どのカテゴリから質問すればいいのかよくわからず、ここから質問させていただきます。
シマウマがライオンとなどの肉食動物に襲われて食べられるのは、全体の何%ぐらいなのでしょうか?

ご存じありましたら書き込みをよろしくお願いします。

A 回答 (4件)

1年間に食べられたシマウマ÷シマウマの生息数×100で1年間に食べられるシマウマの数の答えが出ます。



ウィキペディアには数値が出ていなかったので動物園などの専門機関で聞いて計算してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き込みありがとうございました。
専門機関に問い合わせた訳ではないですが、今回の質問でいくつも記事に目を通しましたが、「捕食のシーンばかりがメディアで流されているが、ライオンの生態もシマウマの生態も、それら生態系の実態も、多くの説が存在するが、それほど研究はすすんでいない 」という事のようでした。

私のこの質問の切っ掛けとなったのは、テレビなどで、シマウマやヌーのものすごい数の大群に対し、その捕食者であるライオンの数が異常に少ないという"印象"からでした。その手のレポートでは必ずライオン事態を見つかるまでに時間がかかっていたりします。という事から質問書き込みをさせていただきました。

(ライオンが激減しているそうで、ライオンを狩る習慣のある地域などにも規制もされているそうです。それでも人の狩りだけではライオンの頭数の激減の理由にはならないそうで、これまた理由はハッキリ分かっていないそうです。)

お礼日時:2009/05/28 13:40

ある意味100%と言って良いのでは?



シマウマなどは基本的に群れで行動しますよね?
捕食者側からすれば、群れの中で元気に逃げ回る個体よりも老齢、ちょっとした怪我、何らかの病気を持つ(彼らに病気らしい病気があるのか不明だが)、体力のない幼年期などを
狙った方が効率的ですよね?

とすると、人間のように老衰によって死を迎える前に、群れから脱落して襲われるのが普通なのでは無いか?

群れの中で劣位な個体が犠牲になることで、優位な個体が生存が保障され群れの健全性も保たれるという事なのでしょう。

万一、襲われる前に死を迎えることになっても、結局はハイエナ、ジャッカル、リカオン、ハゲワシなどの餌となるのに時間は掛からない。

そう言えばヌーの場合、大移動の途中でワニの生息する河川を渡河する際に、崖からの転落や圧死、水死などの様子が見受けられますが、全体の頭数からすればごく一部でしょうからねぇ

ま、何れにしても推測ですが
    • good
    • 0

質問の趣旨が不鮮明だが・・・・



1.ライオンがシマウマを捕らえようとして、その狩りに成功する確率の事なのか?

2.シマウマが生涯を終える要因が、病死や事故死、ライオンなどによる捕食、など死因の比率なのか?

3.シマウマが肉食獣に食べられる内で、ライオンが占める割合なのか?

何れもよく分からんが
ライオンの立場で言えば、狩りを行って成功する率は20%とか30%と言われている。
これも、狙ったけど事前に察知されて逃げられた様な場合を含むのか?など
その前提条件の設定によっても、また対象の動物によっても大きく異なるだろうからあくまでも参考値として。

この回答への補足

2.シマウマが生涯を終える要因が、病死や事故死、ライオンなどによる捕食、など死因の比率なのか?

でお願いします。

補足日時:2009/05/27 18:58
    • good
    • 0

100%です。


そのため、象は「象の墓場」を作り、ネズミや猫は狭い場所に入って死
を待ちます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシマウマの模様を変えるプログラム

今画像処理で、シマウマの縞模様を変えるというプログラムを作成しています。
シマウマの画像を二値化して、白と黒に分けるところまではできました。
その後の黒い縞の部分を抽出して、別の画像をはめ込むところがよくわかりません。
どのようなプログラムにすればいいのでしょうか?
よろしければ回答お願いしますm(__)m

一応↓に自分が考えた関数のプログラムを載せておきます。
(これを実行しても何も起きません…)
どうかお願いします…・゜・(ノД`;)・゜・


/*---------しまうま関数--------*/

int Simauma(unsigned char inImage[], unsigned char outImage[], int w, int h)
{
 int i,j;
 
 FILE*fp;

 if((fp=fopen("out100.raw", "rb"))==NULL) /* out100:はめ込む画像 */
   printf("ファイルをオープンできません。\n");
 else{
   for(i=0;i<h;i++){
      for(j=0;j<w;j++){
         if(inImage[j*w+i]==0) /* 領域が黒ならば */
         inImage[j*w+i]=outImage[j*w+i];
}
      }
   }
 
 fclose(fp);

 return 1;

}

今画像処理で、シマウマの縞模様を変えるというプログラムを作成しています。
シマウマの画像を二値化して、白と黒に分けるところまではできました。
その後の黒い縞の部分を抽出して、別の画像をはめ込むところがよくわかりません。
どのようなプログラムにすればいいのでしょうか?
よろしければ回答お願いしますm(__)m

一応↓に自分が考えた関数のプログラムを載せておきます。
(これを実行しても何も起きません…)
どうかお願いします…・゜・(ノД`;)・゜・


/*---------しまうま関数--------*/
...続きを読む

Aベストアンサー

C言語よく知らないので
具体的には答えられないのですが。
---

(・ニ値化シマウマデータはdata[]に格納されているとする)
・はめ込み画像ファイル「hame.img」をオープン
・その中身を配列hameData[]に格納
・(hameData[]の値を参考にして)data[]の中身を加工する
・data[]の中身をファイルに書き出す

この流れをそのままソースコードにすればいいのではないでしょうか。
まだ不明な点、ありますかな?
---

>これを実行しても何も起きません…

プログラム内で使いたいデータは
「ファイルから配列に読み出」さないと。
そして、
プログラム内で加工した配列は
「ファイルに書き出」さないと。

質問者さんが掲示したソースコードには、
その「ファイル入出力処理」がすっぽり抜けてます。
とりあえず「ファイル入出力」で検索してみてください。

Q肉食動物は肉食動物を食べたがらないのですか?

トラがそうした傾向がある話を少し聞いたのですが、
考えてみれば人間も肉食寄りの動物の肉は
あまり好んでは食べませんよね。
(家畜として育てるのにも2重の手間がかかる訳ですが。)

海の中はプランクトンから順に肉食の連鎖が凄そうですし、
陸も昆虫~小動物~と陸でも肉食は連鎖してますし、
どこかふに落ちないのですが。

肉食動物の肉を食べ続けると
栄養か寄生虫か何か体に不都合でもあるのでしょうか?
それとも危険な相手の肉を食べようとする者は
怪我などのリスクが上がり生存率が低くなるなどから
肉食動物の肉が特別おいしいと感じない方が
生き残りやすかった とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

単に遊びで殺しただけではないでしょうか。猫科の動物は食欲がなくても獲物がいれば、いたぶり殺して死体を放置するのは珍しい話ではないです。
ストレス解消のためとも狩の訓練とも言われてますね。
また、状況が分からないのではっきりとは言えませんが虎は縄張り意識が強いので他固体が縄張りに侵入してきた時は食べるためではなく縄張りを守るために殺します。
相手が他の肉食動物なら縄張り関連かもしれません。
虎が飢餓状態でもあえて食べないのなら何か特殊な話かとは思いますけど。

Qシマウマを家畜にできますか?

家畜のシマウマは見たことがありません。
きっと野生馬と同じで性格が荒々しいためだと思います。
しかし何とかしてシマウマを馬と同じように家畜として飼いならすことはできないのでしょうか?
荷物運びや移動手段としてこれほど重宝する動物はいないと思います。
アフリカ人がシマウマを活用しようとしなかった理由がわかりません。
シマウマレースなんかしても見栄えがしそうです。

Aベストアンサー

実際に家畜化しようとした人もあるようです。しかし、気性が荒くて仕込むことが出来ず、あきらめざるを得なかった…ということのようです。
アフリカでは早くからロバが飼われていたので、無理に仕込みにくいシマウマを飼う必要もなかったのだとか。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/afric-32.html
http://group.lin.go.jp/data/zookan/kototen/uma/u123_1.htm
http://www.afrospace.info/Zebra.htm

「シマウマ 家畜」で検索するといろんなページがヒットして面白いですよ。

参考URL:http://www.jca.apc.org/~altmedka/afric-32.html

Q肉食動物、草食動物の食事のバランス

さっきふっと思ったんですが、私たち人間は肉も野菜も穀類もバランスよく食べますし、食べるように気をつけています。それは何故かというと、健康を維持するためであったり、丈夫な身体をつくるためですよね。

その点肉食動物は肉ばかり食べますし草食動物は草しか食べません。

ここに矛盾を感じたんですが、何故人間は肉も野菜もバランスよくとらなくてはいけないのにその他の動物は食生活が偏っても健康で丈夫なんでしょうか?

同じ哺乳類であればさほど身体の構造も変わらないでしょうしすごく疑問に思います。

この手の知識は皆無なのでどなたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 獣医師です。

 同じほ乳類でも身体の構造はずいぶん違いますよ。

 典型的なのは反芻動物で、彼らは胃を4つ持っています。4つの胃の内、私たちの胃と同じ働き(胃酸を分泌してタンパク質を消化する)をするのは第四胃で、第一から第三胃(前胃と言います)ではひたすら植物の繊維を粉砕する役割を持っています。
 反芻動物の前胃には原虫や嫌気性細菌が無数にいて、それらが繊維を栄養に生活しています。そしてそれらの微生物の死体を第四胃で消化することによって、反芻動物は植物の繊維から間接的にタンパク質等の栄養を得ているわけです。

 反芻動物ではない草食動物、例えばゴリラや馬などは、基本的に腸内細菌によって同様に繊維から栄養を得ています。
 ただし、ここでちょっと考えていただければ判ると思いますが、「腸内細菌による繊維の消化」では、繊維からタンパク質を得ることは基本的にできない、というより反芻動物と比較すると著しく効率が悪いです。腸内細菌の菌体は腸管から吸収することはできないですからね。
 反芻動物は胃で菌体を消化できるから効率が良いのです。胃で菌体を吸収するためには当然のことながら「胃の前」で細菌や原虫に繊維を食べさせなければなりません。そのための4つの胃なのです。

 つまり、「腸内発酵によって栄養を得る」タイプの動物は、その細菌類の代謝産物しか栄養として利用できません。つまりタンパク質ではなく低級脂肪酸が主体になります。
 先に挙げた馬やゴリラだけでなく、ヒトも同じタイプの動物です。
 その代わり馬は直腸(いわゆる大腸)が巨大で、そこが発酵タンクになっています。コアラなど盲腸が発達して発酵タンクの役割を果たしている動物も多くいます。牛の盲腸も巨大です。

 他に例えばウサギのように、腸内細菌に繊維を食わせて(発酵させ)、便(もちろんその細菌の菌体を多く含みます)を食べることによって二度手間ですが繊維からタンパク質を得ている動物もいます。

 歯の構造などは副次的なもので、例えばヒトがどれだけ大臼歯を発達させたところで繊維をタンパク源として利用できるわけではありません。(もともとヒトはセルロースの利用能力は高いのですが)
 腸内細菌も食べるものによって変わるのですが、複数の胃や巨大な盲腸や結腸といった消化器官の構造的な違いがなければ、多少効率に差が出る程度に過ぎません。

 あとは効率の差ということになるので、つまり「ゴリラは草しか食べないのに(実際は昆虫なども食べますが)なぜあんなに筋骨隆々なのか」という問いに対しては、最も単純な答えとして「食べる量が違う」ということになるでしょうか。
 効率(身体を維持するのに必要な体重あたりの餌の量)と言うことで言えば、肉食が最も優れています。
 次に反芻動物です。糞を食べるウサギ等は反芻動物とほぼ同等の効率です。
 馬などの単胃の草食動物が最も効率が悪いです。すなわち、多くの餌を必要とする、ということです。
 それでも馬はそれなりに草食に特化した消化器の構造を持っているのでまだマシなのですが、パンダ等のような肉食or雑食ベースの草食動物がさらに非効率的です。
 体重100kgほどのパンダは1日40kgの笹を食べるそうで。
 牛だと体重400kgの牛は1日4~5kgのワラで身体を維持できますから。

 ヒトを含めた類人猿は、基本的に雑食です。チンパンジーも草食が主体ですが機会があれば積極的に肉を食べます。

 獣医師です。

 同じほ乳類でも身体の構造はずいぶん違いますよ。

 典型的なのは反芻動物で、彼らは胃を4つ持っています。4つの胃の内、私たちの胃と同じ働き(胃酸を分泌してタンパク質を消化する)をするのは第四胃で、第一から第三胃(前胃と言います)ではひたすら植物の繊維を粉砕する役割を持っています。
 反芻動物の前胃には原虫や嫌気性細菌が無数にいて、それらが繊維を栄養に生活しています。そしてそれらの微生物の死体を第四胃で消化することによって、反芻動物は植物の繊維から間接的にタン...続きを読む

Qゴルフ場に逃げたシマウマについて。

ゴルフ場に逃げたシマウマについて。
いくら麻酔の効きが悪かったからといって、猛獣でもないのに13本も矢を打つことがあったでしょうか?
なにも完全に効くまで何本も矢を打たなくても、少し時間をかけてシマウマが疲れたところで網をかけるなどの方法もあったかと思うのですが。
最後は池に落ちて死なせてしまうなんてかわいそう過ぎませんか?

Aベストアンサー

乗馬良いですね♪
猛獣だからといってあの始末の仕方はないと僕は言いたいですか、野生にいてるのを人間が引っ張ってきて逃げたから捕獲しようとしたら、最終的には死なせてしまいました。
でもシマウマはあぁ見えて獰猛だから危ない仕方ないで済ますのではなく、まず乗馬場から逃げたんでしたっけ?そこの管理不足は何で責められないんですか?
ちゃんと管理してたら、こんなことにならないですよね。
人間のエゴで連れていかれて人間のエゴで殺される。
じゃあ殺人者は獰猛何だから皆殺せば良いのにね。
すみませんちょっと論点が外れました。
とりあえず今はシマウマさんに合掌です。

Q肉食動物が狙う草食動物は、障害を持っているか病気、高齢などで弱った個体ではないですか?

野生動物の世界では、ライオンなどの肉食動物はシマウマなどの草食動物を狙いますが、健康なシマウマはライオンが追っかけてきても簡単に逃げることができます。
ライオンは怠惰な動物のようですから、戦略としては最もイキのよい、元気なシマウマを狙うより、比較的簡単に捕まえられる障害を持ったシマウマや、病気持ち、高齢の個体を狙うのが鉄板だと思うのですが、そういう認識で間違いないでしょうか。

また、野生動物の番組でそういう現実をあまり流さないのは、テレビ局が障害者団体などに気を遣っているからではないでしょうか。

Aベストアンサー

実際に獲物になるのは、子供や老齢、病気や栄養状態が悪い個体ですね。
ライオンが狙いを定めるのにどの程度相手の状態を見極めているかはわかりませんが、少なくとも逃げ足の速い個体や反撃で怪我の可能性がある強壮な個体をわざわざターゲットにすることはないでしょう。

アニマルチャンネルやディスカバリーなんかだとそういう現実を当然のこととして番組作りしていますね。
地上波の番組の場合は、障害者団体に限らずそんな過酷な場面をお茶の間に流すなという視聴者の意識を予め汲み取っているのでしょう。


とりあえず、直近の怪我や病気以外の障害があるまま生き続けられる野生動物はまずいませんね。
餌が摂れず餓死するか、他の動物に狩られるかです。

Qアとイのどちらにシマウマが当てはまりますか?

アとイのどちらにシマウマが当てはまりますか?

Aベストアンサー

シマウマは草食で補食される側なので、
獲物を探すことはありませんし、警戒するために後ろが見えるようになっている必要があります。

Qライオンは肉食ですが…

何も食べられない状況下にライオンを数日間放置して、その後、リンゴを与えたら、ライオンはリンゴを食べるでしょうか。
どんな過酷な状況にいても、肉食動物は果実や草などは食べないのですか?
それとも、体の構造上、食べられないのですか?

ふと疑問に思いました。お願いします。

Aベストアンサー

食べるでしょうね。

>それとも、体の構造上、食べられないのですか?
構造上食べられないことは有りませんが、繊維を含んだ食べ物(野菜等)は消化、吸収が悪いのはご存じかと思います。食べた後に下痢などの症状は考えられます。
羊の小腸は20m以上有りますがライオンの小腸は4m程度しかありません。
※ちなみに人間は7m程度です。

Qシマウマがどうやってシマ模様になったか分かる絵本

シマウマがどうやってシマ模様になったか分かる絵本を探しています。洋書です。

内容は覚えているのですが、題名と作者がどうしても思い出せません。

絵本の内容
・昔、動物は色がついていなく皆同じだった

・ある日洞窟(?)に天から(?)の贈り物が届き、動物達は次々と洞窟の中へ行き、洋服を着だす

・シマウマは怠け者で、食べるのに時間がかかり、洞窟に着いたときにはもう誰もいなく、残っていた服は黒い布だけだった

・シマウマは食べすぎたため、かなりお腹が出てて、なかなか服が入らず、何とか着れたが、切れてしまい、結果シマシマになった

っといった感じのお話です。
分かり難くてごめんなさい。
もし題名などを知っている方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんばんは。

「くいしんぼうシマウマ」ではないでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4890138137/qid=1134140838/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-4528716-7545830

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4890138137/qid=1134140838/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-4528716-7545830

Q肉食獣に襲われる草食動物

よくサバンナの野生動物の番組や、映画でライオンがインパラとか
象、水牛などをエサとして襲うシーンがあります。

肉食獣は強いでしょう。
チーターやトラ・ライオン・オオカミなどの大型の肉食獣に狙われる
草食獣は逃げるしかありません。
ですが、襲われる側の動物には立派な角という武器があります。
全く武器を持たないウサギや鳥と違って戦うことが出来そうです。

象も襲われていましたが、大きさを比べると、
いくらライオンが数匹同時に襲い掛かっても、象だって
ただ逃げるだけではなく足で踏み潰すことが可能だと思うのです。
鼻で吹っ飛ばしたり、小象が襲われてる時などは
仲間数匹で突進すればライオンは飛んでいきそうに思えます。

それなのに、番組で見るシーンでは逃げるばかりです。
逃げてる途中でつまづいて転んでしまうので食べられていました。

彼らの角は、そういった相手のためにあるのでは無いのでしょうか?
なんのためにあるのでしょうか?
仲間内で威嚇する(縄張りやメスの気を引くため)だけの
ものなのでしょうか?

襲われた事にパニックになってるから使えないだけなのでしょうか?

よくサバンナの野生動物の番組や、映画でライオンがインパラとか
象、水牛などをエサとして襲うシーンがあります。

肉食獣は強いでしょう。
チーターやトラ・ライオン・オオカミなどの大型の肉食獣に狙われる
草食獣は逃げるしかありません。
ですが、襲われる側の動物には立派な角という武器があります。
全く武器を持たないウサギや鳥と違って戦うことが出来そうです。

象も襲われていましたが、大きさを比べると、
いくらライオンが数匹同時に襲い掛かっても、象だって
ただ逃げるだけではなく足...続きを読む

Aベストアンサー

1対1で正面きって戦うとなると勝てるかどうかが重要です。

肉食獣は身体が自由に動きます。
走ったり飛び掛ったり噛む力も強いです。
一方草食獣が角で戦うとなると勢いをつけて走って体当たり・・が威力ある攻撃となります。

体重のある大人のオス・・しかも大型草食獣なら至近距離から体当たりしても威力があるかもしれませんが大して体重も無い草食獣であればいくら角があったところで威力がなく力では負けるでしょう。

もちろん草食獣だっていざとなったらライオンにも向かっていきます。
子供が襲われたら母親は隙をみつけてライオンに体当たりするなど、時には肉食獣のほうが大怪我をすることもあります。

草食獣の角は主に大きさを競ってメスにアピールしたりオス同士で戦ってメスを奪い合うためのものでライオンと戦うためのものではないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報