ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

オーディオ系の自作を試みているのですが、
A、Bの二系統の回路から出力された音声を最終的にMIXして一系統に出力する回路で、
例えば、回路Aから出てきた音声がMIX部分を逆流して、回路Bに入ってしまうと困る場合、
逆流を防ぐ回路としてどのような物があるでしょうか?
参考になるページなどもありましたら教えて頂けると助かります。
以前、ループセレクターを作る際にも、こちらでお世話になったのですが、
その時は、ロータリースイッチの結線方法を教えて頂き解決しました。
ですが、今回はあくまで回路上で逆流を防止する必要があるため苦戦しています。
宜しくお願いします!

A 回答 (5件)

> 図をみるとバッファ周辺の抵抗を二本通るとエフェクトAから


原音のラインを通って逆流が起きそうなのですが、
それもバッファの働きで防げるのでしょうか?

もちろん,バッファを入れてもいいのですが,そんなことをしなくても,私の書いたような回路ではクロストークはおこりません.OPアンプの加算器というのは,そういう動作なんです.回路としては,あまりにも標準的な使い方で,芸のかけらもありません.
技術的に言うと,OPアンプの + 入力をグラウンドに落としてあるので,imaginary short によって - 端子もグラウンドレベルです.したがって,原音出力端子もエフェクト出力端子も単に抵抗でグラウンドに落としてあるのと等価です.あたりまえですが,グラウンドを通してのクロストークはおこりえません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!です^^
納得できました!
大変助かりました。ありがとうございます!

お礼日時:2009/06/23 18:56

逆流防止に使われるのは半導体などの能動素子です。


ラインレベルなら各入力をそのまま抵抗ミキシング回路に入れて受けるのにオペアンプや半導体を使えば大抵は大丈夫です。完璧を期するなら各入力ごとにバッファを設置すれば抵抗ミックスのあとに能動素子を置かなくても成り立ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
NO.2の方がおっしゃっているように、
MIX前にバッファを置けば逆流が防げるのですね。
図をみるとバッファ周辺の抵抗を二本通るとエフェクトAから
原音のラインを通って逆流が起きそうなのですが、
それもバッファの働きで防げるのでしょうか?

お礼日時:2009/06/23 13:43

No.2の回答者が指摘されているのと同じ絵(もっと単純)ですが...



というか、これはけっきょく2台のエフェクタを作るのと同じなので、あえて1つの箱の中に2つのエフェクタを入れる必要性がないと思うのですが?

切り替えて使いたいということなら、エフェクタ回路に入る前(分岐前)と、出力の(1)(2)の後ろに、それぞれ切り替えスイッチを入れます。2回路のスイッチを使って連動させれば良いでしょう。
「音声の逆流防止回路は作れるでしょうか?」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい図解ありがとうございます!

お礼日時:2009/06/23 13:39

こんなん作ればいいかと

「音声の逆流防止回路は作れるでしょうか?」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
大変参考になりました!

お礼日時:2009/06/23 13:38

オペアンプを使った加算回路の入力に回路Aと回路Bの出力をつなげばよいだけだと思うのですが、質問者さんはオーディオ出力をハードワイヤリングで直接つなぎたいと仰られているのでしょうか。


最近のアンプは出力側に入力信号をつないでも壊れることはありませんが、音質が悪くなる原因ですのでやめましょう。そういった理由もあり「逆流防止」を思いついたのであれば、方向性としては大正解です。
オペアンプを使った回路を自作できないのであれば、オーディオミキサーのキットを探してみてください。回路の説明があるキットであればベストです。こういうものは電子回路キットを探せばきっと見つけられると思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
少し説明不足ですみません。
具体的にはエフェクトを掛ける回路なのですが、
エフェクト回路がA、B二種類、出力が(1)、(2)二系統あり、
エフェクトAは出力(1)だけ、Bは(2)だけから出力されるようにしようと思っています。
ここまでなら問題は無いのですが、出力(1)、(2)の両方に原音をMIXしようとした場合、
単純に原音を(1)、(2)の両方に繋いでしまうと、結果的にどちらの出力からも、
両方のエフェクトが出てしまうことになってしまいます。
この状況を回路内で解決したいのですが…
いい方法はありますでしょうか?

補足日時:2009/06/22 04:58
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーディオミキサーの回路図について

複数のステレオ音声入力を合成する、いわゆるパッシブミキサーを探しているのですが、既製品ではDJ用の高価なものしかないので、多くの方が紹介している電子工作によって自作をしようと、電子工作の入門書を購読しているところです。

ネット上に私が実現したい機械を実現できるとおぼしき回路図があったのですが、「Chassis Ground」の取り扱いについてわからないので、質問をしました。手元の入門書では「すべてのグラウンドは一つにまとめて接続する」とあったのですが、この回路図ではGNDはひとつしかないので、この場合はどう解釈して配線すればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

図のように入力側も片側(コールド側)をアースしなければ
だめです。

>「すべてのグラウンドは一つにまとめて接続する」
これは一点アースといってハム音(ブーンという音)が
出たときの回避方法のひとつですね。
具体的には、AとBを同じポイントでアースに落とします。
ハムが出なければ一点アースの必要はありません。

でもボリュームに500KΩを使っているように見えるんですが・・・
これってもしかしたら真空管用のミキサー回路ではないですか?

Qオーディオ用(ラインレベル)の簡単なミキサーを自作しようと思っています

オーディオ用(ラインレベル)の簡単なミキサーを自作しようと思っています。

ただ、一つ疑問があるのですが、一般的のミキサーの回路では増幅素子に「オペアンプ」を
使用することが多いですが、「オペアンプ」を使うことは必須なのでしょうか?

オペアンプを避けたい理由といたしまして、オペアンプの場合「正・負」の両電源が必要
ということもあり、電源回路が複雑になるためです。

パッシブ素子(抵抗やトランス等のみ)だけでミキサーに順ずる回路を作れることは知っていますが、
「インピーダンス」や「信号そのもののレベルや質の低下」という問題があり、この様な回路は、
避けてたいと思っています。

私が考えている回路としましては、入力段は15kΩの抵抗で3つのオーディオ信号を合成し、FET(2SK30A)1石を使用した簡単な増幅回路で増幅し、FET(2SK30A)1石のソースフォロワによるバッファに直結させ、100kΩの可変抵抗器を解して(出力アッテネーターとして利用)出力するというものです。

また、ミキサー以外にオーディオ信号の分配器(スプリッター)も自作するのですが、その分配器の出力側でレベルを調整し、ミキサー回路の入力側のアッテネーターは無視しようと思っています。

一応、我流ですが、自分なりに回路図を描きましたのでアップしておきます。
ただ、これ以上サイズを大きくすることができないため、読めないという指摘があるかもしれませんが
ご了承ください。
(回路図が読めなければわかる範囲でもいいですのでアドバイスをおねがいします。)

尚、使用目的に関しましては、先ほども述べましたが、ギター用のエフェクトシステム(具体的に原音とエフェクト音の合成)での
使用です。使用するエフェクトシステムはラックタイプで出力レベル等は「+4dbmと-10dbm」の両方の切換が可能なタイプです。

尚、回路設計に関しましては初心者同然ですので、回路図に間違いもあるかも知れません。
ご了承願います。

オーディオ用(ラインレベル)の簡単なミキサーを自作しようと思っています。

ただ、一つ疑問があるのですが、一般的のミキサーの回路では増幅素子に「オペアンプ」を
使用することが多いですが、「オペアンプ」を使うことは必須なのでしょうか?

オペアンプを避けたい理由といたしまして、オペアンプの場合「正・負」の両電源が必要
ということもあり、電源回路が複雑になるためです。

パッシブ素子(抵抗やトランス等のみ)だけでミキサーに順ずる回路を作れることは知っていますが、
「インピーダンス」や「...続きを読む

Aベストアンサー

> 「オペアンプ」を使うことは必須なのでしょうか?
もちろん「必須ではない」です。が、回路設計が楽、部品点数が少ないので、部品代、工数が削減されるので、量産に向いてます。温度補償やばらつきが少ないのいうこともあります。


> 「正・負」の両電源が必要ということもあり…
電池駆動や安価な製品では、オペアンプを片電源駆動で、信号ラインを中間電圧に吊って動作させているのがほとんどです。中間電圧もオペアンプで作れますから。
出力はコンデンサで直流カットして取り出すので、電源ON/OFF時にポップノイズ対策が必要になります。
もちろん直流(に近い周波数の)信号まで対応しようとすると片電源では難しいですが。

Qステレオ→モノラル の変換プラグの合成方式について

Amazon などで
ステレオ→モノラル
の変換プラグは色々な商品が売られているようですが、
これは一般に
ステレオの左右両チャンネルを合成してモノラルにしているのか、
左右のどちらかのチャネルのみを取り出してモノラルにしているのか、
どちらなのでしょうか?

教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.10です。

「カセットデッキの出力=ヘッドフォン端子」ならどこが違うかというと、普通は「カセットデッキの出力=RCA端子」です。
RCA端子にはデッキの最大出力が出ていますので、それを左右ショートしてしまうことは(実際には大したことありませんが)一応問題だと言うことになります。
ところが、ヘッドフォン端子は必ず音量調節をするものなので、通常は最大出力を出すことはありません。
つまり、「最大出力を抵抗で落としている」ということになるので、自然に出力が保護され、左右をまとめても問題ないわけです。

そして、音量調節ができるため、パソコンに過大入力を入れることもありません。

ご紹介したケーブルの内、下の形のもので「抵抗入りでない」ものをお求めになり、それをステレオ-モノラル変換プラグでパソコンにつなげば、ほぼ完璧ではないかと思います。

http://www.sony.jp/av-cable/products/RK-G134/

ヘッドフォン音量は最低から少しずつ上げていって、歪まないところで余裕をもって止める。
あとは、パソコン側で音量を調整するという手順になります。

No.10です。

「カセットデッキの出力=ヘッドフォン端子」ならどこが違うかというと、普通は「カセットデッキの出力=RCA端子」です。
RCA端子にはデッキの最大出力が出ていますので、それを左右ショートしてしまうことは(実際には大したことありませんが)一応問題だと言うことになります。
ところが、ヘッドフォン端子は必ず音量調節をするものなので、通常は最大出力を出すことはありません。
つまり、「最大出力を抵抗で落としている」ということになるので、自然に出力が保護され、左右をまとめても問題な...続きを読む

Q2つの機器を1つのヘッドフォンで聞くと音量が違う

前までパソコンとピアノを別々につないでいたのですが
これがパソコンを触る時とピアノを弾く時でいちいち別々のヘッドホンを頭に付けてました
そして最近ちょっと高めのヘッドフォンを買ったのでこのヘッドフォンを使いたいのですが
いちいち端子ごと付け替えが必要になるので面倒です
なので画像のようにオーディオ機器を複数つなげるものを購入しました

これをパソコンに直接差してRealtek HDオーディオマネージャーで操作すると
オーディオプラグをつないだ分だけ音量が分断されるようで
音量が非常に小さくなりました
しかしUSBマイクにイヤホンをつける端子があるためそちらにさした場合
パソコンの方は音量40程度で十分な音量になりました
しかしつないであるピアノは音量を全開にしているのですが
聞こえるのは聞こえますが音量が小さいです
なので音量を100にしてみましたが当然パソコンの方しか変わりません

いろいろと接続の仕方を変えたりと試してみたのですが
ピアノの音量は上がりません
どうにかしてピアノの方の音量を引き上げることができませんでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、当然と言えば当然ですね。
こう言った場合ミキサーを使います。
BEHRINGER XENYX 802
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EXENYX802%5E%5E

Qイヤホンの分配器を逆向きに使うと

アイポッドタッチなんかのイヤホンジャックに挿し、2つのイヤホンに同時出力するための2分配ケーブルってありますよね?

あれは1つの音を2つに分けるものですが、逆向きに2つの音を1つにすることはできるのでしょうか?
例えばTVとPCの音を一つのイヤホンに出力する。みたいな。

両方オスのケーブルを2本買い、「TVと分配器」「PCと分配器」にそれぞれ繋ぎ
両方メスのケーブルを「イヤホンと分配器」に繋げばいけそうな気がするんですがどうなのでしょうか?
もしできる製品があるなら教えてください!


友達に聞いたところ普通のでは無理と言われ、SONYの製品ならできるものもあると聞きました。
どこまでが本当でしょうか?


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電気信号の分配は簡単だけど、混合はインピーダンスの整合を取る必要があるので、単純な配線でまとめたのではうまくいきません。そういう安直では確実に、変な音になったり音量のバランスが全く取れなくなります。さらに運が悪いと、出力側の機器を壊します。世の中に分配ケーブルはいっぱいあるのに、混合ケーブルを見かけないのはそういう理由からです。

どうしても混合したければ、オーディオミキサーを用意するしかないですね。一番安いのはこれかな?

http://p.tl/oJEe

いちばん原始的なパッシブミキサーだと、中身は単なる抵抗器だけなので、これならケーブルに入れ込んでしまうことは不可能じゃないけど、パッシブミキサーを通すと音量が下がります。パッシブミキサーにできる調整は音量を下げることだけで、上げることはできない。音量を上げたければ、つないでる機器で上げてやるしかないです。

Q音声出力を分岐すると音はどうなるのでしょうか?

TVの音声出力(RCAピンジャック)にスピーカーをつなぐ場合、2組のスピーカーにつなごうとした場合、音声出力を分岐しないといけませんが、この時、音声は劣化や音量ダウンなどが起きるのでしょうか?

実際の話は浴室TVの事なんですが、浴室TVにはRCAピンジャックの音声出力があります。これを通常浴室のスピーカーにつないでTV本体のスピーカーと浴室スピーカーの2つで聞くのですが、今回、もう一つ小型の浴室スピーカーを手に入れました。現在新築建設中なのでついでにこの小型浴室スピーカーもつないで3組のスピーカーで音声を楽しもうと思っているのですが、音声出力を分岐ケーブルで分岐するとなんだか音が悪くなったり音量が落ちるような気になってしまうのですが、どうなのでしょうか?

音を水に例えれば蛇口の水を分岐すれば2つの口から出る水の量は半減します。
スピーカーも同じような原理があるのでしょうか?

それとも分岐して複数のスピーカーで聞いたほうがやはり音の広がりがUPして音質は劣化しないのでしょうか?


詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして♪

具体的な浴室用TVの音声出力回路については不明ですが、2分配程度でしたら一般的に聴いて判る程の変化は無いと思いますよ。

一般的なオーディオ信号の受け渡しでは、出力側が低インピーダンスで、受け取る側が高インピーダンスです。
この比率が数十倍から数百倍などですと、2台ぶら下がったからと言っても大きな負荷にはならない物です。

水道で例えられておられましたので、イメージとして水道で、、、
出力側はとても太い水道管で、受け取る側の水道管が細いと考えて頂くとイメージ出来ますでしょうか。
太さの差が最低でも数倍から数百倍の状況で考えて頂くと、2分配することで、少しは水量が減るのですが影響に気づかない程度って事です。

先に、「一般的に」と言いましたのは、個々の設計で出力側も入力側もかなりインピーダンスが違う物です。
たまたま運悪く 比較的高めのインピーダンスで出力する機器と、入力インピーダンスがかなり低い機器の組み合わせの場合は、出力側のアンプの限界等の影響が出て来る場合も有るかもしれません。

以上、RCAピン接続がライン接続の場合です。

もしもRCAピンがパワーアンプの出力で、アンプを内蔵していないスピーカーと言う前提でしたら、大きな問題となる場合があります。
スピーカーを動かすのは電力になります(ラインの場合は微少電力で、主に電圧伝送)
 例えばアンプが想定したスピーカーインピーダンスとして4Ω~16Ω等の場合、
 8Ωのスピーカー2組だと4Ω相当で設計想定内ですのでオッケー♪
 4Ωのスピーカー2組だと2Ω相当で過負荷、アンプが焼けたりする可能性が大きくなります。

電気の場合はオームの法則から、同じ電圧(ボリューム)なら、抵抗値(インピーダンス)が半分になると、電流は2倍になります。
(余談ですが、数学的計算上はショートした時にゼロΩになると無限大の電流になりますね)
しかし、アンプの出せる限界(最大○ワットとか)を超えると、回路が壊れてしまいます。
 う~ん、この状態を水道で、、、
うんうん、同じ太さの水道管を2分派したら、水流が減るのではなく、2倍の水量を出そうとして、元の水道管に設計の2倍の水圧がかかるため、破壊に繋がる可能性が高いと言うこどでしょうかね。


RCAピンの出力がラインなのかスピーカー出力なのか、そして具体的にどのような規格の製品なのか 等 判りますと、具体的にピンポイントで利用方法などアドバイス出来るかもしれませんので、支障がなければ補足をお願いしたいと思います。

はじめまして♪

具体的な浴室用TVの音声出力回路については不明ですが、2分配程度でしたら一般的に聴いて判る程の変化は無いと思いますよ。

一般的なオーディオ信号の受け渡しでは、出力側が低インピーダンスで、受け取る側が高インピーダンスです。
この比率が数十倍から数百倍などですと、2台ぶら下がったからと言っても大きな負荷にはならない物です。

水道で例えられておられましたので、イメージとして水道で、、、
出力側はとても太い水道管で、受け取る側の水道管が細いと考えて頂くとイメージ...続きを読む

Qスピーカにダイオードを使うと音量が下がる

こんにちは。
学校の電子工作で、二つの音源を一つのスピーカで出すということをしています。

音源1-ダイオード―
            |-スピーカ
音源2-ダイオード―

電流がもう片方の音源に逆流しないように上のようにつなげる予定です。
音源を二つ、一気につなげる前に

音源1(12V)―ダイオード―スピーカ

とつなげて音を出してみたところ、ダイオードを入れない時よりも音量が大幅に小さくなります。
ダイオードの使い方がまちがっているのでしょうか。
大変分かりにくい書き方ですみません。

当方、電子工作等は専門外で不鮮明な所が非常に多いです。
大変申し訳ないですが、どなたか教えてくださいお願いします!

ちなみに、使っているダイオードは1N4001*25という型番のものです。
・最大定格/VRRM: 50V
・最大定格/IFSM(50Hz): 30A
・最大定格/IO:
・VFM(max): 200mA
・VFM条件IFM: 1.0V
・熱抵抗Rth(j-a)(max): 50K/W
・熱抵抗Rth(j-l)(max

Aベストアンサー

そもそもオーディオの出力にダイオードというのが間違っています。ダイオードの電圧/電流特性は直線的な比例関係にはなっていませんので、音声電流のようなものを通すには単に、その電流を流しただけではダメです。シリコンダイオードでは端子間電圧が凡そ0.65V程度になるまで、電流を殆ど流しません。したがって、これ以下の電圧がかかっている状態ではスピーカーには電流が流れない状態となり、音量の小さな部分は出力されないことになりますし、順方向の電圧が起こるのでその分だけ出力は減ります。スピーカーに対して行うようなことはありませんが、このような電流をダイオードで扱うときは、バイアスといって、ダイオードの特性の直線的な部分だけを使うように直流電圧を掛けて、信号をかさ上げして使います。理屈の上ではダイオードとコンデンサーを使ってスピーカーの手前でミキシングすることも可能ですが、スピーカーのようなインピーダンスの低い部分でそのようなことを行うことは通常行いません。これは、まともな特性を得ることが非常に難しいからです。

二つの音声信号を混合して一つのスピーカーから出すのであれば、スピーカーへつなぐ手前の電力増幅回路の手前で行うべきで、一般にもその方法が取られます。この方法であれば多くの場合、二つの信号のバランスを取るためのボリュームや入力インピーダンスを決める抵抗だけで済みますし、スピーカーの手前で混ぜるよりずっといい結果が得られますし、スピーカー手前で混ぜるよりも大方の場合安上がりでしょう。

ちなみどうしてもダイオードでというのであれば、周波数特性の良い大容量のコンデンサーが4個と応答速度の高いショットキーダイオードなどのダイオードが4個とノイズの少ない1.5V程度の直流電源が必要になります。それから1N4001のような整流用のダイオードは周波数特性については殆ど考慮されていません。数キロヘルツ程度でも電圧/電流の関係がかなり狂いますし、端子間の電圧でダイオード自体が持つ静電容量(逆バイアス時にはダイオードはコンデンサーとして働く)も非常に大きく変化します。基本的に電源周波数である50/60Hz近傍の特性にしか考慮されていないので、スピーカーの手前というような特殊な環境でなくても、信号処理には使用しません。

そもそもオーディオの出力にダイオードというのが間違っています。ダイオードの電圧/電流特性は直線的な比例関係にはなっていませんので、音声電流のようなものを通すには単に、その電流を流しただけではダメです。シリコンダイオードでは端子間電圧が凡そ0.65V程度になるまで、電流を殆ど流しません。したがって、これ以下の電圧がかかっている状態ではスピーカーには電流が流れない状態となり、音量の小さな部分は出力されないことになりますし、順方向の電圧が起こるのでその分だけ出力は減ります。スピ...続きを読む

Qオーディオ信号を4分岐(分配)したいです

オーディオ用の4出力分配器の自作を考えていますが、1入力4出力で、オルタネートのプッシュスイッチ4個で切り替えたいのです。入力はプリアンプです。出力はSP端子です。6~8Ωを考えています。 ここで個々のSWにオプションで低域ブーストを設けたいのですが、どのように回路を組めば宜しいでしょうか。基本的にはゲイン0のバッファーアンプで受けて4分配(LM386あたりを使いたいのですが)します。BOSEの101Vを鳴らせるくらいのパワーを考えています。ACアダプターでDC12V2A容量は4分配全てで鳴らすと可能でしょうか??OPA2134PAで設計した回路図を添付いたします。+-電源ですが、これを単電源でLM386に変更したいのです。トランス用いた電源は使用したくなく、出来ればACアダプタで3端子レギュレータでドライブしたいです。

Aベストアンサー

acha51補足です

1.スイッチと計算例です
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7227474.html

2.aitendoのAMP-TDA7377-M
 手軽に使えます、1ランク下の10Wx10wタイプはノイズが多いです

3.前段にNJM2114Dをボルテージフォロワの形にしたいです。NFBにして1+R2/R1、R1=12K、R2=15Kとし、R2にパラでSW付きで0.033uFを入れるというのは可能でしょうか?つまりパワーアンプの前段に個々にローブーストを置きたいのです。そしてその入力段にゲイン0dbバッファーアンプを入れるというのは?

可能でしょうOP Amp追加するなら自由度があがります。

http://www.zea.jp/audio/hamp/hamp_01.htm
これをアレンジできると思います
IC-a、R4,5,6,C2でバスブーストする
IC-b、R6,7,8はヘッドホンドライブ用なのでここでは不要です

アナログ回路は計算通り行きませんので、カットアンドトライです
がんばってください

Q光デジタル2系統を1つにミックスして出力するには?

テレビの光デジタル音声出力と、パソコンの光デジタル音声出力(アナログ出力も利用可)の2系統をミックスしてデジタルまたはアナログで音声出力するには、やはりデジタルミキサーのような製品が必要でしょうか?いずれも角型の光デジタルケーブルで出力しています。

ミックスして使いたい理由は、ヘッドフォンでテレビを見ているときに、パソコンにかかってきた電話の呼び出し音を聞き取るためです。テレビのヘッドフォン出力端子は、プラグを差すとテレビ本体のスピーカーも切れてしまうため、抜き差しの手間を考えると、できることなら使用したくありません。現在はセレクターでテレビとパソコンを切り替えているため、テレビを見ているときにパソコンの音は同時に聞き取れません。

ネットで調べてみましたところ、ローランドのM-10DXという製品が見つかりましたが、4万円くらいするようで、なかなか手が出ません。
http://www.roland.co.jp/products/jp/M-10DX/

安価なオーディオセレクターにミキシング機能がついているような製品があればいいのですが、光デジタル音声のミックス自体、そんな簡単な機器では実現できないものでしょうか?どうぞよろしくお願いします。

テレビの光デジタル音声出力と、パソコンの光デジタル音声出力(アナログ出力も利用可)の2系統をミックスしてデジタルまたはアナログで音声出力するには、やはりデジタルミキサーのような製品が必要でしょうか?いずれも角型の光デジタルケーブルで出力しています。

ミックスして使いたい理由は、ヘッドフォンでテレビを見ているときに、パソコンにかかってきた電話の呼び出し音を聞き取るためです。テレビのヘッドフォン出力端子は、プラグを差すとテレビ本体のスピーカーも切れてしまうため、抜き差しの手...続きを読む

Aベストアンサー

まず、M-10DXについては、少々勘違いがあるようで、この機種には「デジタル入力端子」は付いていません。付いているのは「デジタル出力端子」だけです。

また、2系統のデジタル入力をミックスできる機器は、不勉強かもしれませんが、私は単体で8万円を切る機材は知りません。もしもう少し安い機種があったとしても、4万円は切らないんじゃないかと思います。

もっと安い方法もあるかもですが、私はこういう機器でデジタル信号をアナログに変換して
http://www.ysol.co.jp/av_solution/converter/cypress/dct3.html

安いミキサー経由でヘッドフォンで聞くのが、一番安上がりかなと思います。

パソコンはアナログで信号が取れるなら、こういうミキサーでも十分ですし。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=147%5EACPM2%5E%5E

Qオーディオケーブル ステレオからモノラルへ

こんな、使い方大丈夫でしょうか、教えてください。
通信カラオケのコマンダーからの音声出力(左右)を常設されている音響装置に接続して使いたい
のです。
常設音響装置の音声入力はモノラル(フォーンジャック)です。
通信コマンダーの出力はRCAピンです。単純にピンコードをLR合わせ、モノラルフォーンジャックに
はんだ付けして、使用しても大丈夫でしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして♪

左右の出力を単純に接続しますと、出力回路同士がショートした接続となります。

一般的な民生機器では、信号のマイナス側はアースと共通としていますので、問題はプラス側の線をどのように扱うか。

正式には、抵抗ブリッジによるミキシングとか、バッファーアンプを用いて前後機器の影響を遮断する、という方法を用います。

そして、もっと簡易だけど、実用上で大丈夫な方法がTXV12003様の回路図になります。

抵抗により、信号レベルは多少低くなりますが、RからL あるいはLからRへ、という流れは二つの抵抗を通ることになるので、ショート状態からみれば、大きく回避が可能となります。

私なら、気にせずに、片方(L側)の信号だけを繋いじゃいます、その状態ではどうしてもマズイならば、抵抗2本の簡易ミックスですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング