最新閲覧日:

隕石の重さ
1kmの隕石って大体どれくらいの重さなんでしょうか?
大昔恐竜を滅ぼしたとされる隕石は1000億tを超える重さだったらしい
ですね。

A 回答 (5件)

直径d=1[km]=10^3[m]とします。


体積をV[m^3]とすると,
V=π/6*d^3[m^3]
です。
これに,密度ρ[kg/m^3]をかければ,質量M[kg]を計算出来ます。
すなわち,
M=π/6*d^3*ρ[kg]
です。
隕石の密度ρは,下記サイトを参照すると,2000[kg/m^3]から8000[kg/m^3]程度のようです。
(隕鉄は,鉄とニッケルなので,鉄より密度が大きい。)
これで計算すると,
M=3.14/6*(10^3)^3*2*10^3=1.05*10^12[kg]=1.05*10^9[t]
から,
M=3.14/6*(10^3)^3*8*10^3=4.19*10^12[kg]=4.19*10^9[t]
程度でしょう。
すなわち,10億5000万[t]から41億9000万[t]
程度となります。


http://wwwsoc.nii.ac.jp/jepsjmo/cd-rom/2004cd-ro …
http://www5e.biglobe.ne.jp/~shibaya/fireballs/ph …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あちがとうございます!隕石すごいですね。
こんなんが秒速11km以上で突っ込んでくると思うとぞっとします

お礼日時:2010/09/13 22:01

ちなみに、


イトカワの調査の結果、中に空間が存在しているので
見かけ質量よりも軽いだろうという調査結果がでています。

質量は構成する成分によっても違うです。
ケイ素系と鉄系で1000億tだと衝突時の被害にも差が出るので
どっちなんでしょうね。興味が尽きません^^
    • good
    • 0

2番目の回答者です。

すきません。1kmの隕石の隕石ですが、億が抜けていました。「10tから35t程度」ではなく「10億tから35億t程度」です。
明らかに間違いです。いい加減な回答でした。本当にすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、こちらも二回も回答していただいてすいません
ありがとうございます

お礼日時:2010/09/13 19:36

巨大隕石の元になる小惑星は、イトカワのようにジャガイモ型です。

1kmの隕石とは、どこの大きさかで違ってきますが、通常は平均的な直径です。小惑星は丸っこい形ですから、平均半径の球形とほぼ同じ堆積になります。
球の体積は、4/3×円周率×半径×半径×半径ですから、1kmの隕石の体積は
4/3×3.14×500m×500m×500m=5億2300万立方mになります。

岩石の密度は、1立方メートル当り2t弱から3t。鉄の密度は、1立方メートル当り7.8tぐらいです。
隕石は岩石や鉄で出来ています。密度は、1立方メートル当り2t弱から7t程度です。
1kmの隕石の隕石の重さは、10tから35t程度になります。

恐竜を滅ぼしたとされる隕石は、10km程度です。10倍の大きさですから、体積は10×10×10で千倍になります。重さも千倍になりますから、1兆tから3兆5千億t程度です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。35t…そんなに軽いんですか?
400mの隕石が7200万tって書かれてましたけど

お礼日時:2010/09/13 18:00

ああ、さっきのお方ですね。



1kmというのは、隕石が落ちた跡の大きさが1kmではなく、隕石そのものの大きさが1kmということでよろしいですか?

だとすれば、仮に鉄100%として試算してみればよいです。
鉄は、もっとも存在しやすい元素の一つですので。

球の体積 = 4π/3 × 500^2
球の重さ = 4π/3 × 500^2 × 鉄の密度

こちらに同じ考え方での計算結果がありました。
http://side-b.jp/mag1/astsud.htm

4,115,496,000トン のようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2010/09/13 02:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【隕石落下の衝撃について】原爆と同程度の隕石落下というのはありえるのでしょうか?

質問させていただきます。

隕石に興味があり調べているのですが
地球に飛来した隕石のうち、爆発を伴うものは
ほとんどがメガトン級の衝撃を生じさせるもので
例えば広島原爆や北朝鮮の核実験と同程度、キロトン級の破壊力をもつ隕石落下は
有史以来ないのではないかと考えるようになりました。
言い換えれば地球に落ちた隕石は、メガトン級の爆発を伴うものか
(大きさはともかく)石が落ちてきた、という程度のどちらかではないかと。
 
衝撃の大きさはが隕石の大きさや密度、速度・入射角度等で決まるのは
理解しているつもりですが、キロトン級の爆発を伴う隕石は
そもそも大気圏を潜れるものでしょうか?

逆に大気圏を潜り抜けた最小単位の隕石がキロトン級の破壊力を持っていたとしたとき
その速度や角度、隕石の密度は仮定できるものでしょうか?

どなたか詳しい方、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

>逆に原爆などと同程度の被害を生じさせる隕石というのはどのような物理的性質をもっていると仮定できるでしょうか?

こちらにシミュレーターがありますから、自分で適当な数字を入れてやってみるのが一番でしょう。英語だけど、専門用語を除けば、それほど難しくないと思います。
http://impact.ese.ic.ac.uk/ImpactEffects/

隕石の運動エネルギーが広島に投下されたリトルボーイの15キロトンになるようにパラメータを調整すると、直径6.5mの石質隕石、17Km/sの速度です。ただし、この規模だと高空で爆発し、その際に開放されるエネルギーは5キロトン相当とのことです。
このシミュレーターによると、原爆級の隕石は地上まで到達しないようです。
これが、4.3年に一度発生しているとは

Your Inputs:
Distance from Impact: 10.00 km ( = 6.21 miles )
Projectile diameter: 6.50 meters ( = 21.30 feet )
Projectile Density: 3000 kg/m3
Impact Velocity: 17.00 km per second ( = 10.60 miles per second )
Impact Angle: 60 degrees
Target Density: 2500 kg/m3
Target Type: Sedimentary Rock

Energy:
Energy before atmospheric entry: 6.23 x 1013 Joules = 0.15 x 10-1 MegaTons TNT
The average interval between impacts of this size somewhere on Earth is 4.3 years

Major Global Changes:
The Earth is not strongly disturbed by the impact and loses negligible mass.
The impact does not make a noticeable change in the tilt of Earth's axis (< 5 hundreths of a degree).
The impact does not shift the Earth's orbit noticeably.

Atmospheric Entry:
The projectile begins to breakup at an altitude of 54000 meters = 177000 ft
The projectile bursts into a cloud of fragments at an altitude of 32800 meters = 108000 ft
The residual velocity of the projectile fragments after the burst is 13.4 km/s = 8.33 miles/s
The energy of the airburst is 2.35 x 1013 Joules = 0.56 x 10-2 MegaTons.
No crater is formed, although large fragments may strike the surface.
Air Blast:

The air blast will arrive approximately 1.73 minutes after impact.
Peak Overpressure: 2.52 Pa = 0 bars = 0.000358 psi
Max wind velocity: 0.00594 m/s = 0.0133 mph
Sound Intensity: 8 dB (Barely Audible)

>逆に原爆などと同程度の被害を生じさせる隕石というのはどのような物理的性質をもっていると仮定できるでしょうか?

こちらにシミュレーターがありますから、自分で適当な数字を入れてやってみるのが一番でしょう。英語だけど、専門用語を除けば、それほど難しくないと思います。
http://impact.ese.ic.ac.uk/ImpactEffects/

隕石の運動エネルギーが広島に投下されたリトルボーイの15キロトンになるようにパラメータを調整すると、直径6.5mの石質隕石、17Km/sの速度です。ただし、この規模だと高空で爆発し、そ...続きを読む

Q隕石

1.2013年にチャリビンスク隕石が、
直接落ちたら、どんな風になりますか?
2.その隕石は大気で爆発して済んだから、
我々は救われたんですか?
是非二つの質問を教えて下さい。

Aベストアンサー

1.明らかに落ちる場所で変わるでしょう、太平洋のど真ん中に落ちてもほとんどの生物は死滅します、なぜ死滅するのに太平洋を選んだかと言うと、水分が無ければ隕石は地球のマントルまで届き、最悪月が三つになった。
2.そう思いますが、確証はありません。爆発したのは内部の大部分が水だったからでしょう、超高温の水分が酸素と水素に分かれてはまた結合するというややこしいことを起こし、外殻を吹き飛ばしたのだと思います。なお1.の答えは中身が水で無ければの話しです。

Q地球に隕石が直撃する確率

太古の昔、恐竜が滅んだ理由というのは、巨大隕石が地球に直撃したことによる

急激な環境の変化。ということだったようですが、今後も、そのようなことが

起こるという確率はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www2.jpl.nasa.gov/sl9/back2.html

NASA曰く、
1000メートルから2000メートル程度の大きさの隕石が地球を直撃したら、気候が変わり、作物ができなくなり、地球上の生物が危険にさらされる。これが起きる頻度は、百万年に数回程度。
5000メートルより大きい隕石が直撃したら、地球上の大部分の生物は絶滅する。頻度については何とも言っていないが、1000から2000メートルの隕石よりは、低いでしょう。

Qフランク博士の宇宙から降る隕石が地球に水を

もたらすという説に関してです。その後この説はどうなったのでしょうか、確か2000年頃新聞記事になったはずでしたが、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

Yahooの知恵袋で、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13131900118

「現在も1日数千個の「雪玉」が地球に降り注いで、水の供給をおこなっている」という説は否定されています。」
と回答したema_20130228xxです。

この場を借りて、ちょっと補足します。
 この説が新聞で紹介されたとき、渡部潤一氏(当時 助手。現在、国立天文台副台長)は、
「当時は1日に1、2個という内容だったが、今回は1日数千個という多さで、どこから供給されて飛来するのかも分からない。数千個もあればスペースシャトルから観測できたはずだ。今回の発表は決定的な証拠とは言えず、複数の証拠が出てこなければ多くの人を納得させられないだろう」
 という至極まっとうな意見を述べられていました。
 この雪玉説を支持するジャーナリストの立花隆氏は、これにケチをつけて、この渡部潤一というのはとんでもないやつだ、みたいなことを彼のホームページに書いていました。(1997年当時、私も読みました)
 立花氏のこの攻撃的ともよめる非難の文章に、渡部氏はだいぶ凹まれたようです。それから15年以上も経ちましたが、この時の話を「星ナビ」の連載記事に書かれていました。

参考:
http://www.csij.org/01/archives/sts_011.pdf

 また補足:
 生物の体をつくる構成要素であるアミノ酸は、地球外からもたらされたという説は実証されていません。アミノ酸は、原始の地球上で作られるという実験結果もあるし、また、一方地球外でも見つかっています。結局、どちら由来のものかは、「わからない」というのが本当です。
 また、これを発展させて地球の生物はもともと、地球外から来たという人もいますが、これも直接的な証拠はありません。(賛同者の人は、宇宙(地球外)から来たということになにやら「ロマン」を感じておられるようですが、考えれば地球も宇宙の一部なので、ことさら「ロマン」を感じなくても良いんじゃない?と思います。)

Yahooの知恵袋で、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13131900118

「現在も1日数千個の「雪玉」が地球に降り注いで、水の供給をおこなっている」という説は否定されています。」
と回答したema_20130228xxです。

この場を借りて、ちょっと補足します。
 この説が新聞で紹介されたとき、渡部潤一氏(当時 助手。現在、国立天文台副台長)は、
「当時は1日に1、2個という内容だったが、今回は1日数千個という多さで、どこから供給されて飛来するのかも分からない。数千個もあればスペ...続きを読む

Q恐竜は本当に大きかったのか?

宇宙が膨張している時期に生まれ、その後の宇宙縮小期を化石となり、重力や圧力によって免れたため、相対的に大きい時代のまま保存された化石をみているだけで、実際は最大でもシロナガスクジラ大程度だったとかないでしょうか?
あんなに大きいのは不都合しかないような気がします。皆さんの予想を教えてください。

Aベストアンサー

#3です。補足コメントがありましたので再度回答します。

古代のムカデが2メートルというのは寡聞にして聞いたことがありません。節足動物は物理的に地上では大きさの限界があります。地上の節足動物でもっとも巨大なものは古代トンボのメガネウラといわれていますが、これでもせいぜい70cm程度です。先カンブリア紀にはアノマロカリスをはじめ巨大な節足動物が数多く出現します。特に古生代に出現した海サソリなどは体長が2m以上ですが、これらはすべて海中で生存していました。海中ならば重力を考えなくてすみますのでね。

重力定数が変化しているという学説もありましたが、重力が変化するとすれば恒星の進化にもおおきな変化があるはずのですが、そういう観測事実もありませんし、重力定数の精密測定の結果、現在は否定されています。

また、あれだけ巨大なのに地上で動けるものなのかとおっしゃる疑問はもっともです。ですが、骨などは鳥類のように空洞が多く、みかけほど重くなかったことも(それでも十分重いですが)わかっています。また、恐竜の歩行などはコンピュータ上でシミュレーションをして研究がされていますが、問題なく動けるようですね。

#3です。補足コメントがありましたので再度回答します。

古代のムカデが2メートルというのは寡聞にして聞いたことがありません。節足動物は物理的に地上では大きさの限界があります。地上の節足動物でもっとも巨大なものは古代トンボのメガネウラといわれていますが、これでもせいぜい70cm程度です。先カンブリア紀にはアノマロカリスをはじめ巨大な節足動物が数多く出現します。特に古生代に出現した海サソリなどは体長が2m以上ですが、これらはすべて海中で生存していました。海中ならば重力を考えなく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報