2年ほど前に右脚完全ブロックと診断され、今回の健康診断の結果表に、左脚前枝ブロックが所見に追加されていました。結果表が送付されてきただけで説明がありません。気を付けなければいけないことなどがあるのでしょうか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

心室に伝わる電気は右脚、左脚(前枝、後枝)の三本によって伝わります。


質問者様の場合は、左脚後枝以外は切れていることになりますね。
現在は、左脚後枝から他の二本に回り込む形で電気が行っていますので
問題ありませんが、左脚後枝も切れてしまうと完全ブロックになり
かなりの徐脈になりますから、注意深く経過を見るのが一般的です。

また左脚前枝がきれた原因として、高血圧、糖尿病、狭心症なんかがないかどうか
検査されたらよいのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2009/06/06 23:25

先の方のコメントと私の過去コメント


http://okwave.jp/qa2624861.html?rel=innerHtml&p= …
もご参照の上、一度は心臓超音波検査、トレッドミル運動負荷試験、ホルター24時間心電図などをお勧めします
当面は問題がなかった場合、半年~1年に1回は心電図を受け、その間でも気が遠くなるような感じや脈が遅くなったと気がつくことがありましたら再検査をなさってください
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/06 23:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左脚前肢ブロックと診断されました

健康診断で左軸偏位と結果が出て「胸が押さえられるような軽い痛みと息苦しさ」を感じた為、病院でレントゲン・心電図・エコーの検査を受けたところ、「左脚前肢ブロック」との診断を受けました。
病院での説明と過去の質問を見て、大体のことは把握できましたが分からない点があるので質問させてください。

●定期検診の必要性は?
過去の質問で「左脚ブロックは定期検診が必要」との回答がありますが、「左脚前肢ブロック」はどうでしょうか。(微妙な言いまわしの違いでしょうか)
病院での説明だと「特に治療・入院の必要は無く日常生活に全く問題ない」と聞きましたが、定期検診については何も触れられませんでした。

●今後出る可能性のある症状と対処方法は?
狭心症や心筋梗塞の疑いは99%無いそうですが一応「ニトロペン」を処方されました。でもこれは狭心症用の薬になりますよね?
治療対象にならない『左脚前肢ブロック』は、もし仮に私が感じたような胸の苦しさや息苦しさを感じた場合、その瞬間だけ安静にしていれば良いのでしょうか。(ニトロを服用する必要は無い?)病院へ行っても特別な治療は無いのでしょうか。(ソレ用の薬は無い?)

●出産は可能?
心臓に相当な負担がかかると思いますが、出産は可能でしょうか。

病院での説明に不満があるわけではないのですが、たいした病気ではないと思っていた分、自分で調べる内にだんだん不安になってきました。
回答の方、宜しくお願いします。

健康診断で左軸偏位と結果が出て「胸が押さえられるような軽い痛みと息苦しさ」を感じた為、病院でレントゲン・心電図・エコーの検査を受けたところ、「左脚前肢ブロック」との診断を受けました。
病院での説明と過去の質問を見て、大体のことは把握できましたが分からない点があるので質問させてください。

●定期検診の必要性は?
過去の質問で「左脚ブロックは定期検診が必要」との回答がありますが、「左脚前肢ブロック」はどうでしょうか。(微妙な言いまわしの違いでしょうか)
病院での説明だと「特に...続きを読む

Aベストアンサー

既に説明を受けられていると思いますが、心臓を電気刺激する刺激伝道系は左脚と右脚があり、左脚は前枝と後枝に分かれます。現時点でこの左脚前枝のみが電気刺激がブロックされている状態です。

>●定期検診の必要性は?
6ヶ月から1年に一回位の定期的な心電図のチェックは必要と思います。現在左脚前枝のみに出現したブロックが、左後枝、右脚にも出現すると完全房室ブロックになってしまいます。その様な頻度はそれほど多くないのですが、先の事は判りません。

>●今後出る可能性のある症状と対処方法は?
完全房室ブロックに進展した場合には、徐脈、息切れ、全身倦怠感、眩暈などの症状が出現します。

>治療対象にならない『左脚前肢ブロック』は、もし仮に私が感じたような胸の苦しさや息苦しさを感じた場合、その瞬間だけ安静にしていれば良いのでしょうか。(ニトロを服用する必要は無い?)病院へ行っても特別な治療は無いのでしょうか。(ソレ用の薬は無い?)

まず脈拍を測定してください。ニトロは舌下してもかまいません。但し使用した場合には症状が消失するまでの時間を必ず測って、その時間を医師に話してください。

>●出産は可能?
心臓に相当な負担がかかると思いますが、出産は可能でしょうか。

現在の心機能が判りませんが、問題ないと言われていれば通常は大丈夫と思います

sinzo-さんの経過で気になる事は
1.「胸が押さえられるような軽い痛みと息苦しさ」これの原因、診断がされていない事。
2.以前の心電図が異常無しと仮定した場合、新たに左脚前枝ブロックが出現した原因がまだ特定されていない事。
この2点です。

左脚前枝ブロックの場合は背景の疾患がはっきりせず、経過を見ていても変化が無い事が多いのですが、原因としてURLに記載されているような症例もあります。その為定期的なチェックが必要になります。

参考URL:http://www.tk2.nmt.ne.jp/~morih/hemiblock.htm

既に説明を受けられていると思いますが、心臓を電気刺激する刺激伝道系は左脚と右脚があり、左脚は前枝と後枝に分かれます。現時点でこの左脚前枝のみが電気刺激がブロックされている状態です。

>●定期検診の必要性は?
6ヶ月から1年に一回位の定期的な心電図のチェックは必要と思います。現在左脚前枝のみに出現したブロックが、左後枝、右脚にも出現すると完全房室ブロックになってしまいます。その様な頻度はそれほど多くないのですが、先の事は判りません。

>●今後出る可能性のある症状と対処方法...続きを読む

Q左脚後枝ブロックについて教えて下さい!

はじめまして、29歳女性です。
先日、健康診断の結果がきまして、心電図の所見に左脚後枝ブロックと記入されていました。
要経過観察となってはいたのですが・・・。

ネットでいろいろ調べてみたのですが、専門用語で難しく
特に単独で左脚後枝ブロックとなる人は稀のようで、何か他の病気などが関係しているのかなど考えると、仕事も手につきません。
特に自覚症状はありません。

また、1度診断されると、直ることはないのでしょうか...?

どうかアドバイスの程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

左脚後枝ブロックはお調べのようにそれほど多くは見かけないものです。
そのためあなたのような若い方の場合、はたして本当の左脚後枝ブロックなのかを改めて確認してから考えるべきです。
左脚後枝ブロックと判断する心電図は測定される波形が通常より右向きの電気成分が目立つことに加え若干の特徴がある場合にそう呼ばれます。ただし左脚後枝ブロック以外にも右向きの成分が目立つ状態もあり、たとえば細身の方などで心臓が縱に細い形(垂直位心)となっている場合でもそうなります。こうした場合などでは単純には判断できないことになります。
また、仮に左脚後枝ブロックだとしてもそれだけでは病気とは言えず、他に特別な所見がなければさらに心電図で波型が変化していかないかを数年に一回程度の定期検査で観察していく程度となります。

Q不完全右脚ブロックと左脚前枝ブロック

20歳男です。
健康診断の心電図の項目で次のような診断を受けました。

不完全右脚ブロック
左脚前枝ブロック

上記の診断を受けた際、医師に日常生活にはまったく支障はなく問題無いと言われました。
下記の3つの疑問を質問させてください。

・半年又は一年に一度、心電図の検査を受けた方がいいのでしょうか?
・他もブロックになり、ペースメーカーを使用する可能性は少なからずあるのでしょうか?
・この2つのブロックはブルガダ型心電図と関連性はありますか?仮にブルガダ型心電図だとした場合、診断書にブルガダ症候群と記されますか?

どなたかご存知の方は教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>半年又は一年に一度、心電図の検査を受けた方がいいのでしょうか?
>他もブロックになり、ペースメーカーを使用する可能性は少なからずあるのでしょうか?

ペースメーカーの適応となるのは完全房室ブロックに近い状態となる場合です。今回の脚ブロックとの関連としては完全右脚ブロック+左脚前枝+左脚後枝ブロックの三枝ブロックとなれば完全房室ブロックとなりえます。その前の二枝ブロックとして完全右脚ブロック+左脚前枝ブロックの組み合わせから三枝ブロックに移行することが時々ありますがそれほど多いものではありません。
今回は不完全右脚ブロックとのことですから完全右脚ブロックとはいささか性格が異なります(一枝ブロック)ので先々の三枝ブロック~ペースメーカーまでの恐れを考慮するまでも無いと思われます。
二枝ブロックでも意識消失などの症状がなければ一応考慮する程度です。こうした二枝ブロックへ移行していないことを確認する意味で数年に1回程度の心電図検査は推奨します。

>この2つのブロックはブルガダ型心電図と関連性はありますか?
ブルガダ型心電図は右脚ブロックの中でも特徴的な波型形のものですから単に右脚ブロックとの言葉だけでは関連性はわかりません。

>仮にブルガダ型心電図だとした場合、診断書にブルガダ症候群と記されますか?
波型だけではブルガダ症候群とは言えません。心室細動やそれに移行する可能性が高い不整脈発作がある場合です。
意識消失発作があり、他の原因が無い場合でブルガダ型心電図であればブルガダ症候群の疑いと記されることがあります。

参考URL:http://www.uma.or.jp/popular_disease/bbb.html#

>半年又は一年に一度、心電図の検査を受けた方がいいのでしょうか?
>他もブロックになり、ペースメーカーを使用する可能性は少なからずあるのでしょうか?

ペースメーカーの適応となるのは完全房室ブロックに近い状態となる場合です。今回の脚ブロックとの関連としては完全右脚ブロック+左脚前枝+左脚後枝ブロックの三枝ブロックとなれば完全房室ブロックとなりえます。その前の二枝ブロックとして完全右脚ブロック+左脚前枝ブロックの組み合わせから三枝ブロックに移行することが時々ありますがそれほど多い...続きを読む

Q心臓の脚ブロックについて

私は昔から心臓に脚ブロックがあるようです。一時は心臓弁膜症の疑いでもがき苦しみ病院で検査をして結局当時は、脚ブロックと心臓神経症の診断でした。入院治療で落ち着いて数十年経ちました。そして別の病気の手術の為に心臓の精密検査をして、右脚ブロックと左脚前肢ブロックの二肢ブロックで後一本切れたらペースメーカーだと言われました。それから何とか数年は過ぎました。最近疲れか高血圧気味で時々ドキドキします。やはり検査をしたほうがいいのででしょうかね…最近病気が色々怖くなってます。いつか死ぬのかなっと思ったり…無闇に考えてはいけないのでしょうが、やはり不安で…ブロックされた神経は治らないのでしょうか…入れた場合は色々リスクも背負うことになるし出来るならこのままで居られないかなっと密かな期待を…やはり無理でしょうかね…

Aベストアンサー

2枝ブロックだけでは症状につながりません。
説明を受けたように3枝ブロック~房室ブロックとなれば治療の対象ですが、この場合は脈拍が40回/分程度と遅くなりますなりますのでドキドキ感が気になれば脈拍を手首で数えてみて50以上であることを確認してみてください。
右脚ブロック+左脚後枝ブロックの場合の場合は進行することが多いのですが+左脚前枝ブロックの場合はそれほど進行しませんので年に2回程度の心電図と数年に1回程度の24時間心電図で様子をみればいいでしょう。
不安感が苦痛になるようであれば心療内科か精神科に相談なさることをお勧めします。

参考URL:http://www.tk2.nmt.ne.jp/~morih/bbbb_hpb5.htm#bbbbーtitle

Q左脚前枝ブロック

左脚前枝ブロック

健康診断 心電図検査で『左脚前枝ブロック』と診断されました。
“特に問題なし”と記されていましたが、そもそも『左脚前枝ブロック』とは何なのでしょうか?
この症状になった原因や対応策など知りたいので、どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

心臓(心室)に収縮せよという命令を伝える電線
(刺激伝導系)は心室に3本ありますが、そのうちの
一本が切れている状態です。
原因は一般に不明です。
特に問題ないので対策はありません。

Q心電図の結果が左軸偏位

会社の集団検診で、15年前から心電図の結果で、左軸偏位、要注意という表示がされます。10年前に精密検査をしたところ、異常なしということだったので、何もせずに今日に至っておりますが、今般、医療保険に入ろうとして、その旨を述べたら、拒否されました。左軸偏位って、重大な問題でしょうか?
尚、保険の申告のさいに、34年前に腎疾患になったことも書きました。腎疾患=腎臓炎と思ってますから。

Aベストアンサー

左軸偏位というのは、心臓の中の電気の伝わり方の傾きのことで、あくまでも心電図上の所見です。病気の名前ではありません。左軸偏位をきたす原因の心臓病が有るか無いかが問題ですが、ほとんどの場合、特に病気の無い場合がほとんどです。ですから、左軸偏位のみで保険に入れないというのはおかしいですよ。15年も前からなら、おそらく生まれつきのものでしょう。心電図も人間の顔のようなもので、みんな違います。生れ付き左軸偏位の顔をした心電図の人もいっぱいいますよ。

Q二束ブロックについて

妹の旦那が病院で「二束ブロック」と診断
されました。

元々、心臓が弱かったみたいですが
疲れから体がだるくなり病院へ行く
と二束ブロックで心臓から出ている
二本の細い血管が詰まってしまって
いるとのことです。

医者からは太い一本の血管は正常に機能
しているので大丈夫と言われたようです。

旦那も物静かな口数の少ない人ですので
「太い血管が正常やし、医者が大丈夫と
 言ってるから大丈夫や」と、
それ以上のことは教えてくれず妹も
心配しています。

二束ブロックとはどのような病気
なのでしょうか?

細い二本の血管が詰まっており、
太い血管が正常と言えども、もし
その太い血管も詰まってしまったら
どうなるのでしょうか?

二束ブロックに強い病院、
効く食べ物、運動何でも結構です。
ご存知の方は教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

ブロックと呼ばれる用語を用いる場合にはその流れの悪いのは血液では無く心拍を刻むための電気刺激です。よって悪いのは血管ではなく電気刺激を伝える通り道(神経のようなもの)です。
この刺激伝導路は大きく分けて3本に分類されることが多く、右側の1本は年齢によっては20人に一人ほども通りが悪いものでこれ自体は病気とは言えない性質のものです。今回の二束ブロック(2枝ブロック)とは右側に加え左側の一部も通りが悪いと判断されたことであろうと思われます。
とはいえ残り1本がしっかりと通っているのであれば脈は途切れることはありませんのでこれだけでは症状にはつながりませんが、将来的には残り1本も悪くなる可能性がありますから定期的な心電図検査などで注意する必要があります。
現時点で問題となるとすればブロックをおこすような他の心臓病がある場合です。拡張型心筋症など心臓の筋肉が弱る病気がありますとこの状態になりやすく、心臓の機能低下により種々の症状につながります。

血管の話ではないことと、心筋には問題が無いことを確認なさってください。

参考URL:http://www.udatsu.vs1.jp/bbb.htm

ブロックと呼ばれる用語を用いる場合にはその流れの悪いのは血液では無く心拍を刻むための電気刺激です。よって悪いのは血管ではなく電気刺激を伝える通り道(神経のようなもの)です。
この刺激伝導路は大きく分けて3本に分類されることが多く、右側の1本は年齢によっては20人に一人ほども通りが悪いものでこれ自体は病気とは言えない性質のものです。今回の二束ブロック(2枝ブロック)とは右側に加え左側の一部も通りが悪いと判断されたことであろうと思われます。
とはいえ残り1本がしっかりと通っているの...続きを読む

Q心臓ペースメーカーした場合、どれくらい生きられる?

心臓ペースメーカーした場合、どれくらい生きられる?



若いころに恒久的心臓ペースメーカーの植え込みを行った場合
どれくらい長生きできますか?

定期的に電池の交換やらリードの交換はしていくと思いますが、
一般的にペースメーカーと言うと老年になってからというイメ
ージがあります。

若年の場合、その交換などの回数が多くなると思いますが、実際
どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

何故こんな質問をするのかわかりませんが、ペースメーカー無しでは何時発作を起こして死に至るか、一分後か、明日か、1年後か?、1時間後でもおかしくないから装着すると思います。
従って装着下から長生きできると言う保証もないが、ペースメーカーが原因で短命と言うこともないでしょう、ペースメーカーと寿命は関係ありません【但し、短命に終わる可能性を低くします】

Qペースメーカー 障害者認定されないケース

去年7月初にペースメーカー植込み手術を行い、8月初に障害者認定の申請を行いました。
しかし、未だに役所からの連絡がなく現在も待っている状態です。
市の担当者では全くらちがあかず、県の担当者に何度も確認を取っているのですが、
こちらもはっきり把握していなく明確な答えは得られません。
認定基準が変わったという昨今の事情から、なかなか認定されない現状になっているのでしょうか?

携わっている関係者の方からの情報をお待ちしております。お教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ペースメーカーを埋め込んだ18歳以上の者については、以下のように、1級・3級・4級のいずれか(2級は存在しない)に該当します。

1級
 ‥‥自己の身辺の日常生活活動が極度に制限されるもの
3級
 ‥‥家庭内での日常生活活動が著しく制限されるもの
4級
 ‥‥社会での日常生活活動が著しく制限されるもの

具体的な内容は、「身体障害認定基準等の取扱いに関する疑義について」という厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長通知(平成15年2月27日付け/障企発第0227001号通知/平成26年1月21日最終改正)で決められています。

<埋め込み直後>

1級(自己の身辺の日常生活活動が極度に制限されるもの)
 ‥‥日本循環器学会「不整脈の非薬物治療ガイドライン」(2011年改訂版)のクラスⅠに相当するもの
 ‥‥クラスⅡ以下に相当するものであって、身体活動能力(運動強度:メッツ)の値が2未満のもの

3級(家庭内での日常生活活動が著しく制限されるもの)
 ‥‥ガイドラインのクラスⅡ以下に相当し、身体活動能力(運動強度:メッツ)の値が2以上4未満のもの

4級(社会での日常生活活動が著しく制限されるもの)
 ‥‥ガイドラインのクラスⅡ以下に相当し、身体活動能力(運動強度:メッツ)の値が4以上のもの

<再認定時>(初回再認定を埋め込みから3年以内に行ない、以降、一定年数で再認定を繰り返す)

1級(自己の身辺の日常生活活動が極度に制限されるもの)
 ‥‥身体活動能力(運動強度:メッツ)の値が2未満のもの

3級(家庭内での日常生活活動が著しく制限されるもの)
 ‥‥身体活動能力(運動強度:メッツ)の値が2以上4未満のもの

4級(社会での日常生活活動が著しく制限されるもの)
 ‥‥身体活動能力(運動強度:メッツ)の値が4以上のもの

以上のことから、質問者さんの場合にはまず、ガイドラインのクラスⅠないしクラスⅡに該当していなければならないことになります。
以下のPDFのp11「Ⅲ 心臓ペースメーカー」の項の「1 房室ブロック」「2 2枝および3枝ブロック」「3 洞機能不全症候群」「4 徐脈性心房細動」「5 過敏性頸動脈洞症候群・反射性失神」「6 閉塞性肥大型心筋症」それぞれから、ペースメーカーを付ける理由となった疾患を探し、そのクラスⅠ~Ⅲを細かく確認して下さい。
なお、体内植込み(埋込み)型除細動器(ICD)についても、これと全く同様に取り扱います。
また、発作性心房細動のある「徐脈頻脈症候群」でペースメーカーを付けたものの、その後に心房細動が恒久化して、事実上ペースメーカの機能は用いられなくなった場合は、上記の基準は用いず、それとは別の方法によって判定がなされます。

◯ 日本循環器学会「不整脈の非薬物治療ガイドライン」(2011年改訂版)【PDF】
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_okumura_h.pdf

一方、運動強度(メッツ)については、以下を参照して下さい。

◯ 国立健康・栄養研究所 改訂版「身体活動のメッツ(METs)表」【PDF】
http://www0.nih.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf
http://www.wellba.com/hbnews/contents/mets_table.html

診断書様式例は、以下のPDFのとおりです。

◯ 18歳以上用心臓機能障害診断書(身体障害者手帳用)【PDF】
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shinsho/shinshou_techou/sindansyo.files/sinzo18ijyo26.pdf

この診断書は、身体障害者福祉法指定医師である循環器科医に書いていただくことが必須です。
身体障害者福祉法でそのように決められています。
言い替えると、主治医ではあっても指定医師でなければ、その診断書は無効です。

質問者さんの場合には、かなり時間が経ちすぎていますので、何らかの疑義が生じていることが考えられるかと思います(認定基準が変わったとはいえ、通常、これほどの時間は要しません。)。
たとえば、クラスⅠないしクラスⅡを満たしていない、あるいは、満たしているか否かを判断できる医学資料等が乏しい、などといったケースが考えられるかもしれませんし、指定医師が書いたものではない診断書、といったケースもあるかもしれません。
要は、障害の状態がきわめて把握しにくいケースです。
このようなとき、都道府県の上部機関である判定委員会で精査を要することとなるので、それだけ時間がかかるケースはあり得ます。
私見としては、おそらく、「クラスⅠやクラスⅡに該当するとは言い切れない」「かなりの運動負荷をかけても耐えられる状態である」などの疑義が生じ、それらを精査しているのではないかと思います(判定機関と指定医師との間のやりとりも含めて)。
ただ、私も含めて、部外者がどうこう推測しても始まりませんから、ご面倒でも、進捗状況などをご自分で逐次確認していただくしかないでしょう。
あまりお力になれず、申し訳ありません。

ペースメーカーを埋め込んだ18歳以上の者については、以下のように、1級・3級・4級のいずれか(2級は存在しない)に該当します。

1級
 ‥‥自己の身辺の日常生活活動が極度に制限されるもの
3級
 ‥‥家庭内での日常生活活動が著しく制限されるもの
4級
 ‥‥社会での日常生活活動が著しく制限されるもの

具体的な内容は、「身体障害認定基準等の取扱いに関する疑義について」という厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長通知(平成15年2月27日付け/障企発第0227001号通知/平成26...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報