先日、献血をしてきました。
それを知人に話したところ、血液はかなりのいい値段で売られていると聞きました。
本当でしょうか?

実際のところ、血液の値段っていくらくらいなのでしょうか?
卸値・輸血をした際の価格など、わかる方がいらっしゃいましたら、教えてくださいm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

牛乳絞って容器にいれご近所に譲るのとは違うから(^^)、人件費も各種の検査費用もかかります。



病院が買うときの価格は400cc18000円かな(最近のことは知らない)
赤十字社以外は取り組まず、この会社は自分たちの取り分減るから人雇わずボランティアの厚意に寄生したぼったくり商売している。赤十字病院で儲ける分は別会計ですからね。

まだ売血が行われていたころの経験者の話しでは、1回目は検査でジュースとテレフォンカードだけ。ジュース欲しさに献血と考えた人も多いでしょう。
異常がなければ1週間後に200cc採って1万円とテレフォンカード。健康で暇な学生の特権って面はありました。
その後、生活に困り売血する人が増えて(輸血に適さない)いまは献血しかない。
記憶はあいまいだが献血手帳(通帳)みたいなものがあって記録にある分量を家族や知人の輸血に献血からまかなう制度あった。輸血は売血より献血が安全と思われていたころです。(いまは廃止、廃止の理由は国民が等しく輸血受けられること、国民が等しく受益者負担で払うこと)

各種検査するとはいえすり抜けることはあるから輸血受けたら「HIV」「B型肝炎」感染の可能性は残ります。20世紀には不治の病と見られていた白血病もAIDSもいまではそのことだけでは死ぬこともない。HIV感染しても適切な治療受ければAIDS発症しない。(手間は糖尿病の治療程度)

いまの献血は400CC採り、検査して適さなければ廃棄です。70回も輸血すれば(何の役にも立たないが)知事表彰受け、満足感達成感はかなう。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9043/baikets …
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 13
この回答へのお礼

とても詳しく参考になるご回答ありがとうございます。

昔は個人が高値で売れたんですね。

がんばって知事表彰受けたいとおもいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 16:05

血液製剤は、200mlと400mlがあります。

医療機関では、各地の日赤の血液センターから購入します。一般的には2万円前後です。
    • good
    • 0

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

血液200mLに由来する照射人赤血球濃厚液の薬価は8618円です



これには採血バック、採血費用、血液型、不規則抗体、各種ウイルスが潜んでいないことのチェック、肝機能などの検査、副作用予防の白血球除去、放射線照射、保存、輸送費用などが含まれます

病院への納入価もこの薬価と大して変わりませんので差益は出ません

この回答への補足

なるほど。

利益は出ていないんですね。
参考になりました。

ありがとうございました。

補足日時:2009/05/24 16:06
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すみません。

お礼を補足へ書いてしまいました。

補足欄にて、お礼と代えさせていただきます。

お礼日時:2009/05/24 16:08

banbanedさんの言われている、


「かなりのいい値段で売られている」とは、
他の質問者さん達が回答されている「血液をどこかで
高く買い取ってくれるか?」ということでしょうか?
それならば他の回答者さんのとおりです。
そうではなく、献血された血液を日赤が病院にいくら
で売っているのかということなら、
http://www.kenketsu.com/jp/j4300.html
が分かりやすいです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

とても興味深いHPですね。
こういった意味で質問させていただきました。

とても勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 16:02

2002年7月31日 「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律」公布。

有料での採血等が禁止された。ウィキペディアより

ということで現在血液の有料買取はありません
    • good
    • 5
この回答へのお礼

文章足らずですみません。
病院での輸血をした際の治療費の単価や、採決した機関からの病院への卸値などという意味で質問させていただきました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 15:59

日本では売血は禁止されています。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

文章足らずですみません。
病院での輸血をした際の治療費の単価や、採決した機関からの病院への卸値などという意味で質問させていただきました。

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 15:58

>血液はかなりのいい値段で売られていると聞きました。


過去には売血と呼ばれる行為がありましたが色々な理由で禁止となって、赤十字が行っている血液銀行ができました。
現在は「売血」はないと思います。

WIKIによれば1990年まで売血があったようです
>1990年に原料の献血移行が行われるまで製薬会社
    • good
    • 4
この回答へのお礼

文章足らずですみません。
病院での輸血をした際の治療費の単価や、採決した機関からの病院への卸値などという意味で質問させていただきました。

献血してお金がもらえる時代があったんですね。
驚きました。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 15:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血・輸血が可能な血液型について

「O型の血液の人は全ての人に血をあげられるけれど、もらえるのはO型のひとからだけ・・・」のように、”あげられる・もらえる”の関係をインターネットで調べようとしたのですが、どうも上手くヒットしません。(ホームページに限らず、知識としてでも)知っていらっしゃる方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

参考URLに、図で示されていてわかりやすいですよ。

参考URL:http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec14/ch171/ch171b.html

Q輸血経験者の献血

こんにちは。20代フリーター(女)です。
先日、休みを利用して献血に行ってきました。しかしヘモグロビン濃度がほんの少し足りず、今回の献血は見送ることに。
その際に戴いた献血を出来なかった人向けのパンフレットに、『輸血経験者は献血できない』と書いてありました。事前の質問でも聞かれていましたので、内容は理解していました。

帰宅して母親に献血できなかったことを話すと、「お前は手術の時に輸血しているよ」と告げられました。
私は4歳のころに開腹手術をしているのですが、自分は今まで輸血されたことはないと思っていたのです。

よくよく考えれば、お腹を切るような手術で輸血しないわけがないのですが、初めて献血した高校生の頃は『輸血経験はない』にチェックを入れ、2回ほど献血を受けてしまっていたのです。

今後献血が出来ないことは非常に残念ですが、仕方ないことだと思います。
しかし前回の私の血液がもし誰かに使われているとしたら、その方にまで未知のリスクを背負わせてしまったことになります。それが怖くて仕方ありません。
もう数年前のことになりますが、ちゃんと赤十字に連絡すべきでしょうか。

献血について詳しい方、どうかご回答お願いします。

こんにちは。20代フリーター(女)です。
先日、休みを利用して献血に行ってきました。しかしヘモグロビン濃度がほんの少し足りず、今回の献血は見送ることに。
その際に戴いた献血を出来なかった人向けのパンフレットに、『輸血経験者は献血できない』と書いてありました。事前の質問でも聞かれていましたので、内容は理解していました。

帰宅して母親に献血できなかったことを話すと、「お前は手術の時に輸血しているよ」と告げられました。
私は4歳のころに開腹手術をしているのですが、自分は今まで輸血された...続きを読む

Aベストアンサー

 献血された血液は、感染症などすべて検査して、安全なことを確認したうえで患者さんに使用されていますので、特別心配されることもありませんし、日赤に連絡する必要もありませんよ。(現在行われている検査で異常が見つからず、患者さんに危険な血液が使用されてしまう可能性があるのは、発症前のAIDSくらいでしょう。)
 なお、4歳の頃に輸血して、あなた自身現在特別な異常が起きていなければ、たいてい献血をしても何も問題はないと思います。確かに何十年もしてから発症するたんぱく質系の病気がないとはいえませんが、可能性は大変低いものと思います。
 多少なりと、ご参考になれば・・・

Q献血:「輸血歴あり」申告のキャンセルは可能?

以前に手術をしたときに輸血をされた可能性があることに気が付き、献血後にフリーダイヤルにかけて「可能性がある」ことを伝えました。その翌日に当時の医者に尋ねたところ輸血歴がないことを確認できました。

このため、献血センター(かどこかに)電話して、「可能性があることに思い当たって電話したが、ないことが確認できたため取り消したい」と、ありのままに説明しました。その後、申告を取り消すための書類が郵送されてきて、記入後返信しました。

手続き上は申告を取り消したことになっているとは思うのですが、実際には一度輸血歴ありを申告した者の血液は使っていないのではないかと心配しています。少しでも人のためになるのならと思ってその後も時々献血に行っているのですが、いいことをしたつもりになっているのは自分だけで実は何の役にも立っていないのだとしたら、ドナーにとっても赤十字にとっても無駄ですし。

知っていても回答してはいけない問題かもしれませんが、ご存じの方、可能であればお教えください。

Aベストアンサー

それは日本赤十字社に問い合わせるしかないと思いますよ。
問い合わせ先は、赤十字血液センターですかね。
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/index.html

Q献血について詳しい方、教えてください! 初めて献血をしてみようと思っているのですが、献血をすることに

献血について詳しい方、教えてください!

初めて献血をしてみようと思っているのですが、献血をすることによって血液が綺麗になるって本当でしょうか?

Aベストアンサー

年平均で2回は献血をしてきましたが、
自分的には献血すると調子がよくなる気がします。
若いころは、献血すると、風邪がすぐ治ったような気がします。
あくまで気持ちの問題なのか知りませんが、
体が活性化するようです。
(献血したので、その分たくさん体に吸収され、
入れ替わるって感じかな)
やってみればわかりますよ、
軽やかな気持ちになることはまちがいなし。

Q血液型による輸血について

血液型別の輸血について、どの型がどの型に輸血できる(できない)を教えてください

Aベストアンサー

医療従事者です。

現実問題として、
ABO、Rhともに同じ血液型からしか輸血をすることはありません。
しかも、血液型はABO、Rh以外にもさまざまな型があります。
輸血する際には、ABO、Rhの確認と、
クロスマッチといって、
輸血する血液と、輸血される方の血液が
本当に合っているかを確認してから用いることになっています。

あと、日本人ではRh(-)が少ないんですが、
人種によっては、かなりの割合を占めることもあります。

面白いページがありましたのでごらんになってください。

参考URL:http://www.catv296.ne.jp/~sensyo/ketuekigata.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報