プロが教えるわが家の防犯対策術!

パネルヒーター設置のマンションに住んでいます。
先日、近隣の部屋でパネルヒーターから水が漏れ
下階まで被害が出るほどの浸水だったそうで
うちのパネルヒーターでも、そんな事があるのかと
とても不安になっています。

パネルヒーターについて調べたら
2.3年毎に不凍液の交換などの記述もありましたが
築6年になる今でも交換した事がなく
メンテナンスもしていません。

管理会社は、何かあってからしか動いてくれないようで
マンション敷地内の陥没も
少しだからかもしれませんが調査もしていない状態です。

どこに何を言えば不安が解消されるのかも分からず
パネルヒーターを見つめる日々です。
すぐにでも引越してしまいたい気持ちですが
分譲マンションでローンも残っているので簡単ではなく・・・。

アドバイスをお願いします。とても不安です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

分譲マンションなら何かあったらすべてあなたの責任ですよ。



温水パネルヒーターはあなたの所有のものではないのですか?
不安ならば、取り外してしまえばいいだけのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個人所有なら悩んだりしないんですが・・・。
マンション全体が絡む特殊なタイプのようなので
先ほど管理組合理事長に話を持っていきました。
今後、管理組合単位での動きになりそうです。
この度は回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/15 11:10

浸水騒ぎになるような事件は、配管途中でそれ自体が破損しています。


とにかく費用はかかりますが、プロにお願いするしかないでしょう。

考えられることは
○配管ジョイントが緩んでいる、そして使われているパッキンが消耗。
○本体の溶接部が腐食により割れている。
万一、後者の方であれば交換しかないでしょう。

ヒーターは温度が上がると内圧が上がりますので、余程きっちりと仕事をしておかないとだめです。
不凍液も効果が薄くなっているものと考えられますので、器具に合ったものと取り替えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございました。
どうも一般のものとタイプが違うようで
管理組合理事長に話をもっていきました。
マンション全体での話になりそうです。
(不凍液は使用していないのだそうです)
この度はありがとうございました。

お礼日時:2009/12/15 11:06

どんなヒーターかわかりませんが、各家で独立しているのではないのですか、その場合貴方が不凍液を交換すれば良いのでは。


ドレンパンがついていて漏れても安心とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マンション全体で繋がっているもので
分譲された時から設置されているものです。
(24時間暖かいというのがウリのマンションでした)
管理組合理事長に話をもっていきました。
マンション全体での話になりそうです。
(不凍液は使用していないのだそうです)
この度は回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/15 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセントラルヒーティングの不凍液が減ってきた

築13年の中古住宅を4年前に購入しました。
4LDKでリビングの一部が床暖房になっています。
ボイラーは密閉式膨張タンクです。(2006年に前の方が交換しています)
1年使って気づいたのは、水の流れるような音、パネルの半分が冷たい部屋があると言うこと。
ボイラーの知識がないのでネットでいろいろ調べた所、
圧がかかっていないとダメだとわかったので
業者に頼み不凍液交換をしてもらいました。
それから2年、圧は下がり現在は、0~0.2の間です。
(夏の時点では0.4ありました。)

今年、不凍液の補充をお願いしようと思っているのですが・・

どこかに穴が開いて漏れているのでしょうか?

穴が開いているのか見つけてもらうのに費用はかかりますか?
場所によっては大工事になるような気がするのですが、直して使うのが賢明でしょうか?

業者の方が膨大な費用をふっかけてきたらどうしようと考えてしまって・・

住まいは北海道 道央です。

わかりづらいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらく水漏れかとおもいますね。

密閉式=減るはずがないので、接続部・パネル等で漏れている物と思われます。
床パネルと言う事なので床下にもぐり探すなどになるでしょう。
(パネルの種類では床材にはさまれているタイプもありますので床を剥がす事になる可能性も・・・)

ヘッダー等で各回路に分かれていると思われますが、1つずつ閉めて圧力が下がるか確認して、どの回路が漏れているのかおおよそ特定してからの作業でしょうね。
パネルではなく配管等であれば修理も特定も簡単でしょう。


費用に関しては業者次第なので何とも言えませんが、かなりの費用は覚悟していた方が良いかもしれませんね。
(大工工事なども可能性はあるでしょう)

漏れている回路が特定出来て、使用しなくても支障がない所であれば、直さずそのまま回路を閉じて使用する。などもありかもしれませんね・・・出来れば修理して使用またはすべての回路を交換などが良いとは思いますが・・・

Qセントラルヒーティングのメリット・デメリット

北海道で、セントラルヒーティングと強制換気システムを組み込んだ住宅メーカーの家を検討中です。
1、温度の調節に限界があって暑過ぎて窓を開けざるを得ない場合もある。
2、灯油代がべらぼうに高い。
3、他の暖房に比べて空気が乾燥し易い。
4、温まるまで時間がかかる。
などのデメリットを指摘する声も時々耳にします。
2階建てで、総床面積が20坪ほどの小さな家ですが実際のイメージが掴めず心配で、具体例や実際にすんでみた感覚を知りたいと思っています。
無論、メーカーさんにも尋ねていますが、みなさんのご経験談を教えていただければ有り難く思います。

Aベストアンサー

東北の雪国に住んでいます。
空調暖房で暮らしています。
セントラルヒーティングはパネルヒーターが主で他にオール電化の蓄熱暖房と思いますがそのほかにこういうものもあります。この良いところはパネルヒーター等の室内の設置物がないということで室内の家具配置等が自由になることです。
さて、質問の項目について分かる範囲で。これはパネルヒーターもほぼ同じです。
1.今の温度の調節はセンサーにより自動でコントロールされるようになっています。設定温度まで上がると後はその温度を保つように運転しますので、暑すぎるようにはなりません。ただ、日中で太陽の光が入ると暖房は止まっても温度が上昇することがあります。
2.私の場合は古い家との比較で灯油の使用量は1割ほど増えました。家が1割くらい広くなった分多くなったという感じです。前は各部屋の暖房でしたので、家全体を暖めている分快適です。
3.空気の乾燥は確かにします。しかし、これはある程度はしょうがないと思います。元々外の空気が乾燥しているのですから。現在は室内に燃焼ガスを出すタイプの暖房機器は通常避けますのでどうしても乾燥してしまいます。室内に加湿をすると結露の問題が出てきますし。
4.これはその通りです。熱量が限られているボイラーで家全体を暖めますので、時間が掛かります。基本的に24時間暖房を考えた方が良いです。我が家もそうしてます。外出から帰ったときに暖かいというのは本当に良いものです。前はストーブを焚いて暖めていましたがそのときはPCや電気製品の結露に悩まされました。そういう心配が無くなったのも良いことです。
セントラルヒーティングはとにかく家の断熱性能が良くないと効率が悪いです。北海道でしたら大丈夫でしょうけれど。
困ったことは、冬でも家の中では食べ物が腐ります。断熱を切っている納戸のような部屋があると便利です。

東北の雪国に住んでいます。
空調暖房で暮らしています。
セントラルヒーティングはパネルヒーターが主で他にオール電化の蓄熱暖房と思いますがそのほかにこういうものもあります。この良いところはパネルヒーター等の室内の設置物がないということで室内の家具配置等が自由になることです。
さて、質問の項目について分かる範囲で。これはパネルヒーターもほぼ同じです。
1.今の温度の調節はセンサーにより自動でコントロールされるようになっています。設定温度まで上がると後はその温度を保つように運転...続きを読む

Qセントラルヒーティングの不凍液の減り方

平成17年秋にリフォームをして、一部の部屋の床暖房とパネルヒーターを新しくしました。以前もセントラルヒーティングでしたが、すべて配管も新しくしました。ボイラーは以前のボイラーですが、不凍液はボイラーから見えていたのを床下に収納してあるようです。
不凍液の減りが早く、リフォームした当初は一ヶ月ごとに業者さんに来てもらったりしてました。日が経つにつれ、三ヶ月に一度になったりしましたが、一昨年12月に不凍液を入れてから、昨年11月まで持ちましたが、またここにきて不凍液が無くなりました。
天井や床下に不凍液が漏れているとは考えられないと業者は言うのですが、不凍液が頻繁に減ると言う事はありえるのでしょうか?
以前の質問では2年ぐらいは頻繁に減るような事が書いてありましたが
何部屋にもヒーターがあると減りが激しいのでしょうか?

Aベストアンサー

BS-12AFF の仕様書が入手できなかったので「BS-12BFF」の仕様書を確認しながらの回答になります。

機器の上部中央に100□位の点検蓋があり、中に大気開放弁があります。基本的に、この部分から極少量の水分が逃げるかも知れませんが1ヶ月や3ヶ月では補充の必要はないと思います。
それから、何ゆえに床下に設置したのか分かりませんので、設備屋さんではなく、メーカーのサービスに点検の依頼をした方が良いでしょう。施工方法が間違っている場合も考えられますし・・・

「天井や床下に不凍液が漏れているとは考えられない」
明らかに、設備屋さんは何らかの異常に気付いているようですが・・・

Q「密閉式」と「半密閉式」

石油暖房ボイラーの「密閉式」と「半密閉式」の違いをおしえてください。

Aベストアンサー

ボイラーは燃焼装置ですから、新鮮な空気を取り入れて、排気ガスを排気します。
「密閉式」は給気・排気ともに屋外から給排気管を通じて供給され排出される方式です。
自然通気力により給排気を行う「BF式」と送風機により強制的に給排気する「FF式」があります。

「半密閉式」は室内から吸気し排気は排気口を通じて屋外に排出される方式です。
自然通気力で排気させる「CF式」と、ファンで強制的に排気する「FE式」があります。排気が給気系統を経由して室内に繋がっているため、排気系統にトラブルが生じると逆流の恐れがあります。


人気Q&Aランキング