「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

サラリーマンが年間収入20万円以下のアルバイト(副業)を
している場合、確定申告はしなくてもよいと
ありますが、もし確定申告をしなければ
会社には本業の収入+副業の収入の金額が
税務署から知らされるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>サラリーマンが年間収入20万円以下のアルバイト(副業)をしている場合、確定申告はしなくてもよいとありますが、もし確定申告をしなければ会社には本業の収入+副業の収入の金額が税務署から知らされるのでしょうか?



所得税法によれば、給与所得者(アルバイト含む)の年間収入が50万円以下ならば、会社は源泉徴収票を税務署へ提出しなくて良いことになっています。ですから、会社の担当者がこのことを知らなければ、20万円以下のアルバイトの源泉徴収票を税務署へ提出してしまうかも知れません。しかし、それでも税務署が会社へそのことを通知することはありません。通知する場合は、自宅へ通知があります。

地方税法によれば、その年のうちに中途退職した給与所得者(アルバイト含む)の年間収入が30万円以下ならば、会社は給与支払報告書を市町村役場へ提出しなくて良いことになっています。ですから、会社の担当者がこのことを知らなければ、30万円以下であっても給与支払報告書を市町村役場へ提出してしまうかも知れません。この場合は、そのことを会社へ通知します。

通知を受けた会社の担当者がアホでない限りは、アルバイトがバレるでしょう。
    • good
    • 0

税務署から会社に通知されることはありません。



副業の会社から、給与の支払い状況が市区町村役場に報告され、翌年の住民税に反映されることはあり得ます。
この場合、会社の担当者が数字に敏感な人であれば、自社分だけの住民税より高いと感づくことも考えられます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
翌年の住民税の天引きから感づかれる可能性があるということですね。

すみません、追加で質問ですが、
私の会社は残業の関係で年収が100~200万毎年変動します。
私も去年と今年では住民税が1万円くらい変動しました。
この場合は素人目で考える限り感づかれないような気がしますが、
念には念を副業分は普通徴収で確定申告をした
方が無難でしょうか?

補足日時:2009/09/06 09:41
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング