中小企業の働き方改革をサポート>>

日本で美容師をしてました。もちろん資格ももってますが、アメリカで理容の仕事をできればと思ってます。今子供が1歳2歳の子供がいるため、学校に行くのが難しいのですが、なにか家で下済みできることありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

海外で働いていた美容師です。


理容も美容もアメリカは州ごとのライセンス制です。
医者歯医者と同じで、州をまたがる場合は
トランスファーが必要です。
ダウンタウンだとライセンス無しの人が仕事していたりしますので
要注意です。

州ごとにライセンスを受ける場合、
例えばカルフォルニア州の場合だと
日本での理容(美容)免許があれば
筆記のみでライセンス取得が可能です。(通訳同伴可)
日本で理容(美容)免許を取っているなら、簡単だと思います。
州により異なるので、面倒でも各州の法に従ってくださいね。
ところで労働許可証はお持ちですか?

理容と美容は学ぶ範囲が違うので
日本で取るのと同じように別々の免許です。
美容師のライセンスの方が取得は簡単でしょう。

http://www.wisegeek.com/how-do-i-get-a-barber-li …
    • good
    • 1

アメリカでは理容師資格は必要ないと思います。



以前、私がアメリカで店で髪を切ってもらっていた際、理容師の黒人のおばさんと何気なく話をしていたら:
私「おばさんどこで練習したの?」
おばさん「子供の髪を切っていたのよ」
私「えっ?学校は?」
おばさん「行かなかったわ」

との事でしたので、おそらく資格は不要と思われます。
日本人の理容師をしていた人が向こうで理容師としてバイトしていたりしますので、特に資格は取る必要はないと思います。

もし、理髪店を経営されようとするのでしたら、よくわかりませんが、理容師として働くのであれば大丈夫だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。美容師は州によって資格が違い引越しのたびに資格をとりなおさないといけないと聞いたことがあるのですが、理容は違うんですかね!?旦那がアメリカ内で転勤多いから、悩んでたんですけど、大丈夫そうですね!

お礼日時:2009/07/09 11:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美容師が理容師免許を取得するには

現在私は、美容師の見習いをしています。
将来のことを考え理容師の免許も取得しようと思っています。
仕事をしながら理容師の免許を取得する方法は、ないでしょうか?
また、以前の質問・回答で美容師・理容師の免許統合の話がありました。
あらためてお聞きしたいのですが、美容師が理容師の免許を取得する
メリットは将来的にありますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 仕事をしながら理容師の免許を取得する方法は、ないでしょうか?
理容免許の取得方法は,美容免許とほぼ一緒です。
つまり,理容学校を卒業し,学科試験を受け,一定期間理容店に勤めてから,実施試験を受け,合格しなければなりません。
理容学校によっては通信課を設置しているところがありますので,一番近いところを探すといいでしょう。(夏季にスクーリングがあるので通える範囲がベストです)

問題は,理容店での1年間の就業記録が証明されなければならないことです。
これが証明されないことには,理容試験の実施試験を受けることが出来ません。
ですから,こればかりは美容店に勤務しながらと言うわけにはいかなくなってしまいます。
もし,本気で理容免許を取得するのであれば,今現在勤務しているお店に相談し,理容店に移る準備をしなければならないですね。
逆に,理容学校を卒業したばかりだとしても,美容の技術があるのでカットが出来るはずですから,理容店では歓迎されると思いますよ。

> 美容師が理容師の免許を取得するメリットは将来的にありますでしょうか?
これは,難しい質問だと思います。
理容師が美容免許取得のために美容店で就業することで,美容師の感性を習得することが出来ると言う大きなメリットがありますが,その逆はどうなんでしょうか?
一つ言えるとするのであれば,ヒントは理容師法・美容師法の中にあると思います。
大まかに言えば,理容師とは髪の毛をカットする職業で,美容師は髪の毛をセットする職業だと各法律で掲げられています。
その各法律が施行されたのが昭和23年(古い話です)。
つまり,それまでの間,また,それからの間も含め,理容師にはカット技術には一日の長があると言われています。
そのことを考えますと,理容師のカット技術と美容師のセット技術を併せ持つことで,最強のヘアデザイナーが生まれるのかもしれないと言えるのではないでしょうか?

もう一つ言えるのは,理容師免許を取得することでシェービングのメニュー化が計れることです。
これ以上詳しいことを書きますと,古い考え方の理容師がうるさいので書きませんが,これは大変な収入アップにつながりますので,かなり魅力的なことではないでしょうか?

余談ですが,全国理容生活衛生同業組合連合会では,理容師と美容師は似て非なるものと言う認識の下(もと),ありとあらゆる手を使って理容師免許と美容師免許の統合を阻止しているようです。
少なくとも,今理容師・美容師が持っている免許が統合されることはないと思われますよ。

> 仕事をしながら理容師の免許を取得する方法は、ないでしょうか?
理容免許の取得方法は,美容免許とほぼ一緒です。
つまり,理容学校を卒業し,学科試験を受け,一定期間理容店に勤めてから,実施試験を受け,合格しなければなりません。
理容学校によっては通信課を設置しているところがありますので,一番近いところを探すといいでしょう。(夏季にスクーリングがあるので通える範囲がベストです)

問題は,理容店での1年間の就業記録が証明されなければならないことです。
これが証明されないことには...続きを読む

Q美容院でのチップの額

北米の美容院へ行って パーマをお願いしたときの チップは いくらぐらいですか? 
やはり 15~20% ですか?
料金は 100ドルを超えるそうなので あまりに 高い!
でも そういうものなんでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカ在住13年です。

アメリカ合衆国では、美容院、レストラン等のサービス業では
チップを払うのは慣習です。

でもチップの額は「州」と「受けたサービス」で違ってきます。
例えば州によってはサービス業(つまりチップが貰える)に
就いている人には州が定めた最低賃金を保証していません。
州によっては時給3-5ドル程度で働いて実質的にはチップで
生きているウェイトレスさんやバーテンダーさんは沢山います。
そういった州では20%が目安になります。
私が住むカリフォルニアではどんな職業でも州が定めた最低賃金が
保証されているのでチップは10%程でも良いのです。
そして、全国何処でも、客は相手のサービス度でチップを決めて
勿論OKです。酷いサービスを受けた時「チップは1セント」って
有り。これは「最悪のサービスを受けた」という意味があります。

美容師さんはちょっと違っていて、彼等は美容院に完全に雇われて
いるわけではなく、美容院の「椅子を一つ」オーナーにお金を
払って借りています。実質、彼等は自営業者なんです。
彼等は最低賃金の保証もなく、彼等自身の腕一本で収入を得ています。
パーマや毛染めに使う薬品やシャンプーまで自分で購入しています。
そんな彼等が一生懸命サービスしてくれたら、やっぱり
チップを。。。って思うのが人情ですよね。
勿論、その美容師さんの技術に不満があったらチップ無し、
でも構わないわけです。(ま、勿論二度と其処には行かない。。)
お気に入りの美容師さんには15-20%のチップが適当です。
美容師さんと仲良くなるといろいろ自営業ならではの
特別サービスもして貰えて、女性には嬉しいものです。
アメリカで日本人の毛質に対応できる日本人以外の美容師さんを
見つけるのは結構苦労がありますが。。。

でも、パーマに100ドルって、それほど高価とは思えない
のですが、どうでしょうか?

アメリカ在住13年です。

アメリカ合衆国では、美容院、レストラン等のサービス業では
チップを払うのは慣習です。

でもチップの額は「州」と「受けたサービス」で違ってきます。
例えば州によってはサービス業(つまりチップが貰える)に
就いている人には州が定めた最低賃金を保証していません。
州によっては時給3-5ドル程度で働いて実質的にはチップで
生きているウェイトレスさんやバーテンダーさんは沢山います。
そういった州では20%が目安になります。
私が住むカリフォルニアではど...続きを読む

Q理容室を独立開業する大きさで迷っています。36歳、理容師です。

理容室を独立開業する大きさで迷っています。36歳、理容師です。

気に入った物件を見つけたのですが、30坪と大きくて悩んでいます。
将来的には、従業員を使って営業したいと思っていますが、最初は夫婦2人でと考えています。

・椅子4~5台
・キッズスペースや個室も作りたい
・妻も働くので子供を置いておける様にバックヤードを広く取りたい

と思っていますが、ランニングコストなどを考えると・・・
また、自己資金は300万程度しかないので、内装費も・・・

立地はかなり気に入っているので、ここにしたいのですが

(1)内装費を抑えて、まずは夫婦2人で頑張ってみる
(2)ここは諦めて違う所を探す
(3)椅子7~8台の大型店にする(自分は椅子11台の店の店長です)

この程度しか考えつきませんが、どれがいいのでしょうか?
また他に良い案はないでしょうか?

Aベストアンサー

昔から「大は小を兼ねる」と言う言葉があります。
賃貸費用や立地条件が良ければ迷う必要が無いのではないですか?
安物のスクリーンや陳列棚などの仕切り配置の仕方で待合コーナー、理髪コーナー、休憩コーナー、事務コーナー、着替えロッカーコーナー等計画できますよ。
最初に椅子を4~5台で始め、経営が軌道に乗り資金に余力が付いてきたら椅子を増設する時も、店を移転する事も無く易々と増やす事も可能です。


また、開業に先立ち、地元の商工会議所では、新規事業者の為の設備資金や運転資金の金利の安い融資制度の相談から経営相談、会計相談等してくれます。
商工会への入会は、店を開店した後からでも出来ますからね。

商工会の年会費は、たかが知れています。
年会費は、お住まいの地域によって違いますが(年間5,000円~20,000円)程度です。

貴方の将来の店の規模等を良く考えて決めて下さい。

ご参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報