【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

昨年2箇所から給与所得を得ました。
国税庁の申告ページから入力したいのですが、2枚の源泉徴収はどのように入力すればいいのでしょうか?
また、1枚の源泉徴収票には所得控除の合計額が0円なのですが、380,000以上出ないとエラーではじかれてしまいます。こちらは、どのようにすればよいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

申告書の選択時に左側の「給与還付申告の方」を選択されてませんでしょうか。


これは給与所得が1ヶ所で年末調整がされている人が対象ですので質問者さまのように2ヶ所以上で年末調整がされていない場合は対象外です。
なお、転職等で前職の源泉徴収票を現職場に提出して合算した年末調整が行われていれば現職の源泉徴収票の入力だけでOKです。

合算して年末調整が行われていない場合、「左のいずれにも該当しない方」を選択する必要があり、こちらであれば給与所得の入力時に複数の支払元を入力することができます。
この場合、単純な源泉徴収票の転記では済まず、各所得や控除の金額を個別に入力する必要があり慣れていないと結構面倒かもしれません。
    • good
    • 1

それぞれの記入欄には、2枚の合計額を記入すれば良いです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2枚の源泉徴収票(年末調整有・無)がある場合の確定申告について

お世話になります。

昨年、転職したため2枚の源泉徴収票があり、
「確定申告書コーナー」で申告書を作成しようと思うのですが
疑問があり、質問させて頂きます。

●現在の会社が発行の源泉徴収票は、年末調整済みのようです。
(給与所得控除後の金額、所得控除の額の合計額の欄に数字の記載があります。)
●前職の源泉徴収票は年末調整されていません。

この場合、申告書に記載する数値は、どうなるのでしょうか?
2枚の源泉徴収票の通り、「支払金額」、「源泉徴収税額」を入力して間違いないのでしょうか?

試しに入力したところ、思っていたよりも還付金額がわずかだったため
何か間違っているのかと思い、質問致しました。
ご存知の方、いらっしゃいましたら、お教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>以前、2枚の源泉徴収票(2枚共、年末調整無し)があり
確定申告を行ったときは、1万円以上の還付がありましたので、疑問に思いました
 ・・・これは前回の状況
>(1)現職の源泉徴収票:7300円・・・年末調整済み
 (2)全色の源泉徴収票:30059円・・年末調整無し
 ・・・これが今回の状況
  ・現職の方は年末調整がされているので、還付がある場合は給与明細の所得税の所に-が付いているはず・・還付済み・・で所得税は確定数値(もう還付の一部は貰っている)
  ・前職は年末調整がされていないので、支払た分の源泉分ですから
   前職と現職の収入を足して、税金を計算して、その金額から、上記の金額の合計金額を引いた差額が-ならその分が還付、+なら足りないのでその分を追納
   (確定申告で未処理分の還付を貰う)
   (これで、年末調整で還付、確定申告での還付の二つ貰う事になります、これが年間での還付額になります・・比べるならこの金額で比べて下さい)
  ・前回はその引く金額がどちらも年末調整をしていないので大きいので還付額が多くなる
   今回は片方はもう還付を受けているので、その差が少ないので確定申告での還付は少なくなった
  ・年末調整の還付額と確定申告の還付額を足せば前年並みになると思いますが(前年よりは少ないと思いますが:前回は12月度の給与からも源泉されている為、今回は調整されている若しくは源泉されていない為)

>以前、2枚の源泉徴収票(2枚共、年末調整無し)があり
確定申告を行ったときは、1万円以上の還付がありましたので、疑問に思いました
 ・・・これは前回の状況
>(1)現職の源泉徴収票:7300円・・・年末調整済み
 (2)全色の源泉徴収票:30059円・・年末調整無し
 ・・・これが今回の状況
  ・現職の方は年末調整がされているので、還付がある場合は給与明細の所得税の所に-が付いているはず・・還付済み・・で所得税は確定数値(もう還付の一部は貰っている)
  ・前職は年末調整がされていない...続きを読む

Q源泉徴収票が2枚ある場合の確定申告について

昨年暮、年末調整後(還付金・源泉徴収票は受取済み)に退職したのですが、現在手元には源泉徴収票が2枚あります。
前に貰った分と、その後の最終勤務日までの給与分です。2枚目は源泉徴収税額が0円になってます。

2枚目を貰った時に事業主に「確定申告は自分でやって」と言われ、本日確定申告相談所に行ったのですが、係員に源泉徴収票を見せた所、1枚目の源泉徴収税額が違うと言われました。百円以下の金額が切捨てされておらず十円単位の数字が入っているので、まだ年末調整が済んでないのでは?との事でした。

この場合、事業主が計算と書類記入だけ済ませて還付金と源泉徴収票をくれたけど、実際の年末調整は済んでいないという事でしょうか…?

事業主に確認するのが一番速いのでしょうが、なかば強制退職のような形で離職したので、できれば連絡を取りたくないのです…。

Aベストアンサー

Q_A_…です。
ご報告いただきありがとうございます。
具体的なお話は非常に参考になります。

>補足から失礼致します。

ご丁寧にありがとうございます。

※ちなみに、質問を締め切ると「補足」は使えなくなってしまいますが、「お礼欄」は投稿可能です。

>…1枚目(年末調整済み)の源泉徴収票の徴収税額が、丸々計算違いだった…

いろいろとアバウトな会社だったということですね。

>…逆に還付があるようです。

結果的にdoradora-1さんの判断が良かったわけですね。

>…事業主側でも従業員から徴収した税の申告はするんですよね?

「源泉所得税」は、(例外はありますが)翌月の10日に、事業主が(事業主を管轄する)税務署に納付します。
つまり、その段階で「国の財布」に入ってしまうわけです。

税務署に納付されるのは、「事業主がその月に徴収したすべての源泉所得税」ですから、「doradora-1さんの所得税」と区別されているわけではありません。

『[PDF]給与所得、退職所得等の所得税徴収高計算書(納付書)の記載例』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2012/pdf/18.pdf

ただし、「一定の条件を満たす給与所得者」の場合は、個別の「給与所得の源泉徴収票」が「税務署」に提出されます。

『「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm

以上のような仕組みになっていますので、今回、doradora-1さんに還付される所得税は、「事業主の納税手続き」とは無関係に、「国の財布」から支払われるお金です。

「給与の支払者(源泉徴収義務者)の納税」と「給与所得者の確定申告」が直接リンクしていないことがなんとなくイメージできましたでしょうか?

>その時に今回の計算ミスは判るのでしょうか…?

上記のような仕組みですから、「doradora-1さんが申告したから分かる」というものではありません。

「事業主自ら気付く」「従業員から指摘を受ける」「税務署から指摘を受ける」「税務調査で発覚する」などによって初めて分かることになります。

なお、今回のdoradora-1さんの申告で「徴収が正しく行なわれていない」事が分かったので、「税務署」が「無視できない」と判断すれば、「指導を行う」、あるいは、「税務調査を行う理由の一つ」になるわけです。

逆に、「とりたてて問題にするほどのことではない」と判断されれば「それっきり」となります。

---
ちなみに、事業主が間違いに気付いた場合は、事業主が自腹で従業員に還付しても、それはそれで「税務署」は文句は言いません。
「国税」は何事も「自己申告」が原則ですから、「税務署」が声をかけてくるのは、原則「納税額が不足する」場合に限られます。

自腹が嫌なら、事業主は以下のような手続きを行います。

『[手続名]源泉所得税及び復興特別所得税の誤納額の還付請求』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_22.htm

(参考情報)

『源泉所得税関係』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/01.htm#a-03

『確定申告後に税務署から来署案内?』
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-594e.html
『税務調査のお話』
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-7cfe.html

---
「税務署」は、とかく悪く言われがちなので、(私は税務署の関係者ではありませんが)良い情報もご紹介しておきます。

『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

『税務署が親切』
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155

『大阪国税局からのお知らせ>記帳の仕方がわからない方へ』
http://www.nta.go.jp/osaka/topics/shotokuzei/kicho.htm

『国税局コールセンター』2009.02.28
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-0de5.html
『国税局コールセンター』2010.01.27
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-0de5.html

Q_A_…です。
ご報告いただきありがとうございます。
具体的なお話は非常に参考になります。

>補足から失礼致します。

ご丁寧にありがとうございます。

※ちなみに、質問を締め切ると「補足」は使えなくなってしまいますが、「お礼欄」は投稿可能です。

>…1枚目(年末調整済み)の源泉徴収票の徴収税額が、丸々計算違いだった…

いろいろとアバウトな会社だったということですね。

>…逆に還付があるようです。

結果的にdoradora-1さんの判断が良かったわけですね。

>…事業主側でも従業員から徴収した税の申...続きを読む

Q源泉徴収票の支払金額が2社合算になっている。

転職をしたので、昨年はA社、B社(現勤務先)で給与をもらっていました。
A社の源泉徴収票をB社に提出し、年末調整をおこないました。
その後「いくら返されますよ」という年末調整明細もいただき、翌月にB社から
源泉徴収票を受け取りました。
「支払金額」の欄を見て驚きました。B社勤務は1年に満たないのに
契約年俸を超えた額が記載されていたからです。
でも、計算してみると、A社とB社から支給された給与を合算すると
B社からもらった源泉徴収票の「支払金額」と一致するようです。

これは、税金上特に問題ないのでしょうか。
B社の源泉徴収票に、A社の源泉徴収に記載されていた「支払金額」や
「保険」「税」の金額も記載されているので、なんとなく私には
B社の源泉徴収票の「支払金額」が、B社のみの給与額に思えてしまい、
「収入が高いとみなされて、高い税金を払わされた?!」
というような心配をしてしまっています。

過去の質問では「源泉徴収票の記載方法が間違っている。それぞれの
支払金額を記載するものだ」のような回答があったので、間違いであれば
担当者に出し直してもらうなり、確定申告をするなりするのかな、
と思っています。

知識がないため、質問させていただきました。
源泉徴収票や年末調整明細の「ここを見て、こうなっていればOK」などが
あればぜひ教えてください。

よろしくお願いいたします。

転職をしたので、昨年はA社、B社(現勤務先)で給与をもらっていました。
A社の源泉徴収票をB社に提出し、年末調整をおこないました。
その後「いくら返されますよ」という年末調整明細もいただき、翌月にB社から
源泉徴収票を受け取りました。
「支払金額」の欄を見て驚きました。B社勤務は1年に満たないのに
契約年俸を超えた額が記載されていたからです。
でも、計算してみると、A社とB社から支給された給与を合算すると
B社からもらった源泉徴収票の「支払金額」と一致するようです。

これは、税金...続きを読む

Aベストアンサー

 No.3です。
 早速のお礼恐縮です。

 前回お答えしたことで,書き間違いがありましたので訂正させていただきます。(結論には影響ありませんが…)
(誤)
・そうして求めた年間の所得税の源泉徴収額から,「前の勤務先での所得税の源泉徴収額」と「今の職場での所得税の源泉徴収額」を引いて,プラスになれば還付,マイナスになれば追徴となります。(大抵の方はプラスになります。)

(正)
・そうして求めた年間の所得税の源泉徴収額から,「前の勤務先での所得税の源泉徴収額」と「今の職場での所得税の源泉徴収額」を引いて,プラスになれば追徴,マイナスになれば還付となります。(大抵の方はマイナスになります。)

です(~_~;)
------------
 お礼にご記載のことですが…

>少し説明が難しかったので勘違いかもしれませんが、
 ・A社にはA社のみの収入(B社の収入を知らないので当たり前ですが)
 ・B社はA社の源泉聴取票を提出しているので、A、B社合算した収入を
  源泉徴収票の支払金額に記載
でOKということでよろしいのですよね。

・はい,まさにそのとおりです!

>なんとなく、2枚たして「昨年の年収」になるものと思っていたのですが
B社の源泉徴収票だけあれば、昨年の年収がわかる、ということですね。

・そのとおりです!

----------------
 もう少し補足してみたいと思います。

◇源泉徴収票は何に使われる?

・源泉徴収票は4部複写になっていまして,給与を支払ったものが,1枚は税務署に提出,2枚は市区町村,1枚は本人に渡すことになっています。

・一定の収入以外の方については,税務署には提出は不要ですが,市区町村へ提出するとともに本人に渡す義務があります。

・市区町村は,提出があった源泉徴収票(名称は「給与支払い報告書」といいます。)をもとに,その方の翌年の住民税の計算をし課税します。
 本人に渡す分は,その方が,例えば医療費控除などの還付申告になどに使ったりします。

◇なぜ,年末調整で前職の収入等が合算されるのか?

・なぜ年末調整という制度があるかといいますと…
 所得税は,所得者自身が所得とそれに対する税額を計算して確定申告をし,自発的に納税する,いわゆる「申告納税制度」を採用しています。
 しかしかながら,給与所得者は,一般的には給料や賃金等の収入以外に所得のない場合が多いので,各人の確定申告を待つまでもなく,給与の支払者の下で比較的容易に所得税の清算ができます。

・そこで,給与所得に対する所得税については,いわゆる源泉徴収制度を採用し,給料や賃金等の支払者が給与を支払う際に,支払額に応じた所得税をその給与から差し引いてこれを国に納付するとともに,年末において年末調整を行い,その年中の給与の総額に対する年税額と給与の支払の都度差し引いて納付した源泉所得税の合計額とを対比して,過不足額の精算をすることとし,給与所得者が申告納税をする手数を省くこととしています。

・つまり,年間の合計所得が分かる勤務先(つまり年末にお勤めの勤務先。kobaltさんの場合B社)で,年末調整をすることとされています。

◇ここまで読まれて,疑問がわきませんでしたか?

・A社とB社がそれぞれの源泉徴収票(給与支払い報告書)を市区町村に提出すれば,kobaltさんがご心配のとおり,市区町村にはA社の収入が2重に報告されることになります。
 それでは制度として困りますので,B社の源泉徴収票には「摘要」欄にA社での収入などを書くこととされています。
 
・市区町村では,住民税の計算の際,複数の給与支払い先から支払いを受けておられる方については,給与支払い報告書を寄せ集めて(「合算」といいます)計算をしますが,その際「摘要」欄に上記の書き込みがあると,2重に報告がされていることが分かりますので,A社の支払いは合算しないことになります。

-----------
 以上から,当初のご質問にQ&Aでお答えしますと…

>これは、税金上特に問題ないのでしょうか。B社の源泉徴収票に、A社の源泉徴収に記載されていた「支払金額」や「保険」「税」の金額も記載されているので、なんとなく私にはB社の源泉徴収票の「支払金額」が、B社のみの給与額に思えてしまい、「収入が高いとみなされて、高い税金を払わされた?!」というような心配をしてしまっています。

・これは正しい「年末調整」がされているということですから,まったく問題はありません。
 もちろん,税金面で不利になることもありません。

>過去の質問では「源泉徴収票の記載方法が間違っている。それぞれの支払金額を記載するものだ」のような回答があったので、

・その質問の趣旨が分かりませんのでなんともいえませんが,今回のA社のように,年末にお勤めで無い勤務先では年末調整が出来ませんので,そういった支払い先では「それぞれの支払金額を記載する」ことになります。
 ただし,今回のB社は年末調整をする義務がありますから,それまでの年間収入等を合計して,所得税を清算した上で,年間分の源泉徴収票(給与支払い報告書)を作成する必要があります。

>間違いであれば担当者に出し直してもらうなり、確定申告をするなりするのかな、と思っています。

・以上のとおり間違いではありませんのでご心配は不要です。ちなみに,「年末調整」のやり直しの期限は1月末ですから,もう訂正できないです。
 
・また,給与所得者は「年末調整」で所得税を清算することとされていますので,「確定申告」は原則として出来ないです。 
 原則ということは例外があるのですが,kobaltさんは年末に勤務されていますので,「年末調整」で所得税を清算すべき方ですから,「年末調整」を受けたうえで,さらに「確定申告」を重ねてすることは出来ません(医療費控除などの「還付申告」はできます)。

------------
 間違いはないかご自身で確認されたい場合は…

◇自分でちゃんと計算してみる

・No.4さんは,ご自身で計算されてみてはとのことですが,その方法として「給与所得控除後の金額、所得控除額の合計、源泉徴収税額などを教えてもらえれば」という時点で「勤務先が計算した金額」を使用していますから,確認にはならないです。
 そもそもkobaltさんは,「給与所得控除後の金額、所得控除額の合計、源泉徴収税額などを教えてもらえれば」の「源泉徴収税額」が多くなっていないかということを心配されているわけですから,それを教えてもらうのではなく,自分で計算しないと確認の意味がありませんよね。

・自分で計算する方法を簡単に書きますと,

 まず,毎月の給与明細を用意します。これが,そろっていないとご自分で確認することは出来ませんのであきらめてください(~_~;)

(1)毎月の支払額を合計してください。
(2)毎月の社会保険料(健康保険や年金の掛け金)を合計してください。
(3)毎月の交通費を合計してください。
(4)毎月の住民税を合計してください。

 課税所得は,支払額から非課税の支払いや支払額から引けるもの,更には各種控除を引いて求めます。そうして求めた課税所得にNo.4さんの引用されている税率をかければあなたの所得税額が求められますから,それがB社の源泉徴収票の源泉徴収税額とあっていれば正しいということになります。

 課税所得の求め方は,大まかに書きますと

 (1)-(2)-(3)-(4)-各種控除(5)=課税所得 です。

 (5)としては
 ・基礎控除38万円(全員が控除してもらえます)
 ・給与所得控除65万円(全員が控除してもらえます)
 ・あと,その方によっては,「生命保険や損害保険料控除」「住宅ローン控除」「配偶者控除」「扶養控除」などがあります。

 ここまで読まれてお分かりのとおり,自分で計算するのはとても煩雑で,ある程度「年末調整」の知識がある方で無いと無理です。

◇もっと簡単に確認するには

・一番簡単なのは,毎月の給与明細の所得税を足した金額と,B社の源泉徴収票の源泉徴収額を比較して,金額があまり違わなければ(大抵の方は,源泉徴収額の方が少ないと思います)ご心配は無いです。

 すいません,長々と書いてしまいました。(No.4さんには失礼しましたが,他意はありませんのでご容赦ください。)

 No.3です。
 早速のお礼恐縮です。

 前回お答えしたことで,書き間違いがありましたので訂正させていただきます。(結論には影響ありませんが…)
(誤)
・そうして求めた年間の所得税の源泉徴収額から,「前の勤務先での所得税の源泉徴収額」と「今の職場での所得税の源泉徴収額」を引いて,プラスになれば還付,マイナスになれば追徴となります。(大抵の方はプラスになります。)

(正)
・そうして求めた年間の所得税の源泉徴収額から,「前の勤務先での所得税の源泉徴収額」と「今の職場での所得税の源...続きを読む

Q源泉徴収票 2枚の年末調整?確定申告?

認可保育園へ応募するための用紙で、今年度の源泉徴収票を貼り付けるものがあります。
その用紙の注意書きに以下のように書かれています。

◎貼付前に確認してください
□扶養人数は正しいですか?
□年末調整済みの源泉徴収票ですか?
□源泉徴収票が2枚以上ありませんか?→一般的に、2ヵ所以上の勤務先から源泉徴収票が発行されている場合は、確定申告が必要です。

きになるのは3番目。
5月までは別の会社で働いていたため、源泉徴収票が2枚になるのですが、現在の会社で2枚とも年末調整してもらえます。
その場合、確定申告は必要ありませんよね?
「一般的に・・・」とあるので、???です。

どなたか教えていただけませんか。

Aベストアンサー

前の会社の源泉徴収票を現在の会社に提出し、合算して年末調整が
行われているのであれば確定申告は不要です。

来年1月に現在の会社から発行される源泉徴収票が、2社分が
合算されていることを確認のうえ、それを貼付すればOKです。

以上、簡単ですが。

Q【所得税還付】同一の会社から2枚の源泉徴収票を提出して良いのでしょうか?

同じ派遣会社で単発バイトを2回しました。
1回目終了時にいったん源泉徴収票を出してもらいました。
その後、もう一度仕事が発生したので、さらに年末にその分の源泉徴収票が送られてきました。
税務署に申告する際は、同じ会社からの2枚の源泉徴収票を提出してもいいのでしょうか?それとも、一年間の合計でもう一度源泉徴収票を作り直してもらわないといけないのでしょうか。
教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

その二つの源泉徴収票を使って確定申告をすれば良いです(2枚目の源泉徴収票が1年分の合計値になってないかは確認してください)。所得税は1/1~12/31の収入で決まるので、全ての源泉徴収票がないと計算出来ませんし。控除出来るものがあれば、その提出書類も用意してください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321.htm

国税庁のHPでも作成出来ますのでやってみてください。源泉徴収票の数値を入力するだけなので、やり方が分かれば簡単です。入力が終われば、印刷して所轄の税務署に提出するだけです。
https://www.keisan.nta.go.jp/h20/ta_top.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shotoku.htm

Q確定申告の添付書類の貼り方

確定申告での添付書類(源泉票・保険の支払証明など)ですが、「申告書第二表の裏面」に貼りきれません。
「申告書第二表の裏面」には「書類の右端をここにはってください」とあるのですが、すべての書類が見えるように貼ることができないのです。
添付書類は重ねて貼ってよいものなのでしょうか。
それとも、別紙を自分で用意して、それに貼り、一緒に提出するものなのでしょうか。
確定申告初体験なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2の方の言うように「べたべた」貼ってもいいのですが、どちらかというと#1の方のような「各書類の上部だけのり付けして、ずらしながら重ねて貼っていく」がベストです。何故かといえば、税務署では、台帳に編綴する際に貼り替えるからです。審査後にずーと貼っておく必要がないものをはがして別途保管するためです。全部の書類がついたままでは、台帳に綴じ込めないのです。
また#2の方の指摘にありますが、書類の紛失・はがれのトラブルはありますので、手元にコピーを置くことはいいことです。(原本は提出しなければなりません)
 大量にある場合は、別紙を用意して種類ごとに貼ることは大変いいことです。源泉徴収票が多い方は、所得の内訳を取り寄せてください。徴収票は、この裏に張るのがベストです。
 保険関係の控除証明書は、払ったものをすべて出しても意味ないのは止めたほうがいいですね。つまり、生命保険料控除も一般用で支払額10万円超ならあとはいりません。個人年金分も同様です。損害保険料控除も同様に控除額まで用意したら、あとはいりません。
医療費は、別の専用封筒に入れることがベストです。税務署にあるものを使ってもいいし、そうでなくてもいいのですが、これには、医療費領収書以外のものを入れては絶対にいけません。トラブルの元です。なぜかと言えば、税務署では、医療費の領収書を申告書と分離して別途保管するからです。このなかに源泉票などをいれてトラブルになることが非常に多いのです。
 あと、申告書の綴じ込みようの穴を書類等でふさがないように貼ってください。
 用意していただく別紙ですが、なるべくA4がいいですね。
 では、頑張ってください。

#2の方の言うように「べたべた」貼ってもいいのですが、どちらかというと#1の方のような「各書類の上部だけのり付けして、ずらしながら重ねて貼っていく」がベストです。何故かといえば、税務署では、台帳に編綴する際に貼り替えるからです。審査後にずーと貼っておく必要がないものをはがして別途保管するためです。全部の書類がついたままでは、台帳に綴じ込めないのです。
また#2の方の指摘にありますが、書類の紛失・はがれのトラブルはありますので、手元にコピーを置くことはいいことです。(原本は...続きを読む

Q複数の源泉徴収票について。

源泉徴収票について、教えて下さい。

今年の3月に転職し、3ヶ月間の試用期間で辞めてしまいました。

前職  2004年1月~2005年3月中旬
転職先 2005年3月中旬~2005年5月末

源泉徴収票が、現在2枚あります。
複数枚の源泉徴収表を、1枚にまとめる事は出来ないでしょうか?

それと、3ヶ月間だけの契約社員で仕事が決まっています。
契約満期後の再就職先には、今年分の確定申告は自分ですると伝えても、問題無いでしょうか?
(短期のアルバイトが多い等の理由で。)
3枚の源泉徴収票になると、処理も時間がかかりそうで怖いです。

質問が多くて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

源泉徴収票は、発行義務者がそれぞれ違いますので、今の段階でまとめることはできません。そのまま複数枚を保管していただく以外にないです。

(1)来年2月16日~3月15日にご自分で確定申告をする。
源泉徴収票が、「給与所得の~」とあれば、一義的には「給与所得」に該当します。
複数ヶ所の収入金額を合計したものを、「給与所得の収入金額」として計算を始めていきます。

(2)今年末の在籍会社で、全てまとめたところで年末調整をしてもらう。
17年中に対応する分の源泉徴収票の全てと、必要書類を提出して、一年分をまとめたところで計算します。当然、ご自身での確定申告は不要になります。(原則としてですが)

(3)理由はともかく、(2)の年末調整をしてもらわずに、ご自身で確定申告をなさることは、何も問題はありません。
源泉徴収票等の必要書類がきちんと揃えば、相談会や税務署にもって行けばその場で完了してしまいますから。

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Q源泉徴収票が複数の場合の医療費控除手続きについて

国税庁のホームページから書類を作成して、医療費控除の申請をしようとしていますが、よく分からない事がありご質問させて頂きます。

前年度中に会社都合で移籍(退職・入社)となり、手元には前職と現職それぞれ発行の2枚の源泉徴収票があります。

ただし、現職発行分の源泉徴収票の適用欄には、前職をいつ退職したかの日付と前職分発行の源泉徴収票と同じ内容が記載されています。

そこで、

現職発行分で2社分の年末調整が済んでいると解釈し、
1ヶ所のみの給料所得として現職発行分の記載金額をそのまま打ち込んでいけば良いのでしょうか?
また、「源泉徴収税額」欄金額が前職発行分より現職発行分が少なく記載されていた場合、
これも年末調整されたからと解釈して問題ないのでしょうか?

うまく説明出来ず申し訳ありません…

どうか皆様のお力を貸していただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>現職発行分で2社分の年末調整が済んでいると解釈し、

ほぼそのとおりですが、厳密には前社分を含んで1社(現社)で年末調整を行ったのです

>1ヶ所のみの給料所得として現職発行分の記載金額をそのまま打ち込んでいけば良いのでしょうか?

2ヵ所の給与収入を合計した金額から、所得控除後の金額が現社の源泉徴収票のみに記載があるはずで、現職発行分の記載金額をそのまま打ち込んでいけば良いことになります

>「源泉徴収税額」欄金額が前職発行分より現職発行分が少なく記載されていた場合、
これも年末調整されたからと解釈して問題ないのでしょうか

そのとおりです。

結論として、前社の源泉徴収票は無視し、現社の源泉徴収票の数字だけ見ればよりことになります。

Q転職したのですが確定申告って自分でやると大変?

春に転職したのですが、
一週間前に今の会社から確定申告のための
給与所得者の扶養控除などの申告書に判子押して出せって言われたんですが、
明日が期限です。
(猶予が短くないですか!?)

今週はずっと体調を崩していて
今日は病院から帰ってきて、ゆっくり考え始めたのですが・・・
なんか間に合わないっぽくて焦っています。

これって・・・
前職の源泉徴収とかいるんですよね?
前職の退職時に郵送された書類一式に含まれていたような気がして、
安心していたのですが、
見当たらず、貰いにいかなきゃいけないっぽいですが、
もう無理かもしれないです・・・。

前の会社は明日もやっているので急いで取りに行ってもいいのですが、
なんかみっともないし確実ではない・・・。

自分でやるとしたら
ものすごい大変ですか?
多少の手間は勉強だと思ってやってもいいのですが、
非現実的な大変さならと思うと焦ってしまいます。
(専門的なことをやるイメージがあるので・・・)

とりあえず、この質問をしつつ、
大急ぎで色々調べているのですが・・・。

馬鹿な質問で本当にごめんなさい。
よろしくお願いします。

春に転職したのですが、
一週間前に今の会社から確定申告のための
給与所得者の扶養控除などの申告書に判子押して出せって言われたんですが、
明日が期限です。
(猶予が短くないですか!?)

今週はずっと体調を崩していて
今日は病院から帰ってきて、ゆっくり考え始めたのですが・・・
なんか間に合わないっぽくて焦っています。

これって・・・
前職の源泉徴収とかいるんですよね?
前職の退職時に郵送された書類一式に含まれていたような気がして、
安心していたのですが、
見当たらず、貰いにいかなきゃい...続きを読む

Aベストアンサー

>前職の源泉徴収とかいるんですよね?
必要です。

>自分でやるとしたらものすごい大変ですか?
いいえ。
給与所得者の確定申告は簡単です。
両方の会社の源泉徴収票があれば簡単にできます。

参考(平成25年分)
https://www.keisan.nta.go.jp/h25/ta_top.htm

平成26年分は、来年になればサイトも更新されます。
収入や社会保険料は両方の会社分を合計します。

よくわからなければ、2社分の源泉徴収票、ハンコ、通帳(還付がありえるため)を持って税務署に行けば教えてもらえますよ。


人気Q&Aランキング