はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

水道加入権利について質問いたします。
中古物件(土地付一戸建て)を3年ほど前に不動産屋を仲介して購入したのですが、最近になって不動産の前々所有者から水道負担金を支払って欲しいと言われました。
水道加入権利を前々所有者が支払ったようで、名義も前のままだといっています。
名義変更をして欲しいが、その場合は負担金(20万円ほど)を支払って
欲しいと言われました。
登記簿を見ると前々所有者は登記されていた事は間違い有りませんでした。
不動産の売買契約が済んだ日に、電気と水道の名義を前所有者から
自分に変更したのですが、それでは水道加入権利は変わらないのでしょうか?
まだ役所に問い合わせてないのですが、前々所有者が言うには
水道加入権利の名義は前のままだと言っています。
また、名義が前々所有者のままだったとして、名義変更するには
水道負担金を支払いしないとだめなのでしょうか。

不動産にまったく素人なので、詳しい方宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

setsuzeiです。


あなたが若干の手間と費用を惜しまないなら、今からでも登記名義を移転をするにこしたことはありません。
管轄の登記所に問い合わせれば、必要な書類、費用、書式など親切に教えてくれます。
Let's Try!
    • good
    • 2

通常の不動産売買では、水道権、温泉権等はその不動産に付随するものとして所有権移転されると考えられます。


本来なら前所有者に移転登記、そしてあなたに移転登記されるべきでした。
しかし前々所有者はその移転登記を怠ったので、今更その水道利用権を主張するとかいう性質のものではありません。
その改良工事とかない限り、別にそのまま水道を利用していて差し支えないと考えられます。
一応念のために、水道料はあなたが負担されていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。
水道料金は本契約した日に前所有者から名義変更へ水道局へ行きました。
名義変更はしないと駄目だと思うのですが、今からでも良いのでしょうか?

お礼日時:2010/01/17 22:28

 水道局に聞いた方が早いでしょう。

おそらく支払い義務は無いと思います。水道局によっては、
 水道加入権利者の変更⇒『水道加入権利譲渡届』
・土地や建物を売買したり、水道権利者の方がお亡くなりになった場合は、水道の加入権利の名義を変更する必要があります。新たな譲受人が決まりましたら、市役所水道課へ『水道加入権利譲渡届』を出して下さい。(水道料金が完納されていることが条件となります。)
・旧権利者、新権利者双方の記名押印が必要です。(相続の場合は旧権利者の押印はいりません。)
 としている所もあります。ただ「譲渡」で「売買」では無いですよねー。
 最悪加入し直してしまえばよい。水道局への加入金がかかるが。

 ちなみに負担金20万ってかなり高いと思いますが、質問者さんの地域ではそうなんでしょうか? 私の地域では20mmメーターで10万しません。金額についても水道局に確認した方が良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
金額ははっきりしてないのですが、前々所有者もあまり不動産には
詳しくないようです。
回答して頂いたように説明しても解ってくれないと思うので悩みます。

お礼日時:2010/01/17 22:34

水道の給水装置の所有者は水道局に変更の手続きをしないと変わりません。


私の営業地域では、移転後の建物の登記事項の写しを添付すれば、現在名義人の申請だけで変更可能です
何より前々所有者があなたに請求する権利はありません、請求出来たとしても前所有者へとなります。
売買時の重要事項の設備の説明欄に整備にかかる負担に関する事項があり、なしと記載されているはずです。
これは通常売買時は当然にその権利も移転するものとして取り扱います。
ですから支払い義務は一切ありません。
将来的に建て替えの際は、あなたの名義になっていないと不都合ですから、変えておきましょう。
通常売買時にメーター代の精算が発生するのは、新規でメーターを取り付けした開発地などの場合だけです。
当方不動産業者です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
プロの方に回答していただいてありがたいです。
すぐに水道局へ行き名義変更したいと思います。
ただ、前々所有者も不動産にあまりくわしくないようで 
説明しても解ってもらえないと思うので悩みます。

お礼日時:2010/01/17 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私設管の所有権移転と売買

所有しているA土地の下に、他人の家の為の給水管が通っています。
隣のB土地は兄が所有しています。
AもBも問題の給水管ももともと父の所有で、土地ABは相続で取得しています。

Aを売却しようと思い、調べた結果私設管(給水管)が通っていることが分かり、
水道局で所有者を確認したところ父の名前になっていました。
相続によって土地はそれぞれで相続しましたが、父が通した給水管が通っていることは知りませんでした。

このように私設管の所有者が死んだ場合、その所有権はどのように考えるべきでしょうか?
また、仮にこの私設管が私のものになった場合は、この私設管も売買の対象物にするのでしょうか?
もし私のものになったとしたら、途中までは兄のアパートに繋がってるのに漏水など何か問題があった場合、
所有者になってしまった私の責任でなんとかしなければならないわけですよね?

私設管の取り扱いについて分からない為、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

不動産業者です。
給水配管図が不鮮明なので、おおよそですが・・・・
南側(図面下)の道路から(公道?)共有管がアパート~A地~北側の6件に分岐され利用されている状態。A地は東(図面右)側の道路(転回所があるので位置指定?)に接道し、給水管もその道路から引き込みされている。
よってA地は、その宅地内にある共用管を利用することはないが、売却に付きどうしたら良いのか困っている?という解釈でよろしいでしょうかね。

水道管というのは民法上の所有者(名義人)という解釈よりは、水道局がどう考えるか?なんです。一般的に単独で引き込みされている水道管などは、売買で不動産の所有権が移転されたと同時に、この水道のメーターなどの権利が移転するものと、水道局は判断します。
しかし、私設の供用管の場合、図面上の名義人はあくまで当初の工事申請者で、それを維持管理する責任と負担、権利はその共用管を利用しているものに課せられるのが、原則です。ですから万一何かあった際には、北側6件とB地の所有者が分担しなければなりません。(あくまで原則ですよ)

このような面倒な売買の際は、まず、
1、A地を境界確定し測量します、世界座標を用いた測量図がすでにあるならば、それを用いてかまいません。

2、設備業者に、共用管をA地の極力西側(左側)に沿って、A地内の部分だけ配管しなおすように、見積もりや、図面等依頼します。

3、共用管の名義を7件に変更します。(これは設備業者が手続きしてくれるでしょう)

4、7件に工事の説明をして、工事をします。

5、移動した共用管にかからない程度に(幅は50cmぐらいはあったほうが良い)土地を南北に分筆します。
6、所有権を残すのも面倒なので分筆した部分(共用管が埋設されている土地)は、B地のお兄さんにでも贈与しましょう。

7、残りの土地を売却します。

そうすると土地は若干狭くなりますが、第三者のための共用管が敷地内に存ずるという価格を下げる要因は無くなりますので、売却しやすくなります。
上記の費用負担ですが、本来ならば7件で少しぐらいは負担させたいところですが、まあ無理だと思います。自己負担覚悟です。
6件の北側にも道路がありますが、これの給水間は前面まで来ていないようですし、6件すべて北側の道路から引き込み出来ないようなので、現在の共用管を廃止する事は考えないほうが良いでしょう。

現在の状態ですと、買う客層は限られますし、価格も叩かれます。多少の支出があっても売却後残る金額はもしかしたら多いかもしれません。
ご参考まで。

不動産業者です。
給水配管図が不鮮明なので、おおよそですが・・・・
南側(図面下)の道路から(公道?)共有管がアパート~A地~北側の6件に分岐され利用されている状態。A地は東(図面右)側の道路(転回所があるので位置指定?)に接道し、給水管もその道路から引き込みされている。
よってA地は、その宅地内にある共用管を利用することはないが、売却に付きどうしたら良いのか困っている?という解釈でよろしいでしょうかね。

水道管というのは民法上の所有者(名義人)という解釈よりは、水道局がどう考え...続きを読む

Q水道加入権とは?

水道加入権ってどんなものでしょうか?
検索しても良くわからないので
どんなものか教えてください。
あと、譲渡や売買等は出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者様がお住まいになっている地域を管轄する水道局等に支払うお金がいわゆる”加入金”です。これは、水道配水管(本管)から宅地内に引き込み水道メーターまでを設置してもらう費用と考えれば宜しいかと思います。そしてメーターから先は個人負担で整備する部分です。
 従って、電話などの加入券とは異なりますので転売はあり得ないと思います。ですが、その土地を売る時に資産価値が上がるのではないでしょうか。

Q水道設備加入金って?

今度別荘地に家を建てようと思っているのですが、「水道設備加入金」という項目があり20万円と書いてあります。
これは土地を購入した人はそのつど(同じ土地で所有者が4人代わったら4回)払わなくてはいけないのでしょうか?
実際私の所有する土地は今まで数回所有者が代わっていますが、建物を建てるのは私が初めてです。
また、中古の家を購入した人も払っているのでしょうか?
もともと水道設備加入金ってどういうものなのでしょうか?
なんとなく前所有者が払っていたら、もう払わなくていいような気がしたもので・・・。

関係者や経験された方のお話をぜひお聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別荘地ということなので市町村等の公営水道ではなく
当該別荘地の開発業者や、周辺地域が設置した「私営(私設)水道」の可能性があります。
ようは「水道設備の設置に費用がたくさんかかったので水道を使う人はその費用を分
担して負担してください。」または「水道の設備や維持にお金がかかるから
皆さんで負担してください」と言う意味を含んだものです。

私設水道の場合、水道(メーター)を設置する際についてはもちろん
その土地を売買した際に買主にその権利を引き継ぐ等の事項が規約等によって
定められていると思いますので、購入当時の契約書や重要事項説明書を
ご覧ください。

おそらく以前の所有者は家を建てない=水道が必要ないことから
加入金を支払っていなかったのではないでしょうか。

なお、地方の郡部等では公営水道の場合でも加入金が必要なことがあります。
この場合メーター設置には10~30万円程度の加入金や権利金を支払う
必要がありますが、その後に休止の申し出(権利放棄)や、水道料や税金の
滞納で差押えられない限りは次の所有者にも権利を引き継ぐことが多いです。
よって新たに土地を買った人は再度権利金を支払う必要がありません。

どちらにしても一度「水道設備加入金」をいったい誰に対して支払うのかを
ご確認になりその支払先に対して今後のルール等をこまかくお聞きになることを
お勧めします。

参考までに私の住む地域でも郡部に行くとその市町村に対して「水道権利金」を
必要とするところがあります。
住宅用だと10万円~等と配管の径(太さ)や使用目的によってその金額も変わり
毎月の水道使用料も町に対して支払います。
料金は水道局の場合とあまり変わらないのですが、一時休止ができないため
空き家にしていても使用料(基本料金)を支払わなければ
ならないという決まりになっていて困っています。

別荘地ということなので市町村等の公営水道ではなく
当該別荘地の開発業者や、周辺地域が設置した「私営(私設)水道」の可能性があります。
ようは「水道設備の設置に費用がたくさんかかったので水道を使う人はその費用を分
担して負担してください。」または「水道の設備や維持にお金がかかるから
皆さんで負担してください」と言う意味を含んだものです。

私設水道の場合、水道(メーター)を設置する際についてはもちろん
その土地を売買した際に買主にその権利を引き継ぐ等の事項が規約等によって
...続きを読む

Q水道加入金、水道加入分担金とは

水道加入金、水道加入分担金とは同じ意味でしょうか?
これは市町村もしくは自治体によって払う地区、払わなくてよい地区があるのですか?
または、どこに居住していても支払わなければいけないのでしょうか?

よろしくご教授願います。

Aベストアンサー

 水道を使用する際に、水道管理者に開栓し、メーターを設置しますよね。この時にメーターの口径に応じて水道管理者に収めるのが、水道分担金です。加入金ともいいますし、権利金と思ってもらっても良いです。これを払わないと、水道メーターを貸与してもらえません。水道管理者によって金額は異なりますが、基本的にはどこに住んでも発生します。
 また、新規開栓の場合は他に、開栓手数料がかかる場合もあります。

Q住宅ローンの金消契約について教えてください。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信用情報に照会すると履歴が残ると思うんですが、
銀行は仮審査・本審査と信用情報に照会を
入れているんですよね?
その上、また金消契約の際も照会するのでしょうか?

それと、順番がよくわからないのですが
金消契約の際は新住所の住民票や印鑑証明が
必要とありました。
中古住宅の購入なので、今売主が住んでいます。
ちょうど引渡しの前日あたりに引っ越していく
予定らしいのですが、金消契約日(つまり融資実行)
を引渡しの5日ほど前にしたいと売主から連絡が
ありました。どの段階で住民票を写すことに
なるのでしょう?

あと、この金消契約で融資実行となり、
その後はもう銀行に行くことはないですか?
銀行に直接聞けばよいのですが
不動産やさんに任せてるのであまり聞けず・・・。

最後に金消契約の段階で融資不可、となることは
ありますか?それはどんな場合ですか?

色々書いてすみませんが
宜しくお願いいたします。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信...続きを読む

Aベストアンサー

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の出る、ありがたい客」になるので、堂々とした態度で臨みましょう!
※借金しているといって「卑屈」になってはいけません。

金消契約時に新住所の住民票を用意できればベストですが、売主の退去の都合等、社会通念上合理的事由がありそれを銀行に説明し納得していれば、事前の移動は必要はありません。入居後速やかに住所変更すれば良いのです。
※銀行側としては、後での住所変更(通常の住所変更とは異なり、融資取引の住所変更は手順が多い)はメンドーかつリスク(債務者が速やかに住所変更をしてくれない等)が伴うため、金消契約時に新住所になっている方がありがたい。

取引日当日の動きとしては、一般的に買主側の取引銀行(住宅ローンを利用する銀行)で行います。双方の必要書類を確認し、
1.住宅ローンの実行・買主口座への入金
2.買主口座から決済相当額を出金し、売主へ支払い
3.売主が入金確認後、登記手続
となります。これが「取引」です(決済ともいいます)。
買主と売主の取引銀行が異なると、代金決済後の入金確認に時間がかかることも考えられますので、決済は朝一番からはじめた方が良いと思います。

この段階で物件は買主のモノになりますが、実際はその後(一週間程度、この期間については双方合意の上、売買契約書に記載します)売主が退去することになり、不動産屋を通じて「鍵」を受け取ります。これが「引渡し」です。

引渡し後、買主は中古物件の「リフォーム」等をし、速やかに引越しします。同時に役場へ出向き住民票の移動を行います。そして速やかに銀行へ住所変更の届けをします。

リフォームの有無、市外からの転入、売主の転居都合等により、全体のスケジュールは異なりますが、概ね上記のとおりになります。例外のケースもあるので、銀行・不動産屋とよく相談・確認をしてください。

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の...続きを読む

Q水道管の所有者が分岐を認めてくれません(T_T)/

困りました(T_T)
土地を購入し、これから、建築工事着工のこの時に!
前面道路(私道(道路位置指定されている))に入っていた水道管本管が、個人所有の水道管だとわかり、所有者に分岐を求めた所、断られました。水道が引けなければ、住めませんし、何の為に土地を買ったのか(T_T)/~
 しかし、所有者までに、5件も家が存在し、皆、分岐を認めています。なぜ、今回だけ?しかし、私道で今回私が購入した土地をまたがって通過しなけば、その所有者は家にたどりつけません。理不尽では、ありませんか?他人と土地をまたがって、車を進入させているのに、分岐を認めないなんて!!
 皆さん、いったいどうすればいいのですか??
 

Aベストアンサー

感情の部分はまず置いておきまして、給水についてお話します。

自治体の条例によってまちまちではあるのですが、
水道管の分岐数は口径によってできる数が決まっています。
おそらくは、その部分で断られたのであろうと予想されます。
でなければその土地の件で以前誰かとなんらかの
トラブルがあったのでしょう。

いずれにしても私道私有管の場合持ち主の許可が得られないのであれば
自費で給水管を敷設しなくてはなりません。
水道業者に任せるか、同行して管轄の水道局に必要な手続きを確認してください。

>理不尽では、ありませんか?
>他人と土地をまたがって、車を進入させているのに、
>分岐を認めないなんて!!
お気持ちは大変わかるのですが、
(私も自宅を建てる時隣の家に嫌がらせされましたから。職場まで電話が来ましたからね。)
お話しのような人物と話すだけ時間の無駄ですし、
こじれると新築工事の時、役所にあること無いこと言われるなどされると
面倒なのでご自分で給水管を引くのが私の経験上ベストと思います。

自費で給水管を引くことにもメリットがあります。
数十年後、漏水や赤水(錆びの混じった水)の多発で
私有管の敷設替えが必要なときが必ず来ます。
その時所有者は分岐させている世帯全員に費用負担を求めてくるからです。
でもあなたが独自に敷設すればそれに協力する義務はないんです。

また、可能であれば市有管から分岐する給水管の材質は
HI-VP(塩ビ)かポリエチレン等の腐食しない材質を
お使いになるといいでしょう。
赤水は出ませんので漏水が多発するまで数十年間もちます。
鋳鉄管やライニング鋼管での施工は極力避けましょう。
事前に水道業者に申し入れておくと良いです。

また先に別の回答者が述べられておられますように
将来あなたの家までの途中で土地開発があれば分岐を求めてくる方が
いるでしょうから、その方から分岐費用をもらうことができます。
(ただし、費用をもらうと責任が付いてきますからその辺は注意してください)

感情的になりますと住んでいて嫌になりますので、
「自分の家なのだから自分のことは全て自分でやろう。」と
発想を転換したほうがストレス無く暮らせます。
将来このことについて協力しなくていいと考えれば
怒りも少しはおさまりませんか?

感情の部分はまず置いておきまして、給水についてお話します。

自治体の条例によってまちまちではあるのですが、
水道管の分岐数は口径によってできる数が決まっています。
おそらくは、その部分で断られたのであろうと予想されます。
でなければその土地の件で以前誰かとなんらかの
トラブルがあったのでしょう。

いずれにしても私道私有管の場合持ち主の許可が得られないのであれば
自費で給水管を敷設しなくてはなりません。
水道業者に任せるか、同行して管轄の水道局に必要な手続きを確認してく...続きを読む

Q住宅の水道工事で13mmか20mmか悩んでいます。20mmが容量があり

住宅の水道工事で13mmか20mmか悩んでいます。20mmが容量があり水圧低下が起こりにくく良いのは分かりますが、工事値段が上がるので本当に必要かわかりません。
場所は丘などではなく、同じ高さの平地が続く感じです。
トイレは1F2F一箇所ずつ、エコキュート370L 20mmを選ぶ基準やデメリットなど有るなら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 まず前提として、水道局の決まりに従う必要があります。水栓の数等によってメーターの口径を決めている水道局があるので、とりあえず確認する必要があります(決まりのある水道局・自治体では、従わないと工事許可がおりません)。
 一般に水道口径は使用水量(器具の数・種類)に同時使用率と距離・高低差等を加味して決定されます。実際には水理計算をしてみるのが確実です。

 13mmの口径の場合、複数の同時使用には無理があり、同時使用した場合には極端に水量(水圧)が低下する可能性があります。系統を器具ごとに別々にする意見がありますが、元が13mmメーターである以上(水理計算上)、無意味です(専門家の意見とは思えん)。13mmは13mmでしかないので、水量不足を解消するには20mm等への増径か、貯水設備(+ポンプの場合も)の設置しか方法はありません。
 まあ逆に言うと器具がいくつあっても1箇所しか使わない(1人暮らし等)ならば13mmでも良いと思いますけどね(洗濯機を使用中は駄目かも)。13mmにする場合は複数で同時に使わないとか器具ごとに水量を絞っておく等の工夫(トイレはタンク式にしてタンクへの給水栓は絞っておくとか洗濯機も給水絞っておくとか、節水シャワーとか。もちろん器具はそれに対応してなくては駄目)が必要になると思います。それでも駄目な時は駄目なんですけどね。
 なお、13mm使用の時で、直圧式のトイレ(タンクレス)を使用される場合、同時使用による水量不足でうまく流れない場合があります。

 まあ無難に20mmにして節水に励んではどうでしょうか? 水量不足って結構不便ですよ。
 

 まず前提として、水道局の決まりに従う必要があります。水栓の数等によってメーターの口径を決めている水道局があるので、とりあえず確認する必要があります(決まりのある水道局・自治体では、従わないと工事許可がおりません)。
 一般に水道口径は使用水量(器具の数・種類)に同時使用率と距離・高低差等を加味して決定されます。実際には水理計算をしてみるのが確実です。

 13mmの口径の場合、複数の同時使用には無理があり、同時使用した場合には極端に水量(水圧)が低下する可能性があります。系統を器具ご...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング