位置情報で子どもの居場所をお知らせ

元々壊れているギターアンプを格安にて購入しました。
まぁ部品の交換で簡単に治るだろうと高を括っていたのですが電源を入れても回路に電流が流れておらず、ヒューズを交換してみても駄目でした。
まだ新しいアンプで、基板上の電子部品も外観に傷みなどはなく、ショートしている部分も無いように見えます。
自分は回路図を見てエフェクターなどを作ったりしておりますが、電気に対する知識自体はあまり深くないため正直お手上げであります・・・。
別に後悔するほど高価ではなかったのですが、このまま放っておくのも悔しいので識者の方、知識をお貸しして頂けないでしょうか?アンプはVOX社の「AC4TV」というモデルです。

一応製品ページのリンクを載せておきます。
http://www.voxamps.jp/products/AC4TV/

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

巻き直しは日常的な対処なのでモーターやトランスの修理ルートがあります。



新規トランスhttp://www.e-kasuga.net/goods.asp?id=300等で代替出来ます。
電気修理の特徴は線で繋ぐことで機能することにあります。
シングル出力ですから各社の小型トランスで代替出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れまして申し訳ございません。
トランスのネジがバカになっており分解する事が出来なかったので、仰る通り各社の物を探してみました所、縦型のため中々無かったのですがやっとめぼしい物を見つける事が出来ました。
また部品を購入したら修理を再開したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/02 13:42

トランスの一次巻線断線の症状です。



導通チェックで特定して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰られる通りトランスの異常の様でした。
交換という事になると思いますが、純正品はさがしても見当たりませんでした。
代替品を選ぼうにも電流容量など分からない事が多く、もう手に負えないので諦めようと思います。

こんな質問に付き合って下さって本当に有り難うございました。

お礼日時:2011/03/29 23:23

答えが正確では有りません、巻き線は2種類あります。



1. B電源用両波電圧巻線の220Ωとダイオードの接続(2箇所共)を外しグランドと220Ω右端(図面上)を測りB
電圧巻線の状態を判定する。(負荷を取り除き単体で機能確認の基本手法)

結果? 二つの交流電圧が出ていて各々何Vか?

2. 真空管を全部外してA電源用ヒーター電圧巻線の電圧測定

結果?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々申し訳ありません。
1.ダイオードを外し抵抗にかかる電圧は5,5Vでした。
2.真空管を全て外し、ヒーターにつながる抵抗には0.18Vかかっていました。

お礼日時:2011/03/28 23:57

1. ACプラグコードの入口(シャーシ内の)まで電圧が来ているか?



2. トランスの一次コイルに電圧が来ているか?

3. 以上、先ずは基本的な部分のチェックをしてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。

プラグとスイッチにはAC100Vがきておりますし、電源トランスの1次側にもAC100Vかかっております。
しかし2次側からは4Vほどしかきておりません。
質問ばかりで申し訳ないですがトランスの故障を判断するにはどうすればいいのでしょうか?

お礼日時:2011/03/28 17:20

まずは、真空管が生きているか確認。


目視でヒーターが赤くなるかチェック、外してヒーターの導通からチェック。
次に電源回路、真空管を外した状態で、プレート電圧が出ているか、300V位です。
整流用ダイオードや保護用?抵抗220Ωの不良があるかも知れません。
ついでに平滑用コンデンサーの電源OFF時の放電状態で良否のチェック。
平滑用抵抗470Ωのチェック、ヒーター電圧がでているか。

出力アッテネッターが付いているので、出力トランスから回路を外して動作・導通のチェック。

あとは、入力部分から低周波発振機をつないで、ミリパルやオシロで信号を追っていき、不良部分をみつけます。

余分な付属回路が無く、シンプルな回路のため、修理はしやすいと思いますが、真空管アンプは、電圧が高いので、感電・感電やけど・火災に充分気を付けて、自己責任で修理してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。
真空管ですが電圧がかかってないため、ヒーターは点灯しません。
抵抗も外して測定してみましたが問題ありませんでした・・・。
マルチテスターぐらいしか所持していないので細かい測定は出来ない状況です。
トランスの2次側からほとんど電圧が来てないのですが、トランスに異常がある場合もあるのでしょうか?

お礼日時:2011/03/28 10:41

回路図(schematics);

http://website.lineone.net/~m0dzo/AC4TVschem.pdfを元に電圧の途絶える所を特定し修理します。

[vox ac4tv schematics]で出て来ます。

ac4tvの何でしょうかac4tv8またはac4tvhなのか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回路図有り難うございました。
非常に参考になります。

モデル名についてですが、tv8でもtvhでもなくそのまんまac4tvです。
10インチスピーカー搭載の物です。

お礼日時:2011/03/27 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンプの電源が入らなくなってしまいました

こんにちは。

急にアンプの電源が入らなくなってしまいました。
電源ボタンを押した後にスピーカーから「ブツン!」という音がして、その後何度やっても電源が入りません。

機械の内部のことには疎いので、皆様から回答を頂いても対応できるかどうか分からないのですが、今私が持っている唯一のアンプで、これがないと音楽が聞けないので何とかしたいのです。

10年くらい前に譲っていただいたものなので詳しいことはわからないのですが、古いもののようなので、もう寿命なのでしょうか。
LUXMANのL-550Xというアンプです。

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

A 級 50W パワーアンプを採用した
高級プリメインアンプですね。

発売から 20 年経過していますので
電解コンデンサのドライアップ現象による不良、等が考えられると思います。
故障している状態で電源の ON OFF を繰り返すと
二次的に他の部品も破損する場合が有りますので注意してください。

シリーズ最高峰のプリメインアンプですので
修理に出されるのが良いと思われます。
メーカのサイトでは「状態により修理可能」となっていました。

http://www.luxman.co.jp/

メーカサイトを一度、見てください。

Q真空管アンプの電源がつきません・・・

真空管アンプ【PEAVY 6505+112】電源つかない
先日購入したばかりのアンプなのですが、
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?item=571%5E6505P...
先ほど(購入後2回目)Powerスイッチを押すと、
前回より大きめのバウッ!!という音が鳴って、
(真空管アンプの電源を付ける際になるあの音)
5分弱待ってスタンバイもオンして、いざ弾こうと思ったのですが、
よく見てみるとロゴマークのライトも点灯していなく、
チャンネルセレクトのライトも付いていません。もちろん音もでません。

2日前に初めて使用した時は正常に使えました
・メインオン→(5分弱後)スタンバイオン→ツマミいじりから弾く
・ツマミすべて0→スタンバイオフ→(5分弱後)メインオフ
という順序でやりました。

何が原因ですか・・?初期不良でしょうか?
大きな衝撃や傾けたりはしていません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

サウンドハウスのURLリンクは必ずダイレクトにコピーし貼り付けないと本例の様に「この商品はありません・・」の不完全リンクになります。
ダイレクトの場合http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571%5E6505PLUSCOMBO%5E%5E
の様に製品ページが正しく表示されます。

リアパネル向かって右、電源コネクタの左にヒューズホルダー、マイナスドライバーで外せます。
突入電流で溶断することも多いので同一電流の物(現物に刻印あり)と交換してみてください。
製品ページにも表示されている普通のガラス管タイプでOKです。

前述の如くサウンドハウスに連絡しその指示に従ってください。
着払い返送等の指示があります。

Qマーシャルアンプのヒューズ交換の仕方について

マーシャル(JCM2000 TSL100)のヘッドを使っていたのですが、リハのときは音が出ていたのに、本番スイッチを入れても音が出ませんでした。修理に出すお金がないので、ヒューズが切れているだけだとしたら数百円で済むとのことなので、もし切れてるのなら交換して様子を見たいのですが、裏のパネルを空けてもどこにヒューズがあるのかさえわかりません。交換方法を教えてください。

Aベストアンサー

リアパネル右端、電源コネクターの両サイドにヒューズホルダーがあります。

取説、29ページ参照 http://www.marshallamps.com/downloads/files/TSL100s%20hbk.pdf

この様な所では無くマーシャルの日本サイトを利用してください。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qギターアンプ音が出ない

トランジスタのコンボアンプ(15w)の音が出なくなりました。
電源コンセント付近のヒューズは視認したところ飛んでいませんでした(切れていませんでした)
きっかけはボリュームフルで過大入力してしまったことと思うのですが
ヒューズが飛んでないとしたらどう修理したらよいでしょうか?
詳しい方いらっしゃいましたらご教示下さい。
よろしくお願いします。

アンプについて
メーカー:hughes&kettner
品名:Edition Blue 15R

Aベストアンサー

http://87.106.71.220/oma/huke/manual/Edition_Blue_R_BDA_2_0_low.pdf
項目7.TECNICAL SPECIFICATIONSに日本向け100V仕様 MAIN FUSEと別にINTERNAL FUSE 315mAこれです。基板上の他シャーシ側面等、線が出ている所を等確認して下さい。
必ずあります。電源回路と出力回路の二箇所にヒューズを設けているアンプも多いのです。
回路図(schematics),内部画像等、探したのですがWebには無い様です。

Qエクスプレッションペダルとボリュームペダルについて!

ボリュームペダルはなんとなくわかるのですが、
エクスプレッションペダルとはどういったことに使用するものなのですか?

現在ペダル無しのエフェクターを使っていますが、ペダルを買った方が便利と聞きましたので購入を考えています。

しかし、音が薄くなるとかイロイロな噂を聞くのですが、実際はどうなのでしょうか?

またどのペダルが良いとかお勧めがありましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

エクスプレッションペダルで音は薄くならないですよ。

ヴォリュームペダルは信号がその中を通りますから、接点や内部のパーツの質によっては、音のクォリティが下がります。
エクスプレッションペダルは、エフェクターやシンセの内部パラメーターを変えるだけですから、音質にはあまり影響しません。

Kb以外の人はあまり使ってないようですね。特殊なエフェクトを使う場合には重宝するかもしれませんが、ワウぐらいしか思いつきません。

もし購入するんだったら実際に踏んでみるべきです。ストロークの長さや重さ、変化のカーブがかなり違いますから。

僕はシンセのヴォリュームをコントロールするのに、YAMAHAのエクスプレッションを使っています。普通にヴォリュームペダルを使うと、2倍の本数のシールドが必要になるので重いんです。ま、ペダルも重いですけど。

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/other/contrllr/index.html

QMartinとPro Martinの違い

MartinとPro Martinの違いって何が違うのですか?
同じブランドですか?

Aベストアンサー

Pro Martin!
懐かしいですねえ。国産パチものです。つまり国産ギターがかつて作っていたMartinの類似品です。おそらく今は作ってないんじゃないかな。
GibsonならぬGansonとかGrecoならぬGnecoとか(これは珍しい国産ブランドのまたパチもの)それにFernandesなど大メーカーでもコピーモデルは普通でしたから。むしろいかにオリジナルに近いかを競っていたじだいもあったわけで。(今でもコピーモデルは作られていますが、さすがに「類似品」はねえ・・・)
そういうなかで作られていたものの一つですが、多分今は商標にひっかかると思うので作ってないと思うんですが。

というわけでヤフオクなどでProMartinを平然とマーチンだとかいて売ってる人がいますが詐欺同然なので買ったりしないように。(そういうのがほしけりゃまた別ですが)

Qベースアンプのノイズの原因が分かりません

半年ほど前にGALLIEN-KRUEGERのMB150Eというコンボタイプのベースアンプを購入しました。
ここ2ヶ月ぐらい前から急に「ジーッ」というノイズが発生するようになりました。私はあまり機材の構造などに詳しくなく、とりあえず自分のできる範囲でいろいろ条件を試してみたのですが、下に挙げた事は分かりました。
これらのことからノイズの発生原因とそれをなくす方法を教えていただきたく思います。ヒントや参考ページを教えて下さるだけでも構いません。
販売店にも相談したのですがあまり良い返事がありませんでしたのでここで相談したしだいです。この嫌な音が演奏の邪魔になって困っています。

・ジーッという音
・アンプのGAINやボリュームを0にすると消える
・楽器のボリュームを0にすると消える
・楽器の金属部分(弦やブリッジ)に触れると消える
・違う楽器2本で試したが同じようにノイズが出る
・シールドを高品質のもの(モンスターケーブル)に交換してもノイズが出る
・アンプの近くにはテレビなどの家電製品はない

です。
もっと詳しい状況が必要でしたら追記します。

どうぞよろしくお願いします。

半年ほど前にGALLIEN-KRUEGERのMB150Eというコンボタイプのベースアンプを購入しました。
ここ2ヶ月ぐらい前から急に「ジーッ」というノイズが発生するようになりました。私はあまり機材の構造などに詳しくなく、とりあえず自分のできる範囲でいろいろ条件を試してみたのですが、下に挙げた事は分かりました。
これらのことからノイズの発生原因とそれをなくす方法を教えていただきたく思います。ヒントや参考ページを教えて下さるだけでも構いません。
販売店にも相談したのですがあまり良い返事がありません...続きを読む

Aベストアンサー

No.3の回答者です。
厄介な症状ですね。解決につながるか自信がなくなってきましたが、私のできる範囲でアドバイスさせていただきます。
長くなりますが、ご了承ください。

一つ一つトラブルシューティングして見ましょう。
すでに、試しておられる可能性が高いですが念の為記入します。
チェックにお金・手間が掛からない順に・・・

1.ノイズの出ている状況で蛍光灯のスイッチを切ってみてください。これでノイズが消えれば、蛍光灯が原因です。正確には蛍光灯の安定器。蛍光灯が古いものだとこれが原因の事が多いです。
蛍光灯を替えるのもありですが、現実的にはノイズサプレッサー等のエフェクターを使うのが妥当でしょう。ロックトロンのハッシュ等が有名です。(高いけど・・・)

2.3Pコンセントのアースチェックは触るだけではダメです。
地面に直接つながっている金属の物に触れさせてください。
水道の蛇口が手っ取り早い。届かなければ針金、銅線などで延長。
これで消えれば、アースをきちんと取る。

3.試した楽器のチェック。
別のアンプに繋いでチェック。
一応両方チェック。パッシブのシングルP.U.はノイズを拾いやすいですが念の為に。
楽器屋さんには申し訳ないですが、アンプ購入を検討するふりをして。実際、アンプで困っているのですから、買い換えようか迷っていると言っても良いかもしれません。
プロなりの意見が聞けるかもしれませんし。
楽器に問題がなければ、いよいよアンプに原因があると見るべきでしょう。

ちょっと倒しただけと思っていても、支障が出ることもあります。
(それが原因でナゾのハウリングを起こし、原因に気付かないまま使い続けて超音波と不名誉なあだ名を頂戴した先輩がいました。)

ショップにリペアを依頼する前に、ジャックの清掃をしてみてください。できれば接点復活剤も使って。
(接点洗浄剤ではありません。お間違えなく!)
リペアを依頼した場合、見積もりだけでも4000円から5000円掛かる事が多いです。
分解してチェックする為、手間と時間がかなりかかる為です。
ご注意を!

No.3の回答者です。
厄介な症状ですね。解決につながるか自信がなくなってきましたが、私のできる範囲でアドバイスさせていただきます。
長くなりますが、ご了承ください。

一つ一つトラブルシューティングして見ましょう。
すでに、試しておられる可能性が高いですが念の為記入します。
チェックにお金・手間が掛からない順に・・・

1.ノイズの出ている状況で蛍光灯のスイッチを切ってみてください。これでノイズが消えれば、蛍光灯が原因です。正確には蛍光灯の安定器。蛍光灯が古いものだとこれ...続きを読む

Q小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。
・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。

ライブハウスとしてはキャパが100人程度以上の所で
ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。

ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。

おそらく回答は少ないと思いますが、実体験を伴わない一般論は不要です。
サイトリンクでも内容が合っていればOKです。


質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、
どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。
自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、
今回はライブでの使用を検討しています。

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須...続きを読む

Aベストアンサー

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。

猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて)

PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。
この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。

今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。

背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。

これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。
ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。
15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。

屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。
その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。
ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。

なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。
うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。

ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。
それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。
キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリ...続きを読む

Qコンデンサの良品故障品の区別

テレビが故障してしまって修理しているところです。音声が時々でないという症状です。

コンデンサが原因だろうと考えました。コンデンサを外見から見ても特に問題は無いのですがテスター等を利用して故障しているのかは確認することはできますでしょうか?

Aベストアンサー

テレビを修理するという分はあえて無視(「素人によるテレビの修理は危険だ」と私は一貫して述べていますが、いい加減にウンザリしてきましたから)して、端的にコンデンサの良否を判定する方法だけ述べさせてもらいますが、

まず、コンデンサが不良状態になる原因としては、低格を超えた電圧が加わったことによる内部ショートや、電解液の劣化や減少が主に関係しています。
電気的に良否を判定するには、必ずコンデンサーを基板から取り外した状態で測定器をあてます。専用の測定器があるのですが、テスターで直流だけ加えて簡単に判断する方法もあります。コンデンサーの両端をあらかじめショート(容量が大きい場合は数百オームの抵抗を接触させる)させて電荷を抜き、抵抗測定レンジにしてテスターの+極をコンデンサーの+極に、マイナス極同士も同様に接触させた状態で、メーターを読み、時間とともにメーターの表示が大きくなっていけば大まかに言って良好です。最終的な表示は大きいほど良い(一般的に数キロオーム程度)ですが無限大にはなりません。針の触れが変化しないようだと不良と判断できます。テスターはデジタルでもアナログでもどちらでも構わないです。電気過渡に関する知識がお有りならもっと正確に判断できるでしょう。

テレビを修理するという分はあえて無視(「素人によるテレビの修理は危険だ」と私は一貫して述べていますが、いい加減にウンザリしてきましたから)して、端的にコンデンサの良否を判定する方法だけ述べさせてもらいますが、

まず、コンデンサが不良状態になる原因としては、低格を超えた電圧が加わったことによる内部ショートや、電解液の劣化や減少が主に関係しています。
電気的に良否を判定するには、必ずコンデンサーを基板から取り外した状態で測定器をあてます。専用の測定器があるのですが、テスター...続きを読む


人気Q&Aランキング