「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

真空管アンプの整流用に5T4を使っていますが、互換性のある球があれば教えて下さい。
5T4がなかなか見つからないのとメタル管なので視覚的に面白みがないのもあります、よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

5U4Gがそのまま差し換え可能ですよ。


ソケット交換などは必要ありません。
5T4も5U4Gも足の数は5本しかなくても、使用するソケットは
8ピンのUS型です。底面図を添付します。

ただ注意する点は形状が大きくなりますので、スペースの
確認と、それから5T4のフィラメント電流が2Aに対して
5U4Gのそれは3Aのようです。トランスのフィラメント用
巻線に余裕が無い場合はやめた方がいいでしょうね。

ただ私なら文句なくダイオードにしちゃうんですけどね・・・
夢がないと言われるかもしれませんが。
「整流管 互換球教えて下さい」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました、ありがとうございます。

お礼日時:2013/09/20 15:37

整流管のヒーター巻線が2Aしか無かったら、5AR4(5v、1.9A)でも良いでしょう。

但し傍熱型なのでB電圧が出るのに若干タイムラグが有りますが、その分球の保護にもなります。そのまま差し替え可能です。(内部抵抗が低いので電圧が若干高めに出ます。)
もしくはB電源の電流が120ma未満でしたら5Y3GT、170ma程度なら5R4GYもヒーター電流が2Aなので同様にそのまま差し替え可能です。
ヒーター電流が3A迄取れれば前回答者様方の通りで良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よく分かりました。ありがとうございます

お礼日時:2013/09/20 15:35

5T4は秋葉原の真空管販売店にあります。



5T4互換玉

5T4 5ピン 5V3A 450V 250mA 直熱管  全波整流管 

5U4G 8ピン 5V3A 500V 250mA 直熱管  全波整流管  ソケット交換

5Z3 8ピン 5V3A 500V 250mA 直熱管  全波整流管  ソケット交換

5X4G 8ピン 5V3A 500V 250mA 直熱管  全波整流管  ソケット交換
    • good
    • 0

274B/5U4Gらしいです。

下記参考。
http://www.furo-visu.com/s_single2/300Bs-X.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5Z3Pの整流管と5R4との互換について

中国製のコンサートマスターという300Bのアンプを手に入れました。

整流管に中国球の5Z3Pがついていましたが、手持ちのUSA製5R4系(5R4GYなど)に交換したいと思っています。ネットで調べた感じでは直熱管と傍熱管の違いがあれど似たような特性なので互換性があるとあります。

一方、販売元に問合せしてメーカー確認してもらったら、アンプを傷める可能性が高いのでやめた方が良いと言われました。理由がわからないのですが、アンプの何が傷めてしまうのでしょうか? 

過去、QAを見ると傍熱管は起動時の立ち上がりに時間がかかるとあるので、300Bの出力管が傷んでしまうということでしょうか?


ド素人質問で申しわけありませんが、有識者の方々、ご教授いただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回路がわからないので何とも・・・ですが

ネットで「中国製のコンサートマスターという300Bのアンプ」を調べてみました。初段-6N9P(6SL7)、次段-6N8P(6SN7)、出力-300B自己バイアスとなっていましたので、トータルの消費電流は160mA程度、多くても180mAだと思います。これなら5Z3Pに代えて5R4系(5R4GY,5R4GYA、5R4WGBなど)でも十分使用可能だと思います。

5Z3Pと5R4はどちらも直熱管でピン接続も同じです。5R4は内部抵抗が5Z3Pよりかなり高いので出力電圧が1割ほど低下します。アンプ出力も1割低下しますが、出力間300Bにとっては楽な動作になりますのでむしろ寿命には有利です。もちろんアンプをいためてしまうなんてありませんので交換して音の違いを楽しんでください。



蛇足ですが、5R4系の整流管はすべて業務用 軍事用の球で民生規格の球はありません。最大定格の定め方も民生球とは違いますので出力電流値が2割くらい定格を超えても寿命には影響しません。
内部抵抗が高くてあまり人気のない球ですが、真空管最盛期の球が今でも廉価に入手できるので積極的に活用するべきです。ムリにウエスタンの274Bにこだわることもないと個人的には思うのですが・・・

回路がわからないので何とも・・・ですが

ネットで「中国製のコンサートマスターという300Bのアンプ」を調べてみました。初段-6N9P(6SL7)、次段-6N8P(6SN7)、出力-300B自己バイアスとなっていましたので、トータルの消費電流は160mA程度、多くても180mAだと思います。これなら5Z3Pに代えて5R4系(5R4GY,5R4GYA、5R4WGBなど)でも十分使用可能だと思います。

5Z3Pと5R4はどちらも直熱管でピン接続も同じです。5R4は内部抵抗が5Z3P...続きを読む

Q5U4GBと5AR4の互換性

ご質問致します。
現在LUXMANのMB-300を使っておりますが、知人から整流管を、直熱管の5U4GBから、傍熱管の5AR4に交換した方が、電源を入れた直後の300Bに掛かる負担が小さいので、300Bの寿命が延びるよとアドバイスを受けまして、色々と調べて見ましたが未だ明確な答えを見出せずに居ります。
WEの300Bは、非常に高価な球ですので、少しでも長持ちさせたいのですが、交換のリスクも当然有ると思いますので(音質の変化以外に)、専門的な知識をお持ちの方、ご教授を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)
> 整流管を、直熱管の5U4GBから、傍熱管の5AR4に交換した方が、電源を入れた直後の300Bに掛かる負担が小さいので、

これは正しいです。

(2)
> 300Bの寿命が延びるよとアドバイスを受けまして

これは「必ずしも」正しくありません。
5U4GB→5AR4に変更すると、整流管の出力電圧(=300Bへの供給電圧)が10~15V程上がるので、むしろ寿命が短くなる「可能性」さえあります。
(上記(1)の影響もあるので、実際には寿命が長くなるか短くなるのかは不明です)

確実に寿命を伸ばしたいのであれば、5U4GBを5R4(G/GA/WGA等)に交換する方が無難です。5AR4と違い上記(1)の効果はありませんが、(2)が確実に下がるので、寿命は間違いなく伸びます。
但し、5R4は5U4GBよりも平滑コンデンサの最大許容値が小さいので、単に挿し換えた場合には5R4の寿命が短くなる可能性があります。
(300Bに比べれば5R4の方が遥かに安いので、さして問題にはなりませんが)

なお、スペック上では5U4GB→5U4Gに交換しても供給電圧は下がります(というか、下がっているように見える)が、これは平滑コンデンサの容量差によるもので、同じ回路(MB-300)で5U4GBと5U4Gを挿し換えても供給電圧は殆ど変化しなかった(?)と思います。


WE300Bが大事であれば、最初から別の300Bに取り替えてしまって、純正のWE300Bは使わずに大事にしまっておく(いざという時だけに限って挿し換えて使う)、という手もあります。
MB-300は300Bを定格一杯で動作させている、と当時のラジオ技術誌に書いてありましたので、たとえWE球であっても(風説ほどの)長寿命は必ずしも期待出来ませんので。

(1)
> 整流管を、直熱管の5U4GBから、傍熱管の5AR4に交換した方が、電源を入れた直後の300Bに掛かる負担が小さいので、

これは正しいです。

(2)
> 300Bの寿命が延びるよとアドバイスを受けまして

これは「必ずしも」正しくありません。
5U4GB→5AR4に変更すると、整流管の出力電圧(=300Bへの供給電圧)が10~15V程上がるので、むしろ寿命が短くなる「可能性」さえあります。
(上記(1)の影響もあるので、実際には寿命が長くなるか短くなるのかは不明です)

確実に寿命を伸ばし...続きを読む

Qライントランスって何ですか?

カーオーディオに凝っている者です。
先日行きつけのshopでライントランスというものを試してみました。音に深みが出てとても好の音に変わったのですが、どうも製品としては大手メーカーからは販売されていないようです。
ホーム用でもあまり販売されていないようで、昔の製品がかろうじて中古品として取引されてるようです。
なんとか手に入れたいのですが、お勧めの製品を紹介していただけないでしょうか?
それと、そもそも何故ライントランスなるものを装着するだけであんなに音が激変するのでしょうか?
製品として販売されていないことにも疑問が生じました。
簡単でよろしいので教えていただけませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

#1さんの回答でばっちりと思うのですが,専門用語が多めなので,もう少しかみくだきますね。
(その分,厳密さはなくなりますが)
内容は#1さんがおっしゃっているのと同じことです。

<ライントランスとは>
本来の目的は,異なる機器間(例は#1さんの回答にあります)で,信号を劣化なく受け渡しさせるように,間に挿入するものです。ないと劣化する理由は,これも回答にありますが,機器の間でインピーダンスというものが異なっているからで,ライントランスはこれを調整する役割があります。
ちなみに,構造としては,鉄芯に銅線を巻きつけたようなものです。

<つけることによる変化>
これも#1さんがおっしゃっていますが,CDやMDプレーヤとアンプの間に追加で入れる必要はありません。上記のようなインピーダンスの不整合はそれぞれの機器内で対策済みだからです。

しかし,それとは別に,トランスそのものが周波数特性をもっていることによる変化があります。周波数特性をもつ,というのは,信号の周波数により,通しやすい所と通しにくい所があるという事で,つまり,

・元の信号の形が「変わります」

どう変わるかは個々のトランス次第,その他の機器の特性次第,あるいは聴く人の気持ち次第なのですが,一般的な感覚では,「艶っぽくなる」「深みがでる」「音がなまる」「おとなしくなる」といった感じではないでしょうか。
 (#あえて良いニュアンス,悪いニュアンス両方併記しました。)

いずれにせよ,「改善」や「劣化」ではなく「変化」ですので,ご本人の聴いた感触を大事にされればよいと思います。

<入手方法>
製品が少ない理由は,今は需要が少ないからです。しかし,オーディオ自作用,オーディオマニア用に少数ですが新品もあると思います。具体的な例は私はあげられませんが,おそらくインターネットで検索すれば何かひっかかると思います。
その際,ライントランスを入れることの功罪についても,様々な意見を見ることができると思いますので,それも合わせて参考にすればよろしいかと思います。

こんにちは。

#1さんの回答でばっちりと思うのですが,専門用語が多めなので,もう少しかみくだきますね。
(その分,厳密さはなくなりますが)
内容は#1さんがおっしゃっているのと同じことです。

<ライントランスとは>
本来の目的は,異なる機器間(例は#1さんの回答にあります)で,信号を劣化なく受け渡しさせるように,間に挿入するものです。ないと劣化する理由は,これも回答にありますが,機器の間でインピーダンスというものが異なっているからで,ライントランスはこれを調整する役割がありま...続きを読む

Q5AR4 → 274B ???

初心者です、ご教授お願いします。
自分の真空管アンプには5AR4という整流管がついているのですが、
これを274Bに交換は可能でしょうか?
やはり故障の原因になったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、故障の原因になり得ます。

5AR4は傍熱管ですので、B電圧(増幅回路へ行く200~500V位の高電圧=5AR4のカソード出力電圧)がゆっくり立ち上がりますが、274Bは直熱管ですのでB電圧がすぐに立ち上がります。
増幅回路によっては、B電圧がゆっくり立ち上がらないと直結部の電圧関係が狂ってしまう場合があり、一部の球に大電流が流れて寿命が短くなる可能性があります。
(例えば終段が直熱管、前段が傍熱管となっているロフチンアンプ等)

また「WEの」274Bの場合、球の直後の平滑用コンデンサの容量が最大4.7μだか10μFだか程度に制限されていたはずですが、5AR4の場合は制限がないため平気で47μF以上のコンデンサを使っており、そのまま挿し換えたのでは274Bが短寿命となってしまいます。
(但し、中国製の274Bは5U4G相当ですから大容量のコンデンサでも多分大丈夫)

あと故障原因ではないですが、5AR4よりも274Bの方が出力電圧が下がるため、挿し換えるとアンプの最大出力は低下します。


具体的に、どのアンプで載せ換えようとなさっているのでしょうか? 実際の回路が分からないと、大丈夫かどうかの「正しい」判断は出来ません。

それと・・・巷では「WE274A/Bは音が良い」と言われていますが、何でもかんでも274Bにすれば良いというものでもありません。5AR4や5U4GBで定格一杯の電流を流している所を274Bに換えても駄目音な可能性が高いですし(というか、その前に高価な274Bが壊れる)、5R4で定格一杯の電圧を掛けている所を274Bに換えれば(音云々以前に)やはり壊れます。

また「WE以外」の274Bは全て、5U4Gのプリントを変えただけですから「274Bは音が良い」という定評すら当てはまりません。
(音がどう変わるかは分かりませんから、試すこと自体は無駄ではありませんが・・・)

WE274Bなら274自体を壊す可能性があり、WE以外ならそもそも(わざわざ)交換する必然性が(あまり)感じられない・・・というのが個人的な本音ですが、まあまずは「アンプの型番」と「どこのメーカー274Bなのか」を補足頂きたく。


※他回答への補足
整流管とハムバランサは無関係です。

はい、故障の原因になり得ます。

5AR4は傍熱管ですので、B電圧(増幅回路へ行く200~500V位の高電圧=5AR4のカソード出力電圧)がゆっくり立ち上がりますが、274Bは直熱管ですのでB電圧がすぐに立ち上がります。
増幅回路によっては、B電圧がゆっくり立ち上がらないと直結部の電圧関係が狂ってしまう場合があり、一部の球に大電流が流れて寿命が短くなる可能性があります。
(例えば終段が直熱管、前段が傍熱管となっているロフチンアンプ等)

また「WEの」274Bの場合、球の直後の平滑用コンデンサの容量...続きを読む

Q整流管5U4GBについて

6CA7PPモノアンプを組みましたが、整流管5U4GBについて質問します。パワーアンプは3台目で、設計までは出来ません。
傍熱型で良いか?・・・ネットで調べると5U4Gと同じとか、管の記号図?を見ると直熱管のようですし、電源投入後結構時間がかかりますし(=傍熱管?)。
疑問に思ったのは、400Vと400Vのトランスのタップ~5U4GBの2番と8番ピン~47μ~10H~47μ~OPT~6CA7TPPにして6CA7(共通カソード抵抗250Ω)でようやく433Vに成り、ちょっと効率が悪いような気がしたのです。
まあ、音は出てるので良いのですが、気合入れた割りにこんなもの?って感じになりまして。
済みませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 傍熱型で良いか?

直熱管です。

> ・・・ネットで調べると5U4Gと同じとか

同じじゃなくて、上位互換です。
5U4Gを5U4GBに挿し換えるのは問題ありませんが、5U4GBを5U4Gに挿し換える時は(一応)検討が必要です。
(まあ、オーディオ用の場合は殆ど問題ないですが)

ネット上の「素人さん」の情報はあまり当てになりません。
(現に、ここの他回答にも誤りがありますし・・・)
きちんと信頼できる資料を探して、そこから判断する方が間違いがないと思います。

↓で、同メーカーの5U4GBと5U4Gの最大定格を比較すれば、5U4GBの方が最大出力電流が大きいことが分かります。
・5U4G(タングソル)
http://www.shinjo.info/frank/sheets/127/5/5U4G.pdf
・5U4GB(タングソル)
http://www.shinjo.info/frank/sheets/127/5/5U4GB.pdf

> 管の記号図?を見ると直熱管のようですし

その通り。

> 電源投入後結構時間がかかりますし(=傍熱管?)。

「何の」時間が掛かるのですか?
「音が出るまで」の時間であれば、6CA7かその前段管のヒートアップのせいでしょう。5U4であればB電圧そのものは5秒以内に立ち上がっているはずです。

> 疑問に思ったのは、400Vと400Vのトランスのタップ~5U4GBの2番と8番ピン~47μ~10H~47μ~OPT~6CA7TPPにして6CA7(共通カソード抵抗250Ω)でようやく433Vに成り、ちょっと効率が悪いような気がしたのです。

↓の、下から2番目のグラフ(コンデンサインプット型全波整流時の動作曲線)を見て下さい。
http://www.shinjo.info/frank/sheets/093/5/5U4GB.pdf

「5- 400VOLTS(RMS) PER PLATE」の線が「5U4GBを400V巻線に繋いだときの、5U4GBの直流出力電圧」の特性です。
6CA7ppに250ΩのRkということは、Ip(2本分)は概算で100mA位(?)なので、グラフより5U4GBの直流出力電圧は480V得られることになります。

但し、CHでの電圧降下が10V程度(概算)、また(貴方の仰る)433Vというのが6CA7のP-K間電圧であれば、他にRk(250Ω)での電圧降下(25V位?)も引かれるので、

・480V-10V-25=445V≒433V

で、大体「計算どおり」の値です。

> まあ、音は出てるので良いのですが、気合入れた割りにこんなもの?って感じになりまして。

気合を入れる場所が、ちょっと・・・。
電子回路は正直ですから、きちんと設計さえすればほぼ予期通りの値が得られます。しかし、ただ漫然と「評判の良さそう」な部品を集めて来るだけじゃ、結果もなかなかついて来てくれません。

ちなみに、5U4GB→5AR4に変更すると、もう10V程度は稼げそうです。
http://www.shinjo.info/frank/sheets/035/5/5AR4.pdf
(但し、中・露の5AR4は定格不足=内部抵抗が高い物が多いので、日・米・欧の高価な5AR4を使う必要があります)

> 傍熱型で良いか?

直熱管です。

> ・・・ネットで調べると5U4Gと同じとか

同じじゃなくて、上位互換です。
5U4Gを5U4GBに挿し換えるのは問題ありませんが、5U4GBを5U4Gに挿し換える時は(一応)検討が必要です。
(まあ、オーディオ用の場合は殆ど問題ないですが)

ネット上の「素人さん」の情報はあまり当てになりません。
(現に、ここの他回答にも誤りがありますし・・・)
きちんと信頼できる資料を探して、そこから判断する方が間違いがないと思います。

↓で、同メーカーの5U4GBと5...続きを読む

Qカップリングコンデンサの容量は大きくしすぎるとよくない?

以前、カップリングコンデンサの容量を大きくしすぎるとよくない(直流を通過させてしまう?)
という話をどこかで目にした覚えがあるのですが、本当でしょうか?
(どこで目にしたのかは忘れてしまったのですが)

Aベストアンサー

はじめまして♪

回路上の設計にもよりますが、コンデンサーの容量を増やしても直流がそのまま通過する事は一般的にありません。

しかし、設計上の適した容量と言う物が有りますので、むやみに変更する事は止めるべきです。

昔のアナログ回路では実装の電線によるL分やC分なども考慮した回路図からは理解出来ない設計製品も多数有ります。
 
単純に「良い」「悪い」かと 質問されるレベルでは、本質的解決やスキルアップには繋がらないと思います。(なんて おおきな事が言えない 素人です。ごめんなさい。)

Qアンプのカップリングコンデンサについて

アンプのカップリングコンデンサについてですが、
以前容量を0、 047uにしていたら、高音域があまり出ず、0、022uにしたの
ですが、今度は低音がなくなりすぎたので、0、033辺りにし
ようと思ったのですが、今入れているのがもったいないので、並列に
0、011uを入れれば良いと思ったのですが、大丈夫でしょうか?
低 音が出るようになるでしょうか?また0、011を入れたために
高音域も強くなるでしょうか?
また並列の場合の耐圧はどのように計算すれば良いのですか?同じ容量で
大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

カップリングコンデンサといってもどこに入れたものかにもよるのですが、基本的に低音の特性は変わっても高音はそれほど変化はしません。少なくとも可聴周波数の20kHz以下ではほとんど関係ないでしょう。
コンデンサーは低周波数は阻止するが高周波数は通すというのが基本的な特性です。値が大きくなると低音は通りやすくなりますが、高音は同じです。両方のバランスで違うと思うかもしれませんが。

それともしそのコンデンサーがNFBのブロック内であれば尚更変化は小さくなります。NFBの回路は周波数特性をかなりフラットな方向に修正する工夫だからです。

これを並列にするか直列のするかは値が変わることはあっても特性は同じです。もっとも複数を使用すると配線が混乱するのでノイズを拾いやすくなったりしますが。

アンプの周波数特性はコンデンサーはある程度の影響はありますが、基本は十分安定した電源、回路で可能な限りフラットになるような工夫、信頼性の高いパーツ、配線技術などで総合的に決まるものです。

そのなかでのカップリングコンデンサは適正な値を使えばそれほど大きい影響はないと思いますよ。

カップリングコンデンサといってもどこに入れたものかにもよるのですが、基本的に低音の特性は変わっても高音はそれほど変化はしません。少なくとも可聴周波数の20kHz以下ではほとんど関係ないでしょう。
コンデンサーは低周波数は阻止するが高周波数は通すというのが基本的な特性です。値が大きくなると低音は通りやすくなりますが、高音は同じです。両方のバランスで違うと思うかもしれませんが。

それともしそのコンデンサーがNFBのブロック内であれば尚更変化は小さくなります。NFBの回路は周波数特性をかな...続きを読む

Q真空管アンプ電源回路の電解コンデンサ

真空管アンプの電源回路のアルミ電解コンデンサですが、
100μF、350Vと指定されています。
ここに120μF、400Vの部品を使うのは、
何か問題が有るでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

電源の電解コンデンサについては、この値以上のものを
使って下さい!くらいの、意味あいではないでしょうか?

まず、耐圧ですが、これは守って下さい!
それは、ここに掛かる電圧で解るはずです。
400Vでも500Vでも全く問題はありませんが、
大きくなったり、価格が高くなりますので、注意して下さい。

容量ですが。整流が真空管なのか、ダイオードなのか不明ですが、
電解コンデンサは普通、誤差が±20%くらいありますので、
100μFが120μFでも全然問題ありませんし、200μFでも
OKです。
但し、回路上100μFということですから、これを200μF
にしても、あまり意味がありませんし、ハムが減少するということも
ありません。100μFで充分だということですので、せいぜい
120μFくらいにしておけば、良いと思います。

真空管で整流する場合、あまり容量を大きくすると
場合によっては、整流管にダメージを与える場合があります。
容量はむやみに大きくしないほうが、良いでしょう!

Qテレフンケンの真空管で・・・

オークションなどで見かけるテレフンケンの真空管は底面にダイアマークのあるものと無いもので価格が全然ちがうようですが、このダイアマークが付いているものは何がどのように違うのでしょうか??
とくにSQ仕様ではないようですが、寿命が長いとか性能が良いなどの書込みを良く見かけます。
どのような違いがあるのかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

> ダイアマークが付いているものは何がどのように違うのでしょうか??

#1の回答と同じですが、
・ダイヤマークあり:テレフンケンの自社製
・ダイヤマークなし:他社製のOEM、または全く無関係のニセモノ

> とくにSQ仕様ではないようですが、寿命が長いとか性能が良いなどの書込みを良く見かけます。

ECC83/12AX7に限った話です。

寿命が長いというのは、全くのデマです。
ノイズが少ないことは、ほぼ間違いないようです。但しノイズだけの話であれば、他社の選別品(12AX7Aや7025等)の方がむしろ低ノイズの可能性があります。
他の特性は、特に違いはないと思います。

音質が良い、という評判がありますが「音質」というのはあくまで「主観」ですから・・・。

参考URL:http://www1.seaple.icc.ne.jp/mixseeds/p111e.htm

Q管球OPTの1次負荷変更で音色はどう変わりますか?

こんばんわ。
昨日も自作の真空管アンプのことで質問させていただいたものです。さらに分からないことが出てきましたので詳しい方のご教授お願いいたします。

自分のアンプは初段・ドライブ段=6SN7GT、出力段300B 格段ともCR結合、無帰還のごく平凡な回路構成のアンプです。
出力トランスはk無線製のものを使用していまして、1次側インピーダンスは2.5k、2次側インピーダンスは、1、4、6,8,10,16Ω とたくさんあります。

使用しているスピーカーは8Ωのものでして、これを2次側8Ωのタップに接続して聴いていました。メーカーのHPには2次側タップの接続の変更で1次側のインピーダンスを2.5k、3.3k、5kに変更できると書いてあり、実際に4Ωのタップに8オームのスピーカーをつなぎ1次側5kΩの状態で聞き比べてみました。
主観ですが、5kΩで聴くと歪み感が少なくなりボーカルの芯がしっかりして音に艶が出るが、2.5kのときと比べるとレンジが狭いと言うか、なんとなく詰まったような感じがします。ロードラインが寝すぎるとこうなるのでしょうか?

2.5kオームで聴くと、5kのときと比べて歪み感が増えたり、ボーカルの芯が弱くなるような(ぼやけるまでは行きませんが)感じがする反面、音場がかなり広がり音がナチュラルで瑞々しさが出てくるような気がします。

出力トランスの1次側インピーダンスを大きくしたり小さくしたり変化させると、音色はどのように変化するとお考えですか?経験や主観でもちろんかまいません、(科学的にこうだからこう変わると説明していただけると一番ありがたいのですが)

なにぶん自作ビギナーですので分からないことがたくさんあります、詳しい方のご回答お待ちしております。よろしくお願いします。

こんばんわ。
昨日も自作の真空管アンプのことで質問させていただいたものです。さらに分からないことが出てきましたので詳しい方のご教授お願いいたします。

自分のアンプは初段・ドライブ段=6SN7GT、出力段300B 格段ともCR結合、無帰還のごく平凡な回路構成のアンプです。
出力トランスはk無線製のものを使用していまして、1次側インピーダンスは2.5k、2次側インピーダンスは、1、4、6,8,10,16Ω とたくさんあります。

使用しているスピーカーは8Ωのものでして、これを2次側8Ωのタップに接続して聴いていま...続きを読む

Aベストアンサー

動作点を変えないで一次インピーダンスを高くした場合負荷線は寝ることになります。信号によってバイアスが振られるわけですがプレート電流の最大最少の範囲が狭くなるため出力は低くなります。しかし負荷線が寝ることによって直線性がいい方向に向かうため歪は減ることになります。逆に低くした場合は負荷線が立つ為に前とは逆に出力は増えることになりますが程度問題で、バイアスの浅い方でプレート損失をオーバーする場合が有ります。又、バイアスの深い方(浅い方でもですが)での直線性が悪化する方に行きますので歪は増えることになります。
歪方で音色も違ってきますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング