チタン製の中華なべを探しています。
軽くて、火のとおりも良いとか。
購入方法、金額、わたくし九州在住ですので、問い合わせ先なども分かれば幸いです。
また、持っている方のアドバイスなど聞ければうれしいのですが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

揚げ物がだめなのは、火が通りやすいので、油が高温になりやすく、火災の危険があるからだと思いますよ。



私は,起きて破りの揚げ物を、油の量を控えめにして、火加減に注意しながら、したことはあります。でも、安全性の責任もてませんので、あしからず。。。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねご回答いただきましてありがとうございました。

お礼日時:2001/03/26 12:10

えっ、焦げやすいですか?


実家では、フライパンしか使っていなかったのですが、結婚を機に、中華なべ(チタン製)を購入。
以来、4年ほど愛用しております。
鉄製の中華なべを使ったことがないせいか、焦げが気になったことはありません。
何より、軽いので、片手で軽々鍋返しができるのが、魅力です。

空焚きして、煙が出てから、油を入れて・・・って料理方法をしていますが、変形などはしていないです。ちょっとの空焚きならセーフなのかな?

あとは、皆さんの回答にあがっていないところで、
「チタン製なべは熱の通りがいいし軽いので家庭向きともいえますが、値段が高く、鉄製なべのように料理に鉄分を補うことはできません」(NHKインパク、クッキングレッスンより)
貧血の方には、お薦めできないってことでしょうか(^^)

購入方法ですが、私は一般売りもしている問屋のようなところで買いました。
「チタン 中華鍋」で検索したら、ネット通販しているところもありましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/03/23 12:20

 結婚祝にいただいたものを今使っています。


 軽くて楽です。あっという間に温まります。ちょっと目を離すと大変です。私のものはシリコン樹脂加工がしてあったらしいのですが、火にかけて少しおいていたとき(普通のフライパンのように)表面の加工を燃やしてしまいました。
 取扱説明書の一部を抜粋しておきます。
特徴
熱まわりがよいため、調理時間が短縮できます。
軽くて扱いやすい上、酸にも強く耐久性にすぐれています。
使用上の注意
空炊きはしないで下さい。
揚げ物、てんぷらなどの料理には使用しないで下さい。
お手入れ方法
こげつきは水かぬるま湯に浸してからお取りください。また磨き粉はなるべく使用しないで下さい。

製造元 長谷元製作所 新潟県燕市小池第二工業団地 0256-63-2222

他の方々のご意見のとおりだと私も思いますので、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
製造元まで書いていただいて、大変参考になりました。
ところで、揚げ物がだめな理由は何でしょう。
わたくし何でも理由を知りたがる人なので・・・

お礼日時:2001/03/23 12:27

昨年の春に買ってもらいました。


中華鍋、デパートで購入、価格は、1万5千円くらいでした。
デパートの台所用品売り場へ行ってみたらいかがでしょうか。

確かに火の通りはよく、こげやすいです。
我が家は、コンロのが少し傾いているので、鍋の一部分がこげやすかったりします。
利点はやはり、軽い、洗うのが楽でしょうか。
少々焦げても、さっと、焦げもキレイに落ちるので、焦げやすさもあんまり、気になりません。
ただ、揚げ物とかは、できないことになっているので、酢豚などあ、別に肉の処理をしないといけないかもしれませんね。炒め物専用ということですね。

このほか、フライパンも持っていますが、ハンバーグとかもちゃんと焼けてるし、焦げやすいは、焦げやすいですが、使い方次第ではないでしょうか。クセのある道具なので、向き不向きはあるかもしれませんね。

少しは、参考になりましたか?

この回答への補足

どうして揚げ物ができないのでしょうか。
ご存知でしたら教えてください。

補足日時:2001/03/23 12:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/03/23 12:33

 チタンは軽量にして堅牢。

以前は主に軍需物資として利用されていました。チタン製品が身近に出回るようになったのは、冷戦終結後のここ四、五年のことです。
 「火の通りが良い」とのことですが、ふつう製品に用いられる酸化チタンは、むしろ熱伝導率が低いのです。ですから、シェラ・カップ(ちょっとした鍋のようにも使える小型カップ)などでは、熱いお茶などを入れても飲み口が熱くならないというメリットがあります。…アルミやステンレスだと、口をあてるところが熱くなって、飲みにくいのです。
 火の通りがよいのは、単に薄いせいです。厚手の方が熱が均等に伝わり、調理がしやすいのは他の金属でも同じです。

 では、なぜ薄いのか。それは、チタン製品は「軽量・堅牢」ということで登山用具などアウトドアでの使用に主眼をおいて開発されるからです。中華鍋だとキャンプ用ですね。
 チタン製の中華鍋は製品として存在します。一応、名の通ったメーカーでは「SNOW PEAK」という会社が売り出しています。やはり、アウトドア用品のメーカーです。値段は、2、3年前売り出された直後の時点で3万円近くでした。今はもっと安くなっていると思います。
 お探しになるのであれば、キャンプ用品や登山用具を扱っているスポーツ店に当たりましょう。ある程度大きなお店なら必ずあるはずです。

 ただ、これは申し上げておかなければならないのですが、あくまでもアウトドア用品です。家庭で用いることも可能ですが、薄く出来ていますので一般の家庭用には及ばない部分も出てきます。また、チタンという金属はそれほどありふれた金属ではありません。一般に出回るようになってから日が浅いという事情もあります。したがって、どうしても高価なものになります。
 このような点も考慮された上で、ご検討ください。

P.S.agasamamaさま。捨てるくらいなら私が頂きたかった。(;;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/03/23 12:21

とても軽くてつかい易そうなので、以前購入しました。

ところが、火のとおりが良すぎるのか、なんでもすぐ焦げてしまうのです。いろいろつかい方を試してみましたが、焦げるのは、どうにもならず、結局ごみとして処分しました。フロン加工や鉄のものに比べ、高かったのにがっかりでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/03/23 12:15

こういうところが有りました。



参考URL:http://www.bic-akita.or.jp/akinai/h39910.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/03/23 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチタンの中華鍋

チタンの中華鍋

 チタンの中華鍋の購入を検討してます。結構値段の違いがあるんですね。1万から5万以上あります。
これは熱の伝導の仕方が違うとかあるんでしょうか? 大きな違いは何でしょう。家庭で使う分に違いがあるのでしょうか。
 
 熱の伝わりが局地的なので、変な焦げ方をするとの書き込みを読んだのですが、均一に熱が通らないんでしょうか?
 それとは別に焦げるとの書き込みをいくつか見ましたが、鍋が熱くなったら弱火にすればいいのではと思ったのですが。

 鉄に比べてのデメリットはありますか? 高いものを買って欠陥があったらショックなので。揚げ物が出来ないそうですが、家ではやらないので、それは問題ないです。

 先月まで鉄の中華鍋を使ってたのですが、サビてしまいました。終わった後に火を通して、しまえばいいんですね。 でも、それはメンドイですよね。
 それならプラス一万円で錆びないならチタンだと思ったわけです。更に熱の伝わりが早く、ガス代の節約になるのなら、プラス2万ぐらい出してもいいんでないかと。

 中華鍋はパスタとかソーメン等を茹でる時にも使います。お湯沸くのは鉄より全然早いもんなんですかね?
炒め物の仕上がりが、鉄に比べていいとか違いはありますか? 使ってみて、こんな違いがあるなんて事あったら教えてください。

 オススメの商品とかも教えてください。30センチか33センチと考えてます。

中華鍋 チタンで検索して一通り見ました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=758608
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=54864

チタンの中華鍋

 チタンの中華鍋の購入を検討してます。結構値段の違いがあるんですね。1万から5万以上あります。
これは熱の伝導の仕方が違うとかあるんでしょうか? 大きな違いは何でしょう。家庭で使う分に違いがあるのでしょうか。
 
 熱の伝わりが局地的なので、変な焦げ方をするとの書き込みを読んだのですが、均一に熱が通らないんでしょうか?
 それとは別に焦げるとの書き込みをいくつか見ましたが、鍋が熱くなったら弱火にすればいいのではと思ったのですが。

 鉄に比べてのデメリット...続きを読む

Aベストアンサー

チタン中華鍋、鉄、テフロンの使い分けで使っています。
確か1万円ちょっとした物を使っています。

チタンは主に炒め物に使っています。
肉などはこびり付きやすいですが、熱が均一に伝われば剥がれてきます。
野菜がメインの炒め物は中火でもパリッと仕上がって良い感じに思えます。
(取扱説明書によると強火厳禁らしいです)
肉のこびりつきなど、鉄のとはあまりにも使い勝手が違うので、なれるまで時間がかかりましたが、手入れも楽ですし、今は気に入っています。

麺茹でに中華鍋は吹きこぼれなくて良いのですが、お湯を沸かすにはフタがないので効率が悪い気もします。

肉のソテーなどは鉄の方がきれいに出来ます。
オムレツや餃子などはテフロンが楽だと(中華鍋じゃなくてフライパンですね)。

鉄のフライパンが錆びるのは初めて使うときに油ならしをしていないからか、洗剤で油膜が落ちてしまっているからかと思います。
ごしごしクレンザーや金ダワシでサビを落として、もう一度油ならしをして、
毎使用後は洗剤を使わないで洗えば、火を入れなくてもそれほど錆びません。
汚れがひどいときには軽く洗剤を使います。
URLは油ならしの仕方。空焼きは30分もやらなくて良いとは思います。

参考URL:http://www.kitchenparadise.com/home/Account/jp/tetsu1.htm

チタン中華鍋、鉄、テフロンの使い分けで使っています。
確か1万円ちょっとした物を使っています。

チタンは主に炒め物に使っています。
肉などはこびり付きやすいですが、熱が均一に伝われば剥がれてきます。
野菜がメインの炒め物は中火でもパリッと仕上がって良い感じに思えます。
(取扱説明書によると強火厳禁らしいです)
肉のこびりつきなど、鉄のとはあまりにも使い勝手が違うので、なれるまで時間がかかりましたが、手入れも楽ですし、今は気に入っています。

麺茹でに中華鍋は吹きこぼれなく...続きを読む

Q中華鍋の種類。鉄とチタンどっちが良いですか?

宜しくお願いいたします。
中華鍋の購入を検討しています。
実家で使用していたので「中華鍋=鉄」と思い込んでいましたが
検索していて「チタンの中華鍋」の存在を知りました。
私の回りにはチタンの中華鍋について詳しい人がいないので
使い心地やどちらがお奨めかを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

中華なべの良さは、その形状にあるそうです。
鉄なべは熱の伝導や拡散などに優れています。
しかし、重い、錆びるといった欠点もあります。

そこでチタンなんですが、これは非常に軽くて、かつ非常に硬くキズもつきにくく、腐食に強いです。さらに、高熱にも強く、航空機や宇宙産業にも使われています。
しかし、かなり高価な素材です。
熱の伝導に関してはちょっとわからないですが、合金にしたり、チタンコーティングにするなどして値段を抑え、鉄とチタンのいいところを取っているとすれば、これは買いでしょう。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Qチタン鍋はどうして速く沸くんですか。

チタンでできた鍋やフライパンに興味があり、ネットでいろいろ調べてみると、鉄などのものに比べて、軽くて振りやすい、お湯が速く沸く、という長所がある反面、焦げ付きやすいという欠点があるようです。
この、お湯が速く沸く理由がわからないので教えてください。

熱伝導性がよいからという理由が書いてあることも多いので調べてみると、熱伝導率は、
チタン…22 鉄…99 アルミニウム…241 銅…420  (単位W/m.K) 
となっているので、むしろ逆です。
また、比熱の関係かと思いましたが、アルミニウムに比べると比熱は小さいですが、鉄や銅よりは少し大きいので、理由にならないように思います。

あと、チタン鍋が焦げつきやすい理由として「熱伝導性が良すぎて」などとよく書いてあるのですが、これは「熱伝導性が悪いので」の誤りと考えてよいでしょうか。つまり、熱伝導性が悪いので周りに熱が広がらず、直接火があたったところの上だけが高温になり焦げる、と考えていいでしょうか。

(カテゴリーを食器・キッチン用品にするかどうか、迷ったのですが、科学的な解答が欲しかったので、「科学」で質問いたします。)

チタンでできた鍋やフライパンに興味があり、ネットでいろいろ調べてみると、鉄などのものに比べて、軽くて振りやすい、お湯が速く沸く、という長所がある反面、焦げ付きやすいという欠点があるようです。
この、お湯が速く沸く理由がわからないので教えてください。

熱伝導性がよいからという理由が書いてあることも多いので調べてみると、熱伝導率は、
チタン…22 鉄…99 アルミニウム…241 銅…420  (単位W/m.K) 
となっているので、むしろ逆です。
また、比熱の関係かと思いましたが、ア...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
チタンの鍋やフライパンは鉄より薄くないですか?

軽くて丈夫ですから材質を薄くすれば熱抵抗などもかなり改善されると思います。

但し、これは水平方向へは逆効果となり、熱が直火部分周囲に伝わりにくくなります。
焦げやすいのはおっしゃるとおりで、熱伝導率が悪いため、直接加熱されている部分の熱が周囲に拡散しにくく、局所的に熱くなるからです。


人気Q&Aランキング