いまある中年男女が結婚を考えているとします。それぞれ再婚であり、どちらにも子供がいて、どちらにもある程度の財産があります。問題は、その男女が結婚した場合の将来の子供への相続に関してです。結婚後に築く財産、結婚後に作る子供は今はないものとします。結婚前にそれぞれが持っていた財産は、遺言等を作らないとすると、だれが相続するのでしょう。両者の財産を足して、それをすべての子供で均等割りになるのか、それともそれぞれの財産はそれぞれの子供だけで均等割りになるのでしょうか。後者の場合、たとえば男性が先に亡くなったとしたら、男性の子供はその時点ですぐに男性のもともと持っていた財産を相続することになるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 遺言書も何も作らずに、まず男性が、そして次にお相手の女性がお亡くなりになった場合には、helpusさんのおっしゃる最初のパターンの通りの相続になります。



 例えば、男性をA(特有財産:6000万円)とし、その二人の子をB,C、再婚相手の女性をD(特有財産:2000万円)とし、その二人の子をE,Fとします。
 最初にAが亡くなりますと、D:3000万円、B,C:各1500万円を相続します。
 その後Dが亡くなりますと、2000万円+3000万円=5000万円をE,Fが相続することになるので、E,F:各2500万円を相続することになります。
 つまり、おっしゃる通り、「最初に死んだほうの子供が損」という結果になります。

 これを防ぐためには、まず「自分の財産は全てB,Cに与える」旨の遺言書を作成なさることです。
 しかし、遺言書があっても、再婚相手のDさんには、上記の例の場合、法定相続分3000万円の半分の1500万円について遺留分として貰う権利を主張することが出来ます〔遺留分減殺請求権〕。
 この遺留分減殺請求は、Dさんが、ご自分の遺留分を侵害されたことを知ってから1年、かつ相続が開始されてから10年以内にその権利を主張なさらなければ、Dさんはその主張する権利を失いますので、その場合にはB,Cさんが相続した分に関して確定するわけです。

 このような、不安定な状態が1年間でも存在することが嫌な場合には、上記の遺言書を作成した上で、あらかじめDさんに『遺留分の放棄』をしてもらうことです。『遺留分の放棄』をあらかじめしていた場合、Aさんが亡くなった時点で、「やっぱり遺留分が欲しい。」とDさんが言い出しても、それは通りません。
 この『遺留分の放棄』は、家庭裁判所に申述して、その許可を得ることによって行うことが出来ます。

 以上をまとめますと、A,Dのそれぞれが「自分の財産は全てB,C(またはE,F)に与える」旨の遺言書を作成し、その上で、それぞれが『遺留分の放棄』を家庭裁判所に申述して、その許可を得れば、夫の特有財産は夫の実子へ、妻の特有財産は妻の実子へ、それぞれが死亡した段階ですぐに相続されるようにすることが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧に詳しく書いてくださり、勉強になりました。

高齢化社会になり、中高年の再婚も増えていくでしょうし、
今回のような問題は再婚を希望する親をもつの子供たちに
共通する関心事だと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/16 11:27

結婚前にもっていた財産を特有財産といいます。


この特有財産は、結婚後に形成された財産とともに相続開始後相続財産となりますが、
配偶者は特有財産を含めた相続財産全体の2分の1の相続権があり、
被相続人の実子ないし養子が残りを相続しますが、配偶者の連れ子には相続権は発生しません。
ただし、配偶者の連れ子に相続させる旨の遺言があれば、法定相続人の遺留分を侵害しない範囲内において相続可能です。

以上は、法定相続分がそうなっているというだけのことで、遺言に反しない限り、相続人が話し合いで、どう分けようと原則自由です。

この回答への補足

非常にわかりやすいご回答ありがとうございました。

下のabenokawamoti様のところにも再度質問を書きこんだのですが、配偶者に相続された特有財産の半分のその後の行方が気になります。
abenokawamoti様のご回答の下に書きこみました私の再度の質問に、takeup様にもお答えいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

補足日時:2001/03/15 11:45
    • good
    • 0

 養子縁組をしない限り、再婚相手の連れ子であっても相続権は発生しません。


再婚後、遺言書も何もない状態で男性が先に死んだ場合、再婚前の男性の特有財産は、半分を再婚相手の妻が、残り半分を男性の子供たちが均等割りで相続する権利を有します。

 相続に関して争いがなければこのまま確定できますが、争いがある場合、相続権を有する相続人全てで遺産分割協議を行い、上記の法定相続分とは異なった割合での相続も可能です。
 遺産分割が正式に確定するまで、男性の財産は、相続権を有する相続人全員の『共有』という、特殊な状態にあるものと考えられています。
 ただし、遺産分割協議が、例えば男性が死んでから10年後に確定したという場合、その10年間は相続人全員の『共有』の状態にあるのですが、扱いとしては、相続人それぞれが協議によって確定した分の財産を、男性が死んだ時点で最初から相続したものとされます。

この回答への補足

詳しいご説明ありがとうございました。いただいた回答を踏まえた上で、もう少しお聞きしたいことがあります。

まず、争いがないものと仮定します。
そして、男性が先に死んで、その後、その妻が死んだとします。

男性の再婚前の特有財産は、男性が死んだ段階で、妻が半分を相続するということはわかりました。では、さらに妻が死んだあとは、その妻が再婚前にもっていた特有財産は、おそらく今回のご回答の内容からすると、すべて妻の実子へ相続されるものと思われますが、正しいでしょうか。そして、妻が夫から相続した夫の特有財産の半分も、妻が相続した段階で妻の(結婚後の)財産となるわけですから、これは、夫の実子と妻の実子で均等割りになるのでしょうか。もしそうだとすると、妻の実子は妻の再婚前の特有財産プラス何がしかを相続し、夫の実子は夫の再婚前の特有財産から何がしかをマイナスした分しか相続できないという不公平が生じる気がします。

また、そうではなく、妻が相続した夫の特有財産の半分は、妻が死んだときには、夫の実子にすべて相続されるのだとしても、もし妻が夫の死後相続した財産の一部を使ってしまっていたら、夫の実子が妻の死亡時に相続分が減ることになります。一方、妻の実子は妻の再婚前の特有財産をまるまる相続します。

このように、私が考える二つのパターンのどちらの場合でも、妻の実子は妻の特有財産をすべて手に入れるのに対し、夫の実子は夫の特有財産をすべて相続できない可能性があるという結果になってしまいます。つまり、先に死んだ方の子供が損をするような気がします。

法律ではそのあたり、どのように定められているのでしょうか。
さらに具体的にお聞きするならば、夫の特有財産は夫の実子へ、妻の特有財産は妻の実子へ、それぞれが死亡した段階ですぐに相続されるようにするには(夫あるいは妻が死亡したら、その段階ですべて夫あるいは妻の実子へすべて相続させる)、どうすればよいのでしょうか。

長文になり、大変恐縮ですが、ご教授いただければ幸いです。

補足日時:2001/03/15 11:44
    • good
    • 0

 たしか、「両者の財産をそれぞれ個別の財産として」子供が相続することになるのではなかったかと思います。


 ま、見た目には足して割ったのと同じですけどね(^_^;

 で、夫が先に死亡した場合ですが、たしか妻は夫の財産の半分を相続する権利があったはずです(残りの半分は子供その他)。

 その昔、面白ゼミナールかなんかでそんなことを言ってたような気がするんですが……。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なお答えありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/03/15 11:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェイスブック:投稿写真のダウンロードについて

フェイスブックで「共有範囲」を”友達”として写真を投稿するとします。
このとき、その”友達”は、私に断りもなく私の投稿写真をダウンロードして自分のファイルに保存することが出来るのでしょうか?

もし、そうなら、そのようなダウンロードができないようにする設定はありますでしょうか??
お詳しい方、アドバイスいただければ有難いです。

Aベストアンサー

ダウンロード禁止の設定はできないです。

もし、設定ができたとしても、画面に映るものはコピーできますから

そもそもが、公開しないのが一番ですね

Q相続 兄弟で均等割りだから、兄から弟へ現金を払う?

例えば、
自分が次男で、長男がいる二人兄弟で、
両親が両方亡くなり、
両親の貯金は貯金は0円で
土地付きの3000万円の価値のある一軒家があり、
その家に長男が住む場合
相続は兄弟で均等に割るとしたら、
長男は3000万円の家をもらった場合、
兄から弟へ1500万円を支払う事になるのでしょうか?

わかりにくい文章で申し訳ございません。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遺産分割のやりかたは大きく3通りありますが、質問のように
特定財産を相続人のひとりが単独で相続するかわりに他相続人にお金
などを与えるやりかたを「代償分割」といい相続手続きとして(税法
などを含め)認められているやりかたです。

代償の方法は必ずしもお金とは限らず、長男が保有しているマンション
を譲るといったやりかたもあります。

「代償分割」の他には「現物分割」や「換価分割」があります。
「換価分割」というのは売却して、そのお金を相続人で分けるという
やりかたです。

また「現物分割」は遺産(質問の場合不動産)を現状のまま分割する
ということで名義上の持ち分で分割する方法や物理的に2区画に線引
きしてそれぞれを相続する方法などがあります。

「代償分割」はどのような対価を払うにせよ、相続人同士で合意できる
ことが前提で、合意できない場合には使えません。

Q『空の雲』の撮影は[DMC-TX1]より[PowerShot G3 X]が良いのか?(投稿写真比較)

『空の雲』を撮影する為には、[DMC-TX1]よりも、[PowerShot G3 X]が良いのか?
(投稿写真を比較した時に感じる事)と、その要因の関係性について。


関連した、他の質問を過去にしておりまして、そこで、
『空の雲』を撮影する為には、『センサーの大きな、1型タイプのセンサー』が
必要と伺いました。

そこで得たご助言を根拠に、デジカメ選定の『候補選びのキーワード』にして
検討をしていました。

かつ、価格の手ごろなことも、合わせて、、
Panasonicの [DMC-TX1]
を有力候補に挙げて購入可能かを考えていました。


■しかし・・・

質問:

[PowerShot G3 X]よりも、[DMC-TX1]のほうが、下記の投稿写真を確認すると、
雲の写真に、繊細さが、乏しいように感じますが、何が理由(原因)ですか?

逆に言えば、

[DMC-TX1]よりも、[PowerShot G3 X]のほうが、投稿写真を確認すると、
雲の写真に、繊細さが、優れるように感じますが、何が理由(原因)ですか?


ご意見をいただきたく、宜しくお願い申し上げます。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●((Canon PowerShot G3 X))

http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g3xsp/detail13/

『薩摩富士から眺める大海原』と題された写真

雲が、平面的です。

しかし、
http://sharethemt.com/pleasure-2221/
http://www.yamakei-online.com/yk/monitor/m_canon2016.php

割と、立体感のある、雲の写真に思えます。

::::::::::::::


●((Panasonic DMC-TX1))


http://photohito.com/photo/5973929/
『運河沿い』と題された写真

http://photohito.com/photo/5850857/
『ガーデン』と題された写真

http://photohito.com/photo/6344885/
『青空』

http://photohito.com/photo/5454273/
『挑む』

雲が、平面的(白つぶれしているよう)な感じがします。

::::::::::::::::::::::::::::

●((Panasonic DMC-TX1))


http://photohito.com/photo/5850854/
『開けた景色』と題された写真

http://photohito.com/photo/5850850/
『40㎞ですm(__)m』と題された写真

http://photohito.com/photo/5887123/
『雲』と題された写真

http://photohito.com/photo/5850852/
『緑の中から』と題された写真

http://photohito.com/photo/5919670/
『マリンブルー』と題された写真

http://photohito.com/photo/6384123/
『ベンチ』と題された写真

http://photohito.com/photo/5868371/
『前常念』と題された写真

http://photohito.com/photo/6001073/
『P1000403』と題された写真

http://photohito.com/photo/6384122/
『一直線』と題された写真

http://photohito.com/photo/5852622/
『P1000996』と題された写真

http://photohito.com/photo/5454275/
『それぞれの頂』

http://photohito.com/photo/6292542/
『釜山タワー』

http://photohito.com/photo/5970128/
『P1000257』

http://photohito.com/photo/5970127/
『P1000251』

http://photohito.com/photo/5736592/
http://photohito.com/photo/5736588/
http://photohito.com/photo/5736586/
http://photohito.com/photo/5736583/
『TX1試し撮り』

http://photohito.com/photo/5511892/
『今日もお疲れ様でした』

割と、立体感のある、雲の写真に思えますが、[Canon PowerShot G3 X]の様な繊細さ
が、乏しいとも思えます 。

::::::::::::::
::::::::::::::

以上、
参考的に見比べていただいた上で、
私の疑問点((Panasonic DMC-TX1 が、ボケた印象の雲に見える))について、
何が、原因なのか、ご意見をいただけますと助かります。

皆様の眼では、どの様(双方のコンデジの、雲の写真、に違いを感じていらっしゃるのか、
それとも、違いを感じずに、相違を感じず)に見えているのか、教えていただけますと助かります。

宜しくお願い申し上げます。

『空の雲』を撮影する為には、[DMC-TX1]よりも、[PowerShot G3 X]が良いのか?
(投稿写真を比較した時に感じる事)と、その要因の関係性について。


関連した、他の質問を過去にしておりまして、そこで、
『空の雲』を撮影する為には、『センサーの大きな、1型タイプのセンサー』が
必要と伺いました。

そこで得たご助言を根拠に、デジカメ選定の『候補選びのキーワード』にして
検討をしていました。

かつ、価格の手ごろなことも、合わせて、、
Panasonicの [DMC-TX1]
を有力候補に挙げて購入...続きを読む

Aベストアンサー

引用されている写真を見比べてどちらが優れているか、雲の撮影に向いているかは分からないと思います。
両機を比較したいなら同じ環境で同じ被写体を同じ条件で撮影しないとなりません。
しかも引用された写真のほとんどは目的になっている被写体は雲じゃありませんから、狙った被写体が一番良く写されるように作画されているはずで、雲は良くも悪くもその煽りを受けているはずだからです。
全体のコントラストを高めた写真なら雲も引きずられるでしょうし、中央の人物にフォーカスが当たっているなら背景の雲は場合によっては白く飛び気味になっている場合もあるでしょう。
こういう写真は、各々の機材でこういう写真が撮れるんだ、色味はこんな感じまで出せるんだというための参考写真だと私は思っています。
おまけにサイトにアップされる段階で色調整が入っているかもしれないし、両機の写真のサイズも違いますから、小さい写真のほうが精彩に見える場合もあるし、ご覧になっているモニターの性能の影響も受けるしと、いろいろ加味しないとならない条件はあるわけです。
ですから個々の写真を見て、こりゃ駄目だというなら別ですが、やはり上に書いたようにいろいろテストしたデータと、後は実機を持ってみて使いやすそうだとか持ちやすそうだということを考える方が余程実際の使用には寄与するのではないかと思います。
が、両機のサンプル写真をご覧になっているモニターと目は同一ですから、後は感性と納得じゃないかと思います。

引用されている写真を見比べてどちらが優れているか、雲の撮影に向いているかは分からないと思います。
両機を比較したいなら同じ環境で同じ被写体を同じ条件で撮影しないとなりません。
しかも引用された写真のほとんどは目的になっている被写体は雲じゃありませんから、狙った被写体が一番良く写されるように作画されているはずで、雲は良くも悪くもその煽りを受けているはずだからです。
全体のコントラストを高めた写真なら雲も引きずられるでしょうし、中央の人物にフォーカスが当たっているなら背景の雲は場...続きを読む

Q共同相続人の一人が財産全てを独断で持ち去った場合

共同相続人の一人が財産全てを独断で持ち去った場合


昨年叔母が亡くなりました。叔母には父母、配偶者、子が無く兄弟姉妹及び代襲相続人が法定相続人となります。遺言はありませんでした。

叔母の死後、被相続人の兄弟姉妹で一番下の方(Aさんとします)の長女が被相続人の住んでいたアパートを遺品整理業者と共に整理し、被相続人の通帳、証券、保険証券類、その他家具類も全て持ち出しました。

亡くなった三ヵ月後、Aさんの長女は共同相続人全員に「被相続人の財産は全てAに譲ると相続人間で協議をした。」との遺産分割協議を行政書士と作成し、全員に郵送で署名押印を求めてきました。協議など全く行ってません。何のことか訳のわからないまま、親族間のトラブルを嫌うものは署名押印し送り返し、私はこの分割協議を認めず、署名押印しませんでした。

被相続人の遺産分割をAさんの長女に求めましたが応じてくれません。最後は相手から無視される状態になっていたので仕方なく家庭裁判所へ調停を申し立てようと準備に入りました。被相続人の財産目録を作成する為、被相続人の銀行などを調べ口座の証明(流動性)を発行してもらったところ、被相続人の死亡日より以降、計200万円近くが引き下ろされてました。そして5ヶ月ほど前に生命保険会社から死亡保険金と思われるかなりの額が振り込まれており、振込みの翌日から数日に分けて全て引き出されていました。
被相続人は他にも2つ口座を持っていますが、残高はほぼゼロです。現在流動性の口座照会を依頼してますが、恐らく引き出されていると思います。

預金を全て引き出したのは上記相続人Aさんの長女です。
被相続人の亡くなる日の前後に被相続人の預金通帳やカードをこの長女が持っていて、入院費用や葬儀の支払いはこの長女が中心にやったそうですが、それが被相続人から事前にお願いされて渡されたのか、それともAさんの長女が独自の判断で被相続人の家に入り、通帳やカードを押収してきたのか、入手の経緯は確認できていません。

法定相続人であるAさんは障害があり、法律行為が行えない状態で、Aさんの長女が相続に関して動いています。しかし長女がAさんの成年後見人や法定代理人として法的手続きをとってこのような行動しているかはまだわかりません。

みなさんの意見をお聞きしたいのですが、
私が相談した法律に詳しい方は、最初、Aさんの長女を横領罪で立件できる可能性はあると指摘されました。それからいろいろ考えて、やはり家裁へ申し立てほうがいいかもと言われましたが、問題は誰が相手方になるかです。
法定相続人のAさんに対して遺産分割を申し立てても預金及び保険金が全て引き出されています。その実行犯は長女です。長女は法定相続人ではありません。長女を法廷に呼び出す為に、Aさんの後見人としてこちらからAさんの長女を後見人に指名し、この長女を相手方にすべきとのアドバイスです。でも後見人の指名には十数万円費用がかかると言います。今後の弁護士費用も必要ですし、結構痛いです。

家裁で話し合い、運よく預金を戻してもらって法定分割でき和解したとしても、このように勝手な行動を行い、故人の預金を独善的に引き出してしまうというAさんの長女の行動は、親族同士といえ反社会的なものを感じます。(私は恐ろしくてたまりませんが)Aさんの長女は30台半ばぐらいで結婚もしており、十分責任が取れる大人です。預金を返してもらって何もなかったことにするより、何かしら法的なペナルティが必要ではと思っています。私は厳しいでしょうか?

みなさんはどう思われますか?

ちなみに保険金に関しては、現在保険会社に契約者名や受取人の確認調査を文書にて依頼してます。

共同相続人の一人が財産全てを独断で持ち去った場合


昨年叔母が亡くなりました。叔母には父母、配偶者、子が無く兄弟姉妹及び代襲相続人が法定相続人となります。遺言はありませんでした。

叔母の死後、被相続人の兄弟姉妹で一番下の方(Aさんとします)の長女が被相続人の住んでいたアパートを遺品整理業者と共に整理し、被相続人の通帳、証券、保険証券類、その他家具類も全て持ち出しました。

亡くなった三ヵ月後、Aさんの長女は共同相続人全員に「被相続人の財産は全てAに譲ると相続人間で協議をした。」...続きを読む

Aベストアンサー

別に厳しいとは思いませんけど、
民事的な懲罰、刑事的な懲罰、どちらをお望みなんでしょうか?
前者なら弁護士に、後者なら警察に相談する事をお薦めします。

Q「投稿写真」などのエロ雑誌に・・・。

高校生の時、歩道橋の階段を昇っていたら、
踵に何か硬いものがガツンと当たりました。
何かと思って、後ろを振り向くと、
男性が少しかがんでゴッツイカメラを上に向けて構えていました。
男性は急いで走って逃げていきました。
翌日、友達にこの話をすると
「それ、スカートの中、撮られてんだよ~。
きっと『投稿写真』とかに載せられちゃうんじゃない」と言われました。
実際、写真を撮られた後なのか、まだ撮る前だったのかはわかりませんが、
もし、友達の言うとおりのことをされていたかと思うと、
怒りと惨めさでいっぱいになります。
もう10年も前の話ですが、思い出すたび悔しいです。
よくあることなのかもしれませんが、
絶対に違法ですよね。
だいたいこういうことを堂々としている出版社が普通に存在している世の中、おかしいと思いますが。

仮に、自分のものだと思われる写真をみつけて
投稿者及び出版社等を訴えたら、いくらぐらいの損害賠償をとれるのでしょうか?
微々たるものでしょうか?
それともこれって違法ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

違法といっても、民事上の違法(相手に損害賠償の支払等をする必要がある)と、刑事上の違法(懲役・禁固・罰金等の刑罰を受ける)があります。

まず、民事上は、当然に、プライバシーや人格権の侵害となりますので、違法です。慰謝料として30万~100万円程度は請求できるでしょう。

次に、刑事責任ですが、撮影したカメラマンは、迷惑防止条例等の違反であり、違法です。

ただ、出版した者については、撮影に関わっていなければ、迷惑防止条例等に違反する様態で違法に撮影された写真を、出版することを犯罪とする法律はありませんので、違法ではないと言うことになります。

出版者としては、刑務所に入れられたりすることは無いですし、慰謝料請求してくる被害者はまずいないでしょうから、やりたい放題ですね。

Qみなし相続財産、みなし贈与財産

みなし相続財産、みなし贈与財産
以下のものは「みなし相続財産」「みなし贈与財産」に含まれますか?

・国民健康保険料(親が同居の子(成人)の保険料を支払う)
・国民年金保険料(同)
・各種民間生命保険、自動車保険の保険料
・自動車の無償貸与(親の自動車を同居の子の専有として使用)
・高校卒業以降の学費
・親の扶養にある内に購入した自動車の代金

含まれる場合は遺言作成時等に清算の対象とすることができるでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の内容は「特別受益」といいます。
特別受益は相続財産に参入され分割の母数になります。
特別受益に含まれるものは、遺贈、婚姻・養子縁組のための贈与、生計の資本としての贈与。
特別受益に含まれないものは扶養義務費(子供を養育するための費用など)です。
個々の事情が勘案されますから、はっきり線引きはできませんが、

・国民健康保険料(親が同居の子(成人)の保険料を支払う)
微妙

・国民年金保険料(同)
微妙

・各種民間生命保険、自動車保険の保険料
微妙

・自動車の無償貸与(親の自動車を同居の子の専有として使用)
名義が親なら特別受益にはならない

・高校卒業以降の学費
一般と比べ高額であれば特別受益(医学部とか留学とか)

・親の扶養にある内に購入した自動車の代金
親が買ってやれば特別受益


特別受益の扱いは遺言に明記すれば、遺言に従って処理されます。
○○に対する生前贈与による特別受益(の持ち戻し)を免除する、と遺言すれば分割協議対象外になりますし、○○に対する××の生前贈与は特別受益としその余は免除すると遺言すれば××については持ち戻して
遺産の母数に含めます。

計算方法の法分や特別受益になるかならないかの判例は「特別受益」でググってください。

質問の内容は「特別受益」といいます。
特別受益は相続財産に参入され分割の母数になります。
特別受益に含まれるものは、遺贈、婚姻・養子縁組のための贈与、生計の資本としての贈与。
特別受益に含まれないものは扶養義務費(子供を養育するための費用など)です。
個々の事情が勘案されますから、はっきり線引きはできませんが、

・国民健康保険料(親が同居の子(成人)の保険料を支払う)
微妙

・国民年金保険料(同)
微妙

・各種民間生命保険、自動車保険の保険料
微妙

・自動車の無償貸与(親の自動車を同居...続きを読む

Qツイッター(バカッター)投稿写真愚行大賞は?

今年はツイッター(バカッター)に愚かな写真が多数投稿され、問題になりました。
あなたは、どういう行為が一番愚かだと思いましたか?

・冷蔵庫、冷凍庫に入った行為
・線路に寝そべる、USJのアトラクションなどでの危険行為
・玉木宏の空港でも買い物レシート写真をアップした行為
・しまむら店員を土下座させた行為
・「万引きなぅ」と投稿した行為
・ピザの横にネズミの死骸を置き記念撮影
・全裸写真投稿
・電話ボックスで花火大会
・キャベツのお面でタバコを吸う
・パトカーの屋根に乗る
・「人身事故なう」と投稿した行為
・バンズの上に寝そべってみた」写真投稿
・甲子園出場の野球部員カツアゲ情報暴露投稿
・看護学生の検体内臓の写真投稿
・老人を轢き逃げし死亡させた女性「免許をとったSさんはとりあえず爆走!運転ちょっと上手くなった気がした」と轢き殺した数日後に投稿
・女子高生が遊びで消防車を呼んで炎上
・専門学校生、J1サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手のカルテを見たと投稿
・その他
・番外編 石破茂氏がブログで「デモはテロ行為」と記載

Aベストアンサー

番外含めて全て(-_-#)

Q相続財産を他人に委任。財産が取られる?

私の父の財産のことで質問します。
父は亡き祖父が起業した会社の株式を保有しています。(現在は会社からは離れておりただの株主です。)同様に相続した親族の中で、会社の経営陣として残っている人から、「一族の発言権を高め経営陣を牽制したい、将来は、株式を会社に寄附する等会社のことを考えた行動を一緒にしよう」と持ちかけられ、信頼関係から「株式の一切の権限を委任する」旨の委任状を渡してしまいました。
その人を信頼しての行動であり、別に今のところは配当はちゃんと受け取っています。
最近、委任した人が父がボケてしまわないうちに、遺言状を残して貰わなければ...と言っているのを人づてに聞きました。
父は、会社の株式を寄附したりするつもりはなく、私に相続させたいと考えており、不安になっております。さりとて、現在は、その人と特別争っているわけではなく、穏便に解決したいと思っています。
果たして、委任状があるからと言って、相続財産(未公開株)を他人が自由できるのでしょうか?委任状を取り消す方法はないのでしょうか?信頼関係をこちらから損なうことになるため、委任状を取り返すことは、考えていません。
どなたか、お知恵をかして下さい。

私の父の財産のことで質問します。
父は亡き祖父が起業した会社の株式を保有しています。(現在は会社からは離れておりただの株主です。)同様に相続した親族の中で、会社の経営陣として残っている人から、「一族の発言権を高め経営陣を牽制したい、将来は、株式を会社に寄附する等会社のことを考えた行動を一緒にしよう」と持ちかけられ、信頼関係から「株式の一切の権限を委任する」旨の委任状を渡してしまいました。
その人を信頼しての行動であり、別に今のところは配当はちゃんと受け取っています。
最近...続きを読む

Aベストアンサー

 結論からいえば、さほど心配する必要はないのでは?
 ご質問の記述から言って、仮に受任者の方が何か悪巧みをしているつもりだとしたら、まるっきり穴だらけのやり方ですから。
 委任状の記述が、上記のとおりでも、かってに第3者に株式の譲渡を、法的に有効な形でやることは到底無理です。
 株式の譲渡には、株券の交付が必要とされていますし(発行していないなら、発行してからじゃないと譲渡不可)、かりにお父さんが株券も預けているとしても、「株式の一切の権限を委任する」とだけ書かれた、乱暴な委任状を信用して、受任者とだけやり取りした人を、譲受人として法律が保護するか、きわめて疑問です。
 「発言権を高めるため」という言い分は、もっともなものです。お父さん、ichiroさんは、経営そのものには興味がなく、配当さえちゃんと入ればいいから、だったら、その議決権を、実質自分にくださいよ、という申し出なわけですよね?
 わからないのは、将来は「会社に寄付するとか」一緒にしよう、とかいってるとのことですが。相手の意図するところが、ichiroさんに伝わってないだけのような気がします。
 もちろん、保証はできませんので、ichiroさんの不安を解消する方法としては、これから、以下の段取りで、事を進めてみてはどうでしょうか?
 まず、過去に、くだんの委任状を一枚書いたっきりのようですが、これが、法的には意味がほとんどないやり方なのです。
 「株主が代理人によって、議決権を行使するのには、代理権の授与は、総会のたびにしなければならない」(商法239条2項、3項参照)のです。
 ですから、相手にこのことを、好意的な形で指摘しつつ、これからの委任状は、もっと、委任事項を明確にしたものにかえることです。
 そのやりとりのときに、寄付の件について、相手の意図するところを確かめておきましょう。
 最後にもう一つ。委任状を取り返すことにこだわられているように、文面からは取れますけども、最悪の事態になってきたときでも、委任状を取り返すことにこだわる必要はさほどありません。内容が雑なことに加えて、委任者は、受任者を、いつでも一方的に解任することができますから(民法651条)、委任状はほっといて、内容証明郵便で、解任通知を出せば、有効に解任できます。
 以上、やや楽観的な記述と思われるかもしれませんが、第3者的には、疑心暗鬼から、いたずらに受任者のかたとの人間関係を悪化させるほうが心配なので、こんな文面になりました。ご参考にしてください。
 
 

 結論からいえば、さほど心配する必要はないのでは?
 ご質問の記述から言って、仮に受任者の方が何か悪巧みをしているつもりだとしたら、まるっきり穴だらけのやり方ですから。
 委任状の記述が、上記のとおりでも、かってに第3者に株式の譲渡を、法的に有効な形でやることは到底無理です。
 株式の譲渡には、株券の交付が必要とされていますし(発行していないなら、発行してからじゃないと譲渡不可)、かりにお父さんが株券も預けているとしても、「株式の一切の権限を委任する」とだけ書かれた、乱暴な...続きを読む

Q投稿写真をダウンロードできないブログ?

個人的な写真を投稿するために、ブログまたは写真サイトを利用したいと思っています。
投稿した写真を投稿者以外がダウンロードできないサイトはありますか?

できれば、一部の友人にだけ見せたいのでパスワード等が掛けられると
より良いのですが…。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

無いです

 投稿サイトだと、だれでも見れるのが基本ですから


オンラインアルバムなどを利用すれば、特定の(パスワードとかを設定して)人しか見れないようにできます

http://photos.yahoo.co.jp/

Q相続財産は、離婚時の財産分与の対象外?

夫の両親が死んで、夫が財産を相続してから
離婚し、夫の財産を分与してもらう予定で、
友人が離婚の準備をしているそうです。

ただ、うろ覚えなのですが、確か夫が両親から相続された財産は
財産分与の対象外だったように思うのですが。
分与される財産には、どのようなものが含まれますか?
夫の給料の残り分くらいではないのでしょうか?
アドバイスするにも確かなことがわからないので・・・
誰か詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

下のサイトを参考にしてください。
http://www.rikon.to/contents4-2.htm

結論から言いますと、ご主人が相続・贈与を受けた財産は財産分与の対象になりません。
財産分与とは、婚姻の間に形成した夫婦共同財産の清算を言います。どこまでを共同財産とみなすか見解の分かれるものもありますが、相続財産はこれには含まれません。何故なら、奥さんの存在にかかわらず、ご主人はその財産を得たからです。
逆に言えば、奥さんが相続した財産を分ける必要もないのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報