人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

古い整流ダイオードの交換にあたり以下のダイオードの耐圧と電流値を御教示いただきたく。
(1)SE-05 (ピンク色の○あり…a~d記号印字無し)
(2)SD-1 (HFの印字のみ)
(3)FR-1 (赤色の○あり)
色々調べてみましたが不明です。
宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

とりあえずSD-1とSE-05の最大定格を添付します。


(FR-1というのは不明)
両方とも最大電流は500mAですけれども、耐圧の
異なる兄弟品種があります。
これは、オリジナルの正式品番が判らなくても、
使用する回路の入力電圧を測ってみれば、どの
程度の物が代替に使えるか、見当がつくはず
ですよね。
仮にオリジナルに使われている物が耐圧800Vで
あったとしても、実際の回路で200Vそこそこなら、
400Vクラスで500mA以上流せる品種を買ってくれば
大丈夫です。
「古い整流ダイオードの耐圧と電流の規格につ」の回答画像2
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速の規格表付御回示感謝致します。
オリジンの識別色別途調べましたら
A=赤 B=黄 C=桃 D=緑と書いてありました。
添付いただきました表は今後活用させていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/23 19:14

#2から追伸です。


規格表を貼り合わせたため、社名欄が誤表示に
なってしまいました。
SE-05の製造メーカーは「サンケン」ではなく
「オリジン電気」です。念のため。
    • good
    • 0

機器名と使用されている場所を記載すると、回答が付き易いですよ。


回路図があれば、更に良いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイオード SE-05の規格について

整流用ダイオードのSE-05というものがやはり40年ほど前のアンプに付いていて、これを交換しようと考えています。

金色か黄色の点が付いていて、ネット上で調べると逆電圧800Vということは判明しました。

しかし、整流電流が何Aなのかが判りません。2Aという記述と、1N4007というダイオードで代替できるとのことで1Aという記述が見られます。

どなたかご存知の方がおられましたら、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

500mAです。
規格表が見えますか?

Qアンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法

アンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法を教えてください。 トリオのアンプKA900の修理中ですが、電解コンデンサーの容量抜けでDCもれが出ているようです。テスターでチェックできるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4ですが、さらに補足します。

アンプを適切に修理できるためには、少なくとも簡単なアンプの回路であればご自身で設計する程度のスキルは最低限でも必要になります。例えばその故障箇所が、ボリウム、セレクタ、リレー等の単純な機械接触不良のような故障であれば修理できるケースもあります。しかし半導体が故障して大きなDCオフセットが生じるようなケースでは、修理に危険も伴いますし、最低限でも回路を推定するくらいのスキルは必要になります。

例えば回路基板をいちべつしただけで、ああこれは初段の差動FETだな。これは初段にぶらさがるカレントミラーブートストラップだな。これは温度補償用のサイリスタだよね。これはバイアス調整用のTr。これはドライバー段の石だよね。そしてこれが終段のエミッタ抵抗だよね。
と、プリントパターンを追わずとも、かなりの部分まで推定できる必要があります。

だから一切手を出すなというのではなく、性急に修理結果だけを求めるだけでなく、回路を勉強するための書籍等はいくらでもあるわけですから、それらを勉強してから修理に臨んでも遅くないし、のちのち役立つと思います。

余談になりますが、過去の松下やヤマハはその回路よりもずっと複雑な歪み打ち消し回路等を含む膨大な石数で構成される魔窟のごとき複雑回路を組んでいました。単純なDCアンプの回路も推定/修理できないのであれば、むろんこれらには歯が立ちません。(もちろん私もそんなのを修理するのはマッピラゴメンです)

No.4ですが、さらに補足します。

アンプを適切に修理できるためには、少なくとも簡単なアンプの回路であればご自身で設計する程度のスキルは最低限でも必要になります。例えばその故障箇所が、ボリウム、セレクタ、リレー等の単純な機械接触不良のような故障であれば修理できるケースもあります。しかし半導体が故障して大きなDCオフセットが生じるようなケースでは、修理に危険も伴いますし、最低限でも回路を推定するくらいのスキルは必要になります。

例えば回路基板をいちべつしただけで、ああこれは初...続きを読む

QLUXKIT A3500メンテ用のブロックケミコン

愛機LUXKIT A3500を2回目のメンテナンスしようと思いますが、20年前に1度交換したセラファインの代替ブロックケミコンは何処のものが良いか教えていただきたいのですが・・・。回路仕様はB電源用47μFx2/500V(アース共通3端子)が2段、固定バイアス用100μFx2/350V(ホット共通3端子)が1段です。ネットで色々調べましたが、B電源用は「50uX2 500V F&T ドイツ製 」、「UNICON 500V/47uFx2 ゴールドマーク」、セラファインはそのまま飾りとして無配線で置いておき、ラグ端子で内部に「スプラグチューブラータイプのATOM」を考えています。他のメーカー含めて、どれが一番BESTでしょか?バイアス用のホット共通は今時無い?と思いますのでラグ端子で行きたいと思いますが、他に何か良い方法は有るでしょうか?皆さん宜しく御教授ください。

Aベストアンサー

こちらでもお世話になります

20年以上前は測定マニアでした。今は音楽鑑賞に専念してます。

電源平滑のコンデンサーですが大きな音の変化はないように思います。微視的な感想を拡大して表現すると・・・・・

アメリカ製コンデンサー
明るくハデな音で日本ケミコンの一番安いコンデンサーの音と似ています。

ヨーロッパ圏のコンデンサー
固く締まった静かな音です。エルナーのセラファインをもっと固くした感じの音といったらわかってもらえるかな?

自分は今スイッチング電源に使われている小型大容量の普通のケミコンを直列に繋いで使っています。価格が安くて種類も豊富 音もいろいろです。もちろんいい音です。ブランドやオーディオ用などこだわらずにある物を何でも試してはいかがでしょう。バイアス電源のコンデンサーは何でもいいようです。高抵抗でグリッドに供給されているためでしょう。
個人的にはエルナーのセラファインが好きで長年使ってきましたが今売っている小型の高圧ケミコンを使って見て考えが変わりました。
バブル経済崩壊前でしたか、半導体で簡単なアンプを作ってごく普通のケミコンをたくさん使ったのですが音響用の高価なケミコンと遜色ない音でした。タンタルコンデンサーの工場に勤めてた友人に聞いたらその当時でも電解コンデンサーで容量精度が±0.5%で量産できると言ってました。製品全般の精度や管理が向上したんでしょうね。

ちなみにですが・・・
こちらで使用中のLUX A3600の電源ケミコン 47μF×3/550Vを測ってみたら容量48~52μF 漏れ電流600Vで100μAなので電気的に劣化は無いようです。30年以上前のコンデンサーですが驚異的です。日本製の部品の信頼性はやはり世界一ですね。


地震災害への心遣いありがとうございます。
津波で海岸沿いはたいへんな被害でしたが三日目に魚市場が開かれ翌日から船は出漁しました。海岸沿いはまだ停電してます。ですが八戸は着実に復旧しています。それより心配なのはお隣の岩手県や宮城県、福島県です。関西方面の製油所からたくさんの燃料を送っていただき、感謝感激です。すべて岩手県に送っています。昨日あたりからポツポツ八戸市のガソリンスタンドが営業しはじめてホッとしています。
電気なくてもラジオと懐中電灯があれば何とかなるんですね。ラジオしかないので地元のRAB 全国放送の某 八戸市のFMと三つ並べて聴いてましたが某放送局の情報は何の役にもたちませんでした。災害時に役に立たない放送局は不要です。
関東でたった3時間の計画停電なのになんであんなにガタガタ騒ぐんですかね?こっちの人は停電時間がわかっていれば毎日12時間止まっても平気です。信号がとまって交通整理しなくても事故は一件もありませんし火災もありませんでした。(こちらは深夜から朝にかけて氷点下です。まだ水道が凍ります)



早く春がこないかな~~~

こちらでもお世話になります

20年以上前は測定マニアでした。今は音楽鑑賞に専念してます。

電源平滑のコンデンサーですが大きな音の変化はないように思います。微視的な感想を拡大して表現すると・・・・・

アメリカ製コンデンサー
明るくハデな音で日本ケミコンの一番安いコンデンサーの音と似ています。

ヨーロッパ圏のコンデンサー
固く締まった静かな音です。エルナーのセラファインをもっと固くした感じの音といったらわかってもらえるかな?

自分は今スイッチング電源に使われている小型大容量の普...続きを読む

Qバリスタ STV-3Hの代替品

アンプのパワートランジスタの周辺にバリスタというSTV-3Hという部品が、パワートランジスタと同じヒートシンクにネジ止めされています。

パワートランジスタが複数破損していたので、このSTV-3Hもひょっとしたら破損しているのかもと勝手に思っています。

とりあえず私には部品の良否を判断ができないので、できれば代替品に交換しておきたいと考えています。

そこで、

(1)STV-3Hの代替品をどなたかご存知ないでしょうか?

(2)バリスタダイオードの代替品選択の基準などありますでしょうか?

(3)1N4007というダイオードを3つ直列に接続してもなんとか良さそうだという情報を以前頂いたの

ですが、これもヒートシンクに直に付けておく必要があるのでしょうか?それとも宙ぶらりんの状態で

良いのでしょうか?

何卒、ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>(1)STV-3Hの代替品をどなたかご存知ないでしょうか?

回答>> 代替として添付した回路で置き換えが可能です。トランジスタをヒートシンクに熱的にしっかり固定する必要があります。また、VFを微調整したい場合は図の抵抗R1(2.2kΩ)を1.8kΩの抵抗と1kΩの半固定抵抗をシリーズにすればVFが調整できるようになります。

>(2)バリスタダイオードの代替品選択の基準などありますでしょうか?

回答>>STV-3Hは内部でシリコンダイオードを3本シリーズに接続されてます。したがって、シリコンダイオードが3つシリーズ接続で内蔵されたダイオードである必要があります。
 これはVFの温度係数が-7mV/℃に近い値が必要なためです。シリコンダイオード1本あたりのVFの温度係数は約-2mV/℃から-2.3mV/℃程度ですので3本シリーズでちょうどこの3倍の温度係数になります。

>(3)1N4007というダイオードを3つ直列に接続してもなんとか良さそうだという情報を以前頂いたのですが、これもヒートシンクに直に付けておく必要があるのでしょうか?それとも宙ぶらりんの状態で良いのでしょうか?

 これはヒートシンクに直に付けておく必要があります。シリコントランジスタのVBEの温度による変化を正確に補償する必要がありますのでパワートランジスタのジャンクション温度に近い温度が得られるヒートシンクにこの補償用のダイオード取り付けて補償用のダイオードのVFを変化させなければなりません。シリコントランジスタのコレクタ電流はVBEが18mV変化すると約2倍になります。60mV変化した場合は10倍も変化してしまいます。ですからシリコントランジスタのVBEの温度補償はパワーアンプにおいて非常に重要です。

>(1)STV-3Hの代替品をどなたかご存知ないでしょうか?

回答>> 代替として添付した回路で置き換えが可能です。トランジスタをヒートシンクに熱的にしっかり固定する必要があります。また、VFを微調整したい場合は図の抵抗R1(2.2kΩ)を1.8kΩの抵抗と1kΩの半固定抵抗をシリーズにすればVFが調整できるようになります。

>(2)バリスタダイオードの代替品選択の基準などありますでしょうか?

回答>>STV-3Hは内部でシリコンダイオードを3本シリーズに接続されてます。したがって、シリコンダイオー...続きを読む

QLUX A3500 の出力管をKT88に交換

LUX A3500 を長年、愛用してきました。経年劣化などでメインテを計画しています。
出力管は6CA7ですが、趣を変えてKT88に変えてみようかと考えています。
つきましては、
1)ピンは同じようですから、物理的にはそのまま交換できるようですが、問題ないでしょうか?
2)ヒーター・プレートなども同じようですので、単純に交換して電源入れてもOKでしょうか?
3)固定バイアスの設定値は?
真空管初心者です。経験者の方、ご指導ください。

Aベストアンサー

同じ固定バイアスの場合kt88の1番ピンと8番ピンは接続したままで良いです。8番ピンがアースに落ちてますので1番ピンもアースとなりますので。
A3500の回路そのままといっても3種の使い方が有るようですが私は三結かUL接続をお勧めします。
データシートにその時の代表例の負荷抵抗が記載されていますが、OY-15-5とインピーダンスが合わない動作が多いみたいですね。多少のミスマッチはOKなのですが例えば4.5kの所に5kを使っても若干おパワーが低くなる物の歪が少なくなりますが、7kのところに5kではパワーが上がりますが歪が増えるという事が発生します。
現在のA3500の回路がどうでもKT-88に差し替えてバイアスを調整すれば音は出ます。球を差し替える時はバイアス電圧は最大(-60v位ですかな)にしてやってください。ゼロバイアスでは電源入れたら球が真っ赤になりFUSEが断すればいいのですが下手すると高価な出力トランスが断線することも有ります。
なお、完全にという事でしたら別のKIT、A3700にKT-88を使用した回路が載っておりますので、それを参考にしたら如何でしょうか。
又、A3500のアッセブリーマニュアルがどこかにPDF版で有りましたがLUXKIT A3500アッセンブリーマニュアルで検索すれば出ると思います。LAXでは無くてLUXですよ。ただ、残念ながら私のPCでは表示されない部分が有りました。

同じ固定バイアスの場合kt88の1番ピンと8番ピンは接続したままで良いです。8番ピンがアースに落ちてますので1番ピンもアースとなりますので。
A3500の回路そのままといっても3種の使い方が有るようですが私は三結かUL接続をお勧めします。
データシートにその時の代表例の負荷抵抗が記載されていますが、OY-15-5とインピーダンスが合わない動作が多いみたいですね。多少のミスマッチはOKなのですが例えば4.5kの所に5kを使っても若干おパワーが低くなる物の歪が少なくなりますが、...続きを読む

Qコンデンサの良品故障品の区別

テレビが故障してしまって修理しているところです。音声が時々でないという症状です。

コンデンサが原因だろうと考えました。コンデンサを外見から見ても特に問題は無いのですがテスター等を利用して故障しているのかは確認することはできますでしょうか?

Aベストアンサー

テレビを修理するという分はあえて無視(「素人によるテレビの修理は危険だ」と私は一貫して述べていますが、いい加減にウンザリしてきましたから)して、端的にコンデンサの良否を判定する方法だけ述べさせてもらいますが、

まず、コンデンサが不良状態になる原因としては、低格を超えた電圧が加わったことによる内部ショートや、電解液の劣化や減少が主に関係しています。
電気的に良否を判定するには、必ずコンデンサーを基板から取り外した状態で測定器をあてます。専用の測定器があるのですが、テスターで直流だけ加えて簡単に判断する方法もあります。コンデンサーの両端をあらかじめショート(容量が大きい場合は数百オームの抵抗を接触させる)させて電荷を抜き、抵抗測定レンジにしてテスターの+極をコンデンサーの+極に、マイナス極同士も同様に接触させた状態で、メーターを読み、時間とともにメーターの表示が大きくなっていけば大まかに言って良好です。最終的な表示は大きいほど良い(一般的に数キロオーム程度)ですが無限大にはなりません。針の触れが変化しないようだと不良と判断できます。テスターはデジタルでもアナログでもどちらでも構わないです。電気過渡に関する知識がお有りならもっと正確に判断できるでしょう。

テレビを修理するという分はあえて無視(「素人によるテレビの修理は危険だ」と私は一貫して述べていますが、いい加減にウンザリしてきましたから)して、端的にコンデンサの良否を判定する方法だけ述べさせてもらいますが、

まず、コンデンサが不良状態になる原因としては、低格を超えた電圧が加わったことによる内部ショートや、電解液の劣化や減少が主に関係しています。
電気的に良否を判定するには、必ずコンデンサーを基板から取り外した状態で測定器をあてます。専用の測定器があるのですが、テスター...続きを読む

QLUXKIT A3500の真空管 6AQ8について

LUXKIT A3500の真空管6AQ8について教えてください。
 3本ある内の、中央の1本について、別の物と取り替えたところ、左チャンネルの音が全く出なくなりました。(その時の電圧は350Vの所250Vしか出ていません。取説によりO1、O2測定。O3、O4はOK)
 元の真空管に戻すと正常に戻ります。(元とは3本共「MATSUSHITA」の三角?のマークがついたものです。)
 試しに3本の配置を入れ替えたところ、もともと中央にあったものを中央に差したときだけOKでした(左右はどちらでもOK)。
 その後、試しに新品、中古を数本入手して換えて見たところ、中央に挿して正常動作するものが1本だけありました(NEC製中古品)。左右はどれでもどんな組み合わせでもOKでした。
 先の事を考えると何とか新品で動かしたいのです、原因と解決策をお教えください。
 現在の配線は3極結合で、CR類と出力管は新品に取り替えてあります。バイアス等の調整もOKです。
 テストした真空管の内訳は、Mullard(新品現行品)、RFT(新品現行品ECC85)、東芝(中古)、NEC(新品NOS、動いたものとは異なる)、ナショナル(中古)です。
よろしくお願い致します。

LUXKIT A3500の真空管6AQ8について教えてください。
 3本ある内の、中央の1本について、別の物と取り替えたところ、左チャンネルの音が全く出なくなりました。(その時の電圧は350Vの所250Vしか出ていません。取説によりO1、O2測定。O3、O4はOK)
 元の真空管に戻すと正常に戻ります。(元とは3本共「MATSUSHITA」の三角?のマークがついたものです。)
 試しに3本の配置を入れ替えたところ、もともと中央にあったものを中央に差したときだけOKでした(左右はどちらでもOK)...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧なお言葉で 恐れ入ります。
>(4)位相反転管のプレート電圧 が 変化して 大きく出力に
差が 生じるのは 次段とが 直結の可能性がありますね。
だとすると バイアス調整用の VR があるかも?
説明書をよくみて 慎重に 行うことですね。
音質 歪 クリップレベルなど ダイレクトに関係します。
新品でも ゲイン(利得)や コンダクタンス(?)にが
ばらつきがあり 使用場所によっては 大きく影響を及ぼすと
聞いていますので あてはまるのでは?
真空管の電気的回路は インピーダンスが高く真空管自体の
能力変化もゆるやかで 普通の回路での使用ですと
人間の耳に分かるような 変化は 時間がかかりますね。
したがって 中央の6AQ8は次段の機能を わずかな変化で
動作させる(バイアス電圧を変える)役割のものであると予想できます。
プレート電圧が350Vの所250Vに変化するような真空管でも
使用する回路によっては 普通に近く使用できるし
まったく 停止状態にも なることもあり得ると
分かって頂けると 思います。
もっとも LUXKIT A3500について 良く知らずに普通のものについての
話ですので もし 間違っていたら ごめんなさいね。
>右なら動くので左右と中央は、使う機能が違うの
でしょうか。
中央が 位相反転管で その左右は プッシュプル電圧増幅管か
出力ドライブ管でしょうね。とすると 
機能は 全く違いますが 左右は 四本が揃っているべきですし
位相反転管は 性能の 変化に いつも注意が大切でしょう。

左チャンネルと 右チャンネルの2系統が 並びますから
同じような ものが きれいな位置にあるはずです。

参考になればと 昔を思い浮かべながら100%予想上での
話で チャランポロンでしたが 
よき オーデオライフを お過ごしの程!

丁寧なお言葉で 恐れ入ります。
>(4)位相反転管のプレート電圧 が 変化して 大きく出力に
差が 生じるのは 次段とが 直結の可能性がありますね。
だとすると バイアス調整用の VR があるかも?
説明書をよくみて 慎重に 行うことですね。
音質 歪 クリップレベルなど ダイレクトに関係します。
新品でも ゲイン(利得)や コンダクタンス(?)にが
ばらつきがあり 使用場所によっては 大きく影響を及ぼすと
聞いていますので あてはまるのでは?
真空管の電気的回路は インピー...続きを読む

Qオーディオアンプのプロテクトが掛かって音が出ない

Sansui AU-D607xのアンプを所有してます。
20年ほど前に購入し10年以上使っていませんでしたが、電源を入れてみたところプロテクトが掛かって電源が入りません。
ちなみにこの10年の間に引っ越してから初めてのアンプ単体での電源投入です。
上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそれなりの入っていたのでエアで飛ばしましたが症状は変わりません。
もしかしてスピーカーが繋がってないとプロテクトが掛かってしまうのでしょうか?
スピーカーケーブルを買ってきてテストしようか専門家に修理出そうか迷っています。
出来れば自分で修理して再現させたいのですが、どなたかアドバイスいただけたらありがたいのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子機器全般に言えることでもありませんが、通電せずに長期間放置しても故障は生じるものです。

10年以上放置となると、まずは電源平滑コンデンサーやその他電解コンデンサーの容量ヌケが疑われます。また、半導体の故障も考えられるでしょう。

上記いずれかの不具合によって、出力端に大きなDCオフセットが生じているか、あるいは過電流保護回路が動作している可能性もあります。

> 上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそれなりの入っていたのでエアで飛ばしましたが症状は変わりません。

基板をちょっと目視しただけでは、部品劣化は判断しかねますし、またハンダ浮きも分からないものです。

> もしかしてスピーカーが繋がってないとプロテクトが掛かってしまうのでしょうか?

解放インピーダンスを検出してプロテクトが掛かるのは、ごく稀です。可能性があるのは解放されると困るディジタルアンプくらいなものでしょう。
そのアンプは故障しており、何が出力端に出ているか分かったものではありませんので、大切なスピーカーを接続するのはやめておきましょう。

> スピーカーケーブルを買ってきてテストしようか専門家に修理出そうか迷っています。

症状の特定ができないようでしたら、それがいいと思います。
自分で症状を特定するにしても、(知識のある人間でさえ)膨大な時間と労力を要します。掲示板でちょっと質問したから適切な回答が得られるような内容ではありません。

電子機器全般に言えることでもありませんが、通電せずに長期間放置しても故障は生じるものです。

10年以上放置となると、まずは電源平滑コンデンサーやその他電解コンデンサーの容量ヌケが疑われます。また、半導体の故障も考えられるでしょう。

上記いずれかの不具合によって、出力端に大きなDCオフセットが生じているか、あるいは過電流保護回路が動作している可能性もあります。

> 上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそ...続きを読む

Q12AX7ヒーター電源

真空管アンプ用電源で12AX7用のヒーター電源を組みましたが、6.3Vのタップからブリッジ整流して150V耐圧の20μF+20μFを接続しているだけなのに5Vしか電圧が出ません。ヒーターハムも拾ってるようです。コンデンサーが古くなると電圧は下がりますか?このコンデンサーを耐圧25Vの10000μF(1本)と0.22Ωの抵抗(1本)に変更したいと思いますが・・・電圧は上昇するでしょうか?またリップル除去効果はあるでしょうか?

Aベストアンサー

12AX7のヒーターへの接続をやめて、オープンの状態で
電圧を測ってください。
6.3V(AC)の1.4倍程度の電圧が出ているはずです。
8V以上。
このときも電圧が低い場合
(1)結線に間違いがある。
(2)コンデンサーが壊れている。
(3)電圧計がおかしい。
などの原因が考えられる。

なお、正常になったとして、ヒーター電力が増えるので、
ヒーター温度が高くなり寿命が短くなる可能性があります。
ヒーター電流の最大定格を調べて、これ以下になるように
電圧を下げてください。

Q5U4GBと5AR4の互換性

ご質問致します。
現在LUXMANのMB-300を使っておりますが、知人から整流管を、直熱管の5U4GBから、傍熱管の5AR4に交換した方が、電源を入れた直後の300Bに掛かる負担が小さいので、300Bの寿命が延びるよとアドバイスを受けまして、色々と調べて見ましたが未だ明確な答えを見出せずに居ります。
WEの300Bは、非常に高価な球ですので、少しでも長持ちさせたいのですが、交換のリスクも当然有ると思いますので(音質の変化以外に)、専門的な知識をお持ちの方、ご教授を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)
> 整流管を、直熱管の5U4GBから、傍熱管の5AR4に交換した方が、電源を入れた直後の300Bに掛かる負担が小さいので、

これは正しいです。

(2)
> 300Bの寿命が延びるよとアドバイスを受けまして

これは「必ずしも」正しくありません。
5U4GB→5AR4に変更すると、整流管の出力電圧(=300Bへの供給電圧)が10~15V程上がるので、むしろ寿命が短くなる「可能性」さえあります。
(上記(1)の影響もあるので、実際には寿命が長くなるか短くなるのかは不明です)

確実に寿命を伸ばしたいのであれば、5U4GBを5R4(G/GA/WGA等)に交換する方が無難です。5AR4と違い上記(1)の効果はありませんが、(2)が確実に下がるので、寿命は間違いなく伸びます。
但し、5R4は5U4GBよりも平滑コンデンサの最大許容値が小さいので、単に挿し換えた場合には5R4の寿命が短くなる可能性があります。
(300Bに比べれば5R4の方が遥かに安いので、さして問題にはなりませんが)

なお、スペック上では5U4GB→5U4Gに交換しても供給電圧は下がります(というか、下がっているように見える)が、これは平滑コンデンサの容量差によるもので、同じ回路(MB-300)で5U4GBと5U4Gを挿し換えても供給電圧は殆ど変化しなかった(?)と思います。


WE300Bが大事であれば、最初から別の300Bに取り替えてしまって、純正のWE300Bは使わずに大事にしまっておく(いざという時だけに限って挿し換えて使う)、という手もあります。
MB-300は300Bを定格一杯で動作させている、と当時のラジオ技術誌に書いてありましたので、たとえWE球であっても(風説ほどの)長寿命は必ずしも期待出来ませんので。

(1)
> 整流管を、直熱管の5U4GBから、傍熱管の5AR4に交換した方が、電源を入れた直後の300Bに掛かる負担が小さいので、

これは正しいです。

(2)
> 300Bの寿命が延びるよとアドバイスを受けまして

これは「必ずしも」正しくありません。
5U4GB→5AR4に変更すると、整流管の出力電圧(=300Bへの供給電圧)が10~15V程上がるので、むしろ寿命が短くなる「可能性」さえあります。
(上記(1)の影響もあるので、実際には寿命が長くなるか短くなるのかは不明です)

確実に寿命を伸ばし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング