色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

部分点の採点の付け方について。

いつもお世話になっています、こんばんは。

多くの試験で記述試験の場合、○か×でなく部分点がもらえることがあると思います。

例えば数学だと、最初から途中式を書いているうちに答えを間違えたが途中まで合っているので△となり半分点数をもらえることがあります。英語であれば英作文の場合、大体の文章は合っているけど足りないものがあり-2点とか書かれる場合もあると思います。

ここであらゆる試験の記述式問題についての部分点の付け方について質問があるのでいくつか投稿します。

質問1:採点者側はこのような問題の時、どれだけ点数を与えるか迷うものでしょうか?
質問2:記述式問題の採点方法は長年の経験によって培われるものでしょうか?
質問3:このような問題の場合、「これだけ抑えていれば部分点を与える」というのはあらかじめ教師は決めているものでしょうか?

英語の場合、ピリオド抜けていれば凡ミスとして-1というのはわかるのですが・・・。
記号選択問題や○×問題の場合と違い記述式問題だと複数の答え方が存在する場合もあります。
お時間ある時にお答えください、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは。



恩師から聞いた話です。

規模の大きい試験、模擬試験等、では問題作成時に作成者同士であらかじめ細かく採点基準を定めているようです。考えうる限りの答えやパターンはすべて網羅している場合が多いです。
マニュアルを作っているところもあるのでこの場合ですと問題作成者でなくてもほとんど迷わないで出来ると思います。
マニュアル外の答えは責任者や作成者が採点するようです。

また、国立大学入試などではほとんどが採点する教員や教授の自由でよいそうです。
悪く言えばイイカゲンなんだそうです。

もちろん問題にもよりますが数学で最初の作業だけを見て、いきなり最後の答えに飛んで、合っていれば満点を与える、なんてこともあるそうです。
研究者や専門家が採点しているのでそういったノウハウは個人個人である程度確立しているようです。

質問3ですが、普通は何かしらの基準はみなさん作っているようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あらかじめどのような答えが来るであろうか想定して採点基準を定めているのですね。
問題を作る側も答える側も創造性が必要になってきますね、ある意味面白いです。
後半の数学の所は少しいい加減な気もしましたが、最初と最後は肝心だというのがわかりました。
お答えいただきありがとうございました!

お礼日時:2010/07/25 19:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング