プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

こんにちは。
よろしくお願いいたします。

1から99までで、奇数の項数は50だそうですが、どう考えればいいのでしょうか?
初歩的ですみません。

A 回答 (2件)

1~100


までの正整数だと100個あることはお分かりですか?
奇数と偶数は交互に並んでいますので

その内、半数の50個が偶数、残りの半数の50個が奇数
であることはお分かりですか?

50個の奇数の中の最小の項は1、最大の項は99であることも
お分かりですね。

つまり、1から99までの正の整数の中には奇数が50個あると
言うことになりますね。

お分かりでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よく分かりました!ありがとうございました!

お礼日時:2009/09/09 18:16

1から数える奇数の一般項は、初項を0番目として、n番目の項は、


2n+1
これが99になるのはnが何番目か計算すればよい。
2n+1=99
n=(99-1)/2=49
数えるのは0から始めたから、項数は49+1=50
でどうですか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

よく分かりました!ありがとうございました!

お礼日時:2009/09/09 18:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング