文房具の販売を事業としている株式会社の取締役が、
個人の名義で、高等学校への
文房具の納入を行うことは出来ますか?
商法上問題がありませんか?

A 回答 (1件)

 商法264条に規定があります。

それによりますと、取締役会に重要な事実を開示し、承認を得ることが要求されます。取引が済みますと、遅滞なく報告する必要があります。取締役が黙って、取引をしたときには、会社は会社のためにしたものとみなすことができます。この権利は1年を過ぎますと行使できません。なお、取締役は、違反しますと会社に損害を賠償する責任がありますし、総株主の同意がない限り、免除できません(商266-1-4,5)。

参考URL:http://www.nextlink.ne.jp/info/databank/cat3/dat …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q取締役会を設置する株式会社において、取締役全員が連帯債務者である債務を

取締役会を設置する株式会社において、取締役全員が連帯債務者である債務を担保するため会社所有の不動産に抵当権を設定する場合、取締役会において承認を得ることを要するが、この場合取締役の全員が特別利害関係人に該当するので承認決議をすることが出来ない。

とあるのですが、この場合、どのようにして承認することになるのでしょうか?

Aベストアンサー

取締役A、B、C。株式会社Dとします。
株式会社Dは、1億円を金融機関から借入、その連帯保証人にA,B,Cがなっています。
ある日Aは言いました。「俺、会社辞めても1億円の連帯保証人のままじゃイヤだなぁ。」
A,B,Cは、取締役会を開催し、株式会社Dの所有する不動産(時価2億円)に抵当権を設定することにしました。(取締役会の承認)
Bは言いました。「これで、安心だ。俺達は安心したけど、全員が特別利害関係者だから決議できねーぞ。」
そこでCは言いました。「一時的に仮取締役の選任を裁判所に請求して、仮取締役が取締役会を開いて承認決議をすればいいよ。」こうして丸く収まった、とさ。

Q個人事業の名義貸し

知り合いAから頼まれた事で質問したいことがあります。

Aはある会社に勤めています。
会社から、個人事業者向けの外注案件があったらしいのですが、社員であるAが直接外注案件を受ける事ができず、私の名義で外注案件の作業を行いました。

作業が完了したらしく、請求を私名義で出すように頼まれました。

仮に請求した場合、私の口座に源泉徴収された後の報酬が振り込まれ、その後手数料を差し引いてAの口座に振り込みなおす必要があります。

この場合、

1.刑法上の問題はありますでしょうか。
2.この案件について、私が確定申告を行う必要がありますでしょうか。
3.確定申告の際に私にデメリットが生じますでしょうか。
4.私の支払う所得税はどのようになるのでしょうか。
5.その他、注意事項などはありますでしょうか。

なお、別件でAの会社からいくつか案件をもらった事があり、そっちの方での確定申告は行う必要があります。


以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.刑法上の問題はありますでしょうか。

 情報が不足しているの判りません。
 例を出せば建築工事で500万円以上なら建設業の免許がいります。


2.この案件について、私が確定申告を行う必要がありますでしょうか。

  有ります


3.確定申告の際に私にデメリットが生じますでしょうか。

  ありません

4.私の支払う所得税はどのようになるのでしょうか。

  他の所得と合算されて総合所得で課税されます


5.その他、注意事項などはありますでしょうか。

  金額によっては消費税など支払う必要があります
  発注会社の契約内容によっては契約違反などが考えられます

QWebサイトで自分で作った商品などを販売する際、個人事業または株式会社

Webサイトで自分で作った商品などを販売する際、個人事業または株式会社にしないと法律違反になるんでしょうか?

Aベストアンサー

いいえ、個人でも、NPO法人や合資会社や農協でも町内会
でも、できますよ

猫が代理人通じて販売しているというのあったな(^-^)/

Q法人(株式会社)が個人事業に支払う金額は20%の税金を引いた金額でよい

法人(株式会社)が個人事業に支払う金額は20%の税金を引いた金額でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>法人(株式会社)が個人事業に支払う金額は20%の税金を引いた金額…

何で?
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収しなければならないわけではありません。
源泉徴収しなければならないのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にその職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
該当する職種であってもその多くは、100万以下は 10%、100万以上は 100万を超える部分だけ 20%です。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。
ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q個人事業主です。昨年末にお客(友人)にパソコンを15万円で販売いたしま

個人事業主です。昨年末にお客(友人)にパソコンを15万円で販売いたしました。年内に払うという約束でしたが、支払われずに請求書も出したのですが、全く連絡もくれません。電話をしても出ないし携帯のメールで催促のメールを出したら支払いに行くと返信がありましたがその後も一向に支払われませんでした。今では全く連絡が取れない状態です。先日、オンライン督促で督促状を送った所、異議申し立てをされました。裁判になると思うのですが、相手がどういう異議(金額に対してか、パソコンを買ったこと自体を否定するのか)を出してくるかわからないのですが、私は知人ということもあり信頼していたのでパソコンを引き渡した時、購入を証明する物を一筆書いてもらったわけでもありません。また催促のメールを送った時、パソコンの代金をいつ払うという趣旨のメールを送ったのですが、具体的な金額をメールの文章には書いていません。
裁判で相手が金額面の食い違い、万が一、買ったこと自体を否定した場合どう対処したらいいでしょうか?

Aベストアンサー

残念ながら,証拠がないとあなたが負ける可能性があります。
友達なので信頼してお金を貸した,でも借用書は取っていない・・・よくある話です。

ただ,最終的にはどちらの言い分が信用できるかで判決がおりると聞きます。
恥ずかしながら私も似たようなことで困って,弁護士に相談したらそう言われていました。

いつ,いくらで販売したか。
いつ,どんな内容で催促したか。相手はどんな反応をしたか。
忘れる前に一刻も早くメモしておくことをお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報