細かい質問で申し訳ないのですが、潜水艦で使用するデコイと魚雷に
ついて質問があります。

デコイはスクリューを追尾するという魚雷の性質を利用して、こ
れから自艦を守るために同じくスクリュー音をはなちかく乱する
魚雷みたいなものと理解しています。(間違ってたらごめんなさい)

このとき、デコイを放った自艦(魚雷のターゲットになっている艦)
は、その射出とともに自分のスクリューをやはり止めるのでしょうか?
回避運動は惰性だけなのでしょうか?
それとも、スクリューは回しつづけているのでしょうか?

もう一つ、魚雷が追尾するスクリュー音というのは、単なる音レベル
のものなのでしょうか、それとも固有の音紋レベルまで詳しく解析し
ているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

気泡や単なる音を出すのはノイズメーカーというものでこの場合多くはスクリューを動かしたまま転舵します。

自艦の音紋を録音しているのがデコイです。この場合多くはスクリューを止めます。ついでにホーミング魚雷といってもアクティブホーミングとパッシブホーミングがあります。通常は命中率のいいアクティブホーミングを使用します。アクティブホーミングとは音を追跡するもので、パッシブホーミングは指定された目標位置まで行ってからアクティブホーミングに切り替えます。
あと有線誘導方式の魚雷もありまして有線のため距離は短くなりますが方向や深度を調整できます。回避方法はできるだけ急激にもぐる事です。深く潜ればいいというわけではなく急にもぐるんです。もうひとつ敵がこっちの場所がわからないようにポリマー(艦の周りに空気の泡を出して音の伝わるのを防ぐ)をだして何とか逃げるしかありません。後先ほども行ったように距離が短いので全速で遠くに逃げる
ぐらいです。
    • good
    • 1

魚雷は、音紋追尾設定と時限設定が出来ます。


デコイを使う場合、音紋追尾(ホーミング)設定に対して有効です、ホーミングは、魚雷の性能によりますが、各艦固有の船体の傷等から出る(主にスクリューの製造過程での個体差音)音を便りに追尾します、ですから、デコイは自艦の音を出しながら射出され、それに追尾させるわけです、発射後の操艦ですが、知る限りでは、スクリューの回転を止めて転舵するようです、これは、ホーミングタイプではない、時限設定(あらかじめ進路や起爆地点を設定して発射するタイプ)の魚雷だった場合、そのまま直進しての直撃または、近接信管による被害を避ける為です。それと最近の潜水艦は高速な為、惰性といってもかなりの推進力がありますし、水中での抵抗は恐ろしく低いので、十分回避できます。ロシア等の潜水艦は、アクラ級などを中心に艦隊行動をとりますので、音紋入力しないと、友軍の艦やへたすると自艦に向かってくることも考えられるので、あらかじめ設定した音紋を見失うと自爆します。アメリカや日本の潜水艦の行動パターンは、極秘ですが、日本の潜水艦は、ディーゼル機関な為、単艦での待ち伏せ攻撃(エンジンを止めて海峡などの要所で待つ)魚雷も無音スイムアウトして、自艦の位置を一切悟られず、相手を瞬殺するようです、アメリカは、昔は、2艦のペアーでの行動が多かったですが、最近の運用は単艦行動のようです、原潜ですので、スクリューを止めてもある程度音が出ますので、その分、デコイや気泡を使った撹乱などいろいろ用意されているようです。北朝鮮や中国などは、キロ級等の小型艦が多く、魚雷も旧式なものが多いので音紋追尾するタイプなのか不明です。単純な音響追尾かもしれません、なんせUボートの設計図のまんまなんて船も現役ですからねぇ。
    • good
    • 0

おそらくの域を出ないのですが、デコイって気泡を出しながら沈降するのでは。

この気泡により、魚雷が潜水艦のキャビテーションノイズを見失ってデコイへと方向を変えるものと思います。
これは、映画「クリムゾンタイド」や「レッドオクトーバーを追え」でも使われています。
また、魚雷がデコイに命中した場合でも、衝撃波が来ますので、少しでもデコイからはなれる必要があります。
デコイを発射した後にプロペラを停止させると惰性で船は進みます。
そうなると方向転換ができなくなります。たとえ方向舵や水平舵の向きを変えても直進します。
真後ろから魚雷がきた場合、そのまま命中することになるでしょうし、デコイに命中した時の衝撃波から逃れるため、デコイを発射した後でもプロペラを回して推力を保ち、上下左右の方向転換、更にメインタンクの注水または排水によって魚雷を回避すると思います。
    • good
    • 1

うろ覚えで申し訳ありませんが、確かデコイを射出後、エンジン停止をしたと思います。

 また、デコイの出す音は本体の潜水艦の音の録音したものだったと記憶しています。 よって音紋も一緒だと思います。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスクエアグリップとフックグリップの球筋について

スクエアグリップとフックグリップについてです。

ゴルフの参考書などを見るとスクエアグリップはフェード、フックグリップはフックを打ちやすくするためのグリップと大体書いています。

しかし一部の参考書にはスクエアグリップはフック、フックグリップはフェードを打ちやすくするためのグリップと全く逆のことが載っています。

結局どちらを信じればよいでしょうか?

Aベストアンサー

ゴルフの雑誌や参考書はけっこう適当なこと(著者の感性や経験から)書かれていたりします。

それだけゴルフとはいまだに理論よりも経験が先行するスポーツなんですよね。

ですから自分の合うものを拾うようにしたほうがいいでしょう。

同じ腕の使い方であれば、フックグリップのほうがフックします。

ヘッドがより返っている状態なので、これは当たり前のこと。

ではなぜ参考書によって書かれていることが違うかというと(あくまで私の憶測と経験から述べますが)、

スクエアグリップと、フックグリップでは腕の使い方が変わってくる。

ストレートボールを打つためにはフックグリップのほうがローテーションやリストターンを抑えなければならない。

上級者はヘッドを返さないイメージを強く持つため、結果フェード系を求めることになり、

逆に初級者はヘッドを返すことができないため、フックグリップでドローを求める。

ついでに言いますと私の場合、フックグリップでドローを打つと、

いやな感じの球筋になります。

スクエアグリップでフェード打つと、弱弱しい感じになることが多いです。

フックグリップでフェードを打つといわゆるパワーフェード的な感じになります。

ゴルフの雑誌や参考書はけっこう適当なこと(著者の感性や経験から)書かれていたりします。

それだけゴルフとはいまだに理論よりも経験が先行するスポーツなんですよね。

ですから自分の合うものを拾うようにしたほうがいいでしょう。

同じ腕の使い方であれば、フックグリップのほうがフックします。

ヘッドがより返っている状態なので、これは当たり前のこと。

ではなぜ参考書によって書かれていることが違うかというと(あくまで私の憶測と経験から述べますが)、

スクエアグリップと、フッ...続きを読む

Q潜水艦&魚雷

沈黙の艦隊を読んで疑問が生まれました。
潜水艦(非原子力潜水艦)&魚雷にかんして質問です。
潜水艦と魚雷の推進力はどうやって得てるのでしょう?
非原子力潜水艦ということは、ディーゼル式潜水艦になると思うのですが
燃料を燃焼する際に必要な酸素はどうやって得るのですか?
また、燃焼したときに発生する二酸化炭素とかは、どの様に排出するのでしょうか?(敵に見つからないように)
また、魚雷も敵艦に命中させるには、それなりの推進力が必要だと思うのですが?
なにぶん、水中なので燃焼するための三原則の酸素が十分に無いと思うのですが
知識のある方は教えてください。

Aベストアンサー

片言の知識しかないのですが・・・
魚雷も潜水艦もスクリューで推進力を得ます。そのスクリューの駆動方法ですが、ディーゼル潜水艦では、潜水航行中はバッテリーとモーターです。
水上航行の時にディーゼルエンジンを動かします。そして同時にモーターをエンジンで回して発電し(或いは発電機を備えてる場合もある)バッテリーを充電します。
ですから、潜ったままそうそういつまでもいることはできません。原潜がないときは、これが潜水艦の最大の欠点でした。水上航行中はシュノーケルから空気を取り入れ、排気口から排気ガスを出します。

次に魚雷ですが、第二次大戦中頃までは魚雷はガソリンエンジンなどで動かしました。空気は魚雷の中に空気ボンベを積んでおき、魚雷の走れる距離(航続距離)はほとんどこれで決まってました。また、排気はスクリュー側のスピンナー(羽の付け根の三角のところ)から海中に出していました。
空気を使ったので、水に溶けない窒素などは泡となって海面まで上昇し、魚雷の航跡を残してしまいます。この空気の変わりに酸素を使えば航続距離は伸び、エンジン出力が大きくなるので、爆薬も沢山積めて破壊力もアップできます。しかも、排気ガスが二酸化炭素と水蒸気だけになるので、海面まで泡が到達するまでにほとんど海水に溶けてしまい、船の上から見ることができなくなります。
この研究は世界中でやられていたのですが、爆発事故(あのクルスクを沈めたのではないかと言われてる事故ですね)が多発し、日本を除く全ての国で開発を断念しました。大戦中唯一日本で実用化された酸素魚雷は、航跡を残さず、世界一の航続距離と破壊力を持つ高性能魚雷でした。
大戦中、アメリカで作られた電動魚雷というのもあります。バッテリーとモーターで推進するものですが、出力がエンジンより劣り、バッテリーが結構重いので爆薬の量が少なかったそうです。でも航跡を残さないので随分活躍したそうです。

現在も基本的な推進方法は変わってないようです。ただ、魚雷自体が大きくなり、エンジンやモーター、バッテリーも小型軽量化したので、性能は随分向上したそうです。

片言の知識しかないのですが・・・
魚雷も潜水艦もスクリューで推進力を得ます。そのスクリューの駆動方法ですが、ディーゼル潜水艦では、潜水航行中はバッテリーとモーターです。
水上航行の時にディーゼルエンジンを動かします。そして同時にモーターをエンジンで回して発電し(或いは発電機を備えてる場合もある)バッテリーを充電します。
ですから、潜ったままそうそういつまでもいることはできません。原潜がないときは、これが潜水艦の最大の欠点でした。水上航行中はシュノーケルから空気を取り入れ、...続きを読む

Qメガバス スクリームXのフック交換

メガバス スクリームXでフック交換した方にお尋ねします。

メガバス スクリームXを衝動買いしました。普通のルアーはフックと本体の間にリングがあって、フック交換するときには、リングから古いフックを外して、新しいのに付け替えます。

しかし、メガバス スクリームXは、フックが本体に直接附いて、リングがありません。本体とフックをつけている小さいネジがありますが、ネジを外して交換するのでしょうか。ネジを外したりすると壊れそうで恐いです。

ルアーは使用すれば、どんなに手入れをしても、フックが錆びてフック交換は必ず発生します。フック交換が出来ないと使えないので、ぜひともご回答をお願いします。

Aベストアンサー

先輩からプレゼントとしてもらって数度しか使ったこと無かったのですが、
言われる通りウッドプラグによくあるヒートンですね。
時計と逆回転に回せばヒートン毎抜けますのでペンチで摘んで先端を捻るようにして隙間を作って外して下さい。
ヒートンが真っ直ぐ戻らい又は締め込んでもネジが効き難い場合アフターパーツに交換すると良いです。
http://item.rakuten.co.jp/backlash/10002807/
長さや太さが色々あるので心配ありません。
もし心配なのであればリングを接続してフック交換をすると良いと思います。
スクリームXはロングシャンクでしたので通常のフックを選ぶと良いかと思います。

フックのみではなくカップや破損したペラ等の交換の際にも外す事があります。

Q世界史と国語らいねんは自学習で早慶レベルまで上がりますか?

医学部志望の2浪です。
最近自分を見つめなおして医学と同じぐらい興味のあった法学の道も進みたいと思ってます。
自学習で世界史と国語の成績は上がりますか?
もちろん医学部のこともあり受けれるかわかりません…どちらもと言ってどちらも得られない可能性大なので。両方とも超難関なので進路も迷ってます。
僕は英語、数学(IIIC除く)化学、政経、古文漢文は得意ですが現代文と物理はかなり苦手です。
世界史は高校1年でしか授業でやらなかったという中途半端なものですが一番得意の科目で、暗記は得意だと思います。国語はセンターなら古漢は満点は取れますが現代文は6割ぐらいです…
なぜ早慶なのかと言えば、2浪なので親は早慶上智以外は受けないでと言われ、浪人さしてもらってる身の上逆らえなくまた気持ちも分かるからです。
浪人はきつく来年で終わらしたいです。法学はセンター利用と言う手もありますが、なにせ超高得点取らなくてはいけないため、一般入試も考えてると言うわけです.
参考に今年のセンターは88%で旧帝の医学部受験でした。

Aベストアンサー

 苦手科目は予備校に通う事が基本。
現代文であれば、代々木ゼミナールの笹井厚志先生の読解方法をオススメします。
 世界史は自習で十分だと思いますが、一年間で早慶レベルは難しいと思います。
 何故なら、早慶は知識問題が殆どです。

 法学部を受験するのか、医学部を受験するのかを定めて、勉強しましょう。
 後、大学の授業は何処も同じです(学生の志が違うだけ)。

 質問者の内容を見ていると、矛盾しますね。
医学部受験から逃げているのでは?と感じました。

Q主筋のフックは必要?

木造2階建てにおける基礎の主筋のフックなしは大丈夫でしょうか?
今回施工してもらう基礎屋さんは上下の緊結はフックなしで結束線による結束とのことです。
調べた限りだとフックありか、ユニット鉄筋がベストだと思いますが、運用上フックなしの配筋も多いと聞きます。
実情はフックなしも多いのでしょうか?

住宅金融支援機構、長期優良住宅ではフックの規定はないと思います。
木造2階建てであればフックなしであっても法律、基準等に違反するわけではないと聞きますが、強度的には問題ないのでしょうか?
その際の根拠、計算式等はどこかにあるのでしょうか?
(計算式を示されても計算できないと思いますが(苦笑)

フックありなしより、スパンとかコンクリート強度や施工精度の方が大切なのはわかりますが、少し興味があるので質問させていただきました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>フックがない場合はQ=b・j・α・fsでしょうか?
そうです。

>これで設計用せん断耐力を満たしていればOKでしょうか?
>木造2階程度であれば、コンクリートの断面積だけで足りてしまうと言う話も聞きます。
もちろん、建物の形状その他荷重のかかり方などによっても違うでしょう。
が、一般的な普通の偏りのない2階建の場合コンクリート断面で満足しているようですが・・・・。
よかったですね。(笑)

>最終的には設計者が計算をするか、安全をみてフックを付ける。ということでしょうか?
う~ん、ほとんど私の周りでは最近フック無し、なんて見ないのですが・・・・。

>うちでお願いしている基礎屋さんはフック付きなんてしたことがないと言ってます(苦笑)
木造の基礎、やったことがないのか、だいぶん安く請けたか・・・、
そのあたりでは・・・・。(笑)

Q魚雷について

魚雷について
最近韓国の哨戒艇が魚雷で沈んだということが話題になっていますが、
魚雷について、疑問な点があります。
昔の戦艦は、同クラスの戦艦の主砲でも打ちぬけない装甲を持つように設計されていたと聞いています。
主砲は1トンクラスの弾丸がマッハのスピードで当たります。
その威力で打ち抜けない装甲が、1.5トンくらいあるにせよせいぜい40ノットくらいのスピードの魚雷で打ち抜かれるとは、思えません。
なぜ、スピードの遅い魚雷で装甲を打ち抜けたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

> 昔の戦艦は、同クラスの戦艦の主砲でも打ちぬけない装甲を持つよう
> に設計されていたと聞いています。
> なぜ、スピードの遅い魚雷で装甲を打ち抜けたのでしょうか?

えっと、"昔の戦艦"ってことですが、あんまり大昔の話は解らないんで、
(^^ゞ WWII当時の魚雷や戦艦、という前提にて回答いたします。

で、答えは「流石にWWII当時の戦艦クラスのフネには、魚雷でもそう
簡単には、その装甲は打ち抜けないでしょう」と、なりましょうか。

空気中で爆発する爆弾とは違い、魚雷(機雷)は、水中で爆発しますの
で、装甲を打ち抜く源はその爆発による衝撃波(圧力波)のみ、となり
ます。(破片効果とかは ほとんど期待できません)
これは今も昔も変わりません。

ただ、WWII当時の魚雷は"触発信管"方式がほとんどでしたので、発射後、
水上艦艇の喫水下の主に舷側外装に接触し、そこではじめて起爆する、
というシーケンスであったと思われます。

その衝撃波により強烈な力が外装に加わり、その装甲版に一時的に"たわ
み、歪み"が生じます。
その歪みが小さいうちはまだしも、度重なる被雷により、その範囲が大
きく広範囲になってきた場合には、必ずどこかに"破口"が生じ、そこ
から"浸水"が始まります。
当然水中ですから圧力は常時かかっていますし、ましてや戦闘行動中で
高速に機動している場合は尚のことその被害が大きくなりがちです。

さて、戦艦の場合は、船体喫水下の外装の外側にさらにバルジという出っ
張り部分を設けたり、船体内の水密区画を細かく仕切ったりと、いわゆる
"水中防御"が他のフネに比べて、かなりしっかりと作っているのが特長
です。従って前述のような浸水にも(他のフネに比べると)はるかに耐性
が高いとはいうものの、流石にフネ全体を均一に防御するまでには至らず
(あまり全体にわたってやり過ぎると、とてつもなく"クソ重たい"フネに
なってしまうので・・・)
艦の機関や戦闘を司る重要部(バイタルパート)以外では、どうしても
防御力の弱い部分が生まれてしまいます。

はじめは その"弱い"部分から浸水が始まり、暫くはなんとか耐えている
ものの、そのうち他の攻撃(爆撃など)により、艦の各部に衝撃が加わり
はじめると、前述のような たわみ、歪みが 重要部にも浸食しだし、ある
時点でそれが破綻すると、重要区画への浸水が一挙に進み、艦の運命が
決まってしまうのでは、と思われます。

WWII当時の戦艦などの大型艦は、このような経緯で撃沈に至るケースが
多いかったのではないでしょうか。

こんにちは

> 昔の戦艦は、同クラスの戦艦の主砲でも打ちぬけない装甲を持つよう
> に設計されていたと聞いています。
> なぜ、スピードの遅い魚雷で装甲を打ち抜けたのでしょうか?

えっと、"昔の戦艦"ってことですが、あんまり大昔の話は解らないんで、
(^^ゞ WWII当時の魚雷や戦艦、という前提にて回答いたします。

で、答えは「流石にWWII当時の戦艦クラスのフネには、魚雷でもそう
簡単には、その装甲は打ち抜けないでしょう」と、なりましょうか。

空気中で爆発する爆弾とは違い、魚雷(機雷)は、水中...続きを読む

Qアサシンクリード・リベレーション フックブレード

アサシンクリード・リベレーションのフックブレードにつて

フックブレードを入手、装備後も過去作のようにダブルアエアサシンとかキルストリークきめてる動画がありますが、先がフック状になってるのに突き刺したり切り裂いたり出来るのはおかしくないでしょうか?

フックブレードは下にアサシンブレードも付いてるよ的な代物なのでしょうか?
2枚刃的な?

R2で切り替えるんですかね?

Aベストアンサー

UBIの公式ページで無料配布されている壁紙を添付します。

エツィオの右手フックブレードに注目してください。フックより先端にさらにブレードが見えます。この絵からフック部分が沈み込む構造になっていると推測できます。私も詳しくは知らないのであとはゲーム内で確認するつもりです。
フックと隠し刃の切り替え操作はないはずです。基本的にフックはサブアームボタン(前作までのつかむ)に対応しており戦闘では敵を屈ませてその上を転がって背後を取るという動きが出来ます。暗殺時やエクスキューション時に自動的に隠し刃として使用されるものだと思います。

壁紙は公式サイトにもっと大きなサイズもありますので見づらければそちらで確認してくだい。

Q自業自得・・・なぜ自業自損じやないのか?

自業自得・・自分の行いの結果が、自分に返ってくる
という意味ですが、悪い場合にのみ使いますよね?

なのに、なぜ「得」という字を用いているのでしょうか?

なにか、深い意味合いがあるのかと思うのですか
どなたかご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

仏教用語です。

業とは善業、悪行というように人間の行いの事です。

得とは、儲けの意味もありますが、第一義は手に入れる、自分のものとするという事です。

従って仏法の説くところは『あなた方が日常行う良い事も悪い事も、最後は自分に返ってくるので、善を積むようにしなさい』ということでしょう。それを強調するために善い行いの時よりも悪い行いの時に説教することが多いので、一般には
悪の報いという使い方がポピュラーになったのだと思われます。

Qワームフックの対応サイズ

ワームフックの対応サイズ
について、人目見てサっとわかるような対応表はないでしょうか?
ワームフックを買うとどうしても実際に必要な大きさよりも大き目を買ってしまいます。
ワームとフックを同じ店で見比べて買わないというのも原因のひとつなんですが、
どうしても大量の釣り針が陳列されている棚を見ると大きな針も実際よりも小さく見えてしまいます。
(大きな店で大型テレビを買って家に着いたら思ったより大きかったような感じです)
ジグヘッドなどならシンカーの重さとタックルバランスとで帰るので、困らないんですが、
オフセットフックなどノーシンカー針はどうしても見た目と大きさが一致しません。
親切な店やメーカーなどは「このワームにはこの大きさの針」というように分類してくれていますが・・・・
フックだけ買うのに釣具店員に聞くのも面倒です。
何か簡単にこの大きさにはこの針というような対応表みたいなものや皆さんの経験でこれにはこれがいい
見たいな物ありませんでしょうか?

Aベストアンサー

私は、フックをワームコーナーに持っていって、合わせてみてから買っています
ワームの幅とシャンクのバランス等もありますので、知っている組合せ以外は、
必ずセット(袋の上で重ねる)して見てから買っています


残念ながら、色々なメーカーのフックとワームを対応させたような表は無いと思います
お店の判断で「一般的な」表を作っている所はありますが・・
実はこれも問題で、
以前、田辺プロが言っていて、実際その通りだったのですが
オフセットフック使用時、バイトがあるのに、フッキングが悪い場合、
フックサイズを一つ「小さくする」と、フッキングがよくなる事があります
「大きく」すれば、よく掛かりそうなもんですが、逆なんですね

細かい事を言うようですが、
厳密には、その日の魚の状態によってワームに合うフックの大きさは変わってくるという事です
ファインワイヤーかそうでないかでも、バスの喰い方が違ってくるでしょう
なので、自分で実際に魚を釣ってみて、自分のスタイルに合うフックを探していくのが一番かと。

Q射出、回転成型の特徴

「射出成型の短所としてテーパー角が必要。
 回転成型の長所として逆テーパーでも可。」

というこの「テーパー角、逆テーパー」の意味が分かりません。
そもそも逆テーパーでも成型可能だと何が良いのでしょうか?
総合比較すると射出成型の方がかなり便利なようなのですが、
「回転成型の方が向いている」という具体例がありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

射出成型などでは、金型という物が必要です。
金型は製品の形を取る元になる物です。

たとえば成型したい物(たとえば人形)の周りに石膏でもまぶして固め、それを半分に割って人形を取り出すと
残った石膏にはその形が写っています。そこに粘度でもつめこめば同じ形の人形が得られると思います。
このときの石膏の役割をする物が金型です。
通常の射出成型では金型を金属で作りそこを掘って型を作ります。二つ合わせてその間に形を作ろうとする物が出来るように掘っています。
そこにプラスチックを溶かして流し込み、冷えたところで型を割って(元々割れているものを合わせています)成型品を取り出します。

型から成型品を取り出すのにうまく取り出せるように、型の奥より入り口を広げておくことをテーパーを付けると言います。
(プリンの様に広がっていると出てきやすいでしょう。)
射出成型ではこうなっていないと取り出しが難しくなります。もちろんこれが逆に奥の方が広がっていると(逆テーパー)全く出てこなくなります。
つまり奥より出口の方が大きくないと出来ないと言う制限が射出成型にあります。
(特殊な金型を作れば出来るんですけどね。)

回転成型について余り知らないのですが、HPとか見ると大型の物、パイプ状の物などが得意みたいですね。
中空の物で、逆テーパーのかかる大型成型品と言うところでしょう。

参考URL:http://www.ogano.co.jp/se8.html

射出成型などでは、金型という物が必要です。
金型は製品の形を取る元になる物です。

たとえば成型したい物(たとえば人形)の周りに石膏でもまぶして固め、それを半分に割って人形を取り出すと
残った石膏にはその形が写っています。そこに粘度でもつめこめば同じ形の人形が得られると思います。
このときの石膏の役割をする物が金型です。
通常の射出成型では金型を金属で作りそこを掘って型を作ります。二つ合わせてその間に形を作ろうとする物が出来るように掘っています。
そこにプラスチックを溶か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報