務局へ行くことを覚悟しましょう。

電子申請や郵送申請もありますが、書類不備や大きな間違いを行うと登録免許税などの実費が無駄になることがありますから、出来るだけ法務局の職員にチェックしてもらいましょう。

簡単な部分は電話でも教えてくれると思いますが、電話ではすべてを伝えきることが難しいですから、通うぐらいのつもりが良いでしょうね。

私は税理士事務所の元職員であったことから、事務手続きや役所関係は慣れていましたので、初めて行う設立登記から役員変更、目的変更・商号変更・本店移転など法務局のHPや事前相談などで自分で行いました。結構出来るもんですよ。

ただ登記は大切な申請ですから、不安があるのであれば司法書士へ依頼しましょう。

謄本というのは登記簿謄本(登記時効証明書)のことでしょうか?
定款の謄本であれば個人では難しいでしょう。

登記簿謄本と言うことで書かせていただきます。
商業登記はやる気さえあれば、さほど難しいものはありませんし、司法書士などはあくまでも代書屋・代行屋ですから、本人申請で問題はありませんよ。

法務局のHPにも登記申請書の雛形などがありますから、そちらで作成されてみてはいかがですか?
現在の登記内容のわかる書類と事業目的の追加内容が登記できる内容かどうかを含め、法務局での...続きを読む

Q事業用口座から事業用口座へ振り込む記帳方法

事業用口座から事業用口座へお金を振込んだ時 どのように記帳するんでしょうか?
A銀行(事業口座)からB銀行(事業口座)へ10万振込んだ場合 どのような仕訳になりますか?

初歩的な質問ですいません。

Aベストアンサー

貸借対照表には「普通預金 A」と「普通預金 B」の 2つが載っているとして、

【普通預金 B 10万円/普通預金 A 10万円】

Q事業目的の経営コンサルタント業

情報系企業(ソフトウェア開発、インターネット事業など)の定款を見ていると、
よく事業目的に「経営コンサルタント業」とあります。
これは、どんな効果をねらっているのでしょうか?
本業とは関係ないような気がしますが、よく見られるので何か税効果とか、あるのでしょうか?

Aベストアンサー

定款は、「会社の目的と決定事項を記載する会社の根幹を成すもの」とか、堅苦しい印象がありますが、事業目的には何項目記載してもかまわないのです。

基本的には、やろうとしている事業、出来るであろう事業、将来やりたい事業、できればやってみたい事業・・・等々、全部定款に掲載してしまえー、みたいな感じになって、会社の本業とその周辺業務を列記して、「上記に付帯する一切の業務」というのが多いですよね。

質問の「経営コンサルタント業」は事業範囲が曖昧なため、目的としては最も掲載しやすい項目のひとつではないでしょうか。
特に、情報系は「弊社のシステム導入で業務が改善されますよ」と言うことを売りに導入を促す事が多いわけですし、それ自体が広い意味では「経営コンサルティング」ですから。

Q複式帳簿 事業用預金から事業用現金への動き 資金の元帳の入力

質問があります。宜しくお願い致します。
主人が個人事業主です。
複式帳簿 事業用預金から事業用現金への動き 資金の元帳の入力です。

【現金・預金の増加】
現金売上・売掛金の回収・事業主からの借入・預り金の増加・銀行から借入

【現金・預金の減少】
現金仕入・買掛金の支払・事業主に貸し・預り金の減少・借入元金の返済・支払利息・租税公課・荷造運賃・水道光熱費・旅費交通費・通信費・広告宣伝費・接待交際費・損害保険料・修繕費・消耗品費・福利厚生費・給料賃金・地代家賃・専従者給与・図書費・研修費・衛生費

の項目の、いずれに入力したら良いですか?

「預金出納帳」及び「現金出納帳」は、手持ちの複式帳簿ソフトにないので、付けていません。

以上です。

Aベストアンサー

>「預金出納帳」及び「現金出納帳」は、手持ちの複式帳簿ソフトにないので、付けていません…

『現金出納帳』は青色申告のイロハです。
ソフトになかったら手書きで作らなければなりません。
日々の現金管理もできないようでは、青色申告自体が否認されます。
ソフトに頼りたいなら、手持ち品で間に合わせるのでなく、青色申告用のソフトを買わなければなりません。

コンピュータに使われる人間では、正しい税務申告はできません。
コンピュータを使う人間になりましょう。

・現金売上
【現金/売上】

・売掛金の回収
【現金 (or普通預金その他)/売掛金】

・事業主からの借入
【現金/事業主借】

・預り金の増加
【現金 (or普通預金その他)/預り金】

・銀行から借入
【普通預金その他/借入金】

・現金仕入
【仕入/現金】

・買掛金の支払
【買掛金/現金】

・事業主に貸し
【事業主貸/現金】

・預り金の減少
【預り金/現金】

・借入元金の返済
【借入金/現金 (or普通預金その他)】

・支払利息
【利子割引料/現金 (or普通預金その他)】

・租税公課
【租税公課/現金 (or普通預金その他)】

・荷造運賃
【荷造運賃/現金 (or普通預金その他)】

・水道光熱費
【水道光熱費/現金 (or普通預金その他)】

・旅費交通費
【旅費交通費/現金 (or普通預金その他)】

・通信費
【通信費/現金 (or普通預金その他)】

・広告宣伝費
【広告宣伝費/現金 (or普通預金その他)】

・接待交際費
【接待交際費/現金 (or普通預金その他)】

・損害保険料
【損害保険料/現金 (or普通預金その他)】

・修繕費
【修繕費/現金 (or普通預金その他)】

・消耗品費
【消耗品費/現金 (or普通預金その他)】

・福利厚生費
【福利厚生費/現金 (or普通預金その他)】

・給料賃金
【給料賃金/現金 (or普通預金その他)】

・地代家賃
【地代家賃/現金 (or普通預金その他)】

・専従者給与
【専従者給与/現金 (or普通預金その他)】

・図書費
【図書費/現金 (or普通預金その他)】

・研修費
【研修費/現金 (or普通預金その他)】

・衛生費
【衛生費/現金 (or普通預金その他)】

>「預金出納帳」及び「現金出納帳」は、手持ちの複式帳簿ソフトにないので、付けていません…

『現金出納帳』は青色申告のイロハです。
ソフトになかったら手書きで作らなければなりません。
日々の現金管理もできないようでは、青色申告自体が否認されます。
ソフトに頼りたいなら、手持ち品で間に合わせるのでなく、青色申告用のソフトを買わなければなりません。

コンピュータに使われる人間では、正しい税務申告はできません。
コンピュータを使う人間になりましょう。

・現金売上
【現金/売上...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング