12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

700ドル持っているので、円に変えたいと思っています。

銀行に行けばいいとほかの人に聞いたのですが。

どこの銀行なら手数料が安い高いとか、そういうのってあるのでしょうか。

地方の小さな銀行でも変えることはできますか。

また、できるだけドルが高いときに買いたいのですが、円とドルの関係ってどこで調べればいいのでしょうか。

今は円高な傾向にあるらしいですね。私にとっては残念です笑

アドバイスよろしくお願いいたします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

地方銀行の場合外貨取引していない可能性はありますが


アメリカドルでしたらどこの銀行でもOKでしょう

円とドルの関係なら毎日新聞にのってますよ
今現在のドルの価格なら ドル 相場とかで検索してみてください
いろんなサイトがあります 見やすいのでOKかと思います。
銀行で違うかも分かりませんがだいたい外貨両替手数料ですと
1ドル 3円とかだったと思いますよ
    • good
    • 12
この回答へのお礼

だいたいどこでもOKですか、わかりました。

回答ありがとうございます!

お礼日時:2009/09/09 12:55

ドルと円の交換は、だいたいどこの銀行でも同じレートです。



補足ですが以下、海外へ行く際に円からドルの現金がほしいときに安く済む方法です。

最初だけ面倒ではありますが、FXの会社に口座を開設します。
その口座に円を入金し、口座内でドルに換え、空港で現金を受け取るというものです。
メリットは
1. 手数料が安い
2. 好きなタイミングでドルに換えられる
です。

1について
銀行などで両替すると1USドル当たり数円の手数料がかかります。マネーパートナーズというFXの会社だと20銭程度です。あと、別途手数料として1回あたり500円かかりますが、それだけです。

2について
銀行などでの両替ですと、多くても1日に数回のレート提示になりますが、FX会社ですとリアルタイムのレートです。例えば1円円安になった場合、1,000ドル分換金する場合で、1,000円の差が出ます。チャンスを生かせます。

USドルだけでなく、ユーロなど主要通貨で利用できます。
また、FX会社に口座開設しなくても、例えばみずほ銀行に外貨預金口座を作れば、似たようなことができます。手数料は1,000円です。
    • good
    • 1

専門家紹介

日比野岳

職業:ファイナンシャルプランナー

1971年生まれ。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。CFP認定者。総合旅行業務取扱管理者。
事業理念は「私はお客様一人一人になりきり、生活の質(QOL)の向上に貢献します」です。
自ら「資産運用」を行い、「結婚後のライフプランニング」と「節約お得生活」、「賢い住宅ローンの借り方」等の緻密な計算が得意です。
健康オタク。写真、登山、旅行が大好きです。
webサイト「マネーの達人」「Soldie」に記事掲載中。
味の素株式会社 ファイナンシャルセミナー講師担当(2014年)
FP技能士試験対策標準テキスト執筆(秀和システム)

詳しくはこちら

専門家

両替を急がなければ、米ドルでしたら日本円以上に使いやすいですし、次回海外旅行した時、そのドルを他の通貨に両替しては如何でしょうか?


両替をすればするほど、両替手数料分は損をしますしね。
為替の予測が不可能という前提に立てば、理論上これが最も効率的な方法だと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

たしかにアメリカに行く予定も考えているのですが、今は日本円が現金でほしいので、両替するつもりでおります。

お礼日時:2009/09/09 12:54

 米ドルの現金は銀行(外国為替取扱支店に限る)や、一部の金券ショップで買い取ってもらえます。

日本国内の銀行の米ドル現金買取レートは横並びで、銀行間の差異はあっても1米ドルあたり数銭程度なので、どの銀行で両替するかは気にしなくて大丈夫です。
 また金券ショップでも両替を扱っているところがあり、その多くは銀行の(横並びの)レートより1米ドルあたり1円~1円50銭程度高く買い取ってくれます。

1. 為替用語説明
 まず為替用語の解説をしながら、銀行の両替レートがどのようにして決まるかを述べます。
<銀行間レート> 外国為替市場において文字通り銀行間の取引に用いられるレート。顧客はこのレートでは取引きできず、外貨を売るにしても買うにしても必ずいくらかのマージンを払うことになる。新聞やテレビで「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=92円80銭でした」など報じられているレートは特に断りのない限りこの銀行間レート。
<公示仲値(TTM)> 銀行間レートは常時変動しているので、これを窓口での取引基準に使うと処理が煩雑になる。そこで銀行はこれに代えて「公示仲値」というものを定め、その日一日の取引の基準レートに使う(一日に数回改定する銀行もある)。公示仲値は各銀行が個別に定めるので多少ばらつくが、その差はあっても1米ドルあたり数銭程度。
<対顧客電信売レート(TTS)> 外貨現金のやり取りを伴わない(数字上だけの)取引において、銀行が顧客に外貨を売る際のレート(*2)。具体的には海外送金やトラベラーズチェック発行が該当する。米ドルの場合はTTMに1米ドルあたり1円を上乗せした数字になる(*1)。このTTMとTTSの差のことを「為替手数料」と呼ぶ。
<対顧客電信買レート(TTB)> TTSの逆で、外貨現金のやり取りを伴わずに顧客が銀行に外貨を売る際のレート。米ドルの場合は通常、TTMから1米ドルあたり1円差引いた数字に設定される。
<外貨現金取扱手数料> 外貨の現金は手許に保有するだけで為替変動リスクや死蔵コストが生じる。また現地(紙幣発行国)との間の輸送料やその際の保険料などもかかる。そこで外貨現金のやり取りを伴う取引には、その分の手数料を上乗せする。この手数料を「外貨現金取扱手数料」と呼んでいる。米ドルではほとんどの銀行で1ドル当たり2円に設定されている。

 外国為替市場の取引で相場が形成される→その相場を元に銀行が公示仲値を決める→その公示仲値から3円(為替手数料1円+外貨現金取扱手数料2円)を差引いた数字が自動的に米ドル現金の買いレートになる、という仕組みになっているわけです。

2. 外国為替市場のレート
 外国為替市場のレートは[1]などで見られます。何分かおきにページを更新してみると、数字が刻々と変化する様子が分かるでしょう。この数字は「銀行間レート」に相当します。値動きのグラフもありますから上がり下がりの傾向もつかむことができます。実際の米ドル現金買いレートはこれより3円差引いた数字が目安となることは述べた通りです。
 参考までにですが銀行の公示仲値は午前10時ごろ更新されますので、もし前日の夜に円安ドル高が進行していたら更新を待ってから両替した方がよく、逆に円高ドル安に動いていたら朝のうちにさっさと両替するのが、少しですが有利です。

3. 銀行での両替
 実際の銀行の両替レートを見てみましょう。参考ページ[2]はみずほ銀行の両替レートです。9月4日の数字で米ドル現金の買いレートは89円70銭です。売りレートは95円70銭なので、「公示仲値が92円70銭、買いレートは3円差し引き、売りレートは3円上乗せ」とすぐに読み取れます。
 他行の米ドル現金買いレートですが、三井住友銀行[3]でCASH BUYINGの項を見ると、米ドル現金買いレートは89円71銭と分かります。みずほとの差異はわずか1銭です。三菱東京UFJ銀行[4]は89円70銭(CASH. B)でみずほと同一です。
 地方銀行についても代表的なところを調べると、同じく9月4日で福岡銀行[5]、千葉銀行[6]、静岡銀行[7]などいずれも89円70銭でこれまた横並びです。ゆうちょ銀行はインターネット上にレートを公表していませんが、米ドル現金買いレートは公示仲値マイナス3円なので他行と同水準です。
 以上から分かるように米ドルに関して言えば「どこの銀行が安い高い」はありません。また日本の銀行の外貨両替では手数料は原則全てレートに織り込まれており、「両替1回ごとの手数料」といったものが別途加算されることもありません。
 米ドルなら地方銀行でもほとんどが両替を扱っていますし、レートは横並びですから手近な銀行の支店(ただし外国為替取扱支店に限る)で両替すれば十分です。

4. 金券ショップでの両替
 参考ページ[8-13]は金券ショップ(両替専門業者含む)の両替レート例です。同様に9月4日の数字で[8]と[9]の業者は90円70銭、[10]と[11]の業者は90円71銭なので銀行より1円有利と分かります。[12]の業者は特にレートがよく91円20銭(銀行比+1円50銭)で買ってくれます。ただし、買いレートが銀行と横並びの業者[13]もあります(売りレートなら銀行より有利)。
 質問者さんがお住まいの場所が分かりませんので、具体的な業者をここで挙げることはできませんが、お近くに金券ショップがあるなら外貨両替を扱っているか確認してみるとよいでしょう。

5. そのほか
 お近くで、アメリカにでも出かける人がいればその人に買ってもらうのも手です。公示仲値程度で取り引きすれば、その人は米ドルを安く買えて、質問者さんは(銀行や金券ショップより)高く売れてお互いに得をします。現在、両替業務は完全に自由化されているので(*3)、個人間で取り引きしても法律上の問題は全くありません。
 外貨預金や外国為替証拠金取引と組み合わせることでもう少し安い手数料で日本円に交換する方法もあることはありますが、時間がかかる上に為替取引に関する知識が必要で、なおかつ少額では手数料が高くついてしまいます。700米ドルであれば上述のように、銀行か金券ショップで即時両替する方法が最善です。

6. まとめ
(1) 日本国内の銀行の米ドル現金買いレートは全くの横並びです。どの銀行で両替するか悩む必要はありません。
(2) 一方、一部の金券ショップは銀行より1円~1円50銭高いレートで米ドル現金を買ってくれます。お近くにそのような業者があれば利用するとよいでしょう。

参考ページ
[1] http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/ …
[2] http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/in …
[3] http://www.smbc.co.jp/market/index.html
「公表相場一覧」をダウンロード
[4] http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/k …
[5] http://www.fukuokabank.co.jp/cgi-bin/gaitame/fbi …
[6] http://www.chibabank.co.jp/rate/rate_r.html
[7] http://www.shizuokabank.co.jp/feeandinterest/int …
[8] http://www.ticketzone.jp/
[9] http://kinken.homepage.jp/change/
[10] http://www.igami.co.jp/currency.html
[11] http://gaika.e-daikoku.com/
[12] http://www.interbank.co.jp/goods.php?mm_id=inter …
[13] http://www.tiketking.co.jp/change/dayrate.php

*1 インターネット専業銀行(ソニー銀行、イーバンク銀行など)では為替手数料をこれより安く設定していますが、実店舗がないので米ドル現金の両替はそもそもできません。
*2 「売り」「買い」のどちらを読めばよいかで戸惑いますが、これらの主語は常に銀行側です。
*3 平成10年に外国為替及び外国貿易法が改正されたことによります。実は金券ショップが両替業務に参入するようになったのも、この改正のときからです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

詳細な解説をしていただきまして感謝です、じっくり読ませていただきます!

お礼日時:2009/09/09 12:54

円とドルの関係、ですか?



単純に為替を知りたいのであれば、Yahooとかでも見れますよ。
http://quote.yahoo.co.jp/m3?u

ここ、そこそこな間隔で更新されていくみたいです。
http://www.gaitame.com/market/kawase.html
http://www.fxchart.net/
http://www.forexwatcher.com/quotes.htm

証券会社にFX口座を開いて、ダウンロードできるツールとか使えば
リアルタイムに見ることも出来ます。

中規模な郵便局でも出来ますから、基本的に金融機関ならどこでも可能
でしょう。
相当ちっちゃくて、ATM1台置いてるだけですとか、簡易郵便局とかでなければ
問題ないと思います。

よく分かりませんけど、郵便局の為替に対する手数料はこれじゃないですかねー。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/ryokin/rkn_index …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今だと1ドル92円くらいなんですね。
わかりました。

回答ありがとうございます!

お礼日時:2009/09/09 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外から戻りました!ドルを円にしたいです。

こんにちは。

海外から戻り、ドルを円に戻したいのですが
どこで行うのが一番よいのでしょうか?

金額は安いです。
27ドルとコインです。

普通の銀行でお願いできるものなのでしょうか・・・??

初めてなもので・・・皆さん
教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

外貨両替ができるのは紙幣だけです。
コインは一切両替できません。
ですから、海外へ行って戻る場合は、コインは取っておくか、使いきるか、近い時期にその通貨が使える国へ行く人に譲るかのいずれかになります(例外的に、1ユーロコインと2ユーロコインのみは、ユーロを適用していないイングランドのヒースロー空港内でも使えるお店がありましたけれど、セントのコインは使えませんでした)。
両替できるのは27ドル分の紙幣のみです。
今日ならば、3,097円ですね。

両替は、戻った時に空港内でしてくると楽だったんですけれどね~。
27ドル程度ならば、どこでやっても一緒ですから。
外貨両替については、市中ならば、普通の銀行でもしています(私の勤務先でもできますよ~。私の勤務先は「銀行」ではありませんが、米ドルのみを対象に外貨両替も扱っています)。
ただし、「外貨両替取扱」の表示がある店舗でないとできません。
ですから、同じA銀行でもB支店ではできるけれどC支店ではできない-ということもあります。
また、郵便局でもできるところがありますよ。
http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/sj000200.htm

レートに関しては、日々変わります。
新聞に東京外国為替市場対顧客レートというのが掲載されていますから、それを参考にしてください。
ただし、これはキャッシュではありません。
また、セルサイドとバイサイドではレートが違います。
ご参考までに、本日(11月15日)の三菱東京UFJ銀行対顧客外為相場は、米ドルの場合、セルサイド(客側から見て米ドルの購入=円貨→米ドル)が1ドル120.53円で、バイサイド(客側から見て米ドルの販売=米ドル→円貨)が1ドル114.73円です。
このセルサイドとバイサイドの差が、#3さんがおっしゃっている「日本では「両替手数料」は、普通は不要です。「売り」と「買い」のレートの違いで、"サヤ"を抜いています。」ということです。
(私は金融機関に勤務していて、資金運用を担当する部署にいます。外為運用もありますので、これらのデータも目の前にある情報端末で照会できます。)

ドル/円は、昨日のGDP発表を受けて、またちょっと円高になってしまったので、とりあえず、しばらく持っていてもいいんじゃないでしょうか。
ところで、行く時はどの程度のレートで両替されました?

外貨両替ができるのは紙幣だけです。
コインは一切両替できません。
ですから、海外へ行って戻る場合は、コインは取っておくか、使いきるか、近い時期にその通貨が使える国へ行く人に譲るかのいずれかになります(例外的に、1ユーロコインと2ユーロコインのみは、ユーロを適用していないイングランドのヒースロー空港内でも使えるお店がありましたけれど、セントのコインは使えませんでした)。
両替できるのは27ドル分の紙幣のみです。
今日ならば、3,097円ですね。

両替は、戻った時に空港内でしてくる...続きを読む

Q外貨両替→外貨から日本円の両替について

私は外国のお金を集めるのが趣味だったのですが、興味がなくなったので、日本円に両替をしたいと思っています。そこで質問なのですが銀行によって為替相場(?)が違っていたりするのでしょうか?また、手数料が安いなどの違いはあるのでしょうか?おすすめの銀行があればぜひお教えください。本当に無知で申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。私は年に10回ほど海外に出かけることもあり、「お得な両替法」については関心を持っております。
ベストの両替法は通貨によって異なりますので、お持ちの通貨とその金額についての情報が欲しいところですが、それがありませんので一般論としてお答えいたします。
それからご承知かと思いますが、外貨で両替できるのは一般に紙幣のみです。米ドルやユーロなどのメジャー通貨なら硬貨でも両替する方法はありますが、それ以外の通貨の硬貨は記念として持っておくか、その地に旅行に行く人に両替してもらうくらいしか手がありません。

【レートの設定】
日本の銀行では前日の為替レート及びその動向を勘案し、午前10時頃にその日のレートを決定します。だいたいは横並びになりますが、それぞれの銀行が独自に決めていますから0.1~0.2%程度の違いは出ます。例えばみずほ銀行[1]と東京三菱UFJ銀行[2]、成田空港での調査例[3]などをご覧になってみて下さい。
売買のレートはそれぞれ別個に決めているわけではなく、決めるのは中間のレート(TTM)のみです。売りレート(TTS)は定められた数字だけTTMに加算、買いレート(TTB)は定められた数字だけ減算することで機械的に算出されます。
また両替のように外貨現金のやり取りをする場合は、TTS/TTBそれぞれの金額に外貨現金取扱いの手数料に相当する額がさらに上乗せされます。実際の例でみてみましょう。

ある日の米ドルのレートが、TTMで1ドル=117.00円に定められたとしましょう。米ドルの場合TTS/TTBはそれぞれ1円加算/減算というのが多いですから、売りレートは1ドル=118.00円、買いレートは1ドル=116.00円となります。
現金の両替にはさらに、1ドルあたり2円の外貨現金取扱手数料がかかります。よって現金売りレートは1ドル=120.00円、現金買いレートは1ドル=114.00円です。
TTMとTTS/TTBの幅や外貨現金取扱手数料の額は銀行によって多少異なりますので、その額が小さい銀行を選ぶのも一つの方法です。なお日本の銀行や両替所の場合、両替1回ごとに決まった額の手数料を取る方式は稀であり、レートへの上乗せ分(マージン)が手数料に相当しているとお考え下さい。

よって「銀行によって相場が違うのか、手数料に高い安いのがあるのか」という質問については「相場は若干だが異なる。手数料はTTMからの上乗せ分が相当するが、これも銀行によって差異がある」というお答えになります。

【具体的な両替法】
○米ドル
上で述べたように現金の買入れレートはTTMマイナス3円というのが標準的ですが、銀行によっては2円80銭くらいのところもあります。
金券ショップではこのマージンが2円のところもあるので[4,5]、お近くにそのような店があれば利用されてもよいでしょう。TTM=117.00円のとき、現金1ドルあたり115.00円で買い入れてくれるということです。

○ユーロ
現金買入れレートはTTMマイナス6~8円というのが標準的ですが、ユーロでは三井住友銀行が特異的に有利で、現金買入れレートはTTMマイナス4円です。また外貨現金の通信販売をしている業者でTTMマイナス3円50銭で買い取ってくれるところもあります[6]。
[4]の金券ショップのユーロの現金買入れレートはTTMマイナス5円なので、三井住友の方が得です。東京三菱UFJはTTMマイナス7円50銭なのでお勧めしません。

○ユーロ圏旧通貨(ドイツマルク、フランスフラン、スペインペセタ、イタリアリラなど)
発行国の中央銀行に持ち込んでユーロに交換する以外、流通させる方法がありません。このため日本国内の銀行はほとんどが両替を終了しています。
現地に行かれる機会があるなら中央銀行で両替する方法がありますが、その機会がないなら例えば[6]の通信販売業者などを使う方法があります。公定レートでユーロに換算した額の半値程度ですが、紙屑にするよりはマシです。

○その他ヨーロッパ通貨(英ポンド、スイスフラン、北欧3通貨)
英ポンド、スイスフランは比較的流通性が高く扱っている支店も多いです。ただし現金での買取レートはあまりよくなく、英ポンドだとTTMマイナス10~12円、スイスフランだとTTMマイナス5円くらいです。前出[4]の業者ですと英ポンドでTTMマイナス8円、スイスフランでTTMマイナス4円なので多少よく、こちらを利用するのも一法です。
北欧3通貨(デンマーククローネ/ノルウェークローネ/スウェーデンクローネ)は扱い支店がぐっと減り、マージンも大きめの設定です。よほど大きな支店か空港の出張所でないと両替不能です。北欧3通貨についても、[6]の業者が銀行より多少有利なレートを出しているようです。

○アジア通貨(中国元、韓国ウォン、台湾元、シンガポールドル、香港ドル、タイバーツなど)
アジア通貨は国際的な通用度が低いため、両替の際のマージンがどうしても大きくなってしまいます。具体的なレートは[1,2,6]で確認頂くとして、シンガポールドルでTTMマイナス4円、韓国ウォンで100ウォンあたりTTMマイナス1円50銭、タイバーツでTTMマイナス50銭といったところです。いずれもかなりの目減りになります。
ただ東アジア・東南アジアでしたら、旅行に行かれる方が近くで見つかるのではないでしょうか。そういう方に買い取ってもらうのが一番です。
これ以外の通貨(マカオパタカ、マレーシアリンギット、インドルピーなど)となると[6]のような業者を使うくらいしか手がありませんが、レートが低くなるのはご承知おき下さい。

○オセアニア通貨(豪ドル、ニュージーランドドル)
豪ドル、ニュージーランドドルは立派な国際通貨なんですが、こと現金で日本に持ち込むとレートがかなり落ち、銀行での両替で豪ドル・NZドルともTTMマイナス9~10円程度です。これも[6]の業者が比較的よいレートを出しています。豪ドル・NZドルともTTMマイナス7円50銭です。

○硬貨
硬貨の両替は冒頭述べたようにお手上げですが、米ドルとユーロに限っては両替可能で例えば[4]の金券ショップなどが扱っています。ただしレートは紙幣とは別の設定です。(当然、紙幣よりレートが下がります)
ユーロ圏の旧通貨のうち一部は、硬貨の両替を既に停止しています(フランスフラン、ポルトガルエスクードなど)。詳細は[7]をご覧下さい。これらについては記念として持っておく以外の方法がありません。

[1] 両替レート みずほ銀行 http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/information/market/cash.html
[2] 両替レート 三菱東京UFJ銀行 http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html
[3] レート調査の例 http://homepage3.nifty.com/mustafa/exnrt.html
[4] 金券ショップ 大黒屋 http://www.ekai.jp/cgi-bin/new/exchangebottom.htm
[5] 金券ショップ チケットキング http://www.tiketking.co.jp/change/
[6] 外貨通信販売業者の例 http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[7] 駐日EU代表部 http://jpn.cec.eu.int/union/showpage_jp_union.emu.php

参考URL:http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html, http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm

こんにちは。私は年に10回ほど海外に出かけることもあり、「お得な両替法」については関心を持っております。
ベストの両替法は通貨によって異なりますので、お持ちの通貨とその金額についての情報が欲しいところですが、それがありませんので一般論としてお答えいたします。
それからご承知かと思いますが、外貨で両替できるのは一般に紙幣のみです。米ドルやユーロなどのメジャー通貨なら硬貨でも両替する方法はありますが、それ以外の通貨の硬貨は記念として持っておくか、その地に旅行に行く人に両替しても...続きを読む

Qドルの換金の仕方 

旅行に行った際のアメリカドルが$1,000ほど残って手元にあります。

できるだけ高くなるように日本円にしたいのですが、どこに行けばいいのでしょうか?

また、レートは日々変わると思いますが、どのようなときに換金にいけばいいのでしょうか?

また、そのレートはインターネットでも見ることはできますか?

お恥ずかしいですが、円高、円安・・・も今ひとつ分っていません。


ぜひアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

銀行に行けば日本円に両替してもらえます(紙幣のみ。硬貨は扱ってもらえません)。
手数料は、おおむね中値(テレビなどで1$=○○円といっている値段)から、3円~3.5円程度プラスされた相場での両替となります。
たとえば、レートが1$=120円のときであれば、両替レートは1$=123円になります。

両替は、できるだけ「ドル高」=「円安」のときに行ったほうがトクです。ドル高とは、1$あたりの円がより高いことを言います。1$=110円より、1$=120円のほうが、10円円安です。

ただし、銀行での店頭両替レートは、前日のレートが基準となっていますので、今日のニュースで「円安です!」といっていた場合、その日の銀行店頭レートにはまだ反映されていませんので、次の日に行くべきです。
もっとも、$1000程度であれば、仮に1円円安になったところで1000円の差ですが。

もっとも、今1万円のお金にも困っているという状況でなければ、「ドル現金のまま保持しておいて次回の旅行時に使う」のが一番トクです。現状、ドルは長期的には上昇傾向(円安傾向)にありますので、ドルはドルのまま持っているのが長期的にはトクだからです。
たとえば、今のレートは1$=120円です。今両替すると、これは12万円になります(両替手数料を無視すれば)。
1年後、1$=125円になっていたとします。このとき、$1000に両替しようと思ったら、12万5千円払わないとダメということになります。
つまり、両替手数料を無視しても5千円損します。両替手数料を片道3円とすれば、手数料込みだと1万2千円も損することになります。
したがって(2度と海外旅行には行かないというのでなければ)ドル現金のまま持っているのが得策かと思います。

銀行に行けば日本円に両替してもらえます(紙幣のみ。硬貨は扱ってもらえません)。
手数料は、おおむね中値(テレビなどで1$=○○円といっている値段)から、3円~3.5円程度プラスされた相場での両替となります。
たとえば、レートが1$=120円のときであれば、両替レートは1$=123円になります。

両替は、できるだけ「ドル高」=「円安」のときに行ったほうがトクです。ドル高とは、1$あたりの円がより高いことを言います。1$=110円より、1$=120円のほうが、10円円安です。
...続きを読む

Q外貨コインを日本円に換金する方法を教えて下さい。

アメリカから帰国して米ドルを日本円に換金すべく銀行へ行ったところ、知らなかったのですが、紙幣しか換金できないと言われました。
コインがすごく多いので日本円に換金したいのですが、コインの米ドルを日本円に換金できる方法、サービスをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さいませ。
よろしくお願いいたします。
(東京在住)

Aベストアンサー

外国コインの両替は全く不可能なわけではありません。もちろん紙幣に比べて両替できる場所はごく限られますしレートも紙幣に比べ悪くなるのですが、それでも構わないのであれば手立てはあります。

私の知る範囲では、都内にもいくつかの店鋪を持つ「大黒屋」[1]という金券ショップで硬貨(米ドル、ユーロのみ)の両替が可能です。お近くの店鋪については[2]でお調べ下さい。
ただし最初に述べたように、買い取りレートがどうしても悪くなってしまう点はご了承ください。コインは1枚当たりの金額が小さいので両替総額が同じでも紙幣より手間がかかりますし、運搬や保管も紙幣に比べて面倒です。その分のコストを、紙幣よりレートを悪くして(マージンを大きく設定して)回収せざるを得ないわけです。ちなみに上記の「大黒屋」での硬貨買い取りレートは、紙幣買い取りレートの50%です。

切手・コイン商(*1)が収集の対象としてコインを買い取るのに対し、上記のの買い取りはあくまで「両替」です。収集目的だと、状態の悪いコインは買い取り価格が下がりますし流通量の多いコイン(誰もわざわざ集めないようなコイン)だと買い取ってすらくれませんが、両替であればこれらは無関係です。25セント硬貨ならちゃんと25セント分として扱ってくれます。

ただ「50%」というレートですと、泣くに泣けないほど目減りしてしまうのは事実です。レートに納得できないとなると、既に回答のありますようにアメリカに出かけるお知り合いに交換してもらうくらいしか手を思い付きません。(平成10年の外国為替及び外国貿易法の改正により、今は誰でも自由に両替を行えるようになっています。金券ショップが両替を扱えるようになったのもこの改正によるものです)

国際線の機内販売で使う手もなくはないのですが、「外国通貨は紙幣のみ受け付け」というところも多いですからご注意ください。
このほか両替ではありませんが、国連機関のUNICEFが外国コインでの募金を受け付けています[3,4]。もともと募金のお気持ちがあれば日本円に代えて外国コインで募金することも選択肢として出てきます。

以上、すっきりした解決策を示せなくて恐縮ではありますが、コインの両替は紙幣に比べどうしても条件が悪くなる点をご理解の上、質問者さんにとって最善の方法をお選び頂ければと思います。

[1] http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.e-daikoku.com/info/shop_list.html
[3] http://www.unicef.or.jp/cooperate/coop_coin.html
[4] http://www.unicef.or.jp/qa/qa_donaition.html#anchor5

*1 切手・コイン商と金券ショップは近い業種で兼業のところも多いのですが、収集目的なのかそれとも単純な両替なのかという点でこのように表現しました。

参考URL:http://gaika.e-daikoku.com/

外国コインの両替は全く不可能なわけではありません。もちろん紙幣に比べて両替できる場所はごく限られますしレートも紙幣に比べ悪くなるのですが、それでも構わないのであれば手立てはあります。

私の知る範囲では、都内にもいくつかの店鋪を持つ「大黒屋」[1]という金券ショップで硬貨(米ドル、ユーロのみ)の両替が可能です。お近くの店鋪については[2]でお調べ下さい。
ただし最初に述べたように、買い取りレートがどうしても悪くなってしまう点はご了承ください。コインは1枚当たりの金額が小さいので両替...続きを読む

Q円高の今、ドルを買っておくと、円安になった時得をするのでしょうか。1ド

円高の今、ドルを買っておくと、円安になった時得をするのでしょうか。1ドル85円の今なら、今後1ドル100円になったら、15円の得になるというので、ドルを買っておいた方がいいというのですが、手数料など細かいことが分からないので、あくまで円安になることを前提に、教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

 手数料の安さでいえば、こんな商品もあります。満期というものもないので都合のいい時に決済すればいいです。

 http://www.gaitame.com/service/leverage_1.html

 しかし上記のものはレバレッジ1倍の外国為替証拠金取引(FX)になりますので、決済時に得た利益に応じ、雑所得として確定申告する必要があります。

 http://www.gaitame.com/service/kshinkoku.html

 現在、米国は貿易赤字を減らしたいのでドル安を望んでいると言われています。なので円高はまだ進行するのではないかと思います。私個人の予想として1ドル=80円近くまでいくのではないかと思います。

 なので外貨を買うなら、もう少し時間をかけて勉強すると良いと思います。

Q現在の1ドルは日本円にするといくらですか?

現在の1ドルは日本円にするといくらですか?あと1セントも日本円にするといくらぐらいですか?

Aベストアンサー

アメリカドルでよろしいですか?
この回答の時点で、1ドル123円43銭のようです。
1セントは1/100すればいいかと思います。
http://quote.yahoo.co.jp/m3?u

Q円からドルに変えるとき

円からドルに変えるのはどこで変えるのが一番お徳ですか?銀行なら手数料とられますよね?日本で変えるのがいいのかな?
またドルから円に変えるのはどこがいいのかな?おねがいします。

Aベストアンサー

銀行よりよいレートの両替屋があります。ただし両替屋によりレートが違うので調べる必要があります。

ロスならブレントウッドのUnionBank of CA(三菱系)の横にある両替屋がお勧めです。
10645 San Vicente Blvd CA 90049
T/Cよりよいレートの時もあります。

両替屋が便利なのは銀行よりオープンしている時間が長いだけではなく、競争が激しいところでは銀行よりよいレートとなります。

Qドルから円 両替

円安なので、ドルを円に変えたいのですが。。

手数料が取られると聞きました。

いくらくらい取られますか?(%でも大丈夫です)

私が両替するのは55ドルです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドルから円に両替する場合と、円からドルに両替する場合の手数料は同じのところが多いです。
現在の為替レートが両方の両替レートの平均で、
それからの差額が1ドルあたりの手数料ということになります。
手数料は為替レートに含まれており、別に手数料を支払うということもないので、
両替するときにはあまり意識しないでいいと思います。

両替するところによって手数料は異なりますが、
多くの銀行では、ドル預金であれば1ドルあたり1円(売買の為替レートの差が2円)、
ドルの現金であれば1ドルあたり3円(売買の為替レートの差が6円)、
ぐらいのところが多いのではないでしょうか。

55ドルを両替するのであれば、
ドル預金から円なら55円
ドル現金から円なら165円
相当の手数料ということになりますね。

ネット銀行や金券ではもう少し安いところもあるようですが。

参考URL:http://www.mizuhobank.co.jp/rate/market/index.html

Qドルをそのまま預金したい。

ドルを結構持っていて、そのドルをどうするか迷っています。
できたら、ドルのまま預金して、ドルのまま引き出したいのですが、日本の銀行では、円→ドルの外貨預金はあっても、ドルそのままで預金ができません。
CITIBANKも、アメリカで引き出すなら可能ですが、日本在住ではできないようです。
どうしたらいいでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

有利と思われるやり方を2つ紹介しておきます。
1つはNo. 1でfromMtoMさんもご回答のシティバンク銀行ですが、米ドル現金扱い手数料は回避する方法があります。
【シティバンク】
(1)最初に米ドル現金を預ける際、6か月以上の定期預金にすると1ドル当たり2円の米ドル現金扱い手数料は免除されます(以前はもっと短期の定期預金でよかったのですが、今は6か月以上です)。満期を迎えた後は好きな方法で運用できます。
なお前々月の平均預金残高(円・外貨預金合計)が2,000万円相当以上あると、米ドル現金での預入れ・引出しとも無手数料でできます。
(2)引き出しは米ドルの現金でなくトラベラーズチェック(以下TC)で行う方法があります。口座があればTC発行手数料は不要なので、100ドル引き出せばそのまま100ドル分のTCが受け取れます[1]。使い残したTCは無手数料で再び外貨預金口座に戻せます。
(3)TCのほか外貨キャッシュカード[2]を作って引出す方法もあります。外貨キャッシュカードは通常のキャッシュカード(シティバンクでは「バンキングカード」*1)とは別もので、米ドル普通預金口座から直接米ドルを引き出すことができます。ただしアメリカでしか使えません。
(4)なおシティバンクには以下のデメリットもあります。
・支店が少ない上に偏在している。
・利率が全般に低い。(3月4日現在米ドル1年定期で年1.30%だが、他行では高いところで年2.4~2.5%くらいある。また米ドル普通預金の利率は年0.05%なので、普通預金ならわざわざ預ける意味はない)
・預金残高が一定額(*2)を下回ると、口座維持手数料(月2100円)がかかる。

もう一つは三井住友銀行を使う方法です。
【三井住友】
外貨預金口座に1万米ドル以上の残高があると、米ドル現金でも無手数料で出し入れできます[3]。最初の1万ドルは手数料(1ドルあたり2円)を払ってでも預けるか、別途外貨預金をするかになります。
利率は高いとまでは言えませんが、シティバンクよりはまともです。
最初の1万ドルの預金をひねり出せるなら、支店数がシティバンクより圧倒的に多い分三井住友が便利だと思います。

以下は「私ならこうする」という案です。運用予定期間も勘案して適宜工夫頂ければと思います。
・20万ドル超 シティバンク (最初は6か月定期、以降は現金でもTCでも出し入れ自在)
・20万ドル~2万ドルくらいまで 三井住友 (最初に1万ドルの預金をひねり出し、以降は現金で自由に出し入れ)
・2万ドル~2千ドル シティバンク (最初は6か月定期、その後の出し入れはTCで)
・2千ドル以下 預けずにそのまま持っておく (預けると手数料での目減りが大きい)

[1] citibankトラベラーズチェック http://www.citibank.co.jp/service/citi_service/oversea02.html
[2] citibank外貨キャッシュカード http://www.citibank.co.jp/service/gcc/index.html
[3] 三井住友銀行 外貨普通預金 http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/futsu.html

*1 海外ATMを利用してバンキングカードで外貨を引出すと、所定のレートで計算された額が「日本円普通預金口座から」引き落とされます。外貨普通預金から直接引出すことはできません。
米ドルだけは米ドル普通預金から直接引き出せますが、上記のように専用のカードを別に作る必要があります。
*2 月間平均で外貨預金20万円相当額以上、または円預金と外貨預金合計で50万円相当額以上

参考URL:http://www.citibank.co.jp/service/citi_service/oversea02.html, http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/futsu.html

有利と思われるやり方を2つ紹介しておきます。
1つはNo. 1でfromMtoMさんもご回答のシティバンク銀行ですが、米ドル現金扱い手数料は回避する方法があります。
【シティバンク】
(1)最初に米ドル現金を預ける際、6か月以上の定期預金にすると1ドル当たり2円の米ドル現金扱い手数料は免除されます(以前はもっと短期の定期預金でよかったのですが、今は6か月以上です)。満期を迎えた後は好きな方法で運用できます。
なお前々月の平均預金残高(円・外貨預金合計)が2,000万円相当以上あると、米ドル現金での預入れ...続きを読む

Q外貨紙幣→日本円への両替時の受付窓口の対応について

デートで行ったショッピングモール付近にあった銀行で、ドル紙幣を円に両替しようとしたら、あからさまに疑われました。

デートの際はいつも彼の実家の車を使わせてもらっているのですが、その日は来る途中にガソリンを入れたようで彼の財布が大変寂しいことになっていました。

お互い大学生で、彼は現在バイトをしておらずデート代が厳しいことも分かっていたので、その日は私が頑張ろうと思ったのですが…
彼が気を遣って、海外旅行から帰ってきたときに両替していなかったドル紙幣を両替すると言うので、銀行に行くことになりました。


わりと広い銀行で、どの窓口に行けばいいのかすぐに分からず、その辺に立っていた銀行員に聞き、窓口に案内されました。

その後、住所や名前などを書く紙を渡され、ドル札を鑑定機にかけるからと言われ、しばらく待たされました。

戻ってくるなり「鑑定機にかけましたが、大丈夫でした」
という言い方をされた上、記入した住所を見て
「~からいらっしゃったということですが…こちらまで来られた“目的”は何ですか?」
と言われました。

確かに彼の実家からその銀行までは何キロか離れていますが、ショッピングモールに行く途中にたまたま見つけて立ち寄っただけだったので、まさかそんな言い方をされるとは思っておらず驚いてしまいました。

銀行には銀行の正義があるのは分かります。
平日の昼間に、しかもたった60ドルくらいを両替しに行った我々も疑われる要素はあったのかもしれません。

しかし「疑ってますよ!!!」という態度をあそこまで全面に出されるとさすがに腹が立ちます。
しかも最後に「こちら金額をご確認の上、お帰りください。」と、ものすごく雑に冷たくあしらわれました。


このような銀行の対応は普通なのでしょうか?
このような対応をされるのは仕方のないことだったのでしょうか?

これまで銀行を利用する機会がほとんど無かったため、よく分かりません。
どなたか回答をお願いします。

デートで行ったショッピングモール付近にあった銀行で、ドル紙幣を円に両替しようとしたら、あからさまに疑われました。

デートの際はいつも彼の実家の車を使わせてもらっているのですが、その日は来る途中にガソリンを入れたようで彼の財布が大変寂しいことになっていました。

お互い大学生で、彼は現在バイトをしておらずデート代が厳しいことも分かっていたので、その日は私が頑張ろうと思ったのですが…
彼が気を遣って、海外旅行から帰ってきたときに両替していなかったドル紙幣を両替すると言うので、銀行...続きを読む

Aベストアンサー

市中銀行だと考えられる想定ですね。

銀行で口座開設するときも、自宅または勤務先近くの支店でないと「なぜ当支店に開設を?特別な理由がないと開設できません」と言われます。

それと同じ考え方です。

行員がことのいきさつを知らずに「なぜ自宅から数キロも離れた支店に両替にくるの?」と思ったからでしょう。犯罪の可能性のなきしにもあらずだからです。

まぁそれにしても、怒りを買うような接客(言い方)はいかがなものかと思います。

ただちに該当銀行のお客様相談室に通報すべきです。疑ってくってかかるのは心外ですよね。

ゆうちょ銀行の外貨取扱店や金券ショップ、トラベレックスなどでは遠方でもそんなこと一切聞かれませんが、両替する金額が大きければIDの提示を求められることもあります。

今後はお客様を大切にしないその当該銀行を私なら利用しませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング