【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

ボクサーのボディー(腹筋)について

ボクシングを見てて何時も思うのですが
ボディーブローが何発入っても、ボディはジワジワ聞いてくる
なぜなら、ボクサーはボディーを鍛えているからであるとのこと。

しかし、実際は鍛えた腹筋でも不意打ちでボディーブローされれば悶絶しますよね?
逆に下っ腹に力を入れて受ければ耐えられると思います。

つまり、ボクサーは試合中にずっと下っ腹に力を入れてるんですか?
それともパンチを見てから判断して力を入れてるんですか?
(だとしたらフェイントの可能性や見分けが付かない場合など、かえって混乱しませんか?)


素朴な疑問ですが、詳しい方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして、空手とボクシングを若いころやっていました。


私の場合は、心の準備が出来ていると言いますか、
試合なので、殴られるのが前提です。アドレナリンもドバドバ出ていますし。
殴られる時は、視えて無くても来るのが解ります。
力が入っているかは意識したことが無いので解りませんが、私、チキンなのでだいぶ入っていたと思います。不意打ちと言うか、想定外のパンチはやはり私の場合悶絶します。特にカウンターの蹴りが中段決められたら内臓が破裂したんじゃねえかと思う位、激痛が走ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、総合すると「緊張感」「覚悟」が重要であり、さらに肉体の強化度が加わるといったところなんでしょうね。

お礼日時:2010/05/30 22:21

空手道三段です。


表向きの筋肉の内側にインナー・マッスルと呼ばれる筋群があります。
体幹を支える筋肉ですね。
この筋肉は、腕の筋肉や、腹筋とは、異なり、常に、ある程度の緊張状態を保っています。
ボクサーに限らず打撃系全般に言えることですが、この部分の筋群も鍛えあげているんですね。
意識的ではありませんが、常に下っ腹に力を入れている状態というのは、あたらずとも遠からずです。
「腹圧が強い」と、表現されることもあります。
余程、油断していない限り、ボディーを一発くらったぐらいでは、悶絶することはありません。
わたしも、不意打ちで、中段突きを思い切りくらっても、へっちゃらです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>インナー・マッスル

確か瞬発力系の筋肉でしたっけ?

>常に下っ腹に力を入れている状態というのは、あたらずとも遠からずです。

常に緊張状態で臨戦態勢って意味でですよね?
常にグッ!と腹筋に力を入れているわけではいと?

>余程、油断していない限り、ボディーを一発くらったぐらいでは、悶絶することはありません。

いきなりボディーブローを貰えば内臓に響くと思うのですが、経験でやせ我慢できるってことなんでしょうか?初体験なら悶絶する痛みでもボクサーなど常に食らってる人は慣れてくるということでしょうか?

お礼日時:2010/05/20 12:53

ボクシングに限らずに、格闘全般に言えるのですが、


試合する前に、選手の多くは試合に向けて精神を高揚させる
事があります(させない人も居ますが)、この試合前の高揚で
選手の肉体に程よい緊張をさせ、試合中は常に筋肉がある程度の
力が入った状態になっています。

高揚させた肉体は、常に感覚が研ぎ澄まされており、通常の触感を
超える感覚状態にあるので、パンチなどが腹部に触った瞬間に、
威力が内蔵などに届く前に筋肉を収縮させて威力を防ぎます。

この様な感覚と状態の維持を常に練習などで身に着けておくと、
試合中に常に高揚していれば、強靭な肉体の防御力が常に作動して
居る事になると言う事です。

時に、他の人がそんな事は出来ないとか言う人が居ますが、
格闘の練習は強くなる事ではなく、常に強靭な肉体の防御力を維持させる
事が練習の意義であり、練習で防御力が増して、強さが大きくなると言う事なのです。

因みに、以前に自分もボクシングをしており、格闘なども趣味で行って居ましたが、
練習の殆どは基本練習でしたし、強靭=攻撃力と言う思想とかでは試合には
勝てないと教わったものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

えーと、、つまりパンチを受けた瞬間に力を入れて耐えてるってことですか?
常に力を入れながら動いてるわけじゃないんですか?

お礼日時:2010/05/20 02:07

腹筋は鍛えても腎臓、肝臓(内臓など)への衝撃は避けられません。


じわじわくる炎症による痛みは避けられません。

不意打ちをくらえば勿論痛いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは知ってます。

それで、、、結局は常に力入れてるんですか?

お礼日時:2010/05/20 02:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボクシング ボディの鍛え方

ボクシングを始める予定のものですが、

ボクシングでボディブローをくらっても

効いてはいると思うけど動じない人いますよね??

そんなボクシング用の打たれ強いボディにしたいです。

ボクシング選手の練習として、メディシンボールを

腹に落とすトレーニングありますよね?

あれって実際筋力がつくわけじゃなく、

筋持久力の問題らしいです。

僕が教えてほしいのは、下腹と横腹の鍛え方を

教えてほしいです。

強いボディをつくりたいです!!

回答よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

打たれ慣れの要素は、さらに二つに分けて考察できます。

ひとつは純粋に打たれることについて慣れるという「耐性」の問題です。

前にトライアスロンの選手の話をしたように、人間の鍛錬って言うのは、その「専門性」によって極度に違いが生じます。
あの全日本9連覇、引退前に203連勝し、オリンピックでは「畳の目につまずいて転びでもしない限り負けない」とまでいわれ見事金メダルをとった柔道の山下選手でさえ、出稽古に相撲の稽古に参加した際には大学の相撲部選手にも勝てなかったそうです。

ボディの強さにしても、基本的な腹筋の強さは当然の前提であっても、やはり打たれることに対しての強さを追求するには、腹筋の単純な強さだけでなく、やはり純粋に打たれることへの「慣れ」が必要となります。

一般的にされるトレーニングとしては、実際にパンチで打ったり、メディシン・ボールでの訓練。
そのほかには腹の上に立ってもらうなどの訓練がありますね。

これは特に、腹筋と言うのがどういう状態で打たれると強いのか、どういう状態なら弱いのかに関連します。

同じ強さのパンチが、同じ部位に当たっても、その効き方が異なる結果を生むのには、いくつかの要素が存在します。

1.まず筋肉はその特性として、収縮している状態の方が弛緩している状態より耐性を生みます。
つまりぐっと縮めた状態の方が腹が反った状態よりもパンチに強いのです。

2.そしてボディへのパンチは息を吸っている時よりも、息を吐いている状態の方が耐える力が強くなります。

この2点から分かるとおり、ボディというのはパンチが当たる瞬間に息を吐きながら「ぐっ」と腹を縮めた状態の方が強いということになります。
この動作を「ボディを締め込む」なんて表現することがあります。

そこでボディへの直接打撃をする競技の選手は、パンチが当たる瞬間にボディを「締め込む」動作を、意識的にせよ無意識的にせよしているものなのです。

つまり、さっき話した、腹に乗ってもらうなどの訓練は必然的に腹筋を締め込む動作を兼ねているので有効なわけです。

あともうひとつ。
最後のポイントとして・・・・素人の域を脱し、選手のレベルになってからは結局これが一番大きい要素なのですが・・・・

パンチっていうのは、結局自分が見えているパンチは効かないが、見えてないパンチっていうのはその数倍も威力を増すのです。

つまり普段のスパーリングを通して、相手のパンチへの「対応力」が、そのままパンチへの「耐性」につながるのです。

ここでひとつ面白い実験を教えましょう。
友人と真正面に向かい合って、相手に腹を殴ってもらいます。
強いパンチでなくて構いません。友人とふざけあってボディにパンチを入れる遊びくらいの強さでいいです。

その打たれる瞬間に、1発目では自分の身体を真正面に向けたまま、絶対に動かずにそのパンチを受けて、その衝撃度を記憶しておいてください。
次に友人に、もう一度まるっきり同じ強さのパンチを同じ部位に打ってもらいます。

そして今度は、パンチが当たるまさにその瞬間に、ほんの少し。
そう5°か10°くらいの角度で、瞬間微妙に腹の角度をずらす(身体を回転させる)ということをしてみてください。

おそらくほんの数度の角度が当たる瞬間にズレるだけで、同じパンチであるのに、その衝撃度が格段に減ることに気付くはずです。

そう、パンチっていうのは、真正面からまともにパンチをもらうのと、ほんの少しでもポイントをズラすのでは格段にその威力が変わるのです。

つまりは、パンチが当たる瞬間が見えていて、そのパンチを締め込んだ腹筋でポイントをズラして受けるのと、逆に見えていない状態でゆるんだ腹筋にパンチをまともに貰うのとでは威力が何倍も違うのです。
結局、鍛えられ強くなったボディ自体の強さに加え、スパーリングを重ね上手くなってからは、さらにパンチが効きづらくなるわけです。

以上長くなりましたが、概略に過ぎず、うまく内容が伝わったか危惧しています。

野球やサッカーに比べ、高校生でボクシングをする人間はまだまだ少ないです。
あなたのような若い人が、ボクシングや学問を通じおおいに人間性を高め、これからの日本を背負ってくれることを、私のようなオッサンは期待します。

打たれ慣れの要素は、さらに二つに分けて考察できます。

ひとつは純粋に打たれることについて慣れるという「耐性」の問題です。

前にトライアスロンの選手の話をしたように、人間の鍛錬って言うのは、その「専門性」によって極度に違いが生じます。
あの全日本9連覇、引退前に203連勝し、オリンピックでは「畳の目につまずいて転びでもしない限り負けない」とまでいわれ見事金メダルをとった柔道の山下選手でさえ、出稽古に相撲の稽古に参加した際には大学の相撲部選手にも勝てなかったそうです。

ボデ...続きを読む

Qボクシングでボディブローを打たれたとき

 出来れば、ボクシング関係者、ボクシングをやっている、やっていた人にアドバイスを頂ければ、幸いです。

 ボディブローを打たれたときに、「息を止めるか。息を吐いて腹筋を閉める」とダメージを防ぎやすいかが質問内容です。

 当方、ボクシングを始めて5ヶ月程度で、本格的に頑張っております。
 プロではなく、練習生として地方の個人ジムに通っています。

 スパーリングをやらせてもらっており、よくボディを格上(技術)やトレーナーに食らうと、息が詰まって効いてしまいます。

 トレーナーに相談をした所、腹筋は十分に鍛えられているので、息の使い方だと教えてもらい、トレーナーは、ボディを食らうときに息を止めてダメージを軽減するらしいのです。

 会長からもアドバイスを貰い、会長は、息を吐き(シュット一瞬)ダメージを軽減すると言います。

 で、どちらがいいのかがわからないのです。

 他の練習生に聞いてみても、個人さまざま。

 当方自信、どちらも試して見ましたが、ダメージは同じように感じます。

 腹を踏んでもらったり、メディシンボールで叩いてもらうトレーニングもやっており、結構真剣な悩みなのです。

 どうか、よきアドバイスをお願いします。

 出来れば、ボクシング関係者、ボクシングをやっている、やっていた人にアドバイスを頂ければ、幸いです。

 ボディブローを打たれたときに、「息を止めるか。息を吐いて腹筋を閉める」とダメージを防ぎやすいかが質問内容です。

 当方、ボクシングを始めて5ヶ月程度で、本格的に頑張っております。
 プロではなく、練習生として地方の個人ジムに通っています。

 スパーリングをやらせてもらっており、よくボディを格上(技術)やトレーナーに食らうと、息が詰まって効いてしまいます。

 トレ...続きを読む

Aベストアンサー

自分はボクシングの経験は有りませんが、フルコンタクトの空手をやっています。
仰る通り、ボディへのパンチは効きますね~。しかも、半端な苦しさではない。
息を吸っているときに受けたパンチは、かなり効きます。
出来る事なら、防御力の向上が望ましいですが、100のパンチを全て防御するのは不可能です。
で、自分の経験ですが、どちらも正しいと思います。
自分はどちらの方法も使用しており、時と場合で使い分けています。
連打を受けている場合で呼吸が必要な場合は、息を吐きます。
また、強烈なボディへの一撃でここ一番の場合は、息を止めています。
しかし、全ての攻撃に対応するのは、難しいです。
後は慣れと根性だと思います。例え肋骨を骨折しようが、吐くほど苦しくても、顔に出さず攻撃するしかないと思います。
結局は、精神論になってしまいますが、大切なことだと思いますよ!
貴方も10日前より耐えれるようになっている自分を、感じているのではないですか?
一度、強烈なパンチを経験すれば、それ以下のパンチに対しては耐えれるようになります。それは、経験であり慣れであり、あのパンチより弱いから大丈夫だと思う気持ちです。
進む道は違えど、一緒に頑張りましょう!

自分はボクシングの経験は有りませんが、フルコンタクトの空手をやっています。
仰る通り、ボディへのパンチは効きますね~。しかも、半端な苦しさではない。
息を吸っているときに受けたパンチは、かなり効きます。
出来る事なら、防御力の向上が望ましいですが、100のパンチを全て防御するのは不可能です。
で、自分の経験ですが、どちらも正しいと思います。
自分はどちらの方法も使用しており、時と場合で使い分けています。
連打を受けている場合で呼吸が必要な場合は、息を吐きます。
また、強烈なボ...続きを読む

Q空手を始めて1か月ですが鳩尾(みぞおち)や腹筋部分が打たれ弱く悩んでい

空手を始めて1か月ですが鳩尾(みぞおち)や腹筋部分が打たれ弱く悩んでいます。
空手を習う前から筋トレはたまに行っていましたが腹部にパンチを受けると息が詰まるような感じになってしまいます。
そのためどちらか一方の手は常に腹部周辺をガードしているようになってしまいます。
どのようにして打たれ強くなればいいのでしょうか?

トレーニング方法や回数を教えてください。
年齢は34歳で格闘技経験はありません。

Aベストアンサー

腹筋を鍛えるのが基本でできれば100回3セットくらいは毎日やりたいですね。自分は現役の頃は
100回10セット毎日やっていました。慣れれば腹斜筋(45度)や腹側筋(真横)もやりましょう。
慣れないうちは同僚などに軽く叩いてもらったり、メディシングボールがなければバスケットボールでも
落としてもらったり、踵で踏んでもらうといいです。ただ、最初は腹筋を十分鍛えてからやらないと
苦しくて嫌になるのでまず腹筋を十分鍛えましょう。普通の腹筋の他、足を上にあげて前後左右にやると
腹筋の下から横も鍛えられるし変化を与えることで飽きないのといろんな部分の腹筋を鍛えた方が効率がいです。ただ、腹筋は息を吸っている時に一瞬力を抜いた時に入ると鍛えていても効きます。逆に自分が
攻める時もタイミングが合えば効くと思ってください。ただし、熟練者は効いても効かないふりをしたり
(笑ったり)します。全日本チャンピオンでも寝ている時に打たれたら小学生のパンチでも効きます。
腹筋をやったら背筋もやるようにバランスを取るようにしましょう。体幹部を鍛えるのは他のスポーツでも基本ですから最初は20回くらいの少ない回数で2,3セットからでもいいので楽しく継続してできるように頑張ってください。もし、毎日がきつければ週3,4回でもいいですが、腹筋が苦しいのは自分なのでなるべく頻繁にやった方がその分早く自分が楽になります。格闘技ではとにかく効いても効かないふりをするのが基本です。弱みを見せたら徹底的にそこを攻められます。でも逆に腹筋に自信をもったら
効かないのに効いた振りをして誘い下突きかミドルキックに合わせてハイキックやパンチでカウンターを狙って倒す手もあります。今は腹が効いてしまい、ガードを完全に腹を守っていることで弱いのがばればれですから非常に危険な状態です。腹を効かせてハイキックで倒されます。でも初心者にそんなことをする人がいたらその人も大したことはないので頑張れば絶対に勝てますよ。いじめをする奴に強い人はいないというのは自分の人生経験からは間違いありません。意地悪な先輩でKOできない人はいませんでしたから。まずは自分が強くなり初心者の苦しさを忘れずに後輩にとってよき先輩になってくれたら嬉しいです。

腹筋を鍛えるのが基本でできれば100回3セットくらいは毎日やりたいですね。自分は現役の頃は
100回10セット毎日やっていました。慣れれば腹斜筋(45度)や腹側筋(真横)もやりましょう。
慣れないうちは同僚などに軽く叩いてもらったり、メディシングボールがなければバスケットボールでも
落としてもらったり、踵で踏んでもらうといいです。ただ、最初は腹筋を十分鍛えてからやらないと
苦しくて嫌になるのでまず腹筋を十分鍛えましょう。普通の腹筋の他、足を上にあげて前後左右にやると
腹筋の下か...続きを読む

Qボクシング 肩の力 抜き方

ミット打ちやサンドバッグ打ちの際どうしても肩に力が入っているようです。
意識しても力を抜こうとしても、どのとき肩に力が入っていて、入っていないとか、自分でも分からなくなります。
どうやったら肩の力が抜けるのでしょうか??

Aベストアンサー

あなたは何年やっていますか?
まだ3年以内ならそのままやっていれば少しずつわかってきます。
サンドバッグはガンガン殴りまくればいいですよ。
3年くらいは中々パンチが思うようになんて打てないですよ。

あと色んなボクサーの試合を見ましょう。
WOWOWで毎週やってますよ。
Youtubeでもいいですよ。

Qスパーリングで骨折しました

格闘技初心者(経験1ケ月半)です。

二日前に格闘技経験者(キックボクシング約4年)とヘッドギア無しの
顔面有りでスパーリングをしました。

相手してもらった経験者は私が初心者であると知っているにも関わらず
強く打ってくるので、怪我をしたくないと思い一緒に練習する事を避けてきたのですが、
二日前は流れで仕方無くスパーリングする事となりました。

先輩達もついている事と先輩たちが僕に対しては、マスボクシング(寸止め)で
相手してくれておりましたので、大丈夫だろうと安易な考えで相手してもらったところ、
その考えもむなしく、相手の方はほぼ全力に近い形でパンチを顔とおなかに打ってきました。
当然、初心者の私はかわす事も出来ずにパンチは殆ど被弾しました。
3分間は人間サンドバック状態で私としては、全く練習になりませんでした。
そして私はろっ骨を骨折しました。
全治1ケ月で家事するのも寝るのもとても苦しいです。

相手の方の練習の誘いもずっと断ってきたせいか、
怒りの感情も入れて打ってきているように感じました。

そこで格闘技経験者、格闘技未経験者の客観的な意見をお伺いしたいのですが、
格闘技経験者が初心者に対して強い打撃でスパーリングを行うのは
常識的な事だと思いますか。
物凄い格闘技センスが有る初心者の場合は本格的なスパーリングを
行っても問題無いと私は考えていますが、
私の格闘技センスは下の中くらいだと思っています。

もし、非常識な行為であれば
私と同じような初心者が後をたたないと思いますので、
相手に注意をしないといけないかと思いますが、
どのように注意したらよいと思うでしょうか。

相手の方は30代で性格は典型的なB型です。
自分の練習には付き合わせる(ミット持ちなど)のに
人の練習には付き合ってくれませんし、
実年齢よりも少し精神的に幼い方です。

今回、怪我したのは非常に残念ですが、
相手が初心者でもお構いなしに強く打ってくると知ってて
相手してもらった私が悪いと思っています。
ジムの責任者や先輩方は巻き込まず出来るだけ穏便に済ませたいと
考えておりますので、アドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いします。

格闘技初心者(経験1ケ月半)です。

二日前に格闘技経験者(キックボクシング約4年)とヘッドギア無しの
顔面有りでスパーリングをしました。

相手してもらった経験者は私が初心者であると知っているにも関わらず
強く打ってくるので、怪我をしたくないと思い一緒に練習する事を避けてきたのですが、
二日前は流れで仕方無くスパーリングする事となりました。

先輩達もついている事と先輩たちが僕に対しては、マスボクシング(寸止め)で
相手してくれておりましたので、大丈夫だろうと安易な考えで相手してもらった...続きを読む

Aベストアンサー

スパーリングの前に「マススパーでお願いします」とかは言わなかったですか?
「相手の為を思って強めに打撃を加える親心」というのはありますが、飽くまでケガをしない程度にやります。脳が損傷する恐れのある顔面や骨折の恐れがある肋骨等は普通の感覚の持ち主なら空気を読んで威力を調節する筈です。
その相手は自分の稽古だけしか頭になく後輩を育てるといったような概念が無いのではと感じます。
良くも悪くもジム系の特徴ですので、君子危うきに近寄らずです。
自分の為にならないと思ったら相手をしない、実際に質問者さんはそのようにされていたと思いますが、避けられない場合は初心者なのでマスでお願いしたい旨を伝えるしかないです。
そこまでやってケガをさせるような人間はどのみち孤立します。
腹も立とうとは思いますが、とりあえずスポーツ保険に入っていれば通院費や手術費は保険で返ってきますので、初診から最後の受診まで領収書を全てコピーで取っておくことを忘れないで下さい。


人気Q&Aランキング