見守り電球またはGPS端末が特価中!

プラグインパワーの電源供給の仕組み

エレクトレットマイク等に電源を供給する仕組みがあると思いますが、それは送った直流電圧が乗ったケーブルに交流が戻ってくるのでしょうか。
その供給する側の中身の回路ですが、その先でコンデンサ等で直流をカットして交流分だけを取り出す下図の様な感じになるのでしょうか。
またプラグとジャックを接続する時にショートするような事はないのでしょうか。
よろしくお願いします。

「プラグインパワーの電源供給の仕組み」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1さんの提示された


http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/ABA …
に書かれているとおり、回路図の左側の点線で囲まれた部分がコンデンサーマイクユニットで、ここから2つの端子(マイク端子1・2)だけが出ていて、右側のアンプ側につながっています。
この回路を見てもらえれば2極になっていることがわかるとおもいます。
要するに、マイクから出ているコードは「2本」でよいことになります。
ステレオの場合、マイク端子2の側を共通(グランド)にしてもう1本増やして3本にすることになります。

> またプラグとジャックを接続する時にショートするような事はないのでしょうか。
回路図のとおり、電源は抵抗Rを通るのでショート(短絡)はしません。逆に、この抵抗があるので、信号を乗せることが出来ます。(抵抗が無ければ電源電圧に固定される)
例えるなら、地面(グランド、ゼロボルト)に柱を立ててその上(+電圧)に皿を置いたときに、柱が石だったら皿を上下することは出来ないが、柱がばねで出来てれば皿は上に乗せたものの重さで上下するのと似ています。抵抗を使うことによって「電源電圧に対して緩く」固定された状態になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pochi2tama様

見落としていた箇所に改めて気づかせて頂きありがとうございます。
明瞭な回答をありがとうございました。

お礼日時:2010/04/21 19:18

はじめまして♪



1組の電極で違う電気信号が流れる事に疑問をお持ちのようですね。

電線に流れる電気を直流と交流、さらに使い方のよってはパルス信号等が重複利用できます。(大昔の黒電話は全くこの原理で、パルスでベルを鳴らし、交流で音声信号、直流で受話器の上げ下げなど、、)

実際の動作とは違いますが、プラグインパワーの動作を単純化してみますと、、、

音声信号は交流ですので、例えばプラス1V~マイナス1Vの範囲だと仮定します。
そして、必要な電源が10Vだと仮定してみますね。

そうしますと、全体の信号は9V~11Vの電気が行き来することになります。

そこで、直流を通さない(交流だけ通り抜ける)コンデンサーを経由させると、10Vの直流分が通れず、交流分のマイナス1V~プラス1Vだけが通り抜け、音声信号だけが取り出せます


マイク側では必要な直流だけを回路上利用しますので、コンデンサーとは逆な性質の交流は通りにくいけれど直流はそのまま、と言うコイルの特性を利用する事で直流分を利用出来る物です。

原理的にはこんなものですが、実際の製品ではコンデンサーは利用されていますがコイルは微小部品化が難しいため、等価回路(同じような機能の回路)を使って電源を確保しています。


あ、そうそう、BSやCSのパラボラアンテナもアンテナ側に回路が有るので、レコダーやテレビから直流電気を送っています。

ついでに、ADSLと言うネット回線では、電話線の同じ交流部分ですが、周波数を変えて音声信号と通信信号を使い分けています。(スプリッターと言う部品が相当しますね)

オーディオのスピーカーで高音用と低音用のユニットに それぞれに適した周波数だけ通して、不要(有害)な周波数をカットする為に内部には周波数分割回路(これは、ほんとに理論通りで、コンデンサーとコイル、レベル合わせなどに一部抵抗などの組み合わせ)が入っています。 最も単純な構成は低音用スピーカーにコイル、高音用スピーカーにコンデンサーですよ。 この場合、スピーカーの端子に乾電池を繋ぐと、直流は低音用のユニットを前後どちらかに動かす効果が有りますが、高音用のスピーカーには無関係です。
(厳密には、電池との接触の瞬間は高域成分と成る為、一瞬だけ影響を与えますけれどね。)

蛇足が多く成ってしまいましたね。ごめんなさい。

もう一点、接続時に一瞬ショートしないか?
 プラグの形状で、絶縁部分のリングが有りますので、この部分がマージンと成り、ショートが起きないようになっています。
でも ステレオミニタイプの場合、厳密な規格が制定されていないため、ショート事故の危険性は完全に否定出来ないかもしれません。 しかし、一瞬のショートでは機器の破壊に成らない程度の電圧と電流ですから、よほど粗悪品を使ったり、あえて半刺ししたりしなければ問題ないでしょう。

ちなみに、プロ用のコンデンサーマイクは48Vの電圧を標準としています。この位の電圧ですと、感電した時に運が悪ければ脳しんとうを起こし、バタンと倒れる時に打ち所が悪いと生命にかかわります。このため、接続はキャノンとかXLRと言う端子を利用するので安全度が高く成っていますね。でも、ハイヒールの歌手がケーブルを踏みつけて、隣の演奏者が感電事故!なんて事は有るんですよ。

ま、USBっケーブルにも流れている5V程度じゃ滅多に人体に影響が出ないので、安心して下さい。指で触れても何も感じない事が多いので、敏感な舌で触れるとビリビリ来ますよ(笑)
 さすがに9V電池(006P)は刺激が強いらいいので、私も怖くて試した事有りませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

iBook-2001様

おかげで疑問を晴らす事ができました。
余談もとても参考になりました。そう言われると成程と思いますね。
さらに疑問というか好奇心が出てきますが・・・。
親切に教えていただき回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/21 19:16

参考URLの「エレクトレットコンデンサマイクロホン(ECM)動作回路図(29 KB)」に回路例があります。



FET Impedance converter に+Vsから抵抗Rを介して電源を供給し、Cを通した所から音声信号を取り出します。

http://industrial.panasonic.com/www-cgi/jvcr13pz …

参考URL:http://industrial.panasonic.com/www-cgi/jvcr13pz …

この回答への補足

P0O9I様

回答ありがとうございます。
早速教えて頂いた回路例を拝見したのですが、そこでまだ気になる点がありました。
この場合は3極あるようですが、例えば下記の製品ですとプラグ部分がモノラルになっているので、2極だと思うのです。
その場合、電源と信号が一緒になっているように思うのですが、電源の供給側はどのように信号を取り出しているのでしょうか。
私自身よく分かっておりませんので、見当外れな質問でしたら申し訳ございません。

http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …

補足日時:2010/04/20 17:56
    • good
    • 1
この回答へのお礼

P0O9I様

pochi2tama様に回答を頂き再度見直したところ、私の見落としがありまして申し訳ございませんでした。
回路例は参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/21 19:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラグインパワー方式のマイクに電源を付けるアダプターを探しています。

プラグインパワー方式のマイクに電源を付けるアダプターを探しています。
オーディオテクニカのAT9942というプラグインパワー方式の小型のガンマイクを家庭用のビデオカメラ(Xacti DMX-HD2000)に繋いでいます。
ピンマイクも同時に使う必要があったので、電源の要らない小型ミキサー(アツデンCAM-3III)に二つのマイクを経由して、Xactiに繋ごうとしたのですが、うっかりしていてミキサーがプラグインパワーマイクに非対応なことを忘れていました。
ミキサー自体は小さいので気に入りましたが、AT9942が使えません。AT9942を非プラグインパワー方式にできる電源の付いたアダプターというかパワーモジュールのようなものって存在するのでしょうか。
ご存知のかたがいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

プラグインパワーは、大雑把に方式が2つあります。
・分離式(3線)…PCマイクなどのモノラルマイク向き
・重畳式(2線)…ステレオマイク向き

質問者さんの提示したMICはWEBで見てみたところモノラルマイクで3線式のようですね。自作も可能(電池・ジャック・プラグ。抵抗とコンデンサが必要な場合もあり)ですが、いっそのことプラグインパワー対応のミキサーを使ったほうが良いように思います。(CAM-3IIIが無駄になってしまいますが)
例えば、マイクと同じメーカーのオーディオテクニカでも、
http://www.audio-technica.co.jp/products/dj-plus/at-pmx5p.html
があります。

#プラグインパワーはメーカー(製品)によって互換性が保証されない場合もあるので注意が必要です。

という事で
> 電源の付いたアダプターというかパワーモジュールのようなもの
結局ミキサーになってしまうのかもしれません。

と書きながら探していると、またまたオーディオテクニカですが
http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/pc/atc-h4com.html
このページの下のほうに「外部電源アダプター」というのがみつかりました。が、すでに生産終了でした。これが使えるのかどうかはわかりませんがボタン電池を入れて使うものであれば使えたのかもしれません。

プラグインパワーは、大雑把に方式が2つあります。
・分離式(3線)…PCマイクなどのモノラルマイク向き
・重畳式(2線)…ステレオマイク向き

質問者さんの提示したMICはWEBで見てみたところモノラルマイクで3線式のようですね。自作も可能(電池・ジャック・プラグ。抵抗とコンデンサが必要な場合もあり)ですが、いっそのことプラグインパワー対応のミキサーを使ったほうが良いように思います。(CAM-3IIIが無駄になってしまいますが)
例えば、マイクと同じメーカーのオーディオテクニカでも、
http://ww...続きを読む

Qプラグインパワー対応マイクを非対応のレコーダーに接続する方法

質問失礼いたします。

先日zoomのレコーダー「H4」を手に入れました。
http://www.zoom.co.jp/japanese/products/h4/
しかしプラグインパワー方式マイクには対応していないということが分かり、別に電源を供給できる装置がないか調べたのですが知識に乏しくどういった物なのかわかりません。
私的には下記リンク先のような物だと思っているのですが…。
http://www.audio-technica.co.jp/products/dj-plus/at-ma2.html
(ただ、RCA型の端子はH4には見当たりませんし、野外録音でも使えるようACアダプタではなく、乾電池で持ち運べるものが希望です。)

私の知識、情報収集不足が原因で大変恐縮でありますが、もしよろしければ上記の希望に合うような物はあるのか、もしあるのでしたら教えてはもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

No.2ですが…

質問者の方がお使いになりたいマイクが、No.4の方へのお礼文に書かれているHM-250ということでしたら、残念ですがちょっとH4に対しては繋ぎようがないです。
また、No.3の方のご回答にあるH4ADPも、端子の仕様が全然違うので、仮に入手可能でもH4に適用できませんし、もちろんマイクロホンアンプAT-MA2も、HM-250とは仕様違いでこれも使えません。

残念ですが、HM-250はSANYO製専用というわけではないものの、現在では「ICレコーダ」や「小型MDレコーダ」でのみで使われているといって良い「プラグインパワー対応ステレオマイク専用端子」でないと使えない仕様です。ZOOMではH2だけがこの規格に対応していますが、他のレコーディング機器では対応していないのが普通です。

会議録音やライブを録る用途なら、No.4の専門家の方のおっしゃるとおりで、内蔵マイクでもかなりの高感度、高音質で録音できますから、目立たないような置き方や持ち方を模索される方がいいんじゃないのかな…と。

どうしてもHM-250を使いたいとなると、
・No.3の方ご紹介情報を参考に給電回路を、それもHM-250の出力をLR2系統に分割して出力できる回路として自作する
か、
・「プラグインパワー対応ステレオマイク専用端子」を持った機器を経由してH4にステレオ2系統で接続する
か…しか思い浮かびませんが、前者は難しいのはごもっともとしても、後者なら対応端子付きのICレコーダ等を新たに購入することと同じですから、あまり現実的ではないでしょうね。

ネガティブな助言しかできなくて申し訳ないですが、かようにH4にHM-250を繋ぐのは、ちょっとハードルが高いです。

No.2ですが…

質問者の方がお使いになりたいマイクが、No.4の方へのお礼文に書かれているHM-250ということでしたら、残念ですがちょっとH4に対しては繋ぎようがないです。
また、No.3の方のご回答にあるH4ADPも、端子の仕様が全然違うので、仮に入手可能でもH4に適用できませんし、もちろんマイクロホンアンプAT-MA2も、HM-250とは仕様違いでこれも使えません。

残念ですが、HM-250はSANYO製専用というわけではないものの、現在では「ICレコーダ」や「小型MDレコーダ」でのみで使われているといって...続きを読む

Qプラグインパワー方式のMIC端子にコンデンサマイクは接続できますか?

SONYのDATウォークマンTCD-D100にオーディオテクニカのガンマイクAT815bを接続してみたいのですが、DAT側はプラグインパワー方式にも対応しているため1.5Vくらいの電圧が掛かっており、コンデンサタイプのマイクのようにデリケートなマイクは壊れてしまうからやめたほうがいいと聞きました(ある店員さんから)。

初心者なのでよく分からず困っています。どなたか原理等教えていただければありがたいのですが。

Aベストアンサー

コンデンサーマイクが特にデリケートというわけではありませんが、コンデンサーマイクではほとんどの場合アンプを内蔵しているので、アンプを破壊してしまう可能性があります。

インピーダンスが不明ですのでハッキリとした値は出せませんが、マイクの回路のホット(プラグの先端にあたる方の配線)側に直列にコンデンサーを入れることでマイクに直流電圧がかかってしまうことは避けられます。できるだけ周波数特性の良い物で容量の大きな物(最低でもタンタルコンデンサーか可能であればフィルムコンデンサーが良いでしょう)を入れれば周波数特性の劣化も少なくてすむでしょう。コンデンサーは直流を通しませんのでマイクに本体側からの電源電圧がかかることは防げるのですが、容量や種類の選択を誤ると音質が劣化してしまいます。本来ならこのような場合はバッファーアンプを入れるべきなのですが、簡便な説明で回路設計まで解説することは不可能なので割愛します。マイクトランスを用いる方法もあるのですが、トランス自体が入手しにくい部品である上に特性の良い物は結構高価なのでこれも省きます。

Qプラグインパワー方式の録音マイクを、そうではないPCに繋いでもマイク・

プラグインパワー方式の録音マイクを、そうではないPCに繋いでもマイク・PCは故障しないですか?

もし、プラグインパワー方式の録音マイクをそうではないPCに繋いだとしても自分の考えでは、
マイクに電気が流れないからマイク・PCは壊れないと思うのですが、この考えで
合っていますでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆に、「プラグインパワー方式ではない内蔵マイク端子を持つPC」というものの方が、普通は考えられません。内蔵マイク端子が「プラグインパワー式マイク用」である事が、PCの製造上の規格ですから。
規格外れのPCというものは、かなりのパワーユーザーの「規格外完全自作機」でも無い限り存在しません。少なくともメーカー製のPCは、内蔵のマイク端子はすべてプラグインパワー式でないと、むしろダメなのです。

あくまでも「PC以外」の、プラグインパワー式ではない「フォン端子仕様のマイク端子」を持つ機器であれば、その端子にプラグインパワー式のマイクを繋いでも、それは確かに機器は壊れません。マイクが稼働しないだけです。

ただ、プラグインパワー式のマイク端子は(一部はメーカー独自仕様や、携帯電話用などの別規格はあるが)基本的には『3極ミニフォン』です。
で、プラグインパワー式ではないフォン仕様のマイク端子は、本当に滅多にない特殊仕様の物を例外として、ほとんど全ては『2極標準フォン』です。

一応は、使うマイクによって端子の形状もサイズも違う規格になっています。
間違ったマイクを繋ぐことがないように…という製作者側の配慮のうちなんですが、変換プラグという小便利なもののせいで、無茶苦茶な繋ぎ方ができてしまうのが難しい所ですけどね。

逆に、「プラグインパワー方式ではない内蔵マイク端子を持つPC」というものの方が、普通は考えられません。内蔵マイク端子が「プラグインパワー式マイク用」である事が、PCの製造上の規格ですから。
規格外れのPCというものは、かなりのパワーユーザーの「規格外完全自作機」でも無い限り存在しません。少なくともメーカー製のPCは、内蔵のマイク端子はすべてプラグインパワー式でないと、むしろダメなのです。

あくまでも「PC以外」の、プラグインパワー式ではない「フォン端子仕様のマイク端子」を持...続きを読む

Qヘッドホン出力とライン出力の違いについて

ヘッドホン出力とライン出力の違いがわかりません。
それとインピーダンスというものもよくわかりません。

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワーアンプ
 ↓ 実際に耳で聞くための信号
 ↓ 好きなように音量を調整する。
4.スピーカー
 ↓ 音を出す装置
 ↓ 基本的にスピーカー出力とヘッドホン出力は同じですが、
 ↓ インピーダンスが違います。
5.耳で聞く

インピーダンスは抵抗です。
プレイヤーからアンプ、スピーカー、そして耳に至る間に、機器同士の相性を合わせる必要があります。

大きな音(信号)の装置と小さな音の装置をつなぐには、その信号の強さを調整しないと音が流れなかったり、逆に流れすぎることがあって、最悪は壊れます。

例えば、スピーカーのインピーダンスを4オームから8オームに変えると音が小さくなります。
インピーダンスの大きなスピーカーを鳴らすにはパワーアンプの出力を上げる必要があります。

本当に大まかです。
ヘッドホン出力にラインをつないだら、音が大きすぎるので抵抗を入れる必要があります。
ライン出力にヘッドホンをつなぐと、上記の3.のパワーアンプが無い状態と同じです。

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワー...続きを読む

Qビデオカメラのプラグインパワーマイク端子について

先日、ハイビジョンカメラを購入しました。

カメラ内臓のマイク(カメラに後付けするのも含めて)では無く、別のステレオマイクを使用したいと思っています。
カメラに付いているマイク端子(プラグインパワータイプ)についてなのですが、この端子に、別のステレオマイクが接続されたオーディオミキサーから出力した音声ケーブルを接続しても大丈夫でしょうか?

ちなみにミキサーはFOSTEX社製のMR-8HD(http://www.fostex.jp/INTRO/MR8HD/mr8hd.html)です。

Aベストアンサー

信号レベルやS/N比に関しては他の回答者さんのとおりです。

プラグインパワーによる影響ですが、数ミリアンペア程度で、しかもミキサー出力側は通常DCカットのためにコンデンサが入っているので、まず問題ないと思います。

Qライン出力からプラグインパワー付きマイク端子に接続したい

こんにちは。
ミキサーのラインアウト端子(-20dBv:RCAピンジャック)から、ビデオカメラのマイク端子(プラグインパワー付き:ステレオミニジャック)に接続したいのですが、どのようなケーブルを使用したらよいでしょうか。
プラグインパワーのない端子だったら、単に抵抗入りのケーブルを使用すればよいと思うのですが…。
以前ホームセンターで、プラグインパワーの電流を処分してくれる抵抗入りケーブルがあったのですが、メーカーや型番などを失念してしまいました。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

http://www.victor-service.co.jp/jvc/avcord/Search1.asp?Set=1&Rule=Third&Sort=Sound&SeedNo=1&Visual1=PlPr-MiniSt

CN-202AかCN-40Eだとおもいます。

Qライン入力端子とマイク入力端子の違い

ラジオのヘッドホン出力と、
パソコンのライン入力をつないで、
ラジオの音を、MP3として、
録音したいのですが、
僕のパソコンは、マイク入力端子しかついていないらしく、
実際に録音してみると、聞けないことはないけど、
ノイズだらけで、聞きづらかったです。

そこで、
マイク入力を使って、
外部からの音を、できるだけいい音で、
パソコンに取り込む方法を教えてください。
(できるだけ、お金のかからない方法で…)

あるいは、USB接続の機器が必要なのでしょうか??

Aベストアンサー

マイク入力=0.6mV程度
ライン入力=320mV程度
信号レベルが500倍違います。

そこへ、ヘッドフォンの電力をいくら絞っても信号がでかすぎるから
ひずむんです。

ヘッドフォン出力からマイク端子に入力したいなら
大きすぎる信号レベルを落とすために抵抗入りケーブル(でかい信号を減衰させる)を使わないといけません。

たとえば両方がステレオのミニプラグなら
エレコムのDH-MMT30を使えばOK!
http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_1045_144_504/38471162.html

Qヘッドフォンとインピーダンスの関係

インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが、そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?
そしてインピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?
その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)、SPを外しても出力は8V(=出力0W)ということです。

したがって、SPのインピーダンスが低いほど、同じボリューム位置でも出力が増えるので、(SPの能率の差がなければ)インピーダンスが低いほど音量が大きくなります。

> そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?

同じ電力を伝送する時に

ローインピーダンス:電圧低め・電流多め
ハイインピーダンス:電圧高め・電流少なめ

となります。

> インピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?

「音の善し悪し」というよりは、むしろ経済性の問題です。
例えば仮に(実際とは異なりますよ)、
「インピーダンスを2倍にすると、コストも2倍になる」
としたら
「同じコストで製品を作るなら、インピーダンスを半分にした方が2倍良い物が作れる」
ということです。

現在、SPのインピーダンスは6Ωの物が多いですが、これは
「6Ωだと理想的なSPが設計出来る」からではなくて
「6Ωだともっとも割安にパワーアンプが設計出来る」からなのです。

これが25年くらい昔だと、8Ωが当たり前でした。パワーアンプ(の出力トランジスタ)が今ほどは大電流対応でなかったためです。

更に昔の真空管時代になると16Ωが標準でした。これは、真空管アンプ自体が高いインピーダンス(=高電圧・小電流)で動いていたため、SPのインピーダンスも高ければ高いほど、アンプ(の出力トランス)の設計が楽になったからです。

では、真空管時代に何でもっと高いインピーダンスのSPを使わなかったのか?というと、今度は余りインピーダンスを上げすぎるとSP自体の設計の方が難しくなるからです。
要するに、当たり前のことですが、トータルで低コスト・高性能となるように、各装置間の入出力インピーダンスが定められているわけです。

> その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

インピーダンスが下がるほど、ケーブルの導体抵抗の影響を無視出来なくなります。
ラインケーブル(出力側のインピーダンスで1kΩ前後)よりSPケーブルの方が、音質に対する影響が大きい(・・・と言われている)のはこのためです。

インピーダンスが上がるほど、線間の静電容量によって高域が減衰します。したがって負荷(10~500kΩ)に電流を流す必要のないライン出力でも、出力インピーダンスは1kΩ位まで下げておいて、高域減衰を防いでいます。

とはいえ、インピーダンス1kΩと8Ωでは大差が生じますが、6Ωと8Ωではどうという程の差はありません。
(パワーアンプの見かけ上のスペックが向上するだけです)
通常使用では気にする必要もないと思います。

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)...続きを読む

Qライン出力をマイク入力に接続したいんですが

あるサイトに
「ライン出力端子とマイク端子をつなぐ場合マイク入力端子しかない場合が
あります。そのときは「抵抗入りのケーブル」を使うことでライン出力端子と
マイク入力端子をつなぐことが可能です。」

とあります。できたら自作してみたいんですがどういった抵抗を挿入すれば
いいのかおしえてください。自分の場合、FM送信機のマイクのところに
ライン出力をつないでFM電波を飛ばしたいとおもっています。

なお音質的にはそれほどこだわっていませんし、ちょっと実験をしてみたいのですが。

Aベストアンサー

テスト程度であれば下のように配線ください
なを音量は100kで調整してください



ライン出力--100kΩ--1μF--マイク入力
           |
           1kΩ
           |
アース--------------アース

または
ライン出力--10kΩ--
           |
           10kΩボリューム-1μF--マイク入力
           |
アース--------------アース


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング