社会人チームでゴールキーパーを務めています。
月に3回ぐらい試合があるのですが。
ゴールキックが飛びません。ハーフウェイラインも超えません。
チームメイトに申し訳ないし、ピンチを招くし。
週1ぐらいでキックの練習をしようと思っています。
なので、ゴールキックを飛ばすこつを教えてください。

ここでいうゴールキックというのは、手でもってけるパントキックでなく、ゴールラインを割ったボールをゴールエリアの所から、
地面において蹴るキックです。
Jリーガーを見るとすごく飛ぶので、自分と何が違うのか知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まあ、他の方も言っておられるように筋力がないというのはあるでしょうね。


キックに必要なのは大腿四頭筋だけではありません。
いろいろな筋肉が協調・拮抗してキックを生み出します。
筋トレとしては、ジム(公営の体育施設でも十分)に通ってバーベルスクワットをするのが
手軽です。素人がここの筋がどうだからここを鍛えるとか、考えるだけ無駄ですので、
大きな動きのトレーニングとしてバーベルスクワットがよいと申し上げました。
あとは、関係ないと思われるかもしれませんが、上半身の筋肉もひととおり鍛えてください。
15キロ程度のダンベル(筋力による。10回ぐらいできる重さ)で、大胸筋、広背筋、僧ぼう筋、
など、などよくある基本的なトレーニングをこなしてください。全部やっても30分程度です。
ダンベルは自宅でもできます。先ほどもいいましたが、筋肉はさまざまな協調している上成長ホルモンの分泌効果とか考えるといろいろな基本トレーニングを同時にしたほうが効果的です。でも結果出るのに半年はかかると思ってください。

その上で、キックのトレーニングをしたいのなら走りこみもしてほしいです。質問者さんはなんとなくあまりふだん運動されてなく走力がないためキーパーしてるようなイメージがあるからです。違ったらごめんなさい。足のバランスはアーチ(下腿部および足部全ての多くの筋肉が関係しています。)が重要な役割を果たしますが、それを鍛えるにはジョギングがよいです。サッカー経験者はみんなあたりまえのようにキックを飛ばしますが、実はみんなあたりまえのように5キロ10キロ走れる走力はもっています。それはサッカー選手にはあたりまえすぎて目がいきませんが、実は非常に重要なことなのです。インステップキック自体はそれほど難しいことではありませんが、それは基礎体力がある人間にとっての話です。練習するだけでもスタミナも使いますし。

そして最後に物理的なことをお話しますと、上記を満たした上では、すんなり体が受け止められることなのですが、キックの衝撃力というのは、足の振りのスピードとインパクトの瞬間の固定度できまります。
振りのスピードはそのままですが、固定度というのは、インパクトの瞬間の蹴り足の足首の固定だけにとどまらない全身の固定です。それにより反発力が増します。ここで軸足のアーチの強さも強く関係してきます。
    • good
    • 4

週一しか練習出来ないんだったら、蹴る量を変えれば良いと思います!!


僕もゴールキーパーをやっていて、ゴールキックが飛びません。
だから僕は、1回の練習で、んーそうだな・・・、100回は練習しています。
1回蹴るたびに、どこが悪かったのか、どういうところが良かったのかを思い返しながらやると良いと思います。
順序はこうです。
・ボールを置く{気持ちを入れて}
・助走をとる{毎回決まった歩数で}
・蹴りたいボールをイメージする{イメージは大きく}
・一息つく
・走りだす
・蹴る瞬間は、軸足をボールより少し前で、体は若干後ろにそって
・蹴り終わったら、そのキックを振り返る{悪かったところ、良かったところ}

これを100回{一回の練習で}やれば、うまくなると思います。
力を入れすぎるのは良くないと思います。
疲れたら、自分の体と相談しながら。
頑張ってください!!
    • good
    • 6

まず、置いてあるボールにまっすぐに立つ、これ、とっても重要です。


(プロのように足自体の筋力が高い人はななめからでも蹴ることができますが・・・)そして、うけわたす相手を直接見るのではなく、自分が思い描くコースの途中に「点(輪)」をつくり、そこに目掛けてけることです、僕はこれをやって、驚くほど飛ぶようになりました、今までとだいぶ違うと思いますよ~。
    • good
    • 3

先に回答されている方が言われているように、蹴ったボールがどのように飛んでいるかが分からないので推測で書かせてもらいます。


インステップキックやインフロントキックがちゃんと出来ていて、ボールも浮いていて遠くへ飛ばないのであれば筋力の違いだと思います。

あと考えられるのは、蹴る時に体全体を使わずに足だけで蹴ろうとしていることが考えられます。
強い(遠くへ飛ばす)ボールを蹴る時は下記のように体全体を使います。
(1)蹴り足は、足の付け根(股関節)から可動させる。
(2)蹴り足は、ひざ下も意識して振り上げる。
(3)上半身も使う(上半身を軽く弓のように反らす)。
(4)軸足に体重を載せる(軸足で全体重を支える)。軸足に体重を載せると、蹴り足が速く振れるから。
ただし、(4)は全体重を支えられる足の筋力が必要だし、(3)はある程度腹筋が必要になるので、やはりボールを遠くへ飛ばすにはまず筋力ですかね。
体も軟らかい方がいいですね(股関節とか)。

質問と話がずれますが、ゴールキックの時はキック力のある人に蹴ってもらう方法もありますよね。
キック力が無い小学生のチームは、ゴールキーパーをゴールにつかせておいて、別のキック力のある人にゴールキックを蹴らせていると思います。
(私が小学生の頃の話ですが)
    • good
    • 6

ボールが浮かないということではないですよね?


単にキック力の違いだと思います。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら

軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら
教えてください。

30代男です。まったくキック力がありません。
本当に半端なく、ボールがちょろちょろになります。
小学生時代からずっとそうです。
かなり重症です。

PKでも遠藤以下のちょろちょろシュートです。
女子よりもキック力がありません。

自分なりに検証したところ、
シュートを打つときに足首を90°に曲げてボールをあげようとしていると
わかりました。すると当然ゆるい球しか蹴れません。

それを直し足首を伸ばしてインフロントにクリーンヒットしても、
強い球が飛びません。
インサイドのほうが比較的強い球を打てます。

周りを見てると軽く蹴っても、遠くに球を蹴れています。
ちょこんと当てて、20mくらいは飛ばせますよね?
軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら
教えてください。

Aベストアンサー

手っ取り早く遠くへ飛ばしたいのならトーキックです。
一瞬でマスターできる蹴り方はこれしかありません。
トーキックであれば、膝から下の足の振りだけである程度遠くへ飛ばせます。
ただし、コントロールは犠牲になります。

強い球が蹴れないのは、先に回答されてる方が言われているように蹴り足が速く振れてないからだと思います。
蹴り足を速く振る為には軸足に体重をのせ切ることが大切です。
軸足一本で体重をささえられるように。
コツとしては、ボールに対して軸足をボールの正面から真っ直ぐに踏み込むのではなく、ボールに対して少し斜めから踏み込みます。
しかもこの時、軸足は棒立ちではいけません。
軸足の膝は軽く曲がってる必要があります。

また、蹴るという動作は足が主体なのですが、上半身の使い方も大切です。
サッカー教本などで蹴る時の連続写真が良く載ってると思いますが、お手本となるフォームを見ると蹴る直前に上半身を反らしていることが分かります。
上半身を軽く後ろに反らすことで、蹴り足が前に速く振れるようになります。
ジャンプする前にしゃがむのと同じ要領です。

時間をかけて蹴るフォームを改善していけばボールが飛ぶようになるはずです。

手っ取り早く遠くへ飛ばしたいのならトーキックです。
一瞬でマスターできる蹴り方はこれしかありません。
トーキックであれば、膝から下の足の振りだけである程度遠くへ飛ばせます。
ただし、コントロールは犠牲になります。

強い球が蹴れないのは、先に回答されてる方が言われているように蹴り足が速く振れてないからだと思います。
蹴り足を速く振る為には軸足に体重をのせ切ることが大切です。
軸足一本で体重をささえられるように。
コツとしては、ボールに対して軸足をボールの正面から真っ直ぐに踏み込む...続きを読む

Q高く遠くに飛ばすには?

 実は、今、とある場所でサッカーをやっている者ですが、なかなかロングボールを上手く蹴れません!どのように蹴れば上手にとびますか?一生懸命に遠くに放れるように蹴っているのですが、まじ飛距離的にも高さ的にも全然上手くいきません!一体どうしたらよいのでしょうか?ちなみにポジションは左バックとたまーにボランチをします!なのでうまくロングボールが蹴れればなーと思うのです!どのような蹴り方をし、又、どのような鍛え方をすれば良いのでしょうか?(筋トレ方など)お願いします!教えてください! 

Aベストアンサー

1.軸足の踏み込む位置の確認。
シュートとか低く強く打ちたい時は深めに踏み込みますが、
センタリング等のハイボールを打ちたい時は浅め(ボールより後ろに少し遠め)に
踏み込みます。
実際に踏み込む場所は蹴る人毎に変わるので(体の大きさやボールの動き等)、
はじめは置いたボールで練習して自分なりの蹴り位置を探してみては如何で
しょうか。

2.足の何処にボールが当たっているか。
遠くに正確にボールを出すにはボールと蹴り足の接触面積が広い方がいいです。
足首の角度や、蹴り足の膝の位置が何処にあるかも意識するといいかも。

そして実践ですが、
踏み足を踏み込まずに、蹴る足も後ろに振り上げずに最初からボールに
触れた状態で、振り抜く動作だけをゆっくりとやってみるといいと思います。
この時、足首は動かさずに固定しておきます(重要)。
感覚としてはインフロントに乗せた後押し出す感じです。
蹴ると言うよりはすくい上げると言う感じでちょっと物足りないかも知れませんが、ここでインフロントにボールを乗っける感じをつかみます。
振り抜く前と振り抜いた後で蹴る足のひざの位置がどうなっているかを確かめてみるのもいいでしょう。
蹴る方向にまっすぐ出ていないととんでもない方向に飛んでしまうはずです。
慣れてきたらボールに横回転を掛けてみるのも面白いかも知れません。

この段階ではあくまでも蹴り足はゆっくり目に動かすようにします。
強く打とうとして力を入れると、どこに問題があるのかが分かりにくくなります。

注意として、高く蹴る時は体が前に傾かないように垂直近くに保って、
胸を軽く張っておくといいです。

ボールのコントロールができるようになったら、蹴る足の振りを速くしたり、
踏み込んでから打ったり少しずつ普通の蹴り方にしていきましょう。
ボールに当たる前よりも、ボールを押し出す時に力を入れる感じを
イメージするといいと思います。
慣れないうちは遠くに蹴ろうとして力を入れがちですが、
ゆっくり足を動かして蹴っても意外にボールは上がるのを確かめながら、
あせらずいろいろ実験するつもりで、少しずつ遠くに飛ばすようにしましょう。

1.軸足の踏み込む位置の確認。
シュートとか低く強く打ちたい時は深めに踏み込みますが、
センタリング等のハイボールを打ちたい時は浅め(ボールより後ろに少し遠め)に
踏み込みます。
実際に踏み込む場所は蹴る人毎に変わるので(体の大きさやボールの動き等)、
はじめは置いたボールで練習して自分なりの蹴り位置を探してみては如何で
しょうか。

2.足の何処にボールが当たっているか。
遠くに正確にボールを出すにはボールと蹴り足の接触面積が広い方がいいです。
足首の角度や、蹴り足の膝の...続きを読む

Qパント(南米型)の蹴り方

今、高2でGKをしているのですがパント(南米型)が蹴れません。南米型とはプロがよくやっているやつでナナメから蹴りこむやり方です。
今、普通のパント(欧州型)で蹴っているのですが上に高く上がり風の強い日など流されます。
また、ドロップはライナーせいで飛距離もあるけどグランドの状態に左右されます。
しかし、パント(南米型)はドロップに似ているがグランドに左右されないと聞きました。
だからパント(南米型)を蹴りたいのですがボールの回転から、蹴り方から全くうまくいきません。
コツを教えてください!!よろしくおねがいします

Aベストアンサー

南米型と欧州型の区別がつかないので正しい答えなのかは自信がありませんが、要するに
 (1)低い弾道で
 (2)飛距離の出る
パントキックを蹴りたい!ということですよね。

★以下、私なりの分析です。

まず、シロウトGKが普通にパントキックを蹴ると、高い弾道で、かつ飛距離が出ないことが良くあります。これはなぜかというと、手で持っているボールを離して、地面に落ちる前に足を合わせるからです。すると大抵はドライブ回転がかかってしまい、高くてあまり飛距離が出ません。
要するに何が言いたいかというと、落ちてくるボールに真っ直ぐ足を合わせるとドライブ回転がかかる、という事です。

これに対して、ドロップキックは地面にバウンドした後、つまり、下から上がってくるボールに足を合わせます。すると大抵はバックスピンがかかり、伸びて飛距離が出る球を蹴ることができます。

★「私の分析」をまとめると
 (1)飛距離を出すためには、出来るだけバックスピンをかける。
 (2)上から落ちてくるボールを蹴ると、ドライブ回転がかかってしまう。
ということになります。

★ということで、本題(特に「欧州型」を知らないので妥当かは不明ですが)
結局のところ、「バックスピンをかける」ということに集約されますが、パントでそれをやるのは難しいです。
まずバックスピンをかける為に、
 (1)ボールの中心よりやや下側を切るようなイメージ
で蹴ります。なおかつ、低い弾道にするためには、
 (2)できるだけ足を上から下に振り下ろすようなイメージ
で蹴ります。(抽象的ですみません)

と、まぁ偉そうにポイントを解説してますが、メチャクチャ難しいです。
自分はGKではなのに、なぜか練習したことがあります。
(当然うまくいくわけもなく・・・)

★というわけで私が練習した時の失敗談
まず、ボールの中心よりやや下側を切るようなイメージで蹴るのがなかなか上手くいきませんでした。
この問題はじきに解決したのですが、理由はボールが動いていた(落下していた)為でした。
できるだけ手からボールを離した所と近い高さで、落下しだす前にインパクトする事によって解決しました。

最後に、できるだけ足を上から下に振り下ろすようなイメージでは蹴れませんでした。
なぜなら、ただでさえ高い位置でインパクトしているのに、身体が硬くてそれ以上足が上がらなかったから。
悲しいですがこれで断念せざるをえませんでした。

一応、バックスピンをかけるところまでは上手くいきましたよ。
高い弾道にはなってしまいましたが。

★参考までに・・・

アジアカップ決勝で川口選手が「低弾道キック」をやるかもしれませんよ。
観戦するようでしたら、注意して見ていたらよいのでは・・・?
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/p-sc-tp3-040805-0006.html

では、頑張ってください。

南米型と欧州型の区別がつかないので正しい答えなのかは自信がありませんが、要するに
 (1)低い弾道で
 (2)飛距離の出る
パントキックを蹴りたい!ということですよね。

★以下、私なりの分析です。

まず、シロウトGKが普通にパントキックを蹴ると、高い弾道で、かつ飛距離が出ないことが良くあります。これはなぜかというと、手で持っているボールを離して、地面に落ちる前に足を合わせるからです。すると大抵はドライブ回転がかかってしまい、高くてあまり飛距離が出ません。
要するに何が言いたい...続きを読む

Qキック力を強化する筋トレメニュー

キック力を強化するための筋トレはどのようなことをすればいいのでしょうか?

キック力がありません。いろいろ考えたけっか、これは筋力の問題では、と考えています。そこで質問ですが、サッカーボールを強く蹴るための筋トレとはどんなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず参考URLのページを見て、サッカーのキックがどのようなものかを理解するとよいと思います。サッカーのキック力は単に思いっきり蹴ったからといって強くなるわけではありません。

キック力を強くするには、脚を鍛えるとともに全身の筋肉もバランスよく鍛えておく必要があります。これは、胴体を中心として全身のエネルギーを足に伝えてボールを蹴り出す必要があるからです。脚がどれだけ鍛えられていても、胴体を固定して脚だけで蹴りだすと威力が半減することからもわかると思います。

ですので、全身の筋肉をバランスよく鍛えるのが良いと思いますが、脚を鍛えるなら膝から下の部分と膝から上の部分の筋肉がバランスよく鍛えられる筋トレを行ってください。ジムにある機械を使うのがベストですが、家でということであれば以下のトレーニングが良いと思います。
・膝から上の部分:スクワット
・膝から下の部分:足首に重り(巻くタイプが売ってます)をつけてイスに座り、膝から下の上げ下げを行う。
・足首:直立した状態でつま先をつけたままかかとの上げ下げを行う。
※やりすぎで筋肉を傷めないようにしてください

ぜひロベカルのような、脚は女性のウエスト並みに分厚い筋肉かつ上半身はプロボクサー並みの筋肉を目指して頑張って下さい。

ただ、質問者さんの年齢がわからないのですが、小学生であれば筋トレよりも実際にボールを何度も蹴ることのほうが重要です。それで十分ボールを蹴るのに必要な筋力をつけることができます。

参考URL:http://kaiho.ei.tohoku.ac.jp/kyozai/instructor/inst_aboutkick.html

まず参考URLのページを見て、サッカーのキックがどのようなものかを理解するとよいと思います。サッカーのキック力は単に思いっきり蹴ったからといって強くなるわけではありません。

キック力を強くするには、脚を鍛えるとともに全身の筋肉もバランスよく鍛えておく必要があります。これは、胴体を中心として全身のエネルギーを足に伝えてボールを蹴り出す必要があるからです。脚がどれだけ鍛えられていても、胴体を固定して脚だけで蹴りだすと威力が半減することからもわかると思います。

ですので、全身の...続きを読む

Qゴールキック

初めまして、高2でキーパーをしているR-ogaです。
僕はサッカーを始めて2年目です。
そこで質問なんですけど、僕はゴールキックの時とてつもなくバックスピンがかかってしまいFWの子とかにボールを受けにくいとよく言われてしまいます・・・。
僕はボールの下を蹴るのでバックスピンがかかってしまうのだと思います。毎日何回練習しても直らないのです・・・。どうやったらバックスピンは消えるのでしょうか?正直言ってゴールキックの蹴り方がわかりません。
教えてください!!
ボールの真ん中を蹴るとか足の甲で蹴るとか意味がわかりません・・・。すいません・・・。プロみたいに高く遠く蹴るにはどうしたらいいのでしょう??
ボールを蹴るほうの足は寝かすのですか?それとも、立てて蹴るんですか?
あと、体重移動はいるんでしょうか?
ボールを蹴るときは、川の流れのようにスルーと蹴るのか、インパクトの瞬間だけをボールを叩くようにバシコンッと蹴るのでしょうか?
色々多くてすいません、うちの学校はコーチがいません。いろいろ教えてくれる人もいません。監督は僕らをほったらかしです。誰でもいいので教えて下さい。よろしくおねがいします。

初めまして、高2でキーパーをしているR-ogaです。
僕はサッカーを始めて2年目です。
そこで質問なんですけど、僕はゴールキックの時とてつもなくバックスピンがかかってしまいFWの子とかにボールを受けにくいとよく言われてしまいます・・・。
僕はボールの下を蹴るのでバックスピンがかかってしまうのだと思います。毎日何回練習しても直らないのです・・・。どうやったらバックスピンは消えるのでしょうか?正直言ってゴールキックの蹴り方がわかりません。
教えてください!!
ボールの真ん中を蹴ると...続きを読む

Aベストアンサー

まず順序としては正確にボールを蹴ることからですね。
それが出来てから高く蹴る、遠くに飛ばすことを考えればよいと思います。

>あと、蹴った音が変だとよく言われます。

これはトゥキック(つま先で蹴る)になっているのだと思われます。
正確に蹴ることが出来るようになれば自然と解決します。もちろんバックスピンもですね。

と前置きがながくなりましたが、

>はい、蹴った足が地面につきます・・・。

これだとボールに正確に力が加わらないため、遠くに飛ばない、バックスピンがかかる
という原因になります。下記にもありますが「振りぬいていない」ということになります。
純粋に、ボールを正確に蹴るには、ボールの中心を足の甲で蹴る必要があります。(現段階ではボールの下を蹴る等は考えないで)
遠くに飛ばすということは考えないで「ボールの中心」を「足の甲の中心」で蹴るということを
心がければ自然とボールは飛ぶようになりますよ。(※足の甲とは足の指先から3cm~5cmくらいの部分のことですね。)
それに加えて、蹴った後はつま先が自分に見えるように(地面につかないように)心がけることが大事です。

文章ではわかりにくいと思いますがぜひ一度実践してみてください。
それでもだめでしたらまた聞いてくださいね^^

まず順序としては正確にボールを蹴ることからですね。
それが出来てから高く蹴る、遠くに飛ばすことを考えればよいと思います。

>あと、蹴った音が変だとよく言われます。

これはトゥキック(つま先で蹴る)になっているのだと思われます。
正確に蹴ることが出来るようになれば自然と解決します。もちろんバックスピンもですね。

と前置きがながくなりましたが、

>はい、蹴った足が地面につきます・・・。

これだとボールに正確に力が加わらないため、遠くに飛ばない、バックスピンがかかる
とい...続きを読む

Qサッカーでロングキックの飛距離を伸ばしたいです。

小学5年の子供のことで質問します。サッカーで、ロングキックの飛距離が伸びずに悩んでます。体格は小さいほうです。今18メートル前後なのを春までに25メートル飛ぶようにしたいようなのですが、どこをどのように蹴ったらいいのでしょうか? 力がないのはもちろんですが、高いボールを蹴ることができないので、遠くまで飛ばないように見えます。練習方法など参考になることがあれば教えてください。できれば子供にわかりやすい言葉でお願いします。

Aベストアンサー

4です。
蹴る場所はだいたいですが中心より5~8センチくらい下ですね。
個人的なイメージとしては、地面に水平にボールの中心に線があるのをイメージしてください。
その線を0度とします。
蹴る場所は45度って感じです。

わかりにくい説明ですいません。

あと置いたボールをループに蹴る感じでいいです。
それを続ければ目標のイメージが空中にも出来るはずです。
(立ってる人の頭上がボールの最高到達点って感じです)

Q雨の日のキック

はじめまして。サッカーのGKやってます。28歳です。

カテゴリは地域リーグなどでプレーしてきました。

質問なのですが、土砂降りの雨の日、グラウンドコンディションが悪いとプレースキックの飛距離が出ません。

普通のピッチコンディションなら50mは蹴れるのですが、水溜まりができるような雨の日だと全然ダメです。


しかしJリーグのGKや海外のGKはどんなコンディションでも蹴れているので、自分も何かを改善したら絶対にできると思います。


雨の日にプレースキックを蹴るとき、普段よりも何か意識することなどあれば教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

当方もGKです。
おそらくですが一般的なゴールキックの蹴り方として、普段は足をグッと強く踏み込み体を倒し気味にしてパワーを溜めて蹴っているのではないかと思います。
当方がグラウンド状態の悪いときに気をつけているのは踏み込みをあまり強くしないということです。
全体的な流れは下記のような感じで蹴っています。

・助走をボールに対して垂直、もしくは垂直に近い角度で。
・最後の踏み込みは軽めにして踏ん張らない。
・通常ならここで踏ん張って体が前に行かないよう後ろに少し倒してパワーを蹴り足に移すところですが、このとき体をあまり倒さないようにしてそのままの勢いで前に走り抜けるようなイメージでキック
・キックは不通のインステップのようにパチーンと弾くような感じではなくそのまま足を大きく振りぬくように。
・蹴った後は蹴り足を振りぬいた反動で軽くジャンプするようになります。体は少し前かがみに。

いわゆる「軸足抜き」とも言われるキックでイメージとしてはパワー系のミドルシュートをうつような感じです。
よくミドルシュートをうった後に勢いでポーンと飛び上がっている選手がいますよね。あの感じで軸足で踏ん張って蹴るのではなく助走の勢いで蹴る感じです。本来の軸足抜きですと踏み込みも強くはなりますがそれを軽めにした感じです。
中西哲夫氏が本にもしている蹴り方で、日本人はあまりしてこなかったというか、軸足が地面から離れてしまう悪い蹴り方のように言われてきたとのこと。

デメリットとしては基本的に蹴る方向に正対して蹴るのでゴールキックとしては蹴る方向を読まれやすいことでしょうか。まあ上達すればこの蹴り方をベースにクロスボールを上げられるようになるらしいのですが、もちろん当方にはそのような技術はありません。Jリーガーでもほとんどいないようですし。
まあそれでも社会人下部リーグレベルの当方でも多少の小細工は利きますので大丈夫です。
まっすぐ蹴る足抜きなら実は普段意識せずに結構やっていたりするので特に問題ないかと思います。

当方もGKです。
おそらくですが一般的なゴールキックの蹴り方として、普段は足をグッと強く踏み込み体を倒し気味にしてパワーを溜めて蹴っているのではないかと思います。
当方がグラウンド状態の悪いときに気をつけているのは踏み込みをあまり強くしないということです。
全体的な流れは下記のような感じで蹴っています。

・助走をボールに対して垂直、もしくは垂直に近い角度で。
・最後の踏み込みは軽めにして踏ん張らない。
・通常ならここで踏ん張って体が前に行かないよう後ろに少し倒してパワーを蹴り足に...続きを読む

Q少年サッカーのゴールキックで、キックしたボールをすぐに奪われます。

子供が小学1年でサッカーをしています。
私はサッカー経験のない親なので、困ったというか
疑問があります。

最近、試合の回数が増えて見る機会があるのですが、
味方のゴールキックで、キックしたボールをすぐに奪われやすいです。
というかあまり飛ばないので、相手がほとんど全員前に来ていて、すぐにピンチになることが多いです。

キッカーは別の子供ですが、
そんなに飛ばないのに、トゥキックで蹴るだけで、
奪われて簡単にシュートされるケースが目立ち、
同じことの繰り返しになってしまいます。

この形を打開する具体的な方法はないのでしょうか?

解決方法を考えてみました。

1.ゴールキックから短いパスをつないでいく
2.ゴールキックを少し浮かせてから蹴る

他に何かよい方法がございましたら、お教えください。

Aベストアンサー

小学校低学年の場合はよく見かける光景ですね。
#2の方のおっしゃるように「飛ばない事を前提に」考えなくてはならないでしょう。
守備体系もそうですが、ゴールキックを真っ直ぐ正面でなくややサイド(タッチライン)方向へ蹴るようにして相手に取られてもゴール正面から切り込まれてシュートを打たれないように工夫してはどうでしょうか。
また、考え方によってはヘタにカットされるより少しでも遠い位置で相手のスローインの方が次の展開が有利かもしれませんね。

個人的には、最終回答(指示)を保護者が出すのではなく自分たちで解決策を考える事が大切なような気がするので子供たちへはヒントとして教えてあげられるといいですね。

Q小5GKの指示・声出し

我が家の長男(小5)はGKをしていますが、味方のDF等に指示の声が出ません。コーチも一生懸命教えてくれているのですが・・・ どなたか良きアドバイスを!

Aベストアンサー

自分の息子も小学~中学(現在)のクラブチームでGKをしております。たまに試合を見に行っても声だしは中々難しいのが現状でコーチや監督に怒られています(笑い)ちなみに私も現役でGKしています。

まず、この年代は技術的な要素や試合の流れを読む力が足りないのが現状なので、味方DFに的確な指示を出すのは、相手も解らないパターンが多いです。また自分が声を出すって事に多少の恥じらいやとんちんかんな指示を出すかも知れないって事で出しづらいことだと思います。
解決するには・・・・・ある程度の段階を踏むことが大事だとおもいます。
1)自分のプレーに声を出す(例パント・ゴールキックの時に「いくぞ!」とか)
2)味方のナイスプレーに声を出す(例ボールカットやシュートの時「ナイスシュッ」「サンキュー」他
3)全体的にプレーに覇気がないとき味方を鼓舞する(例、「声を出せ!」「がんばれ」他
等など、試合中に常に声を出す習慣を付けて、声を出すことに抵抗を無くす(GKが声を出したら味方も返答するなどチームでの約束事も大事)間違っても見方を野次る声は慎むこと。
またGKが声を出すチームは比較的全体的に声が出る傾向あり

第二段階は、技術的な指示出し 
まずGKとして大事な事は、ナイスセーブをする事では無い。
ナイスセーブを生み出す前のプレーに注意を払うこと
GKの三大要素
(1)コーチング(味方指示)
(2)ポジショニング(ゴールマウスの把握とシュートコースの限定)
(3)セービング(ゴールを許さない技術 キャッチ・パンチ・ジャンプ・キャッチしない判断など)
1)敵にシュートをさせないためにどうするか
 ・カウンターを遅らせる
 ・マンツーマンやDFを囲ませる
2)シュートを正面で取るにはどうするか
 ・DFにシュートコースを限定させる
 ・シュートコースの正面に立つ
 ・シュートエリアを狭める(前にでる)
3)シュートを打たれたときにどうするか
 ・DFのゴールカバーの位置
 ・はじく(取らない)方向の考える
 ・敵シューター以外のプレイヤーへのマーク

他に何かあるとは思いますが・・・・・
一番良いのは、
1)失点シーンを振返り、自分のポジションやDFの対応など失点への原因に対しそのときのどんな指示なら防げたかを考える(DFやチームで共有する)
2)自分が守りやすくするにはどうするかを考える
3)失敗を悔やまない。GKは最後の砦であり失点はチームの責任(ゴメンは言わない)気持ちの切り替えが大事。ボンミスの時は元気よく誤る。

GKはとにかく経験の蓄積と瞬時の判断・全体的試合感を感じる事が大事かと思う
攻めっぱなしのときもゴールエリアを出て攻撃してるつもりで気持ちを高め、ボールの
動きに合わせて体を動かすこと。GKの守備は攻撃1歩目

参考にするには、JリーグやTV観戦は聞こえない・見えないので参考にならず。
大学・高校レベルの試合を参考い観戦すべきかな?


まぁ 皆さんのご意見多々あるとは思いますが、参考までに・・・・
GKはやりがいのあるポジションだから楽しんでプレイしてね。

自分の息子も小学~中学(現在)のクラブチームでGKをしております。たまに試合を見に行っても声だしは中々難しいのが現状でコーチや監督に怒られています(笑い)ちなみに私も現役でGKしています。

まず、この年代は技術的な要素や試合の流れを読む力が足りないのが現状なので、味方DFに的確な指示を出すのは、相手も解らないパターンが多いです。また自分が声を出すって事に多少の恥じらいやとんちんかんな指示を出すかも知れないって事で出しづらいことだと思います。
解決するには・・・・・ある程度の...続きを読む

Qサッカーシューズの取替式スタッドはなぜ取り替える?

サッカーシューズには、スタッドが固定式のものと取替式のものがありますが、取替式は必ず、スタッドの数が少なくて、金属製で、すこし長めになっているモデルです。雨や長い芝のときに使うのに適したグリップ力を重視したモデルです。
わたしは、スタッドの数が少ないと、磨耗が早いので取り替えられるようになっていると思い込んでいましたが、
メーカーのページにそのようなことは書いてありません。
取替式の場合は金属製であることも疑問です。なぜ金属製?グリップを追求するためでしょうか。
プラスチック素材のソールに金属のスタッドを取り付ける都合上どうしても、ネジ式になる。どうせネジ式になるならスタッドだけを消耗品として提供しようということでしょうか?
また、取替式にすることで、短いスタッドと長いスタッドなどのセッティング可能になることを重要視しているのでしょうか??

どのメーカーの説明も、グリップ力を重視するなら取替式ということが大体書いてありますが、ここだけ読むと、なんで取替式だとグリップがよくなるの?っていう疑問がわきますよね。
わたしは、固定式でもグリップ力重視のモデル(スタッドの数を減らし、長めにする)もあってよいはずなのに、必ずそういうモデルは取替式になるのが不思議なので、別な要素があるのかなと思った次第です。

変な質問と思いますが、なにかご説明があればお教えください。

サッカーシューズには、スタッドが固定式のものと取替式のものがありますが、取替式は必ず、スタッドの数が少なくて、金属製で、すこし長めになっているモデルです。雨や長い芝のときに使うのに適したグリップ力を重視したモデルです。
わたしは、スタッドの数が少ないと、磨耗が早いので取り替えられるようになっていると思い込んでいましたが、
メーカーのページにそのようなことは書いてありません。
取替式の場合は金属製であることも疑問です。なぜ金属製?グリップを追求するためでしょうか。
プラスチ...続きを読む

Aベストアンサー

スパイクの説明からしたいと思います。
スパイクには急な方向転換などのグリップ向上、という機能がありますが、それは裏返すとグラウンドやピッチからの力を大きく受けるため、その緩和という側面も持っています。
従って、スパイクを選ぶ際には「グリップ向上と足への負担の小ささ」が最大になるような選び方をします。
以下に例を挙げたいと思います。

■堅い土のグランド(日本に最も多い)
土は方向転換にかかる力が強いため、スタッドは太く、強いものを使用します。また、足への負担が大きいため、本数の多いものを使用します。
この場合、少し使い込んだ固定式のスパイクが最適と言われます。また、スパイクでなければトレーニングシューズも使われます。

■堅い芝生(≒短い芝生)のグランド
■軟弱な土のグランド
同じような性質を持っていて、軟弱な芝生と堅い土の中間の性質を持っています。硬い土に比べて若干軟弱なため、土を噛むことができる長めの、太めのスタッドを持つ固定式のスパイクを使うことが多いです。スタッドの本数は硬い土の時よりも少なめですが、このタイプのグランドは比較的少ないため、硬い土の時と変わらないものを使う人が多いです。そのため、よくスパイクをはたいている高校生を見ることができると思います。

■軟弱な芝生(≒長い芝生)のグランド(ヨーロッパに多い)
■悪天候の芝生・悪天候の土のグランド
スタッドの食い込みがよく、グリップを重視しても足への負担が少ないため、スタッドの本数は少なく、細く、長い傾向があります。
------------

ということで質問に答えたいと思います。

> なぜ金属製?

これは、練習用です。金属はプラスチックに比べて耐摩耗性に優れますから、練習に使うのです。
試合では金属部分が出ていると「危険な用具」とみなされ、使用することができません。
また、金属(アルミ、鉄、チタン)以外にもセラミックやプラスチック、テフロンなどの素材があります。

> なんで取替式だとグリップがよくなるの?

上記の比較をご覧いただけると分かるように、固定式ではグリップを犠牲にして足への負担を減らしているためです。
取替式は、足への負担を考えなくてもいい環境での使用を前提としているため、グリップを高めているのです。

> 固定式でもグリップ力重視のモデル(スタッドの数を減らし、長めにする)もあってよい

取替式は比較的スタッドが細く、(常に取り替えるので)長いのが特徴です。また、細いので削れるのが早いのです。
従って、もしそういうスパイクを作成したとすると、靴自体の寿命に対してスタッドの寿命が早く来すぎてしまうのです。

スパイクの説明からしたいと思います。
スパイクには急な方向転換などのグリップ向上、という機能がありますが、それは裏返すとグラウンドやピッチからの力を大きく受けるため、その緩和という側面も持っています。
従って、スパイクを選ぶ際には「グリップ向上と足への負担の小ささ」が最大になるような選び方をします。
以下に例を挙げたいと思います。

■堅い土のグランド(日本に最も多い)
土は方向転換にかかる力が強いため、スタッドは太く、強いものを使用します。また、足への負担が大きいため、本...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報