ちょっと変わったマニアな作品が集結

手元にスペック表の無いLEDが何種類もあります。
LEDを壊さない程度に電流をたくさん流したいのですが、
最大でどれくらいの電流を流すことが可能なのか調べる方法はあるのでしょうか?

手元にあるLEDは、種類としては砲弾型(一般的な形)、四角いもの(四足)、自動点滅型などがあります。
色に関しては、赤、青、黄、緑、白、黄緑、赤外線などがあります。

最大電圧に関しては、恐らく定電流ダイオードをかました時の電圧降下分だと予想できるのですが・・・

以上、ご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

通常 LED は、10mA が目安の設定電流と理解してます。


高輝度LEDは 30mA が普通ですね。
緑はもっと流さないと明るさのバランスが取れなかったようです。
LED の最大電圧という考え方はちょっと実践的ではないと思います。
順方向電圧はこの電圧の降下電圧があるという表示では。
2~3.6Vの降下電圧があるので1.5Vでは点灯しないのでは。
順方向はどれだけの電流を流すかというのが使用する場合の注意点だと思われます。
10Vを電源として使用すれば 10-3.6=6.4(通常LEDでは-2V)
殆どの高輝度LEDの順方向電流は30mA(通常LEDでは10mA)のようなので
6.4÷0.03=約220(Ω)
と計算されます。
逆方向電圧は30Vが多そうなのですが、この電圧以上逆方向に加えてはいけません。
まぁ交流回路に使う事はなさそうなので、これを考慮する必要はないのかも知れません。
たまにAC100Vで点灯させたい時もあるようですがシリーズにダイオードを入れれば問題ないし。
素子自体は同じ化学物質なので、物理特性が極端に違うはずは無いと思うのですが。
どちらにしろでかい抵抗を直列に入れて、可変型の直流電源部で、電圧を上げながら、壊れる時の電流値を観測するしかないのでは。
でかい容量の抵抗は結構誤差があるし温度変化があるので、電流計が必要でしょう。
ただ、個々の素子のばらつきや寿命があると思われますので、壊れて交換するたびに設定を微妙に変えましょう。
私が参照したのは下記のサイトです。
.sandenshoji.co.jp/hrd/hrd_ichiran.html
どちらにしろLEDの特性は原理上その差は殆どないはずなので、
検索されてみては。
    • good
    • 1

適当な抵抗をかませ明るさを見ながら検討付けるって(ちょっと危険な)やり方もありますが、、、



とりあえず関連サイトは参考になるでしょうか。
色によっても違いますが高輝度タイプか否かでも変わってきます。

参考URL:http://bake-san.com/led012.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発光ダイオードの規格の調べ方

単体でLEDがあるのですが、規格表がないので定格などがわかりません。

LEDの形状、大きさ、色などを手がかりに、規格を知る方法などはないのでしょうか?

Aベストアンサー

大体発光ダイオードの形状(大きさ)や色で決まっています。
規格は最近の単一素子の発光ダイオードの最大順方向電流は20mA、最大順方向電圧が1.9Vのものがほとんどです。古いもので最大順方向電流は15mA程度のものもあります。順方向電圧の最大定格も同じ位です。
それ以下で使っていれば壊れません。

明るさと加える電圧と電流と直列抵抗の関係は実験的に決めてやれば確実ですね。最大定格を超えない範囲で加える電圧と直列に入れる抵抗を決めてやれば良いですね。電流は直列の両端の電圧を抵抗値で割ってやれば求まります。この電流が最大順方向電流を超えないように抵抗を選びます。

やり方については以下の通りです。
単一の素子であれば
出力が可変の直流電源とテスタ(電圧が計れるもの、オシロでも可能)と抵抗500Ω程度のものを用意して、発光ダイオードと抵抗を直列に接続して電圧を3V位から10Vまで加えて明るさを見てください。(10V以上20V間での電圧を加える場合は直列抵抗を2倍の1kΩにしてください。)
赤色ダイオードは発光効率がよく5mA~15mA位の電流で光ります。その他の色の発光ダイオードは10mA~15mA位の電流を流します。どの種類の発光ダイオードも最大定格が20mA程度になっていますのでそれ以上電流をながすと壊れますので注意ください。
発光ダイオードの順方向電圧は1.2V~1.9V位です。この範囲で電流を流すほど順方向電圧は上がります。通常の使用状態では1.5V~1.7V位の順方向電圧かと思います。

複合発光ダイオードではダイオードを直列に2~4個つないだ照明ランプや直列抵抗内蔵のパイロットランプの発光ダイオードもあります。
いずれも発光ダイオード1素子に流せる電流の上限は20mA程度ですので壊れないよう、17mA以下で使いたいですね。

大体発光ダイオードの形状(大きさ)や色で決まっています。
規格は最近の単一素子の発光ダイオードの最大順方向電流は20mA、最大順方向電圧が1.9Vのものがほとんどです。古いもので最大順方向電流は15mA程度のものもあります。順方向電圧の最大定格も同じ位です。
それ以下で使っていれば壊れません。

明るさと加える電圧と電流と直列抵抗の関係は実験的に決めてやれば確実ですね。最大定格を超えない範囲で加える電圧と直列に入れる抵抗を決めてやれば良いですね。電流は直列の両端の電圧を抵抗値で割って...続きを読む

Q抵抗の1/2W、1/4Wの違いについて

 クルマのLED工作で抵抗を使おうと思っています。

 その時 抵抗には、〇Ω以外にも
1/2W、1/4W等の規格があるのですが、よくわかりません
調べてみたところ<電力消費>という
キーワードが分かりましたが他がサッパリ・・・・

・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?
 1/2Wの場合 〇Ωになるのでしょうか?

・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
判別がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

抵抗が焼ききれずに使用できる or 性能を保証できる電力です。

例えば1kΩの抵抗に24Vの電圧を与えると、抵抗はP=V*I=(V^2)/R=0.576Wの電力を熱として消費します。
1/2W抵抗は0.5Wまでしか持たないので1W抵抗を使用することになります。
一瞬でも定格を越えるとダメなので、通常は余裕を持って考えます。

>・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
>抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?

定格を満たしているため問題ありません。

>・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
>判別がつくのでしょうか?

大抵の場合大きさで分かります。長さも太さも違います。
同一シリーズであれば確実にワット数の大きいほうがサイズがでかいです。
(1/2W>1/4W)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314083328

QLEDには抵抗を付けなくても、定電流ダイオードをつければ大丈夫ですか。

電気素人です。よろしくお願いします。
質問が2点ですいません。

【1】Vf 3.6V、If 20mAのLEDの抵抗値計算で、たとえば電源4Vとすると、

 (4-3.6)/20m = 20Ω

 というような計算を目にします。
これは、LEDの自体の抵抗値が

 3.6 /20m = 180Ω

という事でしょうか?

【2】知り合いに抵抗値の計算がめんどうくさかったら抵抗を付けないで、定電流ダイオードを(20mA分)付ければ大丈夫だよ、と言われたのですが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

>【1】
計算は出来ますが、その時々の条件によって見かけ上の抵抗値が変わる為、あまり意味が無いです。

>【2】
ある程度間違いは無いのですが、条件はあります。

例えば
http://www.semitec.co.jp/products/crd/crd_l.html
の L-1822を使用して、VF=3.6VのLEDを1個点灯する場合、
たとえば電源12Vとすると、電位差8.4Vですから、ほぼ20mAですが
たとえば電源4Vとすると、電位差0.4Vですから、5mA未満になってしてしまいます。
たとえば電源24Vとすると、電位差20.4Vですから、15mA未満になってしてしまいます。
しかしながら、少なくとも過電流で壊れる事は無いですから、無難ではあります。

QLEDの『抵抗』を付けなかったら?

先日、市販の3mmのコード付きLED(白)を買いました。
電池に繋いで模型に使うつもりです。

同じ品の5mmの商品には初めから抵抗も付いていたのですが、
3mmのほうにはコードのみで、抵抗は付いていません。
これは、3mmには抵抗を付けなくても差し障りないとう意味でしょうか?

また、抵抗を付けないで使った場合は
どうなるのでしょうか。
壊れたり、どこかが熱を持ったりしますか?

全くの初心者の質問で申し訳ありませんが
どうぞよろしお願いします。

Aベストアンサー

LEDには、何ボルト(V)・何アンペア(mA)という定格があります。
一般に白色LEDの場合、3V・20mAくらいの物が多く流通しています。
この場合には、「3ボルトの電池なら、抵抗が無くても点灯する」ということになります。定格内で使用する分には、壊れることはありませんが、定格に近い場合に多少熱を持つ可能性は否めません。
今回の3mm品については、そういった使用条件付きで抵抗が付属していない商品と推測します。5mm品については、定格の違い等(赤色だったり?)で抵抗が必要なのでしょう。それ以上の追求が必要であれば、商品のメーカーや形式を提示頂ければ、理由が判明すると思いますヨ。

LEDに直列接続する抵抗値は、以下の式で算出します。
抵抗値(Ω)=(電源電圧-LED定格電圧)÷定格電流

このような基本概念は、検索ワード「LED 抵抗」で検索したり、以前の質問で回答のあった本などに細かい解説があります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4035449.html

注意点として、例えばパナソニックの「オキシライド」や「エボルタ」に代表されるアルカリ電池でも初期電圧の高いものや、逆に「エネループ」に代表される二次電池(充電式)などの電圧の低いものは、過電圧や電圧不足が生じやすく、使用には注意が必要です。

#1様の仰るとおり、過電圧によりLEDは一瞬で切れます。眩い光を放った直後に焼損し、おおかた発火までには至りません。#2様が検証した実験の内容が非常に興味深いところですが、一瞬で切れない条件を作る方が難しいと思います。というかむしろ、実験とはいえLEDにAC100Vを印加できるバイタリティに敬服します。

LEDには、何ボルト(V)・何アンペア(mA)という定格があります。
一般に白色LEDの場合、3V・20mAくらいの物が多く流通しています。
この場合には、「3ボルトの電池なら、抵抗が無くても点灯する」ということになります。定格内で使用する分には、壊れることはありませんが、定格に近い場合に多少熱を持つ可能性は否めません。
今回の3mm品については、そういった使用条件付きで抵抗が付属していない商品と推測します。5mm品については、定格の違い等(赤色だったり?)で抵抗が必要なのでしょう。それ以上の追...続きを読む

Qユニバーサル基板の切断方法

車のLEDルームランプを自作するための部品としてサンハヤトのICB-96と言う型のユニバーサル基板を購入しましたが、
どうやって切断するのか分からず基板の加工が全くできません。
材質は紙フェノールと言うものらしいんですが結構硬いです。はさみでは割れてしまい、カッターでは歯が立ちません。

どんな工具を使えば切断できますか?
自分なりに調べるとHOZANの基板カッターやサンハヤトのハンドカッターなどが出てきたんですが予算を大幅にオーバーして買えません。

http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=82&id=07002

Aベストアンサー

私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。
 (1) ユニバーサル基板をカッティングマット(http://minkara.carview.co.jp/userid/202348/blog/3135001/)の上に置く。
    カッティングマットはカッターナイフで机を傷つけないようにするものなので、下地に傷がついてもいいのなら不要です。
 (2) アルミやステンレスでできた定規(直線部分があるなら定規でなくてもいい)の直線部分をユニバーサル基板の穴列と平行になるように置く。
 (3) 定規が動かないようにしっかり押さえながら、ユニバーサル基板の穴列の中心に沿ってカッターナイフで何度も傷をつける(怪我をしないように充分気をつけてください)。カッターナイフの傷は基板の端から端まで入れてください。
 (4) 傷の深さがユニバーサル基板の厚さの1/3程度にまで達したら、一方を万力に挟むか、あるいはラジオペンチを使って基板を割る。
 (5) そのままでは切断面が凹凸になっていて汚いので、穴列がなくなって滑らかになるまで、切断面を紙やすりで研磨する。
     このとき、平坦な面に紙ヤスリを置き、基板を紙ヤスリ面に垂直に立てた状態で研磨するといいです。
 (6) 同じ紙やすりで研磨面端を軽く面取りした後、水道水で基板についた研磨粉を洗い流し、乾いたタオルで水をふき取る。

私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。
 (1) ユニバーサル基板をカッティングマット(http://minkara.carview.co.jp/userid/202348/blog/3135001/)の上に置く。
    カッティングマットはカッターナイフで机を傷つけないようにするものなので、下地に傷がついてもいいのなら不要です。
 (2) アルミやステンレスでできた定規(直線部分があるなら定規でなくてもいい)の直線部分をユニバーサル基板の穴列と平行になるように置く。
 (3) 定規が動かないようにしっかり押...続きを読む

Q規格不明のLEDの使い方

手持ちの電子部品在庫の中に、規格が不明なLEDが十数種類、100個以上あります。色もさまざまです。

今までは似たようなLEDの規格や、電圧を変えながら実際に点灯した時の明るさから、勘で電流値を決めていたのですが、
ちゃんと測定して知る方法はあるのでしょうか。
最近ちょっと困ったのは目に見えない赤外線LEDです。

Aベストアンサー

>ちゃんと測定して知る方法はあるのでしょうか。
あります。

素子をの温度を、サーモスコープで計りながら、
環境温度を最大にして、
電流を少しづつ増やし、チップ温度が 55度になった所が、最大電流です。
もし
突っ込みをいれるのなら、
それでチップ温度なのか?
そんな解像度の測定器は存在するのか?
にして下さいね。
55度の根拠なんだ、なんてしないで下さいね。

LEDの定格電流は、チップ温度で決まります。
トランジスタなどと違い、
デューティが 1/2 なら、2倍の電流を流せます。
最大値、60mAのようが制限はありますが。
パルスなら、5倍流しても壊れません。


壊れにくい素子なので、適当で構いません。
壊れて困るなら 10mA
光量が欲しいなら、20mA

余談ですが
14V出力ACアダプターの二次トランスに、20kΩと共に入れると、
1つで、出力有無、電流変化、を表示できます。
高輝度LEDだから明るすぎます。

Qテスターでダイオードの方向を測定

テスターでダイオードの方向を測定の仕方が分かりません。私が持っているテスターはダイオードのマークが付いているので、ダイオードの何かを図れる事は確かなのですが・・・。

何もしない状態では約1.3くらいの値が表示され、ダイオードの両端を測定すると、下がったり下がらなかったりします。これは何を意味しているのかが良く分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
テスターのダイオードレンジは、ダイオードの簡易チェックの為の物で、ダイオードがショートや断線していないか、程度のチェックしかできません。

テストピンの極性と同じ極性の電流が流れるようになってて、ダイオードのチェックには両方向をチェックする必要があります。

ダイオードマークの向き、もしくはテストピンの+をアノードにする方向では、順方向電圧に近い数字が表示されます。(シリコンダイオードで0.6~0.7V程度)
反対にすると、全く電流が流れない(無限大表示)が正常ですが、整流用の大容量の物だと、メータの感度が高い場合は少し振れる事もあります。

両方とも流れてしまう場合はショート、両方とも流れない場合は断線で、どちらも故障してる物です。
ショートの場合、順方向電圧(らしき数字)も出ない場合が多いようです。

Q1アンペアは何ミリアンペアですか?

今理科の勉強をしていたんですけど、1アンペアは何ミリアンペアかど忘れしてしまいました。
どなたか教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

ミリは1000分の1。

この際、ついでに、こんなのを勉強しちゃえ。(笑)
http://ja.wikipedia.org/wiki/SI%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E
ギガからナノまでは、暗記しておいて損はありませんよ。
(ただし、デカとデシは覚えなくてもよいと思います。)

ギガは、携帯電話や無線LANの電波の周波数(ギガヘルツ)で使われますね。
また、今、「ナノテクノロジー」という言葉が流行っていますが、
その「ナノ」は、ナノメートルのことです。

ちなみに、私は仕事で、テラからフェムトまで出会ったことがあります。


下記は長さ、すなわち、なんちゃらメートルの大きさを、例を挙げて紹介しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E9%87%8F%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83_%28%E9%95%B7%E3%81%95%29

Q1.5Vの乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?

1.5Vの乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?

乾電池とACアダプターの両方で動作できる機器のACアダプターはどの製品を見ても350mAです。
つまり、乾電池も350mA程度(もうちょい低いかも)の出ると考えてもいいのでしょうか?

たとえば)
私の家のキーボードは単三電池を8個(直列)をいれて動きます。
そこで、付属のACアダプターを見てみると12V350mAでした。
つまり、計算上電池一本は350mAの出力が出ていることになります。

ちなみに、電流についてはいまいちよく知りません。
ふと疑問に思ったので質問しました。
回答お願いします。

Aベストアンサー

>つまり、計算上電池一本は350mAの出力が出ていることになります。

までのあなたの仮説はほとんど正しいですね、 乾電池は350mAのほぼ電流を取り出せているといえます。

言葉の定義ですが、 電流は mA で、電気の流れる速さのようなもの。
出力というのは、電圧×電流 つまり電力というものです。

次に、
>乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?
という初めの質問だけに答えるとします。

流そうとする電流は、機器の抵抗などによって変わります。
ただ、大きな電流を取ろうとすると、電池は電圧が低下して、使えなくなる(機器を動かせなくなります)

瞬時であれば、数A(アンペア)流せますが、そんな使い方をする機器は、まずありません。

カメラの外付けストロボは、1Aぐらいの電流を使い、一回のストロボ発光につき、数秒から20秒ぐらい電流を流します。 それを何度も繰り返せます。

お使いのキーボードが350mAを流すとすると、数時間連続で使えると思います。
電池の良しあしや、連続で使うかなどの条件によって変わるので一概に計算できません。

QVccとVddの違い

トランジスタのバイアス電圧などでよくVccとかVddとかかかれているのをみます。
Vccのccとは何の略で、Vddのddとは何の略なのでしょうか?
また使い分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

cはコレクタ,dはドレインの略です.
Vcと表記すると該当のトランジスタ1個のコレクタ電圧を指しますよね.
Vccという表記は,それと明確に区別するために使われていると思います.
ccで,複数のトランジスタのコレクタを意味しているのでしょう.
つまり,ccは「コレクタ側電圧(電源)」,ddは「ドレイン側電圧(電源)」
と考えればよいでしょう.
ちなみに,Veeでエミッタ側のマイナス電源(NPNの場合)を表します.
それと,ccとかddとかは,大文字でCC,DDと表記することが決まっている
はすです.小文字の場合は「小信号」を意味するからです.
IEEEやJEDECで表記の規則が手に入るはずです.


人気Q&Aランキング