本人訴訟で,遺産分割協議の無効確認の訴訟をしている者です。
相続人は3名で原告が2名です。
 仮に原告A 原告B 被告Cとします。
 被告Cは,原告Aが被告Cを相手に提訴していた,別の2件の貸金請求訴訟の答弁書へ被告Cは本件の遺産分割協議について,同じ内容の事を,関連性が全くないにもかかわらず,(抗弁?)主張しました。(1件は,本件と同じ,裁判官です。)
 上記の被告Cの別件訴訟上の主張は,同人の意思表示になりますか?
また,本件の原告側の証拠として提出する際は,被告Cの答弁書以外,何が必要でしょうか?御教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>被告Cは,「本件の遺産分割協議は,遺産では無く,自分に,所有権があった土地を,被相続人の名義にしていただけであったが,原告Bが遺産だと言い張るので,仕方なく合意した。

」と原告Aとの別件訴訟の答弁書にて主張しているのですが,心裡留保の意思表示と言えるでしょうか?

過去に「虚偽表示の意思表示をした」という事実を主張していると解釈できる可能性はあります(もっとも、相手方であるBが虚偽であると認識していなければ虚偽表示とは評価できないと思いますが)。

しかし、あくまでも,「過去に意思表示をした」という事実を主張しているのであって,主張そのものが意思表示になるわけではありません。

>相手の答弁の前にあらかじめ証拠を提出していて,結果的に争いが無い事実であった場合は,その証拠は採用されないのでしょうか?

民事裁判で、書証を採用しないということはほとんどありません。嫌がらせ目的に,あまりに大量に出したとかいうなら別ですが。

結果的に争いがないから採用しないというのは、ほとんどありえません。
    • good
    • 0

「意思表示」というのは、民法上の意思表示のことでしょうか?



Cのした主張というのが、何らかの法律効果の発生を意図しているものであるのなら、裁判内だろうが、裁判外だろうが意思表示としての効果は代わりません。

例えば、「契約を解約する」という意思表示は、そもそも裁判手続き内で行う必要すらないわけで、それがたまたまその契約とは関係のない訴訟の手続き中で行われたからといって、無効な意思表示とする必要はないでしょう。

>本件の原告側の証拠として提出する際は,被告Cの答弁書以外,何が必要でしょうか?

「答弁書」を証拠として提出するのに何が必要かと言うことですか?そうであれば、通常の証拠とかわりませんから、証拠説明書をつけて提出するだけです。

それとも、「Cが別の訴訟において何らかの意思表示をした」という事実を証明するための証拠は、答弁書だけで十分かどうかということですか?

基本的には十分でしょう。しかし、証拠による事実の認定と言うのはあくまでも互いに証拠を出し合った上での総合評価ですので、例えば、相手が、答弁書が偽造されたものである証拠などを出してくれば、こちらもそれに対抗するための証拠を出す必要があるなど、相手の出方によっては、追加で証拠を出す必要があります。

この回答への補足

迅速な回答ありがとうございます。
更にお聞きしたいのですが,

 被告Cは,「本件の遺産分割協議は,遺産では無く,自分に,所有権があった土地を,被相続人の名義にしていただけであったが,原告Bが遺産だと言い張るので,仕方なく合意した。」と原告Aとの別件訴訟の答弁書にて主張しているのですが,心裡留保の意思表示と言えるでしょうか?
(被告Cは,本件の答弁書では,原告の請求の趣旨に対し,争うと答弁しています。)
 また,相手の答弁の前にあらかじめ証拠を提出していて,結果的に争いが無い事実であった場合は,その証拠は採用されないのでしょうか?

よろしくお願いします。

補足日時:2009/05/22 01:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございます。
更にお聞きしたいのですが,

 被告Cは,「本件の遺産分割協議は,遺産では無く,自分に,所有権があった土地を,被相続人の名義にしていただけであったが,原告Bが遺産だと言い張るので,仕方なく合意した。」と原告Aとの別件訴訟の答弁書にて主張しているのですが,心裡留保の意思表示と言えるでしょうか?
(被告Cは,本件の答弁書では,原告の請求の趣旨に対し,争うと答弁しています。)
 また,相手の答弁の前にあらかじめ証拠を提出していて,結果的に争いが無い事実であった場合は,その証拠は採用されないのでしょうか?

よろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/22 18:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q答弁書が期日を過ぎても送られてこない。

本人訴訟で民事裁判を起こしております。
第1回口頭弁論がまもなくあります。
被告側には弁護士がいるみたいなのですが、答弁書が期日を過ぎてもいまだに送られてきません。
答弁書を期日までに提出しなくても特に問題はないのでしょうか?このまま答弁書が来ない場合、原告が何か有利になる事はありますか??
あと、気にしているのは口頭弁論期日の直前に被告が答弁書を送ってくるのではないかと考えています。
そうなると答弁書に対する反論が整理する暇がないまま口頭弁論になって原告が不利になると思いますが、こういうことってありますか?

Aベストアンサー

私も,本人訴訟に関わった経験があり,お答えできると思います。

○答弁書を期日までに提出しなくても問題はないか。
 期日までに提出せず,裁判当日も出席しないと,原告勝訴になります。しかし,期日ぎりぎりに提出したり,提出せずとも裁判当日に出席して「争う」旨伝えれば,問題はありません。

○原告が有利になることはあるか
 上述の原告勝訴となる場合を除き,有利なことはありません。

○口頭弁論期日直前に答弁書を送ってくる可能性
 十分にあり得ると思います。

○答弁書に対する反論を整理する暇がないという点
 口頭弁論期日においては,「答弁書の内容を審査した上,次回までに反論する」と答えれば十分です。といいますか,争いある事件については,実務では,第1回期日は,手続が進んでも,答弁書の提出陳述までだと思います。

○その他
 答弁書の提出が遅くても,それをもって裁判官が不利に扱うことはないと思います(裁判官も気分は悪いでしょうが)。裁判官は法律に則って,裁判をしますから。
 私の経験上ですが,弁護士さんの中で,答弁書の提出期限を守らない方はたくさんいると思います。
 何か分からないことあれば,書記官室に電話して聞けば,丁寧に教えてくれますよ。

私も,本人訴訟に関わった経験があり,お答えできると思います。

○答弁書を期日までに提出しなくても問題はないか。
 期日までに提出せず,裁判当日も出席しないと,原告勝訴になります。しかし,期日ぎりぎりに提出したり,提出せずとも裁判当日に出席して「争う」旨伝えれば,問題はありません。

○原告が有利になることはあるか
 上述の原告勝訴となる場合を除き,有利なことはありません。

○口頭弁論期日直前に答弁書を送ってくる可能性
 十分にあり得ると思います。

○答弁書に対する反論を...続きを読む

Q【原告の主張に対する反論への抗弁後】

【原告の主張に対する反論への抗弁後】

民事訴訟ですが、原告が(自分)主張した事実に対して、被告が抗弁してきました。
その後、原告として、抗弁に対して再抗弁しました。
(間接証明ですが、証拠を提出しました。)

その後、被告はその件に関して沈黙しています。

その場合、原告の主張(再抗弁)した事実を真実として、争わないこととなるのでしょうか。

お手数をお掛けしますが、教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

 再抗弁の主要事実についての主張に対して、相手方が沈黙している場合、弁論の全趣旨により争っているものと認められないかぎり、自白したものとみなされます。(民事訴訟法第159条第1項)

Q労働審判の答弁書

間もなく第1回の審理が行われますが、相手方が答弁書を提出しないことが有るのでしょうか?。
答弁書とは第1回の審理の実施日の1週間前までに提出する必要があると思いますが、それを過ぎて提出された場合、裁判所は答弁書を認めるのでしょうか?。

Aベストアンサー

裁判所は、当日提出の答弁書でも認めます。

多いのが裁判所にだけ出している場合です。

書記官に確認してください。

Qこちらが原告の民事訴訟で被告からの妨害行為

以前にも質問したのですが、続けて質問させていただきます。
迷惑電話とか、私生活まで介入することがあるそうですが、たとえば本人以外の家族に迷惑電話やいやがらせなどをしてきた場合は
警察は受け付けてくれないのでしょうか?
自分自身が受けるのはともかく家族までいやがらせを受けたりしても対応ができないとなると、
この点がひっかかり訴訟を躊躇しているのですが。

Aベストアンサー

裁判は、原告、被告がそれぞれ次回の裁判日までに「準備書面」を出し合う形で進行します。ですから質問者が心配することが起きたら、その内容を準備書面に書いて「こういう行動はやめよ。止めないなら、原告は訴状の請求趣旨に被告のおこなう行為に対する損害賠償請求を追加するだけである。」
と牽制できます。

私の場合、被告が答弁書に私の根拠の無い悪口を書かれたことがあります。それを準備書面で丁寧に反論した後「よってかかる被告の答弁は原告の人格権及び名誉を著しく毀損するから、裁判に関係しない原告の悪口を書くことは止めよ。やめないなら、請求の趣旨に「法定における人格権侵害・名誉毀損」を原因として損害賠償請求を追加するからそのつもりで」と書いたら、ぴたりと止みました。

原告の私は本人訴訟、相手は弁護士を立てていますが、弁護士がついていても、この有様で、弁護士の無能ぶりにあきれ返りました。


答弁書や準備書面は、裁判官が読む書類ですからこんな確かな証拠はありません。

1行訴状に追加するだけで、更なる支払い請求が自動的にできますから、被告の行動は「負けてくやしい花一匁」と裁判官の前で歌ってくれているようなものです。

原告にとっては、原告がの請求が正しいと被告も認める事実になり「思う壺」の行動です。

ですから質問者の心配は普通は無いでしょうし、あっても簡単に封じ込めるでしょう。

裁判は、原告、被告がそれぞれ次回の裁判日までに「準備書面」を出し合う形で進行します。ですから質問者が心配することが起きたら、その内容を準備書面に書いて「こういう行動はやめよ。止めないなら、原告は訴状の請求趣旨に被告のおこなう行為に対する損害賠償請求を追加するだけである。」
と牽制できます。

私の場合、被告が答弁書に私の根拠の無い悪口を書かれたことがあります。それを準備書面で丁寧に反論した後「よってかかる被告の答弁は原告の人格権及び名誉を著しく毀損するから、裁判に関係しな...続きを読む

Q答弁書、提出後では無理ですか?

答弁書を提出した後で、更に訴状におかしいと思うところが出てきました。

こんな場合でも、答弁書を出した後は答弁できないのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

提出した答弁書の訂正ではなく、追加の答弁をしたいということですよね。

第一回口頭弁論において陳述するまでは、訂正(差替え)が可能です。
既に提出した答弁書を訂正する形で作り直し、再提出(既に提出したものと差替えてもらう)する方法もありますし、
他の回答者様が仰るように、準備書面の形にして、新たな文書を提出する方法もあります。

Q民事訴訟は当事者(原告被告)以外の発言機会は?

当事者でない利害関係者(兄弟)が、訴訟理由書などで事実無根の誹謗中傷をされている記述を知った場合のことです。
1)裁判の書式形式を知りませんが、陳述書・上申書・具申書等の名称で提出する方法がありますか。
2)当事者でないが故に、その裁判とは別に名誉棄損などの訴訟方法があるものですか。

Aベストアンサー

1)裁判の書式形式を知りませんが、陳述書・上申書・具申書等の名称で提出する方法がありますか。
弁護士経由で、書式は関係なく裁判所に意見書はだせます。

2)当事者でないが故に、その裁判とは別に名誉棄損などの訴訟方法があるものですか。
その原裁判が、係争中でも訴訟はできます。
しかし、原裁判への影響がある場合がありますから、弁護士に相談して行動してください。

Q被告2人が各自答弁書を出したら、被告1人ずつ準備書面で反論するか教えてください。

簡易訴訟(損害賠償事件)で、本人訴訟をしているものです。

第1回の答弁期日は終了したので、今度は私が準備書面を出す番なのですが、被告がA氏B氏と2人おり、答弁書の記名が1枚はA氏だけ、もう1枚はA氏B氏と連名で書かれており、それぞれの答弁書に準備書面も2枚用意しなくてはならないのですか?

また答弁書2枚とも、似通った文章なのですが、ところどころ話がずれているので、どちらの言い分なのかがはっきりせず困っています。

Aベストアンサー

答弁書において、「第一項」といった区分けがなされていないか、センテンスが大きすぎる場合、段落わけできる場合には、「答弁書第一段」は否認する、と言った具合にし、これが困難な場合、被告答弁書一行乃至5行…とある部分は、否認する、といった具合にするとよいでしょう。「…」は、被告答弁書の内容の引き写しでもよいと思いますし、要旨、たとえば、「被告が原告に対し代金を弁済した旨」でもよいと思います。なお、民事訴訟では、余り好ましくありませんが、全部否認する、とか、すべて争う、といった口頭弁論期日での口頭主張・認否もよくみかけます。

Q民事訴訟の法廷の外での原告と被告

民事訴訟の法廷の外で原告と被告が直接顔を合わせることはあるのでしょうか?
小心者みたいですが、お互いばつが悪い感じがします。
それに被告が感情な場合トラブルの可能性が感じます。

Aベストアンサー

双方とも本人訴訟の場合は、出頭して嫌でも顔を合わせます。ただ、被告は、一回目は答弁書だけ出して擬制にすればいいから出てくる必要はないですが、素人の方だと答弁書も出して、さらに出頭もしなければならないと考えれば、出てきますから、初回から法廷内で対面で顔合わせですね。

ただし、一方でも代理人を立てれば、顔合わせはないです。

それが嫌さに弁護士に依頼する人もいるくらいですから。

もし、相手が大変感情的になっており、手を出しそうな人なら、事前に書記官に伝えて、警察官の派遣要請をしておくべきです。

何かあってからでは遅いです。

Q答弁書への対応について

よろしくお願いします。
小額訴訟で11万円ほどの請求訴訟を起こしています。
被告は弁護士さんをつけたようで答弁書が送られてきました。
それに基づき新たに証拠をいくつか用意するつもりですが、答弁書には私から見れば事実ではないことが書かれてあります。
そのことについて、答弁書のここは間違っているというような書類を作成した方がいいのでしょうか?
また作成する場合、なんという書類として作成するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイトルを「準備書面」として、「御庁平成17年(小コ)第○○号××事件について、原告は被告の答弁書につき、次のとおり反論する。」としたうえで「記」として、次の行から詳細に反論部分を記載します。
そうしないと、認めたことになります。
また、証拠書類は以前は個々で「認否」していましたが、今ではこれを廃止していて争いがあれば、その争いの部分だをピックアップして反論するようになっています。
口頭弁論の期日に口頭で主張してもかまいませんが、このように事前に準備書面として提出しておいた方がいいです。

Qこちらが原告の民事訴訟で被告からの妨害行為

損害賠償請求訴訟の原告で被告側から迷惑電話等の行為があった場合、法廷で陳述できるのでしょうか?
またやめさせるにはどこに言えば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

被告からの「いやがらせ」ですね。被告もあせっているということです。被告に落ち度がないと、冷静に判断して行動すると思いますが、「いやがらせ」をするということは、裁判を止めさせよう、あるいは原告の精神的動揺を狙ってのことと思います。

あなた自身が電話の会話を録音して証拠にするように準備したら如何ですか。法律に従って「喧嘩」しようと決断したので、嫌がらせなどは色々出てくると思います。民事訴訟では、「正義が勝つのではなくて、意思の強いこと、理路整然と意見を主張しない」とダメです。それができない人は、色々な手を使ってきます。人間の表と裏は違います。

少々のことでは驚いてはダメです。表面上は無視して、次の攻撃に向けて準備をすべきです。それが、刑事事件になれば、公が介入してくれます。頑張ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報