客先が指定する納品書で納品を行っています。
指定納品書は、書式を統一する事で客先の事務作業の効率を上げるという目的があるのは分かるのですが、何故相手先の都合のためにこちらがお金を出して指定納品書を購入しなければならないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ちょっと視野が狭い気がします。



> 「取引はお互いが合意しお互いにメリットがある物」

これは、むしろ、「大前提」なのです。
だから、こちらから考えれば、

・指定納品書のコストがまかなえないの
 で取引しない

・指定納品書のコストを無視してでもメ
 リットがあるので取引する

・指定納品書のコストを価格に転嫁して
 取引する

いずれも、選択枝になり得ます。
また、納品書自体、どこかから買ってい
るわけですから、指定納品書を使う分、
通常の納品書を使わなくても良いという
ことも、計算に入れる必要があります。

いずれにしても、「コスト意識」という
のはトータルで見るものです。
単に、「このコストが無駄」と見てしま
うのか、「このコストをかけることで、
どれだけの利益があって、差し引きが、
プラスなのかマイナスなのか」という
観点で考える必要があります。

そして、必ずしも、「相手が偉い」の
ではなく、トータルでマイナスになる
なら、買っていただかなくてもOK
という判断もあるというわけです。

コストが「かかる」のはいけませんが、「かける」のは悪いこととは限りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

その通りだと思いますよ。
我が社の状況で考えた場合、それを考慮した上で指定納品書で納品しているとは思えないため指定納品書の存在意義を確認してます。

私の考えている事や皆さんの回答以外に、過去の日本文化の名残であるとか、法律であるとか指定納品書の存在が納得出来る理由があるのではないかと思い質問させていただきました。

お礼日時:2009/05/27 10:53

指定がある場合仕方ないですね。


いやなら、取引しなければ良いだけです。
相手だって、御社の商品がどうしても欲しいなら御社の自由な伝票でも認めるでしょう。代替えが効くような場合(他の業者で良い場合)嫌なら取引しなくて良いよというだけです。
逆の立場ならあなたの会社が仕入れ先に指定すれば良いだけです。
伝票代や手間賃は利益の中で考えれば良いことであって、嫌なら辞めればいいと言うことです。そんな面倒でお金が掛かるのは嫌だというなら辞めるのも自由ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

先ほどの方と大体同じ意見ですね。
要するに購入側が偉いと言う発想で出来た仕組みの様ですね。
私は、「取引はお互いが合意しお互いにメリットがある物」と言う考えのため、この指定納品書の存在が理解できませんでした。

指定納品書を辞める交渉をしてみます。

お礼日時:2009/05/27 10:30

>何故相手先の都合のためにこちらがお金を出して指定納品書を購入しなければならないのでしょうか。



その手間をかけ、費用を出しても惜しくないくらいの
取引による利益が見込まれるからです。

嫌なら取引を辞めたらいいじゃないか。
まあ、そんなところです。

当社にしか存在しない世界でただ一つの技術。
欲しければ、当社のルールに従って購入せよ。
逆の立場になれば、そういうことで相手のルールを
ネジ曲げることも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>その手間をかけ、費用を出しても惜しくないくらいの
>取引による利益が見込まれるからです。

つまり、指定納品書自体にはこちらにはメリットが全くないと言うことですね?
自社の都合の為に、相手に負担させるという仕組みがある事が驚きです。
その負担を考えても有り余る取引量であれば別ですが。

お礼日時:2009/05/27 10:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q複数行の差し込み印刷で納品書(上)受領書(下)とA4で上下に同じものを表示させたい

店別に上半分には納品書、下半分には受領書として同じ内容をwordの差込印刷を使って表示させ印刷したいです。
(データはexcel2000で作ってます)

excelデータの方では
店  納品書書名 納品書冊数  受領書書名  受領書冊数 ダミー
A   あああ    1000    あああ    1000    1
A   いいい    1980    いいい    1980    1
A   ううう    1050    ううう    1050    1
B   あああ    980     あああ    980     1
B   いいい    1110    いいい    1110    1
C   あああ     500    あああ     500     1

と 納品書書名=受領書書名 納品書冊数=受領書冊数で作ってみました
(店によって行数は異なります。最大で13行)
その後、集計でグループ基準【店】でダミー列の合計を出して空白行を作りました

店  納品書書名 納品書冊数  受領書書名  受領書冊数 ダミー
A   あああ    1000    あああ    1000    1
A   いいい    1980    いいい    1980    1
A   ううう    1050    ううう    1050    1
A計                             3
B   あああ    980     あああ    980     1
B   いいい    1110    いいい    1110    1
B計                             2
C   あああ     500    あああ     500     1
C計                             1

そのあとwordで上半分(納品書)に14行の表を作り、下半分(受領書)にも14行の表を作りました。
上半分の表に差込印刷から

《店》様

《納品書書名》           《納品書冊数》
《Next Recoed If》《納品書書名》  《納品書冊数》
《Next Recoed If》《納品書書名》  《納品書冊数》
《Next Recoed If》《納品書書名》  《納品書冊数》

としてNext Recoed Ifは
フィールド名を【納品書書名】
比較【等しくない】
比較対照【""】
としました。

ここまではうまくいき、新規文書に差し込んでうまくいってるのですが
このあと、下半分の受領書にも受領書書名と受領書冊数を表示させたいのですが
行き詰ってしまいました。

何かうまくいく方法を教えていただけたらと思います。

店別に上半分には納品書、下半分には受領書として同じ内容をwordの差込印刷を使って表示させ印刷したいです。
(データはexcel2000で作ってます)

excelデータの方では
店  納品書書名 納品書冊数  受領書書名  受領書冊数 ダミー
A   あああ    1000    あああ    1000    1
A   いいい    1980    いいい    1980    1
A   ううう    1050    ううう    1050    1
B   あああ    980     あああ    980     1
...続きを読む

Aベストアンサー

どうしてもWordの差し込み印刷を使い、納品書と受領書を同じページに
配置して、さらに[ Next Record If ]フィールドを使って店名を基準に
したいのなら、納品著と受領書を左右に配置して、同じ行に並べます。

一つの表として作成すれば[ Next Record If ]フィールドの対象になる
行は同じになるので、左右にレイアウトを別々に見えるようにしても、
問題なく差し込みができるようになります。
これを[新規文書への差し込み]で確認すれば、店名ごとに差し込みして
ページが区切られていることを確認できると思います。

添付した画像は別の検証時に作成してあったデータをもとに、表組みを
したものに、差し込みで[ Next Record If ]フィールドを配置してみて
検証および確認するために用意したものです。
少ないデータでしたが問題なくレイアウトできましたので、質問にある
ものに近い差し込み形式だと思います。

Q商品を受注しましたが、客先の都合でキャンセルとなりました。客先は、商品

商品を受注しましたが、客先の都合でキャンセルとなりました。客先は、商品はいらないがお金は払うということです。なので、売上げましたが、手元に商品はある状態です。この商品は当社では資産となるのでしょうか?棚卸しがあるので、棚卸資産に該当するのか教えて欲しいです。もしくはこの商品をどのような経理的処理をすればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

先にもキャンセルされた場合の売上計上関連の質問がありましたが、
この問題は少し深く考えようと思うと、結構難しい問題ですね。

問題はまず、売上として認識すべきなのかどうかです。
1)売上は引き渡しにより認識するのだから、この質問では
商品を引渡していないので売上は計上しない。
2)物品の所有に伴う重要なリスクは、代金回収により解除されているのだから
収益認識すべき。

どちらも考えられます。

商品は一般的なものなのでしょうか。
客先が特注したもので、客先でしか使わないようなものなのでしょうか。
もし後者のようなものでしたら、これは商品の効用は客先でしか有効にならないのですから
商品が用意された時点で、客先に商品の支配権が移転しているとみなせるでしょう。
また、そうであればこそ客先は代価を支払うことを認めるのではないでしょうか。
そうすると、このようなものであれば、売上を計上し、
素材相当額で客先から買い取ったというように考えることも可能です。
実際に受け取った金額が当初契約額よりも若干でも低ければこの考え方で良いのではないでしょうか。

一般的な商品である場合は、そのまま転売可能ですから
売上計上ではなく、違約金として特別利益に計上し
仕入価額で棚卸を計上することにすべきでしょう。

先にもキャンセルされた場合の売上計上関連の質問がありましたが、
この問題は少し深く考えようと思うと、結構難しい問題ですね。

問題はまず、売上として認識すべきなのかどうかです。
1)売上は引き渡しにより認識するのだから、この質問では
商品を引渡していないので売上は計上しない。
2)物品の所有に伴う重要なリスクは、代金回収により解除されているのだから
収益認識すべき。

どちらも考えられます。

商品は一般的なものなのでしょうか。
客先が特注したもので、客先でしか使わないようなものなの...続きを読む

Q一般顧客への納品書・物品受領書の発行の有無について

いつもお世話になっております。

昨年に配属され、自分なりに1年やってきましたが煩雑なところもあり合理化しよう色々考えています。
一番頭を悩ませてるのは請求書・納品書・物品受領書です。
個人客に販売してますが、その場合納品書・物品受領書は必須でしょうか?
お客さんは300人程(まだ増えそう)おり、繁忙期だと毎朝大量の伝票を発行するのが非常に煩雑になってきました。
伝票のフォームはエクセルで作成されてあり、受注番号を選択するとその番号の購入者・商品・単価など金額も全て表示されるようにはしています。

営業が納品書・物品受領書を発行しても配達時は持って行かない(前納の時は受注を確認後発行してます)とこもしばしばで、机の中に昔の納品書・物品受領書が放置されています。
紙も安くないわけだし、こんな現状なら作成しなくてもいいかなと思ってるのですが…。
やはり、納品書・物品受領書は必要だと思いますか?

Aベストアンサー

例えば発送で商品を届ける場合は受領書が必ず回収できる訳ではないので、納品書のみでも可だと思いますが、自社で配達しているのなら納品書とともに受領書をもらうことなど一連の作業なので書類よりもまず営業のかたの配達方法に問題があると思います。
双方ともに責任を持たさないと(渡した、受取ったという責任)何かあった場合、あなたの会社側のみの責任になってしまいませんか?

Q締め日納品の時の、納品書の送り先

細かいことですが、教えてください。

経理処理は本社で行っている取引先様の営業所(本社の県外)に、
経理の締め日に納品をしました。(製造元からの直送です)
通常は、納品(着荷)を確認して、その営業所宛に納品書を郵送
しているのですが、締め日なので、本社には請求書を送らなければ
なりません。

この場合、
(1)納品書は納入した営業所宛に郵送し、本社には請求書だけを送る
(2)納品書は納入した営業所宛に郵送し、本社には請求書と納品書の控えを送る
(3)納品書と請求書を、本社宛に送る
のいずれが適切なのでしょうか?

ちなみに、請求書と納品書を営業所宛に送ったら、トラブりました。。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうしても先方に確認したくない、ということであれば…

(1)でいいとは思いますが、締日ぎりぎりの納品で本社が当月検収してくれなさそうなら、本社にも営業所にもその旨一筆添えて(2)。

(3)は本来本社に送るべきでない納品書を本社に送っているということで、またトラブルの原因になりそうな気がします。

Q納品書・受領書について

会社が取引先に商品を直接納品するときに、たいてい納品書を渡し、納品書から複写された受領書にサインなどをもらい、持ち帰りますよね(物によっては違うと思いますが)。

でも、宅急便とかで送られてくる商品の場合、宅急便の荷札の受け取りにサインをして宅急便の配達の方が持ち帰ることで受領書の代わりになっていると思います。
そしたら、同封されているのは納品書のみでいいはずですよね?
でも、ほとんどの会社が受領書も同封してくるのはなぜでしょう?
返信用封筒が入っているとか、「受領書は返送してください」と書いてあるのならわかるのですが、それもないですし。だから受領書は捨てちゃってるんですが。
今の会社に勤めてかなりたっているので、今更会社の人にも聞きづらくて・・・

「それが暗黙の了解なんだよ!」とかでも構いません、事情を知ってらっしゃる方いましたらお願いします。

Aベストアンサー

昔からの習慣で・・・と言い切ってしまうのは乱暴でしょうか。(^^;)

ただ、会社というのは、帳票にしても、業務処理にしてもそれが本当に必要なものかどうか、よく考えると???となるようなことがよくありますよね。
ご指摘のような受領書もその類ではあると思いますが、例えば同じ納品でも、宅配便で届ける場合と、直接持っていく場合があります。
そんな時、直接の場合だけ受領書を用意するってのも面倒くさいってのもあるかもしれません。

私の場合は届けられることが多いのですが、受領書とともに切手を貼った返信用封筒が同封されてくるような取引先は、「きちっとしてるなぁ」といつも感心しながら受領印を押しています。

Q国内指定場所に納品予定だったモノを、海外に納品することになった場合、受注時の消費税はどうなるでしょう?

日本国内で発注を受け、生産は海外で行ったものの、当初予定の日本国内への納品ではなく、海外指定場所に納品することになりました。
この仕事を受けるに際し、部材調達や生産組立資金として前渡金を受け取りました。
発注先が、この開発製造に関わる請求書を要求してきたので、通常通り消費税を合わせて請求しています。
この際に受け取った消費税該当分は、どういう処理になるでしょうか?支払先に返すことになるのでしょうか?
実際は、当初予定の20分の1以下の発注しかされず、追加資金が必要な状況ですが、それでもこの消費税分の返却は必要でしょうか?

Aベストアンサー

消費税はかからないので返金するのが筋でしょう。発注が減ったこととは関係ないことです。ただ、受け取ったのは前渡金ですから、まだ確定ではないのですよね?返金ではなく、最終的に消費税を除いた金額で残金を決済することになるのでは?
なお、消費税がかかる場合には消費税の申告の際に課税売上になりますが、国外取引は課税売上にならないので、その分申告納税額が少なくなりますから、消費税をもらえないからといって、別に損をするわけではないです。

Q納品書、物品受領書

会社によっていろいろですが、回答者様の会社は・・・していることを回答してください。
つまり
・仕入先→購買部→購買依頼部署
・仕入先→購買依頼部署

Aベストアンサー

これは納品書等の回付順についての質問ですよね。

そうならば原則はこうでしょう。

仕入先→受入れ担当部門→購買依頼部署→経理またはシステム部門

真っ先にしなければいけないのは受け入れた商品等の現物の確認です。
この数量や品質をその場で確認しなければ受け入れてはいけないからです。
この担当が会社によっていろいろですね。多くは倉庫部門や購買部門でしょう。
その部門から商品と納品書等が以来部門に回って承認が行われ、経理やシステムで検収の入力が行われるということです。
検収というのは受け入れた製品等が間違いないことを認めて正式に受入れを承認し買掛金に載せる行為です。
最近は注文データから納品書までシステムで管理されていて、納品物が注文どおりであれば受入れ部門で入力まで済ませてしまうことも多いですね。
その場合でも社内決済は依頼部門の承認がないと認めないというのが普通でしょう。
なぜかといえば普通はこれによってその依頼部門の費用が発生するからです。

実際には上記の要件を会社の組織にあわせて工夫して、一番効率的は方法を会社ごとに決めていると思いますよ。

これは納品書等の回付順についての質問ですよね。

そうならば原則はこうでしょう。

仕入先→受入れ担当部門→購買依頼部署→経理またはシステム部門

真っ先にしなければいけないのは受け入れた商品等の現物の確認です。
この数量や品質をその場で確認しなければ受け入れてはいけないからです。
この担当が会社によっていろいろですね。多くは倉庫部門や購買部門でしょう。
その部門から商品と納品書等が以来部門に回って承認が行われ、経理やシステムで検収の入力が行われるということです。
検収というのは受け入...続きを読む

Q見積書・納品書・請求書・領収書をまとめて何と呼ぶ?

見積書・納品書・請求書・領収書などの書類をまとめて何と呼ぶのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律によっていろいろな定義があるかもしれませんが、会計(慣習?)では通常「証憑(しょうひょう)」と呼びます。
http://www.ogatainvestment.com/keieisyanotamenoyougoshyu82.html

Q納品書の受領印

会社で納品書を発行するのですが、引き渡した時の受領印として先方の社判をもらってくるようにと言われています。
社判なんてそうやすやすと押してもらえるものではないでしょうから、
その場で押してもらうのではなく、
後日郵送のような形になってしまうのではないかと思います。
けれど、納品書の受領印って受け取った人がその場でサインするものなんじゃないかと、
疑問をいだいています。
納品書の受領印って社判でないと公的に有効じゃないんでしょうか。

Aベストアンサー

>納品書の受領印って社判でないと公的に有効じゃない…

そういったことを規定した法令類は存在しません。

>先方の社判をもらってくるようにと言われて…

あなたの会社独自のルールです。

>その場で押してもらうのではなく、後日郵送のような形になってしまうのではないかと…

それもそうですけど、その前にたかが納品書に社判など拒否する人・会社も多いことでしょう。

>納品書の受領印って受け取った人がその場でサインするものなんじゃないかと…

受取に立ち会った人の三文判もしくはサインが、ビジネス社会の一般常識です。

Q納品書の発行タイミング(宅配便で納品の場合)

SOHOの個人事業者です。教えてください。

当方で開発した製品を、別の会社に製造を委託し、そこから宅配便でお客様に
直送納品しています。
製造委託先で発送した際、宅配便伝票の番号を送ってもらうことで、発送の
確認をとり、納品書を当方より別便で郵送しています。

このような場合、納品書の発行日付は、発送日(出荷日)で良いのでしょうか。
それとも、宅配便の荷物追跡サービスなどを使って、着荷日を確認し、着荷日を
納品書の発行日にしなければいけないのでしょうか。

締め日にまたがる場合、出荷日か着荷日かで、一ヶ月請求がずれるので、迷って
います。
(今は、着荷日で処理していますが、結構この月ずれが苦しいので)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この種の問題は、自己の都合を優先するのを基本とします。

製品を外注先からクライアントへ直送する場合は、納品書の発行日付は、外注先の出荷日(発送日)にすべきです。ただし、今は「着荷日」で処理しているわけですから、「出荷日」に変更するにあたっては、事前にクライアントへ通知しておくのが良いでしょう。黙って変更すると誠意を疑われるので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報