4月より、就職しました。
3月迄は国民年金と、国民健康保険を支払っていました。
ですが、4月に就職した会社を2週間ほどで退職しましたが、
保険は全てその会社で1カ月分支払ってくれました。(ご好意だと思いますが)

 5月で再度就職し、厚生年金に加入しました。
そこで、質問です。
 実は、4月の仕事が短期間だった為(体調を崩した為)
国民健康保険の脱退手続きをしてませんでした。

 ・国民健康保険を3月末で脱退は可能でしょうか?
 ・また、国民年金から厚生年金へ切り替え時にまた別に届けは必要ですか?脱退の手続きだけでOKですか?

  私が市役所に行くのではなく、代理で母に行ってもらうので、
心配になり、質問させてもらいました( ^^)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>国民健康保険を3月末で脱退は可能でしょうか?



国民健康保険の資格喪失日付を、自分で選択することはできません。あなたの場合の国民健康保険の資格喪失日は、4月に就職した会社の健康保険の資格取得日と同じです。つまり、4月に就職した会社の健康保険証を市役所に見せて国民健康保険の資格喪失の手続をすべきでした。そうすれば市役所が脱退手続きを行ったはずです。

念のため、4月に就職し退職した会社に「健康保険資格取得喪失証明書が来てないか、保管してないか」たずねてみてください。「ない」という返事だったら、4月に就職した会社の健康保険の保険者(健康保険組合又は全国健康保険協会)に連絡して証明書を取り寄せるほかないでしょう。

>また、国民年金から厚生年金へ切り替え時にまた別に届けは必要ですか?

4月に就職した会社が厚生年金の資格取得届を社会保険事務所へ出したので、国民年金は自動的に資格喪失になりました。社会保険事務所が厚生年金のデータも国民年金のデータも持ってるので、国民年金の資格喪失の手続きをする手間が省けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなり、大変申し訳ありません!
4月に就職した会社に問い合わせをし、
『健康保険資格取得喪失証明書』を取りよせしました。
書式は、会社に任せました。それを明日、母に市役所に持っていってもらいます。これで何とか無事に手続きが終わりそうです。

国民年金の資格喪失の手続きはしなくていいんですね、安心致しました☆
 この度は本当にどうもありがとうございました!!(^^)!

お礼日時:2009/06/02 23:52

国民年金から厚生年金の切り替えの手続きは不要です。


自動的に切り替わります。

国民健康保険は変更後14日以内に申告しなくてはいけないので無理かもしれません。
市役所ではこちらだけの手続きです。

http://www.city.nantan.kyoto.jp/kurashi/kokumink …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなり、大変申し訳ありません。
まだ手続きが途中なのですが、母の助けもあり、何とかなりそうです!(*^^)ありがとうございました!

お礼日時:2009/06/02 23:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金受給額は年末調整に計上すべきか?

 年末調整について質問致します。

 夫66歳、会社員、妻67歳無職(国民年金受給額:77万円/年)です。
 この場合、年末調整には収入として記載する必要があるのでしょうか。
 
 以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>夫66歳、会社員、妻67歳無職(国民年金受給額:77万円/年)です。
>この場合、年末調整には収入として記載する必要があるのでしょうか。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、「給与所得者が所得控除を申告したい場合に」「申告したい控除を」「給与の支払者(≒会社)に」申告するための書類です。

つまり、「控除を申告しない」場合は「住所・氏名など」を記入するだけでかまいません。

※「控除」は「金銭などを差し引くこと」で、税金にはいろいろな控除が用意されています。

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm

------
○「配偶者控除」と「配偶者【特別】控除」について

納税者に配偶者がいる場合、その配偶者の「年間の合計所得」などの条件を満たすと、その納税者は、「配偶者控除」あるいは「配偶者【特別】控除」を受けられます(申告できます)。

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

なお、「所得金額」は「所得の種類」で求め方が違います。
「【公的】年金等の収入」は「雑所得」に分類され、計算式が決まっています。

「65歳以上」の場合、「公的年金等の収入金額の合計額120万円」までは、所得金額は「0円」です。

『No.1600 公的年金等の課税関係』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

※「…扶養控除等(異動)申告書」には「収入」ではなく「所得金額」を記入します。

(参考)

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://www.zeikin5.com/calc/
※あくまで目安です。

『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm

『[PDF]平成24年版 給与所得者と年末調整(リーフレット)(平成24年10月)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/leaflet2011.pdf

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/case2.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

※間違いないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>夫66歳、会社員、妻67歳無職(国民年金受給額:77万円/年)です。
>この場合、年末調整には収入として記載する必要があるのでしょうか。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、「給与所得者が所得控除を申告したい場合に」「申告したい控除を」「給与の支払者(≒会社)に」申告するための書類です。

つまり、「控除を申告しない」場合は「住所・氏名など」を記入するだけでかまいません。

※「控除」は「金銭などを差し引くこと」で、税金にはいろいろな...続きを読む

Q健康保険料や厚生年金や雇用保険は「税金」?

第2号被保険者です。

基本的なことをお聞きしますが、
健康保険料や厚生年金や雇用保険は「税金」になりますか?

住民税、所得税は税金ですよね?
語尾に「税」が付くものが税金ですか?
「税金」のくくりがどこまでなのかよくわかりません。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

健康保険料や厚生年金や雇用保険は「税金」になりますか?⇒⇒保険料そのものです。

Q年金受給額(国民年金+共済)

将来もらえる年金について教えてください。
現在40歳で、自営業をしており国民年金を支払っています。
過去10年間、公務員をいていた時期がありその間は共済年金です。

40年間の納付で満額74万円の国民年金らしいですが、私の場合は
①国民年金40年間分+共済年金10年間分 なのか
②国民年金30年間分+共済年金10年間分 どちらなのでしょうか?

というのも年金は2階建て方式だから共済年金は「国民年金」+「共済年金」だから
ベースとなる国民年金分と上乗せした共済分で支払っていたと考えると①な気がします。

しかし共済年金自体は国民年金と別物と考えると支払い年数だけで②の気もします。

よくわからないので詳しい方教えて下さい

Aベストアンサー

今後もずっと会社勤めもしないのであれば、
①国民年金40年間分+共済年金10年間分
となります。

国民年金=基礎年金部分であり、
2016年現在、40年満額で
年金額780,100円です。

これがベースとなるものです。

それに加えて厚生年金部分
10年分となり、今後会社勤め等
されて厚生年金に加入すると、
この10年にプラスされていきます。

さらに共済年金特有の従来の
職域部分があります。

あなたの場合、共済組合でないと
正しい計算はできません。

下記をご参照ください。
http://chikyosai.or.jp/division/long/outline.html#longsec01-4

Q国民年金と健康保険の控除?申請していなかったとき

全然税金関連のことはわかってないのでトンチンカンなことを言っているかもしれませんがご容赦ください。
最近「国民年金の控除証明書」というのが送られてきて、
平成16年10月~17年1月まで求職&試用期間中で国民年金と国民健康保険を自分で払っていたことを思い出しました。
17年2月からは会社の社会保険と厚生年金に入っているのですが、去年の年末調整のときにこれを会社に言うのを忘れていました。
国民健康保険を払ったときの領収書は多分無くしたっぽいです。
今年の年末調整には関係ないですか?遡って申告することは出来ますか??
あと、今年の年末に会社を辞めますが20日締めで辞める場合は自分で確定申告する必要がありますか?

Aベストアンサー

>今年の年末調整には関係ないですか?遡って申告することは出来ますか??

過年度分であっても、今年中に支払ったものであれば関係ありますが、昨年中に支払ったものであれば、昨年分の控除の対象となりますので、今年の分からは控除することはできません。

昨年分という事であれば、確定申告されれば控除できますので、還付の可能性があるものと思います。
その際は、国民年金については控除証明書の添付が要件となっていますが、国民健康保険については証明書の添付は要件とされていませんが、支払った金額がわかる書類は必要と思います。
確定申告の際は、それらの他に、その年中の全ての源泉徴収票、認め印、還付口座となる預金通帳が必要となります。
昨年分について確定申告をされていないのであれば、5年間は還付のための確定申告が可能ですし、税務署で随時受け付けていますので、確定申告されれば良いと思います。

今年の年末調整についてですが、年末調整の対象となるのは、その年最後の給与支給日に在職している方、という事になりますので、その前に退職された場合は対象となりませんので、ご自分で確定申告すべき事となります。
給与所得者の還付のための確定申告は、年明け後の1月から受け付けていますので、その場合は、年が明けてから、2年分まとめて申告されたら良いと思います。

>今年の年末調整には関係ないですか?遡って申告することは出来ますか??

過年度分であっても、今年中に支払ったものであれば関係ありますが、昨年中に支払ったものであれば、昨年分の控除の対象となりますので、今年の分からは控除することはできません。

昨年分という事であれば、確定申告されれば控除できますので、還付の可能性があるものと思います。
その際は、国民年金については控除証明書の添付が要件となっていますが、国民健康保険については証明書の添付は要件とされていませんが、支払った...続きを読む

Q国民年金受給額について

妻の友人の話です。「私が65歳になって国民年金を受給開始になると、夫の年金が減額された。」これは本当でしょうか。もしそうなら、どの程度減額させるのでしょか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

推測ですが、おそらく、質問の友人は65歳未満の時、のご主人が、たぶん厚生年金の「加給年金」が、上乗せして支給されていたのでしょう。
そして、質問の友人が65歳になったので、友人のご主人の「加給年金」の支給が無くなって、無くなったその分が、友人の年金に振替加算になっていると思います。

加給年金で検索。
https://www.google.co.jp/#q=%E5%8A%A0%E7%B5%A6%E5%B9%B4%E9%87%91

検索の中から「加給年金と、振替加算」
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3224
「加給年金とは」
http://tt110.net/10knenkin/I-kakyu-nenkin.htm

Q任意継続健康保険からの脱退

失業した時に任意継続の健康保険を選びました。失業保険を終了時に新たな職を見つけることができなくても、2年間は扶養家族に入ることができず、健保と国民年金を支払わなければいけないとは聞いていました。新たな会社に就職しない限りやめることは原則無理のようですね。
お給料がよかったため国保だとほぼ最高額の支払いだったため目先の保険料の安さから任意継続を選んでしまいました。
ただ無収入なのに健保と年金で毎月5万円近くの支払いはいたいです。うまく抜ける方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

 No1です。任意継続から国保や社会保険などの扶養に加入する場合は、任意継続の保険証と保険料を支払った領収書を持参し、*月*日の納期限分から支払いをやめました、と伝えてください。国保の場合は、その納期限の翌日から国保に加入することになり、すぐに保険証を作ってくれます。社会保険などの場合には、保険証に氏名が記載されるのは10日から2週間程度です。

 社会保険事務所からは、保険料を支払わない場合には、「あなたは*月*日までの納期の保険料を支払っていませんので資格がなくなりましたので、任意継続の保険証を返してください。」と連絡がきますので、その連絡が来る前に別の健康保険への加入手続きをするか、任意継続の保険証のコピーをとっておくと良いでしょう。国保なり社会保険では、何月何日までどこの健康保険に加入していたかを確認しますので、その確認のために上記の資料が必要となります。

Q既婚と内縁の年金受給額について

年金受給額について教えてください。
男性:今年61歳、ほぼ国民年金+厚生年金少々で受給資格の月数払い込み済み
   (今年から年金受給準備中)
女性:今年55歳、ほぼ厚生年金+国民年金少々で受給資格の月数払い込み済み
   (60歳定年まで正社員で働く予定)
この場合、結婚しているのと内縁でいるのでは各人の受給額が異なりますか?
それとも年金は個人それぞれに払われるので結婚してもしなくても各人同額ですか?
また、どちらか一方が亡くなった場合は結婚していると遺族年金が出るのでしょうか?
ちなみに、女性の方が年金基金などあり男性の倍近い額となります。
以前、母が「女性は結婚すると掛けていた年金が無駄になる」と言っていたのが気になっています。
無知ですみません、教えてください。

Aベストアンサー

>結婚しているのと内縁でいるのでは各人の受給額が異なりますか?
>年金は個人それぞれに払われるので結婚してもしなくても各人同額ですか?
変わりません。同額です。
>どちらか一方が亡くなった場合は結婚していると遺族年金が出るのでしょうか?
遺族年金を受給することは可能です。
生活をともにしている事実証明が必要です。
同一世帯に住んでいた(住民票がいっしょ)事実があれば、
一番とおりやすいです。

>「女性は結婚すると掛けていた年金が無駄になる」と言っていたのが気になっています。
無駄にはならないです。
専業主婦が会社員の夫の社会保険の扶養と
なった場合、国民年金第3号被保険者となります。
年金保険料を払わなくても国民年金の加入者と
みなされる制度です。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/share/pdf/existing/new/topics/3go_kiroku/pdf/03.pdf

結婚ぜずに年金保険料を払って年金を受給される人より
保険料を払っていない分得だということです。
また夫が亡くなった時に遺族年金(主に遺族厚生年金)
が受給できることもメリットではあります。

あなたの場合ですと、どちらかが亡くなった時は
自分の年金か相手の遺族年金を受給するか、
どちらかを選択することになります。
世帯の収入としては減りますので、
ご注意ください。

>結婚しているのと内縁でいるのでは各人の受給額が異なりますか?
>年金は個人それぞれに払われるので結婚してもしなくても各人同額ですか?
変わりません。同額です。
>どちらか一方が亡くなった場合は結婚していると遺族年金が出るのでしょうか?
遺族年金を受給することは可能です。
生活をともにしている事実証明が必要です。
同一世帯に住んでいた(住民票がいっしょ)事実があれば、
一番とおりやすいです。

>「女性は結婚すると掛けていた年金が無駄になる」と言っていたのが気になっています。
無駄...続きを読む

Q確定申告で、毎月支払っている厚生年金保険料は控除されるのでしょうか?

非常勤で勤め先複数のため、毎年自分で確定申告をしております。

いつも源泉徴収票とにらめっこしながら申告書(予定納税があるので申告書B)を記入しているのですが、控除されるお金で申告し忘れているものがあるのでは?と心配です。

まず社会保険料は、メインで勤めている大学病院の源泉徴収票のみに記載があるのですが、これは国民健康保険+厚生年金を合算した数字として解釈してよろしいでしょうか?
別に年金として申告する必要はないでしょうか。

また単身者で賃貸マンションですが、他に控除できるものは生命保険・基礎控除くらいでしょうか。

また住民税は納付書で自分で納付しておりますが、これはどこかに記入する必要はないのでしょうか。

素人丸出しの質問でお恥ずかしいのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>これは国民健康保険+厚生年金を合算した数字として解釈してよろしいでしょうか…

その会社 (病院) で天引きされた厚生年金はとうぜん含まれているでしょう。
国保については、『扶養控除等移動申告書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h20_01.pdf
を提出した上で、国保の支払額も報告してあるなら、含まれているはずです。
その覚えがないなら、含まれていません。

>他に控除できるものは生命保険・基礎控除くらいでしょうか…

それは自分自身で判断しなければ、他人には分かりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>また住民税は納付書で自分で納付しておりますが、これはどこかに…

住民税は、所得税を払ったあとのお金で払うものですから、確定申告には関係ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>これは国民健康保険+厚生年金を合算した数字として解釈してよろしいでしょうか…

その会社 (病院) で天引きされた厚生年金はとうぜん含まれているでしょう。
国保については、『扶養控除等移動申告書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h20_01.pdf
を提出した上で、国保の支払額も報告してあるなら、含まれているはずです。
その覚えがないなら、含まれていません。

>他に控除できるものは生命保険・基礎控除くらいでしょうか…

それは自分自身で判断しなければ、他人には...続きを読む

Q将来の年金受給額の目安と遺族年金について

●私37歳、厚生年金5年4ヶ月(月収約15万)と国民年金29年2ヶ月

●主人43歳、厚生年金9年1ヶ月(月収約18万)と国民年金24年0ヶ月 何れも60歳まで加入した場合です。

●国民年金基金に加入済み、夫婦それぞれ毎月3万の上乗せです。

●子供は1人(今年で2歳)、今後2人目の予定は無し。

(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
(2)国民年金の遺族年金だと子供が18歳になるまでの支給ですよね?わずかですが厚生年金での遺族年金は付加されるのですか?
(3)子供が18歳未満の場合、18歳以降私が60歳になるまでの間、私が60歳以降65歳の間、私が65歳以降とそれぞれ受給できる遺族年金は具体的にいくらなのですか?
(4)主人は契約社員なので60歳以降は基本的に仕事は続かないと思われます。年齢差6歳の為、主人が60歳からの10年間は個人年金での付加を検討中です。共済年金に注目していますが他に良いアドバイスは?
(5)夫婦で60~65歳までの任意加入(?)した場合とそうでない場合では受給額にどくらいの差があるのでしょうか?

いくつかの年金シミュレーションを試しましたが複雑で解り難いです。年金についての知識が甘く、内容に矛盾があるかもしれません。訂正・補足はしますのでだいたいの目安を教えて下さい、お願い致します。

●私37歳、厚生年金5年4ヶ月(月収約15万)と国民年金29年2ヶ月

●主人43歳、厚生年金9年1ヶ月(月収約18万)と国民年金24年0ヶ月 何れも60歳まで加入した場合です。

●国民年金基金に加入済み、夫婦それぞれ毎月3万の上乗せです。

●子供は1人(今年で2歳)、今後2人目の予定は無し。

(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
(2)国民年金の遺族年金だと子供が18歳になるまでの支給ですよね?わずかですが厚生年金での遺族年金は付加されるのですか?
(3)子供が18歳未満の場合、18歳以降私が60歳になる...続きを読む

Aベストアンサー

まず公的年金では物価スライド制なので現在の金銭価値として幾らかという試算になり、また更に金額的に変わる可能性もあることをご了承下さい。
あとお書きになった加入期間ですが、国民年金加入期間とあるのは1号被保険者期間(直接国民年金に加入し保険料を支払う形)だと推定します。
問題は厚生年金加入期間のうち20才未満の期間がわからないのですが、一応厚生年金加入期間はすべて20才以上として考えます。

>(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
老齢基礎年金は、40年の加入期間で満額80万となります。
加入期間は、ご質問者が5年4ヶ月の2号被保険者期間+29年2ヶ月の1号被保険者期間で合計34年6ヶ月ですね。ですから 34.5/40×80万=69万/年となります。

ご主人の方は同様に33年1ヶ月ですから66万/年となります。

厚生年金については、ご質問者が年7万程度、ご主人が年13.5万程度になるでしょう。

あとは現在加入している国民年金基金ですね。

>(2)国民年金の遺族年金だと子供が18歳になるまでの支給ですよね?
正確には18歳到達年度以下の子供ですね。(平たく言うと高校卒業まで)
ただ国民年金1号被保険者としての加入期間が25年以上ある場合は妻自身が年金を受け取れるようになるまで寡婦年金というものがもらえる場合がありますが、ご質問内容からすると関係はしそうにはありませんね。

>わずかですが厚生年金での遺族年金は付加されるのですか?
現在は厚生年金加入者ではないので短期要件には該当しませんから、長期要件を満たした場合にはもらえます。
長期要件は、厚生年金と国民年金の加入期間のあわせた年数が25年以上です。
金額は(1)のご主人の計算の3/4になります。

>(3)子供が18歳未満の場合、18歳以降私が60歳になるまでの間、私が60歳以降65歳の間、私が65歳以降とそれぞれ受給できる遺族年金は具体的にいくらなのですか?

子が18歳到達年度以下で貰う遺族基礎年金は102万/年です。
この時の遺族厚生年金については金額は先に述べたとおりですが長期用件を満たすかどうかでもらえるかもらえないかが決まります。
年金未加入の期間がなければご主人が45歳以降で死亡した場合には要件の25年を満たすはずですが。
妻が65歳以降については、妻の老齢基礎年金+ご主人の遺族厚生年金となります。

(妻自身の老齢厚生年金を受けるプランも選択できますが、ご質問の設定条件ではご主人の年金を受けた方がよいように思われます。妻の老齢厚生年金の1/2+夫の遺族厚生年金の2/3というプランも在りますがほぼ同額です)

なお、遺族厚生年金にある中高齢寡婦加算については、厚生年金加入年数が20年に満たないのでつきません。

>(4)主人は契約社員なので60歳以降は基本的に仕事は続かないと思われます。
雇用されている場合には厚生年金加入が原則と思いますが、、、。国民年金基金に加入とかかれていいたので、御主人は厚生年金加入者ではないと仮定して回答しています。もし加入者であれば遺族厚生年金の扱いが全然違いますから補足下さい。

>年齢差6歳の為、主人が60歳からの10年間は個人年金での付加を検討中です。共済年金に注目していますが他に良いアドバイスは?
正直年金商品はどれも50歩100歩です。個人的には以前に郵便局の商品に興味を持ったことがあります。
調べてみて下さい。

>(5)夫婦で60~65歳までの任意加入(?)した場合とそうでない場合では受給額にどくらいの差があるのでしょうか?5年間二人とも任意加入すればトータルで年20万受給額が増えます。

まず公的年金では物価スライド制なので現在の金銭価値として幾らかという試算になり、また更に金額的に変わる可能性もあることをご了承下さい。
あとお書きになった加入期間ですが、国民年金加入期間とあるのは1号被保険者期間(直接国民年金に加入し保険料を支払う形)だと推定します。
問題は厚生年金加入期間のうち20才未満の期間がわからないのですが、一応厚生年金加入期間はすべて20才以上として考えます。

>(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
老齢基礎年金は、40年の加入期間で満額...続きを読む

Q退職した夫と私の国民健康保険-確定申告に際して

私:自由業で年収約200万、国民健康保険に加入、請求は世帯主の夫名義で来るが扶養ではないので自分で支払い、自分の確定申告で控除に含めていた。

夫:昨年退職しそれまでの年収約350万、退職後は国民健康保険へ変更

変更した月から国民健康保険の請求が二人分合計した額で来るようになりました。
今年は夫も還付のための確定申告をするのですが、

お互いに扶養にならないのでそれぞれの持ち分で割って(割れる?)それぞれに申告すればいいのか、

それとも扶養でなくても、二人分になった月からまとめて夫の控除に含めて申告するか、すべてまとめてどちらかの控除で申告してもいいのでしょうか?

いろいろ調べてみたのですが、どちらかが扶養になるケースしか見つからなかったので、分かる方がいらっしゃいましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

 国民健康保険は、世帯主宛に納付書が来て、領収書も世帯主宛にはなりますが、加入している方と領収書の名前が一致しない場合があります。これは、国民健康保険制度で、世帯主主義を取っているために起こってしますものです。
 ご質問の場合には、ご主人でも奥様でも、互いに生計を1つにした生活をされていますので、どちらが社会保険料控除として申告をしてもかまいません。
 ご主人も奥様も所得が発生しても、所得に対する課税割合は同じですので、どちらが申告をしても同じだとは思いますが、所得税の多い方が申告をしたほうが良いかと思います。
 収入から所得を算定して、その所得額から各種控除をするうちの1つとして国民健康保険や国民年金、生命保険などの控除があり、それらの控除額の合計を所得額から差し引いた額、課税対象所得に税率をかけて所得税を算出する方法になっています。したがって、各種控除額が大きくて所得から差し引くとゼロになってしまう場合には、ご質問の社会保険料控除が使えませんので、お二人の所得額を比べてどちらかが申告をされてください。なお、申告は役所の税務課でも税務署でも、いずれでも受付けていますし、役所に支払った国民健康保険税(料)と国民年金保険料は、領収書の添付の必要がありません。

 国民健康保険は、世帯主宛に納付書が来て、領収書も世帯主宛にはなりますが、加入している方と領収書の名前が一致しない場合があります。これは、国民健康保険制度で、世帯主主義を取っているために起こってしますものです。
 ご質問の場合には、ご主人でも奥様でも、互いに生計を1つにした生活をされていますので、どちらが社会保険料控除として申告をしてもかまいません。
 ご主人も奥様も所得が発生しても、所得に対する課税割合は同じですので、どちらが申告をしても同じだとは思いますが、所得税の多い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報