『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

僕は今まで一度も正社員になったことのない30歳フリーターです。また、人と付き合うのうまいほうでも在りません。 今行政書士の資格を取りたく勉強しています。こんな僕でもそのしかくに合格したらその仕事でやっていけるでしょうか?行政書士ではじめはどこかの法律系の事務所に入って経験をつんでから個人で仕事しようかとも考えていますが、まだ決めていません。行政書士の資格を持っていたら行政書士などの法律系の事務所って就職しやすいでしょうか?行政書士の事務所はあまり募集していないみたいですし。
 行政書士の資格勉強してる人や、資格を取って仕事している人資格に合格してからはどうしてられますか?行政書士資格だけでは仕事しにくいでしょうか?正社員経験ないところからそんな仕事につこうと思っているので。身近にそんな資格持っている人がいないので。 また、資格とれたらまたそれに関係ある資格も取るための勉強もしようかと思っています。聞いた話では、そのしかくだけよりも仕事の幅が広がるし色々いいと。 行政書士で仕事してる人や資格持ってる人また、勉強してる人アドバイスもらえないでしょうか?身近にそうんな事してる人いなく相談出来ないもので。お手数かけますが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も現在、行政書士勉強中です。



もともとは自己啓発で始めた勉強ですが、法律の勉強がおもしろくなってきて、つい最近、法律事務所へ転職しました。

No.3さんも書いていらっしゃいますが、「明確な動機」は必要だと思います。
法律事務の経験もないし、まだ勉強中の身ですが、自分の言葉で動機や今後のビジョンをきちんと話すことができれば、なんとかなると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。そうですね。明確な動機が必要という事よくわかりました。colve62さんも勉強やこれからもがんばってください。本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/07/05 19:01

今、trainredさんは何かを犠牲にして行政書士の勉強をしているのでしょうか?例えば、楽して月に30万ぐらい稼げる仕事を辞めて勉強しているとか・・・。

それだったら勉強などしないで、楽に稼げる道を選ぶべきでしょう。

でもそういうこともなく、とりあえず暇つぶしに勉強しているのなら、余計なことなど考えずに合格目指して勉強に集中すべきです。合格したあと食えるかどうかなんて、合格してから考えればいいじゃないですか?

やりたいと思ってやったことに、無駄なことなんてないと思いますよ。むしろやらないで後で後悔するほうが辛いでしょ?

私は大昔に行政書士と宅建の試験に合格しました。全くの暇つぶしというかほんの冷やかしで受けた試験です。今は全く関係ない仕事をしていますが、やろうと思えばいつでも行政書士事務所を開業できるわけです。
でも試験に受かっていなければ無理ですよね。
当時の合格率は40%ぐらいでしたから楽々合格しました。でも今は数パーセントですよね。今の私なら絶対合格できません。

今の日本の政治家や行政をみてると、将来、行政書士という資格が脚光を浴びるか、無くなってしまうか、そんなこと誰にも判らないですよ。
勉強できる環境があるのなら、とりあえず合格証書を貰っておけばいいじゃないですか?
あとのことはそれからのことです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。勉強はしてるので試験だけは受けておこうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/26 12:23

行政書士は業務範囲が広いため、何か突出した専門知識・スキルがある分野をもってないとうまくいきません。


「何でもやります」というようなところは「何もできません」と言っているのと同じです。

ですからまず、trainredさんがどういう分野を専門とする行政書士になりたいか、を明確にしないと何も始まりません。

専門とする分野が決まれば、どこかで修行を積んだほうがいいのか、さらに他の資格を取得したほうがいいのか、などその先の方向性も見えてくるはずです。

また、営業活動ができなければどこからも依頼はきません。自ら積極的に活動する姿勢がないと事務所経営は難しいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。どういう分野を専門とするかとか色々考えたいと思います。お忙しいところ本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/06/24 14:44

少しきつい言い方をしますが、悪気はありません。



あなたは、どこかの会社の正社員になりたいのですか?
正社員になれないから行政書士という資格を取れば仕事に
就けると思っているのですか?

行政書士で成功したいのならば、行政書士になりたいという
明確な目標と、合格後のビジョンを持つ事です。

あなたの書き込みをみる限り、勉強する事を「逃げ」の手段
として考えていませんか?

もう一度、行政書士を目指そうと思った動機を思い出してみて
ください。
「明確な動機」があれば是非、行政書士を目指すべきです。
それが無ければ、きっぱりやめる方が時間とお金の節約です。

質問者さんに対する率直な感想としては私も1さんと同じく、
人間的にもう少し成長する必要があると思います。

1さんに「掲示板がある」と教えてもらった後、ご自分で探して
みましたか?自分では何もせずに丸投げで聞いていませんか?

自分からアクションを起こす事は、独立した士業は当然として
正社員においても大事な事だと思いますよ。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。独立して自分で仕事をしていくのは相当厳しいのは一応分かっているつもりです。自分の祖父が一代で小さな鞄の卸の問屋をやっていたのを見てきているので。しかし人が困っているのを助けれるような仕事をしたいとおもっていて、それなら法律系の仕事もいいかなと思った事も合ったので。また、小さな中小企業などの会社は色々な面でも法律に関係した問題が起きても相談しに行くところがなかなかないという面もあるので、そんな人にも役に立てればと思っていましたので。
 自分の考えは子供地味た考えかも知れませんし、人から見たら無駄な事とおもわれと思いますが。アドバイス本当にありがとうございました。一度じっくり考えて目指そうかどうしようか考えようと思います。お忙しい所返事下さりありがとうございました。

補足日時:2004/06/23 20:54
    • good
    • 0

こんにちは。


正直に思うところを書きます。

すでにお父様なりが繁盛する行政書士事務所をしていてその地盤を引き継ぐ。
すでに他の資格職を開業していて仕事の幅を広げる。
人並み以上の商才やアイディアを持っていて、仕事を生み出す力がある。
ということなら、行政書士の資格取得はとてもプラスです。

まったく無縁な世界から「行政書士を取ればなんとかなるかも」というレベルでは登録費用や会費を支払うだけの仕事もないと思います。

ちなみに私は他資格業務が本業で、念のため行政書士も登録している状態です。(私は商才もなく行政書士資格を生かせていません)

比較的取得しやすい行政書士にもし苦労(何年もかかるなど)するようでしたら早めに諦めた方がいいと思います。(きつい書き方でごめんなさい)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。しかし一応勉強はしてるので資格だけでもとろうとは思っています。それ以降はまた考えようと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/06/23 20:43

スクール通いでなく仲間がいないとつらいですよね。


掲示板にいかれるとあなたみたいな人がいっぱいいると、
思います!!
一般的に行政書士の事務所に入って勉強することになり、
その後独立等を考えるのが普通でしょうけど、今の法制度、行政書士の所掌業務から考え、独立しても才能が無いと大きく稼ぐのは難しいでしょう。
あなたの性格とこの文章を見る限り、資格をとっても、
独立はかなり人間的に成長しないと難しいのではないかと思います。
掲示板に行って仲間を見つけることをお勧めします。

この回答への補足

アドバイスありがとうございました 掲示板とのことですが、掲示板はどんなところにありますか?教えてもらえないでしょうか?お手数かけてすいませんが宜しくお願いします

補足日時:2004/06/23 20:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士になるのはなぜやめておいた方がいい?

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。
 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。
 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。
 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。
 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。
 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。
 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。
 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務...続きを読む

Aベストアンサー

行政書士は独占業務がないから。あっても付随的な業務だから。

この一言に尽きると思います。

私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。これは2次試験の選択科目免除のためです。登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。

会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。

Q高卒32歳♂、ほぼ無資格から取得して職にありつける可能性の高い資格が知

高卒32歳♂、ほぼ無資格から取得して職にありつける可能性の高い資格が知りたいです


数日前は大変お世話になりました
まだまだ悩みながら進路について考える日々なのですが
今ひとつ考えがまとまらなかったので皆様のお知恵をお借りに参りました

32歳、10年以上のフリーターを続けてしまったアホな自分ではありますが

それでもやはり正社員として仕事をさせていただいて
それが充実した日々であって欲しいと欲をかいています

実際その仕事に就かれている方には大変失礼な物言いかとは思いますが

工場でラインと睨めっこの毎日
交通誘導で立ちっぱなしの毎日

自分が40くらいになった時
こんな姿でいたら生きていける自信がありません
生きながら死んでるような・・・そんな毎日は本当に避けたいと考えています


今まで独力で調べてみた結果

ヘルパー2級
普通自動車第一種免許
フォークリフト

くらいしか実用的な資格が思い付かず
これ以外にどのような資格があるのかが知りたいです

上記の通り、32歳という年齢、経歴を考慮した上で
就職の役に立ちそうな資格を、です


自分が選べるような立場でない事は重々承知してはいますが、
それでも仕事に「生き甲斐」や「プライド」を少しでも持てる職に就きたいと・・・そう願っています

健康体、32歳にしては体力はかなりあると思います

あと自宅でPCに触れている時間が結構長かったのですが
ワードやエクセルの資格を取っても無意味でしょうか?


まとまりのない文章で申し訳ありません
些細な情報でも気軽にご返信いただけると嬉しく思います

よろしくお願いします

高卒32歳♂、ほぼ無資格から取得して職にありつける可能性の高い資格が知りたいです


数日前は大変お世話になりました
まだまだ悩みながら進路について考える日々なのですが
今ひとつ考えがまとまらなかったので皆様のお知恵をお借りに参りました

32歳、10年以上のフリーターを続けてしまったアホな自分ではありますが

それでもやはり正社員として仕事をさせていただいて
それが充実した日々であって欲しいと欲をかいています

実際その仕事に就かれている方には大変失礼な物言いかとは思いますが

工場でライン...続きを読む

Aベストアンサー

再び#4です。
自分はPCを弄るのは好きですが、特に資格があるというわけでもありません
そんなレベルでもお役に立てる場面があるのでしょうか

>資格の勉強をしてとりましょう。
ちなみに初歩的な仕事で
「立体駐車場の係員」と言うのもあります
(この車は入る・入らない)・・・ですよ簡単ですよね
大抵 高さ制限があるので、覚えやすいと思います。

もっと極端な意見ですが、「蛍光灯の交換」ぐらいできますよね。
じゃ、採用w

Q30代から司法書士目指すについて

現在、31歳男性です
これまで営業職を10年近くやってきましたが
もう疲れて、司法書士の資格を取りたいと思っていますが、
31歳から司法書士を目指すのは遅いでしょうか?
ほとんど大学在学中や、20代での取得が多いと思いますが
31歳で、勉強しながらアルバイトするってなると
30代でアルバイトやる人とか多いのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

三十代で司法書士学校に通う方はとても多いですし、無茶ではないです!
ただ勉強の範囲が広いですし、勉強を始めてみてある程度手応えを感じてから今の仕事を辞める方が良いと思いますよ。
挫折される方も多いので…
それに司法書士資格を取っても上手く仕事がみつからない方も多いと聞きます。
知り合いに弁護士事務所や司法書士事務所経営してる人がいて紹介で入るのが多いそうです。
給料もそんなに良くないそう。

Q英語は書士業務の強みになりますか?

司法書士、行政書士事務所運営、あるいは勤務の方にご相談です。
3項目書きましたが、お分かりになることが1つでも
あれば教えてください。

Q1.英語が通じるということを強みに業務をされている方
はいらっしゃるでしょうか?

近年、法律関係資格者の人数が増え、競争も激化していると聞きます。
英語能力(たとえば英検1級、TOEIC900点以上といった通常のコミュニケーションに
支障ないレベル、あるいはそれに法律専門用語の単語を加えた能力)
が業務を行う上で強みになるか知りたいのです。

Q2.また、その場合、どのような方を対象にお仕事をされていますでしょうか?
たとえば、外資系法人の登記、あるいは個人の方の相談等

Q3.英語圏から来た方を対象にした行政書士もいらっしゃると聞きます(外国の
方だけを対象にしたのでは食べていけないとも聞きますが)。外国から日本に住んだり
仕事をしたりする方の行政手続きや生活のトラブル軽減、法律上のお手伝いなど
ができる資格や仕事を他にもご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

上記の方が9割言われてしまってますが、意外に国際的な分野で語学力は生かせます。

フィリピンや中国から来た方の雇用や住居の証明書、子どもの手当ての申請など。この辺の手続きは日本人でも難解な場合が多い上に、差別的行為がある場合もあり、外国人の方は1人で手続きをするのを嫌います。英語できる方ばかりではないものの、日本語よりは通じますので語学ができた方がいいですね。
ほかにタガログ語や中国語、スペイン語ができると良いですね。変に英語できるよりもこっちの方が需要あると思いますよ。
外国人の方は経験則で、知らない相手を軽々しく信用しないんですが、1人の信用を得ると芋づる式に口コミで繋がって行きます。
友人や家族の密度は日本人より高いものがあると感じます。

あと犯罪に関わる、疑われる方も多いので、半分通訳代わりに呼ばれる事も多いようです。
入管でお金を取られる(色々な手数料だとして)、暴力を振るわれる、事も多いので、
日本人の法律従事者として頼られる側面もあるようです。(弁護士もいますが数が少ない)。

それと勘違いしてるようですが、
まともに「外資系法人」と言われるようなところは本国と、日本国に懇意にしている弁護士がいて、行政書士にはあまり出番がありません。

国際分野の行政書士となると、やはり外国人個人、特に会社や学校が守ってくれないような弱い立場の個人に各種役所での手続きの補助をすることが多いでしょう。公営住宅への入居、日本人夫からの暴力や差別の訴え、離婚申請、税金の免除や滞在の延長、子どもや自身の日本人帰化申請など・・・かなり需要はあります。
弁護士を使わないのはぶっちゃけ「安いから」ってのがあるでしょうね。

静岡や群馬には外国人の労災や雇用差別に関してのエキスパートの社労士などもいると聞きます。

上記の方が9割言われてしまってますが、意外に国際的な分野で語学力は生かせます。

フィリピンや中国から来た方の雇用や住居の証明書、子どもの手当ての申請など。この辺の手続きは日本人でも難解な場合が多い上に、差別的行為がある場合もあり、外国人の方は1人で手続きをするのを嫌います。英語できる方ばかりではないものの、日本語よりは通じますので語学ができた方がいいですね。
ほかにタガログ語や中国語、スペイン語ができると良いですね。変に英語できるよりもこっちの方が需要あると思いますよ。
外...続きを読む

Q32歳からでも取得可能な資格で、食っていけるものにはどんなものがあるのでしょうか?

32歳からでも取得可能な資格で、食っていけるものにはどんなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

みんな同じことを考えています。
普通の人が半年や1年程度勉強したくらいで取得できるような資格であれば、多くの人が取得していますので希少価値がなく食っていくには程遠いでしょう。
普通の人が半年や1年程度勉強したくらいでは取得できないようなものだったら期待できます(※食えるかどうかはその人の営業力に関わってきますが)。

なにか得意な分野はないでしょうか?
普通の人だったら3年程度かかるけれど、あなたは得意だから1年程度の勉強ですむといったような。そういう資格を狙うべきです。

Q30代半ばのフリーターが就職できそうな職業

私は、30大半ばのフリーターです。
今年一念発起して就職したいと考えております。

そこで質問したいのがもし30大半ばの男が就職するとして、
採用の可能性のありそうな職種とはどんなものがあるでしょうか。

他の質問を見ていると、介護や不動産の営業という書き込みを見ます。
もちろんそれも視野に入れようと思いますが、
そもそもフリーター経験しか無い、社会の常識がない人間なので
世の中にどんな職業があるのか、またその職業の内容はどんなものかを知りません。

テレビを見ると、伝統工芸は跡継ぎが足りていない世界だと言っていました。
そういうマイナー(失礼な言い方だったらすみません)な職業も含めて、
こういう業界は人が足りていない、または採用に年齢があまり関係ないという情報をお持ちの方がいればどうか教えてもらえませんでしょうか。

目標をもって行動しないと結局空回りになりそうで心配なのです。

どうかよろしくお願いします。

※補足
今まで年単位で経験した職業はサービス、販売、飲食(ホールです、調理はできません)です。
資格が必要だとなれば勉強をする覚悟はできています、しかし高額な学費を払う余裕はありません。
現在所有している資格は自動車運転免許、MOSのエクセルくらいです。
よろしくお願いします。

私は、30大半ばのフリーターです。
今年一念発起して就職したいと考えております。

そこで質問したいのがもし30大半ばの男が就職するとして、
採用の可能性のありそうな職種とはどんなものがあるでしょうか。

他の質問を見ていると、介護や不動産の営業という書き込みを見ます。
もちろんそれも視野に入れようと思いますが、
そもそもフリーター経験しか無い、社会の常識がない人間なので
世の中にどんな職業があるのか、またその職業の内容はどんなものかを知りません。

テレビを見ると、伝統工芸は跡継ぎが足...続きを読む

Aベストアンサー

フリーターしか経験が無い=社会の常識が無い、というのは間違いですよ。
寧ろ一度も転職経験(1社のみ)の無い方の方が社会常識が無い方が多い印象です。

30半ばということですが、35歳以下ならばチャンスはあります。
しかし、36歳以上ならば少々転職は厳しくなりますよね。

確かに一部の営業職は常に需要があります。
例に挙げている通り、不動産営業ならば十分に入社可能と思われますが、
仕事はかなりきついですよ。

住んでいる地域でも異なると思いますが、作業系の仕事は精神的に追い込まれることが少ない傾向にあるので、おすすめです。
当方は数々の営業職をしてきましたが、無理なくできる営業(メーカーや卸売り)では、既に年齢的に無理があります。

Q40歳からの資格取得(司法書士)及び就職状況について

司法書士という資格に興味をもっています。
資格取得後の話ですが、40台での就職(それも地方!)状況はどうなのでしょうか?
独立開業は考えておらず、法律関係の事務所勤務希望です。
今までのQ&Aには目を通したつもりです。
とりあえず、合格して地元の司法書士会に履歴書を送れば、法律事務所から連絡がきて何とかなる!という意見があったのですが、それにしても年齢や性別(女)で、難しかったりするものなのでしょうか?
自分の強みとしては、英語がそこそこできる(TOEIC800点)くらいなのですが、これも地方だと余り関係ないものなのでしょうか?
まずは合格するのが先なのですが、資格だけとっても・・・となることは避けたく、情報を求めています。
予備校の説明は、ちょっとバラ色すぎるようで。
実務関係者の正直ベースでのご回答、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。地域にもよるでしょうが、自己破産で1件20万円前後じゃないですかね。
弁護士が40万円前後でしょうから、まあ半分くらいでしょう。
非効率といっても、近頃はそれ専用のいいソフトもあるし、慣れればどういう事はないみたいですよ。
これからも多重債務や破産は増えるでしょうから、そういう面を開拓していけば、食いっぱぐれはないでしょう。
新人でも1年目から事務員を雇って、羽振りのいいのはいる(^^;)


>>Uターン就職の選択肢として考えているのが甘いんだろうなとは思ってます。

地方というのがどの位の人口の都市かわかりませんが、合格したら開業するのが前提として考えた方がいいでしょう。
質問者さんは女性という事なので、地方では女性司法書士は少ないから、開業してもその点は有利でしょう。
大都市でないのなら、土地家屋調査士・行政書士の資格は取っておいた方がいい。
その資格があれば、登記関係は全部引き受けられますからねぇ。
土地家屋調査士の仕事が来れば、司法書士の1件の単価とは1桁違いますからスポットで来ればボーナス気分になります。


>>司法書士という仕事の喜びややりがいなど、教えていただけたら幸いです。

登記は、誰がやっても結果は同じ。金額が高いか安いかだけ。
依頼者が金を払って、司法書士が当然の報酬をもらうビジネスライクの関係です。

やはり、困っている人を助ける事が喜びになるでしょう。
例えば、法律に無知な人で、悪徳商法にかかってる人を救うとか。
クーリングオフの文章は行政書士でも書けますが、折衝や訴訟は司法書士の分野になります。
簡易裁判所の範囲(140万円迄)の事案は、報酬の関係で弁護士はなかなか引き受けないのでねぇ。
多重債務者も、ワラにもすがりたい気持ちですから、救ってくれた人間には感謝をしますよ。
そういう面では、司法書士の仕事はやりがいがあるでしょう。

後、本当に司法書士に合格しようと思ったら、司法書士の受験指導校は慎重に選ばなければいけません。
勉強をした1年間の時間を損をします。(私の過去ログも参照)
難しくなってますし、合格者の年齢層も若くなってますからね。

いずれにしても、よく考えて結論を出して下さい。
頑張って下さい。

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。...続きを読む

Q28歳無職職歴なしです。社労士を目指しています。

現在28歳の無職の男です。来年の春で29になります。しかし、職歴はありません。



24歳で大学を卒業してからは、コピーライターを目指して養成講座に通い、広告代理店でも常勤のアルバイトをしていました。アルバイトを始めて約1年後に心筋梗塞で倒れてしまいます。3週間意識がありませんでした。当時のことはあまり覚えていません。

長い入院生活、手術、リハビリの日々・・・長かったです。倒れてから1年後の2010年10月に医師から「もう回復したと言ってもいい状態だね」という言葉を聞きました。それから就職活動を始めます。

始めは前述の通り代理店でアルバイトをしながらコピーライターを目指していたということもあり、クリエイティブ系の職種に絞って履歴書を出していました。経験を生かせると思ったので。しかし、未経験で尚且つ年齢がネックになったのか面接まで進める会社はほとんどありません。気づけば年が変わり春が来ていました。



その頃になるともうクリエイティブという希望は捨てて、業種職種問わずに履歴書を出す日々。そんな時に職安の方に「障害者手帳を持っているなら障害年金の申請でもしてみれば?」と言われます。(バイパス手術を受けたので心機能1級の身体障害者手帳を保持)。

申請に伴い事前に自力での申請は困難だということはわかっていたので、社会保険労務士に相談してみることにしました。3軒ほど事務所を回ったのですが、2軒目までは「これ(心筋梗塞)だけでは(申請の通過は)無理ですね・・・」と言われてしまいます。

藁にも縋る思いで門を叩いた最後の社労士事務所。そこで運命的な出会いが。社労士の女性が物凄く親身になってくださり、依然就活を続けていた僕は「こんな人になりたい」と思います。事務所から出る時にはもう申請は二の次で社労士を目指すことで頭が一杯でした。



今僕は社労士を目指して勉強中です。実家にも戻りました。就活はしていません。勉強に専念しています。勉強が進むにつれて1回の受験で合格することは難しいと思うようになりました。もちろんそれを目指してはいますが。

そこで最近は受かるにせよ、落ちるにせよ、どちらにしろ受験は1回っきり、受験後は東京に戻ることを決めました。来年度の受験は8月末ですので、再上京は9月か10月になると思います。



長々と余計なことを書いてしまいました。すみません。皆さんに質問というか、相談があります。

先ほども申し上げたように、社労士試験の合否に関係なく来秋に上京しようと思っています。
東京で生きて行くために、そして年齢的にも正社員で職種を問わずに就職できればという気持ちがあります。が、できれば働くならばコピーライターのようなクリエイティブ系の仕事をしたいと今でも考えています。(社労士試験に受かっていれば無論社労士として事務所勤務ですが・・・)

僕のような状況、スペックでそんなことを言っている場合ではないでしょうか?(というか言ってられないと思いますが・・・)

皆様からの(厳しくも暖かい)ご意見、ご指摘をお待ちしております。

現在28歳の無職の男です。来年の春で29になります。しかし、職歴はありません。



24歳で大学を卒業してからは、コピーライターを目指して養成講座に通い、広告代理店でも常勤のアルバイトをしていました。アルバイトを始めて約1年後に心筋梗塞で倒れてしまいます。3週間意識がありませんでした。当時のことはあまり覚えていません。

長い入院生活、手術、リハビリの日々・・・長かったです。倒れてから1年後の2010年10月に医師から「もう回復したと言ってもいい状態だね」という言葉を聞きました。それから就...続きを読む

Aベストアンサー

貴方の言っていることは、十分に謙虚で現実的だと思いますよ。
社労士を第一志望としながら、ダメな場合は他の就職先を探すと言っているのですから。
社労士を目指すに至った動機も極めて純粋です。
28歳はまだまだ若いです。頑張ってください。

Q高卒では司法書士試験は難しいでしょうか?

半年の勉強で無事22年度の行政書士試験に1発で合格することができました。

次は司法書士に挑戦しようと思っていますが、私は工業高校卒で司法書士試験を突破するための能力がないような気がして悩んでおります。

友人に話すと「社労士の方がよくね? 行政書士持ってるんだから受験できるし、司法書士より取りやすいだろ。」

やはり、法学部を出でいる人じゃないと取れないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

質問にストレートに回答します。


大学法学部で学ぶことと、司法書士試験に合格することは、何ら関連性がありません。


もちろん、大学法学部で学ぶ事は、司法書士業務を行う上で、将来必ず役には立ちますが、極端な話しですが、それは合格した後でも良いかと思います(大学よりも大学院の方が良いかもですが…)。


半年で行政書士試験に合格したという事は、集中して学んだという事でしょうから、その勢いと余力のある内に、すぐにでも司法書士の過去問とテキストに当たった方がよいでしょう。


実務的にはどうとか、資格をもってても役に立たないとかの意見の多くは、試験に合格できない人や実務でプライドが高くて仕事を取るのに必死になれない人のひがみです。


勢いのある内に司法書士試験に挑むべきですよ!
人生思っている以上に短いですから。


応援しています。

Q25歳以上で大学へ行ったひと

経験談を聞かせてください。




1、何の目標があって何学部にいったのか
また、その動機は ?
2、受験勉強の期間
3、就職はできましたか?

Aベストアンサー

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていたので(当時は新校舎が未建設だったのでかなり安かったが、新校舎建設を機に学費が上がったらしい)、それが決め手になりました。

2.受験期間は二年です。何気に浪人しました(笑)一年目は9月くらいから勉強を始め、2月に受験した為、ほとんど勉強らしい勉強をせず、受験に望んだ為、国士舘大学二部政経学部と早稲田大学政経学部を受験し、前者に何故か合格し、後者は当然落ちました(汗)ちなみにその当時の偏差値は20ちょいくらいでした(滝汗)。ゆえに「こんな状態で大学生になるのはおこがましい・・・」という思いがあったので、国士舘大学の入学は辞退して、浪人という道を選びました。そして、一年間の猛勉強の結果、翌年の春は十校くらい受けて、落ちたのが三校ぐらいでしたので、努力が実って晴れて大学生になることが出来ました。

3.就職は現在していますよ。ただ、普通の18~20歳くらいの年齢で入学した大学生のような就職活動は出来ませんよ(※年齢制限があるため、求人がないから)。ゆえに、とりあえず卒業後は法学部だったので、司法試験を受験すべく勉強しました。が、結婚適齢期になったため、今のかみさんに騒がれて断念し、足しげくハローワークに通って、現在の職場を見つけました。

個人的には「25歳以上で大学に入る」という行為はあなたが女性だったら勧めますが、あなたが男性なら絶対勧めません。理由はこんなことをいうと物議をかもし出すかもしれませんが、女性の場合は最悪結婚すれば、永久就職が出来ますが、男性の場合は日本ではまだまだ「専業主夫」は一般的ではないですからねぇ。

『学歴に劣等感がある』からという理由で男性が受験して、入学するには、ハイリスク・ハイリターンの素ですよ。私一個人としては、社会人入学試験は何も大学だけが行っているのではありません。専門学校でも看護学校でも行っています。今、私が25歳なら、間違いなく『医療系の学校』を受験して、手に職をつけるという狙いで受験しますね。医療系の以外の理系学部や文系学部では就職は困難だと思います。

もし受けるのなら、スキルアップして大学を卒業するというのが、もっとも理想的だと思いますので、帝京平成大学のヒューマンケア学部or健康メディカル学部を受験していると思います。医療系は一旦資格を取ってしまえば、その業界は就職が売り手市場なため、年齢制限に関係なく、就職が出来ますしね。

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていた...続きを読む


人気Q&Aランキング