『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

親族の会社を少し手伝っていました。
ただ働きでは悪いと言うことで、時給800円程度をもらっていました。月にだいたい6,7万程度です。

転職活動の際、ある会社で「職務経歴書のどこかに差し支えなければ現在の給料を書いて下さい」と言われ、正直にアルバイトで7万円程度と記入しました。

無事にその会社から内定がでたんですが源泉徴収票をかならず提出して下さいと言われています。

給料明細もなく、手渡しでいつもありがとうと言われていたので、源泉徴収票もありません。確定申告もしていません。

こういう場合は、どうしたらいいのでしょうか。
親族の会社や私はなにか悪い立場になってしまいますか?

お詳しい方、ぜひ教えて下さい。お願いします。

A 回答 (2件)

二箇所から給与を貰った人は年末調整(会社の経理がします)が必要です。


そのため事務的に提出してくださいと言われただけです。
会社には『源泉徴収されていません』といえばそれだけですみます。
会社は追及する権利も義務もありません。
ただし確定申告をしていないのであなた自身か会社に税務調査が入りばれたとき徴収される場合があります。
そうなると親族の会社にも査察が入る可能性はあります。
確定申告は二年前までさかのぼれます。
ただし税務調査は脱税の証拠がなければまずありえません。
あなたが300万円の支払い税金を脱税していれば別ですが。
税務署もそんなに暇ではありませんので心配はいらないと思われます。
    • good
    • 5

初めまして。


>お詳しい方、ぜひ教えて下さい。お願いします。
詳しい方ではなくて申し訳ないのですが、
親族の会社からは源泉徴収されておりませんでした、
とおっしゃれば構わないかと思います。

なお、
月7万円程度ですと源泉徴収が必要ないということで、
源泉徴収していなかった可能性もゼロではありません。
(103万円を12で割ると85,800円程度)
(厳密にはある書類を最初の給与振込みまでに提出した場合であって、
1月の給与が87000円未満なら所得税は取られないようです。)

よって、きちんと書類を会社が税務署に提出した上で、源泉徴収をしていないというのであれば違法ではないかもしれません。

但し、給与明細がないのは、法律上問題になるかもしれません。
(労働基準監督署に問い合わせた時は、基本的な賃金と、残業代等、それと賃金の総支給額を明らかにした明細書を渡さないとダメと言っていました。)

参考になれば幸いです。
税金関係に関する詳細は税務署へ、給与明細等については労働基準監督署にお問い合わせくださいね。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給料手渡しのバイト先での税金

給料が手渡しの会社でアルバイトを始めました。
従業員も自分を入れて二人、源泉も保険もないよと言われたのですが収入の申告は源泉がなくても出来るのでしょうか?
バイト先の社長に聞いてみても申告なんてしない方が保険料も年金も安いままでいいじゃないか!と適当な事をいってきます。

去年から先月までは無職で、春に住民税や国民健康保険の減額申請?6月に国民年金の免除申請やらをしましたが、アルバイトが見つかったので次の年度は収入を申告しないといけないと思うのですが…

このままのシフトで働ければ、年収100万を少し越えるあたりなると思います。
市役所に給料明細を持っていけば申告出来るのでしょうか?
それとも確定申告が必要でしょうか?

無知で申し訳ありません。
今やらねばいけないことありましたらご教示お願い致します。

Aベストアンサー

>収入の申告は源泉がなくても出来るのでしょうか…

他人と話をするとき、言葉はあまり省略しないようにしましょう。
意思が伝わらなくなります。

日本語で「源泉」とは、水などがわき出るみなもとをいいます。
確定申告とはぜんぜん関係ない言葉です。

>源泉も保険もないよと言われたのですが…

これも、「源泉徴収も健康保険もないよと言われた」でしょう。

源泉徴収しないことの是非は横へ置くとしても、給与支払者には「源泉徴収票」を交付する義務があります。
「源泉徴収額 = 0 」と記した源泉徴収票が出るはずです。

確定申告には、その源泉徴収票が必須です。

なかったら「給与」としての確定申告は認められず、自分で商売をして得た収入のような扱いになり、納税額の面で不利になります。

>市役所に給料明細を持っていけば申告出来…

市役所でなく、税務署で確定申告です。

年末までずっとその会社に勤めるなら、年を越したら早々に「源泉徴収額 = 0 」と記した源泉徴収票を請求してください。
給与明細ではだめです。

>社長に聞いてみても申告なんてしない方が保険料も年金も安いままでいいじゃないか…

質問者さんはお分かりになっているのかと思いますが、真に受けないようにしましょうね。

社長が源泉徴収票を出し渋ったら、源泉徴収票の用紙は PDF
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/h28/23100051-01.pdf
を印刷して、

・支払いを受ける者欄・・・自分の住所氏名
・種別欄・・・「給与」
・支払金額欄・・・給与明細の合計
・源泉徴収税額欄を・・・ 0
・その他の欄・・・すべて無記入

まで自分で書いて、いちばん下の支払者欄だけ社長に書いてもらいましょう。

>今やらねばいけないことありましたら…

家政婦として雇われたのではないですよね。
だったら、支払者には源泉徴収をする義務
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm
がありますので、これを説得できれば良いのですが・・・・無理なんでしょうね。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>収入の申告は源泉がなくても出来るのでしょうか…

他人と話をするとき、言葉はあまり省略しないようにしましょう。
意思が伝わらなくなります。

日本語で「源泉」とは、水などがわき出るみなもとをいいます。
確定申告とはぜんぜん関係ない言葉です。

>源泉も保険もないよと言われたのですが…

これも、「源泉徴収も健康保険もないよと言われた」でしょう。

源泉徴収しないことの是非は横へ置くとしても、給与支払者には「源泉徴収票」を交付する義務があります。
「源泉徴収額 = 0 」と記した源泉徴収票が...続きを読む

Q源泉徴収しないって・・・

バイト先で源泉徴収票をもらえなかった為、
オーナーに欲しい旨を伝えたところ、

「給与時、源泉徴収していないので、源泉徴収票はありません」

と言われました。
何故か12月分だけは源泉徴収欄に金額があったのですが
12月の支払いは1月に入ってからのため、
18年度の源泉徴収は無し、と
掛け合ってもらえません。

私自身、確定申告には行かなくてはならないのですが
源泉徴収していない、ということは店としてもOKなのでしょうか…

また、まずい場合はどのような手続きが必要なのでしょうか。

この店から貰った金額は18年度合計でも10万程度です。
また、給与明細は全てとってあります。

Aベストアンサー

本来、給与支払い者(オーナー)は必ず発行しないといけません。
原則、翌年1月末まで(退職の場合は退職後1ヵ月以内)に発行
することになっています。

確定申告に必要な旨伝え、どうしても発行してもらえない場合
「税務署に源泉徴収票不交付届出をしますけど良いですか?」
と言ってみてください。
それでも、発行してもらえない場合は税務署へ届出たら良いと
思います。(税務署から勤務先に指導が入ります)
届出については参考URLをご覧ください。

なお、確定申告する場合、給与明細は使えません。
(倒産して発行出来ないなどやむを得ない場合は除きますが)

確定申告も締め切りがありますし、色々大変だと思いますが、
早く発行してもらえると良いですね。頑張ってください!

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/annai/23100017.htm

Q職人 給与明細なし 源泉徴収なし 確定申告は?

同居人は職人です。勤続3年ほど。
給与は手渡しで、給与明細はなしです。源泉徴収等々、一切の明細がもらえません。
保険は親の扶養で、年金は自分で支払っています。
職人になってから、税金を支払っていないようです。
確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか?
3年?さかのぼって確定申告したいです。
本人から雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか?
余談ですが・・・
今年の初めに給与明細をいただけるように言ったそうなんですが、今だに頂いておらず、現金のみの支給です。
しかも給与の計算方法も不明です。同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・・・。
このような状況での確定申告の仕方を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか…

自分でつけたノートを元に、『収支内訳書』を作成します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdf

次に、『収支内訳書』で出た「所得」額を『確定申告書 B』に転記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf

>年金は自分で支払っています…

「社会保険料控除」になりますから、『確定申告書 B』に記載します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm
ほかにも「所得控除」に該当するものがないか良くお探しください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>3年?さかのぼって確定申告したいです…

3年ではたしかに時効にはかかっていませんから、「期限後申告」が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか…

個人事業の申告に、支払い側の証明書類等は一切必要ありません。
自己申告でよいです。

>同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・…

その人たちは、サラリーマン扱いなのです。
この業界では「常傭 (じょうよう)」と言います。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 ...続きを読む

Q日雇いバイトの確定申告、源泉徴収について

現在、会社員として勤務しているものです。

一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、
確定申告は必要でしょうか?

今回アルバイト先は、日給4000円ほどで、
源泉徴収も給与明細も出さないそうなのです。

どのようにすればよいのか、税金に詳しくなく、困っています。
ご教授ください。

Aベストアンサー

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」を役所に提出し、役所は本業分の「給与支払報告書」と合わせて所得を把握し、住民税を計算し本業の会社にバイトの分の住民税も合わせて通知し、担当者がそれを見て気がつけばバレるのです。

源泉徴収票も給与明細も出さない会社なら、「給与支払報告書」を役所へ提出するとは思えません。
この「給与支払報告書」は30万円以下で単発のバイトなら提出提出しなくてもよいことになっています。
ちゃんとした会社の場合はたとえ4000円でも提出しますが…。
万が一、バイト先が「給与支払報告書」を役所に出せばバレます。

それから、バイトが20万円以下の場合申告不要というのは、所得税の場合であって住民税にはそのような規定はありません。
前にも書きましたが、所得税は源泉徴収の制度がありますが、住民税にはないためです。
でも、通常はバイト先から「給与支払報告書」が出されますので、申告しなくても問題はありませんが…。

>どのようにすればよいのか
貴方の場合、バイト分の所得税天引きされていませんので所得税の確定申告をするのが本来だと思います。
そして、申告書で住民税は「自分で納付」にチエックを入れておけば会社にもバレません。
そして、バイト分の住民税も納めることになります。

だまっていれば、税務署にも役所にもわからないでしょう。
あとは、貴方の自己責任で判断してください。

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」...続きを読む

Q源泉徴収票を提出しなかったらどうなりますか?

源泉徴収票についての質問なのですが、
これから新しい会社に正社員として勤めるのですが、
源泉徴収票を提出しなければなりません。

今まで、
A社にアルバイト(社会保険あり)8カ月で退職し、
B社に正社員(社会保険あり)1週間で退職しています。

どちらも自己都合の退社ですが、
B社の給与は5万程度です。

A社は源泉徴収票を提出しますが、
B社も提出しなければならないでしょうか?
また提出しないとどうなるのでしょうか?

経歴書に書かなかったので
提出しなかった場合がどうなるか不安です。

大変、無知な質問ではありますが、
至急返答を頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

源泉徴収票とは
給料を支払う時に所得税や社会保険料を引いて渡すので
その給料の額と既に支払った所得税や社会保険料の金額を
証明する物です。
なので、源泉徴収されていなければないと言ってもかまいません。
所得税の期間は1月1日から12月31日なので
年の途中で退職、就職をした場合には既に払った所得税や社会保険料を
2社で合算して精査しないと税金を払いすぎている場合が多いので
年末調整で調整して多く払っている税金があれば貴方に返します。
必要なのは今年になってからの分です。
去年の年末に渡されたものであるのならそれは必要ありません。
自分で来年確定申告しても問題ありません。

年末調整されていない給与所得以外の収入が20万円以下は非課税なので
確定申告する必要がありませんが
源泉徴収されていれば既に所得税を支払っているので
年末調整しなければ損でしょう。

Q現金手渡しの仕事でもらうお金は「報酬」でしょうか?

1)親族の仕事を手伝い、毎月手渡しで現金をもらいます。
  所得税などは一切引かれていません。

2)また、他にフリーの仕事で報酬(銀行振込)を頂くのですが
  こちらも所得税などは一切引かれていません。

そこで質問なのですが、
両者を「報酬」とし、
確定申告の申告書Bには「1」と「2」を合算した金額を記入する…
という考えで合っていますでしょうか?

また、「1」の方は現金以外受け取ったという証拠がないのですが、
(所得税ゼロの源泉徴収票の発行を頼んでも拒否されました)
申告の際に問題ないでしょうか?

詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>現金手渡しの仕事でもらうお金は「報酬」でしょうか…

「給与」が手渡しではいけないという規則はありません。
何年か前までは、一部上場企業でも現金手渡しがごくふつうでした。

>2)また、他にフリーの仕事で報酬(銀行振込)を頂くのですが…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm
個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないとお思いなのでしょうか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>両者を「報酬」とし…

雇用されて、一定時間を一定の場所に束縛されるなら「給与」です。
束縛されることなく仕事だけをこなせばよいのなら「報酬」です。

>所得税ゼロの源泉徴収票の発行を頼んでも拒否されました…

それならしょうがないですけど、給与と事業所得とに分けるほうが節税にはなります。
将来とも勤めるなら、来年は源泉徴収票を書いてもらえるよう、粘り強くお話し合いください。

>現金以外受け取ったという証拠がないのですが…

「給与」でなければ、支払い側の証明書類等は一切必要ありません。
自分だ付けた記録を元に、自主申告です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>現金手渡しの仕事でもらうお金は「報酬」でしょうか…

「給与」が手渡しではいけないという規則はありません。
何年か前までは、一部上場企業でも現金手渡しがごくふつうでした。

>2)また、他にフリーの仕事で報酬(銀行振込)を頂くのですが…

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.j...続きを読む

Q源泉徴収なしで確定申告

去年度、数箇所で短期のバイトをして年収にして8万くらいを得ました。

源泉徴収がどうしてもそろわないのですが、この所得額で確定申告する必要がありますか?

またもし確定申告しなければならない場合、還付なしを覚悟して源泉徴収なしで所得申告するとどうなるでしょうか?というかそういう申告は出来ますか?

どこかでこの程度の収入だと確定申告の義務はなく、還付されなくてもよいなら市民税の申告だけでよいと聴いた気もするのですが、何か後から問題になると困るのでご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

源泉が全くないのであれば、そもそも申告義務もない訳ですので、ゼロ申告も意味がありません(あえて言えば、市県民税の申告も同時に終わる事)が、少しでも源泉徴収税額があるのであれば、申告された方が良いと思います。
給料を支払った会社は、例えバイトであったとしても、源泉徴収票を発行する義務があり、所得税法においても罰則規定がありますので、請求すれば(そもそもは請求しなくても)必ずもらえるべきものですので、全て揃えるのが一番好ましいのですが、無理であれば、乱暴なやり方をすれば、もらえない分だけを雑所得として申告すれば良いと思います、いずれにしても所得税はかからない訳ですし。
雑所得であれば、特に添付が要件となっている書類はありませんし、自分なりにもらった金額をメモしてくるだけでも申告できると思います。

もし、所得税の確定申告をしない場合、市県民税の申告についても、所得金額が35万円以下(市町村によっては33万円以下というような所もあります)であれば、そもそも非課税で、申告義務もないとは思いますが、それを証明するためには、もらっている分の源泉徴収票だけ持参して、それ以外はメモ書き等でもらっていた金額を書いていけば、明らかに非課税の金額な訳ですし、申告はそれで対応してくれるものと思います。

あっ、それと、所得税の還付のための確定申告は、5年間申告が可能ですので、後になってゆっくり申告する、というのも有りです。

源泉が全くないのであれば、そもそも申告義務もない訳ですので、ゼロ申告も意味がありません(あえて言えば、市県民税の申告も同時に終わる事)が、少しでも源泉徴収税額があるのであれば、申告された方が良いと思います。
給料を支払った会社は、例えバイトであったとしても、源泉徴収票を発行する義務があり、所得税法においても罰則規定がありますので、請求すれば(そもそもは請求しなくても)必ずもらえるべきものですので、全て揃えるのが一番好ましいのですが、無理であれば、乱暴なやり方をすれば、もら...続きを読む

Q3日間の短期バイトの場合年末調整や、源泉徴収票は必要?

キョードーHにてイベントの設営など、三日間バイトをしました。(6月に)三日間で34400円支払われたんですが、この場合源泉徴収票は発行してもらえますか?(給料明細は出てなく振り込みのみ)

今は別会社で派遣社員として働いてます。ここに源泉徴収票もらえた場合提出するべき?ただ提出日まで日がなく、間に合わなければ、自分で確定申告でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>この場合源泉徴収票は発行してもらえ…

支払われた絵金が税法上の「給与」である限り、支払者には源泉徴収票を交付する義務があります。
ただ、郵送料ぐらいは負担してくれと言われるかもしれませんので、返信切手同封で手紙を出してみてください。

>ここに源泉徴収票もらえた場合提出するべき…

・本業で年末調整を受ける
・給与支払額が 2千万以下
・医療費控除その他特段の事由による確定申告の必要性も一切ない

の 3つすべてを満たすなら、20万以下の他の所得は年末調整に含めず、確定申告もしなくて合法です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

とはいえ、この 20万以下申告無用は国税のみの特例で、住民税なこんな特例はありません。
したがって、要件に合って確定申告をしない場合は、別途、「市県民税の申告」の必要性が浮上してきます。
このため、源泉徴収票は必要です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>この場合源泉徴収票は発行してもらえ…

支払われた絵金が税法上の「給与」である限り、支払者には源泉徴収票を交付する義務があります。
ただ、郵送料ぐらいは負担してくれと言われるかもしれませんので、返信切手同封で手紙を出してみてください。

>ここに源泉徴収票もらえた場合提出するべき…

・本業で年末調整を受ける
・給与支払額が 2千万以下
・医療費控除その他特段の事由による確定申告の必要性も一切ない

の 3つすべてを満たすなら、20万以下の他の所得は年末調整に含めず、確定申告もしなくて合法...続きを読む

Qこういう場合源泉徴収票ってもらえないの?

新しくバイトする職場から以前のバイトでの源泉徴収票を持ってくるように言われました
以前のバイトは個人経営のお店のお手伝いみたいな感覚で給料も手取り、年金はもちろん社会保険、労働保険は未加入でした。
こういう所から源泉徴収票をもらえることが出来るのでしょうか?

あと、ふと気になったのですが短期のバイトの場合はどうなんでしょう?
以前交通調査や会場作りなどで一日バイトした事があるのですが、これも帰り際に給料を貰っただけでした
ここまでくると源泉徴収票が必要とか言われる以前に何処の会社だったかもさっぱり覚えてないんですが普通はこういう事も管理しておかなければいかないんでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
一応ですが、扶養者がいない場合で、年額50万以下の支払いの場合は源泉徴収票を発行する義務が無いので、日雇いの方はおそらくもらえませんね。

所得税は1年間の所得に対する物なのですが、アルバイトの場合、税務から信用されていないので、確定申告をしないだろうと言う仮定のものとに、源泉徴収という形で毎月(或いは年2回)会社側が代行して所得税を納めます。
源泉徴収は1年ごとに行う物ではありません。

最終的に、源泉徴収で今まで支払った所得税と、実際の年間の所得税の清算を行うのが年末調整で、差額がマイナスの場合は脱税になりますが、故意の脱税でなければ請求をされたときに支払えば済みますし、現実問題アルバイトだけの所得でしたら、罰則と言う意味合いで個人に請求が行く事はありません。

人によって通常103万~130万までは所得税がゼロです。

仮に源泉徴収表が手に入らなくても、既にはらった税金分が損している場合はありますが、新たに請求されたり罰則が適応される事はないので安心してください。

Q現金で報酬を得た場合の源泉徴収について

こんにちは。

確定申告を行っているのですが質問をさせてください。

個人事業で仕事をしてます。

ある会社から、「今、払ってしまっていいですか?」と、その場で現金で頂きました。
報酬は5万円です。その後、受け取った証拠として、領収書をお送りしました。

気付いてみると、源泉徴収されてないのですが、どうしたらよいでしょうか。
ネットで調べてみると、源泉徴収は自分で申告するのではなく、会社側がするものであるという答え、自分で申告すればいいという答え、両方見つかり、困り果てています。

もし、お分かりの方がいらしたら、お願いします。

Aベストアンサー

>気付いてみると、源泉徴収されてないのですが…

具体的にどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>源泉徴収は自分で申告するのではなく、会社側がするものであるという答え…

対象の職種で間違いないなら、そのとおりです。

>自分で申告すればいいという答え…

所得税はそもそも 1年が終わってからの後払いが原則です。
対象の職種であったとしても、源泉徴収は、あくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用に過ぎません。
1年間が終われば狩りの成果が皮算用と異なることも多々あり、これを是正するために確定申告をしなければなりません。

源泉徴収があろうがなかろうが、確定申告は必要なのです。

対象の職種であって、支払者が源泉徴収を怠ったとしても、支払者が税務署からお小言をいただくことはあっても、受取人にペナルティが科せられるようなことは一切ありません。

あなた自身が確定申告さえ怠らなければ、何も問題はありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>気付いてみると、源泉徴収されてないのですが…

具体的にどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
htt...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング