ネットが遅くてイライラしてない!?

こんにちは。
わたしは今年4月から子どもを保育園に預け、現在はフルタイムで仕事をしております。
育児休業から復帰する、という条件で保育園に内定が決まりましたが、予定していた派遣先が不況によりリストラをはじめ、私の戻る場所がなくなってしまいました。
早く仕事を見つけなくては保育園を追い出されてしまうので、いったん友人の経営している店舗でアルバイトをすることになりました。
就労証明を出してもらい、保育を継続してもらえることになりました。
友人の店舗では1ヶ月程度働き、すぐに自分で他の仕事を見つけ、現在はその仕事をしております。

質問は

○友人の店舗ではポケットマネーで給与をもらっていましたので、給与明細がありません。
役所の保育課は私が転職したことを何故かとても不愉快に思っているようで、「何の相談も無く転職なんて!」「すぐに給与明細を提出して!」と言われました。
どう説明していいのか困っています。(多分、私が本当は働いていないんじゃないかと疑っているんだと思います。)
ちゃんと確定申告するので、確認は来年まで待ってください。とでも言えば納得してもらえるでしょうか。

○ポケットマネーでもらった分は雑所得として確定申告することになるのだと思うのですが、友人はその額を支払った給与として計上していないと思います。(本当に自分のお金から支払い、経費として何も処理していない)
そういう場合でも、私のほうは所得として申告するのでしょうか。
税務署で「受け取った人間がいるのに支払った人間がいない」ということにならないでしょうか。

友人には、ただでさえ保育園のために足掛けでバイトさせてもらって、証明書も出してもらったので、税務署や役所から連絡が行ったり、これ以上迷惑をかけたくありません。
保育課の方にも怒られて、あら捜しされるようで怖いです。

そもそも、4月の時点で仕事が無かったなら保育園を辞退すべきだったのかも知れませんが、生活が苦しく、私も働かないと子どもを育てていけません。
当初は仕事が見つかるまで待ってくれたり、親切だった役所の人が豹変してしまい、びっくりしています。
今更なのかもしれませんが、納得していただき、問題なく済む方法は無いでしょうか。
お知恵をお貸しください。

質問としてのカテゴリーがずれてるかもしれません。
すみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>どう説明していいのか困っています。

(多分、私が本当は働いていないんじゃないかと疑っているんだと思います。)
ちゃんと確定申告するので、確認は来年まで待ってください。とでも言えば納得してもらえるでしょうか。
その1か月分の「就労証明」は役所に出したんですよね。
それが働いている証明です。
何の問題もありません。
今年の保育料にも関係ありませんし、給与明細など出す必要があるとは思えません。
なぜ、必要なのか説明を求めることです。

>○ポケットマネーでもらった分は雑所得として確定申告することになるのだと思うのですが、友人はその額を支払った給与として計上していないと思います。(本当に自分のお金から支払い、経費として何も処理していない)
そういう場合でも、私のほうは所得として申告するのでしょうか。
2か所から給与をもらった場合、主たる給与以外の分が20万円以下、また、給与を1か所からもらっていて給与以外の所得があった場合、その所得が20万円以下なら確定申告の必要はありません。

>4月の時点で仕事が無かったなら保育園を辞退すべきだったのかも知れませんが…
育休明けに働いていなかった期間がどのくらいあったんでしょうか。
1か月以内なら問題ないでしょう。

>当初は仕事が見つかるまで待ってくれたり、親切だった役所の人が豹変してしまい、びっくりしています。
ということは、役所は貴方が育休明けに一時働いていない時期を承知していたんですよね。
役所で転職したことが不愉快というのは、友人のところから今の仕事に転職したことを言っているのでしょうか。
転職して労働時間が減ったのなら、おそらく待機児童もいるでしょうから、もっと働いてもらわないということでわかりますが、フルタイムで働いているようなのでそういうこともありませんよね。

>今更なのかもしれませんが、納得していただき、問題なく済む方法は無いでしょうか。
貴方の書き込みの情報から判断すれば、貴方には何の問題もありません。
役所の対応が理解できませんね。
市長あてでメールなり、投書をしたらどうでしょうか。
市長自らが回答してくれるかどうかは疑問ですが、ていねいな回答がくるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく回答してくださり、本当にありがとうございます。
20万以下なら申告不要なのですね。
育児休業中のアルバイトは違反にはならない、と派遣会社には確認していたので、多分自分の行動に法的な違反はなかったはずなんです。
当初働いていなかったことも、役所は知っていたし、働きたくないんじゃなく不況でいきなり仕事が無くなったのは不可抗力だという認識も、持っていて下さったはずなんです。(当初は・・ですが)
でも、とにかく役所の人がびっくりするくらいド偉い上から目線で・・・。
「これはなにか相当悪いことをしたにちがいない」
と勝手にビビっていたのかもしれません。
回答者さまのおっしゃるとおり、とくに私に問題はなさそうです。

いただいた回答を参考にして、役所の方には自信を持って対応してみようと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/07/15 20:43

>友人の店舗ではポケットマネーで給与をもらっていましたので、給与明細がありません…


>ポケットマネーでもらった分は雑所得として確定申告することになるのだと…

給与明細がなくても年末もしくは年を越えて早々に『源泉徴収票』を発行してもらえるなら、税法上は「給与所得」で問題はありません。

>ちゃんと確定申告するので、確認は来年まで待ってください。とでも言えば納得してもらえるでしょうか…

それは税金とはまた別の話ですし、保育課での対応は個々に判断するよりほかありません。
他人が勝手なことは言えません。

>友人はその額を支払った給与として計上していないと思います。(本当に自分のお金から支払い、経費として何も処理していない…

支払い側の事情など考慮する必要ありません。
もらった者が正しく確定申告をすれば良いだけです。

>そういう場合でも、私のほうは所得として申告するのでしょうか…

とうぜんです。

>税務署で「受け取った人間がいるのに支払った人間がいない」ということにならないでしょうか…

税務署がそんなことを言うはずありません。

>税務署や役所から連絡が行ったり、これ以上迷惑をかけたくありません…

税務署はまず関係ないと思いますが、役所の保育科からは、その 1ヶ月間たしかに働いていたかの確認はあるかも知れません。
とはいえ、働いていたのが事実なら、何も遠慮することないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
細かく教えていただき、感謝いたします。

源泉徴収票はもらえないと思います。
回答者様のおっしゃるとおり、私は正しく申告したらいいようですね。
確かに働いていたのが事実なのですから、遠慮することは無いんですよね。
役所の方があまりにご立腹なので、ビビってしまいまして・・。
気を取り直して自分のやるべきことをやろうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/08 10:52

まず、役所とは住民のために存在しているわけではありません。


公務員が食うために、仕方なく存在しているのです。
そう思わないと、余りに酷い住民サービスの説明も付きません。

基本的には、役所に相談に行くときは会話を録音すること。
公務員は後になると「そんな事は言っていない」と言いますし、論久遠してあったとしても「それは自分の声ではない。記憶にない」とか言い出しますから。

[1]
そもそも職業選択の自由は憲法で保障されていますから、役所に文句を付けられる筋合いのものではありません。
給与明細の提出義務があるのかどうか、その辺りは調べられましたか?
必要なものは出さなければいけませんが、必要のないものを提出する義務はありません。

[2]雑所得控除の範囲であれば申告しなくて良いはずですね。
それ以外は出所が何であっても一応は給与所得になるはずです。
金額が書かれていないのでよく解らないのですが、控除範囲内であれば申告したとしても課税されません。

役所は絶対みたいな所があって守られています。
東京都など政令指定都市の場合は区部での不満を都や市に言えば解決して貰える場合も多いのですが、一般市町村の場合は絶望的です。
生活保護を打ち切って人が死んでも役所は支給額が減ったと喜ぶわけですから。

働くママさんには厳しい現実だと思いますが、知恵を付けて頑張ってくださいとしか言いようがない感じです。
とにかく理詰めで行けば奴らの横柄さは半減しますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>給与明細の提出義務があるのかどうか、その辺りは調べられましたか?

調べてはいないのですが、事前に相談するべし、とか書類の提出義務なんでのは見かけませんでした。
調べてみます。

>金額が書かれていないのでよく解らないのですが

失礼いたしました。
受け取ったのは8万円弱です。

>知恵を付けて頑張ってくださいとしか言いようがない感じです。

本当にそのとおりですね。
迷惑をかけたいとは思っていないのですが、「相談してみよう」くらいの気持ちで話していると、いつのまにか上から目線でビシバシやられます。
役所が怖くなりました・・。

回答ありがとうございました!
とても参考になりました。

お礼日時:2009/07/08 10:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給料ではなく小遣いを貰うのは大丈夫?

自分はいま19歳です。
知り合いが酒屋を経営しており、たまにそこに手伝いをしに行きます。
少ないと月に2,3日、多いと週4くらいで、時間は2~8時間くらいとまばらです。
手伝うとお礼をくれるのですが、その時の知り合いの気分によって、売れ残った飲食料を少しだけくれたり、凄く気前が良いと2万円くらいくれたりします。
月0(物資のみ)~4万円くらいでしょうか?
年間お金をいくら貰ってるかは一々記録してないのでわかりません。

子供が家のお手伝いをしてお小遣いを貰うのは平気ですよね?
19歳がバイトの契約とかをせずに働いてお金を貰うのは、労働基準法とかの違反だったりするのでしょうか?
というか、この手伝いで貰ったお金は収入になるのでしょうか?

あまり難しい話は理解できないと思うので、簡単に教えていただけると助かります。
ちょっと気になっただけなのでテキトーに答えてやって下さい^^
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>手伝うとお礼をくれるのですが…

やはり労働の対価であり、贈与などではないでしょう。
本当に何もしないのに金品をくれるのならたしかに贈与ですが、ご質問はそうではないのですね。

>売れ残った飲食料を少しだけくれたり…

「現物給与」として収入に含めます。

>子供が家のお手伝いをしてお小遣いを貰うのは平気ですよね…

それは、親子間には扶養義務があるからです。
赤の他人と同列に論じてはいけません。

>この手伝いで貰ったお金は収入になるのでしょうか…

お金が入ってくるのですから、「収入」に間違いはありません。

>月0(物資のみ)~4万円くらいでしょうか…

1年を通して他に収入源はないのであれば、確定申告も特に必用ありません。

Q知人の手伝いでお礼を頂いた場合、収入に含まれる?

去年、派遣会社で仕事を貰っていた者なのですが、
途中から知人の手伝いに移行して、お礼といった形で報酬を頂く事がありました。
「◯◯◯円支払うから、▲▲日の畑作業、手伝ってくれない?」
といった、ある意味小遣いっぽい内容なのですが、
こういった場合税金の関わってくる収入として計算すべきでしょうか?
あちら側としては給与として支払ったわけではないとのことです。
年収ですが、派遣で頂いた金額を足しても百万は超えていません。

気になった理由としては、今年から住民税や国民健康保険を払う事になった場合
税額が去年の収入から算出されると聞いたので、少し心配になって質問させて貰いました。
現時点ではまだ親の扶養に入っております。
加えて、扶養から外れてしまった場合、紛失してしまった給与明細があるのですが
再び派遣先に行って取得する必要などありますか?

Aベストアンサー

>「◯◯◯円支払うから、▲▲日の畑作業、手伝って…

日雇い労働者ですね。

>こういった場合税金の関わってくる収入として…

当然ですね。

ただ、本業で年末調整を受けていたのなら、医療費控除その他の要因による確定申告の必要性も一切なければ、20万以下の他の所得は確定申告しなくて合法です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>途中から知人の手伝いに移行して…

ということは、年末まで在籍したわけではなく、年末調整はしていないのでしょうから、たとえ 1万円でもすべてを申告しなくてはいけません。

>あちら側としては給与として支払ったわけではないとのことです…

支払側の事情はどうあれ、あなたは日払いの給与をもらったことに代わりはありません。

>年収ですが、派遣で頂いた金額を足しても百万は超えていません…

50万でも 100万は超えず、99万でも 100万は超えていませんが、50万か 99万かで以下の話が違ってきます。
具体的にいくらほどなのですか。

>今年から住民税や…

住民税は、給与収入額 (税や社保などを引かれる前) が 98万円程度ないと発生しません。
この課税最低ラインは自治体によって若干異なることがあります。
99万だとし、基礎控除以外の所得控除は一つも該当しないとして、一般的な市であれば、
・均等割 5,000円
・所得割 1,000円
・合計年額 6,000円
ぐらいです。

>国民健康保険を払う事になった…

国保は自治体によって大幅に異なりますが、一般には、
・所得割・・・前年所得がベース
・均等割・・・土地建物を持っていれば
・均等割・・・加入者 1人あたりいくら
・平等割・・・加入世帯 1世帯あたりいくら
の 4つから構成されます。

このうち「所得割」は住民税に連動しますので、98万以下なら 0 です。
(某市の例)
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/life/kokuhonenkin/43/000351.html

>現時点ではまだ親の扶養に入っております…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

「扶養控除」は、あなたの「合計所得金額」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>紛失してしまった給与明細があるのですが再び派遣先に行って取得する…

給与明細は必要ありません。
「源泉徴収票」が必要です。
派遣会社からはもらってください。

農業の知人さんのように、源泉徴収票など買いともらえそうにない場合は、「不交付届け」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100017.htm
を書いて税務署へ提出します。
PDF を印刷して記入すれば良いです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>「◯◯◯円支払うから、▲▲日の畑作業、手伝って…

日雇い労働者ですね。

>こういった場合税金の関わってくる収入として…

当然ですね。

ただ、本業で年末調整を受けていたのなら、医療費控除その他の要因による確定申告の必要性も一切なければ、20万以下の他の所得は確定申告しなくて合法です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>途中から知人の手伝いに移行して…

ということは、年末まで在籍したわけではなく、年末調整はしていないのでしょうから、たとえ 1万円でもすべてを申告しなくて...続きを読む

Qパート年収をごまかしたらどうなるの?

パートで働く主婦です。よく103万とか130万円の壁ってのを耳にしますが、私は主人の家族手当、扶養に入り保険料を別にしないで済むように、130万円以内にかなり努力して収めているんです。 でも、知人でどう見ても130万円超えるような働き方をしているのに、年末調整の時に年収をかなり少なく申告して、扶養も外れず、家族手当ももらっているらしい人がいるのです。
正直 働き方を調整して、職場で冷ややかな視線を受けている私にして見ると、なんだか釈然としません。
その人は、調べられる筈がないんだから・・・なんて言うのですが、本当のところどうなんでしょうか?これって脱税になるわけですよね?

Aベストアンサー

従業員(パートも含みます)に給与を支払った場合はは、支払者は、受給者の住所地の市区町村に「給与支払報告書」という書類を提出します。これには、受給者の住所・氏名、給与の支払金額、源泉徴収税額などが記載されています。

まず、あなたの知人(Aさんとします)のご主人の会社から提出される給与支払報告書には、扶養家族となっている方の、つまりAさんの名前が記載されています。

また、Aさんの会社からも、給与支払報告書が提出されます。
ここで、役所側で「名寄せ」の作業が行われます。これによって、同じ住所の家族の給与支払報告書が一つに集められ、扶養の適格性などが一発で判明します。国民健康保険の場合には、世帯の所得を合算して保険料を算出するためにも使われます。現在はこの作業は、ほとんどコンピュータ化されています。

この作業によって、扶養が不的確と判定された場合は、Aさんのご主人の会社に、扶養を是正するよう通知が届き、所得税・住民税を追徴されるのみならず、場合によっては扶養手当の返還も求められます。

ただ、まれにパートの分に関しては、給与支払報告書を提出しない会社があることも事実です。当然違反行為であるのですが、この場合には、残念ながら、事実を把握するのは困難になってしまいます。
Aさんの会社に税務調査等が入れば、事実が明らかになることはあります。

各会社や税務当局が、正直者がバカを見ない処理をして頂けるよう願うところです。

従業員(パートも含みます)に給与を支払った場合はは、支払者は、受給者の住所地の市区町村に「給与支払報告書」という書類を提出します。これには、受給者の住所・氏名、給与の支払金額、源泉徴収税額などが記載されています。

まず、あなたの知人(Aさんとします)のご主人の会社から提出される給与支払報告書には、扶養家族となっている方の、つまりAさんの名前が記載されています。

また、Aさんの会社からも、給与支払報告書が提出されます。
ここで、役所側で「名寄せ」の作業が行われます。これによ...続きを読む

Q確定申告に記載する給与支払い者について

お世話になります。

1年間の収入が50万円程度で、不足分は親からの援助で一人暮らしをしています。
収入は、会社を経営している友人が忙しい時に手伝うといった感じで、契約書も交わしてないし、請求書、領収書等何もありません。
てっきり会社で雇ってくれていると思っていたのですが、友人が個人的に雇っていたそうで、そちらの経理には載らないので、こちらも会社名等は書かないように言われました。

この場合、個人名を書くことになると思うのですが、万が一何か問題があった場合、彼の自宅へ連絡等あったりするものでしょうか?
変な誤解で家庭不和となったり、会社の方に迷惑がかかったりしないか、私もその支払い者の彼も小心者なので不安です。
前年も同じ程度の収入でしたが、普通に会社名を書けたのでその通りに申告しました。この程度なら申告しなくても良いようですが、税金や保険のこともあるしどうしたものかと。

一人暮らしで収入がこの程度というのも情けないのですが、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>てっきり会社で雇ってくれていると思っていたのですが、友人が個人的に雇っていたそうで

と言うことはご友人の方があなたに支払った報酬は単なるポケットマネーだったと言うことですよね。であれば、特に申告の必要はないと思います。

問題になるのはご友人があなたに支払った報酬を経費扱いにしている場合です。経費として処理しているにもかかわらず、受け取った側が所得として申告していないのであれば脱税になりますが、あなたに支払った報酬が友人のポケットマネーだった場合は、友人が所得として税金を払っているわけですから、あなたが2重に申告する必要はありません。

ただ110万円を超える金額になった場合などは贈与税の処理が必要になるかもしれません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm

Q副業は大丈夫なの?

友達が仕事が終わった後、これからスナックでアルバイトをするようです。
「20万円以上の副業は、住民税の支払い時に、本業の会社にばれちゃうよ」とアドバイスしたのですが、
スナックのオーナー(私も顔なじみ)はどういう訳か「会社にはバレないようにする」と言っているようです。
そのオーナーは経理に詳しくはないので心配です。
ちなみにスナックは個人事業で経営しています。
白色申告だと誤魔化せるんでしょうか。大丈夫な訳ないですよね。どうなんでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

俺もサラリーマンで副業しています。
まじめに確定申告していますがたしかに住民税の
絡みでばれちゃう可能性ありますよね。

なので確定申告の時に「給与所得以外の住民税は
どうするか」という欄に普通徴収に○をつけて提
出しています。もちろんバイト代は給与収入です
から○を付けても普通徴収にならないかもしれま
せん。

なので俺は役場に回る用紙に必ずXX分は普通徴収
にして下さいと付箋を貼り付けます。
さらに役場に電話して俺の用紙が回ったら間違い
なく普通徴収にしてね!と言ってます。
この処理は特徴差益だかなんだかといってごく普
通にやってくれます。これで会社には絶対にばれ
ません。

で、友達のケースですができれば俺みたいな方法
できちんと手順を踏めばばれることないので源泉
徴収票をきちんともらって確定申告した方がいい
と思います。

オーナーのばれない方法というのはバイト代を
給料として出すのではなく領収書を偽造して業者に
支払ったみたいにするとか、オーナーのポケット
マネーからだすとか、自分の娘か誰かが働いてい
る事にしてお金支払うのかのか解りませんが、そ
れならそれで、その方が会社にはばれる心配はな
いですね。

どういう事するのかはオーナーに聞かないと答え
はわからないですね。

俺もサラリーマンで副業しています。
まじめに確定申告していますがたしかに住民税の
絡みでばれちゃう可能性ありますよね。

なので確定申告の時に「給与所得以外の住民税は
どうするか」という欄に普通徴収に○をつけて提
出しています。もちろんバイト代は給与収入です
から○を付けても普通徴収にならないかもしれま
せん。

なので俺は役場に回る用紙に必ずXX分は普通徴収
にして下さいと付箋を貼り付けます。
さらに役場に電話して俺の用紙が回ったら間違い
なく普通徴収にしてね!と言ってます...続きを読む

Q手伝い程度ですが・・・

現在無職で、約半年間転職活動中です。

現在、親戚の農作業を手伝いし(箱作りなど副次的なことメイン)、1回(1日)5千円もらっています。週に2,3度程度です。たまに知人の工事の簡単な手伝いをして、手払いで1回数千円の報酬ももらっています。

このような状態は、厳密に無職といえるのでしょうか?給与所得者とみなされるのでしょうか?昨年度会社給与にかかる税金以外に、税金などは発生するのでしょうか?

今まで税金関係は全て会社任せであったため、税金については知識ゼロの状態です。今のところ、「年末調整の役所の特設会場で、何か申告すれば(いくらもらったか)済むか」などと軽く考えている状態です。何か重要なことを見落としているような気がしてなりません。

また、質問カテゴリからは少しズレますが、働いているということになるなら、ハロワや役所に何か申請すべきなのでしょうか?

別に税金をごまかそうなどとは思っていません。
申請や手続きなどしっかり把握し実行して、志望企業にうまく説明できるように知識をつけようと思ったため質問いたしました。(今現在その知識がない自分が恥ずかしい限りですが・・・)

現在無職で、約半年間転職活動中です。

現在、親戚の農作業を手伝いし(箱作りなど副次的なことメイン)、1回(1日)5千円もらっています。週に2,3度程度です。たまに知人の工事の簡単な手伝いをして、手払いで1回数千円の報酬ももらっています。

このような状態は、厳密に無職といえるのでしょうか?給与所得者とみなされるのでしょうか?昨年度会社給与にかかる税金以外に、税金などは発生するのでしょうか?

今まで税金関係は全て会社任せであったため、税金については知識ゼロの状態です。今のと...続きを読む

Aベストアンサー

>無職といえるのでしょうか?給与所得者とみなされるの…

収入がある限り無職ではありませんし、税法上の「給与所得」でもありません。
「事業所得」になるでしょう。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1300.htm

>昨年度会社給与にかかる税金以外に、税金などは発生するの…

昨年度会社給与は、もう関係ありません。
今年の事業所得が 38万円以上あれば、基本的には納税の義務が生じます。
「所得」とは、その仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた数字を言います。いわゆる「儲け」のことです。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1350.htm
ただ、基礎控除 38万のほか社会保険料控除をはじめいろいろいろな控除がありますから、38万円を超えたからといってただちに系金が発生するわけでもありません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1100.htm

>年末調整の役所の特設会場で、何か申告すれば…

年末調整でなく「確定申告」です。

>働いているということになるなら、ハロワや役所に何か申請すべきなの…

ハロワはどうでもよいでしょう。
今の仕事を将来とも続けるつもりなら、個人事業主としての「開業届」を税務署に出しますが、暫定的なものならその必要もないでしょう。
申告だけは正しく行っておいてください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2090.htm

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

>無職といえるのでしょうか?給与所得者とみなされるの…

収入がある限り無職ではありませんし、税法上の「給与所得」でもありません。
「事業所得」になるでしょう。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1300.htm

>昨年度会社給与にかかる税金以外に、税金などは発生するの…

昨年度会社給与は、もう関係ありません。
今年の事業所得が 38万円以上あれば、基本的には納税の義務が生じます。
「所得」とは、その仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた数字を言います。いわゆる「儲け」のこと...続きを読む

Q現金手渡しの仕事でもらうお金は「報酬」でしょうか?

1)親族の仕事を手伝い、毎月手渡しで現金をもらいます。
  所得税などは一切引かれていません。

2)また、他にフリーの仕事で報酬(銀行振込)を頂くのですが
  こちらも所得税などは一切引かれていません。

そこで質問なのですが、
両者を「報酬」とし、
確定申告の申告書Bには「1」と「2」を合算した金額を記入する…
という考えで合っていますでしょうか?

また、「1」の方は現金以外受け取ったという証拠がないのですが、
(所得税ゼロの源泉徴収票の発行を頼んでも拒否されました)
申告の際に問題ないでしょうか?

詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>現金手渡しの仕事でもらうお金は「報酬」でしょうか…

「給与」が手渡しではいけないという規則はありません。
何年か前までは、一部上場企業でも現金手渡しがごくふつうでした。

>2)また、他にフリーの仕事で報酬(銀行振込)を頂くのですが…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm
個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないとお思いなのでしょうか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>両者を「報酬」とし…

雇用されて、一定時間を一定の場所に束縛されるなら「給与」です。
束縛されることなく仕事だけをこなせばよいのなら「報酬」です。

>所得税ゼロの源泉徴収票の発行を頼んでも拒否されました…

それならしょうがないですけど、給与と事業所得とに分けるほうが節税にはなります。
将来とも勤めるなら、来年は源泉徴収票を書いてもらえるよう、粘り強くお話し合いください。

>現金以外受け取ったという証拠がないのですが…

「給与」でなければ、支払い側の証明書類等は一切必要ありません。
自分だ付けた記録を元に、自主申告です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>現金手渡しの仕事でもらうお金は「報酬」でしょうか…

「給与」が手渡しではいけないという規則はありません。
何年か前までは、一部上場企業でも現金手渡しがごくふつうでした。

>2)また、他にフリーの仕事で報酬(銀行振込)を頂くのですが…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.j...続きを読む

Q日雇いバイトの確定申告、源泉徴収について

現在、会社員として勤務しているものです。

一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、
確定申告は必要でしょうか?

今回アルバイト先は、日給4000円ほどで、
源泉徴収も給与明細も出さないそうなのです。

どのようにすればよいのか、税金に詳しくなく、困っています。
ご教授ください。

Aベストアンサー

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」を役所に提出し、役所は本業分の「給与支払報告書」と合わせて所得を把握し、住民税を計算し本業の会社にバイトの分の住民税も合わせて通知し、担当者がそれを見て気がつけばバレるのです。

源泉徴収票も給与明細も出さない会社なら、「給与支払報告書」を役所へ提出するとは思えません。
この「給与支払報告書」は30万円以下で単発のバイトなら提出提出しなくてもよいことになっています。
ちゃんとした会社の場合はたとえ4000円でも提出しますが…。
万が一、バイト先が「給与支払報告書」を役所に出せばバレます。

それから、バイトが20万円以下の場合申告不要というのは、所得税の場合であって住民税にはそのような規定はありません。
前にも書きましたが、所得税は源泉徴収の制度がありますが、住民税にはないためです。
でも、通常はバイト先から「給与支払報告書」が出されますので、申告しなくても問題はありませんが…。

>どのようにすればよいのか
貴方の場合、バイト分の所得税天引きされていませんので所得税の確定申告をするのが本来だと思います。
そして、申告書で住民税は「自分で納付」にチエックを入れておけば会社にもバレません。
そして、バイト分の住民税も納めることになります。

だまっていれば、税務署にも役所にもわからないでしょう。
あとは、貴方の自己責任で判断してください。

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」...続きを読む

Q給料手渡しにおけるメリット。デメリット。

今日給料日の方も多いと思います。
そこで質問ですが、給料手渡しにおけるメリット。デメリット。
をしりたいです。
大きい会社は、手渡しなどやってたら日が暮れるので、
銀行振込です。
しかし、小さい会社6人程度の会社とかだと
未だに手渡しで支給されてる場合もあります。
経営者が手渡しする場合、ねぎらいの言葉をかける事に
より、社内の雰囲気や連帯感が生まれる。
また、言い方をかえれば、俺がお前を使ってやってるんだと、
露骨な意思表示にもなる。
振込代金がいらない。
などありますが、他にメリットってありますか?
帳簿上、源泉上、こういうからくりができるとか。
あと、デメリットとしては、手渡しの場合、手渡しする
経営者がいない場合は渡す期日が遅れる。
メリット。デメリット。どういう事が考えられるでしょう?
株式、有限、法人の会社の場合です。

Aベストアンサー

振込みですと事前に準備し、銀行に書類を預けてしまうこともできますし、最近はネットで振込み依頼もできるようになりました。

しかし、手渡しですと、資金に余裕があればいいですが、そうでないと当日の朝、銀行へ行き、資金を下ろしてきて、金種ごとに仕分けし、チェックしてから渡す、ということになり、経理担当者の負担が増えます。
30年近く前まで、私の会社でも手渡しでしたが、今にして思えば(当時は当たり前だったけど)この手間が結構たいへんでした。
パソコンを使い始めて、すぐに作ったのは、各自の金額を入れると、金種ごとの数量を計算してくれる表でした。

勿論、#1の方がおっしゃるように、現金の持ち歩き画、非常にストレスになると思いますし、25日の銀行って、込んでますよ。

Q給付制限期間中にアルバイトをした場合、給付額はどうなりますか?

先日、自己都合退職をし、職安から認定を受けた者です。
給付制限期間が3ヶ月ありますが、この間、求職活動をしている間にアルバイトをした場合、3ヶ月後に給付される失業保険額はどのようになりますか?
当座の生活の為にはアルバイトをせざるを得ないので…。

御教授くださいませ。

Aベストアンサー

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制限終了後の最初の認定日の時に、給付制限期間中の就業状況を申告することになります。

この時に、給付制限期間が満了した日以後もアルバイトをしていると、その仕事をした日については、給付の繰り越しではなく、基本手当の替わりに 『就業手当』 として支給されることになります。
(支給要件に該当しないアルバイトの場合は、ただの繰り越しになります。)

就業手当 (or 早期就業支援金) は、基本手当日額の 30% (早期就業支援金の場合は 40%) しか支給されません。
就業手当の支給要件に該当するアルバイトでは、本人の意思に関係なく就業手当が支給されてしまいますので、意図的な繰り越しはできないようになっています。

また、そのアルバイトが継続的なものである場合、就職したと見なされ、基本手当の給付自体がストップする場合もあります。
(一般に、週20時間以上のアルバイトを 2週間以上継続していると、就職したと見なされるようです。ただし、職安によっても判断が違うようですが。)

給付制限中にまとまったアルバイトをしていた場合は、そのアルバイトが今後も継続するものかどうか、職安での審議の対象になります。
その場合は、行っていたアルバイトが終了したものであることを証明するために、『退職証明書』 の提出を求められることがあります。
退職証明書の書式は、『受給資格者のしおり』 に添付されていると思いますので、会社の担当者に書いてもらっておくといいでしょう。

なお、給付制限中のアルバイト自体が就職したと見なされた場合 (第1回目の認定日が来る前に、アルバイトを開始した場合などは、その時点で就職と見なされることがあります。) は、アルバイトを辞めた後で、再度求職申込みの手続きが必要になります。
その場合でも、給付制限は、当初の期間が満了すれば終了しますので (就職の扱いになっても、給付制限期間はそのまま進行します。)、給付制限の期間が過ぎていれば、改めて手続きをした時点から、直ぐに給付を再開できます。

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング