最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

90年代から大学進学率が上がった理由

下記のグラフを見ると、昭和51年に専門学校ができたことで大学進学率は横ばいになります。
しかし、平成2~3年頃から大学進学率が増加していきます。増加が始まる理由がわからないのですが、教えて頂けないでしょうか。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chuky …

A 回答 (2件)

こんにちは。



平成4年(1992年)が約26%で、平成15年(2003年)が約42%ですね。

こちらを参照しますと・・・
http://eri.netty.ne.jp/data/uni_04.htm
1992年が523校で、2003年が702校ですね。

42/26 = 1.62(倍)
720/523 = 1.28(倍)

定員は大学によって違うので、荒っぽい判断ではあるのですが、
62%増のうち28%増は大学数と関係があると言ってよいかと思います。

もう一つの要因は、「親馬鹿」です。
大学の総定員が増えれば、従来合格できなかったレベルの高校生でも入れるようになりますから、
とにかく子どもをそこに突っ込もうとします。

そして、1992年と言えば、ちょうどバブル崩壊の時期です。
不況の中で子どもに有利な学歴を与えたいという親の心理が大学進学率を高め、それが大学数を増やし、大学数が増えるとまた親馬鹿行動が増え、といった循環になります。
    • good
    • 0

 理由はいろいろ考えられますが・・・



★絶対数が増えてきたこと。
昭和21~25年生まれが団塊の世代といわれ、その子どもたちは昭和45年~55年あたりで第二次ベビーブームとして絶対数が多いんですね。その人たちの大学受験が平成元年から始まります。

★入試制度が変わったこと
昭和54年から共通一次試験が始まりました。これは今で言うセンター試験と同じようなものなのですが、おもに国公立大学の入試のためのものでした。試験は全部で7科目ありました。
1990年(平成2年)から共通一次試験を改称し「大学入試センター試験(第1回)」を実施し、それまで国公立大学のためだったものを私学も参加するようになりました。

★バブル崩壊前で各家庭が裕福だったこと。もちろん先ほども延べたように、この時代の受験生の親はいいわゆる「団塊の世代」なので、自身たちも昭和40年ごろからの大学進学率を上げてきた世代です。
質問者さんが提示した表をご覧ください。


 世代だけの話で言えば、昭和41年(1966年)からの急上昇は団塊の世代の受験者で、平成2年(1990年)からの急上昇は団塊Jrたちの受験者ということになりますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不景気なのになぜ?大学進学率高いの?

最近の大学進学率の高さは異常と感じます。

30年ほど前までには、大学進学する高校は限られていました。ところが、今は、かなりレベルの低い高校からも大学進学をするようです。

また、逆に、優秀な高校から経済的理由で進学を断念する優秀な高校生が就職をしているよです。

不景気なのに、なぜ?進学率が高いのでしょうか?

せっかく、親が大学に入れても、肝心の子供は年に何回かして、大学に行かず、辞めてしまうケースが沢山あるようです。

しかも、親が、一日でも大学に行ってほしいと頼んでいる家庭も多いようです。

30年ほど前までは、考えられないことです。

無意味な大学進学が現在の就職率の低さを招いてはいないでしょうか?

優秀な高校生しか大学進学をしない時代に戻らないとだめなのではないでしょうか?

Aベストアンサー

大卒だろうが高卒だろうが就職難です。
不景気だからこそ進学率が上がっているのです。
高卒での思うような就職が難しい。専門職でもない限り、今どきの高卒なんて使いものになりません。
なので就職を先延ばしするために大学や専門学校に進学するのです。
それでも就職難には変わりないけど。

もともと大学へ行ってまで勉強する気力のない子が無理やり大学に入るので、続かないのです。

<優秀な高校生しか大学進学をしない時代に戻らないとだめなのではないでしょうか?

そうですね。高卒でも働ける場が増えれば良いのです。
昔はそういう職場も多かったのに、製造職などは賃金の安い外国人のワークエリアになってしまって日本人ははじき出されてしまいました。

Q昔と今の大学受験の難易度

この質問までの経緯を説明しますと

<高校で>
担任「今は少子化で、選ばなきゃ誰でも大学に入れるからねー。お前らは幸せっちゃ幸せだよねー。俺らのときは、ベビーブームって言って、倍率とか大変な数字だったから、きつかったんだけどね・・・今より受験は難しかったよ。」

<予備校で>
英語講師「長文も昔と比べるとすごいレベルが上がったんだよね。昔の早慶の英語も今みたら、楽に感じるよ。そんだけ求められてるものが増えたんだろうね。」

数学講師「医学部の数学なんかも、昔はもう少し易しかった。理工系のが、全然難しかった。全体的に難化してる。」


どっちもなにか違和感あるんですけど、実際はどうなんでしょうか。
科目ごとの評価でも構いませんので、お聞かせください。

Aベストアンサー

僕もNO2さんに賛成ですね。
単純に大学がどんどん定員を増加し続けてるので入学が簡単になるのは当たり前です。

と言うか大学側のスタンスが「優秀層を採る」から「育てる」方にシフトしてる部分が大きいです。
大学の入試科はそれで採ってるのに、その考え方が大学全体に一体化無く、昔のスタンスで講義を進めようとする教授が多いのが問題ではないかと思います。組織の問題ですね。
要するに育てる能力が低い=無能だと言う事ですけれど。
例えば外国人学生はどんどん増えてますが、日本語で授業をしてスコアが悪いのをその学生の責任にするようなものです。英語なら理解できたかもしれないし、適切な語学サポートがあれば優秀だったのかもしれない。数学受験で入ってないのに、それも分かっておらず「数学の能力が低い」と言ってプンプン怒ってる。そういう先生は少なくないですね。

事実、東大入学レベルは上位0.8%ぐらいなんですけど、ハーバードは上位5%程度で入れます。
でも後者の方が圧倒的にレベルは高いですよね。
日本は多様な人材を採ってそこから育てて行こうって言う欧米型にシフトしてる印象を受けます。
プロ野球のスカウトと同じですね。
4番バッターばっかり採っても勝てないんですよ。
それで使えなかったら可哀相だけどこぼれていくだけだし。
いまの大学入試ってそういう感じですよ。


個人的に、試験自体は「受験地獄」と言われた80年代の第二次ベビーブームから90年代前半が最難関だったと思います。特に都市圏の私立は難関で日当駒船なんかでも浪人生があふれてました。
医学部も難関だったのですが、一気に難関化したのはバブル崩壊以後の1990年代中盤からですね。
今の医学部は医療費抑制が話題になる中で医師ブームも落ち着いたし、医学部定員はその時期の200%になろうとしてますから最難関の時期に比較すれば簡単にはなってます。まだまだムズかしいですけど90年代後半の医学部ってギャグみたいにムズかったですから。
薬学部などは90年代に乱立した為に易化がとても進んでますけどね。
バブル崩壊後はあらゆる業界が不況でリストラも進まなかった為に大手企業が0採用などを行いました。結果悲惨なものになりましたし、特に割を食ったのは事務や営業の担い手の文系職でした。
よって国立理系、公務員、医師などが手堅いと言うことで一気に難化しましたね。
親に聞いたら当時の公務員なんか「滑り止め」「コネばっかり」だったそうですから、今の時代とだいぶ違いますよ。


そういう「流れ」みたいなものはあると思いますよ。
日本ではマイナーですけどIIT(インド)や北京大(中国)は1000人に1人の秀才しか受からないと聞きます。じゃあ東大と比べてどっちが上か?って言うとランキング上は圧倒的に東大なんです。
人口が違うんですから国によって難易度が違うのは当たり前のことです。


今の大学の試験自体は易化してると思います。
一方で過去の人の映像インタビューを見てみるととてもレベルが低いですし、プレゼン能力は無いなと思います。
バブルだけでなく6,70年代も面接はほとんど「がんばります」で受かった時代だったと思われます。
英会話能力やネット関連の能力も相当低かったでしょう。求められてないし、機材も無かったですから。
1970年の大阪万博のガイドの英語を聞いてると相当酷いですからね。
でも当時は日本で最高峰の才媛で英語の得意な女子大生ばっかりだったと聞きます。
あれぐらい喋れる奴はいまの大学生では腐るほどいますからね。
要するに試験自体は易化してるけど、若い世代が特別あほなわけではないだろうと言うのが僕の意見です。
もし試験内容がプレゼンと英会話、ワードエクセルなどのIT系であれば、現代の若者の圧勝ですよ。

こういうのは気にしないでいいと思います。
また時代そのものより個人の努力や優秀性が大事だと思いますよ。
日本が文明開化する前後で英語やオランダ語を取得したのは漢文(中国語)素読を幼少期に行っていた武士の若者たちでした。
「生まれた時代が悪かった」なんて言わずに一生懸命に英語を勉強してたようですし、以後の世代の庶民なんかよりずっと立派な英語を使いました。
だから優秀な奴も無能な奴もどの世代も一定存在するんだと思います。

僕もNO2さんに賛成ですね。
単純に大学がどんどん定員を増加し続けてるので入学が簡単になるのは当たり前です。

と言うか大学側のスタンスが「優秀層を採る」から「育てる」方にシフトしてる部分が大きいです。
大学の入試科はそれで採ってるのに、その考え方が大学全体に一体化無く、昔のスタンスで講義を進めようとする教授が多いのが問題ではないかと思います。組織の問題ですね。
要するに育てる能力が低い=無能だと言う事ですけれど。
例えば外国人学生はどんどん増えてますが、日本語で授業をしてスコアが...続きを読む

Q日本の大学進学率は、なぜ先進国中ほぼ最下位なの?

フランスやドイツのような教育制度が特殊な国を除いたら、大学進学率最下位じゃないかと思うんですが・・・・
なぜこんなに大学進学率が悪いんですか?
学費なんか諸外国に比べてかなり安い気がするのになー

Aベストアンサー

日本の大学って一部のエリート大学のぞけば
バカでも入れてバカでもでれるから価値なしじゃん
あげくの果てに貧乏人が奨学金で大学いって
卒業した時には数百万の借金
エリート大学でてなきゃ
高卒より正社員内定率が低いんだから
無駄に大学いって無駄な時間と金を使い
4年後は数百万の借金を残して正社員で内定でない
正社員で内定でても多くはブラック企業。

最悪、これで自殺するやつも多いんだとか。

でも卒業する奴は日本が一番たかいんじゃないの
そもそもアメリカ、イギリス、日本だったと思うけど大学進学率の高い先進国
でも大学進学率が高い国ほどニート比率高いんだよね

ドイツなどはあなたがいわれているように
中学を卒業した時点で職業訓練校にいくか進学を選ぶかを決めるし
4人に3人は職業訓練えらぶみたいだね。

他の先進国はバカじゃ卒業できないから
アメリカやイタリアは実に50%をこえた中退率だし
イギリスも50%程度の中退率だし。

まぁバカが大学いくと無駄な大学が今より乱立して
その補助金は赤の他人の税金なので無駄に進学率あがってほしくないけどね。

Q20年前と比べて全体的に大学の偏差値が下がっているのでしょうか?

20年前と比べて全体的に大学の偏差値が下がっているのでしょうか?

1990年代前半に中堅どころの大学に入学したものです。
最近母校の偏差値を見ていたところ、私が入学した当時よりも下がっていてショックを受けました。
当時同じランクの大学の中でも上下の入れ替わりがあり、母校は人気がなくなっているようです。
母校以外にも昔からのお嬢様学校として有名だった比較的難関だった女子大なども偏差値が下落して三流大学の仲間入りになっていました。
逆にこの20年で以前は評判が良くなく低迷していたのに今は人気が出て盛り返した学校もあるようです。

第二次ベビーブーマーだったので、当時は競争率も高くそれなりの偏差値だったはずなのに、子供が成長して受験を考えるとき(10年後)に、胸を張って出身大学のことを言えるのだろうか?と少々気がかりです。
少子化の今、難関大学以外の大学は入りやすく、偏差値も下がっているのでしょうか?

ベビーブーマーの私の子供の世代(10年後受験)になると、また子供の数が多くなり、偏差値などもまた盛り返してくるものでしょうか?
どの大学も学部を増やしたり、いろいろ対策を練っているようですが、偏差値の上下変化にはどのような要因があるのでしょうか?

20年前と比べて全体的に大学の偏差値が下がっているのでしょうか?

1990年代前半に中堅どころの大学に入学したものです。
最近母校の偏差値を見ていたところ、私が入学した当時よりも下がっていてショックを受けました。
当時同じランクの大学の中でも上下の入れ替わりがあり、母校は人気がなくなっているようです。
母校以外にも昔からのお嬢様学校として有名だった比較的難関だった女子大なども偏差値が下落して三流大学の仲間入りになっていました。
逆にこの20年で以前は評判が良くなく低迷していた...続きを読む

Aベストアンサー

偏差値って、単純にその年の受験者の中でのその成績を取った人の位置(上位何%など)鋸とを表した数字です。大学の偏差値は、その大学に合格した人が、センター試験や予備校の模試で採った偏差値の平均ということです。数学的には間違った使い方ですが、ご質問者さんの意図に沿って偏差値という言葉を使いますね。
なので、子どもの数が減っているのに大学の数が増え、合格者数が増えているので、相対的に下がったんです。単純にその大学を志望する人が減って、人気が無くなったから、全体の順位が低い人でも合格できるようになって、偏差値が下がったんです。
少子化というか、大学受験をする人の数は増えない限り、全体としては回復できません。今は、浪人するのは頭のいい人ばかりです。上を目指して失敗するんですね。昔のように、最初から下を狙って失敗する人の数はグッと減りました。
今は、受験者の減少は一段落していますが、このあと、さらに少なくなります。また、日本の大学進学率は近隣諸国の半分程度です。で、進学できない理由は、学力と経済的な事情が半々です。
で、少子化対策に成功する、高校生の親御さんが子どもを大学に行かせられるほど豊かになる、大学の学費を国が面倒みる などでも起きない限り、偏差値が上がる大学は一握りのはずです。

偏差値って、単純にその年の受験者の中でのその成績を取った人の位置(上位何%など)鋸とを表した数字です。大学の偏差値は、その大学に合格した人が、センター試験や予備校の模試で採った偏差値の平均ということです。数学的には間違った使い方ですが、ご質問者さんの意図に沿って偏差値という言葉を使いますね。
なので、子どもの数が減っているのに大学の数が増え、合格者数が増えているので、相対的に下がったんです。単純にその大学を志望する人が減って、人気が無くなったから、全体の順位が低い人でも合格...続きを読む


人気Q&Aランキング