ラメセス2世のアブ・シンベル神殿には一年に2回朝日が神殿の奥まで届く様になっていると聞きました。1年に二度と言うので春分の日と秋分の日と思いましたが吉村作治先生監修の「ラメセス2世」創元社にははっきりと書いてありませんでした。もし詳しく知っている方がいらっしゃいましたら是非教えて下さる様宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

アブシンベル Ab・Simbel ナイル川をアスワンから南へ280kmほどさかのぼった河岸の断崖にきざまれた古代エジプトの大小2つの岩窟(がんくつ)神殿遺跡。

前1250年ごろにラメセス2世によってつくられた7つの神殿のうちの2つ。もともと遺跡があったヌビア地方がアスワン・ハイ・ダムの建設によって水没することになったため、ユネスコの援助で1964~68年、両神殿をナイル川より64m高い場所に解体・移築した。
大神殿の正面にはラメセス2世の4体の椅座(いざ)像があり、それぞれ高さは20mをこえる。その内部は55m以上の奥行きがあり、大広間と小室が中央の聖室へとつづく。この神殿にはラメセス2世自身と、ヘリオポリス、メンフィス、テーベの主神であるラー、プタハ、アメンの3神をまつっている。聖壇は東向きで、春分と秋分の日に日の出の光が奥の聖室にあるこれらの像をてらすよう設計されている。
北へ200mはなれた小神殿には、王妃ネフェルタリと女神ハトホルがまつられ、正面には高さ10mほどの王と、ハトホルをかたどった王妃の立像6体がほられている。
大神殿には数多くの碑文やレリーフがあり、エジプトのラメセス2世軍とヒッタイト軍がたたかったカデシュの戦をえがいたレリーフは貴重なものである。ラメセス2世の椅座像のうち2体にギリシャの傭兵が書いたギリシャ語の碑文は、前6世紀までさかのぼるもので、もっとも古いもののひとつである。
 …ということですので、春分の日と、秋分の日で間違いなさそうですよ。
下記URLには2月22日と10月22日と記されていました。日本で言うところの春分の日、秋分の日とはずれていますね…当然ですが…。

参考URL:http://210.155.148.25/~aijiro/Egypt/AbuSimbel.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

2月22日と10月22日と分かり納得しました。
有り難う御座いました。

お礼日時:2001/03/20 00:31

大神殿の最も奥にある窓のない漆黒の至聖所の壁には、左から万物の創造主プタハ神、王の守護神アメン・ラー、神格化されたラメセス2世、太陽神ラー・ホルアクティの座像が並んでいます。

春分と秋分の日の2回、大神殿の東の入り口から至聖所に朝日が差し込むとき、朝日は60m先の「神々の座」を照らすということです。
(講談社、週間世界遺産No3より)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難う御座いました。やはり年に二回と言うのは春分の日と秋分の日だった訳ですね。ただ日本の春分の日は3月20日、今日ですがエジプトだと2月22日と現地に行った人の書いたサイトにあったので少なくとも今年は2月22日だったと思っています。春分の日は夜と昼の長さが同じ日だと思いますがエジプトだと2月22日は本当に昼と夜の長さが同じなのか知りたいと思っています。

お礼日時:2001/03/20 14:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q春分点、秋分点の調べ方について

現在C言語で、万年カレンダーを作成しているのですが、春分の日と秋分の日の算出がうまくいかなくて困っています。

というのも、あるサイト(http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0330.htm)で年毎の春分の日と秋分の日をどのような計算で算出するかはわかったのですが、春分点・秋分点の基準をどの年におくかで、1日誤差が生じてしまう年が出てきてしまいました。

とりあえずは万年カレンダーといえども、2000年~2100年までの春分の日を秋分の日を正確に出せればいいので、ちょうどうるう年の例外が生じた2000年を基準に春分の日と秋分の日を算出しようと思っているので、2000年の春分点と秋分点を知れればいいかなと思っているんですが、肝心の調べ方がわかりません。
検索もかけてみたのですが、うまく見つかりませんでした。

よろしかったら、2000年の春分点と秋分点がわかるサイト、文献などがございましたら教えてください。その際、何年か毎の春分点、秋分点が網羅されているものだと非常に助かります。

現在C言語で、万年カレンダーを作成しているのですが、春分の日と秋分の日の算出がうまくいかなくて困っています。

というのも、あるサイト(http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0330.htm)で年毎の春分の日と秋分の日をどのような計算で算出するかはわかったのですが、春分点・秋分点の基準をどの年におくかで、1日誤差が生じてしまう年が出てきてしまいました。

とりあえずは万年カレンダーといえども、2000年~2100年までの春分の日を秋分の日を正確に出せれば...続きを読む

Aベストアンサー

>2000年の春分点と秋分点を知れればいいかな

太陽が春分点を通過する日(日時)が知りたいということですか?

こよみのサイトの情報の 20.69115 では合わないということでしょうか。

とりあえず、計算ができれば良いのなら
以下のサイトの「春分日、秋分日」の計算式がかんたんかも・・
#1851 - 1899年は、私が保存していた別情報と違う?

http://www.is.akita-u.ac.jp/~sig/holidays.html

もしくは、ウィキペディアの「春分の日」の値をプログラム化する方法も
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E5%88%86%E3%81%AE%E6%97%A5


ところで、比較された春分の日と秋分の日の値は信頼できるのでしょうか?
#ご存知かとは思いますが、公式には来年以降の春分の日と秋分の日は決まっていませんので・・

以前、正攻法(太陽の黄経が0度になる瞬間を計算する)でやってみたことがありますが、海上保安庁の略算式を使ったら、1917年の秋分の日が合いませんでした。

海上保安庁に問い合わせしてみたこともあり、回答では1924年以降しか「天体位置表」が作られていないため、正確な値はわかりませんでしたが、参考に教えていただいた情報では、1917年9月24日 0:00:13が秋分の位置を通過した時刻 とのことでした。

いずれにせよ、日付の変わり目から10秒程度で春分点、秋分点を通過するような場合には、数十年後の春分の日、秋分の日はあてにならないはずです。
#私の計算では2100年までにはそのような年はなさそうですが・・

これらの計算で一番の不確定要因は地球の自転で、以下のURLのうるう秒実施日一覧からもわかるように、近年、うるう秒の発生周期がかなり変わってきており、数十年後なんてとても予測できません。
http://jjy.nict.go.jp/QandA/data/leapsec.html

#この予測誤差が大きければ、春分の日、秋分の日が1日ずれることもあります。

ということで、個人的には、かなり前の情報より最新の情報を反映していると思われる(こよみのページ)の値を信用したいところです

>2000年の春分点と秋分点を知れればいいかな

太陽が春分点を通過する日(日時)が知りたいということですか?

こよみのサイトの情報の 20.69115 では合わないということでしょうか。

とりあえず、計算ができれば良いのなら
以下のサイトの「春分日、秋分日」の計算式がかんたんかも・・
#1851 - 1899年は、私が保存していた別情報と違う?

http://www.is.akita-u.ac.jp/~sig/holidays.html

もしくは、ウィキペディアの「春分の日」の値をプログラム化する方法も
http://ja.wikipedia.org/wik...続きを読む

Qユノ神殿

ユノ神殿は何の神様を祭っているのですか?

Aベストアンサー

神話の神々は、同じ神であってもその司る役割によって様々な呼称を持つことがありました。
例えばアテナでしたら、処女神として「アテナ・パルテノス」、都市の守護神として「アテナ・ポリアス」などと呼ばれ、それぞれ別の神殿に祀られていました。
アクロポリスにあるパルテノン神殿は処女神「アテナ・パルテノス」を祀っていたものです。もちろん「アテナ・ポリアス」を祀ったアテナ神殿も存在します。

同様に、ユノも様々な側面から崇拝されていました。
例えば、ユピテルの妻としての「ユノ・レジナ」、財政を守る「ユノ・モネタ」、女性・都市の守護神「ユノ・ソスピタ」、出産を司る「ユノ・ルシナ」などです。
それぞれのユノを祀った神殿が存在したことも確認されています。
ですから、ユノ神殿が何の神を祀っているかは、その神殿によって異なってくるのです。
ちなみに、シチリアに一部現存するユノ神殿は出産を司る「ユノ・ルシナ」が祀られていました。

Q季語に「オリジナル」はある?

「季語を考えてみましょう!」
という課題がでました。

私は、季語とは すでに先人たち(?)が 決めたものがあると思っていました。

季語の一覧があって、
「このリストから、使いたい季語を選ぶのだ」
という方式かと思っていました。

そうではないのでしょうか?

それとも、ある程度自由に、「コタツネコ」(冬) ・・・などといったふうに、独創的なものを 「季語です」といってしまって、よいものでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には歳時記に掲載されている言葉が季語として認められています。

ただし歳時記は一種類ではありませんから内容も統一されているものでは有りません。
どの歳時記の季語を認めるか、そもそも季語を必須とするかは流派次第です。

新しい季語について言えば作るのは自由ですが他人(師匠)が認めるかどうかでしょう。

>コタツネコ」(冬)
は「こたつ」が冬の季語ですので新規の季語とは認められないでしょう、これが春の季語であれば新規になりますが受け入れられそうにありません。

Q神殿娼婦についての文献

メソポタミア文明期やそれに類する時期の

Sacred Prostitution

についての比較的入手しやすい邦語英語文献をご存じの方はいらっしゃいませんか。

※以下以外のものでお願いします。
『聖娼』N・クォールズ・コルベット著 日本評論社(1998)
『聖婚』S・クレーマー著 新地書房(1989)
『売春の社会史』バーン ブーロー他著 筑摩書房(1991)
『売春の社会学』ジャン・ガブリエル・マンシニ著 文庫クセジュ(1964)
Prostitutes & Courtesans In The Ancient World, Wisconsin(2006)

Aベストアンサー

Stephanie Lynn Budin / The Myth of Sacred Prostitution in Antiquity, Cambridge University Pr. (2008)
http://www.amazon.co.jp/Myth-Sacred-Prostitution-Antiquity/dp/0521880904

Thomas A.J. McGinn / Prostitution, Sexuality and the Law in Ancient Rome, Oxford Univ Pr. (1998)
http://www.amazon.co.jp/Prostitution-Sexuality-Law-Ancient-Rome/dp/0195087852

内容的にはメソポタミアというよりはギリシャ・ローマがメインになるかと思いますが、どちらも日本のアマゾンで買えます。
聖娼に関する研究は単著の形だと数が少なく、探しにくいと思います。
研究論文のほうが多く出ていますので、大学等の研究機関で利用可能な環境にあるならJSTOR(http://www.jstor.org/)で検索かけてみるのをおすすめします。

Stephanie Lynn Budin / The Myth of Sacred Prostitution in Antiquity, Cambridge University Pr. (2008)
http://www.amazon.co.jp/Myth-Sacred-Prostitution-Antiquity/dp/0521880904

Thomas A.J. McGinn / Prostitution, Sexuality and the Law in Ancient Rome, Oxford Univ Pr. (1998)
http://www.amazon.co.jp/Prostitution-Sexuality-Law-Ancient-Rome/dp/0195087852

内容的にはメソポタミアというよりはギリシャ・ローマがメインになるかと思いますが、どちらも日本のアマゾンで買えます。
聖娼...続きを読む

Q季語について教えてください

俳句の季語に「たなばた(七夕)」と「天の川」がありますが、どちらも「秋」の季語と説明されています

7月7日を「秋」と扱うことに、どうしても理解が及びません

だって、「金魚」は夏の季語じゃないですか?

丁寧に説明して頂けると有難いのですが…

Aベストアンサー

旧暦の1~3月を『春』、4~6月を『夏』、7月~9月を『秋』、10~12月を『冬』といっていたからです。
旧暦は、新暦よりおよそ一月遅れになりますから、新暦の2~4月を『春』、5~7月を『夏』、8~10月を『秋』、11~1月を『冬』と呼んでいたことになります。

 「天の川」などが秋の季語なのは、旧暦通りで分けているからです。
「七夕」も元々は新暦の8月7日に行なわれていました。
プラネタリウムで「昔の七夕は今の8月に行なわれていたので、星もよく見えていました。」という解説をよく耳にします。
現在の7月7日は梅雨の期間であることも多いので、こうしたことを付け加えているのです。

 「立秋」が8月7日頃にありますが、別名「七月節」と言います。
立秋と七夕は旧暦ではすぐ近くなんですね。
ところが、今では七夕は日付あわせのために、一月ほど早く行なわれるようになったのです。
このように、旧暦通りにとどまったものと一月早まったものがあるために、ややこしくなっていったのです。

Q三内丸山遺跡・吉野ヶ里遺跡や周辺に、宗教(おそらく原始神道)などの祭殿・神殿などの痕跡が残っているの

三内丸山遺跡・吉野ヶ里遺跡や周辺に、宗教(おそらく原始神道)などの祭殿・神殿などの痕跡が残っているのでしょうか?

Aベストアンサー

どうだったかな、記憶だけで簡単に書くので間違えてるかもしれませんが。
吉野ヶ里のほうは墓がありましたね。

日本の宗教の原型は、沖ノ島や天岩戸神話に見られるような、野外での宴会のようなものだったと考えられています。行う場所も、それ用の特別な場所ではなくその場かぎりの臨時の会場のように、終わったら他の用途に使うような。相撲の名古屋場所の土俵って、場所が終わったら取り壊すのですが、そんな感じでしょうか(私感)。

社とか立派な鳥居とか神主とか、これらは仏教の影響で今の形になりました。

Q季語に言う春夏秋冬の定義

 日本語を勉強中の中国人です。季語に言う春夏秋冬はそれぞれ何月から何月まででしょうか。今の時期だと、秋の季語を使うでしょうか。冬の季語を使うでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

季語は、原則として二十四節気に従います。すなわち、

立春以後~立夏前→春
立夏以後~立秋前→夏
立秋以後~立冬前→秋
立冬以後~立春前→冬

よって、今の時期(11月18日)では冬の季語を用います。

二十四節気の正確な日付は、次のサイトを参照してください。
http://www.nao.ac.jp/koyomi/yoko/old_yoko.html

ただし、旧暦において月日が固定されている行事は、季語も固定されます。例えば旧正月は春、旧七夕は秋に固定されます。

>【季語に言う】春夏秋冬はそれぞれ何月から何月まででしょうか。

「季語でいう」が適切だと思います。

Q園芸の神様

日本には八百万の神様がいるといわれています。
その中には農耕の神、田の神など農業にまつわる神様はいますが、
園芸、いわゆるガーデニングの神様は日本にいないのでしょうか。

どなたかご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

確かに日本には八百万の神がいると考えられてきた訳ですが、それでも何の分野にでも担当の神様がいるというものでもありません。
何しろ神様達より新しく生まれたものが溢れている世の中ですからね。
しかし人々の生活スタイルなどの変化に伴ってその管轄を広げていく神様もいます。
もっともこれは神様の都合ではなく、人間の都合で一方的に解釈が広げられ当初存在しなかったようなものにも当てはめられていくという図式ですね。
例えばお公家さん達が「蹴鞠」の上達を願って拝んでいた神様を現代のサッカー関係者達が拝んでいたりします。
「○○にご利益があるということは○○にもと考えて良いのでは」という具合に広がっていくという寸法です。
挙げた例は随分ストレートですが、中には何故それらが結びつくのか説明を受けないとわからないようなものやこじつけとしか思えないようなものもあります。
そのようにして昔は無かったようなものにでも「○○の神様」というものがいるようなことがある訳ですが、だからと言って何にでもそのようなことが起こる訳ではありません。
例えば「商売」の神様であれば何の商売でもご利益があるという風にも捉えられますから、特にそれ以上細分化しないようなこともあったりする訳なのです(例え話なので非常に大雑把ですが)。
結局は人々がどのようなご利益を求めてきたかということに尽きてしまいますね。
そこで「園芸」ということを考えてみた場合その分野に専門の神様がいるようなことは聞いたことがありませんが、「植物の生育を司る神様」ならイソタケル(五十猛)とその妹達などがその代表格でしょう。
記紀神話によればイソタケルは天降る父スサノオに同行する際樹木などの種を沢山持ってきましたが、それを最初に訪れた新羅には植えずに日本に着いてから植えたとされます。
更に妹のオオヤツヒメ・ツマツヒメらと共に国中に木を植えてまわり(詳細は伝えるものによって多少差異がありますが)そのことによって日本はこのように緑豊かな土地となったと伝わっているのです。
実際イソタケルや妹達は林業従事者などには厚い崇敬を受けてきました。
また父神であるスサノオ自体も抜いた体毛などから沢山の植物が生じたと伝えられている為、一緒に信仰の対象となっていることもあります。
「園芸」の歴史にはあまり知識がないので細かいことはわかりませんが、「植物の生育」にスポットを当てた場合信仰対象とするに相応しい神様と言えるのではないでしょうか。

こんにちは。

確かに日本には八百万の神がいると考えられてきた訳ですが、それでも何の分野にでも担当の神様がいるというものでもありません。
何しろ神様達より新しく生まれたものが溢れている世の中ですからね。
しかし人々の生活スタイルなどの変化に伴ってその管轄を広げていく神様もいます。
もっともこれは神様の都合ではなく、人間の都合で一方的に解釈が広げられ当初存在しなかったようなものにも当てはめられていくという図式ですね。
例えばお公家さん達が「蹴鞠」の上達を願って拝んでいた神様...続きを読む

Q俳句、短歌の季語について

俳句、短歌の新人賞に応募しようと思うのですが、作品中に季語が使われていない句もいくつか、含まれているのですが、その場合はどうなるのでしょうか。
俳句、短歌には必ず季語を入れねばならないのでしょうか。
また、季語を手っ取り早く調べる方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

塾の国語の教師をしております。

新人賞に募集しようとしている方にチャチャを入れるのは気が引けるのですが……。

季語についてですが、
季語を原則入れなければならないのは「俳句」だけだということをご存知ですか?
短歌には季語は入れなければならないという原則はありません。
もちろん入っていたら×ということもないですけれど。

つまり、同じ「恋」を詠むにしても、
俳句だと季語との兼ね合いを考えて内容を考えなければなりませんが(恋の始まり=「芽吹く」「山笑う」など)、
短歌では季語との兼ね合いを考えなくても良いということです。ぶっちゃけキチンと体裁が整っていれば、今の気持ちを素直に詠んでもOKということになります。

現在かなりの「短歌入門」「俳句入門」などの本が売られていますので、
「歳時記」も持っていないのであれば、
一緒に購入されてみてはいかがでしょうか?

Q日本の神様

日本の神(神道や民俗信仰)の中で命の誕生をつかさどる神様は何でしょうか?
死の神はイザナミ、生の神はイザナギと思うのですが、イザナギ以外に生や誕生をつかさどる神がいるのかどうか知りたいです。

Aベストアンサー

産神(うぶがみ)さまでは?
http://www.tabiken.com/history/doc/B/B336C300.HTM


人気Q&Aランキング

おすすめ情報