今週の土曜日に大学推薦の面接試験があります。

まず、私は英語が苦手です。一応、中学2年の時から毎日単語の書き取りは続けていますが、数日もすると忘れてしまいます。
高校受験の時は2年間通っていた塾の先生から、
「おまえはもう・・・英語は捨てろ!他の教科で稼げ!」といわれるぐらい分かりません。
高校入学後も成績が上がるはずなく、自分でもなぜ分からないのかさえ分からないという状態です。
3年生1学期の成績も、ほぼ授業点のみで『2』でした。

面接ではおそらく、『得意な教科と不得意な教科はなんですか?』と聞かれると思うんです。
日本史や数学ならともかく英語は社会で必要な教科ですし、ただ『英語が苦手です』と答えるとマイナスになると思います。
そこで質問なのですが、どのような回答がよいでしょうか?
一応自分で考えてみました。

『得意な教科は国語です。古典や漢文などの昔の人々の生き方や行動を知ることができる上に、教訓を学ぶこともできるからです。
逆に苦手な教科は英語です。同じ読みなのに意味が違う単語などで混乱してしまいます。』

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

面接では等身大の自分を表現したほうがよいでしょう。


例えば、「私は~が得意です」ということばかりを強く主張した後で、
その得意な分野に関して自分のわからないような深い内容を聞かれて、「わかりません...」だと、「お前の得意はその程度か。」と思われているような気が(あなた自身が)してしまうかもしれません。
なので、苦手な分野に関しては何が苦手かをはっきり述べ、苦手を克服するために必要だと思うことや、今行なっている努力を述べたほうが、向上心を認められ、好印象だとおもいます。
    • good
    • 21

 私が回答例を書きなおしてあげよう(笑)。


(文例1)私の得意な科目は国語です。それは、古典や漢文では昔の人々の生き方や行動や歴史の風景が知る事ができ、さらに教訓を学べるからです。逆に苦手な科目は英語です。それは英語は文法で熟語や単語を覚えるときに日本人としての論理との違いで難しいです。

 さすがに、「同じ読みなのに意味が違う単語で混乱する」は勉強不足。日本語でも同音異句というのがあるじゃないか。例えば「会誌・開始」の関係も同じじゃないの。つまり、読みと意味の指摘でね。

 だから、私なら次の理由にする。
(例文2)苦手な教科は英語です。それは同音の発声であっても単語のスペルの違いを聞き取ったり、同音異句の単語と混在し意味を思い出すまで時間がかかってしまいます。

 でもね、それって何か可笑しいよ。まず、聞かれた事に答える。だから相手は理由を聞くかもしれないが、言われていないのにこたえる必要がない。相手が好きな教科を聞いて、その理由を尋ねられたら答える。

 それで、良い点は理由を言っても自慢でよい。ただ、悪い点の理由を言えばいいわけになる。

 そのため、面接は自分を売り込むためにある。だったら、自分はこんなことができる、こんな体験をしたなどプラスの事を話せばいいわけである。
    • good
    • 10

大学の教員です。



もし面接で「得意な教科と不得意な教科はなんですか?」などという質問をするとしたら、どの教科が得意でどの教科が不得意かを採点することはまずありません (そもそも、得意か苦手かは受験生の自己申告なので、あてになりません)。自分自身を客観的に評価できるかとか、苦手な教科についてどういう意識・取り組みであるかといったことを聞き出そうとします。

色々な質問を想定して準備していくことは、いいことです。ただ、付け焼き刃で回答を用意していっても結果に影響はあまりないと思いますので、深刻に考えなくてもいいですよ。
    • good
    • 11

> 『得意な教科は国語です。

古典や漢文などの昔の人々の生き方や~

分析まで述べる必要はありません。
「不得意」な教科については、それはただの言い訳になります。

そして、どんなに体裁の良い綺麗な文句を並べても、
面接官はベテランですので、高校生の浅慮な発言は見透かされます。

よって、取り繕うような文句を並べるのではなくて、
素直に自分の感じたことを伝える方が賢明です。
    • good
    • 3

将来、一般社会に出ることを考えたら、日本史や数学を大事にしない学生のほうがむしろ頼りなく思います。



英語で雑談できれば社会人として生き残れるわけではなく、教養として自分が住んでいる国は過去どういうことがあってこういう仕組みになっているのか、という背景は実生活で不可欠ですし、数学のような作図や計算、中学程度の方程式は必要時間・数量の計算に不可欠です。

そういう点から、どの教科でも得意は得意・苦手は苦手、と正直に言うのが一番なのです。

最後に、これは面接で言う必要はまったくありませんが、学校で6年間受験英語を習ったって全然しゃべれないじゃないか、と思って、「これから実生活で実用英語を身につけてやる!」という前向きさを持ってください。そうすると、教科書の細かい解説やつづりの間違いなんていうささいなことよりも、実践ではずっと大切なことがわかって、嫌でも必要な部分は読み返すようになります。
    • good
    • 7

不得意な理由を分析する必要はありません。


「英語は○○まで頑張ってみたけどどうしてもわからない」と
一言言えばいいだけです。

自分苦手な科目を苦手としてちゃんと分かっているのか、
それが単に嫌いなのか、それとも頑張ってみたけどやっぱり苦手なのか
それを聞かれているのです。

ふつうそこから先を突っ込まれることはありませんし、
苦手な科目を率直に答えたところでマイナス印象にもなりません。
(だいたい聞いてきたのは面接官のほうですからね)
    • good
    • 4

苦手だから放置しているのか、苦手だからこそ努力して、人に追いつこうとしているのか、


アピールのしかたは一つではありません。

しかし、「同じ読みなのに意味が違う単語」って英語ではそんなに多くないという気がします。日本語のほうが……
咬傷、交渉、公称、校章、高尚、考証……
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塾の使い方がよく分かりません。 全て成績は半分くらいで特に英語が苦手です。 しかし塾で英語の何を学

塾の使い方がよく分かりません。

全て成績は半分くらいで特に英語が苦手です。
しかし塾で英語の何を学べばよいのでしょうか?
今は英語の文法書を繰り返し読むようにしており、単語帳も並行してやっています。

となると全部英語の勉強は1人でできる気がするのですが、成績が今伴っているのかと言われると怪しいです(--;)

では何を学ぶと良いのでしょうか?
せっかく高いお金を払うので有意義な時間にしたいです。教えて下さるとほんとに助かります!!
長文読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

Aベストアンサー

個人・自宅でしっかり勉強デキる人は、塾は必要ないというのが私見です。
ただ、成績が伴っていないのであれば、勉強方法に問題がある可能性がありますので、
一度塾を試されてみるのも良いかも。

以下、塾のメリットを思いつくところで書きます。

1.必ず勉強する時間が定期的に設けられる
 勉強を自宅でちゃんとやらない人も、月謝払って、塾にいけば
 勉強せざるをえない時間ができます。
 質問者さんが書いてるとおり、せっかく高い金払ってるんだから、という気持ち自体が
 勉強のモチベーションになります。
 また、大手の塾の講師はさすがにプロで教え方やしゃべりが上手いので、
 (学校の教員と比べると)授業による理解はしやすいかと思います。
 
2.周りから良い刺激を受ける
 塾に行くと同級生や同学年が当然いて、まわりは有名大学やら進学校を目指しているわけで、
 そういう雰囲気の中で、自分もやらなくてはという焦りを感じます。
 そういう焦りも良い意味でモチベーションになります。
 塾で友達ができたら、どんな勉強をしているのかを聞いてみるのも良いかもしれません。
 (良い参考書とか教えてくれるかも。
  個人的には、文法書やただの単語帳暗記するより"速読英単語"(書籍名)のような
長文を読む中で、熟語も単語も覚えて、長文読解力を高める事を薦めますが、
  そういう事自体も学生時代に勉強仲間から教えてもらいました。)
 
3.良い点の取り方を教えてくれる
 他の回答者様の回答の通りです。
 大学ごとの問題の傾向だったり、問題の解き方のコツだったりを教えてくれます。
 例えば○○大学の試験では、こういう記述問題が例年出て配点も多いから、
 重点的に対策(予想問題)をやる、とか。
 長文読解して、後で質問文に回答する(選択肢を選ぶ)ような問題は、
 先に質問文や選択肢を読んでから、長文読むと良い、とかです。

4.模試などで実力がわかる
 学校のレベルにもよりますが、定期テストなどはレベルが低くて簡単で、
 難関大学や高校の受験問題は遥かに難しかったりします。
 塾で用意される受験問題のレベルに合わせたテスト(模試)をすることで
 今の実力がよくわかります。
 まわりも同じ大学等を目指す人たちの中で、自分がどれくらいの順位・偏差値なのが
 相対的にわかるわけです。
 塾じゃなくても、学校で実力テストみたいなものもあったりするでしょうけども。
 より自分が希望する大学等のレベルに合わせた模試が受けられたりするのが
 大手の塾のメリットでしょうか。

質問者さんが受験のために英語強化したい前提の回答ですが。

個人・自宅でしっかり勉強デキる人は、塾は必要ないというのが私見です。
ただ、成績が伴っていないのであれば、勉強方法に問題がある可能性がありますので、
一度塾を試されてみるのも良いかも。

以下、塾のメリットを思いつくところで書きます。

1.必ず勉強する時間が定期的に設けられる
 勉強を自宅でちゃんとやらない人も、月謝払って、塾にいけば
 勉強せざるをえない時間ができます。
 質問者さんが書いてるとおり、せっかく高い金払ってるんだから、という気持ち自体が
 勉強のモチベーションにな...続きを読む

Q数学が得意な方は理科系も得意ですか? 国語が得意な方は社会系も得意ですか?

数学が得意な方は理科系も得意ですか?
国語が得意な方は社会系も得意ですか?

Aベストアンサー

高校時代,理系クラスに所属して得意科目は国語と社会,大学では文系大学の理系コースに所属していた者です.

 個人的な印象ですが,「文系の人は数学・理科が苦手」という認識に対して,理系の人は文系の人が数学・理科が苦手と思うほど,国語・社会を苦手としていないようです.
 というのも,高校時代の文理選択で,文系を選択する人は「数学・理科が苦手だから」という理由で文系に進む人が多いですが,理系を選択する人は「数学・理科がおもしろいから」という理由で理系に進む人が多いです.つまり,決して国語・社会が苦手だからではない.同様のことは,竹内薫さんの『理系バカと文系バカ』という本にも書いてありました.興味があれば一読してみると面白いかもしれません.
 もちろん,就職や将来のことを考えて文理を選択する人はいますが,そういう人を除けば以上のような傾向がある印象を受けます.

 でも,理系の大学に進めば論理的な思考力を求められるのは当然のことながら,論文は英語も日本語も読まなくてはならないし,卒業論文を書く必要もあります.それに,データを見たときの直感が大事な場面も往々にしてあります.逆に,文系に進んでも分野によっては統計学を駆使したり,論理的な思考力を求められる場面も多々あります.例えばマーケティングなんて,頻度分布くらいは当たり前のように使うでしょうし,そのデータからどういう論理展開をすれば顧客の購買心理に働きかけることができるかを考えるでしょうし.
 結局,「自分は理系だから〜」とか「自分は文系だから〜」と型にはめず,まんべんなく出来たほうが良いと思いますよ.

高校時代,理系クラスに所属して得意科目は国語と社会,大学では文系大学の理系コースに所属していた者です.

 個人的な印象ですが,「文系の人は数学・理科が苦手」という認識に対して,理系の人は文系の人が数学・理科が苦手と思うほど,国語・社会を苦手としていないようです.
 というのも,高校時代の文理選択で,文系を選択する人は「数学・理科が苦手だから」という理由で文系に進む人が多いですが,理系を選択する人は「数学・理科がおもしろいから」という理由で理系に進む人が多いです.つまり,決し...続きを読む

Q実技教科の成績の上げ方(中学)

(カテゴリー違い・過去に同じような質問があったらすみません)

1学期も終わり、成績表が返ってきました。国語や数学などの5教科は、4以上で満足していたのですが、実技教科(音楽・美術など)が目立って低めな気がします。実技教科も入試に大きく関わるそうなので、2学期からは上げていきたいのですが、実技ってどんな風に頑張れば(?)良いのでしょうか。私は歌も運動も絵も得意ではありません(恥)。。そんな子が実技で頑張るにはどのような工夫?をしたら良いのでしょうか。是非知りたいです。何方でも良いので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

美術教師です。
成績が絡まないと頑張ってもらえないのかと少し寂しい気持ちですが、他の方に補足してお答えします。

まず、美術の場合は1、2さんもおっしゃる通りにちゃんと話を聞いて正しい手順でテーマに沿うとよいです。
そうすれば手順や技法が身に付くので期末のペーパーテストにも生きてきます。
どの先生も「ここまで出来たらOK(好成績)」のようにあらかじめ生徒に身につけてほしい力と評価の基準を設定して授業をします。例みたいな露骨な言い方は絶対しませんがそのような基準(手順や完成品の参考例など)は授業のはじめに提示しているので、聞き逃さないようにするといいですよ。

あと、先生と仲良くするというのはちょっと微妙なので補足を・・・。
仲の良さが成績に影響することはまずあり得ないので(成績はかなりシビアにつけられています)これは素直に先生が言うことを参考にしてみるってぐらいで良いかと思います。
アドバイスしても「えー面倒だからイヤー」って子より、ふつうに話を聞いてくれたり、質問にくる子の方が先生のアドバイスを貰うチャンスが多くなるってことで3さんもおっしゃっているのではないかと思います。
そこで先生に言われたことで上手くいきそうと思えばやればいいし。やりたくなければ「自分でも考えてみます。」とかあしらってニッコリ笑って聞き流せばいいんです。
そうすれば技術はなくても意欲や態度できちんと評価してくれますよ。

長くなっちゃいましたけど

>授業はやっぱり先生と真剣に楽しくやるのが一番

これが分かっている子はやる気を出せば大丈夫!!
きっかけは成績目的でも良いので、少しでも芸術教科を楽しんで大人になってくれるとうれしいです。
2学期頑張ってくださいね。

美術教師です。
成績が絡まないと頑張ってもらえないのかと少し寂しい気持ちですが、他の方に補足してお答えします。

まず、美術の場合は1、2さんもおっしゃる通りにちゃんと話を聞いて正しい手順でテーマに沿うとよいです。
そうすれば手順や技法が身に付くので期末のペーパーテストにも生きてきます。
どの先生も「ここまで出来たらOK(好成績)」のようにあらかじめ生徒に身につけてほしい力と評価の基準を設定して授業をします。例みたいな露骨な言い方は絶対しませんがそのような基準(手順や完成品...続きを読む

Qセンター試験の利用教科、科目の成績判定について

ある国立大学の受けたい理系の学部では1次は5教科、7科目となっていて、そのうち理科は4科目から2科目選択できます。
「大学入試センター試験の利用科目教科、科目名」の欄に「理科」、「地理、歴史」及び「公民」について、複数の科目から選択できる場合の成績判定には、高得点の科目より成績を用います。」とあるのですが、どういう意味かよくわかりません。
たとえば理科から生物と科学を選択してセンターを受けたら、成績のよいほうの得点を取ってくれるということですか。でもそうしたら5教科7科目じゃなくて5教科6科目になりませんか。受けるときは7科目ということですか。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

理科3科目(物理・化学・生物)全てを受験必須とするところもあります。
医学科ばかりですが、センター試験では、京都大 京都府立医大 大阪大 大阪市立大 奈良県立医科大 九州大 佐賀大 です。
科目数は5教科8科目です。最新のものではありませんのでご注意ください。

時間を考えれば、上記のところ以外を受けるなら、
2科目に絞って勉強した方がよいと思います。

Q4教科(技術家庭科・音楽・美術・体育)成績上げたい

技能教科(技術家庭科・美術・音楽・体育)の成績が悪いです。苦手ということもありますが…。
主要5教科はそれなりにいい成績なのですが、この4教科はものすごく悪かったです。
ほとんどが3、最悪なときは2の時もありました。

頭で覚えるのは得意なのですが、実技が苦手です。
成績を上げる方法を教えてほしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
音楽は、○○すれば、成績は上がるはず、
技術家庭科は、○○すれば、成績は上がるはず、
体育は、○○すれば、成績は上がるはず、
美術は、○○すれば、成績は上がるはず、・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
やはりどの技能教科も○○すれば、成績は上がるはず、

みたいなことを書いてくれるとうれしいです。
もし、できれば参考になりそうなサイト等も教えてくれるとうれしいです。

1つの教科について方法を教えてくれていただくことも歓迎です。
とにかく、いろいろな人からの回答がほしいです。量がほしいです。
ちょっとしたことでも構いませんので、書いていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

主要教科が出来て、技能面が苦手という事は、あなたは左脳派で右脳事が苦手なのでしょう! 
そもそも、○すべきや、○したら上手くなるという考え方自体が左脳派いわゆる、観念的マニュアル思考なのです。特に音楽や美術などは決して1+1=2にはならないのです。逆に2になったならば、それはまるでガジガジに編んだ風合いの無いセーターみたいなもので、芸術性(=感性)に乏しいのです。感性が乏しいという事は心や魂が希薄なつまらない絵や音楽であり、聴衆の心には微塵も響きません。右脳とは想像力や洞察力、先見の明、インスピレーション…などの力です。以前、記憶力を高めると逆に右脳が退化するという理論を、テレビ番組で聞いた事があります。 よって、学歴視点の政治家達に解決力が無いのは、日本の記憶力重視教育により、(洞察力など)右脳一連の能力が退化したからだと言っても、過言ではないと私は思います。あなたがもし技能力をつけたいのなら、音楽や料理など体の真から感じ楽しみながら臨みましょう! 
因みに私はピアニストです。
今までレッスン生の弟子達をたくさん見てきましたが、右脳に乏しい学業専門の優等生は、学生時代まではトントン拍子にいけますが、社会に出てからが真面目一点張りであまり変わり映えのない人がほとんどです。要は、落ちる事もなく上がる事もなく…、無味乾燥的なつまらない人生に本人達は喘いでます
よってどうか、お若いうちにあなたの潜在意識や感性・想像力をたくさん呼び起こし、頑張って下さい!

主要教科が出来て、技能面が苦手という事は、あなたは左脳派で右脳事が苦手なのでしょう! 
そもそも、○すべきや、○したら上手くなるという考え方自体が左脳派いわゆる、観念的マニュアル思考なのです。特に音楽や美術などは決して1+1=2にはならないのです。逆に2になったならば、それはまるでガジガジに編んだ風合いの無いセーターみたいなもので、芸術性(=感性)に乏しいのです。感性が乏しいという事は心や魂が希薄なつまらない絵や音楽であり、聴衆の心には微塵も響きません。右脳とは想像力や洞察力、先...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報