痔になりやすい生活習慣とは?

いつもお世話になっています。高校生時代に山の素晴らしさにはまって、山の経験だけは40年以上の中(高?)年親父です。

靴についてはキャラバン、ショップの革製登山靴、ヨシダ、ノルディカ、ローバと履きつぶして、現在はザンバランフジヤマを20年以上を愛用しています。すでにソールを二度張り替えていますが、そろそろ上部もいたんできていますので、こんど買い換えようと思っています。

もうシビアな山は登らないのでゴアテックス等でよいかと思うのですが、心配なことがあります。それはソールが一挙にはがれることがあることです。私もパーティ仲間のソールが目の前ではがれたことを2回目撃しました。そのため1回は転倒、負傷し、急遽手当と応急修理をしました。

あとでいろいろ調べてみると日本のような高温多湿ですと接着剤の関係で5年ほどの寿命だと聞いています。

ついては二点、ご教示下さい。
1.5年ほどでソールが剥離するという問題は解消されたのでしょうか?
2.もし解消されていないとすれば、剥離の前兆はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

靴のソール剥がれには状況的に2つのタイプに分けられます。



昔ながらの登山靴ですとゴムのソールと靴本体は革製のミッドソールで接着されますので『接着剤の劣化』(だからビブラムなんかが“ペロン”と剥がれる)で間違いないのですがここ20年位で登場した、スニーカーなどと基本的な製法が同じである『成型ミッドソール』にソールを貼り付けたモノ(私の使用していたハンワグ/ローバーもこのタイプ)についてはこのミッドソールが発泡ウレタン製の為加水分解を起こし、『崩れる様に』分解してソールが剥がれる、という形になります。

ウチではそのハンワグ/ローバーをはじめ未使用のままストックしておいたウルヴァリンやティンバーランドなど、計10足近くがこの『加水分解』で使用不能になり処分しました。ローバーなどは張替え可能ですがそれはアウトソールだけでミッドソールの分解については修理不能でした。ウチの近々70になるオカンもメレルの革製トレッキングシューズが幾らも履かない内にソールが崩壊しましたし。発泡ウレタンは使用しなくても数年でダメになると考えた方が良いでしょう。

商品としては最近やっと発泡ウレタンを使用せずEVA(だっけな?)などの代替素材に切り替わりつつありますので、それらのミッドソールの物を選べば『いきなり崩壊』という事態はかなり防げるものと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご教示ありがとうございます。
そうです、この加水分解を起こし、『崩れる様に』分解してソールが剥がれるというものです。

結構な価格がするのに使用状態の如何を問わずにはがれるというのは、命がかかっている登山靴ですので、商品として私は欠陥品ではないかと思うのですが。

最近、発泡ウレタンを使用しないものが増えてきたとは聞いているのですが、具体的に大丈夫な靴メーカーというのはご存じでしょうか。

お礼日時:2009/10/31 15:21

>商品としては最近やっと発泡ウレタンを使用せずEVA(だっけな?)などの代替素材に切り替わりつつありますので、



日本は気候的にポリウレタンの劣化による剥離が起きやすいそうなので、海外メーカーはあまり対策に積極的ではないとも聞きます。

シリオなどは積極的に対策していますが、全てのメーカーが代替素材に切り替わりつつあるかというと?ですね。

剥離の前兆ですが、ポリウレタンソールがボロボロになりますし、すかすかしてくるので劣化が進むとわかる場合もあります。
古いハンワグのトレッキングシューズは手でパンの様に裂くことが出来ました。

使用後は水分を十分に払い、下手にしまい込まずに通気性の良い日の当たらないところに保管しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございます。
シリオが対策をしていますか?
シリオの靴は評判がよいようですね。

お礼日時:2009/11/03 08:56

登山歴だけは30年のやはり中高年親父ですが、



ゴアテックスのトレッキングシューズを
もう12年ほど使用していますが、
今のところ剥離の前兆はありません。
(まあ、ほとんど歩いていないという証拠ですが)

そこそこ毎年何回も出かける人なら、
ソールが剥離する前に、
アッパーのゴアのほうに不満がでてくるはずなので、
あまり心配することもないように思いますが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

さっそくのご教示ありがとうございます。
うーん、あまり心配することはないんでしょうか、

私が経験しているのは女性が購入後5年ぐらいでその間
数回ぐらいしか使用していないのが剥離したのを見ていますので・・

お礼日時:2009/10/31 09:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登山靴の靴底が剥がれました

8月の小雨の日、九重三俣山へいきました。下山途中に靴底がめくれ、ビ二ールを巻いて何とか下山しました。そこそこの登山でしたら危ないところでした。下山して靴底を引っ張ると両方ともきれいに剥離しました。5,6年前一度使って保管してました。接着剤を使って修理しようと思いますが、方法と接着剤の種類を教えてください。HawkinsGTと言う1万円くらいの商品です。

Aベストアンサー

ホーキンスの靴の型番がわからないのでなんともいえませんが・・・
(1)普通の革靴のような靴底の剥がれであれば、靴底を靴底接着用ボンド(検索かけるとすぐにみつかるとおもいます)で再度接着し、万力などで固定しておく、ということになります。
(2)しかし、おそらくトレッキングシューズの場合は、靴底のゴムと靴本体のあいだに、ミッドソールをいれています。(大昔の登山靴はミッドソールがなくて靴底が縫い付けてあるものでしたが、最近のトレッキングシューズはほぼミッドソールがついてます。)靴底がめくれた、という場合はだいたいこのミッドソールがポリウレタンです。この素材、クッション性能がよいのでミッドソールによく使われます。(近年はEVAとか剥離につながらない素材を使っているケースをよく見ますけど。)。ポリウレタンはすでに回答があったとおり、時間がたつと加水分解してぼろぼろになってしまいます。風通しのよいところにおいておくとか、こまめに掃除するとかで多少もたせることはできますが、おおむね5年くらいで駄目になることが多いようです。
http://www.backcountry.co.jp/equipment/she005.html
この場合、むりやり接着しても接着面以外のところでぼろぼろ剥離しますので、ミッドソールごと交換となります。5年もたてば、靴底のゴムも硬化してしまっており、磨り減っていなくても、山ではくと滑りやすくなりますので、普通は靴底を全部交換する必要があります。これは自分でやるのはかなりむずかしいです。特に防水透湿素材を使っている場合は、素人には手におえません。交換費用は靴によってことなりますが、おおむね8千円から1万円以上かかります。靴によっては交換できない靴もあり、安い靴はだいたい交換不能な場合が多いです。(交換するほうが高くつつくので余計対応しないケースが多い)
ということで、まだ2回しかつかってないのに・・・ということかもしれませんが、寿命ですので、山行を続けられるようでしたら、新しい山靴を購入されたほうがよいと思います。(次は靴底が交換できるような靴をお勧めします。5年くらいたつと剥離しなくても底のゴムが固くなり滑りやすくなるので定期的に交換がお勧めです。靴の上面が布だとだいぶ痛むので5年ごとに買い替えかもしれませんが。)

ホーキンスの靴の型番がわからないのでなんともいえませんが・・・
(1)普通の革靴のような靴底の剥がれであれば、靴底を靴底接着用ボンド(検索かけるとすぐにみつかるとおもいます)で再度接着し、万力などで固定しておく、ということになります。
(2)しかし、おそらくトレッキングシューズの場合は、靴底のゴムと靴本体のあいだに、ミッドソールをいれています。(大昔の登山靴はミッドソールがなくて靴底が縫い付けてあるものでしたが、最近のトレッキングシューズはほぼミッドソールがついてます。)靴底がめ...続きを読む

Q登山靴のソールが剥がれて

登山靴のソールが踵から半分くらい剥がれてしましました。
来月18日から4日間のテント泊をこの靴で行く予定だったのですが、ソール張替えはどこに頼んでも、1ヶ月か1ヶ月半はみないとダメでしょうか?
それでは間に合わないものでして。

今日「さかいやスポーツ」さんに電話したら、お盆休みにも入ってしまうので急いでもらっても無理だと説明を受けました。
もし18日までに仕上げてもらえるお店をご存知の方、教えてください。
よろしくお願いします。

東京在中で登山靴メーカーは「スカルパ」
ソール張替えができるタイプの登山靴です。

Aベストアンサー

https://www1.lostarrow.co.jp/contact/

この場合は代理店のロストアローに直接電話してお願いするしかないと思います。
さかいやさんも代理店に修理品で渡す事になるのです。
大元に行った方が早いです。

ソール剥がれだけなら、接着作業なので比較的簡単だと思いますが、他の修理品との作業手順の兼ね合いです。
質問者さんが鶴ヶ島のロストアロー社に、直接持ち込むほどの気合を見せると、優先的にやってもらえるような気がします。

Qかなり昔に購入したトレッキングシューズ

約15~20年前、独身の頃にキャンプを始めた時になんとなくアウトドアのイメージでハイカットのトレッキングシューズ(タラスブルバのもの 当時2万円もしなかったと思います)を購入しましたが、そのときは山登りをするわけでもなかったので、テントの出入りの際に、あまり履かないまましまいこんでいました。
最近になって、山登りに興味を覚え、道具を買い揃えようかとしたところ、山登りの道具には結構お金がかかることが分かり、一度には買い揃えられない為、長いこと眠っていたトレッキングシューズを引っ張り出して近くの低山ハイクを楽しんでいます。
いろいろ調べていくうちに、トレッキングシューズのソールの寿命は5年程で、いきなりはがれてしまうことがあるということが分かってきました。 それからすると、私のシューズはとっくに寿命なのですが、心配になって自分のシューズを見たところ、そんなにダメにはなっていないような気がするのですが、チェックするポイントってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>トレッキングシューズのソールの寿命は5年程
軽登山靴やトレッキングシューズのソールにウレタン製のものを使っていると、水分による加水分解で劣化し、剥がれたり、破損したりします。
全てのものが5年ほどで劣化するわけではありません。
ウレタンソールでも、加水分解しやすいものとしにくいものがあるようです。
ウレタンソールの劣化が問題になった頃から、劣化しにくいものに変更されていったようです。
また、ソール自体はゴムでも中間層にウレタンを使用していることもあります。



>チェックするポイント
・折り曲げたりしてみて、剥がれや損傷を確認する。
•ソール部分にクラック(割れ目)が有る。
•履いてしばらく歩いてみるとクッションが以前より悪くなっている。
•歩いていると靴底から空気が漏れる音がする。

http://www.glafis.com/819/PU-midsole/index.html

QGORE TEXの耐久年数について

KOKATAT製のジャケットを使っております。
週に1、2回の頻度で冬から春にかけて水の中で使っているのですが、最近水が少しずつ漏る様になってきました。
4~5年使っているのですが、今までは外からは少しも水漏れはありませんでした。もしかして生地自体の劣化の様なものかと思うのですが、ゴアテックスの耐久性について詳しい方、もしくは参考になるようなHPをご存知の方がいたら教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

水の中で...カヌーか何かでしょうか?
防水透湿性素材のゴアテックスを水中で使用するメリットは全くないですので...

ご存じだとは思いますが、ゴアテックスとは防水透湿性のある薄いフィルムのことです。
当然、フィルム単体では強度が弱く、他の生地とくっつけてあります。
2レイヤーなら、外側にナイロンなどの他の生地,内側にゴアテックスフィルムといった構造になり、
3レイヤーなら、真ん中にゴアテックスが入っています。

No.1の方もお書きになっている通り、使用しているうちに、同じ部分が何度も折れ曲がったりしますので、
徐々にフィルムの強度が劣化し、最終的には破れます。
外の生地ではなく、フィルム(ゴアテックス)が...です。

使用環境や使用状況,生地の構造,メンテナンスなどにもよるのですが、レインウェアなら2~3年程度で寿命となる人が多いようです。
ゴアテックス内蔵の靴などでは、防水性は1年ほどしか持たない場合もあります。
このことから、登山では(ゴアテックスの)雨具は【消耗品】だと認識されています。

撥水性に関しては、ゴアテックス自体ではなく、外側の生地の撥水加工のことで、ゴアテックスフィルムとは別の話になります。
撥水性能が落ちた→透湿性能が低下→ムレる ...
撥水加工は永続的なものではないため、汚れを落とし、撥水スプレーをかけるのは、
ゴアテックスを使用したジャケットでは(透湿性を保つため)メンテナンスをしなければなりません。

文章を読む限り、十分長持ちした方だと感じますし、寿命の可能性は高いと思いますよ。
ただ、縫い目からの浸水は、雨具の良くある弱点ですので、シーム部が剥がれていないか調べられてください。

水の中で...カヌーか何かでしょうか?
防水透湿性素材のゴアテックスを水中で使用するメリットは全くないですので...

ご存じだとは思いますが、ゴアテックスとは防水透湿性のある薄いフィルムのことです。
当然、フィルム単体では強度が弱く、他の生地とくっつけてあります。
2レイヤーなら、外側にナイロンなどの他の生地,内側にゴアテックスフィルムといった構造になり、
3レイヤーなら、真ん中にゴアテックスが入っています。

No.1の方もお書きになっている通り、使用しているうちに、同じ部分が何度...続きを読む

Q登山靴ソールの剥がれ

ハンワグのパフォーマンスXCRです(ソールの張り替え可能品)。

5年位前に買って1年に1回位しか使用しないのですが(ソールは殆ど減っていないです)、
先日久し振りに履こうとしたらアウトソールの境目の処が3cmほど剥がれていたので瞬間接着剤で引っ付けて縛っておいたら一応見た目は引っ付いた見たいですが、これで歩行可能でしようか?、
それともメーカーに修理出した方がいいでしようか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

加水分解による ソール素材の劣化か 接着剤の劣化で 剥がれたのでしょう
接着剤の剥がれなら 接着し直しで 復元できますが

瞬間接着剤はダメです。

ゴム系は G17という 黄色い ゴムや皮用の接着剤を使用します。
接着面を 綺麗にして
ソール側と 靴底側に塗り 2~3分乾かしてから 密着接着させます(塗って直ぐに貼り付けても接着しません)
専用接着剤でないと まず剥がれます。

ビブラムソールの場合 購入店へ出せば 貼り替えが可能だと思います。

靴は使わなくても 加水分解で傷みます 湿気が特に 樹脂やゴムを傷めます。

Q下山時に足の親指の爪が痛くならない工夫

最近、山歩きを始めましたが、下山時に足の親指の爪が痛くなってしまいます。爪というか爪の付け根あたりです。

最近テニスをするときもそうだったんですが、今回は特に痛くなってしまいました。

たぶん足の親指が他の指よりも出ているためと思います。

登山靴を大きくすればブカブカになってしまうと思いますので、テーピングとかそういう方法で工夫することはできないでしょうか?

同じような悩みをもっていらっしゃる人で何か良い方法があったら教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

私は長年使っていて問題なかった登山靴が、下山中に爪先があたり、痛めるようになりました。歳を取ると土踏まずが崩れて足が扁平になり、少し長くなることが原因らしい。靴ひもをしっかり締めるなど、いろいろやったのですが効果はありませんでした。履き慣れた靴で、捨てるのももったいないので行きつけの登山店で聞いたところ、足首が細いので紐がしっかり締まらず、下りで爪先が当たってしまうと言われました。それを防ぐため、薄い靴下をはいて、足首の前面に厚めの靴下を切断した物をあてがったところ、靴ひもがしっかり締まり、爪先が泳がないようになりました。かなり効果があったと思っています。お試しになったら如何でしょう。

Q登山靴のakuのコンコルディアとGoroのS-8で迷っています。

登山靴のakuのコンコルディアとGoroのS-8で迷っています。

登山を始めて1年になりますが主に日帰りで4~10時間程度の歩行時間の山や3か月~半年の割合で1泊程度のテント泊に行くレベルです。

登山を始めた時に何も知らずに買った8千円位のトレッキングシューズを履いているのですが長時間の歩行(6時間以上)になると足が痛くなるのでそろそろいい靴を買い替えようと思って色々探してみたのですが上記の2点がデザイン的に気に入ったのですがGoroのS8の重さが気になったのと、この2つの靴のスペックが主に日帰り登山で数か月の割合でテント1泊程度の私のレベルでは高すぎるのではないかという点が気になりました。

オーバースペックの登山靴で低山を歩いた場合余計に疲れるといったこともあるのでしょうか。

靴に関して人それぞれ合う合わない、またデザインで選ぶものではないことは重々承知ですが、皮製の使い込んでいくにつれ味が出てくる風合いに愛着がわきそうだったのでデザインも重視したいと思いこの二点を履いている方の意見を聞いてみたく質問致しました。

もちろん購入の際は試し履きさせて頂く予定です。

また皮製のの登山靴についても長短教えて頂きたいと思います。

宜しく御願い致します。

登山靴のakuのコンコルディアとGoroのS-8で迷っています。

登山を始めて1年になりますが主に日帰りで4~10時間程度の歩行時間の山や3か月~半年の割合で1泊程度のテント泊に行くレベルです。

登山を始めた時に何も知らずに買った8千円位のトレッキングシューズを履いているのですが長時間の歩行(6時間以上)になると足が痛くなるのでそろそろいい靴を買い替えようと思って色々探してみたのですが上記の2点がデザイン的に気に入ったのですがGoroのS8の重さが気になったのと、この2つの靴のスペックが主に日帰り...続きを読む

Aベストアンサー

No1です。
夏山から残雪期まで履ける靴というものはあります。登山用として現在棚に並んでいるものの半分くらいはそうだと思います。「そんなばかな!」と思われるかも知れませんがそれは確かです。ただ、それらの中でより夏山の歩行に向いたもの、残雪でより安定した歩行を可能にするもの、という差があるだけです。私は沢登りをしますが、汚れた雪渓ならまだしも、白いスプーンカットの斜度30度なんて雪渓にあたるとさすがにフェルト底の沢靴では緊張します。明らかに沢靴はそんなところを歩くようにはできていません、でも歩けます。
私はその靴のキャラクターがどんな山行により向いているか、ということなのだと思ってます。

どんな靴がいいかちょっと考えてみましょうか。
残雪期はアイゼン・ピッケルが必須というような厳しいものではなく、中級山岳の一般登山道の所々に残雪があり、まあ、滑落の危険もわずかながらあるかな?といった状態の山で履く靴。
反射的に滑落停止の体勢が取れないクラスの一般登山者には、ピッケルよりはバランスの補助として有効なステッキを使ってほしい・・・そんな状況がより多くの登山者にとって現実的ですよね。
さて、必要なのはキックステップができる程度にしっかりした底と、ランドで補強した(または、それこそ皮革製の)ある程度捩れに抵抗できる位の逞しさを感じさせるミドル丈のアッパー。防水性能は幾ら高くても歓迎だけど、保温性とか、真の意味での耐久性はそれほど必要としない。
山行の大部分は「歩行」であり、アイゼンは使うとしても軽アイゼンで間に合うので、靴底の硬さなんてものまでは必要なく、歩行運動に伴ってある程度、底が曲がる位がいい。
 そういう靴はけっこう沢山あるんじゃないですか?タウンユースにはゴツくてはなからお話しにならない。アウトドアの土の上なら少しなじむ気がするけど、沼めぐりのハイキングコースにはいささかハードすぎ。AKUコンコルディアもこのカテゴリーでしょうか。

もう少しライトなところでは、ザンバラン「フジヤマ」なんて皮革製軽登山靴の代名詞みたいな靴ですよ。
登山ショップでは(ややハード指向の)トレッキングブーツ以上(という言い方はおかしいですが)、でもアイゼン対応のマウンテンブーツ未満。

夏の北アルプスクラスなら
歩行性能を重視したいところだけど、砂礫地や鎖場、ぬかるみを歩くことにも対応できなきゃね、ってことはミドルカットで耐久性にも配慮したアッパー素材。今時の製靴レベルなら重荷に対応して云々…なんてとこまで気にしなくてもいいけど、長時間行動にも配慮した快適性は譲れない。
ショップではハイキング・トレッキングシューズのカテゴリーになるかしら。もっとスニーカーチックな靴でも大抵の場面では問題ないけど、予想以上に岩場が長かったり、風雨に当たってなんてこともあるだろうから、それなりにしっかりした靴が良い。
キャラバンならグランドキングシリーズはこの辺りの靴だと思います。

低山・夏山一般道
靴底さえしっかり地面をかむものなら極端な話なんでもいい。歩きやすさ、快適性を重視。防水性は必須じゃないけど高い方が良い。日帰り中心なので舗装路でも違和感なく歩けるといいかな。
アプローチシューズ、ハイキングシューズと言われるあたりの靴ですね。

普段履いてる皮靴やスニーカー、サンダルにだって試し履きの時点で妙にしっくりくるとか、歩いてみて当たるところとか浮くところが無い、って感じはわかりますでしょ?登山靴も同じです。
登りだと平地を歩くより足首が深く曲がりますでしょ。靴の中で足はかかと方向に落ちようとします。
下りだと体重はよりつま先にかかり、足首は後ろ(つま先下がり)になりアキレス腱にブーツのパット部があたります。
私的には、ヒールカップが高くて硬いものは進めません。トウは硬くて構いません。また、アッパーの生地がメッシュとか通気穴が沢山開いてたり、複雑な生地カッティング、パーツを使うものも汚れ易く、ゴミが詰まったりするので好きじゃありません。

北アルプスの縦走~残雪期の中級山岳の一般道なら共通でも問題ないでしょう。
アイゼン、ピッケルで登る靴とは別に考えるべきです。
夏の低山・日帰りは専用に一足、持つべきだと思います。その方が山行が楽しいと思いますから。
どうしても一足で対応、というなら防水がしっかりして、全周ランドのトレッキングブーツクラスかなあ。私は履いたことないですけどAkuコネロとかヴァーディゴ、皮革ならキャラバンGK-69あたりがそんなクラスでしょうか?

ショップには商品知識もないアルバイト店員もいます。値段につられて量販店ってよりも、きちんとアドバイスや山の情報ももらえる登山用具店。行きつけのお店ができるといいですね。

No1です。
夏山から残雪期まで履ける靴というものはあります。登山用として現在棚に並んでいるものの半分くらいはそうだと思います。「そんなばかな!」と思われるかも知れませんがそれは確かです。ただ、それらの中でより夏山の歩行に向いたもの、残雪でより安定した歩行を可能にするもの、という差があるだけです。私は沢登りをしますが、汚れた雪渓ならまだしも、白いスプーンカットの斜度30度なんて雪渓にあたるとさすがにフェルト底の沢靴では緊張します。明らかに沢靴はそんなところを歩くようにはできてい...続きを読む

Q登山靴の寿命ってあるんでしょうか?

登山靴の寿命ってあるんでしょうか?
昨日、朝から近場の山に行ってきましたが、いつもと同じくらい岩場が濡れてましたが、滑り転びまくりでした。
靴の裏を見たら、減ってはいましたが、急に質が落ちるものでしょうか?
キャラバンの靴で、購入約3年です。
雨が降らなければ、ほぼ毎週使用してます。

お財布、ピンチですが、足が命ですから・・・

次の靴を購入する際、お勧めありましたら、教えて下さい!
足幅が広いので、店員さんに今の靴を勧められました。
ど素人なので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

革靴でしたら ビブラムソールの張替えで 長く使えます。

キャラバンシューズ 失礼ながら スニーカー見たいな物ですよねー
ソールの 張り替えも出来ない アッパーも伸びる 素材の劣化も直せない 使い捨てです。
ソールのゴム・樹脂も加水分解しますので 使わなくても 劣化はします。
3年使用し続けてるなら もう 元取り 交換時期では?

さかいやスポーツの アウトレットの シューズを 覗いてみてください 安いの有るかも!!

QAKUのシューズについて(登山靴・トレッキングシューズ)

近々、日本アルプスデビューをしようと思っています。

すすめられAKUのEDGE GTXを購入しようと思いましたが、
インターネットで見てもあまり載っていません。

マイナーなメーカーなんでしょうか?
また品質やその他含めてどうでしょうか?

AKUよりシリオ等々でお勧めの靴はありますか?

参考にテント泊で2~3泊程度をMAXにして想定をしております。

皆さん教えてください。

Aベストアンサー

AKUのコンコルディアを去年使って、北アルプスの槍穂縦走をしまし

た。雨と強風にさらされながら、大キレットや奥壁バンドなどを歩く

ひどい山行となりましたが、靴は非常に良かったです。ここらあたりの

岩場ばかりの山を歩くと本当に靴の良し悪しがわかります。私は靴は

AKUの靴ばかりですが、低山でどうでもいい山ではなかなか靴の良さは

わからないけれど、比較的難しい岩場などでは靴の有難さは良くわかり

ます。ただし、靴は履いてみないとなんともわかりません。お店に行っ

て、試しに履いてみて良ければ、購入すればいいし、最近は山行形態で

さまざまな靴が販売されているので、よくそのことを考え、選んだ方が

いいと思います。ロングトレイル向きには私のコンコルディアなんかは

軽くて疲れないですよ。

Qゴムの接着、セメダインで着きません。靴底の補修で画像の商品を靴底の減っ

ゴムの接着、セメダインで着きません。靴底の補修で画像の商品を靴底の減った部分に接着してからさらに釘を打ち込み固定させるものを使ってみたのですが、ちゃんと接着させるために100均のものではなく、セメダイン社のスーパーXを使ってみたのですが、一定時間置いた後にわざと剥がすように力を入れてみるとすぐに剥がれてしまいました。2、3回やってみましたが全てだめでした。ちなみに下地処理もきちんとしました。削れた靴底は軽く洗剤をつけてたわしで洗ったあとに乾燥させ、耐水ペーパーにて整えた後、粉が残らないように雑巾でふき取って乾燥させました。

なにか手順に不手際がありますか?個人的には接着剤が適していないような気がします。このようなゴム同士の接着に強い接着剤はありますか?ちなみに瞬間接着剤も試しましたが同じ結果でした。またセメダイン社の専用接着剤のコーナーを覗いてみましたがゴム同士の専用商品はありませんでした。

使った接着剤です↓
http://www.cemedine.co.jp/product/domestic/adhesive/various.html

Aベストアンサー

セメダインスーパーXはシリコン系接着材ですね、そりゃ接着剤の選択が間違ってるんだわ。
シリコン系は接着物の材質を選ばず、ほとんどのものが接着可能で、弾力性があり、しかも超透明なものがあり・・・・と至れりつくせりの万能接着剤のように思え、確かにそのとおりなんです。
でも、シリコン系の接着剤はシリコン樹脂の接着力だけで保持しているのであって、分子結合的に接着しているのではありません。
つまりご飯粒でくっつけているようなもので、靴底のようにある程度柔軟性があってもまれるような状況で使用されるゴムなんかはほぼ接着できないんです。
これはエポキシや瞬間接着剤でもダメです。

靴底修理には合成ゴム系の接着剤を使います。
合成ゴム系の接着剤にも幾つか種類があって、張り合わせる材質によってはこれもうまくいかない場合があるので、以下が絶対とはいいませんが、多分大丈夫と思います。

例えばコニシボンドからG17というのが出ていて一般にも広く普及し、ホームセンターにもあるでしょう。これで接着できると思いますが、G17は一般多用途を狙った接着剤ですが、パッキンなどの接着では気にならないのですが、靴底など水に濡れて「揉まれる」ところにつかうとはがれてしまうように思います。
同じコニシボンドからG103というのが出ています。見た目は同じようなものなのですが、靴底の接着ではあきらかにこちらの方が調子いいです。
G17がクロロプレンゴム系でG103がニトリルゴム系のようですが、それがためなのかどうかは良く分かりません。
G103も一般市販されている接着剤ですが、G17ほどには普及しておらず、また、多分170mlのものと缶入りで小さいチューブは無いと思います。

接着方法は商品に書いていますが、一般的なゴム系接着剤と同じです。
両面塗布で指触でベトつかない程度乾かしたあと張り合わせる・・・です。
ポイントは焦らず、しっかり時間を置くことと、張り合わせ後にハンマーでガンガン叩くとかプレスで挟むとかしてしっかり圧力を掛けることです。

この接着剤はウレタンにもつくようなのですが、スニーカーなどに使われている成形ソールは接着したことがありません。あれは何で接着してもダメだという話を聴いたことがあるので・・・

これでダメなら、ショッピングセンターなどに入っているリペアショップに持ち込んでください。ああいうところはベルトグラインダやホットプレスがあり、接着剤も違うものを使ってそうだし、ノウハウがありますから。

それにしてもスーパーXでは最初から無理でしたね、お店の人はアドバイスしてくれなかったのですか?
ホームセンターは安いけど商品知識なんて無いに等しいから、何を使えばいいか分からない時はちゃんとしたDIYショップか金物屋さんに言った方がいいですよ。

セメダインスーパーXはシリコン系接着材ですね、そりゃ接着剤の選択が間違ってるんだわ。
シリコン系は接着物の材質を選ばず、ほとんどのものが接着可能で、弾力性があり、しかも超透明なものがあり・・・・と至れりつくせりの万能接着剤のように思え、確かにそのとおりなんです。
でも、シリコン系の接着剤はシリコン樹脂の接着力だけで保持しているのであって、分子結合的に接着しているのではありません。
つまりご飯粒でくっつけているようなもので、靴底のようにある程度柔軟性があってもまれるような状況で...続きを読む


人気Q&Aランキング