『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんにちは、シェークハンドでピンポン がんばっています。
大きな悩みがあります。それは、シェークハンドのグリップに汗が付いて滑ってしまう事です。グリップテープを巻きましたが、汗を吸ってじきにテープの粘着を落ちて剥がれやすくなります。また、汗を吸って清潔感もなくなります。それよりグリップ側が、テープに染み込んだ汗とラケットの柄にも染み込み二重に重く感じられます。
そこで質問です。
最近になってある地元の職人さんが、あるプロスポーツ選手からも認められている滑り止めがある事を発見しました。これは、卓球のラケットにも抜群です。手作りの手触り感は、すばらしく肌理の細やかさ・耐久性・加工性どれをとってもいままでのグリップテープの次元を超えています。しかし、いくら良くてもこのテープを貼って卓球の試合に出たら失格では意味がありません。ラケットグリップ部位に貼るものに何か規定がありますか?知っている方、教えて下さい。

「グリップテープについてのルールは?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

写真で見る限り、全く問題ありません。


むしろ、メーカーにこのタイプのグリップテープを発売してもらいたいくらいです。
これで文句をつけてくる人はまず居ない筈です。
使用可能かどうかは、公認品であるかどうかにかかわらず、最終的にはその大会の審判長に委ねられます。
もし試合相手がいちゃもんを付けてきたら、審判⇒審判長まで上告して争いましょう。f^_^;
必ず勝てます。
    • good
    • 0

グリップテープに卓球協会公認品はありません。


グリップ部分の加工は、打球に直接影響しない、相手プレーヤーのプレーに悪影響を与えない限り自由です。
具体的にはボールの速度や回転量に直接の影響を与えないこと、きらきらピカピカ光らないこと、打球と無関係に音が出ないことです。

実物を見ないことには断言できませんが、まず問題ないと思います。

この回答への補足

A_L_R様、早々のご回答をして頂きありがとうございます。
写真を投稿しました。一度見てください。

これは、細かいハニカム状の網目が一面に張られています。
粘着性は、実に強く重ねて貼っても抜群の強さがあります。
また、不要になったときに剥がしても「べとべと」感が残りません。
ハニカム状の塗装は、手作りで超耐久性の高級塗料を使用しており色あせはしないそうです。
上記は、練習用の重いラケットに貼っています。貼る前は、しっかりグリップしないと飛んでゆきそうな感じでした。
貼付後は、重いラケットが振っても軽く感じました。
手に力を抜いた軽いグリップでも飛んでいく不安が無くなりました。

補足日時:2009/07/25 08:35
    • good
    • 1
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
ご回答の内容が、何かとても励まされたような気がして!
うれしく感じます。
このグリップテープを使用して、
ワンランク上を目指して練習に励みます。

お礼日時:2009/07/25 16:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバックのラバーが決まりません…

卓球暦3年の裏裏のドライブマンです。
ラケットはコルベルスピードをつかっているのですが
バックのラバーが決まりません。

ラクザ7を使っていて回転はかけやすく気に入っているのですが
ラケットが重くなってしまい思うように振り切れません。

似た感触でできるだけ軽いラバーを探しているのですが
なにかないでしょうか?

Aベストアンサー

コルベルスピード 90g と重めです。インナーフォース・ZLC も最初その位で気に入っていたのに、去年は 83g 位に軽くなってました。今、ホームページ見ると 89g とマシになってます。90g で注文したのに、1番 近いのが 86g だったので仕方なしに使ってるのですが、買い直そうかなぁ

コーチは 「ラケット・ラバーは振れるんだったら、重ければ重いほど良い。威力が増す。中から厚、厚から特厚に変えていくのは慣れるけど。重いのに慣れたら、軽くできない」 と言って、中から厚、厚から特厚にしました

スクールに入る前は 「僕は軽いラケット、ラバーでないとダメだ」 と思い込んでて、重量指定をして軽いラケット探したり、ラバーでも軽いの重量指定してお店が問屋さんからすごい嫌がられたと言ってました

でも、僕は素直なので、コーチから言われたことは、「エッ! 無理」 と思いながら、できるまでします。ラバー重いのに変えた数日は 「僕には無理では?」 と悩んでましたが、慣れます

ただ、コーチによっては、「特厚はレシーブで弾みすぎ、コントロールが難しい。打った感覚が鈍い」 と 厚に戻すよういうコーチがいたり、僕よりはるかに上手な選手で 「厚使ってたけど、重くて中にした」 というおばさんがいたりするので、人それぞれ自分にあった重さがあるのかもしrませんが、、、

そういうコーチ、おばさんの打ち方を見てると、動きが硬いです

腕力で打ってる感じがするので、見ていてこっちが疲れそうです

手とかぶらんぶらんで脚の体重移動、体の回転で打つと腕は全然 疲れないので、力を抜いて打つ打ち方を心がけると重くても大丈夫です

ラクザ7に似たラバーというと、ラザント パワーグリップ、テナジー05、オメガVプロ、エボリューションMX-P どれも良くてお勧めです。重いという人もいますが、僕にはどれも重さの違い感じません。ラクザ7ソフト、アルヘルグは僕には柔すぎました

ankotappuri さんが今、特厚ならラクザ7 厚にするとかでも良いと思います

コルベルスピード 90g と重めです。インナーフォース・ZLC も最初その位で気に入っていたのに、去年は 83g 位に軽くなってました。今、ホームページ見ると 89g とマシになってます。90g で注文したのに、1番 近いのが 86g だったので仕方なしに使ってるのですが、買い直そうかなぁ

コーチは 「ラケット・ラバーは振れるんだったら、重ければ重いほど良い。威力が増す。中から厚、厚から特厚に変えていくのは慣れるけど。重いのに慣れたら、軽くできない」 と言って、中から厚、厚から特厚にしました

スクールに...続きを読む

Qテナジー使用について

自分はテナジーを貼っていますが、最近ネットでテナジーは初、中級者は使ってはいけないなどという言葉がよく目につくようになりました。
上達しなくなるだとか。

・・・自分はどうなんだろうかという疑問が生じてきました。
なのでわかっている方に質問させていただきます。
ずばり、どのレベルになったらテナジーを使ってもいいのですか。
初級者、中級者、上級者の区切りはどこですか。
自分は市16(最高8)、中信16、県32のものです。
まだ、使ってはいけないのならどんなラバーがいいですか。
まだまだ高弾性ラバーで十分でしょうか。

自分はコントロールラバーから高弾性、テンションといろいろ使い、上達?と時と共に回転量、スピードなどに不満を持つようになりました。
先輩に「お前テナジーでいいんじゃね?」といわれていテナジーに乗り換えてから回転量、スピードともに満足しています。しかし、完全に生かしきれているかはわかりません。

これからも卓球を続けていきたいので良い選択をしたいです。

質問たくさんになってしましました。難しい質問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言ってしまえば、自分の使いたいラバーを使えば良いんじゃね?w

それじゃアレなんで、テナジーってオート(自動)で回転掛かっちゃうだろ?
自分で努力して回転かけようとしなくなる…結局ラバー頼りになる。
手打ちでもそれなりの球打てるしなwww
その奥の「領域」に踏み込まなくなる可能性が出てくるんだな。

因みにさぁ、テナジーでイレギュラーバウンドする位のドライブ、打てる?
最大回転をかければ、その位は出来るし、それ位の技術を持ってないとテナジーの真のポテンシャルを引き出すのは難しいな。


初級・中級云々、人各々だからなぁ区分けなんて。
自称中級の初級者がウジャウジャしてるしなwww

俺の考える中級は、一通りのショットと技術を、安定して駆使出来る者かな。
その中でも全国クラス以上を上級とみてるけど。


実際、県上位クラスでないと、使いこなせてないんじゃないかとは思うけどね。
多分、その成績では何使っても大して違いは無いと思う。君の住んでるトコが強豪ばかりなら話は別だけどwww

Q特殊素材ラケットは上達の阻害!?

特殊素材ラケットは上達の阻害!?
掲示板を見ていると初心者には特殊素材ラケットは上達の阻害になるという意見をよく目にします。どの位のレベルに到達すれば特殊素材ラケットを使用しても良いとなるのでしょうか?例えば、フォアラリーが100回、バックラリーが100回などご意見御座いましたら教えてください。ちなみに現在使用しているラケットはプリモラッツカーボンを使用しています。バックハンドブロックで対ドライブを止めることは出来るのですが、弾こうとするとオーバーしてしまい悩んでおります。オーバーするのであれば面をもっと被せるのが基本だと思いますが、木材合板に戻そうかとも考えております。皆様のご意見宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が空いてきました。(keykeykeykeykeyには何故か申し訳ない気がするのですが)
 
 カットを考えていると、王輝選手の技術説明でカットの変化をつけるのに、切る方法はラケットの下部でボールを捉えボールの後ろを切り下ろす。切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。
 通常のロング打法やドライブなどはラケットのスイートスポットでボールを捉えることが原則ですが、カットはラケット面のどこでボールを捉えるかが大切なことだと気付きました。そうすれば中心部にスイートスポットが集約されている用具は?
 ラケットのどこでボールを捉えてもスイートスポットのない用具の方が合理的ではないでしょうか。サーブの方法でもこのような方法で変化をつける人がいます。

 現状、考え方がまとまっていませんが一言で片付けられない思いを持ち始めました。

 日卓に契約選手のカットマンは一時期ビオンセロを使用と添え書きがしていました。最近はティルナです。何故、ウィルトリアではないのでしょうか?それが疑問の始まりでした。

 

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が...続きを読む

Qラケットの寿命

ラバーを定期的に換える人は多いと思いますが、ラケットを定期的に換える
人はいるのでしょうか?個人の感覚としては新しいラケットに新しいラバー
を貼ると弾みが良いと感じ、1年使ったラケットに新しいラバー(同じ種類
のラケットとラバー)を貼ると弾みが悪くなっていると感じてしまいます。
ラケットも汗や湿気で状態が悪くなるということがあり、打球感を損ねるの
でしょうか?どなたか経験のある方宜しくお願いします!

Aベストアンサー

 ラケットは乾燥している方がはねるそうです。乾燥材などを入れておけば少しはましになるのでは。私のはたくさん乾燥材が入ってます。汗かきやすいので。

同じ種類のラケットを買うのはいいと思いますが、もったいないと思ってしまいますね。ラケットの品質も完全に同じではないですし。(重さなど)

Q粒高の使いかた。

僕は学校で卓球をやっていて、
新しくラバー・ラケットと買おうと思い、
以前質問させていただいたのですが、
参考にした結果、ラバーはバンブーカールを使うことに決めました。
しかし、粒高は初心者なので、詳しく書いているサイト
もしくはうまく扱うポイントなどを教えていただけたらと思い質問しました。
卓球に詳しい方、粒高を使っている方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

粒高ラバーは、裏ソフトや表ソフトと違って、名前の通り、粒が高い(細くて長い形状をしている)ので、その分とてもコントロールが難しいです。しかし、その粒の細長さで、逆に打球に変化をつけることができ、しかも相手の回転の影響を受けにくくすることができます。なので、No.1の方の回答にもあるように、こすり上げて強打するよりも、角度をあわせて押して強打する方が良いと思います。


詳しい打球の仕方としては..........

上回転の玉を返すときは、かぶせるようにしておさえるか、浮いた玉の場合は押すように強打して返すと良いです。

ナックル性(無回転)の玉や、下回転の玉を返すときには、ツッツキの構えで玉の下までラケットを移動させて、そこから打球するときにかけて、手首を回転させ、ラケットを立てて返すと良いです。

動画や連続写真があると良いのですが、見つからないので、わかりにくいとは思いますが、文章での説明で終わらせていただきます。

自分も粒高ラバーを使い始めておよそ1年がたったところです。粒高をはじめて手にしたときは、思うように打球が返せずに大変でした。文章で説明するより、やはり自分でいろいろな打ち方を試し、経験する方が良いかもしれません。『慣れ』が大切だと思います。
(「バンブーカール」は、変化幅が大きく、ナックルボールを出しやすいようなので、慣れて使いこなせるようになれば、とても強い武器になると思います。自分のことで申し訳ありませんが、自分も次にラバーを変えるときには、「バンブーカール」にしてみたいと思います。)
頑張ってください!

粒高ラバーは、裏ソフトや表ソフトと違って、名前の通り、粒が高い(細くて長い形状をしている)ので、その分とてもコントロールが難しいです。しかし、その粒の細長さで、逆に打球に変化をつけることができ、しかも相手の回転の影響を受けにくくすることができます。なので、No.1の方の回答にもあるように、こすり上げて強打するよりも、角度をあわせて押して強打する方が良いと思います。


詳しい打球の仕方としては..........

上回転の玉を返すときは、かぶせるようにしておさえるか、浮いた玉の場合は...続きを読む

Qラバーの厚さについて

今、F面厚、B面厚でやっています。
あまり筋力がある方ではないので厚にしていますが、何かと球のスピードが出ません。
先輩に貸してもらって特厚で打ってみたのですが確かにスピードは出やすかったです。
ラバーによって差はあると思いますが重くなるのでしょうか。
また、中はやはり軽いのでしょうか。そして、スピードが出ないのでしょうか。
そのへんがよくわからないので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラバーは厚いほどスピードもスピンも増します。一方で厚いほど重くなります。
ただ、ラバーによってスポンジの硬さに違いがあります。そして硬いほど重いのです。そうすると、スポンジが硬い(=重い)ほど厚さによる重さの差が大きくなるのです。
今使っているラバーがどういうタイプかカタログで確認しましょう。
スポンジの硬度を数字で表している場合は、数字が小さいほど柔らかくて軽いです。
柔らかくて軽いラバーであれば、次に貼り替える時は両面特厚にしてもよいかもしれません。不安であればまずはフォア面だけ特厚、次に替える時は両面というふうにすれば急に重くなって対応できないという可能性が小さくなります。
もしとても硬くて重いラバーならラバーを軽いものに替えるという選択肢も考えてください。硬くて重いラバーはやはり筋力がある上級者向けと考えてもらっていいと思います。
柔らかさを強調したラバーであれば特厚で問題ないと思います。

Qラバー

ラバー

ヴェガの厚さで、1.8 2.0 maxってあるじゃないですか。
これって中はどれなんですか、教えてください。
あとエリートの性能についても教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

取りあえず1.8は中、2.0は厚、MAXは特厚相当です。

ヴェガエリートの性能は以下ホームページにも記されていますね。・・・

http://www.xiom.co.jp/

http://www.tsp-yamato.com/

Qラバーを切るはさみ

先日、初めて自分でラバーを貼り、ラバーをガタガタにしちゃいました。ラバーを切るはさみについては過去いくつも Q and A がありますが、まだ疑問の点があり、質問します

裁ちばさみ(この意見が1番 多い。僕のコーチも裁ちばさみです)
文房具のはさみ(Q and A で勧められ、ベストアンサーにもなっている
 YouTube では 新井卓将がコンビニのはさみで切ると言ってました
 僕の知人はゴムを切っているとだんだん切れが悪くなるので、
 100円ショップで買ったばかりの切れるヤツで切り、使い捨てにしてます
料理のはさみ(他のはさみと違い、手元でなく、先の方で切れるので使いやすい)
医療用のはさみ(切れ味最高で、粒もその形のままスパッと切れる
 でも、ゴムを切っているとそのうち切れなくなり、研ぐ必要がある)

僕は最初、10数年前に購入した文房具のはさみを使い、きれなくてラバーをガタガタにしてしまいました。その次に 2000円位の裁ちばさみを購入、とても良く切れましたが、経験不足からかエッジよりわずかにはみ出し、それを切ったらそこがガタガタになってしまいました。

次は料理のはさみもトライしようと思ってますが、上記で1番 お勧めはどれですか?

また、カッターを勧める人(エッジはサイドテープで保護)とカッターは良くないと言う人がいますが、良くないというのは何故ですか?

それと、卓球専門店ではラバーを切る専門の機械があると聞きますが、どんなのですか?

先日、初めて自分でラバーを貼り、ラバーをガタガタにしちゃいました。ラバーを切るはさみについては過去いくつも Q and A がありますが、まだ疑問の点があり、質問します

裁ちばさみ(この意見が1番 多い。僕のコーチも裁ちばさみです)
文房具のはさみ(Q and A で勧められ、ベストアンサーにもなっている
 YouTube では 新井卓将がコンビニのはさみで切ると言ってました
 僕の知人はゴムを切っているとだんだん切れが悪くなるので、
 100円ショップで買ったばかりの切れるヤツで切り、使い捨てにしてます
...続きを読む

Aベストアンサー

自分は裁縫用の裁ちはさみでカットしています。
もちろんさび付いていたり、切れ味が悪いのは切りにくいので研いだりしています。

切る際に必要なことは、ラバーが完全にくっついていること
切る際にハサミを途中で抜いたり、刃を閉じてしまわないこと、
ハサミを動かすのではなくラケットを動かさないこと、大きく切るのではなく小さくリ
ズム良くをポイントに自分は切っています。

もちろん慣れも必要ですが、なれるといってもラバーを買って練習とは行きませんので
余った切れ端や死んでしまったラバーを練習にしてみてはいかがですか?

卓球専門店ではカッターみたいなので切るところもあれば普通のハサミできっているところ
もあるため正解はありませんが一番自分が使いやすいモノを使えばいいと思います。

Q家庭用簡易卓球台の作り方

家でいつでも卓球をやりたいので、卓球台が欲しいです。
しかしながら、競技用よりも一回り小さい家庭用でも
2400mm(チェック)1200mm程度以上の大きさは必要なので、ダイニングテーブルの上にその時だけ板を並べて簡易的な卓球台にしようと考えました。

http://homepage2.nifty.com/iwanobu/020827pingpon.html

この記事を参考にし、MDFを購入したのですが、重量が重すぎて利用を断念しました。
今度は3分割にして、もっと軽い板材を使おうと思っているのですが、反ったりすると困りますし、テーブルから落ちる懸念もあります。
(我が家のテーブルは長さ140cmしかないので)

どんな風に作ったらいいものか、ネット上にほとんど同種のものを作ったという情報もありません。
どなたか知恵をおかしいただけたら嬉しく思います。

Aベストアンサー

スタイロフォームを使いましょう。
非常に軽い素材です。
安価です。
ただし 反発性はありません。
規格は1820mm X 910mmです。

http://www.dowkakoh.co.jp/product/styrofoam.html

厚みはお望みで結構です50mm有れば 発泡スチロールのように簡単には折れたりはしませんし反りも有りません。 これを取りあえず食台に乗せます。

その上に1820mm x 910mm のべニア板を3枚並べる要領になります。
5.5mmのべニア板(F☆☆☆☆)を選んでくださいね。
(NON JAS製品)は シックハウスには対応していません。

規格卓球台に合わせる為には長さの 1820mm を3枚とも152.5mmに一気にカットしてもらいます。
(1カット料金で済みます)
奥行き(長手)は910mm X 3枚で 国際規格の2740mmに1mm不足です。

もしこれも短くするのであれば ネット側(真ん中のべニア板)を切り取って調整します。
(ピンポン球の落下しにくい場所)

べニア板同士は裏側に粘着テープで止めることにします。
出来れば 養生テープを使われることをお勧めします。(その都度、貼り直せますし糊が残りません)


後は反りの問題です。
先ずスタイロフォームは反りません
後は厚み5.5mmのべニア板の反りだけです。
両サイドの30cmは大丈夫でしょう。
前後の45cmの反りが心配ですが 出来ればそれに合ったつっかえ棒で十分ではないでしょうか?
また その都度反対側を使うようにすれば、問題無いでしょう。

軽量化のための方法ですので 反りが気になるのでしたら
9mmのべニア板でも勿論結構です。

また 1X4材を上手に使って反りに対応することも可能です。


国債規格で有っても
スタイロフォーム1820mmX910mm 1枚
べニア板 152.5mmX910mm 3枚
だけですので 何処にでも片付けることが出来ます。

スタイロフォームを使いましょう。
非常に軽い素材です。
安価です。
ただし 反発性はありません。
規格は1820mm X 910mmです。

http://www.dowkakoh.co.jp/product/styrofoam.html

厚みはお望みで結構です50mm有れば 発泡スチロールのように簡単には折れたりはしませんし反りも有りません。 これを取りあえず食台に乗せます。

その上に1820mm x 910mm のべニア板を3枚並べる要領になります。
5.5mmのべニア板(F☆☆☆☆)を選んでくださいね。
(NON JAS製品)は シックハウスには対応していま...続きを読む

Qフォア打ち、ドライブで肘はあけない?

コーチ B、F はフォア打ち、ドライブで肘はあけないと教えます

コーチ B によると、脇を絞めた方が強いボールを打てると言ってます

コーチ F は肘は閉めて、顔・目の近くでボールを打つと安定する
回転をかけたい時は肘を曲げる
(手首も使ってもっと回転をかける人もいる)

それに対し、コーチ A は脇をあけて肘も伸ばした方が威力のあるボールを打てると教えます

僕がボールを打つ時、考えてるのは、右足を蹴って左足に体重を移すことで、体の回転に自然と腕が振らさる感じです。脇をあけるとか絞める考えないけど、自然とあきます

僕の打ち方に近いので、僕はコーチ A の教え方の方がピント来ます

ただ、コーチ A は打つ瞬間に手に力を入れるよう、肘、手首を使って威力を増すよう教えるのですが、僕は力を入れないのが好きなので、打つ瞬間もラケットを握る手はプラーンとしたままだし、肘、手首は自然と曲がるのにまかせてます

という具合に人によって打ち方違うとは思うのですが、

みなさん、フォア、ドライブで肘をしめますか? あけますか? ← 質問

(カットでも肘をしめるよう教える人がいるのでカットも同様なのかもしれません)

コーチ B、F はフォア打ち、ドライブで肘はあけないと教えます

コーチ B によると、脇を絞めた方が強いボールを打てると言ってます

コーチ F は肘は閉めて、顔・目の近くでボールを打つと安定する
回転をかけたい時は肘を曲げる
(手首も使ってもっと回転をかける人もいる)

それに対し、コーチ A は脇をあけて肘も伸ばした方が威力のあるボールを打てると教えます

僕がボールを打つ時、考えてるのは、右足を蹴って左足に体重を移すことで、体の回転に自然と腕が振らさる感じです。脇をあけるとか絞める考え...続きを読む

Aベストアンサー

脇はある程度開けないと威力のあるドライブは打てないと思います。
脇が締まりすぎていては腕全体をしならせるのが難しいと思います。
コンパクトな前腕の動きをメインにしたドライブになるでしょう。
前陣での連打に適していると思います。
また、スイングの力の入れどころですが脱力した状態から振り始めるのは良いと思いますが、ラケットが最も速く動く瞬間はスイングを止めた瞬間なので、あくまでインパクトではギュッと力を込めてラケットを急停止させるのが大事です。
そうすることによりフォロースルーが無駄に長くなることなく、振り終わりがニュートラルに近い構えになるので連打もしやすくなります。
スイングの最初から最後まで同じ力加減ではボールに効率よく力を伝えるのが難しくなります。
参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング