【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

「全然大丈夫」は文法的に誤っている、ということをよく聞くのですが、気持ちとして、「全然大丈夫」と言いたい時はどんな風に「大丈夫」を修飾すればよいのでしょうか?

「全く大丈夫」も何か違う気がしますし…。

A 回答 (9件)

やっぱり、「全然」につづく言葉は「~ない」といった否定文なのではないかなと思います。


「全く」に続く言葉も、否定文なのではないかなと思います。
なので、頭に「全然」や「全く」を使うのであれば、「全然問題ない、心配ない」「全く問題ない、心配ない」と言うのはどうですか?

「大丈夫」を使うのなら「本当に大丈夫!」「問題ないよ、大丈夫!」というのはどうでしょう?
私も国語の専門家ではないので、もし間違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 2

「大丈夫」を使うことにこだわらなければいいのです。



「全然問題ない」
「完璧」

別の言い方を探す方がいいと思います。その方が自然な日本語になります。
    • good
    • 0

 常識的には、現在の日本語では「全然+肯定」は正しくないと思います。

今、この表現を使う人たちの中に、かつてはこれが正しかったということを意識している人がどれだけいるでしょうか。
 「全く大丈夫」でよいのではないですか。
    • good
    • 0

確か, 戦後になって「全然+否定」と教えるようになったはずです>#6.


実際, 「韓国併合処理方案」では「朝鮮人ノ国法上ノ地位」として「朝鮮人ハ特ニ法令又ハ条約以テ別段ノ取扱ヲナスコトヲ定メタル場合ノ外全然内地人ト同一ノ地位ヲ有ス」と書いています. この「全然」に否定が呼応していないことは明らかでしょう. あるいは, 昭和24年の衆議院議事録でも「全然同一のものでございます」という発言が残されています.

参考URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/007/0512 …
    • good
    • 0

昨日NHKで放送していましたけど、全然大丈夫ですよ。

全然OK。

年代によって全然駄目と否定語を持ってくる教育をされている年代もいるようです。戦前派と戦後派で分かれているようなことも放送していました。しっかり見てなかったのでNHKの昨日の放送を確認されたら納得されるかも知れません。
    • good
    • 0

 鴎外だったか漱石だったかに否定語の牽連なく使っている事例があるそうですね。


 このサイトのこのカテでも質問と回答を読んだことがあります。
 私たちも普段はそうしています。それは面倒であり、他に言い換えがし難い状況です。
 
 言語と文字に気を使う文豪のすることは、一つの判断根拠ですね。
 でもどうして、「全然」とかが、否定語の係り結びを要求するものだと思われてきたのでしょうね。
 「全然」を分解すると、「全く然り」ですものね。
 “全面的に然り”ですから否定語で結ばなければいけない理由はないはずですね。
 しかも漢字列ですものね。
 どうして否定語で結ばなければいけない、観念がうまれてきたのかなぁあ。
    • good
    • 0

「全然+肯定」は本来正しい表現です。

明治の文豪の作品にも出てきます。
間違いであるという誤解がいつしか広まってしまったものです。

ただし「全然」は単に「とても」とか「非常に」の意味ではありません。
「あなたが思っていることとは違って」のニュアンスを含みます。
友達と出会っていきなり「その服全然似合っているよ」ではなく、似合っているか気にしている人に対して「その服全然(変ではなく)似合っているよ」です。

聞き手に関係無しにいきなり「全然大丈夫」は変でしょうが、「大丈夫?」と聞かれて「全然(心配してもらう必要なく)大丈夫!」はOKです。

ただし、「全然+肯定」は間違いだと固く信じている人もいますから、無用の摩擦を避けて使わないというのもひとつの選択肢ですね。
    • good
    • 2

「全然」や「全く」は確かに係り結びで、終わりが否定語になる筈ですね。


 でも最近は「全く」を「充分に」という意味に使うようになりましたね。
 でもそういう使用の仕方を避けたければ、前後関係では、「問題なく」とか、「もちろん」とか「無論」ということでもいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

「全く大丈夫」は正しいです。



「全然+肯定」の文章は間違っており、「全然」を使う場合は
必ず「全然~ない」といった感じで否定の呼応を取る必要があります。

「全く大丈夫」といった「全く+肯定」は正式な用法です。
むしろ「全く~ない」といった否定の呼応は、
元々は正式な用法じゃありませんでした。
これは詳しくは憶えていませんが、明治期だったかの
学生の間で広まった用法で、いわゆる「若者言葉」だったそうです。
結果的にこれが定着して「全く~ない」も今では正式な用法になりました。
言葉はやはり生き物なんだなあ、と実感する話ですね。

そういう意味では、今のところ正式じゃない「全然大丈夫」も、
時代を経れば正式な用法になるかもしれません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全然大丈夫ですよ・・・って、よく言いますよね?

全然大丈夫ですよ、とか、全然OK、とか・・・

この“全然”って、よく考えたら不自然ですが、普通に使ってますね。
この言い方、全然大丈夫ですか?

Aベストアンサー

そういえば使うときがあります。
全然、大丈夫です。
しかしそういう時、実際は大丈夫じゃないです。
「じゃないです」が言えないから、「です」と言ってしまう。
大丈夫って聞かれても、「大丈夫じゃないです」なんて言えませんよね~~。
だから、全然大丈夫です。と言ってしまう。。。
周りもそうなのかと思っていましたが、そうではないようですね。

普通に大丈夫なときに、「全然大丈夫です」っていうんですか???
周囲と自分のギャップに苦しくなってしまいますね。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「OKです」の丁寧語を教えてください

ビジネスメールで、「○○はその内容でOKです」又は「○○はその内容で大丈夫です」
という様なことを言いたいとき、どちらもくだけた言い方だと思いますので丁寧な方法で表現できる良い言葉がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

OK=問題ございません で結構代用が利くのではないでしょうか。

販売企画の内容は、その内容で問題ございません。
出張の請求については、その内容で問題ございません。
弊社へのご請求は、その内容で問題ございません。

結構通じるように思うのですが、いかがでしょうか?

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Qこちらこそ、とつけるかつけないか

あまり面識のない方(年上)からメールを頂きまして、返答に悩んでいます。

まず『また宜しくお願いします』と言われましたが、これに対して
『こちらこそ、宜しくお願い致します』と言っても大丈夫でしょうか?
こちらこそと言うのが気安い感じがするのですが…

もうひとつ、ビジネスメールではなく個人メールでは『こんにちは』以外に何かいい挨拶の文章はないでしょうか?

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

チャットのように交互にリアルタイムにやりとりするなら、
「また宜しくお願いします」に対して即座に「こちらこそ、宜しくお願い致します」で良いと思います。この場合は電話や直接会って話をしている感じになるからです。
ただ、普通のメールなら、引用でもしない限り「こちらこそ」はいらないと思います。
普通にメールを書いて、最後に「宜しくお願いいたします」だけで良いんじゃないでしょうか特にビジネスメールなら。

>個人メールでは『こんにちは』以外に

「こんにちは」だけで良いんじゃないですか。
メールに時候の挨拶を付けるのも変だし(基本的にメールは用件を手短に伝えるものだと思っていますから)突然用件というのも変ですから、はがきに書く感覚でいいと思いますよ。前略のかわりと思えば。

私の場合は
こんにちは。○○です。
から、必ず始まります。(署名と一緒にテンプレートに入っています。)

参考までに。

Qお客様からの謝罪メールに対する返信

お客様が送られたメールで私(受信者)の名前に誤りがあり、改めて謝罪メールが届きました。

大切なお客様のため、
・気にしないでください
・わざわざ連絡を下さりありがとうございます
との旨の返信をしたいと思っているのですが、どのような文にすればよいか分かりません。
(“お気になさらないでください”だと、上の立場から言っているような気がして…)

教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご連絡をくださいましてどうも有難うございます。
ご連絡の件につきましては、失礼ながら私も気づきませんでした由、
どうぞお気に留められませんようお願い申し上げます。

ご丁寧なメールをいただき、感じ入っております。
今後ますます、〇〇様のお役に立てるよう頑張って参りたいと存じますので、
なにとぞ宜しくお願いいたします。


とか、でしょうか。
質問者様とお客様の好みにあわせて、アレンジされると良いです。
礼儀正しくしても、質問者様がお客様に良くしてあげたい、という
心情が伝わる文章を考えてくださいね。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q「全然構いません」って正しい日本語なのでしょうか?

「全然構いません」って正しい日本語なのでしょうか?
こう言う感じで使ってます。
「記載されている作品以外でも全然構いません」という文面です。

Aベストアンサー

こんにちは。

まったく正しいです。
「全然構いません」という言葉を使っても全然構いません。

現代では「全然」は、専ら否定文で用いられます。
つまり「まったくそうではない」という意味・使われ方ですね。

「構わない」は「構う」(支障がある)の否定です。
ですから、「全然構いません」は正しいのです。


ちなみに、
かつては肯定文でも使われていました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5931643.html
(私が回答したQ&A)

以上、ご参考になれば。

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。


人気Q&Aランキング