最新閲覧日:

『ウォール街で勝つ法則』における大型株は、
どのように定義されているのでしょうか?

「『ウォール街で勝つ法則』のXXページに書かれている」とか、
「AAかつBBの条件に合致する銘柄という定義だ」とかを、
教えてください。


大型株の定義について少し調べてみたのですが、
TOPIX100の対象銘柄だとか、
発行済み株数2億株以上の銘柄だとか、
時価総額、流動性の基準によるとか、
定義が色々あって、
何が『ウォール街で勝つ法則』における大型株の定義なのかわかりません。(TOPIX100は、違うとは思いますけど)

『ウォール街で勝つ法則』も読み返しているのですが、
この本には索引が無いので、
大型株の定義が書かれているページが見つかりません。

A 回答 (1件)

仮に定義が掲載されていないと仮定して、調べてみました。



一般的に大型・中型・小型の区分はまちまちです。

http://tottocobkhinata.cocolog-nifty.com/bizieiz …

↑のページの話ですと、

Barron'sの Dictionary of Finance and Investment Termsと、いう辞典の定義ならば、時価総額

LARGE CAP (大型株) 50億ドル以上
MID CAP (中型株) 10億ドルから50億ドル
SMALL CAP (小型株) 5億ドル以下
MICRO CAP (超小型株) 5000万ドル以下

こんな区分けになっています。

一方で、以下のページでは、

http://www.breakscan.com/usmw/archives/2007/1222 …

小型株の定義は、時価総額が2億5000万ドルから25億ドルまでの銘柄。となっていて、先の区分のことを考えると、定義があまりにも曖昧ということが分かります。そこで、もう一度、最初のぺージに戻って下さい。そこには、こんな記述がありました。

http://tottocobkhinata.cocolog-nifty.com/bizieiz …

「大型株は、いわゆる優良株 (blue chips)と概ね重なっているわけで、大手証券会社が専任のアナリストをそろえて資料を出している上、新聞の市況欄だけからでも情報が入ってきますから、売り買いの判断がしやすいと言えます。」

結局、その書籍の大型株の定義も、ブルーチップのことを指すと考えておけば、当たり外れはないような気がします。

で、ブルーチップにも評価する主体によって、若干定義が異なる場合もあるようですが、以下のページを参考に選んだらどうでしょうか?

http://www.gbd-market.com/archives/65076487.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

いくらからか、というのはあいまいですが、
どちらも時価総額が高いものが大型株のようですね。

『ウォール街で勝つ法則』の投資方法を、日本株でやろうとしているので、時価総額でスクリーニングしてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/20 18:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ