現在大学で栄養士の勉強をしている3年生です。
今までは卒業したら栄養士として働くつもりでしたが、栄養学を学ぶうちに、自分がやりたい仕事ではないと思い始めてしまいました。
将来栄養士として働くつもりがなくなった今となっては栄養学を学ぶ目的を失い、大学へ行く気力がなくなってしまいました。
もう2年間も頑張ってきたし、もうすぐ実習も始まるので、頑張りたいとは思うのですが、できればきちんとした目的を持ちたいのです。
将来栄養士として働かないにしても、この資格を持っていたらどのようなメリットがあるかを教えてください。
また、この資格を副業として活かせる方法はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

食事 高血圧」に関するQ&A: 血圧が寝起きは150、105と高いのですが食事をすると普通に戻ります。 大体いつもこんな感じなのです

A 回答 (2件)

>この資格を副業として活かせる方法はないでしょうか?


他人に聞いているようでは、望み薄。卒業までに自分で見つける。
「大学の授業は、役にたたん」と言っている学生をみると、『こいつは本当に馬鹿やな』と感じます。役にたたせるように学ぶのは、学生の能力だからで、「オレは馬鹿やから生かすことができない」と叫んでいるのと同じです。

学んだものを生かすも殺すも、学生次第。
 たとえば、医学部を卒業して、専業主婦をすれば、収入はゼロ。しかし、子供がたばこをのみ込んだ場合の救急措置で助かれば、メリットは測り知れません。
 弁護士が家庭に籠っていても、振込詐欺にあうのは、他の人よりも少ないでしょう。
 栄養士だと、家族の栄養管理。メタボは防げるでしょうし、高血圧や投入病の家族の食事管理は専門家です。

 家庭外に出た場合は、「栄養士」と名乗って仕事ができます。どんな仕事ならメリットがあるかは、質問者次第。最近話題の登録販売者は、薬学部以外では、最も適応しやすいでしょう。
 また、資格があっても、最近の患者は自分の病気は、良く知っています。間違ったことを言えば、いっぺで信用を失います。そのときに、知らない薬の名前もでてきます。それをどのようにやり過ごすかも、能力のうちです。さもないと『こんなことも知らない』と二度と相手にされません。
 あと二年で、「どうやれば生かすことができるのか」それを見つけてください。
    • good
    • 0

栄養士(管理栄養士ではありません)で民間の会社で働いていました。

(今、休職(失職?)中です)
参考になるかわかりませんが、私の経験をお話しますね。

将来栄養士として働かないにしても、この資格を持っていたらどのようなメリットがあるかを教えてください。

メリットというと言えるかどうか(?)ですが、少なくとも生きていく上で食品について知識があるというのは、かなり重宝されますし、自分にもかなり使えます♪
(若いうちはまだ必要無いと思いますが、30も超えると身体やお肌について真剣に考えたくなる時がきっと来ると思います♪)
もし管理栄養士まで取るおつもりなら、特定検診制度がある限りは仕事はあると思います。この仕事が好きかどうかは別問題ですが…

この資格を副業として活かせる方法はないでしょうか?

私は会社で勤務しながら、栄養士の名の下、レシピ提供やレシピのコメント書きの副業をしていました。(4年前に1500円/1件位の報酬だったかと思います。)
他にも。。。
栄養指導(特に特定検診対象)、栄養計算、栄養的なコメント書きなど、多分まだまだあると思います。
(特に特定検診関係はこんな時代なのに結構求人ありますよ♪ネットの求人案内等を見てみてください!)

栄養士だけではありませんが、周囲を見ると言葉は悪いですが「腐っても資格」というのは一理あると感じています。やはりイザという時に使えます!

でも結局はご自身が何をやりたいか、何をしていると心地良いか、だと思いますよん!いくら資格を取れると言っても興味がない資格を取るのに時間とお金をかけるのはもったいないと感じちゃいますもんね。
そして何より興味無いことを続けること、しかも専門職で続けることって辛いと思います。
(しかも栄養士は一般的にはさほど高額な収入は期待できないかもしれないので、興味が無いのに続けるのは難しいかもしれません…)

もし進路についてまだ決められない場合には、そのまま流れに身を任せてとりあえず現在の学校を卒業して一度栄養士で働いてみるのも手かと思いますよ。
一度就職すると色々経験する中でやりたいことややりたい仕事が見えてくると思います。
というのも、実は私は文系大学を卒業して他の業界で勤務後、栄養士養成専門学校に入学した出戻り学生組です。

学校卒業後は、普通に病院とか学校など給食関係の仕事ではなく民間の食品会社に入社したのですが、給料は比較的良かったと思います。
必ずしも栄養士の資格がなければいけないという仕事ではありませんでしたが、栄養士として勉強してきたことは存分に生かすことができました。
今は栄養士の仕事はいわゆる栄養指導や給食管理などにとどまってません。現在は全く異業種企業も食品ビジネスに乗り出している時代ですから♪

まず資格だけ取っておいて、就職の際その資格を使うかどうかは将来考えていく、って位でもいいんじゃないでしょうか^^

長々と失礼しました。トリトメの無い内容で失礼しました><
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q栄養学・食品学の大学院受験について

栄養学、食品学勉強のため、大学院進学を考えています。
ただ、私は大学は文学部卒業のため、この大学卒業資格で
栄養・食品関係の大学院を受験できるのかどうかが
わかりません。

ネットでも調べてみましたが、上手く情報を得ることが
できませんでした。

栄養・食品学関係の大学院を受験するために
必要な資格、また受験科目、内容などについて
何かご存知の方、ぜひアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

栄養系の学部で働いています。
 何か『勉強をしたい』感じを受け、院の匂いを感じないのですが、とりあえず。

>栄養・食品関係の大学院を受験できるのかどうかがわかりません。
日本の大学院は、大学卒であれば、受験資格はあります。卒業した学部は、問われません。

>受験科目、内容などについて
受験科目は、英語と専門科目、そして面接が一般的です。こればかりは、勝手に定めることができるので、問い合わせるしかありません。

 さて、大学と大学院には、大きな違いが2つあります。
1つは、大学院は、何かを教えてもらうところではありません。すなわち、いわゆる勉強するため、ではありません。
 授業もありますが、単位数は少なく、私だけではないと思いませんが、きちんと時間どおり授業をしているかどうか。授業にでると、その時間は実験出来ないので、出席は最低に絞る院生が普通です。
 すなわち、院生は、研究する。教科書に書いていない新しいことを見つける、これに尽きます。このために、実験するのが普通です。実験するためには、さまざまな技術が必要になります。そうすると、文系からでは困難かもしれません。
 受験は拒否できませんが、面接時に技術的なこと、たとえば「青色の液体の測定波長は」と訊けば、文系はアウトでしょう。『こんな基礎を知らないのでは、実験は無理』と判定されます。
2つ目は、院に合格ではない、ということです。
 院は、研究する場です。しかし、研究室(講座)によって研究テーマが違います。隣の研究室どころか、同じ研究室の教授と準教授で異なることも普通です(仲が悪いのも普通です)。ですから、どの教員に付くかによって、全然違います。よって、院に合格ではなく、その研究室に合格(合格後に、誰に付くかを決めるのが普通)なのです。
 大学ではなく、研究室名まで決めて受験して下さい。ただ、教員は奇人・変人の世界ですから、私は、研究内容ではなく、「人柄で決めろ」と言っています。

 あなたの立場は、「日本語は読めないが、源氏物語の研究をしたい」と言っているようなものです。このような人を引き受ける教授がいるとは思えないのですが。

 勉強したいのか、何か新しいことをみつける研究をしたいのか。研究、というのなら、続きを書きます。文科系からでも、なんとか研究も不可能ではない分野もあるからです。狭い道ならあります。 
 勉強なら、教科書を読めばよい、図書館にでも行けば、いくらでもあるかと。なんせ、ひたすら読み上げるだけの人もいますので。
 
 

栄養系の学部で働いています。
 何か『勉強をしたい』感じを受け、院の匂いを感じないのですが、とりあえず。

>栄養・食品関係の大学院を受験できるのかどうかがわかりません。
日本の大学院は、大学卒であれば、受験資格はあります。卒業した学部は、問われません。

>受験科目、内容などについて
受験科目は、英語と専門科目、そして面接が一般的です。こればかりは、勝手に定めることができるので、問い合わせるしかありません。

 さて、大学と大学院には、大きな違いが2つあります。
1つは、...続きを読む

Q栄養士として働きはじめたものの・・・・。

今年の7月から委託の栄養士として特養で働きはじめましたが、9月から施設側がグループ施設で献立を統一することになり栄養士が2人必要なくなり、異動の話がありました。しかし異動先が遠く、子供も小さい事から異動の話はお断りしたところ、私は9月いっぱいでクビになってしまいました。
しかも9月からは栄養士としてではなく、調理員としての採用なので時給が1000円から850円に下がってしまいました。
ところが調理師が急に入院したために9月いっぱいではなく調理員であればずっと採用していただけることになりました。近くに空きがあれば栄養士として紹介もしてくれるとの事です。現在は盛り付け、洗浄を主にしています。いずれは管理、ケアマネも目指しています。病院栄養士の経験が12年前に5年ほどありますが、以前の会社が合併していて証明をもらうことができないため今から経験を積もうと思っています。調理員として働いていても証明はとれるのですか?(時間は9時から3時までで休憩30分です)会社に聞いてみた所、証明書は出せると思う。と言う感じなのですが、ご存知の方是非教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。
ケアマネの受験資格については知りませんが管理栄養士国家試験受験資格について話します。
事情があって、ご本人が納得されて現条件で働いているのでそのアタリは部外者が意見するところではありませんが、
施設長なり採用側とよく確認し話し合い、厚生労働省の受験資格を確認しないとせっかく今の職場で働いても「栄養士実務経験」として認定されず、管理栄養士国家試験の受験資格は満たせないかもしれません。
まず、

一、施設側はあなたの勤務状態を「栄養士業務従事者」と認定してくれるのかどうかです。
栄養士職として厨房管理業務と認定してくれるのか、調理師職として採用しているのか

二、労働時間。
週4日以上一日6時間以上の勤務が満たしてない。
休憩時間を除くと満たしていません。

詳しいことは下記参考URLの回答者の説明が的確かと思われます、読んでみてください。

早急に確認なさったらよいでしょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2336375

Q栄養学の研究にオススメの大学院

栄養学の研究をなら、どこの大学院がオススメでしょうか?

名前や国公私立は一切問いません。

Aベストアンサー

 栄養という名には、こだわらない方が。
 特に、私立は経営という点で、研究費はあまりだしません。受験生が、教員の名前なんぞは気にしません。研究内容を知っている受験生は、皆無ですから、そんなところに金は出しません。

 栄養に関係のある学部は、医学、農学、薬学、栄養系、それに理学も無関係ではありません。
 学部(大学院は、研究科ですが)よりも、研究室すなわち、指導教員で選ぶべきです。それも、研究テーマだけではなく、研究者は、奇人・変人の世界ですから、人間として尊敬できる人を選ばないと、泣きをみて「研究室を替わりたい」なんぞの書き込みをする羽目に陥ります。

 有名な研究室は、夜は12時を過ぎても帰れませんので。私の友人で、10時に帰ろうとすると、「今日は、お早いですね」と周囲の人に言われたそうです。
 

Q栄養士・管理栄養士について

 (1)現在、27歳のフリーター〔男〕ですが、今から勉強を始めたとして、就職の際年齢面でのハンデは出てしまうのでしょうか?
 (2)栄養士〔管理栄養士は除く〕は現場では、あまり資格が役に立たないと聞いたことがあります。調理師免許保有者とさほど内容が変わらないというのは事実なのでしょうか?
 (3)管理栄養士と栄養士の現場での大きな違いは何が挙げられるのでしょうか?また、管理栄養士試験は相当難関であると聞きました。管理栄養士試験に合格された方の御意見を聞きたいと思うので、よろしかったらお願い致します。
 (4)今後、管理栄養士・栄養士のニーズは高まるのでしょうか?
 長くなりましたが以上4点質問したいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。新米管理栄養士です。
私の考えを述べますと…

1)職場を選ばなければ、まず就職先は見つかると思います。ただ、栄養士は一般的にお給料が低すぎです…。結婚してから栄養士の学校に通った知人の女性は、29歳で就職活動をしていましたが、病院に採用されていましたので、30代前半ぐらいまでであれば、あまり問題はないと思います。

2)確かにずっと厨房で、調理師と混ざって仕事している栄養士・管理栄養士もおられます。でもこれは職場によって大きく異なり、栄養指導中心の人、事務処理中心の人など様々です。

3)栄養士より上の、管理栄養士があったほうがいいです。簡単に言えば、管理栄養士は、栄養指導など、仕事の幅が広がりますし、給料に管理栄養士手当がついたりします。管理栄養士がいれば、指導料などを算定できるというメリットから、管理栄養士しか雇わない施設も多いです。

管理栄養士国家試験は合格率20%程度です。確かに難しいのですが、この数字の低さは、働きながら勉強し国家試験を受験する人が多いことにも原因があります。
合格率の高い他の医療職国家試験は、大学で国家試験に受かる見込のない学生は留年させたりしているので、実務経験のある管理栄養士国家試験とは比べられません。
管理栄養士養成校に4年通えば、実務経験いらずに、卒業と同時に国家試験が受けられますので、学生の間にコツコツ勉強しておけば、心配いらないと思います。

4)医療費の問題からも、生活習慣・食生活を見直し病気を予防しようという動きが高まっています。ですので、これから活躍の場が広がると思います。
また、高齢者の栄養管理など、食事面からのケアが重要視されてきつつありますので、これからの栄養士界を期待しているところです。


うまくまとめられず、長々と失礼いたしました。
金銭面に問題がないのなら、ぜひ4年制の管理栄養士養成校に通って、国家試験に一発合格するのが、一番いい方法だと思います。

男の方は結構貴重な存在なので、ぜひ、挑戦していただきたいなあと思います。

はじめまして。新米管理栄養士です。
私の考えを述べますと…

1)職場を選ばなければ、まず就職先は見つかると思います。ただ、栄養士は一般的にお給料が低すぎです…。結婚してから栄養士の学校に通った知人の女性は、29歳で就職活動をしていましたが、病院に採用されていましたので、30代前半ぐらいまでであれば、あまり問題はないと思います。

2)確かにずっと厨房で、調理師と混ざって仕事している栄養士・管理栄養士もおられます。でもこれは職場によって大きく異なり、栄養指導中心の人、事務処...続きを読む

Q栄養学 社会人編入可の国公立大学

お世話になります。

栄養系の学部で、2年次または3年次に社会人編入できる国公立大学を探しています。
栄養士や管理栄養士の資格が取得可能かどうかは問いません。
私は4年制大卒ですが、栄養とは全く関係のない学歴&職歴です。

何校かのホームページを見たところ、栄養系で社会人入学可能な国公立大学はないこともないようです。ご存知の大学がありましたら、教えていただけると助かります。

また、1校1校ホームページをあたる以外に、一覧を検索できるサイトや方法もご存知でしたら教えていただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>栄養学は研究レベルが低いとのことですが、それは日本だけではなく海外でも同じなのでしょうか?
栄養学の論文なら、医学系の論文にも投稿できます。しかし、受理されないから、栄養系の論文に投稿するのです。また、「体に良い」とのPRがありますが、どれだけ良いのかはいいません。「血圧が下がる」のCMを見ると、せいぜい10で、その程度は体調でどうにでもなります。まして、CMに使うのは、「良いデーター」だけですから。
 江戸時代、明治時代、いや戦前ならともかく、今の時代の普通の人でも、体に良いことは知っています。普通に生活しても、70歳までは大丈夫。なら、栄養学は必要か、と悩みます。

 日本の栄養系のテーマは、「肥満」でしょう。しかし、欧米に行けば、超肥満の人が少なくありません。日本の肥満は、カワワイものです。と書きながら、ダイエットをしています。『好きな食べものを我慢しなくても、70まで生きられるなら、それで十分』とも考えも頭に浮かびます。

 見方を変えれば、栄養学はレベルが低いので、逆説的には頑張る余地が広い、とも言えるのですが・・・?

Q栄養士  管理栄養士

おはようございます。

28歳の女です。大学は行ったけど資格がないのでこの先不安なので管理栄養士になりたいって思っています。

管理栄養士は、まず栄養士になるんですよね?

働きながら取得とかってできるんですか?

費用とかわかりますか?  就職先はありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

栄養士の資格は、栄養士養成施設 (大学・短大・専門学校などの栄養系の学科、2年以上) にて、
栄養士資格取得必修科目履修し 知識及び技能を修得した者に都道府県知事から交付されます。
この時、特に資格試験などはありません。
『卒業』 = 『栄養士資格 取得』 です。
栄養士養成施設は昼間の教育施設のみであり、通信教育・夜間部は指定認可されておりません。
よって、通信教育での取得は不可能です。

管理栄養士の資格は、栄養士免許を得た後に一定期間 (1~3年) の栄養指導に従事した後、
もしくは、管理栄養士養成施設 (4年制大学 ・ 専門学校 等) を修了して栄養士免許を得た後に、
管理栄養士国家試験に合格すると 厚生労働大臣から交付されます。
知人の話によると、管理栄養士養成施設 (4年制大学)の授業はなかなか大変であり、
片手間に勉強しても何とかなる、というレベルのものではないようです。

管理栄養士国家試験の合格率は、施設(学校)により、かなりのバラツキがありまして、
学校によっては100%ですが、全国的に見ると約30%前後です。
(なぜか、平成24年は合格率がとても高く、50%近かった。)


栄養士と管理栄養士の 一番の相違点は、
栄養士の業務が 『一般的な健康な人』 を対象とする栄養の指導に限られているのに対し、
管理栄養士は 『傷病者』 に対する療養のため必要な栄養の指導や
個人の身体の状況・栄養状態等に応じた高度の専門知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導
等を行えるところでしょう。
つまり、医療機関での栄養指導 ・ 食事指導は、管理栄養士の資格が必要です。
管理栄養士ではない ただの栄養士が栄養指導を行っても、保険点数は請求できません。
よって、医療機関からの栄養士 (管理栄養士ではない) の求人は皆無に近いです。


>働きながら取得とかってできるんですか?
このご質問が、
「定職に就きながら夜間や通信で取得可能か?」
というものでしたら、前述のとおり、不可能です。
授業が終わった後の、夕方~夜間のアルバイト程度でしたら可能でしょう。

>費用とかわかりますか?
すみません、これはちょっとわかりません。
学校によって、授業料にはかなりの差がありそうですし。

>就職先はありますか?
一定数以上 (具体的な数値は忘れました) の給食などの食事を提供する学校・介護施設などで
栄養士の需要があります。
ただ、1施設に1人以上の栄養士もしくは管理栄養士がいれば良いので、
巷に求人募集が溢れている訳ではないようです。
ただ、栄養士・管理栄養士は女性の方が多いので、結婚・出産などで離職するパターンも多く、
定期的に求人募集が出やすい、という考え方もあります。

栄養士の資格は、栄養士養成施設 (大学・短大・専門学校などの栄養系の学科、2年以上) にて、
栄養士資格取得必修科目履修し 知識及び技能を修得した者に都道府県知事から交付されます。
この時、特に資格試験などはありません。
『卒業』 = 『栄養士資格 取得』 です。
栄養士養成施設は昼間の教育施設のみであり、通信教育・夜間部は指定認可されておりません。
よって、通信教育での取得は不可能です。

管理栄養士の資格は、栄養士免許を得た後に一定期間 (1~3年) の栄養指導に従事した後、
もしくは...続きを読む

Q大学教員になるか大学院に行くか(栄養学)

現在30歳、6歳と0歳の子供がいます(女です)。
大学時代、卒業論文で研究のおもしろさを知って研究を続けたくなり、教授からも進学を勧められたのですが、父の病気等で実家近くに就職しました。

二人目の出産前に退職し、現在再就職先を探しているのですが、丁度県内の短大で教員(助教か助手)の募集をしていました。
話を伺ったところ、実務経験を非常にかって下さり(病院で6年半)、是非、ということでした。学士しか持っていないのですが、仕事をしながら近くの大学院に通うことも可能だとも言われましたので、大変魅力を感じています。
しかし、栄養士養成課程はなくなる方向ですので、短大は将来性がないように思えます。

なので、一旦大学院に進学し、修士をとってから4年制の大学への就職を考えようかとも思っています。
いつか大学院に行きたいと思って貯金していた分は主人の借金に消えてしまい、現在貯蓄はゼロに近いので、仕事をしながらという過酷な状況になりますが。。
でも、修士をとったからといって大学教員の道が確約されるわけではないし、特に地方(九州)では難しいとも聞きます。

家族は賛成してくれています。
一生の事なので、慎重に決めたいと思っているのですが、皆さんのご意見をいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

現在30歳、6歳と0歳の子供がいます(女です)。
大学時代、卒業論文で研究のおもしろさを知って研究を続けたくなり、教授からも進学を勧められたのですが、父の病気等で実家近くに就職しました。

二人目の出産前に退職し、現在再就職先を探しているのですが、丁度県内の短大で教員(助教か助手)の募集をしていました。
話を伺ったところ、実務経験を非常にかって下さり(病院で6年半)、是非、ということでした。学士しか持っていないのですが、仕事をしながら近くの大学院に通うことも可能だとも言われましたので...続きを読む

Aベストアンサー

かつて博士課程修了後、専任(常勤)職を獲得するまで約4年間浪人した者です。分野にもよりますが、現在、博士号取得後、非常勤(数年の任期付き)のポスドク研究員になる競争があり、そこから専任(常勤、しかし多くは任期付き)職に就くのにさらに激烈な競争があり、私だけでなく、友人たちも大変な苦労をしました。(ちなみに、私も友人も旧帝大の博士課程出身です。旧帝大の院が就職に有利などとは、とても言えません。)
 そんな中で、いまだに学士で短大に就職の口があるなんて、奇跡に近いと思って、拝見していましたが・・・・。

 私自身の経験談をお話します。浪人中の経験です。ある私立大学に就職の口があり、応募しようとしたところ、博士課程のときの指導教官から止められました。その後、その私立大学は、教員首切りで問題となり、現在裁判が行われています。赴任していても、自分も短期間で首を切られて闘争のまっただ中にほうりこまれたかもしれません。

 また、設立準備中の大学に内定していながら、文部省(当時)の審査で不適格という結果で、大学じたいの設立が白紙撤回されたこともありました。いったん内定したら、他大学に応募はできず待っているだけでしたから、これは煮え湯を飲まされた経験でした。

 という具合で、○○大学と名前のつく所にさえ就職が決まればいい時代は、とっくの昔に終わっています。

 とはいえ、別の考え方もあります。

 大学教員採用のときに重要なのは、研究業績+教育歴or実務歴 であるのは、その通りなのですが、もう一つ重要なが年齢です。○歳以上○歳以下という条件が付くことは少なくありません。
 研究者人材データベースをごらんになってみて下さい。
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekTop
 ですから、どんな条件の悪いところであれ、就職できるときに就職しておいて教育歴稼ぎ(これもけっこう大変なのです。私自身、教育歴に穴をあけないために、交通費で赤字になる遠方の大学の非常勤講師をやった経験があります)をしておくというのも、ひとつの考え方ではあります。

 なお、J短大を経営する学校法人が経営していた4年制大学についての情報をリンクとしてはっておきます。新聞社などのHP上にあるうち、ここだけがリンク切れにならず、残っていましたので。
http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/004373.html
 ウィキペディアを参考までにごらんになるのもよろしいか、と。

 J短大の直接の関係者のみならず、信頼でき、今後とも支援してくださりそうな方などにも相談なさりつつ、どういう選択をなさろうとも、最終的には自分で覚悟を決めて進んでいかれるのが肝要か、と存じます。

Good Luck!
 

 

参考URL:http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/004373.html

かつて博士課程修了後、専任(常勤)職を獲得するまで約4年間浪人した者です。分野にもよりますが、現在、博士号取得後、非常勤(数年の任期付き)のポスドク研究員になる競争があり、そこから専任(常勤、しかし多くは任期付き)職に就くのにさらに激烈な競争があり、私だけでなく、友人たちも大変な苦労をしました。(ちなみに、私も友人も旧帝大の博士課程出身です。旧帝大の院が就職に有利などとは、とても言えません。)
 そんな中で、いまだに学士で短大に就職の口があるなんて、奇跡に近いと思って、拝見し...続きを読む

Q栄養士さん、管理栄養士さん教えてください

最近、アレルギーのことや赤ちゃんの発育から考えて、離乳食は1歳前後から始めた方がいいと言われていますよね。

栄養士の先生は、2ヶ月頃から果汁の薄いものや野菜スープの薄めたものを少しずつあげてミルクや母乳以外の味に慣れさせていき、5ヶ月頃から離乳食を開始すると言われますが、実際のところはどうするべきなのでしょう??

『時期が来るまではあげてはいけない』とされている食品(例えば卵白やハチミツ、砂糖の多いもの、繊維のかたいものなど)にだけ気を付けていれば、今まで通りの進め方でも問題ないのでしょうか??

Aベストアンサー

離乳をいつから始めるかは、個人差がかなりありますので、一概には言えないですから
「こうするべき」という、正解のようなものはとくにないですよ。
5か月頃からというのは、あくまで目安で、赤ちゃんの状態を見て開始して、
だいたい2歳くらいまでに子供用の食事がとれるようになればOK、とされていると思います。
1歳前後から始めるのも、アレルギーだけ考えればいいかもしれませんが、
発育の早い赤ちゃんだと、5か月くらいになるとミルクだけでは栄養が足りなくなってしまうそうです。
ミルクだけでは足りなくなる栄養を食事からとるように移行していくのが離乳の目的です。
情報は情報として受け止めて、赤ちゃんの成長次第で進めて行けばそれでいいと思いますよ。
「1日1品1さじから」を守って、赤ちゃんのご機嫌やウンチの状態などを見て
「あれ、まだ早かったかな?」と思ったらストップして、
ゆっくりじっくり進めていってください(^^)

Q栄養学系の学部

受験生です。
栄養士・管理栄養士養成過程の大学とそうでない大学がありますよね??
栄養士の資格が取れない栄養学系の学部の長所ってなんなんでしょう??
教えてください!!!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

管理栄養士養成課程のカリキュラム表を見てみると分かりますが、必修がものすごく多いです。多いというか、ほとんど必修(124単位中80単位くらい)。ふつうの大学の必修はせいぜい40単位くらいですから、大きい違いですよね。

非・栄養士養成課程のメリットは、職業人養成訓練ということにとらわれず、栄養学の中でも自分の興味のあるテーマをアカデミックに取り組めるという点ではないでしょうか。

一口に栄養学と言っても、食品そのものの構成や作用を考える「食品学」、食品に含まれる成分や栄養素の、体の中でのはたらきや疾病の予防を研究する「栄養学」、疾病時にその病状に適した栄養素のバランスを考える「臨床栄養学」、食品を調理するときの諸問題を研究する「調理科学」、集団給食を行うときの問題を解決する「給食管理」…など、いろいろなジャンルがありますから。

Q栄養士と管理栄養士における化学の重要性

こんにちは。この春から栄養士養成の専門学校に通っている者です。
今週から授業が始まり、化学が予想以上に使われているなぁと実感しているところです。私はわかるのでいいのですが、クラスには化学をやっていない方もいらっしゃいます。
大学のように、各科目の先生方が常駐してくださっていれば質問にもいけるのでしょうが、専門学校なのでそれが難しい状況です。
そこで、私で教えられるところは教えてあげたいと思うのですが、栄養士を目指す人、または管理栄養士を目指す人に化学の基礎をどこまで教えてあげるべきかがわかりません。
言い方をかえれば、どこまで求められるのかがわからないのです。みなさんはどこまですればいいと思いますか?また、そんなことは必要ないと思いますか?
ご意見をお聞かせください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

私も、高校でほとんど化学を履修せずに大学に入ったクチです(^^;
管理栄養士のコースにいましたが、旧課程の「理科I」程度の化学の知識しかなかったので
有機化学の授業についていけず、高校生用の化学の参考書を買って自分で勉強しました。
無機化学の知識はそれなりでよさそうですが、有機化学は絶対に必要ですので
有機化学がほどほど理解出来る程度に教えて上げたらいいと思いますよ。
でも、高校の化学でいちばん難しいのが有機だって聞いた事もあるのですが。。(^^;


人気Q&Aランキング