クラシック音楽が好きです。ヘルマン・ヘッセの音楽小説「春の嵐」が愛読書のひとつです。他に、音楽小説(っていうのかな)を読みたいのでぜひ紹介してください。ここで私が音楽小説というのは、必ずしも音楽家が主人公である必要はありません。ただ、音楽に携わったり、趣味としている人物が出てくるようなものです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ここは手っ取り早くというか、音楽小説を紹介した本をご紹介します♪



◆青柳いづみこ『六本指のゴルトベルク』岩波書店 2009年刊

「古今東西の純文学やミステリーの中から、音楽や音楽家を扱った作品をとりあげ」たと著者「あと書き」にある通り、40編近い小説が紹介されています。ここから、「おっ、これは」と興味を持たれた本を読まれていくのも一法かと思います。(本の末尾に「書名索引」が載っています)

著者はピアニストで音楽研究家、かつ、日本エッセイストクラブ賞受賞の文筆家。
つまり、クラシック(一部ジャズ)と文学との出会いを語るのに最もふさわしい人による一冊と思います。

(祖父に当たる人は青柳瑞穂というむかし懐かしいフランス文学者で、私などジュール・ロマンの『プシケ』だとか、特にモーパッサンなどはたいていこの人の翻訳で読みました)

いま一度「あと書き」の中から引用すると、
「音楽家は、イェリネク『ピアニスト』のエリカみたいに変な育ち方をしていることが多いし、だいたいいつもバルザック『従兄ポンス』のシュムケみたいにぽかんとしているし、中山可穂『ケッヘル』の鳥海みたいにマニアックだし、エシュノーズ『ピアノ・ソロ』のマックスみたいに神経質で、ガードナー『マエストロ』のパッサウみたいにヤな奴」……
――もう、これだけで読みたくなってきませんか? エシュノーズ『ラヴェル』など、雑誌連載時、リアルタイムの紹介でした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 いやはや驚きました。このようなことを考える人もいるのですね。
 これは、便利です。ぜひ見たいと思います。
 ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/30 21:11

沢木喬『いざ言問はむ都鳥』


主人公が植物学者でアマチュアオーケストラのバイオリニストです。

今野敏『怪物が街にやってくる』
クラシックではなくジャズですが・・・
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4022645059.h …

西村すぐり『ぼくがバイオリンを弾く理由』
児童書ですが面白かったです。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4591105334.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アマチュアのバイオリニストというところが面白そうです。
児童書も、悪くないですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/31 20:27

リチャード・パワーズの『われらが歌う時』



私もこれから読みたいと思っているものなので内容はまだ知りません。はしばしで聞く書評や感想ではなんだかものすごい傑作みたいですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。傑作ですか。調べてみます。

お礼日時:2010/01/31 20:26

・森絵都 アーモンド入りチョコレートのワルツ 角川文庫


 シューマン、バッハ、サティのピアノ曲をモチーフにした3編の作品を収録した短編集

・篠田節子 讃歌 朝日文庫
 天才ビオラ奏者を通じて音楽の社会性について考察した小説

・本岡類 愛の挨拶 新潮社
 ピアノをモチーフにした夫婦愛を描いた作品

などどうでしょうか

  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 最初の二つは読みました。もう一つは知りませんでした。
 ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/30 21:08

小川洋子「やさしい訴え」


 主要人物の男性がチェンバロ製作者です。
 「やさしい訴え」の旋律が静かに流れる小説です。

山之口洋「オルガニスト」
 音楽大学の先生である主人公が謎の天才オルガニストを追うミステリです。
 ただファンタジーノベル大賞受賞作で若干ファンタジーというかSF掛かった感じがあるので、そういったものが苦手な方はダメかも…
 大聖堂に響き渡るオルガンの音色と、痛いような切ない結末が印象的でした。

永井するみ「大いなる聴衆」
 これは音楽小説というよりは全くのミステリかな?
 新進気鋭のピアニストの婚約者が誘拐される所から始まります。
 才能を持って生まれた選ばれし人間の苦悩と残酷さが描かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 とても早く回答をいただき喜んでいます。さっそく、図書館で探すことにします。ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/30 10:50

「船に乗れ!」(藤谷治・ジャイブ)がおすすめです。

音楽一家の鼻持ちならな高校生が落ちこぼれ?音楽学校でくさくさしていたところが……。というお話です。三巻は少しダークな展開ですが、一巻は音楽青春小説として最高に面白かったです。私はあまりクラシックは聞かないのですが、この作品は全般的にクラシックが熱い言葉で語られ、演奏され、それがとても快感でした。
「さらならピアノソナタ」(杉井光・アスキーメディアワークス電撃文庫)は、ライトノベルですが、大人の音楽好きでも楽しめるのではないかなと思っています。ロックがメインですが、ヒロインがピアニストなので、ピアノなどのクラシックについても語られます。この音楽うんちくがとても面白かったです。音楽に対する熱情などもとてもよかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速、二人の方から回答をいただき感激しています。あわせて、5つもあるので、うれしいです。図書館で探します。どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/01/30 10:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q子供が主人公の小説

以前別の方が子供が主人公の小説というのを質問されているんですが、自分はホラーやミステリーを探しています。
好きなのは乙一さんの「夏と花火と私の死体」道尾秀介さんの「向日葵の咲かない夏」などです。
何かおすすめがあれば教えてください。高校生ぐらいまで年齢が上がっても構いません。(このくらいの年齢ならば「GOTH」や「少女ノイズ」が好きです)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レーベルでいうと、最近出始めたミステリーYA!やミステリーランドあたりかと思います。これらのレーベルは、けっこうダークな話も多いです。
「封じられた街」全二巻(沢村鐵・ポプラ社)ホラーが入り混じったミステリなので、これが一番適切かと思いました。
「鬼ヶ辻にあやかしあり」(廣嶋玲子・ポプラポケット文庫)江戸時代の話ですが、こんなにダークな児童向けあり?というぐらいひどい(ほめてます)話です。
「天才探偵Sen」(大崎梢・ポプラポケット文庫)「配達あかずきん」の大崎梢さんの児童向けシリーズです。さわやか気味ですが、天才なのにごともらしい千くんがほほえましいです。
「人くい鬼モーリス」(松尾由美・理論社ミステリーYA!」ひとくい鬼は実在するのか?
「倒立する塔の殺人」(皆川博子・理論社ミステリーYA!)戦中日本の女子校を舞台とした幻想的なミステリ。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q女主人公の恋愛小説

最近になり読みたい小説が段々と減ってきましので、皆さんのオススメなものを教えていただきたいです。

今まで、コバルト/ビーンズ/ルルル/B’s‐LOG/もえぎ/ホワイトハート/アイリス/イースト・プレス/GAME CITY/ソニーマガジンズ/C★NOVELS/電撃/富士見書房/集英社スーパーダッシュ/GA等の文庫を約計1000冊程度読みました。その内の大多数はコバルトとビーンズで、女主人公です。大体、有名で巻数が結構出ているものは読んだことがあると思います。

中でも気に入ったものを以下に書かせていただきます。

・ストーリーが長編でちょっと重いもの

■コバルト文庫「流血女神伝」「破妖の剣」「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」「風の王国」「魔女の結婚」■角川ビーンズ文庫「マギの魔法使い」「星宿姫伝」「光炎のウィザード」「彩雲国物語」「スカーレットクロス」■ルルル文庫「チェンジリング・シー」「クラシカルロマン」■B’s‐LOG文庫「死神姫の再婚」■X文庫ホワイトハート「幻獣降臨譚」■イースト・プレス「華鬼」■ソニーマガジンズ「トワイライト」■電撃文庫「七姫物語」■その他「図書館戦争」

・ストーリーが明るめでさくさく読み進められるもの
■コバルト文庫「ピクテ・シェンカの不思議な森」■角川ビーンズ文庫「悪魔のソネット」■ルルル文庫「キャンディ・ポップ」■B’s‐LOG文庫「バベルの歌姫」「お狐サマ」■一迅社文庫アイリス「聖鐘の乙女」■その他「私の名前はキム・サムスン」

できれば、「古いもの」もしくは「マイナーなもの」をお願いしたいです。
「一般向け」「絵がない」「webで掲載」のものでも大丈夫ですので、お願い致します。

個人的に読んだ中でマイナーと思ったのが、■コバルト文庫「月の系譜」「深き水の眠り」■富士見書房「業多姫」■集英社スーパーダッシュ文庫「Kishin-姫神-」■C★NOVELS「女王陛下の薔薇」辺りです。

最近になり読みたい小説が段々と減ってきましので、皆さんのオススメなものを教えていただきたいです。

今まで、コバルト/ビーンズ/ルルル/B’s‐LOG/もえぎ/ホワイトハート/アイリス/イースト・プレス/GAME CITY/ソニーマガジンズ/C★NOVELS/電撃/富士見書房/集英社スーパーダッシュ/GA等の文庫を約計1000冊程度読みました。その内の大多数はコバルトとビーンズで、女主人公です。大体、有名で巻数が結構出ているものは読んだことがあると思います。

中でも気に入ったものを以下に書かせていただきます。...続きを読む

Aベストアンサー

 No.1で回答した者です。すみません、「恋愛小説」というタイトルを見逃していました。回答した中で恋愛が中心なのは「エフィ姫と婚約者」ですが、「彩雲国物語」「流血女神伝」くらいの濃さでもよければ、それぞれそういう要素はだいたいあります。
 恋愛ありでおすすめなのは、「碧空の果てに」(濱野京子・カドカワ銀のさじシリーズ)です。怪力のためなかなか嫁入り先が見つからない王女メイリンが出奔、行き着いた先は王のいない民主制の国だった。メイリンは男装して首長のターリに仕えることにしたが、ターリはなぜかいつも彼女に冷たく当たる。メイリンは力が強いだけなので、アクションはなし。メイリンの出世物語になるでもなく、ファンタジーでもなく、政争の中メイリンがただターリに忠実に仕え、彼のこころを解かしていく物語でした。児童向けですが、「夜伽」という文字があったりするくらい大人じゃ……という話です。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q超能力者が主人公の小説

タイトル通り、超能力者が主人公の小説を探しています。

ですが、条件がありまして・・・。
ライトノベル以外
ライトノベル作家さんに失礼ですが、なんとなく子供っぽい印象があり、苦手です。
なので、とある~とかも読んでません。

舞台が現代の日本
宇宙や時代劇等ですと情景が想像しずらく、文字を追ってるだけになってしまうのです。
また、外国人の名前とか覚えられません。
年代としたら大体1990年以降で。

霊能力以外
ホラーとか無理!


超能力者と書きましたが、宮部みゆきさんのクロスファイアみたいな作品もいいですが、松岡圭祐さんの千里眼シリーズやQなどの表情から心を読み取る、鑑定眼みたいな能力でも構いません。

探しているんですが、条件にあった作品には中々出会わず、質問をしてみます。
条件が厳しいので暇なときにでも知ってる作品があったら教えてください。

Aベストアンサー

レーベルがライトノベルでないものだと、少し古いけど

新井素子「あなたにここにいて欲しい」1984年
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/konoichi/1106/06.html
笠井潔「サイキック戦争」1986年-1987年
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2753375
今野敏「奏者水滸伝」1982年-1989年
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2764792

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q男主人公が女性客と性行為をする小説を探してます

ある小説を探しています。といっても、文庫本だったのかも怪しいです。

本当に曖昧で、いつ頃読んだのか、著者は誰なのか、出版社は何処なのか、どういうジャンルなのか、諸々覚えていません。


うろ覚えですが、私が覚えている本文の内容としては

小説は主人公目線

主人公は男性で大学生

バーテンダーのような仕事をしていたと思います。

何かの拍子で、ホストクラブのようなところに入るのですが、
そのホストクラブに入るための面接試験みたいなものの内容が
耳の聞こえない女の子とセックスをする・・・というような感じでした。

ホストクラブとはいっても、女性が気に入った男の人を選んで
セックスの相手をしてもらうようなお店だったと思います。

その中のお客にひとり、おばあさんがいて
そのおばあさんは主人公の手を握っただけで絶頂を迎えるような、
描写がなされていた記憶があります。

物語の最後らへんで、そのホストクラブの主人公の同僚で、
小説内では性別不詳というような扱いをうけている男の子の指を
主人公が折るというやり取りがあったと思います。

物語は最後、そのホストクラブが摘発されてしまい
そこで物語が終わったと思います。


曖昧なうえに、稚拙な文章で申し訳ありません!
最近、ふと思い出して読んだ記憶はあるのですが
この曖昧な内容しか思い出すことが出来なくて、困っています・・・。

心当たりのある方はおりませんでしょうか?
ぜひ、タイトルを教えていただきたいです。

ある小説を探しています。といっても、文庫本だったのかも怪しいです。

本当に曖昧で、いつ頃読んだのか、著者は誰なのか、出版社は何処なのか、どういうジャンルなのか、諸々覚えていません。


うろ覚えですが、私が覚えている本文の内容としては

小説は主人公目線

主人公は男性で大学生

バーテンダーのような仕事をしていたと思います。

何かの拍子で、ホストクラブのようなところに入るのですが、
そのホストクラブに入るための面接試験みたいなものの内容が
耳の聞こえない女の子とセックスをする・・・...続きを読む

Aベストアンサー

石田衣良の「娼年」ですね!o(^▽^)o

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Qお薦めは?(主人公が英雄豪傑や偉大な人物(歴史小説)、人間ドラマ好き)

私の趣味に合いそうなお薦めの本が思い付けば紹介して下さい!
ちなにみ好きなジャンルの本は主人公が英雄豪傑や偉大な人物(歴史小説)や主人公が筋の通った強い心を持った人物で内容が人間ドラマの本で、とても感銘を受けたいと思ってます。
今までの本ではまった本は
「三国志」
「竜馬がいく」「燃えよ剣」「世に棲む日日」
「大地の子」「沈まぬ太陽」等です。

Aベストアンサー

「亡国のイージス」
映画は?だったけど原作の小説はしっかりしていてよかったと思います。

あと、これはもう有名で歴史小説といえるかというとSF?かもしれないし微妙な範疇ですが、もし壮大な話がお好きであれば「銀河英雄伝説」(by田中芳樹)は一読の価値はあると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報