人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

硫化銀と酸化銀は何が違うんでしょう?硫化銀と酸化銀は何色してるんでしょう?何が原因で発生するんでしょう?これを対策する方法はないでしょうか?ご存知の方教えてください。

A 回答 (2件)

詳しくは参考を見てください。

銀は比較的酸化されやすいのですが、表面でとどまることが多いので内側まで侵食されないように早めに手入れしましょう。アガタの犬の銀製品も手入れしだいで長持ちしていますし、ティファニーの銀のスプーンも保存次第で長持ちします。

参考URL:http://www.e-rasta-man.com/auction/silver.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考は大変参考になりました。

お礼日時:2003/06/19 18:09

硫化銀は黒色で空気中や人から出る硫黄分と反応して出来ます。

(シルバーアクセサリーとかの黒ずみ)
酸化銀は白色で空気中などの酸素によって出来ます。
(鏡なんかの白化)
銀は元々やられやすいので、防食の為には合金にするか、樹脂でコートしてやります。
樹脂中にベンゾチアゾール系の腐食防止剤を入れてやると、硫化・酸化・イオン化するのを結構防いでくれます。
アクセサリーなんかはこまめに磨くしか無いと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速磨きます。

お礼日時:2003/06/19 18:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸化銀を加熱すると銀になるのはなぜ?

酸化銀を加熱すると銀になるのはどうしてなんですか?
銀を加熱すると酸化銀になるのはわかりますが、なぜその逆が起こるのでしょうか?

教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の3つの事実があります。

1金属は、空気中の酸素と反応し、酸化物になる性質を持つ。
 その性質には強い弱いがあり、速やかに反応するものや長時間かけて反応するもの、
 何も無ければほぼ反応しないものなどがある。

2化学反応は温度が高いほど速やかに進行する。
 一般には10℃上がれば2~3倍早く進行する。
 つまり、100度温度が上がれば1000~59000倍に、
 200度温度が上がれば100万倍~35億倍に早くなる。
 過熱すると酸素との化学反応も早くなり、速やかに酸化物へと変化するようになる。

3金属は高温では酸化物ではなく単体でいたほうが安定である。
 もちろん金属ごとにその性質の違いがあるが、1と関連して、
 常温で速やかに酸素と結びつく=酸素と強く結合する性質のものは超高温を必要とする
 逆に常温ではあまり結びつかない=酸素との結合が弱いものは
 ちょっと過熱した状態でさえ、酸素と結びつくよりも離れていた方が安定になる。

これらの現象が相まっておこります。
ほら、鉄の精錬も高温にして行っているでしょう。
いろいろな理由がありますが、高温ほど単体のほうが安定するというのも理由の一つです。

以下の3つの事実があります。

1金属は、空気中の酸素と反応し、酸化物になる性質を持つ。
 その性質には強い弱いがあり、速やかに反応するものや長時間かけて反応するもの、
 何も無ければほぼ反応しないものなどがある。

2化学反応は温度が高いほど速やかに進行する。
 一般には10℃上がれば2~3倍早く進行する。
 つまり、100度温度が上がれば1000~59000倍に、
 200度温度が上がれば100万倍~35億倍に早くなる。
 過熱すると酸素との化学反応も早くなり、速やかに酸化物へと変化するようになる。

3...続きを読む

Q金属の化合物の導電性は何で決まる?

初めまして。電気系エンジニアを生業としている者です。
世の中にはいろんな金属の化合物(例えば、銅だと、酸化銅、硫化銅、塩化銅など)が
存在しますが、これらが導電性を有するかどうかというのは、何で決まってくるので
しょうか?
またそれは、簡単に判断が付くのでしょうか?(例えば、周期表を見れば判るとか)
ご存知の方、教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結論から言うと、#3の回答者さんのおっしゃる、調べてみないと分からないです。
まず、イオン性結晶の物質は、結晶内部で+イオン状態の原子と-イオン状態の原子が存在し、外殻電子が-イオンに局在するので自由に動ける電子が無くなり、絶縁性が高い場合が多いです。結合の強さとは直接は関係有りません。しかし、CuO以外にもCrO2、Fe3O4など例外も多く。また、理想結晶なら絶縁性でも、酸素欠陥などが有るとその分が伝導電子に寄与するため、NiOなどはかなり導電性が出ます。#5の回答に有るようなイオン伝導の可能性も出てきますし。
質問者さんの場合など、材料表面の自然に生成した化合物のようなので、理想的な化合物特性からはかなりすれている可能性も高いです。
導電性の物理的なメカニズムは#5の回答どおりなのですが、バンド構造自体が導電性以上に調べるのが難しい情報(計算でも出ますが、信頼性が低いのと、絶対零度での結果になります)ですから、実用材料評価には使いにくいですね。
従って、現実的な判断方法は、予想される生成物を考えて、材料系のハンドブックや辞典類などで導電性を調べることでしょうね。

結論から言うと、#3の回答者さんのおっしゃる、調べてみないと分からないです。
まず、イオン性結晶の物質は、結晶内部で+イオン状態の原子と-イオン状態の原子が存在し、外殻電子が-イオンに局在するので自由に動ける電子が無くなり、絶縁性が高い場合が多いです。結合の強さとは直接は関係有りません。しかし、CuO以外にもCrO2、Fe3O4など例外も多く。また、理想結晶なら絶縁性でも、酸素欠陥などが有るとその分が伝導電子に寄与するため、NiOなどはかなり導電性が出ます。#5の回答に有るようなイオン伝導の...続きを読む

Q酸化銀は、どうやって作る?

 銀は、酸素と結びつきにくいという話をききました。
 だから、加熱というきっかけを与えると、分解するとのこと・・。
 
 「では、そもそも酸化銀はどのようにして結びついたのだろうか?」
 という疑問が浮かびました。
 
 ご存知の方、どうぞ宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

金属銀あるいは銀の化合物を硝酸(*1)を使用して硝酸銀の水溶液にした後、
水酸化ナトリウム水溶液などによって沈殿(*2)させます。

*1:硝酸は酸化性を持つため、水素よりイオン化傾向の高い銀でも溶かせる
   のがポイント。
*2:水酸化銀は常温では非常に不安定なため、(微視的には)一旦水酸化銀
   になっても、目に見える大きさの粒子になる前に、脱水によって酸化銀に
   なります。( 2 Ag(OH) → Ag2O↓ + H2O)

wiki・酸化銀(I)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%8A%80%28I%29


※「酸化銀」には、幾つかの価数がありえますが、もっとも一般的と思われる
  酸化銀(I)について回答しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%8A%80

QUV(UV洗浄)を銀に照射すると、変色したり、表面がボロボロになるのはなぜ?

こんにちは。

UV洗浄機でUVを銀に照射すると、しばらくすると色が黒っぽく変わって、ボロボロに剥がれてしまいます。

その後加熱すると、元の銀色に戻ります。

銀の酸化・還元反応らしいことは判ったのですが、どのようなメカニズムで、どのような反応が起きているのかが判りません?

どなたか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

酸素の励起・活性化による酸化の他に、紫外線による光励起で表面に微粒子銀が発生している可能性もあります。
こちらの反応が起こっているとすると、アルゴン雰囲気で行っても黒化してしまいます。
(その場合も、「こちらだけ」かどうかは、黒化の様子の比較をしてみないとわかりませんが)

   hν
Ag → Ag^+ + e^- (酸化)
Ag^+ + e^- → Ag (還元)

酸化還元により表面が荒らされれば黒色となり、加熱によって再度平滑化されれば銀色に戻ります。
(銀鏡反応で生じた金属銀をガラス側ではなく銀側から見た場合、銀(の一部)が黒色に見えるのと同じです。なお、微粒子銀は不安定なため、銀の融点より低い温度でも形状変化を起こし得ます)

Q銀の酸化

酸化銀を加熱する時、炭素を加えなくても還元しますよね?
同時に加熱によって銀が酸化してるのでしょうか・・・。

つまりの質問は、銀はどうやって酸化するのか。です!!

いろいろ調べたんですけど、中坊の私には理解できない言葉ばっかりだったので、、だれか分かり易く教えてください(>_<)

Aベストアンサー

専門家なんですが、ムツカシイ質問です。

単純に答えると「酸化数のことは忘れなさい、分解しているだけです」なのですが、それじゃあ嫌でしょう。^^

あくまで酸化還元にこだわるなら銀は還元された、では代わりに何が酸化されたか、つまり銀を還元したのは何か?
と言うことになります。

その場合、形式的に酸素が自分自身を酸化して銀を還元したことになります。

酸化銀はAg2Oで酸素原子ははマイナス2の電荷を持っている(「酸化物イオン」である)と考えます。分解して出来た酸素分子O2では酸素原子に電荷がないですから、酸素は電子を失った事になります。電子をもらうことが還元、電子をあげることが酸化ですので、酸素は酸化されています。

この反応を起こすにはエネルギーが必要なので加熱しなければなりません。出来れば酸素のないところでやるのがお薦めですが。

>つまりの質問は、銀はどうやって酸化するのか。です!!
この文章理解できないのですが、「銀を酸化するにはどうしたらよいか」という質問でしょうか?

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

QNiメッキが酸化するとは?

Niメッキが酸化すると、表面に膜のようなものが出来るのでしょうか?どのような状態になるのでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ニッケルを精錬して、空気中(大気中)に放置すると、酸素、水分により一酸化ニッケル(NiO)、水酸化ニッケルNi(OH)2の酸化膜(ミクロン単位)の物が出来ます。
また、湿度、酸化の進み具合から、両者の比率も変化します。

されに進むと、目で見た感じでは、表面の光沢が鏡のような状態から、次第に灰白色の光沢を失った状態になります。

ニッケルメッキはクロムメッキの下地になるわけですが、鉄やアルミより、少しは酸化しにくい程度で、実際には酸化してきます。

http://www.fm-007.com/rum5.htm

Q8D Reportの意味を教えてください。

電気系の海外メーカーより、品質改善を目的とする不良解析報告書を入手したのですが、タイトルが "8D Report" と記載されています。この意味はなんでしょうか。

Aベストアンサー

disciplineのようですね。詳細はサイト見てください。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Eight_Disciplines_Problem_Solving

Qシルバーの黄ばみは取れますか?

このカテゴリーかどうか確信はないのですがもしご存知の方がいたらどうぞ教えて下さい。

亡き親の古い荷物を整理していたらスターリングシルバーのティースプーンセットが出てきました。でもスプーンの丸い部分が全体に薄黄色く変色しています。持つ部分はシルバーの色のままなのですが。シルバー磨きで磨いてもぴかぴかになってちょっと金色っぽっく光りますが黄色味は相変わらずです。この色は何かで取れ元のシルバー色になるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
一連のやり取りを拝見しました。前の方々がおっしゃられているのは、銀製品の表面の「硫化銀」の皮幕を除去する方法です。

しかし今回、銀製品専用のクロスで磨いたにも関わらず、褐色~黄色の変色が元の状態に回復すしないのであれば、「塩化銀」による皮膜が形成された可能性を検討したほうが良いと思います。

塩化銀の皮膜は、食品の中の塩素イオン等が、銀表面に長年の間反復して接触するために発生します(現代であれば洗剤や漂白剤などの塩素が大きな問題になります)。硫化銀のように簡単には落ちないんです。
これは銀食器の宿命であり、特に珍しい現象ではありません。
この塩化銀の皮膜は化学的に安定で硬度があり、通常のクリーナー液、クリーナー布(研磨剤無配合)では除去はできません。

その場合、適切な研磨剤を、銀製品用のクロスや鹿皮(セーム皮)に付けて研磨することをお勧めします。
プロが使っている研磨剤では、「ウィノール」「グラノール」と言う商品名で600円ぐらいから売られています。勿論通販などで一般人も購入できます。歯磨き粉等とは違い、銀製品の最終仕上げに使われる研磨剤で、粒子が細かく、且つ硬度が適切なので、誰でも簡単に研磨できます。使用に当たって特別なコツはありませんが、変色部分だけでなく、その周囲も含めて余分な力を入れずに研磨し、最後は研磨剤をクロスで拭き取ります。
実際私も極稀に使いますが、塩化銀の皮膜がを落とす範囲でしたら変形や磨き過ぎや、彫りや刻印等の装飾の摩滅もないはずです。
ご自身で磨く自信が無ければ、ネットで「銀食器 修理」等で検索すると専門の業者が見つかりますから、依頼するのも良いかもしれません。

私の家でもアンティークの銀食器があり、お客様がお出での時等に使用します。食器棚にしまっている場合は週に一度、食器棚の戸をあけて空気の入れ替えをし、湿気や有害な硫化物、そして棚の素材から発生するガス成分などが蓄積しないようにしています。
また使用後は、洗剤は必要最小限にし、大量の水道水(出来れば浄水器の使用をお勧めします)で洗い、軟らかい布や綿で優しく水分を拭き取り、よく乾燥させてから棚に戻します。

なお、100年前の銀製品の成分保証の刻印も、正規のものであれば合金成分は保障されます。ヨーロッパでの銀の取り扱いは厳しく、先物や通貨として公に管理されていました。
参考になれば。

こんばんは。
一連のやり取りを拝見しました。前の方々がおっしゃられているのは、銀製品の表面の「硫化銀」の皮幕を除去する方法です。

しかし今回、銀製品専用のクロスで磨いたにも関わらず、褐色~黄色の変色が元の状態に回復すしないのであれば、「塩化銀」による皮膜が形成された可能性を検討したほうが良いと思います。

塩化銀の皮膜は、食品の中の塩素イオン等が、銀表面に長年の間反復して接触するために発生します(現代であれば洗剤や漂白剤などの塩素が大きな問題になります)。硫化銀のように...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報