人気雑誌が読み放題♪

読書感想文 おすすめの本

19歳の学生です。
8月16日までに読書感想文(2000字以内)で提出するように言われました。
私は作文を書くのが苦手で、どのように書いたらいいか分からないし、そもそもどんな本を読んだらいいか分かりません。
なので、読書感想文を書くのにオススメの本と、書き方のコツなど、教えてください。
テーマの指定は日本人作家で、当たり前ですが漫画やライトノベル、参考書等はだめだそうです。
残り1週間になっているので、できるだけ量が少ないもの、小難しい内容でなく読みやすいものを希望します。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

19歳のということは大学生の方でしょうか。


私が端的にお勧めするのは、湯本香樹実さんの「夏の庭」でしょうか。
夏の感想文の定番です。
短編ではありませんが、内容的には小学生でもついていけるものですから、大学生のあなたが読めないことは無いはずです。
そして、読む人の年代を問わず考えさせられる問題点が満載です。
主人公は小学生のサッカー仲間3人組ですが、わんぱくで生意気ざかりの彼らと独り暮らしの老人との関わりを描いたもので、昨今話題になっている100歳超行方不明者の問題ともシンクロしたりして(小説内の老人はそこまでみじめには描かれていませんが)実にタイムリーだと思います。
小学生でも読めるとは申しましたが、私的には大人こそ読む小説だと感じますので、大学に提出しても決して恥ずかしいものではありませんよ。

感想文の書き方ですが、前に回答された方には申し訳ありませんが、あらすじは書かない方が評価は良いはずです。
本を読まれたら、自分の気持ちを整理して下さい。
小説の隅から隅まで見つめる必要はありません。
じぶんの気持ちが引っかかった個所があると思います。
そこにしぼって論じてください。
本の内容は、きっかけで良いのです。そこから様々な問題点を定義したり、あなたの感情の振幅を表現したり…感想文というのは、本の説明ではなく、あなたそのものの主張であり、表現なのです。
当然、小説の内容から逸れてしまうこともありますが、ある程度はOKです。ただ、あまり調子に乗りすぎて、逸脱しすぎるとNGです。
すごく大雑把な説明で、わかりにくかったかもしれませんが、過去の感想文コンクール受賞作など、何篇か読まれるとコツがつかめます。
因みに(自慢ではありませんが)私は市や県レベルでの読書感想文では優秀賞、最優秀賞など頂いております。全国レベルでは駄目でしたが…
慣れると感想文は楽しいですよ。
これをきっかけに、あなたも読書、更には感想文を書くことまで、好きになって欲しいと思います。
あと一週間、頑張って下さい。
    • good
    • 0

作文が苦手な人の場合、作品の出来よりも突っ込みどころが満載の本の方が良いかもです。

その意味で「逆説の日本史(井沢元彦)」はお勧めです。歴史に関する見方が独特で、結構な「ムチャ振り」もあり、検索すれば反論はいくらでも見つかるので、自分の立ち位置も簡単に作れますからね。でもこれ「エッセイ」で「小説」じゃないんですよね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4094020012/

そういう意味では彼の「小説」が良いかも。探せば図書館などにはあると思いますよ。例えばこんなのとか。抜群に面白い推理小説ですし、「折口信夫」を別途検索すると突っ込みどころも満載の筈。
http://www.amazon.co.jp/dp/4062759357/
    • good
    • 0

さだまさし『アントキノイノチ』をおすすめします。

さださんは歌手ですが綺麗な日本語で小説を書きます。

この本は、読みやすいけど遺品整理業のバイトを通して主人公が成長していくお話。涙なくしては読めません。きっといろいろ考えさせられることと思います。ちょうど、主人公も質問者さんとおなじくらいの年ですし。

感想文の書き方としては、だいたいのあらすじをコンパクトに書いて、この本を読んだことがない人にもなんとなく筋が判るようにする。作者についてちらっと書いたり(「さだまさしは歌手であるが、、、」等)、なぜこの本を選んだのかも書いてもいいです(本の帯を見てこういうところに興味を持ったから」「書評でとりあげられていて」等)。

「この場面で主人公○○は~するのだが、」というような導入でその行動について自分がどう思ったか、自分だったらどうか、その行動を見た他の登場人物はどう思っただろうか、主人公自身はどう考えてその行動を取ったのだろうか、など考えてみるといいと思います。最後の方で、この本を読んで自分が得たものはなんだったのかなどについて考えてみて、まとめてください。

がんばってね。
    • good
    • 0

柏葉幸子『ミラクル・ファミリー』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062766698.h …

香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062761696.h …

阿部夏丸『オグリの子』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062763982.h …

佐藤多佳子『しゃべれどもしゃべれども』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/410123731X.h …
    • good
    • 0

>漫画やライトノベル、参考書等はだめだそうです。



絵本はどうですか。

大人向けのものも、たくさんありますよ。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
説明不足ですみませんでした。絵本もだめです。基本的に文章のみの小説でお願いします。

補足日時:2010/08/09 01:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学での読書感想文?

大学のゼミの宿題で「後期の発表のテーマ(テーマは法律に関連することを各班が自由に選べます)に関する本を読み、感想を3000字以上で書く」という物が出されました。
そこで自分の班では「時効」をテーマにして、それに関する本を読むことにしました。ところが、如何せん「感想を3000字」と言われても、(章学誠ではないので)読書感想文では駄目でしょうし、そもそも3000字も埋まりません。結局の所「発表のテーマに関する本の感想を3000字」というのはどのようなことを(どのような体で)書くのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

読書感想文と言う言葉に、とらわれすぎてしまっていると思います

大学のゼミの宿題ですから、レポート形式でよいと思います

>「時効」をテーマにして、それに関する本を読むことにしました。
まずレポートに関する本があるので、それを読んで下さい
アマゾンで、レポートの書き方 とかで検索するといくつか書籍が
表示されます。
大学の図書館にもあると思います

>そもそも3000字も埋まりません。
>結局の所「発表のテーマに関する本の感想を3000字」
>というのはどのようなことを(どのような体で)書くのがよいのでしょうか?

1.時効という概念
2.時効制度が導入された背景
3.時効適用の事例
4.犯罪者側・被害者側の時効の受け止め方
5.殺人事件における時効撤廃について
  賛成・反対意見双方から視点の考察
6.まとめ

余裕で3000字いきそうですね。

時効と言う言葉が出てくるぐらいですから、法学部かと思いますが

殺人事件では時効は撤廃すべきという声があがってますが
公判維持という観点から立てば、
15年以上たてば、証拠もなくなってる、証人も出てこない
証人居ても、記憶が曖昧
ということを考えると、犯人検挙しても裁判継続できない可能性あります

それを考慮してでも、税金を投入し、捜査を時効撤廃して継続する必要が
あるのか、ないのか。

時効は逃げ得なのか、被害者感情は?とかいろいろ語れるポイントあるかと思いますよ

がんばってください

こんにちは

読書感想文と言う言葉に、とらわれすぎてしまっていると思います

大学のゼミの宿題ですから、レポート形式でよいと思います

>「時効」をテーマにして、それに関する本を読むことにしました。
まずレポートに関する本があるので、それを読んで下さい
アマゾンで、レポートの書き方 とかで検索するといくつか書籍が
表示されます。
大学の図書館にもあると思います

>そもそも3000字も埋まりません。
>結局の所「発表のテーマに関する本の感想を3000字」
>というのはどの...続きを読む

Q読書感想文のおすすめ本

夏休みの宿題で読書感想文があるんですが、まだ、書く本も決まってないのです。

なにかおすすめの本はありませんか?
自分が書いた本でも構いません。

書くの苦手なんで‥‥
書きやすい本だと嬉しいです!


回答お願いします。

Aベストアンサー

 今晩は夜分遅くに失礼します。本好きのおっさんです。
「書くことが苦手」ならば、こんな形はどうでしょう。例えばきみが独りぼっちで「友達が欲しい」と考えたならどの様にするか。こんなテーマを扱った児童文学作品は幾つもあります。その中から新美南吉さんの『ごんぎつね』や浜田廣介さんの『泣いた赤鬼』などの作品をお薦めします。
 共に絵本ですので、挿絵を見ながら「声に出して」読んでみたら具体的なイメージも湧きやすくなります。新美さんの作品は様々な出版社から出されていますが、イチオシは偕成社の「日本の童話名作選」(ページ数は35ページで、黒井健さんのイラストが印象的)です。また浜田さんの作品では金の星社「大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本」(ページ数48ページ、最後の1ページには台詞が書かれていません、想像してみてください)。
 君がサッカーをやっていて、相手にパスを出す時にどの様なことを考えてパスを出しますか?。この「もし僕がこの立場だったならばどうするだろう」を君自身のありったけの言葉でシンプルに書けば、きっと素晴らしい感想文が書けるとおっさんは勝手に想像しています。中学校の二年生で少しばかり背伸びをして難しい本を選びたいかもしれないけれど、絵本や童話には子供も大人も区別がありません。絵本だからそこには読み手の想像に任せる部分も多くあります。感じることは何れの年代にあってもとても大切なことです。本を読むことは作者と読者が言葉のキャッチポールをしていることと同じことです。言葉の持つ様々な響きや魅力をしっかりと受け止めてみましょうね。

 今晩は夜分遅くに失礼します。本好きのおっさんです。
「書くことが苦手」ならば、こんな形はどうでしょう。例えばきみが独りぼっちで「友達が欲しい」と考えたならどの様にするか。こんなテーマを扱った児童文学作品は幾つもあります。その中から新美南吉さんの『ごんぎつね』や浜田廣介さんの『泣いた赤鬼』などの作品をお薦めします。
 共に絵本ですので、挿絵を見ながら「声に出して」読んでみたら具体的なイメージも湧きやすくなります。新美さんの作品は様々な出版社から出されていますが、イチオシは偕...続きを読む


人気Q&Aランキング