自分で共振回路の設計をしているときに公式を見ていて思ったのですが、例えばLC直列共振回路の周波数fは

f=1/2π√(L*C)

ですが、このときLやCの値がかなり大きい場合(例えばL:1H、C:1F)f=0.15923・・となり159.23×10E-3と書けます。

周波数がゼロ=振動してないという定義なら、このように周波数がマイナスの場合はどうなるのでしょうか?
まさか虚数空間にでも電波が飛ぶのでしょうか(汗)

上記のL:1H、C:1Fという条件は余り現実的な値ではありませんが、かといって実現不可能な値でもありません。

机上の計算だけで、ありえないという回答ではなく、ありえないのであればその詳しい根拠を教えて頂きたい次第です。
特に実際に実験を行った方からの回答を頂けると更にありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>周波数がマイナス


>159.23×10E-3
これは正です。
1.5923×10^-5
なお、物理現象は時間について対称なので振動数が負でも問題はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>物理現象は時間について対称なので振動数が負でも問題はありません

えー・・つまり簡単に言うと

1.5923×10^-5 という周波数は
1.5923×10^5 と同じということですね。

じゃあ、高周波回路の形成は抵抗成分をあまり考慮しないのであれば、LとCを小さくしていく方法とLとCを大きくしていく方法の二種類あるということですね。

お礼日時:2009/05/29 08:21

>なかなか奥が深いですね ... 一応納得はできました。



面白そうなエッセイなので、原文らしき pdf をダウンロードしてみました。
ご興味あれば、下記をアドレスバーに貼り付ければダウンロードできます。(少なくとも Firefox でなら)
        ↓
 yb1zdx.arc.itb.ac.id/data/OWP/arrl-books/arrl-handbook-2005/16.pdf
>DSP and Software Radio Design

特に、p.6.19 以降。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

現在ルナ・スケープですが一応チャンと表示できました。

ざっと目を通したのですが、私は英語が苦手なんで・・・OTL

時間があるときにコピペして翻訳サイトで翻訳してみますね(汗)

お礼日時:2009/05/29 15:17

#1 さんのご指摘通り、


  159.23×10E-3 > 0
"×10E-3" の負号は桁取りのものです。

数式モデルでは、LC 直列回路の共振周波数は ±159.23×10E-3 です。

でも、マイナス周波数に着目されたのは、ある意味、卓見といえます。
SSB(Single Side Band) を作る信号処理回路は、ベースバンドの負周波数成分を無く(厳密には抑圧)した上で、
搬送波で周波数シフトずモデルで表せるのです。
   ↓
 http://www.h4.dion.ne.jp/~ja5fp/nfreq.pdf
>負周波数と複素信号
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

参考資料をありがとうございます。

最後の要約されてる言葉を借りると
「あらゆる実信号はその正周波数成分に相当する負周波数成分を持っているので、どちらかを無視する余裕がある」
ただし
「完璧ではありません。もっと複雑な信号処理をやろうとすると、負周
波数スペクトラムが正周波数の写像であるとは保証できないのですから、複素信号の使用はそのような単純化にとって代わるのです。」
ということなんですね。

なかなか奥が深いですね(汗)

一応納得はできました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/29 09:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西と関東の交流周波数を55ヘルツに統合できない?

今回の震災で生じた首都圏の電力不足の対応策についてなのですが、関西の電力を関東に融通するのに、交流周波数変換が必要で、その設備がボトルネックになっているそうです。
そこで思ったのですが、昔は洗濯機やレコードプレーヤーに使用場所の違い(関西・関東)で切り替えるスイッチがついていたけど、最近は自動認識するのか、そもそもその程度の周波数変動に影響されないのか、とんと切り替えの必要性を聞いたことがありません。
だから関東に60ヘルツの交流を流しても端末機器にはそんなに悪影響無い気もするのですが、さすがに、50ヘルツの発電所と60ヘルツの発電所が同じネットワークにつながっているのは、ネットワークとして何か不都合がありそうにも思います。

...であれば、いっそのこと西日本と東日本の交流周波数のあいだをとって55ヘルツにしてみたらどうなんだろうと思うのですが。
10%の周波数誤差だったら、端末で吸収できる気がします。(昔の電動置時計とかレコードプレーヤーは難しいでしょうが。
)もし許容可能なレベルの不都合であれば、関西の人も震災の痛みを共有できるテーマのようにも思います。
誰か電気に詳しい人、教えてください。

今回の震災で生じた首都圏の電力不足の対応策についてなのですが、関西の電力を関東に融通するのに、交流周波数変換が必要で、その設備がボトルネックになっているそうです。
そこで思ったのですが、昔は洗濯機やレコードプレーヤーに使用場所の違い(関西・関東)で切り替えるスイッチがついていたけど、最近は自動認識するのか、そもそもその程度の周波数変動に影響されないのか、とんと切り替えの必要性を聞いたことがありません。
だから関東に60ヘルツの交流を流しても端末機器にはそんなに悪影響無い気も...続きを読む

Aベストアンサー

周波数50Hzと60Hzで,異なっているから,
中部・関西電力から東京電力への送電電力量が制限されるため,
今回の震災によって計画停電が行われている.
というのは,あながち間違いではありません.
当然のことながら,周波数を変えるということは,色々なところで,大きな影響を及ぼします.
たとえば,関東など東日本にある工場と,大阪など西日本にある工場では,電源周波数が違うわけですから,工場の電気関係の設計が異なります.
だから,50と60の間をとってしまえば良いというのは,暴論に近い議論となります.

まぁ,家庭用の電源なんて,大して問題ではないです.
なぜなら,家庭で使用される電源はAD変換されて,ほとんどが直流で動いていますから.
ちなみに,PCはDV12と5Vですね.
交流で動いているものなんて,洗濯機とか一部の冷蔵庫くらいでしょう.
しかし,洗濯機はインバータで制御してますから,周波数が違ったところでなんら問題はありません.
要は,産業用の電源供給がネックになってきます.
工場とすれば,色々なところで周波数の変化への対応をとらなければならないので,
変えて欲しくないと思うでしょう.
周波数の統一は,正直,不可能ではないかと思います.
最近よく,統一するべきだ!という意見を聞きますが,
そんなに簡単にできることであれば,もはや統一されていると思います.
しかしまぁ,技術的には簡単なことだと思いますが.

さらに,中部地方で周波数変換が行われておりますが,
そういう施設を製造したために,西側から直接東側に電力を送ることができないはずです.
そのような施設を新しく製造しなければならないことを考えると,
ただでさえ昨年度決算が大赤字の東京電力としては,絶対にやりたくないでしょう.

周波数50Hzと60Hzで,異なっているから,
中部・関西電力から東京電力への送電電力量が制限されるため,
今回の震災によって計画停電が行われている.
というのは,あながち間違いではありません.
当然のことながら,周波数を変えるということは,色々なところで,大きな影響を及ぼします.
たとえば,関東など東日本にある工場と,大阪など西日本にある工場では,電源周波数が違うわけですから,工場の電気関係の設計が異なります.
だから,50と60の間をとってしまえば良いというのは,暴論に近い議論...続きを読む

Q周期T、周波数f、T=20[ms]のf=50[Hz]

T=20[ms]のf=50[Hz]とあります。
T=1/fを使い、秒を分にすればいいと考えたんですが、50[Hz]になりません、どう計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

msとはミリ秒、つまり1/1000秒のことです。
秒に換算すると、20/1000=1/50秒
f=1/T=1(1/50)=50Hzとなります。

Q関東と関西の電気、周波数の差はどうして?

関東と関西の電気の周波数の差があるため、西日本から東日本へ電気の輸送に制限があるとききました。なぜ同じ日本なのに、統一していないのですか。統一する方がメリットがあるとおもうのですが、そうしない理由はなぜですか。

Aベストアンサー

http://chiri-zemi.web.infoseek.co.jp/framepagekansai.html

ご参考までに。

要するに、日本で初めて「発電」が始まった時まで遡る訳ですね。
明治29年、東京電灯(東京電力の前身)はドイツのAEG社から50ヘルツの発電機を購入。
その翌年、大阪電灯(関西電力の前身)はアメリカのGE社から60ヘルツの発電機を購入。
僅か1年の差で、それぞれ操業を始めて以来100余年、50ヘルツと60ヘルツの地域に分かれてしまったのです。

「周波数を統一する動き」は何度かあったようですが、莫大な費用がかかる上に、どちらかの地方の電気製品が使えなくなってしまうデメリットも有るようです。
もっとも、最近の家電製品の殆どは、共用になっているようですが。

Qこの交流回路の問題で周波数f1、f2の時共振状態なのですか?共振状態だとしたら、問題のどこから共振と

この交流回路の問題で周波数f1、f2の時共振状態なのですか?共振状態だとしたら、問題のどこから共振と判断するのでしょうか
http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h16/riron/no06.htm

Aベストアンサー

LCR直列回路の共振周波数を求める公式は解りますか?
その解は2つの値をとりますか?
LCR直列回路のインピーダンス特性が思い浮かびますか?
この辺りをヒントにもう少し考えてみましょう。
答えを教えることは、あなたのためにならないのでね。

Q関西と関東!周波数違うけど家電大丈夫!

今度、仕事で東京へ行く事に成ったのですが、家電製品は周波数が違う場合は壊れやすく成ったりしないでしょうか?
ご存知あればご回答のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.joshin.co.jp/j_service/qanda/zenpan01.html
http://omoinimotu.net/jj66loi.htm
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200509/2005090600193.htm

■東日本と西日本で同じ家電商品使えますか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1498417

こんなページがありました。

Q図の交流ブリッジ回路が平衡した状態において、この抵抗:R2〔Ω〕およびコンデンサ:C〔F〕の値は?

またしても三種の問題で、四苦八苦しています。
アドバイスをいただけませんか?

問いは
図の交流ブリッジ回路においてR2〔Ω〕およびC〔F〕の値が未知数であり、他は全て既知数である。
このブリッジが平衡した状態において、次の問(a)、および問(b)に答えなさい。
問(a)図中のR2〔Ω〕の値を求めなさい。
問(b)図中のC〔F〕の値を求めなさい。
ここで、回答はブリッジの平衡条件式を書き、かつ、その展開過程も説明しなさい。
という問題です。

「ブリッジ平衡条件により・・・」と言った短絡的な回答ができないため、行きづまっています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブリッジの4辺をZ1,Z2,Z3,Z4で表すと、
Dの両端が同電位
-> Z1/(Z1+Z3)=Z2/(Z2+Z4)
->Z1(Z2+Z4)=Z2(Z1+Z3)
->Z1Z1=Z2Z3 ..これが「平衡条件」になるかと思います。

あとは、Z1=R1, Z2=1/(1/R2+jwC),Z3=R3+jwL,Z4=R4を代入、整理すれば、
計算できるかと思います。

Q電気製品の周波数について

電気製品の周波数はいつ頃から問題視されなくなったのでしょうか?
また関西では扇風機の風力が周波数の影響で強いという話を耳にしたのですが
ホントでしょうか?お教え下さいませ。

Aベストアンサー

扇風機のような誘導モーターを使用した機器では電源周波数により回転数が変わるので、関西で使用したほうが回転数が早くなります。最近の家電機器は電源周波数に影響されるものが少なくなっているのは事実で、これは、モーターを使用した機器で回転数の変化があってはならないような機器が、DCサーボモーターやインバーター制御などにより電源の周波数とは直接関係無くなってきたためです。ステレオなどは周波数依存のヒステリシスモーターを使用した機種では回転数が変化してしまい問題でしたが、ここ10年程度のものは殆どDCまたはACのサーボモーターを使用しているので、周波数の変化とは無縁です。

電子レンジに関しても最近のものでは問題ありませんが、型が古いものでは、マグネトロンの交換が必要になるものもあります。こうなると新品を購入した方がはるかに安いでしょう。

周波数依存性のある機器で、周波数の異なる地域での使用に支障がある機器には、その器具のどこかに仕様周波数の表示があるはずです。

QF(r)=f(r)r/r のときF(x)=f(r)x/rとなる理由

時間があるので大学1年の物理を再度、深く勉強しなおしているのですが、教科書に当たり前のように書いてあることが分からなくて、しかも聞ける人もいないので質問させていただきました。

教科書の 「中心力F(r)=f(r)r/r が保存力か調べる」とあり(最後のr/rとは位置ベクトルrの単位ベクトルのことです)そのすぐ次の行には「F(x)=f(r)x/rとなるので…」と説明が始まってます。なぜF(x)がこのように求まるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

keyguy さんのご回答の通りと思うのですが,
もう少しわかりやすく書いてみますか.

keyguy さんご指摘のように,ベクトルとスカラーの表記に問題があります.
ベクトル r を 【r】 のように書くことにします.

(1)  【F】(【r】) = f(r)【r】/r
ということですね.
x,y,z 方向の単位ベクトルをそれぞれ 【i】【j】【k】とすれば
(2)  【r】= x【i】+ y【j】+ z【k】
です.
つまり,(1)(2)を合わせてみると,
(3)  【F】(【r】) = f(r)x【i】/r + f(r)y【j】/r + f(r)z【k】/r
になっていて,これは【F】の x 成分が
(4)  f(r)x/r
であることを示しています.

Q家電の周波数について

関西に旅行するのですが、関東の電化製品は関西で使えますか?たとえば、携帯やデジカメの充電器など。周波数が違うということをきいたことがあるのですか・・・。

Aベストアンサー

最近の物は問題なく使えますが、念のためにその機器の表示を確認してください。50‐60Hzと表示があれば問題なく使えます。

Q共振周波数を2つもつ共振回路

素朴な疑問なのですが、2つ以上の共振周波数を持つ共振回路ってどうやってLCRだけでどうやって作れば良いのでしょうか?

例えば100kHzと1MHzに共振周波数を持つ回路の作り方があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

No1さんの回答で充分だと思います。蛇足だとは思いますが補足させてください。
2つの直列共振回路を並列に接続した場合、2つの共振周波数と1つの反共振周波数が得られます。
また、2つの並列共振回路を直列に接続した場合は、2つの反共振周波数と1つの共振周波数が得られます。
ただし、計算する場合は抵抗は無視して下さい。(抵抗を考慮すると計算が非常に複雑になります。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報