痔になりやすい生活習慣とは?

個人経営の喫茶店でパートしてます。
気になったことがあるんです。

何かというと、毎月の給料から所得税が引かれていないんです。
(つまり、源泉徴収されていない。)
これっておかしいですよね?

先輩は、給料の額によって引かれる場合とそうでない場合があるんだよ、なんて言ってましたが本当ですか?!

金額に関わらず引かれるものだと思うんですけど。

ちなみにわたしは毎月7万前後の給料です。

引かれていないのだから確定申告は自分でするつもりです。
わたしの場合、副業もしているのでどっちにしろ自分での申告になるわけですけど。

でもこれで職場から年末調整されてたらもっとおかしいですよね。
まだ勤めて3か月なので、年末になったら源泉徴収票を請求するつもりです。

給料をまるまる出されているので、源泉も保険もない職場です。
よくよく考えたら、職場でのけがなどは一切責任取ってくれないわけですよね。

すごく恐ろしいと思いました。
もともとそんなに長くは勤められないと話して採用してもらっているので、あと数ヶ月の辛抱ですが。

最近先輩が仕事中にやけどをして、結構な傷跡が残っているのを目にしたのですが、それでも会社からはなんの手当てもないんですもんね・・・。

ふつうなら雇用保険料も引いてくれるもんじゃないのかな、とか思うんですけど。

先輩がとても気の毒でした。

長くなりましたが、アドバイスお願いいたします♪

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>わたしはやはり源泉徴収税を毎月引かれてなければおかしいですよね?


すでに他に回答があるように、甲欄としている可能性があります。

わからなければ直接聞くのが一番早いです。
    • good
    • 6

たとえば、スナックとか水商売などの店も源泉どころか給与明細も出さないところもありますね。


そんなところは、当然、源泉徴収票は出しませんし、もちろん年末調整なんてしません。
税務署や市へ「給与支払報告書」も出していません。

また、小さい会社だと源泉徴収はして源泉徴収票も出すけど、年末調整しないところも結構あります。(「扶養控除等申告書」も提出させていないと思われます)
なので、年収103万円以下で所得税戻るはずなのに、会社が年末調整してくれないため納めっぱなし、税務署は納めるべき税金が納められていないときは言ってきますが、余分に納められたときは知らん顔です。
税金のことがわかっていない人は確定申告もしませんので、そのまま税金とられ損の人て結構いますよ。

経理がいい加減な会社は、小さなところではままあります。
そういう会社もあるということです。

貴方の場合、副業があるということなので確定申告しなければいけませんが、そうでなかったら103万円以下で所得税かかりませんし、「扶養控除等申告書」を出していてもいなくても、そこで「源泉徴収票」さえ出るようなら(「給与支払報告書」が税務署や役所に提出されるなら)、確定申告する必要もありません。
もし、副業の所得が20万円以下なら、申告不要ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たとえば、スナックとか水商売などの店も源泉どころか給与明細も出さないところもありますね。

・・・脱税になりますよね。
あとあと追徴課税とか怖いですね。

小さい会社だと源泉徴収はして源泉徴収票も出すけど、年末調整しないところも結構あります。(「扶養控除等申告書」も提出させていないと思われます)

・・・源泉徴収をしてないのだから年末に源泉徴収票を要求しても0円と書かれたものを出されるんでしょうか?

うちの店、経理は70過ぎのばあさんがしてるし、適当そうな気がします。

副業は余裕で年間20万超え予定なので今年も自分でします。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/08 00:32

No.1です。



「給与所得者の扶養控除(異動)申告書」は、最初の給与の支払いを受ける前日までに会社に提出することになっています。

ただ、細かいところにこだわらない事業主だとこれがなくても(甲欄)で毎月の給与の源泉税徴収処理をするところが多いです。年末調整の書類と一緒に「給与所得者の扶養控除(異動)申告書」の提出を受けたり…とか。

(甲欄)適用でしたら基本的に年末調整はしてもらえるはずです。
税金が引かれていない=年末調整をしない、ではありません。
乙欄=年末調整をしない、になります。

年末調整をしてもらえたとしても、してもらえなかったとしても、貴方の場合は副業の収入があるようですので、確定申告が必要になります。
ただし、年末調整をしてもらえた場合、副業の収入が20万円以下であれば、確定申告の必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「給与所得者の扶養控除(異動)申告書」は、最初の給与の支払いを受ける前日までに会社に提出することになっています。

・・・そんな書類一切求められませんでした。

そうですか、じゃあ甲欄になってるんでしょうね、きっと。
年末調整されるんですか。
でも源泉徴収されていないんだから、そこは0円として源泉徴収票を発行してくれるんでしょうか?

もともと、今している副業が本業でしたので、去年から確定申告は自分でしてるんです。
なので少しくらいの知識はあるんですがなにぶんパートをした場合となると疎くて。

20万は余裕で超えちゃうので、今回も自分で申告しますけどね。

たびたびありがとうございました。

お礼日時:2008/08/08 00:29

>これっておかしいですよね?


とは限りません。

>先輩は、給料の額によって引かれる場合とそうでない場合があるんだよ
それだけでは正確ではありませんけど、間違ってはいません。

>金額に関わらず引かれるものだと思うんですけど。
違います。

所得税の源泉徴収では、甲欄、乙欄という区分があります。

甲欄:「給与所得者の扶養控除(異動)申告書」が提出されている場合に適用
乙欄:上記の申告書の提出がない場合に適用

「給与所得者の扶養控除(異動)申告書」は同時に複数に勤務する場合は一箇所しか出せません。同時である時期がなければ、つまり退職して次に転職した場合には転職先で出すのは問題ありません。
ちなみに会社によってはこの申告書を就職した時点ではなく年末調整時点で提出を求める場合もあります。(法律上は厳密に言えばよろしくありませんが、実務上そうすることがあり、この程度は比較的軽微な話です)

で、甲欄適用の人は88,000円/月までは源泉所得税は0円です。
乙欄適用の人は金額によらず、その金額に応じて決められた源泉所得税を納めなければなりません。


>でもこれで職場から年末調整されてたらもっとおかしいですよね。
いえ、甲欄適用の場合には、原則年末時点で在籍している場合は年末調整を行うのが正式なやり方です。

>よくよく考えたら、職場でのけがなどは一切責任取ってくれないわけですよね。
労災は強制保険ですから、労災は使えますよ。
仮に事業主が加入していなかったとしても使えます。(役所側で事業主を遡及して強制的に加入させます)
労災保険は事業主が加入するものですから、保険料も全額事業主負担です。従業員の負担はありません。

>ふつうなら雇用保険料も引いてくれるもんじゃないのかな
労災保険と雇用保険を混同されているようですが、、、、、
雇用保険は一定条件で加入できます。その加入条件を満たすのかどうかはご質問ではわかりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

乙欄適用の人は金額によらず、その金額に応じて決められた源泉所得税を納めなければなりません。
・・・じゃあ、わたしはやはり源泉徴収税を毎月引かれてなければおかしいですよね?

お礼日時:2008/08/07 20:10

>これっておかしいですよね…



支払者が「源泉徴収義務者」に当たらなければ、源泉徴収はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm

>金額に関わらず引かれるものだと思うんですけど…

先輩が正解。

>ちなみにわたしは毎月7万前後の給料です…

『扶養控除等異動申告書』を提出しているかどうかにもよりますが、88,000円未満は源泉徴収されないこともあります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

>引かれていないのだから確定申告は自分でするつもりです…

もし、引かれていても「年末調整」を受けていなければ申告の義務が残ります。

>でもこれで職場から年末調整されてたらもっとおかしいですよね…

おかしくないです。
『扶養控除等異動申告書』を提出していれば、年末調整されます。
年末調整後の「源泉徴収票」(源泉税額ゼロと書いてあるはず) を添えて、副業分の確定申告をします。

>ふつうなら雇用保険料も引いてくれるもんじゃないのかな…

あのね、ふつう、ふつうって言いますけど、税にしろ健康保険や雇用保険にしろ、適用される事業者には下の制限があるのです。
何事も、小規模の会社まですべて適用されるというものではありませんよ。
まして、「会社 = 法人」でなく個人商店なのでしょう。

世の中のすべてを、自分の物差しでしか測れないようではだめですよ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

支払者が「源泉徴収義務者」に当たらなければ、源泉徴収はありません。
・・・とありますが、経営者は「源泉徴収義務者」にあたりますよね?

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm

それとわたしは『扶養控除等異動申告書』を提出していないので乙欄に当てはまりませんか?!

お礼日時:2008/08/07 20:08

雇用期間が2ヶ月以内と決められていない場合は、普通の源泉徴収方法(甲欄)になります。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2514.htm

この場合、源泉税が発生するのは扶養者0人の場合は88,000円からになります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

なので、7万円前後ですと源泉税は発生しないことになります。
ただし、2箇所以上での勤務の場合(乙欄)は変わってきますので、ご注意ください。

個人経営や小さい会社だと、労災さえも入っていないところはまだまだたくさんあるようです。気になる方は、事前に確認したうえで雇われたほうがいいですね。逆に補償はなくてもいいから給料を満額欲しいなんて人もいますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答してくださり、ありがとうございます。

わたしの場合、甲欄のほうになるんですか?
乙欄ではないのですか?

でもわたし、『扶養控除等異動申告書』などというものを提出してません。
提出したら甲欄になる、というようなことが国税庁のHPを見るとかかれているのですが。

本当に甲欄のほうなんでしょうか?

・・・とにかく、そうだとして、税金を引かれていないのだから年末調整はされないですよね。

そしたら副業分と合わせて自分で確定申告をしたらいいのですよね?
再度教えて頂けると幸いです。

お礼日時:2008/08/07 20:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自営業者の元でアルバイトした場合の源泉徴収票提出はどうしたら?

6月から正社員として勤務することになりました。そこで本年の源泉徴収票があれば提出するのですが、タイトルの通り、アルバイトしていた個人経営の小さな料理店(従業員は店長を入れて2人つまりは家族的な店。10万程度の給料からは所得税を引かれておらず。ちなみに店長もたぶん税金関係は疎い。)で本年は1月から4月上旬まで勤務し、稼いだ額は小遣い程度で40万ぐらいでした。この場合月源泉徴収票は普通どうするのでしょうか?

Aベストアンサー

>そこで本年の源泉徴収票があれば提出するのですが…

前職の源泉徴収票を提出するのは、年末調整をしてもらうためです。

>この場合月源泉徴収票は普通どうするのでしょうか…

前のバイト先で「源泉徴収額ゼロ」の源泉徴収票を発行してもらえればいちばんよいのですが、発行してもらえない場合でも、自分で確定申告をする分には何ら問題ありません。
4月までのバイト収入と 6月以降の給与収入とを合わせて、自分で税金を計算して自分で納めにいくのです。

>稼いだ額は小遣い程度で40万ぐらいでした…

40万がお小遣いですか・・・・。
参考URLは国税庁の『タックスアンサー』ですが、サラリーマンで確定申告が必要な場合の一つで、
【給与所得以外に 20万以上の所得がある人】
に該当します。

>所得税を引かれておらず。ちなみに店長もたぶん税金関係は疎い…

店長さんは法令違反を犯している可能性が高いと思われますが、あなたは確定申告さえ怠らなければ罪に問われることはありません。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1900.htm

>そこで本年の源泉徴収票があれば提出するのですが…

前職の源泉徴収票を提出するのは、年末調整をしてもらうためです。

>この場合月源泉徴収票は普通どうするのでしょうか…

前のバイト先で「源泉徴収額ゼロ」の源泉徴収票を発行してもらえればいちばんよいのですが、発行してもらえない場合でも、自分で確定申告をする分には何ら問題ありません。
4月までのバイト収入と 6月以降の給与収入とを合わせて、自分で税金を計算して自分で納めにいくのです。

>稼いだ額は小遣い程度で40万ぐらいでした...続きを読む

Q給料手渡しバイトなので源泉徴収票なし。転職先になんといえば?

親族の会社を少し手伝っていました。
ただ働きでは悪いと言うことで、時給800円程度をもらっていました。月にだいたい6,7万程度です。

転職活動の際、ある会社で「職務経歴書のどこかに差し支えなければ現在の給料を書いて下さい」と言われ、正直にアルバイトで7万円程度と記入しました。

無事にその会社から内定がでたんですが源泉徴収票をかならず提出して下さいと言われています。

給料明細もなく、手渡しでいつもありがとうと言われていたので、源泉徴収票もありません。確定申告もしていません。

こういう場合は、どうしたらいいのでしょうか。
親族の会社や私はなにか悪い立場になってしまいますか?

お詳しい方、ぜひ教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

二箇所から給与を貰った人は年末調整(会社の経理がします)が必要です。
そのため事務的に提出してくださいと言われただけです。
会社には『源泉徴収されていません』といえばそれだけですみます。
会社は追及する権利も義務もありません。
ただし確定申告をしていないのであなた自身か会社に税務調査が入りばれたとき徴収される場合があります。
そうなると親族の会社にも査察が入る可能性はあります。
確定申告は二年前までさかのぼれます。
ただし税務調査は脱税の証拠がなければまずありえません。
あなたが300万円の支払い税金を脱税していれば別ですが。
税務署もそんなに暇ではありませんので心配はいらないと思われます。

Qこういう場合源泉徴収票ってもらえないの?

新しくバイトする職場から以前のバイトでの源泉徴収票を持ってくるように言われました
以前のバイトは個人経営のお店のお手伝いみたいな感覚で給料も手取り、年金はもちろん社会保険、労働保険は未加入でした。
こういう所から源泉徴収票をもらえることが出来るのでしょうか?

あと、ふと気になったのですが短期のバイトの場合はどうなんでしょう?
以前交通調査や会場作りなどで一日バイトした事があるのですが、これも帰り際に給料を貰っただけでした
ここまでくると源泉徴収票が必要とか言われる以前に何処の会社だったかもさっぱり覚えてないんですが普通はこういう事も管理しておかなければいかないんでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
一応ですが、扶養者がいない場合で、年額50万以下の支払いの場合は源泉徴収票を発行する義務が無いので、日雇いの方はおそらくもらえませんね。

所得税は1年間の所得に対する物なのですが、アルバイトの場合、税務から信用されていないので、確定申告をしないだろうと言う仮定のものとに、源泉徴収という形で毎月(或いは年2回)会社側が代行して所得税を納めます。
源泉徴収は1年ごとに行う物ではありません。

最終的に、源泉徴収で今まで支払った所得税と、実際の年間の所得税の清算を行うのが年末調整で、差額がマイナスの場合は脱税になりますが、故意の脱税でなければ請求をされたときに支払えば済みますし、現実問題アルバイトだけの所得でしたら、罰則と言う意味合いで個人に請求が行く事はありません。

人によって通常103万~130万までは所得税がゼロです。

仮に源泉徴収表が手に入らなくても、既にはらった税金分が損している場合はありますが、新たに請求されたり罰則が適応される事はないので安心してください。

Q個人事業主がアルバイトを雇った場合

教室を自営しており、個人事業主として青色申告をしている者です。

今年に入って、忙しくなってきたのでアルバイトを2名頼みました。それぞれ、1ヶ月に12000円ずつ支払っており、人件費として1ヶ月に24000円の支払です。
経費にしたいのですが、税務署に提出する書類などはありますでしょうか?もう雇ってから5ヶ月も経っているのですが、1人12000円ですと所得税などの支払がないのでそのままにしており・・・。
もし、税務署に提出する書類があれば、今年1月からの支払を経費に出来るのでしょうか?(だいぶ遅いので、経費には出来ないかもしれませんが。)

それから、アルバイトの方にはバイト代を支払ったときに一応、領収書を書いてもらっていますが、記録として今後も書いてもらった方がいいのでしょうか?バイト代の支払を証明するものとして領収書くらいしか思い浮かばなかったので。

始めたばかりの小さな教室なので、税金については勉強中です。アドバイスをいただけたら、助かります。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm
本来は源泉徴収し、毎月収めなければなりません。
でも、額が少ないから適当でも、、、

経費は別です。
他の経費と同様に給与として年間全額を経費で落とせます。
青色申告なら、給与の記入が別紙に用意されています。
それだけ書けば原則はOK。

ただし、
税金ではなく、労災加入が必須です。(というか雇った瞬間に加入しています。手続きが遅れているだけ)
保険料はいくらでもないですし、早急に労基署で手続きして下さい。
時間が短そうなので雇用保険には該当しなさそうですね。

また、自動的に労基法も適用されますので、最低でも賃金台帳に労働時間や賃金額の記載と保存が必要になります。
雇用契約書の発行も義務付けられています。

Q扶養控除内で働きたいのですが単発バイトで働いた分も含める?

扶養控除内で働きたいのですが単発バイトで働いた分も含める?

親と同居で、アルバイト(学生じゃないです)をしています。
カフェのバイトで年100万近く稼ぐ予定です。

103万円以下に抑えた方が良いと聞き、色々調べているのですが、
1月に1回だけ、派遣会社に登録して単発バイトをし、3500円ほど頂きました。
これって所得に含めるのでしょうか?
もうその派遣会社に行く用はないのですが、なんらかの証明書?みたいなものが要るのでしょうか?

経験がないので勝手が分かりません。

アドバイスを頂けると助かります。

Aベストアンサー

> これって所得に含めるのでしょうか?

原則は含めます。
ただし、確定申告義務の要件に
「2ヶ所以上から給与を受けている人で、年末調整をしていない従たる給与と、給与以外の儲けの所得の合計が20万円を超える人」
とありますので、派遣会社からの所得がそれだけなら申告する必要はありません。


余談ですが、

> もうその派遣会社に行く用はないのですが、なんらかの証明書?みたいなものが要るのでしょうか?

給与所得者の所得証明として、源泉徴収票というのが企業から発行されます。
今回の場合、派遣会社から源泉徴収票が送られてくるので、派遣会社分を前職としえてバイト先に提出したり(確定申告不要)、確定申告する場合は、それを使用してください。
ただし、派遣会社とすれば年末調整をするつもりで、年末まで何も処理しないと思います。
ですから、もう派遣会社を利用する意思がないことを伝え、退職扱いの源泉徴収票を発行してもらいましょう。
(聞いた話だと「派遣会社には退職という概念がない」らしいので、もめるかもしれませんが)

Q源泉徴収しないって・・・

バイト先で源泉徴収票をもらえなかった為、
オーナーに欲しい旨を伝えたところ、

「給与時、源泉徴収していないので、源泉徴収票はありません」

と言われました。
何故か12月分だけは源泉徴収欄に金額があったのですが
12月の支払いは1月に入ってからのため、
18年度の源泉徴収は無し、と
掛け合ってもらえません。

私自身、確定申告には行かなくてはならないのですが
源泉徴収していない、ということは店としてもOKなのでしょうか…

また、まずい場合はどのような手続きが必要なのでしょうか。

この店から貰った金額は18年度合計でも10万程度です。
また、給与明細は全てとってあります。

Aベストアンサー

本来、給与支払い者(オーナー)は必ず発行しないといけません。
原則、翌年1月末まで(退職の場合は退職後1ヵ月以内)に発行
することになっています。

確定申告に必要な旨伝え、どうしても発行してもらえない場合
「税務署に源泉徴収票不交付届出をしますけど良いですか?」
と言ってみてください。
それでも、発行してもらえない場合は税務署へ届出たら良いと
思います。(税務署から勤務先に指導が入ります)
届出については参考URLをご覧ください。

なお、確定申告する場合、給与明細は使えません。
(倒産して発行出来ないなどやむを得ない場合は除きますが)

確定申告も締め切りがありますし、色々大変だと思いますが、
早く発行してもらえると良いですね。頑張ってください!

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/annai/23100017.htm

Q源泉徴収は絶対に出さないといけませんか

9月に退職しました。今別の会社に勤めています。
いまの会社から前の会社の源泉徴収票をもらってきて出すように言われています。

前の会社にお願いしていますが、忙しいのか、邪魔くさいといわんばかりの返事で、いまだいただいていません。

もし、最終いただけない場合、出さなくても私には罪が発生しますか?

もう、払い過ぎの所得税が返ってこなくても、いいのですが、それでは税務署から私が何か罰せられることはありますでしょうか?

今の会社の人が「できればもらってきて」くらいの言い方だったので、なければないで、いいのかなと思った次第なのです。

回答よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

 >もう、払い過ぎの所得税が返ってこなくても、いいのですが


  そういうお考えであるのであれば、無理して前職の源泉徴収票を出す
  必要はありません。
  現在お勤めの会社に、「前職分が出してもらえないので、年末調整は
  しなくても結構です。後で自分で確定申告します」とでも言えば、
  それ以上、請求されることはないでしょう。

  
 >税務署から私が何か罰せられることはありますでしょうか?

 
  前職分の源泉徴収票がなければ、今の会社で年末調整はできません。
  結果、本来であれば確定申告しなければならない事となりますが、
  あなたが、今の会社でかなりの高給取りでない限り、還付額が
  発生すると考えられますので、税金を納め過ぎているものを、
  申告しなっかったからと、咎められることはありません。

  ただし、万が一、前職分と現職分の給与総額から計算される
  所得税の年税額が、源泉徴収税額の総額(二社分)よりも
  多かった場合は、申告・納付の必要が出てきますので、
  それを申告していない事が発覚すれば、申告するよう指導されます。
  その場合、本税と無申告加算税、後に利子税を納めることとなります。
 

  申告するしないは、あなたの考え方次第(日本は自主申告制ですので)ですが、
  きちんとするのであれば、前会社より源泉徴収票をもらい、現会社で
  年末調整してもらうのがベストです。

 >もう、払い過ぎの所得税が返ってこなくても、いいのですが


  そういうお考えであるのであれば、無理して前職の源泉徴収票を出す
  必要はありません。
  現在お勤めの会社に、「前職分が出してもらえないので、年末調整は
  しなくても結構です。後で自分で確定申告します」とでも言えば、
  それ以上、請求されることはないでしょう。

  
 >税務署から私が何か罰せられることはありますでしょうか?

 
  前職分の源泉徴収票がなければ、今の会社で年末調整はできません。
  結果、本...続きを読む

Q職人 給与明細なし 源泉徴収なし 確定申告は?

同居人は職人です。勤続3年ほど。
給与は手渡しで、給与明細はなしです。源泉徴収等々、一切の明細がもらえません。
保険は親の扶養で、年金は自分で支払っています。
職人になってから、税金を支払っていないようです。
確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか?
3年?さかのぼって確定申告したいです。
本人から雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか?
余談ですが・・・
今年の初めに給与明細をいただけるように言ったそうなんですが、今だに頂いておらず、現金のみの支給です。
しかも給与の計算方法も不明です。同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・・・。
このような状況での確定申告の仕方を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか…

自分でつけたノートを元に、『収支内訳書』を作成します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdf

次に、『収支内訳書』で出た「所得」額を『確定申告書 B』に転記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf

>年金は自分で支払っています…

「社会保険料控除」になりますから、『確定申告書 B』に記載します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm
ほかにも「所得控除」に該当するものがないか良くお探しください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>3年?さかのぼって確定申告したいです…

3年ではたしかに時効にはかかっていませんから、「期限後申告」が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか…

個人事業の申告に、支払い側の証明書類等は一切必要ありません。
自己申告でよいです。

>同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・…

その人たちは、サラリーマン扱いなのです。
この業界では「常傭 (じょうよう)」と言います。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 ...続きを読む

Q学生バイトです。103万円を超えてしまいました…。

タイトルの通りです。103万円を1000円ちょっと超えてしまいました……
職場に電話しましたが、もう振り込まれてしまっていてどうにもならないとのことです…。
頑張って調整していたのに思わぬ深夜手当がついてしまったようで、もう絶望の淵に立たされた気分です。
少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
何とか出来ないでしょうか?学生なので、何か免除になったりしませんか?
それか、個人的に寄付を毎月5000円くらいしているので、その分何か免除にならないでしょうか…。
寄付は関係ないですかね…
ああもう本当に困っています…どうか知恵をお貸しください…よろしくお願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。

貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。

>少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
いいえ。
貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。
ただ、親は貴方を税金上の扶養にできないので、親の所得税や住民税は増税になります。

親の所得がわからないので所得税の税率がはっきり言えませんが、通常の所得なら
所得税 630000円(控除額)×10%(税率)=63000円
住民税 450000円(控除額)×10%(税率。所得に関係なく)=45000円
計108000円 増税になります。

>何とか出来ないでしょうか?
できません。

>学生なので、何か免除になったりしませんか?
貴方の場合は、勤労学生控除があるので130万円までなら所得税かかりません。

なお、このことを親に言わないと、あとから税務署から会社を通し通知が行きます。
貴方を税金上の扶養からはずす確定申告をしてもらう必要があります。

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。

貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。

>少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
いいえ。
貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。
ただ、...続きを読む

Q源泉徴収票を提出しなかったらどうなりますか?

源泉徴収票についての質問なのですが、
これから新しい会社に正社員として勤めるのですが、
源泉徴収票を提出しなければなりません。

今まで、
A社にアルバイト(社会保険あり)8カ月で退職し、
B社に正社員(社会保険あり)1週間で退職しています。

どちらも自己都合の退社ですが、
B社の給与は5万程度です。

A社は源泉徴収票を提出しますが、
B社も提出しなければならないでしょうか?
また提出しないとどうなるのでしょうか?

経歴書に書かなかったので
提出しなかった場合がどうなるか不安です。

大変、無知な質問ではありますが、
至急返答を頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

源泉徴収票とは
給料を支払う時に所得税や社会保険料を引いて渡すので
その給料の額と既に支払った所得税や社会保険料の金額を
証明する物です。
なので、源泉徴収されていなければないと言ってもかまいません。
所得税の期間は1月1日から12月31日なので
年の途中で退職、就職をした場合には既に払った所得税や社会保険料を
2社で合算して精査しないと税金を払いすぎている場合が多いので
年末調整で調整して多く払っている税金があれば貴方に返します。
必要なのは今年になってからの分です。
去年の年末に渡されたものであるのならそれは必要ありません。
自分で来年確定申告しても問題ありません。

年末調整されていない給与所得以外の収入が20万円以下は非課税なので
確定申告する必要がありませんが
源泉徴収されていれば既に所得税を支払っているので
年末調整しなければ損でしょう。


人気Q&Aランキング