最新閲覧日:

高速で前進すると、ローターの回転方向により、後方から前方へ回る側はよいのですが、反対に前方から後方へローターが旋回するほうは失速しませんか?
そこまで行かなくても、かなり左右で揚力に差ができる気がするのですが。
実際、どのくらいの速度が出せるものなんでしょう?
また、上空でエンジンが停止した時、オート・ローテーションというのでしょうか?ちゃんと着陸できるんですよね?
ある程度制御できるものなのでしょうか?(着陸場所や、降下速度など)
それとも、ただまっすぐ下に落ちる感じなのでしょうか?
ちゃんと、壊れずに着陸できると聞いたのですが。
パイロットは、それも練習するのでしょうか?

このカテゴリーでよいのかわからなかったのですが、よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

>いくら練習をしても、実際にエンジンが止まったら心臓も止まりそうになるでしょうね、きっと。



いえ、高度がなければそれほどではありません。
むしろテールロータのプレートのピッチコントローラがおかしくなったときの方が心臓が凍り付きます。
    • good
    • 0

サイクリックピッチコントロールと言うのですが、ローターのピッチは前後のみではなく左右についても行われています。

ローターは回転によって大気との相対速度を発生する翼なので、中心部分と外周部分で大きな速度差が出ますが、その構造上後反角をつけたり、大きなねじりを加えることができません。そのためローターの翼端が音速に近づくと失速状態に陥り、揚力を発生できなくなります。そのため最高飛行速度は400Km/h程度が限度のようです。
オートローテーションについてはオートジャイロと同様の飛行原理により飛行できます。ただし推力を失っていることと機体重量が重いことがありオートジャイロのよりコントロールは難しいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラジコン機だと、上手にピッチをコントロールして、背面飛行をしますよね、
本物でも出来るんですか?ヘリにも、アクロ用とか、あるんでしょうか?
可能だったとしても、ものすごい技量のパイロットでなきゃむりですよね。

回答下さったみなさまへ。
レスが遅くなってもうしわけありません。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/29 20:55

ローターの左右のピッチに付いてはもう書かれているのでオートローテーションについて。


参考URLで簡単な操作のアニメーションが見れます。
ヘリパイロットはもちろん訓練を行います。

参考URL:http://www.mas-group.com/pilot/challenge/aerodyn …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深いサイトを照会して下さいまして、ありがとうございます。
いくら練習をしても、実際にエンジンが止まったら心臓も止まりそうになるでしょうね、きっと。

お礼日時:2001/03/29 20:48

ヘリコプターが前進する時は、進行方向の左右でローターのピッチを変えて揚力不足を解消しています。


そうしないと機体が傾いてしまいます。
ヘリコプターは、MAX400km/時だそうです。
で、ヘリコプターは、ローターの回転速度がマッハを超えると、衝撃波や色々な干渉で飛行できないようです。

以下は自信ありません。
上空でエンジンが止まった場合、ローターの回転で落下速度は落ちるようですが、高度によっては壊れるでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、マッハで飛ぶヘリがないのはそういうことなんですね。
でも、すくなくとも、「新幹線を追い越す」ことは可能ですね。
左右のピッチを変えて飛んでいるということは、
結構傾いて飛んでいることになるんですかね?
ドアのないヘリなんかは、恐いですね。

お礼日時:2001/03/29 08:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ