人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

◆2008年4月に肺がんの手術を受け右肺の中葉全摘出と右肺の下葉の一部を摘出しました。術後の病理検査の結果は肺がんでは無く器質化肺炎との事でした。死を覚悟していた私にとって結果を聞いても信じられない、喜べない、受け入れられないと言うのがその時の実感です。

▲そこで質問です。
(1)術前に器質化肺炎と肺がんの区別は難しいのでしょうか?
(2)今回の手術は妥当だったのでしょうか?

術後1年以上経過しますが時折襲う胸の激痛や息苦しさに日々悩んでおります。鎮痛剤はボルタレンです。※痛みが強い時のみ使用。
現場職人だった私は術後、半年後、仕事復帰するも高層ビルの階段など耐えうる事が出来ず辞職しました。
※当時のCT画像もございますので、ご意見よろしくお願いいたします。
http://homepage3.nifty.com/icm/kaigo/papa/papa_0 …
http://homepage3.nifty.com/icm/kaigo/papa/papa_0 …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。

専門的に言えば不適切な表現かもしれませんが、わかりやすくするためにちょっとあまり良くない表現を用います。

簡単に言えば、「何か固まりがあった」→「塊はがんではなかった」というのが現状でしょう。
「気質化」というのは、「組織が要をなさない細胞の塊になってしまう」事を言いますが、この塊の細胞が「がん細胞」であれば、病名は「肺がん」になります。
事前に細胞をとってきたりできず、細胞の種類が区別がつかない場合、というのは結構あります。
そういう場合、病理という所で、取り出した臓器の細胞を顕微鏡で見たりして、「がん細胞であるかどうか」確定するわけで、それが終わって初めて病名が確定します。
質問者さんの場合、それががん細胞ではなかったので、明らかに「肺がん」ではありません。
一般的に、がんなどの悪性細胞でない場合はそれがあちこちに転移したり広がったり・・・ということはなく、その病気が更に広がって・・・という事は起こりません。
ただし、それとは別に手術による後遺症は起こりえます。
本来、その点は手術前に医師から説明があると思うのですが・・・

質問者さんが今訴えておられる症状は、気質化肺炎のものではなく、明らかに手術の後遺症です。
今後軽くなっていくか重くなっていくかなどの推移や、状況により障害者認定などの可能性、など、医師と相談していただかないといけない内容がたくさんありそうな印象を受けます。

この回答への補足

詳細なご回答ありがとうございます。結果的に肺がんでなかったのは本当に良かったと思いますが・・・。そもそも最初に呼吸器科を受診した経緯は約1ヶ月ほど血痰が続き自分でもこれは何かおかしいと言うのが受診したきっかけでした。初診の際、胸部レントゲン後、割り込みで造影CTを急きょ撮りますと言われ、CTの結果を見てドクターの見解は「まず早急に家族を呼んで下さい。その時に詳しくお話します」と言われました。ですが重度な両親を介護している為、時間が取りづらいので今結果を教えて下さいと告げ、ご回答をお願いしたところ怪呼吸器科のドクターの見解は「私達専門医からの見るとこの画像上、九分九厘(99%)肺がんであり、大きさ2センチを超えているのであまり時間が無いので早めに手術できる病院を紹介する」と言われ唖然とし何が何だか分からなくなりました。とりあえず翌週に検査入院の予約をすると言われそこから他病院で手術するまで1ヶ月以内と言う早い流れでした。

退院後に激しい胸の痛みと過呼吸で再入院しました。数日で退院しました。

現在までの後遺症は胸部、背中、脇、と色々な部位で様々な痛みと、時おり起こる激痛と息苦しさに今も悩み苦しんでおります。術後1年の経過観察で主治医に全て話したところボルタレンとメンタルケアー?を進められました。結局これ以上主治医に話してもどうしようもないのでしょうか?(>_<)

補足日時:2009/07/17 11:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答ありがとうございます。何度も読ませていただきました。補足欄に色々と私のこれまでの経緯を記載しておりますが、また何か感想やアドバイスがございましたら、ささえな事でも構いませんのでよろしくお願い申し上げます。
※余談ですが補足とお礼の使い分けが良く理解できておりませんで誠に申し訳ございませんm(_ _)m

お礼日時:2009/07/20 15:37

ご参考に……


http://www2.kmu.ac.jp/openSeminar/open09/06tagut …
http://www.ntt-east.co.jp/kmc/sinryo/21pain_inde …

「手術をされた病院名」「ペインクリニック」で検索すれば、サイトがあるかもしれません。
または、お住いの都道府県名や都市名とペインクリニックで検索すれば、お近くのペインクリニックが検索できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ペインクリニックにつきまして色々な情報を紹介していただきましてありがとうございます。色々と参考させていただきます。
※余談ですが補足とお礼の使い分けが良く理解できておりませんで誠に申し訳ございませんm(_ _)m

お礼日時:2009/07/20 15:43

術後1年以上経過しますが時折襲う胸の激痛や息苦しさに日々悩んでおります。

鎮痛剤はボルタレンです。※痛みが強い時のみ使用。

一度、ペインクリニックの診察を受けてはいかがでしょうか。
大きな病院で、麻酔科のある病院では、ペインクリニックの外来がある病院があります。
胸部手術後の胸痛は、肋間神経損傷である場合が多く、ペインクリニックの出番です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。ペインクリニックですがオペをした病院は3次救命センターでしたのでペインクリニックは有りました。主治医の指示で入院中に3回程、ペインで赤外線治療なるものを受けました。その他は注射をする方法があると言われましたが、一時的な鎮痛効果?のような話でしたので、注射はしませんでした。入院中の鎮痛剤は「ペチロルファン注射」を1日に3回程使用しており、これはかなり痛みが緩和されますが、私の場合効き始めてから1~2時間くらいしか持続しませんでした。退院後は当然ペチロルファンは注射できませんので、ボルタレン50mgの座薬か錠剤を使い分けておりますが効く場合と効きが悪い時と様々です。※ロキソニンや抗うつ剤も退院直後に処方されましたが体感できる鎮痛効果はありませんでした。何か他にも良い薬や治療方法などはありませんでしょうか?

補足日時:2009/07/18 22:24
    • good
    • 1

CTをみる限り、区別は難しいと思います。

CTガイド下生検や気管支鏡下生検などを行ったところで、癌であることを証明するのは簡単ですが、「癌でない」ことを証明するのは非常に難しいです。生検したところにたまたま癌でない部分が出ているだけということになりますから。そして、これらの検査はかなり苦痛が伴うため、繰り返し行うことは困難であると思います。また、最近だとPETやPET/CTという検査手段もあるかもしれませんが、これらにしたところで万能な検査とは言えません。それゆえに手術を提案するのは妥当であると思います。比較的早い段階で見つけた癌かもしれない病変を、診断が確定できないからといって先延ばしにするのは、医師患者ともにやりたがらないと思います。
今の症状は#1にあるように手術に伴う合併症であると思われます。#1の回答にあるように執刀医と相談することをお勧めします。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。担当の主治医もご回答の頂いた内容と同等の見解を申しておりました。ただ一つ付け加えれば今回のケースは極めてめずらしく、今CT画像を再度見ても画像上「がん」としか思えない、と言われ、主治医の話ですと過去数例しか無い極めて稀なケースだと言われました。先日1年後の経過観察でCTを撮りました。左肺にスリガラス上の影が有ると言われました。恐らく前回同様、器質化肺炎の影ではないかと思うが、初期のがんでは無いとも断定できない、と言われ再び不安な気持ちになっております。次回は半年後にCTの予約が入っております。
※後遺症と新たな不安で悩みが尽きません。

補足日時:2009/07/17 11:40
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細なご回答ありがとうございます。専門的なご意見に感謝致します。ありがとうございます。補足に色々記載してしまいましたが、何かお気付きの点やご感想などございましたら、ささえな事でも構いませんのでよろしくお願い申し上げます。
※余談ですが補足とお礼の使い分けが良く理解できておりませんで誠に申し訳ございませんm(_ _)m

お礼日時:2009/07/20 15:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特発性器質化肺炎の予後、再発について教えてください

いとこ(40歳、男性)が、二ヶ月ほど前から、風邪の症状が続き、三週間ほど前に、動くと息苦しくなりました。病院で検査してもらった所、特発性器質化肺炎と診断されました。
いとこは、他にも、潰瘍性大腸炎で、数年前から、薬を服用してます。
 今は、入院中で、潰瘍性大腸炎の薬とめて、ステロイドの服用でゆっくりですが、改善してきてます。(薬も調べてもらったのですが、-反応だったそうです)
 ネットで調べた所、特発性間質肺炎は難病ということで、予後があまりよくないということですが、この特発性器質化肺炎も予後は良くないのでしょうか?
また、再発の可能性、再発した場合はどうなるのでしょうか?
 子供も小さく、まだ、仕事はやめれないのではないかと思います。
今後の生活が心配です。
どなたか、詳しいお方、教えてください。

Aベストアンサー

特発性器質化肺炎と診断されましたとありますが、本当に診断に至っているのでしょうか。病理診断など確定に必要な根拠は。まずはそこら辺から主治医に聞いた方が良さそうです。
ただ、「通常の器質化肺炎」であれば再発も稀で予後もさほど悪くはありません。ただ、この場合は本当に器質化肺炎であったとしても潰瘍性大腸炎が基礎疾患にありますので予後的な事は(統計も無いでしょう)かなり言いづらいと思います。
また、器質化肺炎様の病理組織を呈する潰瘍性大腸炎の肺病巣の報告もあります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14503338?ordinalpos=&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.SmartSearch&log$=citationsensor
あと薬剤性も反応マイナスだけでは確実とも言えません。だから休薬しているのでしょう。
要するに素人の方が検索するには不確定要素があまりにありすぎますので主治医に聞くのが一番です。

Q器質化肺炎(BOOP)について

器質化肺炎(BOOP)とは、どんなものなのでしょうか?
一般的な肺炎と比較すると、どのような相違点があるのでしょうか。

HPなどでいろいろと調べてみたのですが、医学に関しては全くの素人なのでなかなか理解できませんでした。わがままなことを言って申し訳ありませんが、できるだけ解かり易くご教授下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単に器質化肺炎はorganizing pneumonia の略でOPといいます。
BOOPというのは、細気管支閉塞(bronchiolitis obliterance=BO)を伴った器質化肺炎の略で、病理診断(肺の組織の一部分を採取してその組織を調べる)です。

原因は、不明のものやリウマチに伴うものなどありますが、一般の肺炎と最も異なる点は抗生物質の治療が効かず、ステロイドに対する反応が良いということです。

肺のあちこちに陰影が出たり消えたりすることがあって、あたかも陰影が移動するように見えることから、wandering pneumoniaなどと呼ばれることもあります。

ステロイドに対する反応が良いことから、一般的には予後は良好です。

Qステロイドホルモン剤(内服薬)から離脱成功した方

私は10年前から自己免疫疾患(膠原病の疑い)でステロイドホルモン剤を内服しています。
10年前は20mgで、現在3mg服用しています。
3mgに減量した時は、ステロイド離脱症候群で入院し、頭痛、発熱、食欲不振に苦しみました。
現在CRPは3.6で、通院治療しているのですが、後2ヶ月ほど3mg服用し、その後2mgに減らすと主治医が言っていますが、またその時に離脱症候群にならないか心配です。
ステロイドからの離脱というのは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

ステロイドは、もともと副腎の皮質部分からでているホルモンで、炎症を抑えるためになくてはならない薬です。
非常によく効く薬ですが、顔がむくんでくるムーンフェイスをはじめ、さまざまな深刻な副作用がありますので、医師としても、慎重に投与する薬です。
ステロイドはもともと体に不可欠のホルモンで、これがないと人間は生命の維持ができなくなります。薬として投与されていると、副腎が体全体の必要量を調整し、作らなくなるか、作っても少ししか作らないようになるのです。

従って、ステロイドから離脱する場合は、副腎がちゃんと準備できるように、少しづつ量を調整する必要があります。

但し、副腎機能が失われ、ステロイドの産生をやめてしまって、戻らない状態になっていると、こういう調整が出来ません。

とにかく微妙かつ繊細な薬ですから、自分で判断するのではなく、主治医と相談しながら、主治医の指示にできるだけ厳格に従っていただくのが正解です。

Q胸部CT検査で要精密検査とでました。

肺ガン検診の結果報告票が昨日届きました。

*****************************************
胸部X検査 著変を認めません。
******************************************
胸部CT検査 要精密検査 今回の検査の結果、異常を認めました。早めに医療機関での精密検査を受けるようにしてください。精密検査の場合、保険診療(有料)となりますのでご注意ください。
******************************************
総合判定 今回の検査の結果、医師による結果説明(面接指導)を必要とします。面接指導は下記により実施いたしますので必ず面接指導をお受けください。

日時::::::平成24年1月11日(水) 午後1時
*****************************************

新年を迎える矢先このような結果が届き、とてもいま辛いです。

詳しく分かる方がいたら教えて欲しいのですが、これはかなり深刻でしょうか。
もちろん面接指導に向かいますが、その上の精密検査とはどんなものでしょうか。
癌の疑いのある場合は、影があるとか具体的な記載が書かれると思っていたので
このような内容ですと、それ以外ということなのでしょうか。

運悪く昨日辺りから医療機関が休日にはいってしまい、不安材料を少しでも取り除ける
行為が出来ません。

とても不安ですが、皆さんの知識をお借りしたいです。

肺ガン検診の結果報告票が昨日届きました。

*****************************************
胸部X検査 著変を認めません。
******************************************
胸部CT検査 要精密検査 今回の検査の結果、異常を認めました。早めに医療機関での精密検査を受けるようにしてください。精密検査の場合、保険診療(有料)となりますのでご注意ください。
******************************************
総合判定 今回の検査の結果、医師による結果説明(面接指導)を必要とします。面接指導は下記により実施い...続きを読む

Aベストアンサー

CTの異常影との事、ご心配なお気持ちお察しします。

CTでの異常影には、色々な症状があり、部位も様々でしょう。しかし、ほかの回答者様が書かれているように、異常が見つかるのは多い割合でも、そのうち約8~9割は「良性」または「経過観察を要する良性であろうと思われるもの」です。

精密検査は、血液検査(腫瘍マーカーなど)、喀痰の細菌の検査、喀痰の細胞の検査、肺機能の検査(肺活量、呼吸の状態など)などの検査をします。
その後、必要な方のみ、PETまたは針生検(ごく細い針で異常影の細胞をとる検査)、必要であれば胸腔鏡(内視鏡で見ながら細胞をとる検査)をします。

CTで映った数ミリの異常部位に対しては、針生検でも胸腔鏡でも一番悪い細胞を確実にとるのは大変困難です。
がんは影になった塊自体(影全体)だと思っている人もいますが、実際には初期では影の中のがん細胞はごく少量で、その影の中のどこかにがん細胞があるという事です。
ですから、肺の一部を切除してまで検査をすると患者さんの負担も大きく後遺症も残るので、針や胸腔鏡で悪性ではない、または悪性かどうか不明の場合は、3か月~1年おきに血液検査などをしながら、その異常影が大きくなるかどうか経過観察をします。

要検査だとすぐに肺がんを疑い不安になる方も多いですが、多くは異常なしで終わり、次が治療できる肺疾患や経過観察になる方が多いです。

ストレスは細胞に障ります。何事もなければ良いですね。

CTの異常影との事、ご心配なお気持ちお察しします。

CTでの異常影には、色々な症状があり、部位も様々でしょう。しかし、ほかの回答者様が書かれているように、異常が見つかるのは多い割合でも、そのうち約8~9割は「良性」または「経過観察を要する良性であろうと思われるもの」です。

精密検査は、血液検査(腫瘍マーカーなど)、喀痰の細菌の検査、喀痰の細胞の検査、肺機能の検査(肺活量、呼吸の状態など)などの検査をします。
その後、必要な方のみ、PETまたは針生検(ごく細い針で異常影の細胞...続きを読む

Q兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っており

兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っておりここ2週間の間に食事が殆ど摂れなくなり点滴だけで命をつないでおります。ところが最近になり主治医の先生からその点滴は水分に電解質が少し混じっただけのものであるとゆう事を聞きそれではどんどん痩せ細っていくばかりではないかと今でも望みを捨てていない本人と家族は危惧しております。先生曰く兄の体は摂取した栄養分が癌に行ってしまう癌悪液(益?)質になっているとの事で栄養分がある点滴をうつ事は逆に癌を進行させてしまうので今の状態が一番良いと言っています。ですが少し以前は少量ですが食事を摂っていましたしそれが許されていたのに栄養分のある点滴がうてないとゆうのはどうも矛盾している様な気がしてなりません。ちなみに病院側からは兄に残された時間は残り少ないと何度も言われており最後まで望みを捨てていない私達からするともっと出来る事がある筈なのにそれをしていないのではないかと感じられる事があり点滴の件はその一つなのですが末期の癌患者にあえて栄養分を与えないとゆうのは癌の進行を抑える為に妥当な方法なのでしょか?またそれはもしかしたら回復するかもしれないとゆう事も視野に入れても有効な手段と言えるでしょうか?専門分野の方、もしくは同じ様な経験をお持ちの方からのアドバイス又は御意見を伺えると大変に助かります。どうぞ宜しくお願い致します。

兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っておりここ2週間の間に食事が殆ど摂れなくなり点滴だけで命をつないでおります。ところが最近になり主治医の先生からその点滴は水分に電解質が少し混じっただけのものであるとゆう事を聞きそれではどんどん痩せ細っていくばかりではないかと今でも望みを捨てていない本人と家族は危惧しております。先生曰く兄の体は摂取した栄養分が癌に行ってしまう癌悪液(益?)質になっているとの事で栄養分がある点滴をうつ事は逆に癌を進行させてしまう...続きを読む

Aベストアンサー

栄養が少なくて痩せるのではなく、体が栄養を受け付けなくなって、栄養をとることがかえって体の負担になるため、食欲が減るのです。からだは栄養を受け付けないため、これまで蓄えた栄養を取り崩すことを行います。
この状態をがん悪液質といいます。

栄養が不足=飢餓状態とことなり、食欲がわかずに、筋肉が痩せてくることが特徴です。

がんが体の細胞一つ一つの栄養代謝を乱すため、細胞が摂取した栄養を使用できなくなります。
栄養はいったん胃腸でエネルギーを消費して消化吸収され、肝臓でエネルギーを消費して体で利用できるように組み立てられます。ここまではエネルギーになりません。しかし、その後利用できなければ、再びエネルギーを消費して肝臓で分解され、腎臓から排出しなければなりません。

つまり、体が利用できないのに栄養を口から又は点滴で投与しても、かえって体のエネルギーを浪費するだけに終わります。また、肝臓や腎臓の機能が落ちていることが多く、余った栄養を処理できずに肝性脳症や尿毒症になり、栄養点滴が原因で昏睡になることもあります。そこまで行かなくても、栄養点滴はむくみの原因となり、肺浮腫などで呼吸状態が悪化したり、腹水の増加につながるなど、いいことが全く亡いために、現在では行われなくなっているのです。

「癌が成長してしまう」は、上記のようなことを患者さんやご家族が理解しにくいために昔から使われているロジックですが、実際には栄養点滴が百害あって延命の効果は全く見られないことが研究でおおよそ分かっています。

私は過去に、1日200mlの電解質の点滴だけで2ヶ月間頑張られた方を担当したことがあります。

残念ながら、現在の医学ではいったん減った進行癌の体重や体力を元に戻す方法は見つかっておらず、そのような時期には無駄に体力を減らさない(含む抗がん剤)がとても重要となります。

栄養が少なくて痩せるのではなく、体が栄養を受け付けなくなって、栄養をとることがかえって体の負担になるため、食欲が減るのです。からだは栄養を受け付けないため、これまで蓄えた栄養を取り崩すことを行います。
この状態をがん悪液質といいます。

栄養が不足=飢餓状態とことなり、食欲がわかずに、筋肉が痩せてくることが特徴です。

がんが体の細胞一つ一つの栄養代謝を乱すため、細胞が摂取した栄養を使用できなくなります。
栄養はいったん胃腸でエネルギーを消費して消化吸収され、肝臓でエネルギーを...続きを読む

QPET検査の正確性について

 本日、肺がんの疑いで受診したPET検査の結果を聞きました。結果は、肺がんと思わしき白い影は炎症性疾患の痕の可能性が高いとのことでした。
 咳(もちろん痰も)、胸痛等の自覚症状がなく、血液検査もシロの結果の状況で、CT画像からは肺腺がんか炎症性疾患の痕の疑いと言われていました。今回の結果、白い影が一部石灰化しており、各種検査結果からも癌性の可能性は低いとの診断結果を頂きました。
 開胸しない限り100%断定は出来ないが、現段階では気管支鏡検査もまだ行わなくてもいいのではないかとも言われました。PET検査を行う前から仮予約として気管支鏡検査を入れており、検査を3日後に控えています。先生からは、「セカンドオピニオンを利用してもいいと思いますが、だいたいは同じような診断結果になるのではないかな」とこと。さすがに現状で断定できないでしょうが、気管支鏡検査はもう暫く先送りしたほうがいいのではと考えるようになってきました。
 精神的な問題もあるでしょうが、100%確定出来ないとはいえ、実際今回のPET検査で随分気持ちが楽になった気がします。同じようなご経験をされた方、またはご診察された先生がいらっしゃればPET検査の正確性や今後の検査方針のアドバイスを頂ければ幸いです。

 本日、肺がんの疑いで受診したPET検査の結果を聞きました。結果は、肺がんと思わしき白い影は炎症性疾患の痕の可能性が高いとのことでした。
 咳(もちろん痰も)、胸痛等の自覚症状がなく、血液検査もシロの結果の状況で、CT画像からは肺腺がんか炎症性疾患の痕の疑いと言われていました。今回の結果、白い影が一部石灰化しており、各種検査結果からも癌性の可能性は低いとの診断結果を頂きました。
 開胸しない限り100%断定は出来ないが、現段階では気管支鏡検査もまだ行わなくてもいいのではないかとも言...続きを読む

Aベストアンサー

癌かどうかを確定診断する唯一の方法は、
その組織を切り取り、薄く切って、それを染料で染色して、
顕微鏡で見る(組織学的検査)をする方法です。

それ以外は、すべて推測です。
気管支鏡で検査をして、がん細胞が出たとしても、
それでも推測です。

X線、CT、MRI、PET、血液検査、細胞診などなど、
色々な検査を組み合わせて、確率を上げていくのが現在の検査の手法です。
それえでも、100%なんて、ありえないのです。
なので、PET検査だけの正確性を論議しても、無意味なのです。

気管支鏡検査は、CTやPETなどの画像検査、血液を採取しての
血液検査に比べると、かなり苦痛の大きな検査の一つです。
多くの方が、二度としたくないとおっしゃいます。
なので、現時点で、癌の疑いが濃くないのならば、
普通はしません。

ついでに言えば、検査には得意・不得意があります。
PET検査は、癌細胞が細胞分裂のときに糖を大量に取り込むことに
着目した検査方法ですが、造影剤を使うので、
造影剤が集まりやすい腎臓や膀胱の検査は不得手です。
肺がんで言えば、擦りガラス状の癌には反応しないと言われています。
その一方では、数ミリ程度の癌でも発見できるものも多くあります。
だから、色々な検査を組み合わせるのです。

ご参考になれば、幸いです。

癌かどうかを確定診断する唯一の方法は、
その組織を切り取り、薄く切って、それを染料で染色して、
顕微鏡で見る(組織学的検査)をする方法です。

それ以外は、すべて推測です。
気管支鏡で検査をして、がん細胞が出たとしても、
それでも推測です。

X線、CT、MRI、PET、血液検査、細胞診などなど、
色々な検査を組み合わせて、確率を上げていくのが現在の検査の手法です。
それえでも、100%なんて、ありえないのです。
なので、PET検査だけの正確性を論議しても、無意味なのです。

気管支鏡...続きを読む


人気Q&Aランキング