葉で合成された栄養が、果実に輸送される原理は何ですか?篩管が輸送管みたいですが、輸送エンジンは何ですか?多数の果実に均等に分配する制御装置、つまり、動物の神経・脳みたいな部分があるのですか?植物の根・幹・枝・葉の方向に、水分やミネラルを吸い上げるのは、多数の葉による蒸散作用で均等に生じるイメージは得られます。また、導管と呼ばれるようですが、これは生長段階から均等に構造配置されそうなイメージです。しかし、果実の栄養分の輸送は、果実のでき方次第で変わるはずです。導管の成長と同時に、篩管が配置・形成されるのも考えにくいのでは?

A 回答 (3件)

植物は篩管を通して栄養を送ります。

これを篩管転流(師部転流)と言いますが、一般の植物はその栄養がショ糖ですからショ糖転流(スクロース転流)と呼ばれます。この転流は導管のような一方に流れるのではなく、上下どちらにも流れます。

葉は光合成でブドウ糖(グルコース)を合成しますが、これをさらにショ糖に合成します。このショ糖が主に夜間等にスクローストランスポーターと言ったポンプで篩管に分泌されます。このようにショ糖を篩管に供給する器官をソース器官と呼びます。ソース器官の篩管はショ糖を沢山含みますから浸透圧が高くなり、周りの細胞から水を吸って圧力が上昇します。

芋や果実はショ糖を供給される側でシンク器官と呼ばれます。このシンク器官はソース器官の反対でシンク器官の篩管はショ糖を取り込んでシンク器官に輸送します。ですからシンク器官内の篩管は浸透圧が低くなり、水が周りの細胞に吸われて圧力が減じます。

この両者の変化が篩管内に圧力差を生み出しますから、ソース器官からシンク器官へと篩管内の水が移動し、その流れに乗ってショ糖が運ばれることになります。つまり上とか下は関係ありません。

ショ糖転流の原動力はスクローストランスポーターと呼ばれるポンプです。このポンプは当然エネルギーを必要とします。ですから導管と違い、篩管は生細胞なのです。死んでしまうとショ糖転流は起こらなくなります。

果実といえども導管も篩管もあります。果実には何か筋のようなものがありますよね。あれが導管と篩管です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

suiran2さん、有難うございました。篩管の離れた場所に『2箇所の特殊領域(a+b)』があり、「1箇所はショ糖の流入領域(a=ソース領域=光合成工場の、葉の部分)」で、「もう1箇所はショ糖の流出領域(b=シンク領域=ショ糖や澱粉の蓄積倉庫の、果実や芋の部分)」というわけですね。2箇所の特殊領域では、「ポンプ機能(エネルギーを消費する動力=トランスポーター)が稼動して、篩管内へのショ糖の流入と流出を実現」し、「ポンプ機能は、篩管の構成細胞である生細胞が担当する」という具合に理解しました。また、「篩管の内部の溶液の流れ」は、これらの「2箇所の領域(ショ糖の流入aと流出b)における浸透圧の差」によって生じるので、「上下の、何れの方向にも生じる」というわけです。植物でも、やはり、ATPなのですかね?また、植物では、これらの遺伝子が特定されているのでしょうね?

お礼日時:2009/05/28 11:55

エネルギーは間接的ですが当然ATPです。

遺伝子はナズナの研究が一番進んでいるのですが20種ほどの遺伝子があることが知られています。
    • good
    • 0

>導管の成長と同時に、篩管が配置・形成されるのも考えにくい


どうしてですか?
両者は一体でその間に形成層が存在し、形成層から両者が同時に分化します。
動物を考えた場合、動脈だけで静脈もリンパ管もない臓器や器官が生じたら鬱血を起こしてしまいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の表現が舌足らず?水分は、根から葉の方に、下から上に移動しますが、栄養素は、葉の側から根の方向に、上から下側に移動するイメージです。果実は、葉よりも根側の小枝にあり、イモ類では、葉から根まで栄養素が移動するイメージです。多分、水分の移動につれて、溶けた栄養素も移動するのでしょうが、上から下側に水分が移動するための動力原理が知りたいのです。下から上側へは、蒸散引力で、引き上げられるとしても、その逆方向に水分を引き寄せる動力は何か、という内容です。心臓のようなポンプが無いし、赤血球のように栄養を運ぶ細胞もなく、管の構成細胞に、蠕動運動や繊毛運動があるのでもないようだし、細胞増殖の体積増加に伴う毛細管の長さを伸ばして水を引き寄せるぐらいしかない?あるいは、篩の名にヒントがあり、管を形成する細胞自身が、栄養素を取り込み、リレーのように、隣の細胞に移してゆく?

お礼日時:2009/05/27 11:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC側で得た変数をC++の変数に流し込みたいです。

C側で得た変数をC++の変数に流し込みたいです。


現在、C++で
次のように、
入力ストリームから1行分の文字列を読み込んで、
読み込んだ文字列を「cmd」に流し込んだ際に、

cmdに代入された文字列が「get」であると、
他のファイルで定義されている「doget」という関数が
実行されるようになっています。

-----------
std::string cmd;
std::getline(cin, cmd);

void nod::execute(const std::string& cmd) {

std::stringstream ss(cmd);
std::string command;
ss >> command;

if (command == "get") {

std::string key = "baseball" ;
std::string val = stand.doget(key);
}
}
-----------



これを、
以下のように、

(1) C言語側にある「a」という変数にある値を
C++側のkeyに流しこんで、

(2) また、C側にあるsign配列内の文字列を
C++側の「cmd」に代入したいと思っています。


C側
---------
/* C側の「a」配列の値を、上記C++側の「key」に代入したい */
char a[] = "www.gehohogetest.jp";

/* 上記C++側の「cmd」変数に、C側の配列で定義されている"get"という文字列を代入したい */
char sign[]= "get";
---------

その場合、C側とC+側をどう記述すれば、
希望を叶えることが出来るでしょうか。
アドバイスいただけるとありがたいです。
以上どうぞ宜しくお願い致します。

C側で得た変数をC++の変数に流し込みたいです。


現在、C++で
次のように、
入力ストリームから1行分の文字列を読み込んで、
読み込んだ文字列を「cmd」に流し込んだ際に、

cmdに代入された文字列が「get」であると、
他のファイルで定義されている「doget」という関数が
実行されるようになっています。

-----------
std::string cmd;
std::getline(cin, cmd);

void nod::execute(const std::string& cmd) {

std::stringstream ss(cmd);
std::string command;
ss >> comm...続きを読む

Aベストアンサー

C++側で普通に

extern "C" char a[];
extern "C" char sign[];

のように宣言して、あとは普通に使えばよいだけでは?

Q葉の蒸散速度について

こんばんわ。

生物Iの蒸散速についての質問です。

●風速がいつもより早くなった場合、葉の蒸散速度はどのようになるか。
(1)高くなる
(2)低くなる
(3)変わらない

と、いう問題がありました。

答えは、(1)の高くなる なのですが、どうして高くなるのでしょうか?

風がよく吹けば、吹くほど、植物が乾燥してしまうから、気孔を閉じて蒸散を抑えるというしくみでは、ないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.5です。補足につきまして、

「植物が乾燥状態にさらされると」をどう理解するかによって、意味がかわります。

もし植物がリモートセンサーを持っていて、環境条件が乾燥したことを直接に知覚して気孔を閉じるのであれば、問題の答えは(2)かも知れません。

しかし現実の植物が気孔を閉じるのは、孔辺細胞の膨圧が低下してからです。
実際に植物がある程度乾燥した後ではじめて気孔が閉じるのです。

また、根からの水分供給が十分に行われる条件で、空気湿度が極端に低くない条件(=ごく普通の条件ですが)であれば、風速がいつもより早くなっても、気孔が閉じるとは限りません。
孔辺細胞の膨圧が低下しませんからね。
植物にとって、気孔を閉じることは光合成を止めることですから、水分補給が可能な範囲であれば、蒸散が進むような条件でも、気孔を閉じない方が有利でもあります。

つまり、いずれにしても、風速がいつもより早くなった場合、蒸散速度は「(1)高くなる」が、一般的には正解だということが言えるでしょう。

時間的な経過の中で、後には蒸散が低下することもあり得るし、他の条件によって様々なバリエーションがあることは、すでに回答した通りです。

なお、本当の植物の気孔開閉運動はかなりダイナミックで、比較的短時間の内に開閉を繰り返したりすることが、研究によって明らかになっています。

No.5です。補足につきまして、

「植物が乾燥状態にさらされると」をどう理解するかによって、意味がかわります。

もし植物がリモートセンサーを持っていて、環境条件が乾燥したことを直接に知覚して気孔を閉じるのであれば、問題の答えは(2)かも知れません。

しかし現実の植物が気孔を閉じるのは、孔辺細胞の膨圧が低下してからです。
実際に植物がある程度乾燥した後ではじめて気孔が閉じるのです。

また、根からの水分供給が十分に行われる条件で、空気湿度が極端に低くない条件(=ごく普通の条件ですが)...続きを読む

QVisual C++ 6.0とVisual C++ 2005 についてですが・・・

Visual C++ 6.0でワークスペースと呼ばれていた物がVisual C++ 2005になるとソリューションと言う名前になったと聞きました。
また、Visual C++ 6.0で製作したファイルはVisual C++ 2005でも開けるけどVisual C++ 2005製作したファイルはVisual C++ 6.0では開けないと聞いたのですがVisual C++ 2005製作したファイルをVisual C++ 6.0でも開ける様に互換性を持たせる方法はありませんか?
学校と家で使っている環境が違うので互換性がもてれば両方で使えてとても便利になります。
御存知の方がいましたら御伝授お願いします。

Aベストアンサー

ソースファイルやヘッダファイル(拡張子CPP/C/H/HPPなど)はVisual C++ 6.0と2005で共用できるので、6.0用のプロジェクトファイル&ワークスペースと、2005用のプロジェクトファイル&ソリューションファイルを用意すれば両方の環境で開発を進めることができるでしょう。

但し、以下の点にご注意下さい。
・ソースファイルの追加や削除は両方のプロジェクトに対して行うこと。
・Visual C++6.0ではManaged C++が使えないのでManaged C++は使わないこと。
・MFCの仕様がだいぶ違うので、MFCも避けること。MFCを知り尽くしているのでしたらチャレンジはご自由に。
・C++コンパイラとしても若干仕様が違うので(for文内で定義された変数のスコープなど)、常に両方の環境でコンパイルできるか考えながら開発する必要があること。

Q導管の中は上行きのみ?

そして師管の中は上へも下へも栄養分が移動する?一番よく活動している葉から栄養分が上へ茎を伸ばすために運ばれ、下へ根を伸ばすために運ばれる。昼と夜、または、天気の環境変化によってあるときは上行きにあるときは下行きに簡単に変化する。(どちらにも使える)(普通の道路のような感じ)根に蓄えられた栄養(栄養分かな)(じゃがいも)の養分(栄養分?)が再び上に行くときは導管をとおる。これらは正しいですか。乱文ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

最後だけ間違いではと思いますが…

ほとんどの植物の栄養転流は,篩管中のスクロース転流です。篩管内のスクロースはどの方向にも移動します。また篩管内へのスクロースの移動はスクローストランスポーターが能動的に行っているようです。道管は,ご存じのように蒸散や根圧で上にしか流れませんし,細胞壁からなる単なる管ですからスクローストランスポーターはありません。

QCかC++どちらを覚えるべきですか?

初めまして。せいじと申します。よろしくお願いします。
プログラミング経験なしです。今30歳です。
遅すぎますが、これからC言語かC++言語をマスターしたいと思っています。
Windows 98 + Borland C++ Compiler 5.5
で勉強しようと思ってます。

Cの拡張されたものがC++だからC++を覚えようと思って、C++の本を買いました。
・新C++言語入門 ビギナー編 SOFTBANK Publishing 林 晴比古 著
・詳説C++             SOFTBANK Publishing 大城 正典 著
2冊ともまだ最初の方を読んで実践しただけです。

クラス、オブジェクト指向プログラミング等々が何なのか分かっていないのに、
C++をする意味があるのか、まずはCで十分ではないのか?
と思うようになってきました。

実際どうしたら良いのでしょう。
何も知らないならC++からでも良いのでしょうか。
違いが分からないならCで十分なのでしょうか。
みなさんの意見を聞かせてください。

よろしくお願いします。

初めまして。せいじと申します。よろしくお願いします。
プログラミング経験なしです。今30歳です。
遅すぎますが、これからC言語かC++言語をマスターしたいと思っています。
Windows 98 + Borland C++ Compiler 5.5
で勉強しようと思ってます。

Cの拡張されたものがC++だからC++を覚えようと思って、C++の本を買いました。
・新C++言語入門 ビギナー編 SOFTBANK Publishing 林 晴比古 著
・詳説C++             SOFTBANK Publishing 大城 正典 著
2冊ともまだ最初の方を読んで実...続きを読む

Aベストアンサー

seiji-h さん。こんにちわ。
プログラミングを今後主に何の目的で使いますか?

(1)仕事でC++が必要。
 頑張っておぼえましょう。

(2)文書データの加工など。。。
 今すぐPerl言語に切り替えましょう。

(3)趣味でWindowsアプリなどの作成を目指して。。
 そのままコツコツC++を続けていってください。

(4)歯ごたえのあるプログラミング言語を。。。
 そのままコツコツC++を続けていってください。

>実際どうしたら良いのでしょう。
>何も知らないならC++からでも良いのでしょうか。
どのようなことに興味をおぼえるかで、Cから始めるべきか、C++から始めるべきか
向き不向きがあります。

★簡潔な文法をもとに、ガリガリと自分の思うままに、プログラミングしたい。
とにかく自分で動くものを作りたいということなら、Cから始めるのが向いていると思われます。
★プログラミングすることよりも、プログラミング言語「自体」に興味があって、
一種の研究の対象と考えている場合は、C++の方が、おもしろおかしく学べると思います。

seiji-h さん。こんにちわ。
プログラミングを今後主に何の目的で使いますか?

(1)仕事でC++が必要。
 頑張っておぼえましょう。

(2)文書データの加工など。。。
 今すぐPerl言語に切り替えましょう。

(3)趣味でWindowsアプリなどの作成を目指して。。
 そのままコツコツC++を続けていってください。

(4)歯ごたえのあるプログラミング言語を。。。
 そのままコツコツC++を続けていってください。

>実際どうしたら良いのでしょう。
>何も知らないならC++からでも良いのでしょうか。
...続きを読む

Qどうして乾燥空気だと蒸散量UP?

 空気が乾燥していると、
 植物の気持ち(?)としては、
 「乾燥しているから、気孔を閉じて、水分が失われないようにしようっと!」
 となるかな・・・と思ったのです。

 それとも、人間と同じで、勝手に水分を奪われる、、、といった話なのでしょうか。

Aベストアンサー

もともと乾燥している地域の植物なら乾燥から身を守る機能が備わってるでしょうが、
乾燥とは無縁の地域の植物ならそういった機能を持たず、勝手に水分が奪われてしまうでしょう。

QVisual C++を使用するには,C++の知識は必要?

Visual C++ を使用する必要が生じたのですが,C言語の知識しかなく,
VC++を使用するにあたり,新たにC++を勉強しなければならないか分かりません。
C++を勉強してから,VC++を勉強し始めるべきなのでしょうか?
また,もしC++の勉強をしなければならない場合,使用する参考書として「独習C++」を考えているのですが,この参考書で事足りるでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1の方に同感です。

私はMS-DOSでのC言語からVC++へジャンプしました。

VC++を理解するということは
 1.C++という言語
 2.windowsOS,API
 3.MFC
を理解するということです。

私のとっかかりの本は、3冊のシリーズで
 1.Windowsプログラミングについて
 2.C++について
 3.MFCについて(だった思う)
に分かれており、C言語の知識とwindowsのアプリを触った経験があれば順を追って素直に理解できるものでした。
#処分してしまったので正しい書籍名はわかりませんが、クリーム色のカバーでした。

ただ、これはあくまで入門書で、その後C++に関する本、MFCに関する本、WIN32APIに関する何冊か読まないと、やはり仕事はできません。

Q蒸散の謎!!!

蒸散はなぜ水が蒸気として外に出されるのですか?なぜ液体のまま出ていかないのですか?

Aベストアンサー

蒸散がなぜ行われるかは知っていますか?
そうです、主な理由は体温調節です。

じゃあ、なぜ液体で放出しないのかと言うと、水は液体から気体になる過程でたくさんのエネルギーを必要とします。
そのエネルギーとは「熱」で、気化する際には気化熱といわれる物を奪って行きます。

一方水で冷却した場合は状態変化(蒸散)が行われず、通常の水の熱量しか冷却できませんし、その為には多量の水が必要です。

それは植物に取っては多大な労力ですし、それほど簡単に水を土から吸収できる能力も無いです。

なので、もっとも効率の良い冷却方法として「蒸散」が行われるのです。

まあ、蒸発に関するエネルギー量はご自分で調べてください。

QC/C++でアプリ開発

C/C++でアプリ開発

いまどきC++でアプリ開発なんてしないのででしょうか。
C/C++を使うのは組み込み分野とかぐらいなんでしょうか?
もし新卒の大学生がC/C++でアプリ開発するならどういう会社に入ればよいでしょうか?

Aベストアンサー

ソフトウェアハウスとかなら今でもC言語が必要になる案件は多いです
Windows向けソフトウェアの受託とか、Linuxアプリケーションとか。

ただ、C言語でそれなりの結果を出している
というわけでは無いのでしたら、
無理してC言語にこだわらない方がいいかもしれません。
Cで開発するだけの自信があるのでしたら、
それ以外の言語の仕事も十分に出来ますし、
そっちの方が仕事が捕まえやすいというのもあります。
それにC言語の仕様の多さは他の言語には類を見ないくらいに大きいですから、
他の言語の仕様を覚えてからでも、十分に役立たせることが出来る。

Qトリカブトの醋葉...醋葉って何?

ツンベリが日本から持ち帰ったトリカブトの醋葉の標本がウプサラ大学にあるそうですけれど、 そもそも醋葉って何ですか?グーグルで調べてもわからなかったです。すっぱい葉?

Aベストアンサー

 #1ですが、正しいサクの字が出ないようですね。
 醋の偏の酉を月に変えてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A