いつもお世話になります。
標記の件で悩んでおります。

(1) 
A:#001という商品があります。この商品は4月に
納入単価が1,000円
材料費が700円
販売台数1,000台
でした。
となれば粗利が300,000円で材料費比率が70%となります。
B:5月に合理化が行われて材料費が600円になりました。
販売台数は1,000台でした。
となれば粗利が400,000円で材料費比率が60%となり、会社に貢献していることになります。

(2)
次に簿記で言う売上原価という考えで見るとこういうことになるのでしょうか?
材料の当期仕入を300,000円、売上高を1,000,000円と仮定します。
A':期首在庫金額700,000円+当期仕入金額300,000円-期末在庫金額700,000
=売上原価300,000円
→材料費比率30%(粗利額700,000円)  ・・・?
B':期首在庫金額700,000円+当期仕入金額300,000円-期末在庫金額600,000
=売上原価400,000円
→材料費比率40%(粗利額600,000円)  ・・・?

つまり(1)では材料費を下げると粗利額が増えて採算性が良くなり、(2)では材料費の評価が少なくなれば採算性が悪くなる?
ということが起こるのでしょうか?
そもそも上記のような発想、比較がおかしいのでしょうか?

(3)
材料を買っても在庫になって資産になるので、材料費比率には影響せずP/Lの利益が悪くなることはない。
といわれたのですが、本当にそうなのでしょうか?
確かにP/Lの期末在庫はB/Sでいう商品(資産)だとは思うのですが材料を買って在庫が増えたら材料費比率に影響しないのでしょうか?

上記は「消費」という発想が欠落しているからこんなことになるのでしょうか?
ご教授頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

月の在庫と消費量、利益率と原価率がごっちゃになっているように見えます。


(1)が正しい基準だとすると、

(2)

月初在庫 700,000 / 月中消費 700,000
月中仕入 300,000 / 月末在庫 300,000

で、原価700,000、原価率70%で(1)と同じですね。B´も同じです。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q比率の計算方法

・私はプラスチックの成形工場で働いていて、材料の比率計算が分かりません、だれか詳しい方教えて下さい。
あるAという材料がありその中には60%のタルクという成分が入っています、その材料にタルクが入っていないBの材料を加えてタルクを8%に変更したいのですが、AとBの比率をどのようにして計算式(公式)にあわらすのかまた、Bの材料25kgに対してAは何kg混ぜればいいのか答えを下さい。数日悩んでいますよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No,1です。

小学校で習う食塩水と同質でしょうか>
そうそう、全く同じです。
60%の食塩水と単なる水を混ぜて8%の食塩水にするという問題と同等です。

追加質問としてこの問題の60%を固定とした場合にAとBの比率(A:B)への転換はどうすればよいのでしょうか。>
計算式を省略しなければ良かったですね ^^;
A=2B÷13の直前の式は…(この式の両辺に13を掛ける)
13A=2B
ということで…
A:B=2:13
となります。

Q原価率とは?

具体例で教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

先ず、通常の売買では『売価=原価+利益』の式が成り立っている
ことは理解できますよね。
原価率とは売価に占める原価の割合を指しますから、『原価÷売価』
若しくは『売上原価÷売上高』で導かれます。
また、原価率に関しては、『100%=原価率+利益率』若しくは
『1=原価率+利益率』と言う式が成り立ちます。

具体例ということなので・・・
某古本屋で漫画家のサイン本を100円で購入。
友達に見せたら5千円で買うといったので、その金額で売った。
この場合の原価率は 100円÷5,000円=0.02=2%

因みに利益率は先に書いた『100%=原価率+利益率』を変形し、
 100%-原価率2% で、98%になりますが、 
原価率が示されていない場合には次の式になります。
 (5,000-100)÷5,000
  =4,900÷5,000
  =98%

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

Aベストアンサー

原価÷原価率=売価
例えば原価840円、原価率75%なら、
840÷0.75=1120円(売価)

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q一般に言う「生産高」とは? 計算方法を教えて下さい。

「生産高」とは、ある期間に、会社が生産をした量(ボリューム)を
金額に換算した量だと言うことはわかるのですが、具体的に、どういう
計算方法で求めるのが正しいのでしょうか?
 ○販売高+期末製品在庫-期首製品在庫
  →この計算では、製品を完成させた量の金額が計算できます
 ○販売高+期末製品在庫-期首製品在庫+期末仕掛品-期首仕掛品
  →この計算では、製品を完成させた量というよりは、製造途中の
   製品も生産高に反映される事になると思います。製造途中の
   ものも生産活動の結果ですので、ある意味生産高に反映される
   べきだとも思うのですが、どうなんでしょうか?

この辺りの計算について、詳しい方がおられましたら、ご教授いただ
けると有り難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

製品アイテムを原単位として原価計算させれば生産高を金額表示できるのは理論としては可能です。しかし、実際は受注生産だと同品種でもワンロットの内数が違うこともありますし、見込み生産でも稼動日数によって製品原価がぶれますし、歩留まりの問題もあります。人員数による場合とか作業者個人の出来高の個人差や、賃率も加給賃率とミックスされているケースもあります。
という理由から原価で表現するよりも売価で表現するほうが、金額決めについて管理しやすいので無難に思われます。ただ、学問としては生産高は原価で表示するのが原則となっています。
売価で表示する場合は完成品も売価、仕掛品も売価X進捗率で表示できます。ただし、この種の計算については一般的なものは存在しないと思いますよ。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q比率の計算

比率の計算方法を教えて頂きたいのですが、例えば・・・男女の比率を6対4として、6が50人だった場合、4は何人になるのでしょうか?
出来れば比率自体の簡単な計算式も教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

要するに
50×4/6
をすればいいのです。

4は6より小さい。求めてる方が比べてるほうより大きいか小さいかを考えて、大きいなら大きいほうを分子に、小さいほうを分母にかけてしまえばいいのです。
今回なら50×6/4にしたら75になって女のほうが多くなってしまいますよね。それはおかしい。そしたら「逆だっ」て気付いて50×4/6にするのです。

Q対売上比(%)の計算って

対売上比ってどういう事をいっているのでしょうか?
そしてどうやって計算するのですか?

教えてください。

Aベストアンサー

売上に対するそのものの比率のことではないでしょうか?

利益の対売上比であれば
利益÷売上
と計算するのだと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報